『実質2万円弱』 ASUS ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド] アンシーさんのレビュー・評価

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]

前面デュアルカメラ搭載の5.5型有機ELスマートフォン(サンライトゴールド)

最安価格(税込): ¥34,538〜 登録価格一覧(5店舗)
発売日:2017年 9月23日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 7.1 販売時期:2017年秋モデル 画面サイズ:5.5インチ 内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3000mAh ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]のスペック・仕様

価格.com限定キャンペーン実施中!格安SIMカードで通信費を節約しよう!

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ASUS > ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー > ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]

『実質2万円弱』 アンシーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
1件
プリンタ
1件
0件
ペンタブレット
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示3
バッテリー無評価
カメラ無評価
実質2万円弱

【デザイン】
◇形
画面サイズ5.5インチなので手に余る感は否めませんが、角がラウンドしているのでわりと手になじみます。
Zenfone3シリーズで突起していたカメラレンズも、今回は平らになって良かったです。
◇色
色にはそこまでこだわりがなかったので実物を店頭で確認せずに購入したのですが、ASUS公式HPに掲載されているサンライトゴールドの色とはあまりに違う!という感想です。
どう見てもピンクゴールド。iPhoneのローズゴールドをもっと淡くしたような感じでしょうか。
公式のみならず、この機種を販売している通信会社のHPもほとんどそんな感じでピンクだとは想像できない色です。
結果的にこの色もなかなかいいな、という感じで収まりましたが、サンライトゴールド買いたい人は現物を一度確認することをおすすめします。

【携帯性】
前述のとおり5.5インチはやはり大きい。
持ちやすさと薄さがあるのでまぁよし。

【ボタン操作】
電源と音量が同サイドに並んでいるので、目視せず手の感覚に頼ると押し間違える可能性があるかも。
ホームボタンは物理ボタンっぽく見えますが単に引っ込んでいるデザインなだけで稼働はせず、実質タッチパネルと変わりませんでした。

【文字変換】
googleの日本語入力に慣れてしまっているので、初めからそちらに変更して使っています。
なので初期設定のものについては無評価です。

【レスポンス】
前回使っていた機種がAQUOS CRYSTAL Yだったので、それに比べれば悪くないわけがありませんが、同等スペックと比べようがないので詳細は不明です。

【メニュー】
不便さは感じません。
特に画面のダブルタップでスリープをON/OFFできるのは便利。
ショートカットもうまく使えばなかなか便利だと思います。
カメラの機能が売りっぽい機種ですが、あまりこだわってないので特に感想なし。
リアルタイムにカメラの画面を美肌補正してくれるソフトがついているようで、肌の細かな凹凸をぼかしているような感じ。
自撮りに限らずお肌に自信のない人にはありがたいかもしれません。

【画面表示】
初期設定だとものすごく青い!&白が暗い!という印象。
色温度やその他設定はできるので問題はありませんが、もしかしたら画面上下が白いデザインなので、画面内の白色が余計に青く暗く見えるのかもしれません。

※追記
使用開始からちょうど1年経ちましたが、画面上部に焼き付きが発生しています。
有機ELは焼き付きが起こりやすいとのことですが…使い方によっては1年でなってしまうものなのですね。ちょっと残念です。


【通話音質】
開通時に確認のために使っただけなのでまだよくわかりません。

【呼出音・音楽】
まだ音楽は聴いていませんが、最小音量がわりと大きい気がします。

※追記
音質が気になりました。
今まで使っていたイヤホン使用で音楽を聞くとモコモコしました。
付属のイヤホンでもなんだか音がおかしい…。
ラジオを聞いているような音質。
オーディオウィザードというイコライザー機能があったのでいじってみたところ、1khz付近を大幅に下げるとなんとか改善しました。
ちなみに、イヤホン使用時とスピーカー使用時とでオーディオウィザードを別々に設定するようになっています。

【バッテリー】
使用期間が短いので無評価。
悪くはないと思いますが。

【総評】
予算と機能の兼ね合いで、microSD入れなくてもストレージが足りなくならないように64GB以上でのDSDS機を探しました。
Biglobeモバイルのキャッシュバック20000円やポイント3000G、3か月毎月500円割引等で実質2万円弱で入手。(12ヶ月は継続しなくてはいけないようですが)

マイク付きのカナル型イヤホンと、充電器+充電ケーブル、透明のスマホカバーがついていました。こだわりないのでこれだけでもありがたいです。

Zenfone3の5.5インチが似たスペックでかなり迷ったのですが、充電時のケーブルがなじみのないUSB Type-Cという規格である点に難を感じて、結局microUSBで充電できるこちらにしました。
(Biglobeの音声SIMのみのキャンペーンと、ASUSオンラインショップのセールでの割引を併用するとZenfone3 5.5インチも2万以下で購入可能)

