α7 III ILCE-7M3 ボディ レビュー・評価

α7 III ILCE-7M3 ボディ

有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを装備した ミラーレスカメラ(ボディ単体)

α7 III ILCE-7M3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥218,675 (前週比:+3,875円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 3月23日

店頭参考価格帯:¥222,000 〜 ¥223,443 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2530万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 連写撮影/秒:10コマ 重量:565g α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

満足度:
4.63

¥281,222

α7 III ILCE-7M3K ズームレンズキット

α7 III ILCE-7M3K ズームレンズキ...

満足度:
4.63

¥232,407

α9 ILCE-9 ボディ

α9 ILCE-9 ボディ

満足度:
4.40

¥373,467

D850 ボディ

D850 ボディ

満足度:
4.83

¥322,813

α7 II ILCE-7M2 ボディ

α7 II ILCE-7M2 ボディ

満足度:
4.54

¥129,800

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

満足度:
4.54

¥207,540

EOS 5D Mark IV ボディ

EOS 5D Mark IV ボディ

満足度:
4.50

¥254,742

EOS 6D Mark II ボディ

EOS 6D Mark II ボディ

満足度:
4.42

¥148,874

α6500 ILCE-6500 ボディ

α6500 ILCE-6500 ボディ

満足度:
4.58

¥105,088

FUJIFILM X-H1 ボディ

FUJIFILM X-H1 ボディ

満足度:
4.53

¥193,487

LUMIX DC-G9 ボディ

LUMIX DC-G9 ボディ

満足度:
4.86

¥136,572

α99 II ILCA-99M2 ボディ

α99 II ILCA-99M2 ボディ

満足度:
4.59

¥299,178

OM-D E-M1 Mark II ボディ

OM-D E-M1 Mark II ボディ

満足度:
4.63

¥169,800

α7S II ILCE-7SM2 ボディ

α7S II ILCE-7SM2 ボディ

満足度:
4.71

¥215,982

α7 II ILCE-7M2K ズームレンズキット

α7 II ILCE-7M2K ズームレンズキ...

満足度:
4.61

¥134,579

FUJIFILM X-T2 ボディ

FUJIFILM X-T2 ボディ

満足度:
4.52

¥109,633

EOS Kiss M ダブルズームキット

EOS Kiss M ダブルズームキット

満足度:
3.97

¥85,668

D500 ボディ

D500 ボディ

満足度:
4.65

¥149,941

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Ed...

満足度:
4.93

¥154,839

PrevNext

ご利用の前にお読みください

 
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

α7 III ILCE-7M3 ボディSONY

最安価格(税込):¥218,675 (前週比:+3,875円↑) 発売日:2018年 3月23日

  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

α7 III ILCE-7M3 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.61
(カテゴリ平均:4.63
レビュー投稿数:75人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.13 4.53 53位 見た目のよさ、質感
画質 4.76 4.55 13位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 4.00 4.31 44位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 4.49 4.19 10位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.59 4.27 7位 軽さ、コンパクトさ
機能性 4.73 4.43 9位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 3.97 4.34 51位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 3.94 4.44 46位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 III ILCE-7M3 ボディ

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
13件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
4件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
 

 

発売と同時に購入し、5ヶ月使用したところです。APS-CセンサーのPENTAX KPと併用しており、それとの比較になります。

【デザイン】
シンプルで気に入っています。でも高級感はあまりなく、パッと見、実売価格半分のKPのほうがむしろ高そう。

【画質】
文句なしです。
画素数はKPと同等で、精細感も変わりませんが、階調の豊かさとダイナミックレンジの広さ、高感度耐性の高さで差がつきます。
KPも発売当時、APS-Cデジ一眼としては群を抜く高感度耐性を誇っていましたが、α7Vはそれを優に一段分は上回ります。
等倍で見ると、ISO2000を越えたあたりからわずかずつざらつきが感じられるようになりますが、2Kのモニターで違いが感じられるのはISO25600を越えたあたりからです。
ダイナミックレンジについては、それまでのすべてのAPS-C機で不満だった白飛び耐性が大きく向上しています。それまでは白く飛んでしまっていたような薄曇りの空で、しっかり階調が出てきます。

【操作性】
こちらも文句なしです。
ボタンの配置やカスタマイズ性の高さなどKPと共通する点が多く、PENTAX ユーザーとしてはまったく違和感なく使えます。
特筆すべきはMFの使いやすさで、私の場合は上部の2つのボタンにMF/AF切り替えとピント拡大を割り付け、EVFを覗き込みながらピントを合わせていますが、これに慣れたら一眼レフでのMFには戻れません。

【バッテリー】
他の方も書かれていますが、1泊2日程度の旅行なら替えバッテリーがなくとも十分です。ミラーレスながら、一眼のKPよりバッテリーが長持ちします。加えて残量が常に%で明確に表示されるので、使っていて安心感があります。KPではフルの表示から半分になった後、あっという間にゼロになってしまうので、常に不安でした。

【携帯性】
大きさ、重さともAPS-C機のKPとほぼ同じ。ミラーがないとはいえ、フルサイズセンサーに手ぶれ補正まで備えてこの大きさにまとめたソニーの技術力に拍手です。

【機能性】
ボディ側手ぶれ補正はフルサイズなのでAPS-C機より不利かと思っていましたが、撮り比べてみると35mmで約3段効いており、むしろKPを上回っています。

絶賛されている瞳AFですが、正確性・追従性は高いものの、対象を捉えるまで時間がかかりすぎます。
シャッター半押しからまず顔認識し、それから瞳AFに移るのですが、最初の顔認識までにタイムラグがあり、そこから瞳AFに移るまでにさらにタイムラグがあります。以前、海外のホテルのスタッフにα7Vを渡して家族の写真を撮ってもらったところ、顔認識・瞳AFをオンにしておいたにもかかわらず、3枚撮って見事に全部ピンぼけでした。おそらくシャッターを半押しせずにガシャ押ししてしまったため、AFが間に合わなかったのでしょう。

また顔認識の精度も、大人はほぼ問題ない(しばらく半押ししていると大体認識する)のですが、子供はなかなか認識してくれず、一番多い被写体が小学生の娘である私としては、大いに不満です。
α7Vには一番に認識する人物を指定するというすばらしい機能があり、これがちゃんと働けばたくさんの子供たちの中から我が子に焦点を合わせなければならない小学校のイベントなどで大いに威力を発揮すると思われるのですが、そもそも当人の顔を認識してくれないのではどうしようもありません。
想像ですが、顔認識のためのディープラーニングの際、アジア人の子供の顔画像のサンプル数が十分でなかったのではないでしょうか。子供は年齢で顔が変わってくるので、各年代ごとに十分なサンプル数を確保するのが困難なのかもしれません。

また電源オン直後に撮影すると、AFがすっぽ抜けたり、画像がブレブレになってしまうことがよくあります。手ぶれ補正が安定したりAFが機能し始めるまでに一定の時間が必要なようです。
これらのレスポンスの改善と顔認識精度の向上が今後の課題でしょう。

ホワイトバランスには大きな不満はありませんが、露出が大外しすることがあります。ただ他の方の書き込みにはないようなので、私の個体特有の問題なのかもしれません。

【液晶】
背面液晶の見え方もEVFの解像度も、上級機には及ばないとしても、実用上は不満はありません。
ただEVFの場合、顔を寄せたところでカメラ側が自動でそれを認識して背面液晶から切り替わるのですが、そこにもまたタイムラグがあるため、焦っているときにはイラッとします。

