『なかなか良いです。』 スズキ スイフトスポーツ 2017年モデル novrockさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフトスポーツ 2017年モデル

『なかなか良いです。』 novrockさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5
なかなか良いです。

プライベートでR33typeM(MT)→BE5・C型(4AT)→BP5・A型(5AT)
→〈現在〉ZC33S(6AT)

同時に仕事でHYJET(4MT)→HYJET(5MT)→HYJET(5MT)→クリッパー(5MT)→HYJET(5MT)→〈現在〉ミラバン(5MT)

と乗り継ぎましてのカタログ上の数値は置いといて、、
感覚的なレビューです。
なので個人的な日記くらいのイメージで読んでいただければ(>_<)

【購入理由】
・BP5の車検時期。
・BP5の安定性の高さと大パワーにある程度の満足度を感じつつ燃費以外につっこみドコロがない完璧な仕上がりに運転する喜びを感じなくなっていた。大パワーゆえに踏めないもどかしさもあった。
・仕事車の不安定且つアンダーパワーの しかしながら軽量でアクセルをガバっと踏める楽しさ、未だワイヤーアクセル採用によるダイレクト感に運転する喜びを感じていた。
・よって、家族が同上しても不満は出ない最低限の居住性と、1トン前後の車重、CVT以外の自動変速、なるべくならワイヤーアクセル(もうそんなのない。。)ある程度の馬力を備えた車を探していた。

【エクステリア】
・全高がすぎ、1世代前のオデッセイアブソルートより若干高いんじゃ?
・ホンモノ思考ってワケでもないんだけど、木目「調」とかカーボン「調」とか「調」が嫌いな自分にとってはアンダースポイラーのカーボン調が材質として気に入らない。が、デザインは良いと思います。
・リアのランプが赤すぎる。も少し黒に寄せてほしかったなぁ。
・インテリアの指色が赤であること、だっさいホイールとカーボン調を目立たせたくなかった事からボディー色は黒を選びました。

【インテリア】
・10数年前の車に乗っていたので十分未来的。木目調の内装になるくらいならプラスチッキーで良いと思っているので。
・スピードメーター見にくい!ガソリン計がアナログなのはナイス!

【オプション】
パナ8インチナビ+ツイーター+前後クラリオンスピーカー。多分ナビ側の能力だと思うが、ドンシャリサウンドでやかましい。イコライザーで要チューニング。低音は箱鳴りしてキレがないオーバー入力気味かな?これもイコライザーで調整できるといいなぁ。

【エンジン性能】
・必要十分!扱いきれない!
・一般道でガンガンとアクセルを踏めるような車ではありません。これはちょっと想定外(T_T)前車の約半分の馬力だからもっと踏めるもんかと。。

【走行性能】
・峠道は楽しい。トルクよりも6速であることが自分にとっては◎やや重めのステアリングも剛性感を演出するのを手伝ってる様に感じる。よくできたシャシーとステアリング操作の重さで車重の軽さを感じることはあまり無い。しかし、140馬力で、、と思えば軽いからこその加速だよね。。とは思う。
・高速道路では体感速度はBP5の120km/hがスイスポの100km/hってイメージ。シャシー性能の違いではなく4WDとFFの差による直進安定性の違いじゃなかろうか?と。
とは言え、「お前の腕でこれ以上速度を上げても大丈夫かい?」と語りかけてくるようなロードインフォメーションの多さはなんだかうれしい。
BP5は安定性の高さから何かあった時に対処しきれない速度に誘われる事が多々あった。
・0発進の1速がややナーバスかな。まだ乗り慣れていないせいか、じわじわ加速させていく発進と急発進の2種類しかないような気がする。ちょうど良い発進がなかなか難しい。0発進の右左折で意図的ではないホイルスピンを経験。。FFである事、高トルクである事、軽量である事からトラクションの掛かりが今一つなのでは?特に発進は苦手で ドライバーのアクセル開度に対してブーストがかかりにくいセッティングがされているのかもしれない。メーカーによる苦肉の制御があるのかも。
車体の軽さを考えれば、1.6リッターNAのままで140馬力を目指した方が良かったんじゃないか?と思わなくもない。
・Dレンジは非常に優秀。ブレーキの減速にシフトダウンが追従します。
ただ、ブレーキング&パドルでシフトダウン(Dレンジ中)→加速の場面では自動変速に戻る時間が早すぎてギクシャクします。体感的にもう1.5秒〜2秒、又はレブるまではMモードのまま待ってほしい。
パドルがステアと一緒に回ってしまうのも△シフトレバーに+、-がほしかった。

