シトロエン C3 2017年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

C3 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:C3 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
CAFE EDITION 2018年6月7日 特別仕様車 1人
ELLE 2018年5月14日 特別仕様車 1人
SHINE 2018年3月22日 マイナーチェンジ 1人
FEEL 2017年7月7日 フルモデルチェンジ 3人
SHINE 2017年7月7日 フルモデルチェンジ 6人
SHINE Debut Edition 2017年7月7日 特別仕様車 4人
満足度:4.75
(カテゴリ平均:4.32
レビュー投稿数:16人 (試乗:5人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.94 4.34 6位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.43 3.93 13位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.37 4.14 46位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.30 4.22 71位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.68 4.05 3位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.60 3.89 128位 燃費の満足度
価格 4.68 3.89 3位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

C3 2017年モデル

C3 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
1件
0件
インク
1件
0件
トースター
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

購入後6ヶ月目、乗り続けた現在の感想を本音で。
輸入車は初めてだが頗る調子良く乗れば乗るほど日に々愛着が出て、乗り込むときのウキウキ感が毎回たまりまらない。
通行人からはスマホ向けられたり、微笑んで指さされたりで横断歩道前の信号待ちで止まるのが今までとは逆に楽しい毎日。
C3の写真を撮ったり、指さしたりする人はきっとセンスが良い人なんだろうと勝手に思い込む日々である。

【エクステリア】デザイナーのセンスがうかがえる洗練された自由なデザインである。車はこういう形なんだという固執した発想よりも道路上で演出する個性ある固体を主張するほうがいい。走行中もバランスが良く見栄えがある。

【インテリア】使わないものは要らない。運転上面倒なものもいらない。簡素なのが良い。操作も慣れたら問題なし。シートは慣れ親しんでくるとちょうど良い沈み具合になる。

【エンジン性能】これには驚き!とにかく機敏であり軽快である。慣れたらより一層楽しくなる。こんな小さなエンジンでここまでできるものかと。日本車も見習ってほしい。アイドリングストップ&スタートは踏み加減ですぐに慣れる。エンジンの回転を上手く足裏で合わせることは案外簡単であった。

【走行性能】軽い。踏んだらすぐ出る。すぐ加速する。トルクフルであり登りのコーナーも軽快で粘る。

【乗り心地】ふわふわでありハードな運転には合わないが街乗りには十分である。シートは適度に柔らかく長距離運転も思っていたよりも疲れなかった。最近シート高(運転目線)を少し下げたがより一層安定感が増し運転しやすくなった。

【燃費】これだけ走ってこれだけの燃費なら許容範囲。

【価格】日本車のメーカーさんは儲け過ぎのような気が...

【総評】自分は運転がどちらかいえば苦手で運転してくれる人がいたらうれしかった。しかしこの車を購入して変わった。一人でも楽しい。このような車がこのような価格でこのような私でも手に入れることができた時代にまさに感謝である。
ゴルフ場へC3で行ったら他の高級車が多い中、仲間やスタッフから絶賛で楽しくて嬉しくてたまらなかった。
C3自体もそうだがこの車をチョイスした(人の)センスを褒められるのも嬉しい。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
大阪府

新車価格
239万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

厳選賭け流しさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:407人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
スッピンが綺麗がコスプレイヤー

【インテリア】
座り心地の良いシートはお尻に根が生えてしまうほどハマります。

【動力性能】
極低速以外は優秀なATと相まって実に滑らかなエンジンです

【走行性能】
素直なハンドリングと足さばきが良いです。

【乗り心地】
このクルマの真骨頂は雲の上を走っているかのようなソフトでフラットな乗り心地にあると思います。

【総評】
エクステリアに目が行きがちな個性あるクルマですが、最大の特徴は極上のシートと滑らかな乗り心地です。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CURREN4038さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5
   

   