【ホールド感】
巨大な望遠ズーム等を使われる方は、また別の感想をお持ちかと思いますが、私的には問題ありません。


【総評】
高い高感度耐性と広いダイナミックレンジ、豊かな階調といった画質の良さに加え、瞳AFを始めとする未来の可能性を感じさせてくれる、すばらしいカメラだと思います。
ただ今のところ、おもしろいシーンに出くわしてとっさに電源を入れてサッと撮るといったスナップシューター的な使い方では、中央1点AFにセットした一眼レフにまだ及ばないな、というのが使ってみての実感です。
レスポンスが遅いんですよね。
α7Vの問題というより、ミラーレスカメラそのものがまだ進化の途上にあるのだと思います。
それと純正レンズは値段が高すぎると思いますが――35mmf2.8で7万円なんてね。ペンタならf2.4が1万円台前半ですよ――α7Vのヒットもあって、今後はコンパクトで安くて写りのよいサードパーティ製レンズが続々登場するものと期待しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Leo_Mさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
0件
デジタル一眼カメラ
2件
2件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質3
操作性3
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感3

α7RUに追加購入。
気に入らないところもあますが
概ね名機かと。

良い(α7RU比)
・シャッター音
・連写10コマ/秒
・AFの測距点増えてる
・AF-Cの予測食いつき
・手ぶれ補正4.5→5段
・バッテリー2倍
・メモリーカードダブルスロット
・フリッカーレス
・ジョイスティック
・液晶タッチパネル
・4K動画対応
・APS-C切替をカスタムボタンに割当可能
など

不満な点
・バッテリーチャージャーが付属しない
・ひっそりと液晶の画素数下がってる
・ローパスレスではない
・メニューのUI/UXは変わらず使いにくい
など

至極個人的な不満は
周囲の人に
Foveonとαの写真を見せると
100%Foveonが良いと言われる
自身でもってそう思ってはいるのですが
αシリーズは使い続けると思います。

レベル
初心者
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

\せな/さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
シンプルで眺めているだけで惚れ惚れする
【画質】
高感度撮影で高評価だったD750の一歩先を行く画質
【操作性】
癖はありますが、カスタムボタンで意のままに操作出来るようになります。ニコン、キヤノンも過去には使いましたが、カスタムボタンが多いので使用頻度の高い項目を充てると使い易くなります。露出補正ダイヤルが愚の骨頂だと仰る方もいるようですが、それは隠れた設定でもなく外観で有ることが分かるので、そんな事に苦言を呈するならなぜ購入されたのか頭を傾げてしまいます。
【バッテリー】
D750には及びませんが、子供の部活の撮影で動画と静止画で1日使用しても予備バッテリーの必要性は感じませんでした。
【携帯性】
D750を使っていたときは、ここぞと云う時以外は大きさ故に持ち出すことが少なかったのですが、ボディとレンズがコンパクトなので持ち出す敷居は低くなりました。ちなみに所有レンズはSEL24240,50f1.8です。
【機能性】
高感度耐性と連写速度、何より瞳AFの精度が高く陸上競技の撮影で迫ってくる選手に対するAFが選手が近付くにつれ瞳AFに切り替わるのには驚きました。しかも精度が良く歩留りがD750の時より高くなりました!
【液晶】
液晶画面で画像を確認するよりEVFの方が見易いです。
【ホールド感】
小指が遊ぶ感覚はありますが、撮影においては特に不具合は感じません。持出しやすさに比べたらむしろ好感が持てます。こんなにもコンパクトなのにホールド感に対して不満がある方は実機を触らずに購入されたのかなと思います。安い買い物ではないですから慎重になられてた方が宜しいかと…
【総評】
D750とNikonのレンズを全て売り払う事に躊躇いはありました。が、コンパクトさ瞳AFと高感度耐性がD750より高そうという期待が高く。発売日にキタムラで実機を触り、その基本性能の高さにその場で即購入を決めました。
購入から4ヶ月ほど経ちますが、吐き出す写真の画質にうっとりする事がD750の時より多くなりました。
単焦点を使った時は「俺、技術が上達した!?」とよく勘違いします。
勘違いさせるだけの高い基本性能を持ったカメラかと思います。
撮影するのが楽しく、GレンズかGMに手を出しそうになっている今日この頃です。レンズ沼にハマるのは時間の問題かなと感じています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
室内
スポーツ

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汁14さん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
149件
レンズ
4件
32件
スマートフォン
3件
24件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感3

キヤノン5D系を2〜4まで使っておりましたがα7R3発売のタイミングで完全にEマウントに移行しました。
短期間ですが7U、7R2も使用経験があります。

今回はよく購入比較されるであろうα7R3との比較を主にレビューさせて頂きます。
(自分は人物撮影メインですので動きものや動画などのレビューは割愛します)

あくまで個人的見解ですので間違いや勘違いはご容赦下さい。


【デザイン】

可もなく不可もなく。

背面のプラ部分の違いは言われないと気付かないです。
重量級レンズを付けた場合は分かりませんが通常で剛性が違うとか言うならもはや難癖レベルです。

それとα9以降からのアイカップがとにかく埃が付きやすく不快です。
表面処理を以前のようにしてほしいです。


【画質】

7R3の4200画素の写真と比べると見劣りすることもありますが、人物(特に女性)撮影ですと現像で露骨な加工が必要なほど写るので、被写体に喜ばれる写真を撮るなら寧ろ当機の2400万画素で十分かも(3000万画素の5D4と比べても全然劣りません)。

当初心配していた構図を広く撮る時の解像感の差もAFが優秀でピントがしっかり来るのもあり、予想していたほどの差も感じません。

AWBは他の方が言われているようにどうもいまいちで安定せずマニュアルで使用しています。
元々の色の出方の違いなのか7R3のAWBより悪い気がします。

人肌の色は撮って出しという意味では使いづらく、両機共に未だキヤノン機に敵わないと思います。

但しRAW撮影前提ですと当機に限ったわけではありませんが、ダイナミックレンジの広さで現像耐性は圧倒的に7R3、7Vが上です。
よほどの拡大や引き伸ばしに拘らなければ7Vも解像感、現像耐性はすごいです。



【操作性】

よく使いづらいと言われますが一言で言うと慣れです。
キヤノンからの移行ですが、多用する機能は大半がカスタムボタンに割り当てますし、カスタムメニューもありますでの使いづらいと感じたことはありません。

マルチマウントで使用している方が多いのでこういう不満が出るのかもしれません。
ですが反応やレスポンス悪さは二大メーカーのレフ機に慣れていると苛立つことがあるのは否めません。


【バッテリー】

以前のバッテリーが恐ろしいほど悪かったので新型バッテリーでやっとレフ機の感覚で使えるようになりました。
(でもメニュー設定をしているとみるみるうちに減ります)


【携帯性】

良いです。
せっかくのコンパクト機なので縦どりがメインな自分でもバッテリーグリップは付けないことにしています。



【機能性】

瞳AFが素晴らしいです。
これがマウント移行した要因の一つです。

7R3の時に感動した機能でしたが通常のAF含めて7Vで範囲が広くなり、精度も向上しています。
精度に関しては違いは無いとよく言われますが使い比べると分かりますが違います。