【乗り心地】
・☆5をあげたいが、、ドライバーにはワクワクするロードインフォメーションも同乗者にはゴツゴツした乗り心地に過ぎず、特に後部座席は視界の悪さも相まって酔っちゃいます(T_T)慣れるまでの問題で個人差もあるでしょうが。
また、前車BP5と比べても室内空間、後部座席の足元の広さなどには大差がないにも関わらず、前方視界の悪さと窓の小ささが原因でとても窮屈にかんじます。
トランクの広さを見ますと、後部座席はもう少し寝かせても良かったんじゃない?と思わずにはいられない。

【燃費】
BP5が6〜7だったから12〜13の現状に満足している。燃費は半分になったけどタンクも約半分だから、、給油回数は同じ。。

【価格】
安い!

【満足度】
値段的な競合車としてプジョー208、ルノールーテシア、アクセラ、デミオ、等考えてはいましたが、今一歩 自分の中で決定打に欠けていた。そこに200万で1トン切って6ATでターボで、、となれば試乗せずに買ってしまい。。
妻から「車が好きなのに試乗もせず決めるなんて…え?スズキ?」と言われてしまいましたが(そりゃそうだ。)、、
こう言うと気分を害する人もいるかもしれませんが、
人からどう見えるか?スズキの車に家族で?とか体裁的なモノを上手く処理できた今、本当にほしい車が買えたと満足しています。
若かりし頃の見栄っ張りの自分なら、ホントにほしい車がスイスポだと気付いていても86かBRZかで悩んでいる事でしょう。

ネガティブな部分も多く書きましたが、200万ソコソコの仕上がりだとは到底思えません。(良い意味で)
純粋なガソリン車はこれで最後かもしれないし。
現在400km走行。慣らしが終り車がこなれてくればレビューも大きく変わるかもしれませんね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
滋賀県

新車価格
190万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5
なかなか良いです。

プライベートでR33typeM(MT)→BE5・C型(4AT)→BP5・A型(5AT)
→〈現在〉ZC33S(6AT)

同時に仕事でHYJET(4MT)→HYJET(5MT)→HYJET(5MT)→クリッパー(5MT)→HYJET(5MT)→〈現在〉ミラバン(5MT)

と乗り継ぎましてのカタログ上の数値は置いといて、、
感覚的なレビューです。
なので個人的な日記くらいのイメージで読んでいただければ(>_<)

【購入理由】
・BP5の車検時期。
・BP5の安定性の高さと大パワーにある程度の満足度を感じつつ燃費以外につっこみドコロがない完璧な仕上がりに運転する喜びを感じなくなっていた。大パワーゆえに踏めないもどかしさもあった。
・仕事車の不安定且つアンダーパワーの しかしながら軽量でアクセルをガバっと踏める楽しさ、未だワイヤーアクセル採用によるダイレクト感に運転する喜びを感じていた。
・よって、家族が同上しても不満は出ない最低限の居住性と、1トン前後の車重、CVT以外の自動変速、なるべくならワイヤーアクセル(もうそんなのない。。)ある程度の馬力を備えた車を探していた。

【エクステリア】
・車高高すぎ、1世代前のオデッセイアブソルートより若干高いんじゃ?
・ホンモノ思考ってワケでもないんだけど、木目「調」とかカーボン「調」とか「調」が嫌いな自分にとってはアンダースポイラーのカーボン調が材質として気に入らない。が、デザインは良いと思います。
・リアのランプが赤すぎる。も少し黒に寄せてほしかったなぁ。
・インテリアの指色が赤であること、だっさいホイールとカーボン調を目立たせたくなかった事からボディー色は黒を選びました。

【インテリア】
・10数年前の車に乗っていたので十分未来的。木目調の内装になるくらいならプラスチッキーで良いと思っているので。
・スピードメーター見にくい!ガソリン計がアナログなのはナイス!