国産車からの乗り換えで少し不安は有りましたが、殆どストレス無くドライブ出来ました。エンジンの吹け上がりもスムーズですしレスポンスも問題なし。
みなさんが指摘されている低速でのガグガグ感んもなれとアクセルワークで気にならないレベルに持っていけると思います。
燃費は流石に国産車には劣りますが、燃費を気にして運転する以上に運転が楽しくなる車です!買って正解!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
兵庫県

新車価格
239万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

羽があるクマさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
デジタル一眼カメラ
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

【エクステリア】魅力的で独創的なデザイン。プジョー207発表時と同様に恐らく他社が追従するだろうが、完成度高く独特のスタイルと雰囲気を持っており、オーナーにとってうれしい。

【インテリア】カジュアルで、いかにもフランスの小粋なフィーリング。造形に優れ、このクラスの内装として機能性、素材とも充分。エアコンやオーディオの操作もしやすい。

【エンジン性能】加速良く、アクセルの反応にストレスを感じない。

【走行性能】ステアリンをきるとすっと思うように曲がる。制動を含めて、無理をしない運転習慣だが、極めて快適。

【乗り心地】長時間ドライブでも疲れないシート。道路の凹凸に対する走破性はきわめて良い。

【燃費】日頃走行距離が少ないので、これまでの車並みでもありほとんど気にしていない。

【価格】車両価格に、安全装置、クルーズコントロールなどユーザーに配慮が感じられる仕様も含まれていて、決して高く感じない。カーナビは付けなかった。

【総評】家族の「シトロエンに乗る時ワクワクする」の言葉どおり、しばらく忘れていた自動車の楽しさを思い起こさせる車で、満足度100%。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
北海道

新車価格
245万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マハザンマさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

国産車からの乗り換えで最初は不安でしたが、
近所のディーラーで試乗して一目惚れ!
現金一括で即契約しました。以下レビューです。

【エクステリア】
流石のフランスデザイン。国産車にはないユニークなフォルムが特別感を演出しています。私はカフェエディションのサーブルを購入しましたが、メリハリのあるデザインに大満足。エアバンプもアイコン的役割を果たしています。

【インテリア】
特別高級感があるわけではありませんが、この価格帯にしては同クラスの中では抜きん出ていると思います。テップレザーがワンランク上の内装を演出しています。

【走行性能】
1.2Lターボエンジンは軽快に走ります。
低速時の振動やアイドリングストップの挙動は国産車の方が一枚上手と感じますが、とにかく走っていて楽しいです。最小回転半径がもう0.2くらい小さいと更に良いかなと感じますが、この辺は直進安定性≒ホイールベースとトレードオフだと思うので……

【燃費】
正直そんなに良くないです。12-14km/Lくらいでしょうか。しかしながらエコカーを標榜しているわけではないので私的には十分及第点です。

【装備】
ACC、パドルシフト、Apple CarPlay(これは特に)など、あったら良いなはたくさんありますが、価格帯から考えても装備は充実してると思います。

【総評】
はっきり言って買いです。色々と惜しいところもありますが、それを帳消しにするほど良い所がたくさんある車です。あとはApple CarPlayの開放を切に願います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
埼玉県

新車価格
252万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:416人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

【エクステリア】
シトロエンらしく、かなり独特でおしゃれな雰囲気を持ったエクステリアになっていますね。
フォルムも丸っこくて、C4ピカソよりも洗練された印象があります。
リアデザインも特徴的な部分をいくつも作っていて、さすがフランス車だなと思いました。

【インテリア】
プラスチッキーな作りにはなっていますが、デザイン面でかなり頑張っていて安っぽさが見えないです。
インパネ周りは水平基調で作られていて、車内が広く感じます。
ナビがちょっと浮いて見えるのが少し残念なところ。

【エンジン性能】
1.2L PureTechエンジンを搭載していますが、本当にこのエンジンは最高に面白いです。
音は結構入ってきたり、超低速ではブルブルと結構な振動が来たり、気になる点はありますが、そんなことがどうでもよくなる楽しさがあります。
低速でのトルクは抜群で、国産コンパクトカーではこんなトルク感は味わえないでしょうね。