その他残念な点はスマホからの操作性が著しく悪くなった点。
動画含めてタッチフォーカスができなくなりました。
第二世代からのソフトウェア変更に伴う弊害とも聞きましたがここは改悪、連動させる意味が無くなった。


【液晶】

ここはコストカットのしわ寄せがもっとも影響している部分で、EVFはα9、α7R3のEVFと見比べると非常に残念です。
画質を「高画質」にすれば見れるレベルになりますがとにかく滲みが気になります。
7R3と購入比較する上で画素数の他に比べる部分になると思います。

ここだけは価格が上がってももう少し良いものを載せてほしかった。


背面液晶もよく悪く言われますがこちらに関しては個人的にさほど重要視していないからかそこまで悪いとも思いません・・が、
発色はお世辞にも綺麗ではなく、あくまでピントチェックと大まかな露出確認用と割り切っています。


【ホールド感】

良いとは言えません。
手が女性並みに小さい自分でも小指が余ります。

ですが純正のエクステンション、社外のL型プレートなどで対応できるので無駄にサイズを大きくせず、このままで良いと思います。



【総評】

画素数を生かしたトリミングやクロップ機能多用、絶対的画質は7R3。
(弊害として画像サイズが大きいのでUHS-2のSDカード、それ相応の性能のPCが必要)


α9譲りのAF(もちろん9とは明確な差はあり)、トータルな使い勝手と素晴らしいコストパフォーマンスの7V。
エクストリームプロレベルならUHS-1のSDでも十分対応可能、現像処理も軽いので楽です。



粗はありますが、とにかくこの価格帯で群を抜いて高性能です。
この機種からフルサイズデビューできる方が羨ましい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

james007さん

  • レビュー投稿数:82件
  • 累計支持数:473人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
21件
51件
デジタル一眼カメラ
4件
62件
スマートフォン
3件
13件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種栗原のひまわり1
当機種栗原のひまわり2/撮影許可済
当機種栗原のひまわり3

栗原のひまわり1

栗原のひまわり2/撮影許可済

栗原のひまわり3

当機種栗原のひまわり4
当機種栗原のひまわり5
当機種昭和記念公園のひまわり

栗原のひまわり4

栗原のひまわり5

昭和記念公園のひまわり

【デザイン】α7シリーズの標準デザイン。

【画質】横縦比16:9の時、2000万画素で十分。α7Riiiより、高感度でモアレ(縞模様)が出にくい。

【操作性】α7s/α7Riiiからの追加購入なので、慣れてます。

【バッテリー】旧来の約2.2倍と改善されており、ほぼ満足。

【携帯性】バッテーリー/SDカード含め:約650gと許容範囲

【機能性】被写体を捉えて離さないAF性能:693点像面位相差AFセンサー/425点コントラストAFセンサー
AF/AE追従 最高約10コマ/秒連写
ISO感度:静止画 ISO 100〜ISO 51200(拡張:下限ISO 50、上限ISO 204800)

【液晶】3.0型TFT駆動、タッチパネル/ドット数:921600ドット、α7Riiiより暗いが許容範囲

【ホールド感】問題なし

【総評】7/1ソニー銀座ストアで購入。12,.137円分(税込み)のクーポン値引きを入れ、ソニーカード払いで3%引き
3年ワイド保証無料 モニター保護ガラスシート(PCK-LG1)を含め、214,591円(税込み)
α7RIIIと撮り比べたところ、画質は体感上、見分けがつかず、ISO 10000(α7RIII)ISO 8000(α7iii)と高感度でした。
ソニー某講師の質問したところ、EVFも一段向上しているとの説明。

-7/15 アートアクアリウム2018追加-
日本橋三井ホールで開催中の〜江戸・金魚の涼〜ナイトアクアリウムを初めて撮影
DxoMarkの低照度ISO 3730はα7IIIが最高で、暗さに強くなったセンサーを評価します。α7sより高いスコアとは驚き。
α7III 総合 96 /色深度 25 /DR 14.7/ 低照度ISO 3730
α7RIII総合 100 /色深度26/DR 14.7/低照度ISO 3523
α9 総合 92/ 色深度24..9/DR 13.3/低照度ISO 3517
α7SII総合85/ 色深度23.6/DR 13.3/低照度ISO 2993
α7S総合87/ 色深度23.9/DR 13.2/低照度ISO 3702
α7II総合90/ 色深度24.9/DR 13.6/低照度ISO 2449
α7総合90/ 色深度24.8/DR 14.2/低照度ISO 2248
D850 総合100/ 色深度26.4/DR 14.8/低照度 ISO 2660
D750 総合93/ 色深度24.8/DR 14.5/低照度ISO 2956
EOS 5D Mark IV総合91/色深度24.8/DR 13.6/低照度ISO 2995

-7/24 足立の花火を追加-
操作性を4から5にアップ評価。慣れており、十分な操作性と判断。

-8/3 栗原のひまわりと昭和記念公園のひまわりを追加
画質を5へアップ。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった33人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

シャロンワンさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
78件
レンズ
2件
29件
自動車(本体)
1件
22件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種小さな明かりは槍ヶ岳山荘
当機種

小さな明かりは槍ヶ岳山荘

再レビュー。
軽さを求めて ミラーレスに移行しましたがやっぱり正解でした。
小型・軽量は兎に角◎です。
まぁ自然風景が主たる被写体なので、一番大切なのは機材ではなく
感動できる被写体、風景と出会うことですね。
1に被写体2に被写体、3,4が無くて5に被写体(笑)。

---------------------------------------------------
初レビュー。

α7RIII(ILCE-7RM3)のレビューと一部だぶります。
http://review.kakaku.com/review/K0001008675/#tab

昨年秋から使用し始めたα6000シリーズで
α7シリーズに興味を持ち始めました。
(※α6000シリーズは登山用として)
Nikon D850は発売日翌日に入手。
学生の時に購入したNikon FEからずーっとNikonです。
(途中 PENTAX 645NII 3年使用)
デジタルではボティ16,7台、レンズは30本以上使用して来ました。

APS-CのNikonDXはSONY α6000シリーズに変更。
しかしフルサイズもαにすべきか、まぁ〜迷いますょね。
ダブルマウントは絶対に無理。
レンズはズームのみ。自然風景が主な被写体なので
足で移動する、というスタイルは無理な事が多いの
単焦点はNG。
私の撮影スタイルはボティ2台、広角、標準、望遠。

これを現行のα7シリーズ(新品)で揃えるとなると
\100万前後になります。
αに行くならNikonFXは全処分する事になる。
趣味とはいえ失敗は許されない、というかしたくない。
正確には後悔はしたくない、ですね。

で、今年の(2018年)の都内の桜の撮影でNikonは
使わずα6000シリーズで行いました。
まず絵、画質、OKです。使用感はまずまず。
ただ、AF点の変更はチト 不便。
α6300はまぁOK。しかしα6000はNG。
α6300を購入してから予算の関係で2台目はα6000。
まさかAF点の変更I/Fがα6300と違うと知らなかった。
勿論 自分の判断ミス。