【エンジン性能】
・必要十分!扱いきれない!
・一般道でガンガンとアクセルを踏めるような車ではありません。これはちょっと想定外(T_T)前車の約半分の馬力だからもっと踏めるもんかと。。

【走行性能】
・峠道は楽しい。トルクよりも6速であることが自分にとっては◎やや重めのステアリングも剛性感を演出するのを手伝ってる様に感じる。よくできたシャシーとステアリング操作の重さで車重の軽さを感じることはあまり無い。しかし、140馬力で、、と思えば軽いからこその加速だよね。。と思う。
・高速道路では体感速度はBP5の120km/hがスイスポの100km/hってイメージ。シャシー性能の違いではなく4WDとFFの差による直進安定性の違いじゃなかろうか?と。
とは言え、「お前の腕でこれ以上速度を上げても大丈夫かい?」と語りかけてくるようなロードインフォメーションの多さはなんだかうれしい。
BP5は安定性の高さから何かあった時に対処しきれない速度に無責任なまでに連れて行かれる事が多々あった。
・0発進の1速がややナーバスかな。まだ乗り慣れていないせいか、じわじわ加速させていく発進と急発進の2種類しかないような気がする。ちょうど良い発進がなかなか難しい。0発進の右左折で意図的ではないホイルスピンを経験。車体の軽さからトラクションの掛かりが今一つなのかもしれない。ターボのトルクもこの条件だと邪魔なのかも。だとすれば、発進だけはドライバーのアクセル開度に対して鈍い反応をするようにセッティングされているのかもしれない。車体の軽さを考えれば、1.6リッターNAのままで140馬力を開発した方が良かったんじゃないか?と思わなくもない。
・Dレンジは非常に優秀。ブレーキの減速にシフトダウンが追従します。
ただ、ブレーキング&パドルでシフトダウン(Dレンジ中)→加速の場面では自動変速に戻る時間が早すぎてギクシャクします。体感的にもう1.5秒〜2秒、又はレブるまではMモードのまま待ってほしい。
パドルがステアと一緒に回ってしまうのも△シフトレバーに+、-がほしかった。

【乗り心地】
・☆5をあげたいが、、ドライバーにはワクワクするロードインフォメーションも同乗者にはゴツゴツした乗り心地に過ぎず、特に後部座席は視界の悪さも相まって酔っちゃいます(T_T)慣れるまでの問題で個人差もあるでしょうが。
また、前車BP5と比べても室内空間、後部座席の足元の広さなどには大差がないにも関わらず、前方視界の悪さと窓の小ささが原因でとても窮屈にかんじます。
トランクの広さを見ますと、後部座席はもう少し寝かせても良かったんじゃない?と思わずにはいられない。

【燃費】
BP5が6〜7だったから12〜13の現状に満足している。燃費は半分になったけどタンクも約半分だから、、給油回数は同じ。。

【価格】
安い!

【満足度】
値段的な競合車としてプジョー208、ルノールーテシア、アクセラ、デミオ、等考えてはいましたが、今一歩 自分の中で決定打に欠けていた。そこに200万で1トン切って6ATでターボで、、となれば試乗せずに買ってしまい。。
妻から「車が好きなのに試乗もせず決めるなんて…え?スズキ?」と言われてしまいましたが(そりゃそうだ。)、、
こう言うと気分を害する人もいるかもしれませんが、
人からどう見えるか?スズキの車に家族で?とか体裁的なモノを上手く処理できた今、本当にほしい車が買えたと満足しています。
若かりし頃の見栄っ張りの自分なら、ホントにほしい車がスイスポだと気付いていても86かBRZかで悩んでいる事でしょう。

ネガティブな部分も多く書きましたが、200万ソコソコの仕上がりだとは到底思えません。
純粋なガソリン車はこれで最後かもしれないし。
現在400km走行。慣らしが終り車がこなれてくればレビューも大きく変わるかもしれませんね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
大分県

新車価格
190万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格5
なかなか良いです。

プライベートでR33typeM(MT)→BE5・C型(4AT)→BP5・A型(5AT)
→〈現在〉ZC33S(6AT)

