『冬場は燃費は気にしない方が良いかも(通勤距離次第かな)』 ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル SECTOR-3さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『冬場は燃費は気にしない方が良いかも(通勤距離次第かな)』 SECTOR-3さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:905人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
13件
127件
タブレットPC
6件
32件
スピーカー
1件
21件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
冬場は燃費は気にしない方が良いかも(通勤距離次第かな)

追記部分のみ更新します、冬場の感想です。

【燃費】
Honda Total Careのアプリで表示される毎月の平均燃費ですが、
夏場 16km (1カ月1000km走行)
冬場 8km (1カ月 200km走行)
と半分です、走行距離も大きく違いますがガッカリです。
冬場はマイナス15℃にもなる田舎に住んでいて暖気運転もさせています、また通勤距離が2km未満と言うハンデもあるので仕方ない感じですね。
冬場は単なる2000ccのエンジン車ですね。

【エクステリア】
わくわくゲートは本当に便利です、かみさんはこれしかできないと思っていたらしく、上に大きく開けたらビックリしてました。かみさんにも好評ですがブレーキホールド機能で停止している状態(Pにしていない状況)ではわくわくゲートが開かないので、かみさんがわくわくゲートが開かなくて不便と言ってましたね、最初は私も開かなくて不思議に思ってましたが安全上の仕様でした。

【乗り心地】
スタッドレスタイヤにしたら以前に増して静かになり、元から充分静かな車がより静かになり大満足です。
トリプルゾーンのエアコンが3列目用になっていますが、2列目も後ろから暖かくなるのはありがたいですね。また、ハイブリッド車は冬場はシートヒーターが必須と噂には聞いていましたがその通りでした。できればセカンドシートにもオプションで付けられれば良いのにとおもいます、CX5とか8にはありますね。

渋滞対応のHonda SENSING も付いているこの車でこのグレードを購入して良かったと思った冬でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった84人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
このエンジンをよく載せたなー
   

   

【エクステリア】
好みの問題となるので何とも言えませんが、マイナーチェンジ前より確実に良くなっていると思います。マイナーチェンジ後は確実に販売台数(3月時点で前年比151%)は増えていますので、エクステリアのバージョンアップやハイブリッドの登場は良い方向に向かっているのは確かですね。
わくわくゲートは本当に良く出来ています、人が乗り降りをしなくても、高さ39cmと他社より低いので荷物を積むだけでも価値があると思います。セレナより使いやすいと思います、駐車場の狭いところでも何も問題ありません。3列目シートの後ろが窪んでいるのですが、そこにお買い物をした物を入れると楽です、物が転がっても安心。
3列目シートが女性でも簡単に軽く畳めるのはとてもありがたいです。フリードとかトヨタ車の上に跳ね上げるタイプは、重いし邪魔で2列目シートが倒れない弊害があります。

【インテリア】
メーターとナビが離れていて最初は変なデザインだと思いましたが、運転してみるとメーターが前は凄く良い。CX-5やレジェンド、最近は軽自動車にもあるヘッドアップディスプレイが一番良いと思うが、このメーターはヘッドアップディスプレイのような役割をするので視線の移動が少なく安全に寄与していると思います。逆にナビは近い位置で操作しやすく見やすい位置にありとても良いです。
ロールサンシェードは家族から大好評です、ロールサンシェードを上げた状態でも窓を開けられるのが良いようです、カーテンにしてしまうと外が見えないので運転手にとってはロールサンシェードの方が安全で良いです。
オデッセイに比べ、物入れが多いのは良いですね。全てのシートの肘掛けが小さいのが今一です、オプションなどで大きく出来ればうれしいのですが。

(追記)
トリプルゾーンのエアコンは家族から好評です。家族を暑い日に駅まで迎えに行った時に暑いと言って自分専用にエアコンを調整できるのは良いですね。
写真のように2列目の間を埋める物でステップワゴン専用品(らぶ2ベンチ)を設置しました、ベンチシートのように使えて好評です、物入れにもなっている為車内に物が散乱せずいい感じです。

【エンジン性能】
セレナe-powerを出足からぶっちぎる速さですね、色々な媒体で高評価ですね、ただセレナe-powerはエンジン音が車内にあまり入らないように工夫されていて、日産もいい仕事をしているなと思います。走りも楽しみたい人はステップワゴンですかね。
オデッセイハイブリッドに比べるとECONの時に若干マイルドな感じがします、女性が運転することを考慮しているのかもしれません。

(追記)
Sモードはほんとパワフルです、これがあってこそホンダと言う感じですね。燃費重視で走れば軽自動車に迫る燃費、Sモードでは燃費は悪くなりますが化け物に近いパワーと、1粒で2度美味しいパターンです。

【走行性能】
【乗り心地】
オデッセイハイブリッドと同様にミニバンとは思えない軽快な走りをします。ロールも少なく良い足回りなので運転していて楽しいです、モーターを使って走っている時は本当に静かですね。
ブレーキホールド機能が病みつきになります、ただしPOWER ON で必ずホールドスイッチをONしないといけない点は注意が必要です、欧州車は記憶している車が多いのに残念な仕様です。
ブレーキホールドと渋滞追従ACCのためにハイブリッドを購入するようなものです、この2つがセットで威力を発揮してくれますね。ガソリンモデルにも付けてもらえたならもっと売れたでしょうね。

(追記)
欧州車に乗る車好きの知人が峠道を運転して驚いていました。「ミニバンの走りじゃないなー 足回りはセダンやホットハッチとあまり変わらない、高さがある分少し不利だが問題なしだね。Sモードだとターボ車のような走りだ。よくこんな車にこのエンジンを載せたなー ホンダは」と感心していました。
パフォーマンスダンパーのおかげで高級車の乗り心地と運動性能が増しているようですね。