最新の第3世代のα7の使用感はOK。
特にマルチセレクターですね。
Nikon使いからすれば、在って当然のI/Fです。
またバッテリー容量も改善された等。

αにマウント変更するにあたりボティ2台の選定は?。
α7RIII×2台。予算的に無理。1台はα7RIIIで決定。
もう1台としてα7RUやα7Uの選択は、、、。
バッテリーと使いやすさという点で選択し辛い。

このような時にα7IIIのリリースを知り、仕様を知って!。
この価格なら何とかなるぞ、という事で
Nikon ボディ2台+レンズ6本 他 売却約\84万。
Sony ボディ2台+レンズ4本 他 購入約\128万。
キャッシュバック等\2万。結果支出は約\42万。
となり現在に至りました。

Nikonでは通常 AEブラケット撮影、2カットro3カット。
αは撮影前に分かるのでAEブラケット撮影は殆ど
しなくなりました。ゼブラ機能は◎です。
αのAEブラケット撮影では2枚の選択は無く
3、5、9枚です。Nikonには2枚も選択出来るので
アァ〜と思ったんですが、上述の通りAEブラケット撮影
そのものの必要性が少なくなりました。
撮って確認ではなく、「撮る前に分かる」
これはレフ機では無理ですものね。

絞りのプレビューもレフ機よりも数段分かりやすいです。
自然風景写真が主な被写体なのでやりパンフォーカス
撮影が多いです。時々 不必要に絞りすぎたり逆に
絞り込みが少なく中途半端だったり、と。
まぁ被写界深度表で確認する、という手もある?。
いゃーそこはもぅ焦点距離とピント位置で直ぐに
F値が分かるくらいでないと、いけませんょね(笑)。
機材ばかり立派でも基本的な事が出来ていなければ、、、。

インターバル撮影は機能として無いので
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01NCROZEW/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
を購入しました。問題なく利用出来ています。

サイレント撮影機能の制約が、、、。
ISO感度は100以上じゃなきゃダメとか。それ以外にもあったんですが
今、思い出せませんm(_ _)m。

先日 立山・黒部アルペンルートの室堂で1泊し
夕景、星空の撮影をして来ました。
5月でも朝晩は冷え込みます。夜の撮影時の気温は-3℃。
風速は平均5m程度だったと思います。体感温度は-10℃近いです。
まぁこの程度であれば、「寒い」ということでのカメラの
トラブルはありませんね。バッテリーも私の使用範囲では
何ら問題は出なかったです。

純正も1つバッテリー(NP-FZ100)を購入しましたが↓も購入しました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BLNR33H/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
互換ですが、今の処何ら問題は起きていません。
α7IIIは充電器は付属しませんから、まずは↑が宜しいのではないでしょうか。

α6000系では↓を使用しています。此方も問題は起きていません。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B076VLSQ1Y/ref=oh_aui_detailpage_o05_s00?ie=UTF8&psc=1

レンズの話ですが、、、。
70-200mm F4にもテレコン欲しいですょね〜。
多分 開発陣が満足出来る製品として作れないんでしょうねぇ〜。
画質を気にせず倍率だけなら作れるんでしょう〜。
この推測が正しければソニー気質のような気がします。
(良い意味です。)ん、、、、何とか頑張って欲しいー。
F2.8は重すぎるので嫌なんです(笑)。
NikonのF2.8よりは軽いけど、、、。


NikonからSONY αに変更した事は今のタイミングでは
正解だと思っています。何れNikonもリリースして来る
でしょうけど、どのみちレンズは全入替になるでしょうから
他社へのマウント変更とほぼ同じですょね。
軽くする事が目的なので、Fマウントを利用するために
マウントアダプターを利用するなんて私には考えられないです。

私は(自然)風景の撮影しか知りません。動き物やポートレート
には基本 興味そのものが無いのでそちらの方面での良し悪し
は分かりません。また動画も全く興味ありません。

という事が前提でα7IIIは〇だと思います。

また他マウントからの変更を考えられている点が軽量化にある場合は
マウントアダプターの利用ではなくFEマウンのレンズを選択
された方が良いと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった57人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

連写・連写・連写(その3)さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:350人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
11件
37件
デジタルカメラ
5件
27件
レンズ
12件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種大原三千院の紫陽花
当機種奈良長谷寺
当機種四国霊場82番 根香寺

大原三千院の紫陽花

奈良長谷寺

四国霊場82番 根香寺

当機種四国霊場81番白峯寺
   

四国霊場81番白峯寺

   

購入して2ヶ月経ちましたのでバッテリーを評価しました。それと瞳AFについて追記です。
1.バッテリー
 バッテリーが大きくなり、飛躍的に改善しました。
 参考にならないかも知れませんが、卓球の写真をJPEGファインLサイズで4時間ぐらいほぼ連写で7700枚撮影して残り40パーセントでした。
 先代までの機種では考えられないぐらい持ちます。1泊2日程度の風景撮影では充電器いらないです。
2.瞳AF
 バドミントン撮影では通常のAFではネットにピントがあうことが多いのですが、瞳AFのおかげで人物にピントが合った写真が撮れます。
 この機能を目的に購入しましたので満足です。

2代目でフルサイズのベーシックなカメラとして完成していたと思いましたが、3代目は値段も手頃でここまで高機能だと正直他社は追いつくのが難しいような気がします。噂のNikonとキャノンのフルサイズミラーレス一眼が楽しみです。

----------------最初のレビュー--------------
α7は初代、2代目、3代目と買い替えてきました。
初代は秒3コマで手ぶれ補正もなくマウントアダプタでフィルムカメラのレンズを楽しんていた頃から比べると隔世の感があります。
cp+で試した瞳フォーカスは、フレームの端のフォーカスポイントでも合焦しておりミラーレスの本領を発揮してきたと感じました。
ILCE7M2からは撮影速度も上がり、高感度画質も1/2EV程度は改善しております。1日しか使っていないですがバッテリーの持ちも良くなっているでしょうし、隙のないカメラになったと思います。
SONYの操作性に慣れることができれば、良い相棒になると思います。
メーカーさんにはコンパクトで安価なレンズをお願いしたいです。

比較製品
SONY > α7 II ILCE-7M2 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった17人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てつおっちゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
8件
レンズ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感5

NikonのD750からマウント変更しました。
以前はα6000を所有していた事もあります。
比較対象は主にD750となります。

【デザイン】
NikonのDfやFUJIFILMのX-T20のシルバーの様な見た目が好きです。
私にとって見た目は普通です。

【画質】
夕方だろうが室内だろうが階調豊かで低ノイズの画を得られます。
実はセンサーの性能はD750でも大健闘出来ます。
手振れ補正やAF精度からくる精細感の向上がα7Vとの差でしょうか?
これは画質というより機能の差ですね。

当機種を購入するにあたりLightroomをVer.5からlightroom classicに変更する必要がありました。
標準の画は今時のダイナミックレンジを活かした割と派手めな画だと思います。
ポートレートでやわらかい画が欲しい時、以前の環境より工程が多くなってしまった事になかなか馴染めずにいます。

【操作性】
あらゆるボタンに機能をカスタマイズ出来るので自分好みにならない方がおかしいです。
私はNikon機とほぼ同じ位置に同じ機能を割り当てました。
使いきれない程の便利な機能があります。
よく使う機能を厳選してどんどん自分好みにしましょう。