同時に仕事でHYJET(4MT)→HYJET(5MT)→HYJET(5MT)→クリッパー(5MT)→HYJET(5MT)→〈現在〉ミラバン(5MT)

と乗り継ぎましてのカタログ上の数値は置いといて、、
感覚的なレビューです。
なので個人的な日記くらいのイメージで読んでいただければ(>_<)

【購入理由】
・BP5の車検時期。
・BP5の安定性の高さと大パワーにある程度の満足度を感じつつ燃費以外につっこみドコロがない完璧な仕上がりに運転する喜びを感じなくなっていた。大パワーゆえに踏めないもどかしさもあった。
・仕事車の不安定且つアンダーパワーの しかしながら軽量でアクセルをガバっと踏める楽しさ、未だワイヤーアクセル採用によるダイレクト感に運転する喜びを感じていた。
・よって、家族が同上しても不満は出ない最低限の居住性と、1トン前後の車重、CVT以外の自動変速、なるべくならワイヤーアクセル(もうそんなのない。。)ある程度の馬力を備えた車を探していた。
【エクステリア】
・車高高すぎ、1世代前のオデッセイアブソルートより若干高いんじゃ?
・ホンモノ思考ってワケでもないんだけど、木目「調」とかカーボン「調」とか「調」が嫌いな自分にとってはアンダースポイラーのカーボン調が材質として気に入らない。が、デザインは良いと思います。
・リアのランプが赤すぎる。も少し黒に寄せてほしかったなぁ。
・インテリアの指色が赤であること、だっさいホイールとカーボン調を目立たせたくなかった事からボディー色は黒を選びました。
【インテリア】
・10数年前の車に乗っていたので十分未来的。木目調の内装になるくらいならプラスチッキーで良いと思っているので。
・スピードメーター見にくい!ガソリン計がアナログなのはナイス!
【エンジン性能】
・必要十分!扱いきれない!
・一般道でガンガンとアクセルを踏めるような車ではありません。これはちょっと想定外(T_T)前車の約半分の馬力だからもっと踏めるもんかと。。
【走行性能】
・峠道は楽しい。トルクよりも6速であることが自分にとっては◎やや重めのステアリングも剛性感を演出するのを手伝ってる様に感じる。よくできたシャシーとステアリング操作の重さで車重の軽さを感じることはあまり無い。しかし、140馬力で、、と思えば軽いからこその加速だよね。。と思う。
・高速道路では体感速度はBP5の120km/hがスイスポの100km/hってイメージ。シャシー性能の違いではなく4WDとFFの差による直進安定性の違いじゃなかろうか?と。
とは言え、「お前の腕でこれ以上速度を上げても大丈夫かい?」と語りかけてくるようなロードインフォメーションの多さはなんだかうれしい。
BP5は安定性の高さから何かあった時に対処しきれない速度に無責任なまでに連れて行かれる事が多々あった。
・0発進の1速がややナーバスかな。まだ乗り慣れていないせいか、じわじわ加速させていく発進と急発進の2種類しかないような気がする。ちょうど良い発進がなかなか難しい。0発進の右左折で意図的ではないホイルスピンを経験。車体の軽さからトラクションの掛かりが今一つなのかもしれない。ターボのトルクもこの条件だと邪魔なのかも。だとすれば、発進だけはドライバーのアクセル開度に対して鈍い反応をするようにセッティングされているのかもしれない。車体の軽さを考えれば、1.6リッターNAのままで140馬力を開発した方が良かったんじゃないか?と思わなくもない。
・Dレンジは非常に優秀。ブレーキの減速にシフトダウンが追従します。
ただ、ブレーキング&パドルでシフトダウン(Dレンジ中)→加速の場面では自動変速に戻る時間が早すぎてギクシャクします。体感的にもう1.5秒〜2秒、又はレブるまではMモードのまま待ってほしい。
パドルがステアと一緒に回ってしまうのも△シフトレバーに+、-がほしかった。
【乗り心地】
・☆5をあげたいが、、ドライバーにはワクワクするロードインフォメーションも同乗者にはゴツゴツした乗り心地に過ぎず、特に後部座席は視界の悪さも相まって酔っちゃいます(T_T)慣れるまでの問題で個人差もあるでしょうが。
また、前車BP5と比べても室内空間、後部座席の足元の広さなどには大差がないにも関わらず、前方視界の悪さと窓の小ささが原因でとても窮屈にかんじます。
トランクの広さを見ますと、後部座席はもう少し寝かせても良かったんじゃない?と思わずにはいられない。
【燃費】
BP5が6〜7だったから12〜13の現状に満足している。燃費は半分になったけどタンクも約半分だから、、給油回数は同じ。。
【価格】
安い!
【満足度】
値段的な競合車としてプジョー208、ルノールーテシア、アクセラ、デミオ、等考えてはいましたが、今一歩 自分の中で決定打に欠けていた。そこに200万で1トン切って6ATでターボで、、となれば試乗せずに買ってしまい。。
妻から「車が好きなのに試乗もせず決めるなんて…え?スズキ?」と言われてしまいましたが(そりゃそうだ。)、、
こう言うと気分を害する人もいるかもしれませんが、
人からどう見えるか?スズキの車に家族で?とか体裁的なモノを上手く処理できた今、本当にほしい車が買えたと満足しています。
若かりし頃の見栄っ張りの自分なら、ホントにほしい車がスイスポだと気付いていても86かBRZかで悩んでいる事でしょう。

