『Mクラスミニバンの中では頭ひとつ抜けてる』 ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル kusakawainuさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『Mクラスミニバンの中では頭ひとつ抜けてる』 kusakawainuさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:552人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
225件
ノートパソコン
0件
15件
スマートフォン
0件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
Mクラスミニバンの中では頭ひとつ抜けてる

2000キロ走って

【エクステリア】
フロントマスクは押し出し感が強くなりました。格好良いですが、ファミリー向けという感じではないです。
ステップワゴンの良い所は、フォグやハイビーム等全てLEDでお金をかけて弄る必要が無い所です。
せっかく最新の車なのに、ハロゲンの黄色い光とか萎えます。 
インラインタイプのヘッドライトなど、フロントのオールLED化や、オートライトにしていたら昼間はデイライトがコの字に光るところも存在感があって良いと思います。
ステアリングを切るかウインカーを出すと連動して光るコーナライトも、LEDでなかなか明るいです。

【インテリア】
これは最近のMクラスミニバン全般的に言えますが、ベース車は所詮Mクラスミニバンなのに高機能で価格が高いので、価格の割にはチープに感じます。
ただ、収納が多いですね。
二列目のテーブルやポケット、ドリンクホルダー、USBやシガーソケットなども充実しています。
7人乗りなので3列目にもストレス無く移動できます。
個人的にはアナログメーターが好きなのですが、ステップのメーターはライバル車と比較して見やすいので可とします。

3列目の床下収納は本当にワンタッチで便利。大容量のラゲッジスペースが出来ます。
跳ね上げ式は家族にも不評でした。
先ず見に行ったノアですが、跳ね上げる事で後方視界が悪くなるなんて論外。自ら安全性を損なう装備なんて考えられません。
セレナは低い位置に跳ね上げるので良いのですが、跳ね上げた時に低い位置の左右にシートが有るので、荷室が滅茶苦茶狭く感じます。
うちは中型犬のクレートを積むのですが、クレートひとつ積んだらもう横幅いっぱいだなと感じました。
そもそも跳ね上げたシートをベルトやフックでいちいち固定するのは…

わくわくゲートは本当に便利で、ほぼコレしか使いません。
荷室も低いので物の出し入れが楽ですね。
我が家のワンコもわくわくゲートから自力で乗り降りできます。
特に車中泊をすることがあり、スライドドアを開けると他の車から就寝スペースが丸見えなのですが、壁際に後退で停めて車の後方から出入りすると、他の車からの視線が気になりません。
一度わくわくゲートの便利さを知ってしまったらもうコレ無しのミニバンには戻れないかも…。

ルームランプが調光式なのも車中泊には良いですね。
あと、ライトに連動して走行中もうっすら光るルームランプ(こちらも調光式)も、室内のムードを高める為に付けてるのでしょうが、うちは子供が真っ暗を嫌がるので重宝しています。
シートヒーターが瞬時に暖まるのも冬場は有り難いです。

【エンジン性能】
ミニバンでは無いですね。
特にモーターによる加速なので変速ショックが皆無で、私は飛ばす方ではないのですが信号待ちが楽しくなります。
エンジン介入が早いと思う時も有りますが、コレはエンジン技術に優れたホンダの演出なのかなと思ったりもします。
とにかく、Mクラスミニバンでは圧倒的なのではないでしょうか。
ミニバンは飛ばすものでは無いですが、動力性能が高いということはゆったり走れると言うことで、長時間運転の疲れにくさなど快適なドライブに繋がると思います。
Sモードは早すぎるので私は高速の合流くらいしか使いません。Dで必要充分です。

【走行性能】
低床設計と、オデッセイにすらついてないパフォーマンスダンパーのせいなのか、背の高いミニバンとは思えない路面に吸い付くような走りをします。
とにかくよく曲がります。
不快な振動等も少なく、巡航時などは滑らかそのもの。
前車がエスティマアエラスだったのですが、圧倒的に運転しやすく感じます。
小回りもきいて近所をウロウロするのも取り回しが楽です。

【乗り心地】
エンジンルームにモールが貼られてたり、タイヤハウスにもインシュレーターがしっかり貼られてたり、フロントガラスが肉厚になり遮音性が上がってたり、見えないところにかなりお金がかかってますね。
おかげでロードノイズや風切り音がかなり軽減されています。
パフォーマンスダンパーによって車体の歪みや不快な振動を抑えるようですが、これはコストがかかりすぎてEXだけにしか搭載できなかったようです。
ホンダは見えない部分にやたら拘りを持って作り上げてるなと思いました。

乗り心地はかなり良いと思います。
3列目はやはり床下収納式なので座面が浅く大人は長時間しんどいかな。これはセレナやノアにも負けています。
うちはあまり3列目に座ることがないので床下収納の方が有り難いですけど、多人数乗車がよくある人は試乗の際3列目にも乗ってみることをお勧めします。

ホンダセンシングによるレーンキープや全車速ACCによって、高速道路ではほぼ自動運転ですし、一般道でも使えます。
先日京都・広島を往復したのですが、運転疲れが全然違いました。便利な世の中になったものです。 
ただし、私は一般道では自分で運転したい派なので、よほどダルい渋滞でもない限りACCは使いません。
他にはブレーキホールド機能が信号待ち等でとても便利です。

【燃費】
燃費は本当に走り方次第です。
最初の1000キロはとにかく運動性能を試したいので色々な走り方をしてリッター14程度、その後の1000キロは普通にエコ運転に戻ってリッター18くらいです。
エアコン使わない時期が来たらもう少し伸びるかな。
WLTC燃費モードを唯一公表しているMクラスミニバンなので、実燃費には自信があるのだと思います。

【価格】
Mクラスミニバンとしては高い。
しかし、予防安全性能やオデッセイやアコードなどの上位車種と同じパワートレインを積んでいるなど、機能を考えたらむしろ安いですね。

【総評】
当方トヨタ信者で、ずっとトヨタの車を乗り継いできましたが、乗り換えるのに抵抗無い出来の車です。
セレナe-powerも出て試乗もしましたが、それでもMクラスでは頭ひとつ抜けた存在だと思います。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
広島県

新車価格
355万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった105

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:330〜355万円

中古車価格帯:259〜436万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <324

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意