【バッテリー】
お泊り旅行でも2日間充分にもちました。α6000とは段違いです。
レースやスポーツ撮影で連写する様な用途でない限りは、実用に足るレベルになったと思います。
ミラーレス機としては現時点で最良では?
家族や景色を撮る分には2日間どころかもっと持つでしょう。

D750の時は電池もちが良すぎて充電を忘れる事も多々ありました。
レフ機と比べたらいけませんね。
今は撮影前日に充電する習慣です。
自分としては充電器必須、別売りなのは最悪です。

【携帯性】
f値の小さい単焦点しか使っていませんのでレンズが大きくて重たいです。
システムとして過度な期待は禁物です。
しかしフルサイズ機でこの大きさですから減点する必要もないと思います。

【機能性】
瞳AF、手振れ補正、この二つの機能が素晴らしい。
連写と合わせるとこども相手にf1.4開放でのバチピンが量産されます。
ピントが合いすぎて写真の選別が苦痛になる程です。

一眼レフはピピッと鳴ればピントがあった気になりますが、
そこからシャッターブレ、被写体ブレ、中央のフォーカスポイント以外のピント精度、等々
様々な障害を乗り越えて初めて成果物となります。
家に帰ってパソコンに取り込んでガックリでは意味がないんです。
三分割構図など中央以外のフォーカス精度が必要で、手持ち撮影も多くなるポートレートにおいて
最良の選択ではないでしょうか?

またMF時のピント拡大機能は、風景や静物を撮る方にはそれ無しには戻れない機能だと思います。

【液晶】
再生時にピントがあっているかは液晶ではわかりません。
WBも少し違和感があります。

【ホールド感】
手が大きく指も短くないのですが、小指あまり問題なんて感じません。
単焦点レンズが重いので、左手でレンズをガッチリとホールド。親指AFのポジションでシャッターを押そうとすると手の角度は斜めになり、どうやっても小指はあまりません。
持ち歩く時のグリップ感は当然浅めで不満かもしれませんが、私はスパイダーハンドストラップを使用していますので、D750から変更しての違和感はありませんでした。

【総評】
ポートレート撮影、または三脚利用してピントを追い込む人には最良の機種です。
手持ちポートレート撮影時の開放でのバチピン量産に驚いて下さい。
望遠手持ち撮影時の手振れ補正にふたたび驚いて下さい。

まだこれといったレンズに出会えていません。どれも高いですしね。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Gケニーさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:1936人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
210件
タブレットPC
3件
49件
SSD
2件
50件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感2

再生する

製品紹介・使用例
AF-S何度やっても合焦せず、FE70-300/4.5-5.6G OSS使用

当機種SIGMA AF12-24mm F/4.5-5.6 EX DG
当機種CANON EF24-105mm f4L IS
当機種CANON EF100mm f2.8 MACRO

SIGMA AF12-24mm F/4.5-5.6 EX DG

CANON EF24-105mm f4L IS

CANON EF100mm f2.8 MACRO

当機種CANON EF70-300mm f4-5.6 IS
   

CANON EF70-300mm f4-5.6 IS

   

 
● 経歴を少し

ソニーは先代ミノルタ7D Digital(14年前)からA99まで6台使用してきた。他にキャノン、ニコン、シグマ、オリンパス。

ソニーαシリーズはレンズを含め全て売却。ソニーとは永遠に手を切るつもりだったがキャノンEFレンズに新たな可能性がでてきたので本機を購入。MC−11はまさに天からの恵み。シグマに感謝。


● 良いところ

・ダイナミックレンジは6Dmk2に較べて広く風景も扱いやすい。

・EVFのピント拡大はすごく便利。

・完全無音撮影が可能。


● 良くないところ

・露出補正ダイヤルは愚の骨頂;
大手量販店でソニーカメラ担当に専用ダイヤルの意図を聞くが、明快に説明してくれた人に会ったためしがない。なぜだろうか?世の中の多くのカメラは前後ダイヤルで不自由なく露出補正してきた歴史がある。

本機の絞り優先モードでは、前後ダイヤルともF値で重複しているだけである。Mモードなら普通にF値かSSを変更すれば済む話し。どうしてもISO対応したいならホイール右で直ぐできる。ところでこのダイヤル、恐ろしく固い。親指と人差し指で摘まんで回さないとダメ。ゲーム機メーカーの受けネライなのだろうか。

・AFの迷い;
純正レンズでAF-S(&フレキシブルスポット、中央)の食いつきの遅延がそこそこ起きる。
 ===> 参考動画 (AF-S)は未合焦。
*同じ被写体で6Dmk2、D750はスパッと合焦。残念ながら本機のAFは二流と言わざるを得ない。

・ファインダー像は粗い;
EVFから見える映像は発色(WB)、階調、輝度がどうも人工的。光の具合によっては、見えているものと、撮れているものに差異。

・ホールド性は悪い;
グリップは浅くしっかり握られない。小指がはみ出す。それでいてフルサイズだからレンズは概ね太くて重い。対レンズとのバランスは史上最悪。縦位置グリップを追加するとレフのフルサイズ機より重くなる。純正拡張グリップは水平に置けない屈辱的商品 (73g, \11,000 )

・情報画面(DISP)は煩雑でごちゃごちゃ;
他社はどこも大文字でシンプル、把握しやすい。水準器や輝度グラフが必要とはとても思えない。

・液晶はタッチパネルなのにメニュー操作不能。情報画面は、見るだけ画面。

・液晶は下方に40度しか倒せない。恐ろしく中途半端。

・液晶の水準器は戸外では視認困難。緑色があまりに小さく細い。

・タッチフォーカスでそのままシャッター切れない。パナ、オリは二度手間無用。

・電源オンからシャッター切れるまで2 - 3秒。OMD E-M1は0.5秒程度。

・ロックオンAF、被写体認識がアバウト過ぎて実用性は低い。

・動画29分の壁;
パナなどはSDカードの容量が許す限り連続撮影が可能。

・カスタムWBのセットが変則;
バッグから出した白紙を左手に持ち、右手でシャッターが切れない。背面ホイールシャッターは片手操作不能。戸外では白紙を良い角度で置ける場所をわざわざ探さないといけない。こんなカメラ初めて。

・パノラマ機能無し;
歪曲無し超広角は非常にニーズは高い。αフルサイズであったのに残念。

・インターバルタイマー無し;
連続撮影の間隔設定ができない。高見からの一脚で俯瞰の連続撮影ができない。結局、現場で脚立を持ち歩かなければならない。星空など用途は多い。

・カメラ充電は最悪;
コネクタを差し込むときゴムキャップが干渉する。ゴムキャップのめくれでカメラが置きにくい。充電中はカメラが使えない。結局、別売の充電器(\9,000)は必須。これでソニーは数億円の増収か。

・手振れ補正の冗長;
カメラに5軸補正を完備しているのにレンズでもOSSを実装。ソニーはEマウント発足時の事情(レンズ依存)を今日までず〜と引きずっている。この重複コストは言うまでもなくユーザー負担。こんな事をやっているのはソニーだけ。相互補正の重複効果を一切、ソニーは明らかにしていない。