ネガティブな部分も多く書きましたが、200万ソコソコの仕上がりだとは到底思えません。
純粋なガソリン車はこれで最後かもしれないし。
現在400km走行。慣らしが終り車がこなれてくればレビューも大きく変わるかもしれませんね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
大分県

新車価格
190万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5
なかなか良いです。

プライベートでR33typeM(MT)→BE5・C型(4AT)→BP5・A型(5AT)
→〈現在〉ZC33S(6AT)

同時に仕事でHYJET(4MT)→HYJET(5MT)→HYJET(5MT)→クリッパー(5MT)→HYJET(5MT)→〈現在〉ミラバン(5MT)

と乗り継ぎましてのカタログ上の数値は置いといて、、
感覚的なレビューです。
なので個人的な日記くらいのイメージで読んでいただければ(>_<)

【購入理由】
・BP5の車検時期。

・BP5の安定性の高さと大パワーにある程度の満足度を感じつつ燃費以外につっこみドコロがない完璧な仕上がりに運転する喜びを感じなくなっていた。大パワーゆえに踏めないもどかしさもあった。

・仕事車の不安定且つアンダーパワーの しかしながら軽量でアクセルをガバっと踏める楽しさ、未だワイヤーアクセル採用によるダイレクト感に運転する喜びを感じていた。

・よって、家族が同上しても不満は出ない最低限の居住性と、1トン前後の車重、CVT以外の自動変速、なるべくならワイヤーアクセル(もうそんなのない。。)ある程度の馬力を備えた車を探していた。

【エクステリア】
・車高高すぎ、1世代前のオデッセイアブソルートより若干高いんじゃ?

・ホンモノ思考ってワケでもないんだけど、木目「調」とかカーボン「調」とか「調」が嫌いな自分にとってはアンダースポイラーのカーボン調が材質として気に入らない。が、デザインは良いと思います。

・リアのランプが赤すぎる。も少し黒に寄せてほしかったなぁ。

・インテリアの指色が赤であること、だっさいホイールとカーボン調を目立たせたくなかった事からボディー色は黒を選びました。

【インテリア】
・10数年前の車に乗っていたので十分未来的。木目調の内装になるくらいならプラスチッキーで良いと思っているので。

・スピードメーター見にくい!ガソリン計がアナログなのはナイス!

【エンジン性能】
・必要十分!扱いきれない!
・一般道でガンガンとアクセルを踏めるような車ではありません。これはちょっと想定外(T_T)前車の約半分の馬力だからもっと踏めるもんかと。。

【走行性能】
・峠道は楽しい。トルクよりも6速であることが自分にとっては◎やや重めのステアリングも剛性感を演出するのを手伝ってる様に感じる。よくできたシャシーとステアリング操作の重さで車重の軽さを感じることはあまり無い。しかし、140馬力で、、と思えば軽いからこその加速だよね。。と思う。