【走行性能】
ステアリング操舵性が素晴らしいです。
それほどクイックな印象ではないのですが、思った通りに綺麗にスーッと曲がっていきますね。
顔に似合わず、とてもスポーティな走りも楽しめる車に仕上がっています。

【乗り心地】
Bセグメントということを考えたら、かなり乗り心地がいい部類ではないでしょうか。
ぴょこぴょこ跳ねるような感覚もないことはないのですが、角が丸く、不快感が全くありません。
さすがはシトロエンといった感じです。

【価格】
FEELだと220万から買えるということで、かなりお買い得だと思います。
国産車とほとんど変わらない値段で、こんなおしゃれな内外装と、楽しい走りが手に入れられるのは素晴らしいですね。

【総評】
かなりうまく楽しい車に仕上げて来たなという印象です。
プジョー208もよかったですが、兄弟車となるC3もやはり抜群によかったです。
あとはCarPlayとかに対応してくれれば...

補足:詳細レビューは写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_c3_2017/

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KAZ-03さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

子どもの安全を考え、ビルトインチャイルドシートのあるボルボを20年乗り継いでいましたが
子供が巣立ったため夫婦二人で楽しめそうなコンパクトカーを探していました。
日本車にはないデザインで、ワーゲンの硬質ともミニのポップさとも違うおしゃれさが気に入りました。
いまのところ街中で同車を見かけたのは1度だけで、まだまだ希少です。
アイドリングストップはみなさんが言うほどは気にしていません。レスポンスは良いです。
ボルボに比べ低速でハンドルが軽く運転しやすいです。
インテリアの質感は安いなりにとてもよいです。
小さな時計を買ってナビコンソールの上に乗せようと思っています。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
東京都

新車価格
239万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

納豆かけ納豆さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格5

DS3スポーツシックからの乗り換え。あえてまずい点を中心に細かく挙げていきます。


【利便性】

最近はシトロエンも電格ミラーつけてたのに残念ながら昔ながらのフランス車のようで手動。
面倒というよりロックの目印に使えないのがつらい。

ミラーの角度は電動で変えられますが、スイッチが低く、いじるためには少し屈む必要があり、ミラーを見て、屈んで調節して、またミラーみて、また屈んで…っていうこのあたりほんとシトロエン。

テールゲートが思いのほか高く上がるので屋内では注意。
あとワイパーを立てるための作法があるので説明書を読んでおく必要があります。

後席の窓は8割くらいまでしか開きません。

エアコンの効きは日本の気候は配慮してくれてないので設定は強めに。


【安全装置】

価格からしたら破格の装備。

売りであるコネクテッドカムは画像が完全にドラレコのそれ(超ワイド)なので、面白い景色をとる用途にはまったく使えませんがまあそれなりに遊べます。

レーンデパーチャー機能。これがまた押しにくいところにスイッチがあり、オンにするために体勢低くしてるうちに車線を逸脱してるっていう本末転倒なシトロエンクオリティ。

速度標識を識別して制限速度を表示する機能は一般道では結構いいです。
高速道路では残念ながら違う標識(出口の40キロ制限)を拾ってしまったりします。

オートライトはDS3よりちょっとだけ賢かったです。

インテリジェントハイビームは説明書には書かれてるもののうちのモデルではまだ未実装でした。


【インテリア】

所詮は安い車なので超プラスチッキーです。
でもそれを洒落たデザインと小細工でうまいことポジティブな気持ちにさせてくれる工夫は関心です。

シートはふかふかで座り心地は申し分ないものの、リクライニングがダイヤルタイプなのはマイナス。
また助手席側はリフターもついてません。このあたりは価格相応ですね。

運転席のひじ掛けがデビューエディション以外では付いていないようで。
オプションで大きめのひじ掛け(中が収納になってるやつ)を付けられますが、これをつけると後席用USB(オプション)がつけられないのも残念。両方ほしい場合は要DIY。