・Imaging Edge(現像ソフト);
Canon、Nikonなどと比べても操作性は実に良くない。ビューワとRAW現像が別モジュールでとても使いづらい。ユーザー設定は2項目だけ。表示の定着はモサモサと遅く10年以上前の技術。結局、RAW専用ソフトの費用負担がユーザーにかかる。

・PlayMemories Home(閲覧管理ソフト)はカラーマネージメント非対応;
Windows PC、モニタープロファイルが使えず発色が狂う。使う気がしない。論外。SDからPCへの画像転送でエクスプローラを使えない、次回撮影でカメラで不整合を招く。あり得ない膠着性。


● MC-11(v2.14)について

・ピントの拡大
EFレンズではカメラ「DMF選択」は無効。AF-Sが基本。
ピントリング廻しても自動拡大しない。
しかしピント拡大をCボタンに割り当てれば拡大表示は容易。
拡大中のAFは拡大が解けて、使えない。

・EFレンズは動画AF-Cは効かない。

・手振れ補正
IS付きEFレンズでは、カメラ側手振れ補正は作動せず、IS:on必要。
IS無しEFレンズでは、カメラ側手振れ補正が作動してくれる。
手振れ補正の効き具合「焦点距離」の設定が可能。

・最近のSigmaレンズ(for canon)
レンズ側「MO」でピントリングの自動拡大OK、拡大中のAFも効く、動画AF-Cも効く。


● 満充電の撮影枚数

・RAW(平均25MB) : 約1,000枚
・JPG-L(平均9MB) : 約1,200枚
・充電時間 : 3時間15分(100%到達時)
 *キャノンは満充電まで1時間55分


● 総評

圧倒的なメディア戦略で、ネット上には見るからに「よいしょ記事」の量が凄まじい。鳴り物入りで登場したこの「ベーシック機」で、なぜかレアな専用ダイヤルを装備。コンパクト化を目指したミラーレスで、なぜかレンズはバカ重く、どれも驚きの高額。手振れ補正は重複実装。現像ソフトは三流品。

ちぐはぐなコンセプトで高コストをふんだんに消費者に求めるソニーの企業体質を見る。総合的な使い勝手ははっきり言って悪い。その事に一番気付いてないのがソニー。

*画像の使用レンズは概ねソニー製の1/2以下の価格。
 

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった193人(再レビュー後:42人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おじゃまんぼーさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ドローン・マルチコプター
0件
4件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
0件
3件
ブルーレイプレーヤー
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感3

殆どの方が静止画(写真)に関するコメントなので、動画について感想を記載します。
動画(4K)を主に撮影(PXW-Z150)しています。先日α7 III 購入を機に劇場にて試し撮り(動画4K)をしました。約1時間のノーカットの予定でしたが、20分くらいでオーバーヒートで強制終了。10分後に再REGしましたが残りの30分は止まらず行けました。劇場の正確な室温は分かりませんが、やや蒸しっとしたような感じでした。勿論、PXW-Z150(ビデオカメラ)は1時間以上ノンストップで問題なく撮り終えました。α7 III は筐体が小さい分冷却に問題が有ると思います。真夏の炎天下(日傘で覆っても)は無理かなと思いますし、保管状態(夏の車中)も考慮しないと。
 諸性能は皆さんが記載されていますように大変素晴らしいものと思います。(ニコンさん・キャノンさん ・・・ 全部持って行かれますよ)

【結論として】 ・・・ 夏場の動画(4Kのロングカット)は無理   不満としてレンズ価格の高いこと。

         各種端子カバーは改善要 ・・・ ケーブルが差しづらい。

【最後にお褒めの言葉】 ・・・ 付属のFF28-70 F3.5-5.6で撮影したのですが、フォーカス・WB・ISO以外は全てオートでしたが、解像度
                  抜群・スポットライトによる飛びも全くなし。音声もそれなりに収録できました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった10人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ifleetさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
薄型テレビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感4

Nikon D850のサブ機として購入しました。

同時購入したのは、
・sony FE 16-35mm F2.8 GM、・sigma 70mm F2.8 DG MACRO
上記以外にメモリーカード、C-PLフィルタを購入。

●デザイン
製品としてのデザインは好きな部類です。黒くて角張っていますがシャープな感じは秀逸です。

●画質
・文句なし。LightroomCC Classicに取り込んでもレンズプロファイルを適用する程度でJPEG書き出し
が可能です。
・EVF(電子ビューファインダー?)の画質、目で見た感じは良くない。ファインダーの中でちらつきが
気になります。

●操作性
メニューがイマイチ。UIとして画面の遷移が少々不思議だし、操作性に難があるように思う。

●バッテリー
かなり良い。連続撮影枚数、持続時間共にミラーレスとは思えなく良い。これなら予備バッテリーは
日帰りの外出&撮影なら要らないかもしれない。

●携帯性
・普通のデジタル一眼と比べると、圧倒的に携帯性は優れています。座席数70席未満の国内航空機への
機内持ち込み用に買ったカメラバッグ(リュック)にキレイに収まって余裕があるくらい。
・持ち歩きには好適。PeakDesignのSL-BK-3だとごつ過ぎるかもしれません。首への負担もほぼ
気にならないレベルです。

●機能性
・このクラスのミラーレスに求められる機能・性能は十分と思う。ソニーが基本性能に求めるものが
高すぎるようにかな?。
・UHS-IIに対応したスロット1の書き込み、読み取り速度共に良好。こうなると300MBクラスの書き込み
速度のSDXCカードが欲しくなるし、使わないと損。

●液晶
小さく感じる。視認性も惜しい感じです。次のα7IVでは改善して欲しい点の一つ。

●ホールド感
本体のホールド感は前機種から改善されたらしく良好です。

●その他
・ごく個人的な感想ですが、黒いせいか?真夏の昼間(気温39℃程度)、外で使うには不向きかな?
熱暴走してSDXCカード(Sandisk製128GB)を一時認識しなくなった。まぁ、極端な環境下で使うようには
作られていないとは思います。
・デフォルトだと、バッテリー充電用アダプタが付属せず別に買わないといけません。しかし、これが
全体的に品薄らしく、本体と同時購入が難しい。最初は、カメラ本体にバッテリーを入れたままUSB-C
等のケーブルで充電する、というのが馴染めず少々戸惑いました

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kosuke_chiさん

  • レビュー投稿数:79件
  • 累計支持数:2099人
  • ファン数:41人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
21件
795件
レンズ
32件
124件
ビデオカメラ
1件
115件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

α7RIIIに追加です。私の撮影スタイルは現場であまりレンズ交換をしたくないため、基本的に2台持ちですが、フラッシュや予備バッテリーが共用できるので持ち出し時にメーカーを合わせることも多いです。

α7RIIIとの違いは、サイズ・重さ・操作系・色については同じでバッテリー・グリップも共用でき、基本的には画素数だけです。等倍表示でディテールをチェックする場合や、望遠効果を必要としたりトリミングをする時以外は特に使い分けていません。100-400mm GMレンズを使う時はα7RIIIが比較的多いです。

レビューについて、ほとんどα7RIIIと重なりますのでこちらをご参照ください。
http://review.kakaku.com/review/K0001008675/
α7RIIIとの差額は9万円程度です。9万円は大きいですが、これからSONYのフルサイズを始めようと思われる方で、画質にもこだわりたいというならGMレンズ等高価なレンズを揃えていくことになり、あっという間に100万円突破コースとなるため9万円の差は全体的に考えると小さくなり、大は小を兼ねるではないですがα7RIIIを選択するのが良いかもしれません。