Biglobeの通話SIMだと通信速度に不安があったので、2枚目にLIBMOのデータSIMを使用しています。
10/18時点で動作確認にZenfone4シリーズが載っていなかったのですが、キャンペーン中で初期費用無料&基本料2ヶ月無料なので万が一使えなくても損はしないだろうと思い、LIBMOに挑戦。
スロットをSIM1=Biglobe、SIM2=LIBMOにしてみましたがAPN設定してもLIBMOが使用不可。
スロットを交換して、SIM1=LIBMO、SIM2=Biglobeにしたらすんなり使えました。
テザリングも正常に機能しました。

比較製品
ASUS > ZenFone 3 ZE552KL SIMフリー

参考になった13人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示3
バッテリー無評価
カメラ無評価
実質2万円弱

【デザイン】
◇形
画面サイズ5.5インチなので手に余る感は否めませんが、角がラウンドしているのでわりと手になじみます。
Zenfone3シリーズで突起していたカメラレンズも、今回は平らになって良かったです。
◇色
色にはそこまでこだわりがなかったので実物を店頭で確認せずに購入したのですが、ASUS公式HPに掲載されているサンライトゴールドの色とはあまりに違う!という感想です。
どう見てもピンクゴールド。iPhoneのローズゴールドをもっと淡くしたような感じでしょうか。
公式のみならず、この機種を販売している通信会社のHPもほとんどそんな感じでピンクだとは想像できない色です。
結果的にこの色もなかなかいいな、という感じで収まりましたが、サンライトゴールド買いたい人は現物を一度確認することをおすすめします。

【携帯性】
前述のとおり5.5インチはやはり大きい。
持ちやすさと薄さがあるのでまぁよし。

【ボタン操作】
電源と音量が同サイドに並んでいるので、目視せず手の感覚に頼ると押し間違える可能性があるかも。
ホームボタンは物理ボタンっぽく見えますが単に引っ込んでいるデザインなだけで稼働はせず、実質タッチパネルと変わりませんでした。

【文字変換】
googleの日本語入力に慣れてしまっているので、初めからそちらに変更して使っています。
なので初期設定のものについては無評価です。

【レスポンス】
前回使っていた機種がAQUOS CRYSTAL Yだったので、それに比べれば悪くないわけがありませんが、同等スペックと比べようがないので詳細は不明です。

【メニュー】
不便さは感じません。
特に画面のダブルタップでスリープをON/OFFできるのは便利。
ショートカットもうまく使えばなかなか便利だと思います。
カメラの機能が売りっぽい機種ですが、あまりこだわってないので特に感想なし。
リアルタイムにカメラの画面を美肌補正してくれるソフトがついているようで、肌の細かな凹凸をぼかしているような感じ。
自撮りに限らずお肌に自信のない人にはありがたいかもしれません。

【画面表示】
初期設定だとものすごく青い!&白が暗い!という印象。
色温度やその他設定はできるので問題はありませんが、もしかしたら画面上下が白いデザインなので、画面内の白色が余計に青く暗く見えるのかもしれません。

【通話音質】
開通時に確認のために使っただけなのでまだよくわかりません。

【呼出音・音楽】
まだ音楽は聴いていませんが、最小音量がわりと大きい気がします。

※追記
音質が気になりました。
今まで使っていたイヤホン使用で音楽を聞くとモコモコしました。
付属のイヤホンでもなんだか音がおかしい…。
ラジオを聞いているような音質。
オーディオウィザードというイコライザー機能があったのでいじってみたところ、1khz付近を大幅に下げるとなんとか改善しました。
ちなみに、イヤホン使用時とスピーカー使用時とでオーディオウィザードを別々に設定するようになっています。

【バッテリー】
使用期間が短いので無評価。
悪くはないと思いますが。

【総評】
予算と機能の兼ね合いで、microSD入れなくてもストレージが足りなくならないように64GB以上でのDSDS機を探しました。
Biglobeモバイルのキャッシュバック20000円やポイント3000G、3か月毎月500円割引等で実質2万円弱で入手。(12ヶ月は継続しなくてはいけないようですが)

マイク付きのカナル型イヤホンと、充電器+充電ケーブル、透明のスマホカバーがついていました。こだわりないのでこれだけでもありがたいです。

Zenfone3の5.5インチが似たスペックでかなり迷ったのですが、充電時のケーブルがなじみのないUSB Type-Cという規格である点に難を感じて、結局microUSBで充電できるこちらにしました。
(Biglobeの音声SIMのみのキャンペーンと、ASUSオンラインショップのセールでの割引を併用するとZenfone3 5.5インチも2万以下で購入可能)

Biglobeの通話SIMだと通信速度に不安があったので、2枚目にLIBMOのデータSIMを使用しています。
10/18時点で動作確認にZenfone4シリーズが載っていなかったのですが、キャンペーン中で初期費用無料&基本料2ヶ月無料なので万が一使えなくても損はしないだろうと思い、LIBMOに挑戦。
スロットをSIM1=Biglobe、SIM2=LIBMOにしてみましたがAPN設定してもLIBMOが使用不可。
スロットを交換して、SIM1=LIBMO、SIM2=Biglobeにしたらすんなり使えました。
テザリングも正常に機能しました。

比較製品
ASUS > ZenFone 3 ZE552KL SIMフリー

参考になった3

満足度4
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示3
バッテリー無評価
カメラ無評価
実質2万円弱