ドリンクホルダはカップジュースや300mlペットボトル程度なら問題なくいけます。
ドリンクホルダがないDS3より格段にまし。
500mlペットを飲みたい場合はドアポケットのなかに市販のドリンクホルダを設置するシトロエン車でお馴染みの方法が安定でしょうか。
エアコンルーパータイプはデザイン性重視のため設置しにくそうです。


【インフォテインメント】

パナソニックのナビは性能自体は別に問題ありません。
システム上、純正のインフォテインメントのなかに別枠としてナビ機能を入れなければならないために、いろいろとちぐはぐな面が出てきてしまってそれがマイナスになってます。

たとえば地デジを見るにはオーディオ画面からは飛べず、まずナビの画面を呼び出し、そこからナビ内の地デジ操作を行い、ようやく見れるとか。
あとオーディオのボリュームを下げてるときにナビの案内が割り込むと、オーディオではなくナビの音声を下げてしまうことになったり。
さらにそのナビ音声はボリューム表示がないので下げてしまったことに気づきにくいなど。

ベース機種ではナビ案内音声の出力されるスピーカーを運転席だけに設定とかできるようですが、このモデルではその設定が外されていて、ナビ案内が割り込むとオーディオは完全ミュートにされてしまいます。
USBオーディオだとミュートどころか一時停止扱いなので、気持ちよく熱唱してるとしらけます。

ただしこのUSBオーディオ、iTunesで買ったm4aも問題なく再生できたので、この点は一安心。

ラジオのFM/AM切替がすごく面倒です。
ただしこれはプリセットチャンネルに両方混合できるので、逆にそれを使えば使い勝手はいいかもしれません。

ステアリングボタンでの操作でも若干ちぐはぐな部分がでてきてます。
オーディオ画面とナビ画面の表示を一発で切り変えるボタンがないのは使いにくいです。

また、ステアリングに音声検索ボタンが付いていますが、これを押しても音声で検索する→検索結果をスマホに出す→スマホを操作する必要がでる→という状況になるので、この機能はほぼ死んでます。

現在のPSAグループのクルマはMirrorLinkを前提にしている感すらあるので、これに対応できていない日本向けの作りはいかんともしがたい。


【エンジン性能】

3気筒でもターボのおかげでまったく過不足なくつかえて、音も静か。
高速の合流もストレスなくこなせますが、このときはさすがに3気筒の頑張りが聞こえてきます。
極低速時はブルブル振動がきます。


【走行性能】

アイドリングストップはオフが推奨されます。

エンブレがよく効くうえにそのタイミングが(多少学習でよくなりますが)悪いようで、低速時のブレーキは丁寧に扱わないとカクンときます。

ロールがそれなりにありますが不安感はなく自然。
ただしそれを許容するためか舵はあまりきれないので小回りも苦手。
高速での直進安定性もDS3と比べたら少し物足りないけど価格からしたら無難なところでしょうか。


【乗り心地】

評判高いものの、あくまで価格からしたら珠玉の出来というところ。
街乗りの低速時30〜40キロではふつうにひょこひょこします。とはいえかなりマイルドなまるさがありますが。
100キロからの高速走行が乗り心地の真骨頂。新東名気持ちいいです。


【燃費】

都内渋滞内でリッター6〜8、高速で14〜16くらい。シトロエン専用アプリ調べ。
このアプリすごいおもしろいです。


【総評】

不便な点は多々あります。それは今までのシトロエン同様。笑い飛ばしましょう。
使い勝手は国産車のほうがいろいろと細かく気配りされてて便利です。
乗り心地のよさと、なにより他のクルマにはにはないオシャレさが最大の魅力。
オシャレは不便なものなのです。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
東京都

新車価格
239万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SKY89さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】
非常に特徴のあるデザインなんだけれども、ちゃんとバランスが取れている。国産車にありがちな悪い意味での奇抜さはありません。
エアバンプについては位置が低過ぎる為に実用性は正直微妙ではあるものの、実用性一辺倒になる事なくデザインの一部となりC3を特徴づけるものとして機能しています。