【燃費】
カタログ燃費では負けていますが、実燃費ではセレナe-powerより良いようです。しかし走り方次第のようです。日産は少しあやしい感じがしますね。

(追記)
日産では7月に燃費、排ガスデータの書き換え問題も発覚してますね。
峠の登りで飛ばすと、9.2km/L 峠の下りで、45から70km/L と差が激しいですね。
燃費をよくするポイントが少しわかってきました。
ゆっくり加速するのではなく、少し強めに加速して早めに定速走行に移り、その後一旦アクセルをほぼOFFにして、EVモード(EVランプ点灯を確認)にしてから、定速走行を続ける。
家の近くなど住宅街ではスピードが遅いので積極的にEVスイッチをONにする。

【価格】
確かに高いとは思います、高くてもそれに伴った装備になっていれば文句も出ないと思いますがその辺のツメが甘いと思います。パワーウインドウが全席オートでないのは大きな減点です、オデッセイハイブリッドやヴェゼル、アコードには付いています。全席オートがあるとキーリモコンからリモートで窓を開け閉めできる機能が付きます。

【総評】(追記)
オデッセイハイブリッドを購入する予定でしたが、数日運転してみると非力な私にはオデッセイのハンドルの重さだと腰が痛くなり長距離運転ができないので、あきらめて同じエンジンをのせたステップワゴンハイブリッドを購入しました。女性も運転できるハンドルの軽さは重要なポイントだと思います。

音の匠がいい感じです、標準に比べると高音の伸びが違うし低音も伸びますね。本格的なシステムには敵いませんが値段を考えると充分です。
ホンダの第二世代のハイブリッドは素晴らしい出来です、買って良かったです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった60

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
オデッセイハイブリッドと同じエンジン

【エクステリア】
好みの問題となるので何とも言えませんが、マイナーチェンジ前より確実に良くなっていると思います。マイナーチェンジ後は確実に販売台数(3月時点で前年比151%)は増えていますので、エクステリアのバージョンアップやハイブリッドの登場は良い方向に向かっているのは確かですね。
わくわくゲートは本当に良く出来ています、人が乗り降りをしなくても、高さ39cmと他社より低いので荷物を積むだけでも価値があると思います。セレナより使いやすいと思います、駐車場の狭いところでも何も問題ありません。3列目シートの後ろが窪んでいるのですが、そこにお買い物をした物を入れると楽です、物が転がっても安心。
3列目シートが女性でも簡単に軽く畳めるのはとてもありがたいです。フリードとかトヨタ車の上に跳ね上げるタイプは、重いし邪魔で2列目シートが倒れない弊害があります。

【インテリア】
メーターとナビが離れていて最初は変なデザインだと思いましたが、運転してみるとメーターが前は凄く良い。CX-5やレジェンド、最近は軽自動車にもあるヘッドアップディスプレイが一番良いと思うが、このメーターはヘッドアップディスプレイのような役割をするので視線の移動が少なく安全に寄与していると思います。逆にナビは近い位置で操作しやすく見やすい位置にありとても良いです。
ロールサンシェードは家族から大好評です、ロールサンシェードを上げた状態でも窓を開けられるのが良いようです、カーテンにしてしまうと外が見えないので運転手にとってはロールサンシェードの方が安全で良いです。
オデッセイに比べ、物入れが多いのは良いですね。全てのシートの肘掛けが小さいのが今一です、オプションなどで大きく出来ればうれしいのですが。

【エンジン性能】
セレナe-powerを出足からぶっちぎる速さですね、色々な媒体で高評価ですね、ただセレナe-powerはエンジン音が車内にあまり入らないように工夫されていて、日産もいい仕事をしているなと思います。走りも楽しみたい人はステップワゴンですかね。
オデッセイハイブリッドに比べるとECONの時に若干マイルドな感じがします、女性が運転することを考慮しているのかもしれません。

【走行性能】
【乗り心地】
オデッセイハイブリッドと同様にミニバンとは思えない軽快な走りをします。ロールも少なく良い足回りなので運転していて楽しいです、モーターを使って走っている時は本当に静かですね。
ブレーキホールド機能が病みつきになります、ただしPOWER ON で必ずホールドスイッチをONしないといけない点は注意が必要です、欧州車は記憶している車が多いのに残念な仕様です。
ブレーキホールドと渋滞追従ACCのためにハイブリッドを購入するようなものです、この2つがセットで威力を発揮してくれますね。ガソリンモデルにも付けてもらえたならもっと売れたでしょうね。

【燃費】
カタログ燃費では負けていますが、実燃費ではセレナe-powerより良いようです。しかし走り方次第のようです。日産は少しあやしい感じがしますね。

【価格】
確かに高いとは思います、高くてもそれに伴った装備になっていれば文句も出ないと思いますがその辺のツメが甘いと思います。パワーウインドウが全席オートでないのは大きな減点です、オデッセイハイブリッドやヴェゼル、アコードには付いています。全席オートがあるとキーリモコンからリモートで窓を開け閉めできる機能が付きます。

【総評】
オデッセイハイブリッドを購入する予定でしたが、オデッセイのハンドルの重さに耐えきれず、同じエンジンをのせたステップワゴンハイブリッドが気に入りました。女性も運転できるハンドルの軽さは重要なポイントだと思います。
フリードと同じ車幅なので狭い道でも楽ですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

 
 
 
 
 
 

「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:330〜360万円

中古車価格帯:259〜436万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <333

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意