【デザイン】
◇形
画面サイズ5.5インチなので手に余る感は否めませんが、角がラウンドしているのでわりと手になじみます。
Zenfone3シリーズで突起していたカメラレンズも、今回は平らになって良かったです。
◇色
色にはそこまでこだわりがなかったので実物を店頭で確認せずに購入したのですが、ASUS公式HPに掲載されているサンライトゴールドの色とはあまりに違う!という感想です。
どう見てもピンクゴールド。iPhoneのローズゴールドをもっと淡くしたような感じでしょうか。
公式のみならず、この機種を販売している通信会社のHPもほとんどそんな感じでピンクだとは想像できない色です。
結果的にこの色もなかなかいいな、という感じで収まりましたが、サンライトゴールド買いたい人は現物を一度確認することをおすすめします。

【携帯性】
前述のとおり5.5インチはやはり大きい。
持ちやすさと薄さがあるのでまぁよし。

【ボタン操作】
電源と音量が同サイドに並んでいるので、目視せず手の感覚に頼ると押し間違える可能性があるかも。
ホームボタンは物理ボタンっぽく見えますが単に引っ込んでいるデザインなだけで稼働はせず、実質タッチパネルと変わりませんでした。

【文字変換】
googleの日本語入力に慣れてしまっているので、初めからそちらに変更して使っています。
なので初期設定のものについては無評価です。

【レスポンス】
前回使っていた機種がAQUOS CRYSTAL Yだったので、それに比べれば悪くないわけがありませんが、同等スペックと比べようがないので詳細は不明です。

【メニュー】
不便さは感じません。
特に画面のダブルタップでスリープをON/OFFできるのは便利。
ショートカットもうまく使えばなかなか便利だと思います。
カメラの機能が売りっぽい機種ですが、あまりこだわってないので特に感想なし。
リアルタイムにカメラの画面を美肌補正してくれるソフトがついているようで、肌の細かな凹凸をぼかしているような感じ。
自撮りに限らずお肌に自信のない人にはありがたいかもしれません。

【画面表示】
初期設定だとものすごく青い!&白が暗い!という印象。
色温度やその他設定はできるので問題はありませんが、もしかしたら画面上下が白いデザインなので、画面内の白色が余計に青く暗く見えるのかもしれません。

【通話音質】
開通時に確認のために使っただけなのでまだよくわかりません。

【呼出音・音楽】
まだ音楽は聴いていませんが、最小音量がわりと大きい気がします。

【バッテリー】
使用期間が短いので無評価。
悪くはないと思いますが。

【総評】
予算と機能の兼ね合いで、microSD入れなくてもストレージが足りなくならないように64GB以上でのDSDS機を探しました。
Biglobeモバイルのキャッシュバック20000円やポイント3000G、3か月毎月500円割引等で実質2万円弱で入手。(12ヶ月は継続しなくてはいけないようですが)

マイク付きのカナル型イヤホンと、充電器+充電ケーブル、透明のスマホカバーがついていました。こだわりないのでこれだけでもありがたいです。

Zenfone3の5.5インチが似たスペックでかなり迷ったのですが、充電時のケーブルがなじみのないUSB Type-Cという規格である点に難を感じて、結局microUSBで充電できるこちらにしました。
(Biglobeの音声SIMのみのキャンペーンと、ASUSオンラインショップのセールでの割引を併用するとZenfone3 5.5インチも2万以下で購入可能)

Biglobeの通話SIMだと通信速度に不安があったので、2枚目にLIBMOのデータSIMを使用しています。
10/18時点で動作確認にZenfone4シリーズが載っていなかったのですが、キャンペーン中で初期費用無料&基本料2ヶ月無料なので万が一使えなくても損はしないだろうと思い、LIBMOに挑戦。
スロットをSIM1=Biglobe、SIM2=LIBMOにしてみましたがAPN設定してもLIBMOが使用不可。
スロットを交換して、SIM1=LIBMO、SIM2=Biglobeにしたらすんなり使えました。
テザリングも正常に機能しました。

比較製品
ASUS > ZenFone 3 ZE552KL SIMフリー

参考になった8

「ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Google play ストアが問題  4 2018年10月27日 11:42
実質2万円弱  4 2018年10月3日 11:20
格安ではなくなったけど、完成度の高い機種だと思います  5 2018年9月14日 08:13
購入後3か月経過時点で  2 2018年7月13日 09:35
良くも悪くも「そこそこ」。  5 2018年5月16日 11:28
Android初のSIMフリー機  4 2018年3月25日 06:14
セルフィー専用と名の付く、ミドルクラスの中のハイクラス機種  4 2018年3月13日 07:52
honor8との比較  3 2018年2月26日 13:57
zenfone2laser から買い替え  5 2018年2月19日 12:29
最高に最高!  5 2018年1月10日 08:32

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]のレビューを見る(レビュアー数:16人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]
ASUS

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]

発売日:2017年 9月23日

ZenFone 4 Selfie Pro SIMフリー [サンライトゴールド]をお気に入り製品に追加する <60

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意