【インテリア】
デビューエディションのオレンジ内装は、この価格帯としては素晴らしいの一言。同価格帯ライバルと比べてもトップクラスのオシャレさを持っており、国産車で対抗できるのはデミオの特別仕様車くらいだと思います。
強いて苦言を述べるならばツートーンのオシャレなハンドルの表皮が若干滑りやすい事と、グローブボックスの小ささ、もはや伝統と言えるドリンクホルダーの使い勝手でしょうか(笑)
ちなみにスピーカーですが、標準にしては結構良いですよ♪

【エンジン性能】
日常領域で非常にトルクフルで、扱いやすくとても気持ち良く加速してくれる。登り坂などでマニュアルシフトで高いギアを選択していてもちゃんと粘ってくれる。ただし回転を下げすぎると篭り音が出てくるのでほどほどに。
振動については私はさほど気にならないです。

【走行性能】
ワインディングなどでしゃかりきになる車ではないけれど、それなりのペースで走ってもロールはしつつもアンダーステアを感じる事なくちゃんと素直に曲がってくれる。これには本当に驚きました。

この車における最大かつ唯一の不満はミッションの制御。加速が強めの時のシフトアップ時のつんのめる様な変速ショックと、停止直前のギクシャク感は気になります。特に後者はアイドリングストップと、カタログに記載はないもののニュートラルコントロールが搭載されている気がしてまして、それぞれの連携が上手く取れてない印象です。いつ止まって、いつ動き出したか同乗者に分からない様に動かしたい私としては是非とも改善して欲しいところ。
(追記)
変速の際ロックアップする迄に滑っている時間が長めで、かつ唐突に繋げるので、まるでマニュアル免許を取り立ての人が運転してるみたい。タコメーター見てると不思議な動きをします(汗)
この辺りはマツダ内製のミッションの方がよほど優秀だと思います。
(追記2)
シフトをマニュアルモードにするとニュートラルコントロールは作動しない様です。ですので停止直前または発進の際のショックを和らげたければ、マニュアルモード&アイドリングストップOFFで改善出来ますね。

【乗り心地】
街中においてはデビューエディションの大径タイヤ故の突き上げを多少感じるものの、それ以外はフランス車ならではの優しい乗り心地(これにはシートの出来も多分に貢献していると思いますが)に乗る度にとても癒されています。
高速道路はまだ走っていません。

【燃費】
これはカタログ値から想像するよりは良くない印象です。街中中心なので11キロ/Lを切るくらい。ライバルと比べても良いとは言えません。
ただし、そもそも燃費に拘るならばこの車を選んではいなかったので全く不満はありません。もちろん良いに越したことはないのですけどね(笑)年間5,000キロ程しか走りませんので気にしていません。

【価格】
デビューエディション故にいわゆる自動ブレーキやその他省かれた安全装備はあるけれども、ブラインドスポットモニターを始めとする今までフランス車が苦手としていた安全先進装備が色々ついて、シトロエンらしいデザインと乗り心地を持つこのC3はとてもバリュー感があると思っています。

【総評】
燃費、広さ、実用性といった面から見れば同じ価格帯の国産車には到底敵わないでしょう。
ですが、車に運転する楽しみや運転席に座った時の良い物を買ったなぁと言う満足感は他車ではなかなか味わえないものではないでしょうか。どこをとってもシトロエンらしさが満載のこの車は、きっとオーナーさんの所有欲を満たしてくれると思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
中古車

参考になった26人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガジェットじいさんさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
492件
自動車(本体)
1件
54件
レンズ
2件
24件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

FEELアーモンドグリーン、オプションは可倒式アンテナ3千円、ETC2万7千円のみ、任意保険含めて250万円以下(フィット、ヴィッツ、ノート、アクアと比べても、オプションがほとんど標準なので競争力十分)、9月末納車、3か月1,800km走行。
主に買い物、アッシー君、高速は月2,3回。カーナビは前車の初代C4で使用したYUPITERU1万2千円をダッシュボード上にて再利用、小型で邪魔にならず、位置的に見易い。