使用レンズは、現在FE16-35mm F2.8 GM、FE24-105mm F4 G、Tamron 28-75mm F2.8、FE70-200mm G、FE100-400mm GMの他、単焦点レンズが18mm、20mm、25mm、28mm、35mm、85mmです。

他社機(NIKON、富士フィルム、Panasonic、Olympus)も使っているので、その比較です。
1.マイクロフォーサーズ機との比較
 どんなに高価なProレンズを使っても画質差は歴然です。マイクロフォーサーズ機のメリットは軽量コンパクトという点がありますが、これはズームレンズには当てはまるものの単焦点レンズとなると実は違いがありません。G9のようなフラグシップ機とはボディサイズや重量が同じで、レンズも単焦点LEICAやPROレンズを付けると、レンズとセットでも重量・サイズが同じになります。またコストもα7IIIの方がむしろ安くなるかもしれません。

2.一眼レフ機との比較
 一番の違いはAFの精度にあると感じます。一眼レフ機の位相差AFだと特に広角レンズで中心フォーカスポイント(FP)しか精度が高くなく、周辺のFPでは後ピンになったり精度が落ちる傾向が強いです。中心FPで景色やスポーツを撮っている分には良いのですが、人物入記念写真やポートレート撮影では周辺FPが基本なので、ピンずれ写真とならないための工夫が必要になって来ます。また、等倍で見てピントがズレていないためには、レンズ購入時に必ずボディに合わせてAF調整が必要で(レンズキットでさえ)、純正ならSCへ持ち込み、サードパーティならUSB DOCKやTap-in-Consoleで調整が必要です。この作業をボディを買い替える度に行うとしたら純正ならお金もかかるし、自分で調整するならレンズ本数が多いと気が遠くなります。ミラーレス機の良いところはこの作業が不要であること、特にα7IIIではポートレート撮影で周辺FPの精度も高く、瞳AFで確実に目に合わせられることです。

なお、画面上で被写体の顔が小さくても瞳AFが機能するのは、最新SonyとPanasonicくらいで、富士フィルム機やオリンパス機でも顔認識はしますが、かなり顔が大きくならないと瞳を認識をしないため、頭や耳、背景にピントが行ってしまうため使えません。

3.個別比較
NIKONで同クラスはD750になりますが画質差は歴然です。上記AF精度の問題もありますが、D750は機構ブレが大き過ぎて等倍表示だとキレを失っています。これはD850を購入した時にD750と比較して明らかな差を感じた部分でもあります。α7IIIは電子先幕シャッターでブレを抑える以外にも工夫がされていると感じます。

富士フィルムの100-400mm望遠レンズにX-H1かX-T2とFE100-400mm GMにα7IIIとでは、後者に軍配が上がります。動体AFの精度に加えて、400mm望遠端開放での解像度の違いです。

NIKONからも今年フルサイズ・ミラーレス機が発売されるようですが、一通りレンズが揃うのに2年間ほどかかりそうなので、今買うとしたらα7IIIが無難かと思います。「簡単に高画質が手に入る」とは、上記のレンズの煩わしいAF微調整が不要なことや瞳AF、レンズ沼にはまって高額なProレンズを買わなくても普通に高画質、といったことからですが、やはりコスパ抜群のカメラだと思います。

参考になった47

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とうがらしの種さん

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:345人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
145件
レンズ
21件
38件
デジタルカメラ
2件
33件
もっと見る
満足度5
デザイン2
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶3
ホールド感3
当機種FE90mmF2.8マクロG
当機種FE90mmF2.8マクロG
当機種FE70-300mmG

FE90mmF2.8マクロG

FE90mmF2.8マクロG

FE70-300mmG

当機種シグマart50mmF1.4 Eマウント用
当機種FE55mmF1.8ZA
当機種FE70-300mmG

シグマart50mmF1.4 Eマウント用

FE55mmF1.8ZA

FE70-300mmG

フルサイズ初心者です。
α6500は所有しています。
サブで持っていたα6300を売ってボディ入れ替えです。
α6500で使っていたフルサイズレンズで、初撮り試し撮りなので、全て手持ち無修正JPEG撮って出しなので、年輪ボケなどの見苦し物が有ったらすみません…。(汗)

【デザイン】
α7シリーズの発売当初からデザインが好きではなく、こんなの買わんと思っていましたが、見慣れてしまいました。

【画質】
完全に進化してると思います。
正直、α6500にフルサイズ対応レンズなど良質なレンズを装着するとα7Uと画質差がそんなになくてフルサイズなんてと思っていましたが、Vになりここまで良くなっちゃうと買うしかありません。
裏面照射型センサーで高感度が強くなり、新しい画像処理エンジンの搭載でスッキリクリアな画質になったと思います。
価格を考えるとここが一番満足してる所です。
ただクロップした時1000万画素になるので、α6500もサブとして、旅行携帯用又は望遠担当で残しておきました。
クロップの事を考えると1台でいけるα7RVも考えましたが画素数的には、PCでのrow現像の処理などのデータの大きさ量を考えると私的にはα7Vで十分だと思ってます。

【操作性】
マルチセレクターなどが増えカスタマイズボタンも多く良いと思います。
マルチセレクターに、フォーカスエリア設定して使ってます。
押してフレキシブルスポット選択でピント位置移動と一つのスティックで出来るのは便利で凄く良いと思います。

【バッテリー】
バッテリーが大型化しα6500の2倍もつ感じで良いと思います。

【携帯性】
レンズを含めミラーレスカメラと考えると、大きくて重いです。
フルサイズカメラと考えると、少し小さくて少し軽い程度だと思います。
シグマArtレンズなど、他のメーカーのマウントと共通設計のレンズは、α7Vのフランジバックが短い分20mm以上長くて100g位、重くなってるレンズもあるのを考えると微妙な感じだと思います。

【機能性】
高感度のセンサーの為かα6500では、AFが駄目そうな暗い所でもAFが合ったので良かったです。
連写は、α6500だと、ブラックアウトの激しいちらつきが凄く被写体を見失う事が有ったが、Hi+で連写するとブラックアウトがほぼ無く凄く良かったです。

【液晶】
スタンダードモデルなので、ここが一番コストダウンして見える所だと思います。
シリーズ中解像度が低いですが、α6000シリーズより液晶もファインダーも大きいので、そんなに悪くないと思いました。

【ホールド感】
確かに皆さんが指摘してるように、小指余りしそうな感じだと思います。
今までα6500に70-300mmのGレンズを使っていたので、気にならない?ギリで小指が納まってたりします。
しかし、シグマArtなどの重めのレンズを長時間使っていると、やっぱり疲れますので、小指対策はなさった方が良いと思います。
わたしの場合AmazonでUTEBIT クイックリリースプレート L型 SONY α9 ILCE-9用 を購入して下のベースの部分だけ取り付けました。
シグマArtなど重いレンズを取り付けても手も疲れにくく、しかもストラップで首からぶら下げていてもカメラがお辞儀しにくくなりました。