・高速道路では体感速度はBP5の120km/hがスイスポの100km/hってイメージ。シャシー性能の違いではなく4WDとFFの差による直進安定性の違いじゃなかろうか?と。
とは言え、「お前の腕でこれ以上速度を上げても大丈夫かい?」と語りかけてくるようなロードインフォメーションの多さはなんだかうれしい。
BP5は安定性の高さから何かあった時に対処しきれない速度に無責任なまでに連れて行かれる事が多々あった。

・0発進の1速がややナーバスかな。まだ乗り慣れていないせいか、じわじわ加速させていく発進と急発進の2種類しかないような気がする。ちょうど良い発進がなかなか難しい。0発進の右左折で意図的ではないホイルスピンを経験。車体の軽さからトラクションの掛かりが今一つなのかもしれない。ターボのトルクもこの条件だと邪魔なのかも。だとすれば、発進だけはドライバーのアクセル開度に対して鈍い反応をするようにセッティングされているのかもしれない。車体の軽さを考えれば、1.6リッターNAのままで140馬力を開発した方が良かったんじゃないか?と思わなくもない。

・Dレンジは非常に優秀。ブレーキの減速にシフトダウンが追従します。
ただ、ブレーキング&パドルでシフトダウン(Dレンジ中)→加速の場面では自動変速に戻る時間が早すぎてギクシャクします。体感的にもう1.5秒〜2秒、又はレブるまではMモードのまま待ってほしい。
パドルがステアと一緒に回ってしまうのも△シフトレバーに+、-がほしかった。

【乗り心地】
・☆5をあげたいが、、ドライバーにはワクワクするロードインフォメーションも同乗者にはゴツゴツした乗り心地に過ぎず、特に後部座席は視界の悪さも相まって酔っちゃいます(T_T)慣れるまでの問題で個人差もあるでしょうが。
また、前車BP5と比べても室内空間、後部座席の足元の広さなどには大差がないにも関わらず、前方視界の悪さと窓の小ささが原因でとても窮屈にかんじます。
トランクの広さを見ますと、後部座席はもう少し寝かせても良かったんじゃない?と思わずにはいられない。

【燃費】
BP5が6〜7だったから12〜13の現状に満足している。燃費は半分になったけどタンクも約半分だから、、給油回数は同じ。。

【価格】
安い!

【満足度】
値段的な競合車としてプジョー208、ルノールーテシア、アクセラ、デミオ、等考えてはいましたが、今一歩 自分の中で決定打に欠けていた。そこに200万で1トン切って6ATでターボで、、となれば試乗せずに買ってしまい。。
妻から「車が好きなのに試乗もせず決めるなんて…え?スズキ?」と言われてしまいましたが(そりゃそうだ。)、、
こう言うと気分を害する人もいるかもしれませんが、
人からどう見えるか?スズキの車に家族で?とか体裁的なモノを上手く処理できた今、本当にほしい車が買えたと満足しています。
若かりし頃の見栄っ張りの自分なら、ホントにほしい車がスイスポだと気付いていても86かBRZかで悩んでいる事でしょう。

ネガティブな部分も多く書きましたが、200万ソコソコの仕上がりだとは到底思えません。
純粋なガソリン車はこれで最後かもしれないし。
現在400km走行。慣らしが終り車がこなれてくればレビューも大きく変わるかもしれませんね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
大分県

新車価格
190万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「スイフトスポーツ 2017年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
素晴らしいコストパフォーマンスです  5 2018年12月5日 23:35
とても満足しています  5 2018年12月2日 11:35
納車後一か月の感想を追記しました。  5 2018年11月18日 23:51
ZC72S 三代目素イフトRS(MT)と比較して  5 2018年11月13日 11:05
よく走ります  5 2018年11月11日 22:36
最終評価  5 2018年11月11日 12:07
コストパフォーマンス  5 2018年10月26日 22:32
72型スイフトRSからの乗り換え  4 2018年10月24日 10:45
素直になれない大人たちへ  5 2018年10月19日 18:50
価格的とサイズがお手頃なので用途によるかも・・・  2 2018年10月18日 01:45

スイフトスポーツ 2017年モデルのレビューを見る(レビュアー数:88人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフトスポーツ
スズキ

スイフトスポーツ

新車価格帯:183〜190万円

中古車価格帯:129〜249万円

スイフトスポーツ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <458

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意