エクステリア:前車C4はスポーティーかつオシャレで街中で視線を多分に感じたが、C3は異色度の視線か。
Bセグメントは日本の街乗りに大きさが扱いやすく、最低地上高と車高で乗り込み易い。

FEELのホイールはスチール+キャップ、流行の黒塗装はデザイン的に好感。
アーモンドグリーンは唯一のオプション塗装でなく2万円安。3か月間でホースで自宅洗車を2回のみだが、汚れが目立たず、塗装が良いので埃が飛んでしまいツヤツヤ、日本の艶出し塗装オプションなど不要。

インテリア:デビューエディションのツートンカラーシートが好評でしたが、シックな黒?グレー?基調、モノトーンで好感が持てる、黄色いステッチが入る。
ステアリングホイールは革巻きでなく樹脂だが、シボが上品で手触り良好、革巻きでなくても問題なし。
確かにカップホルダーは不足だが、オートショップで探した。
あとサイドブレーキが長年の慣れでレバー式が好み、プリウスのような足踏みは敬遠。

エンジン性能:3気筒ターボは1500回転位から作動して6ATと相まって低速回転で出足鋭く素晴らしい。冬場でも空冷エンジンのように、エンジン始動、即発進が出来て驚き、ターボの効果?常用回転数は2000回転前後、時速100kmで6速2000回転静か。

乗り心地:フランス車のシート、サスは素晴らしい、長距離でも疲れ少ない。さすがにC4に比べると、シートが少し小さい分劣るが(座面長さが5cmほど短いか?)。
数日前、都内昭和通りを走ったが、滑るような乗り心地と小気味の良い加速レスポンスに満足。

燃費:街中走行では11〜13km/L.、高速はデータ少なく?

価格:国産車(フィット、アクア、ノート、ヴィッツなど)のオプション満載より安い感じ。売れない方がおかしい。

SHINEの標準装備と比較して、(反論あるかと思いますが、20万円のコスト差を考慮して)実用上は特に必要性はない感じ。
ブラインドモニター:サイドミラーの視野がとても広く、見易く必要性は低い。
バックカメラ:バックソナーが7インチ液晶画面に反映され、犬・猫・子供も反応するレベルで、必要性低い。
革巻きステアリング:樹脂だがシボが上品、材質の感触も良好、革巻きの必要性は低い。
コネクテッドカム:趣味の域、(ドライブレコーダー機能は有効だが)
スマートキー:好みの問題もある。
アロイヒール:スチールも結構なデザイン。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
東京都

新車価格
216万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ITO-Iさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
26件
デスクトップパソコン
1件
0件
マウス
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格4

納車後2.5カ月、1000km走行、学習機能の反映を持ってレビューです。

◆エクステリア【5点+】
◎シトロエンの系譜から生み出された個性的かつ秀逸なデザイン
?先進的装備の中、電球は何故ハロゲンを多用?

→細かなパーツから全体まで、上手くまとめ上げられたデザインだと思います。目新しいデザインパーツの羅列でガチャガチャ状態の国産車に比べ、筋の通った、洗練された、デザイン性に圧倒的な力量を感じます。10年後にも流行遅れにはならないのでは?と希望的観測を抱きます。(ライトに関しては、DIYでの交換を策略中です)


◆インテリア【4点】
◎奇を衒わずとも、先進性を感じる洒落たデザイン
△素材は簡素
△(意匠的に)見掛け倒しのグローブボックス
△後部座席用ルームライトが無い

→エクステリア同等、国産車とは明らかに趣を異とする感性でまとめられています。奇抜な見た目重視ではなく、操作性も計算されています。収納性が低いのは、長年のシトロエン生活で、車内にはモノを置かない、持ち込まない事を体得しましたので、個人的には許容範囲です。