【総評】
価格を考えると、凄く良くバランスのとれた機種だと思います。
満足してます。
大きく重いですが、シグマArtレンズの組み合わせは、ガラス的なクリア感の発色のソニー純正レンズとは違って生々しく写る感じが凄く気に入ってます。

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
室内
その他

参考になった27人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Smile015さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
0件
レンズ
3件
0件
雲台
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

RUほどの高画素が自分には必要なくPCでの処理に困ることが多かったので買い換えました A3ノビまでのプリントで楽しんでいますが十分綺麗で画質も落ちた気がしません 操作もソニー独特ですが慣れてしまえば結構便利ですよ キャノンから小型軽量画質の評判の良いソニーに引っ越し7U 7RU 7Vと買い換えてますが満足感は大きいです この最新のカメラは手放すことなく使い続けたくなるほどの魅力を感じます Rほどの画素数が必要でない人購入で迷っておられる人はこのカメラで後悔しないとおもいます 小型 軽量 画質それとバッテリー容量は十分満足しています ただレンズは大きく重いです (キャノン機に比べれば小さく軽いです)

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pent2houseさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:183人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
39件
レンズ
6件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感2
機種不明Sigma 50mm F1.4 for E mount
   

Sigma 50mm F1.4 for E mount

   

私はCanonに愛着があり、Sony(の製品)には不信感さえ持っていました。

以前Canonと関わりの深い仕事をしておりました。中の人も何人か知っております。ある意味恩義も感じています。

Sonyに関しては、昔買ったウォークマンが1年そこそこで立て続けに2台壊れて煮え湯を飲まされました。いわゆる「ソニータイマー」を経験して以来製品に対するネガティブな印象さえもっておりました。

そんな私ですが、今回EOS 80Dからの乗り換えになります。

撮影対象は子供です。

【レフ機から乗り換え】
私が子供を撮る上で一番重要だと思うのは「シャッターチャンス」です。風景ならいざしらず子供の一瞬のしぐさ、表情は逃したら終わりです。

それと「ローアングル」で撮ること。時には大人の目線ではなく、子供の目線まで下がらなければ雰囲気のあるものは撮れません。よってライブビューでの撮影が重要となります。

80D は屋外で光学ファインダーで撮るのは問題ありませんでしたが、ライブビューではコントラストAFとなり、とても動き回る子供を追えるレベルのAFではなかった。

子供と室内で一緒に過ごすため、ある程度暗いところでも撮りたい場面が多々ありました。その点でも80Dは暗所でのAF性能は光学ファインダーでさえも十分ではありませんでした。(F1.4のレンズをもってしても)バースデーケーキの蝋燭等、多くのシャッターチャンスを逃し悔しい思いをしました。

ミラーレスであればライブビューでもファインダービューでもAFは同じです。α7iii のAF性能はα9並だとすれば、現時点で世界最高レベルのライブビューAFだと言えます。つまり現在のCanonのどのカメラよりも優れたライブビューAFをバリアングル液晶で使えるということになります。α7iiiで無理なら他のどのカメラでも無理だということになるので諦めがつきます(笑)。

不信感さえ持っていたSonyに今回乗り換えた理由のもう一つは、ここ最近のSony「攻め」の姿勢に共感するからでもあります。

2016年7月頃から80Dを使い初め、数ヶ月後にはフルサイズへ心が傾き出しました。当時は6D 、α7iiが実質の選択肢でした。当時次に来るであろう6D2、α7iiiはどうなるか見てみようと思っていました。

2017年3月、α9登場。Sonyはそれまでのミラーレスのイメージを覆しました。
そして8月に6D2は登場。しかし結果は80Dのフルサイズ版のようで、6Dからの劇的は進歩は感じませんでした。

おそらく風景を撮るだけなら6D2でもα7iiiでもあまり差はないかもしれません。しかし薄暗い室内で動き回る子供をローアングルから撮るような使い方をするのであれば、80Dのフルサイズ版のような6D2ではおそらく無理です。(バリアングル液晶がない5D4でさえも)

そして2018年3月、待ちに待ったα7iiiが登場。α7Riiiの399点を超える693点位相差AF。α9の25点を超える425点コントラストAFが6D2とほぼ同じ価格。

Canonに固執しない限り6D2を選ぶ理由はありませんでした。

なぜCanonのイメージセンサーはSonyの周回遅れだと言われるのか。理由の一つはCanon製品ラインナップの序列を重視した「技術の出し惜しみ」にあるのではないかと個人的には感じています。

例えば「6D2は5D4より格下なので、性能は低くなければならない。」そのように悠長なことをやっていてはSonyとの差は開くばかりではないでしょうか。Sonyはおそらく数ヶ月前に出来てなかった技術が出来れば、その時点で出す最新機種に載せてくる。だから進歩も早い。

CanonもSonyも技術者の優秀さは変わらないでしょう。ただ人間とは目の前のハードルを常に高めれば進歩するのは当然のといえます。

【不満?】
グリップは80Dほど快適ではありません。しかしミラーレスはコンパクトなので、これはある意味致し方ないと私は思います。Sonyは(カメラの)デザインは容易に変えない方針だと聞きますし、外付けのグリップ等で対応するしかありません。

UIがキャノンほど優れていない点については、これは長年の経験の差であり改善には時間を要するでしょう。UIを一朝一夕に変えればそれまでのユーザーを混乱させることになります。UIは時間をかけて少しずつ進歩させるしかありません。

バッテリー充電アダプターが別売りなのはちょっと騙されたような気分です。最初からついているα7Riiiとの価格差はその分(約1万円分)差し引いて考える必要があります。

【こぼれ話】
Canonは昔カメラメーカーとしては無名で高級機といえばニコン、普及機といえばヤシカだったという時代があったそうです。
M会長が昔NY駐在時代にでタクシーに乗った時、運転手との会話でこんなことがあったそうです。

運転手「どこの会社に勤めてるんだ?」
M会長「Canonだ」
運転手「ほう、いい会社に務めてるな。素晴らしいじゃないか。」
M会長(誇らしく思う)
運転手「一流のホテルはみんなあんたの会社のタオルを作っている」
M会長(タオル???)
(実は当時Cannonというタオルの老舗メーカーがあり、運転手はCanonをCannonだと思ったようです。)
M会長「違う、CannonではなくカメラメーカーのCanonだ」
運転手「ああ、ヤシカのことか?」
M会長(ぐぬぬ。。。。ヤシカ、今に見ていろよ。)

と闘志を燃やされたそうです。
そして時は流れ、ヤシカはおろかニコンさえも抜き去りCanonのカメラは世界のトップのシェアとなるほどの成長を遂げました。
今時代はレフ機からミラーレスへ。かつてのように今のSonyにどう対抗するか楽しみです。

【最後に】
子供の成長の記録をより美しい物にしたい。私にとって80Dはバランスの取れた良いカメラで写真の楽しさを思い出させてくました。α7iiiはレフ機での不可能を可能にしたカメラだと言えます。

読んでいただきありがとうございました。

主な被写体
子供・動物

参考になった104

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α7 III ILCE-7M3 ボディ
SONY

α7 III ILCE-7M3 ボディ

最安価格(税込):¥218,675発売日:2018年 3月23日 価格.comの安さの理由は?

α7 III ILCE-7M3 ボディをお気に入り製品に追加する <1900

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意