◆エンジン性能【4点】
◎3気筒1200ccとは思えないパワー
△始動時・加速中・上り坂ではガサツな3気筒のフィーリングが顕著
△コモリ音、ハンドルへの振動も時として気になる

→高級なフィーリングはなく、太い低速トルク感は実用的に充分というニュアンスで仕上げられたエンジンです。3気筒の粗野な音や振動も、過負荷時以外は上手く抑えられています。ターボの加給音も微かに聞こえますが、あきらかな効果は感じないほど、まとまった仕上がりだと思います。


◆走行性能【3点】
◎ゆったりとマイペースで運転している限りは、非常に快適
△減速時30km/hくらいでアイドリング状態になり、再加速にはラグを伴う(学習で解消)
×1500rpm最大トルクなのに高速専用の6速目
×アイドリングストップは停止も再始動も、音と振動が大きく不快
×数mの移動・停止の繰り返しは、アイドリングストップが絡みギクシャク感が酷い

→ATのチューニングが、日本の道路事情・運転者の意に沿うと言うより、燃費重視の初期設定です。しかし、2カ月ほど慣らすと学習も進むようで、問題と感じられた部分の多くは和らいで来ます。ただし、アイドリングストップは粗野なまま。常時OFF設定の方が快適です。


◆乗り心地【5点+】
◎一段とマイルドに設定されたサスペンション
◎疲れにくい柔らかい椅子
△低速時の突き上げ

→速度が高まるに連れて増すシトロエン独特の氷上を滑るような乗り心地と、身体の要所をきちんと支える柔らかな椅子の組み合わせは、おそらく国産やドイツ車には望めない、この車の美点だと思います。プジョー、ルノーと比較しても、別物の乗り心地です。


◆燃費【3点】
○満タン法で14.0km/L(市街地のみ:2回給油平均値)
△ハイオク仕様

→アイドリングストップON、シフトモードはノーマルで、かなり穏やかなアクセルワークでの数値です。個人的には納得のいく値です。ただ、ハイオク仕様でこの値は、国産車と燃費勝負にはなりませんね。(苦笑)


◆電子装備【4点】
◎国産車と比べても充実した安全装置
×取扱説明書と異なる装備
×わざわざ、日本向けに割愛された装備

→タッチスクリーンでエアコンまで操作しなければならない事に一抹の不安はありましたが、意外と簡単に慣れる事ができました。エアコンもフルオートでONのままエンジンを切っていますが、今のところ問題はありません。


◆オーディオ・ナビ【2点】
○スピーカーの音質は標準にしては良い
×日本仕様では非対応の Android Auto、CarPlay
×欠けた Android Auto、CarPlay を埋めきれず、オーディオ性能は完全な時代遅れ
×スマホとの連動はチグハグで、いたる所で本体操作が必要

→Android Auto、CarPlay があれば最先端なのに、素っ裸にされたC3オーディオは国産車なら10年以上前のレベル(MP3を再生するのが精一杯)です。価格設定は良心的なのに、なぜディーラーオプションのカーナビを買わせることにこだわるのか、理解不能。


◆価格【4点】
◎国産車なみ価格設定
×何をするにもディーラー頼み

→関税・輸送費・ローカライズコストなどを考えると、恐ろしく良心的な価格で、とてもお買い得感のある車だと思います。ただし、近所のカーショップやGSでは日常メンテも断られるなど、国産車には無いランニングコストが掛かる点がボトルネックになる方も多いのでは…。


◆満足度【5点+】
◎不出来な所も克服の工夫まで楽しめる
◎この車にはフィネスを感じる

→人からどう見られるか、人に自慢出来るかではなく、自分がどれだけ気に入るかが勝負の車だと思います。試乗して素直に「感動」できる人専用です。
楽に乗りたいなら絶対国産車。ステータス(自慢したい)ならドイツ車。世間の注目(ウケ)狙いならイタリア車には適いません。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
愛知県

新車価格
239万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かわゆすさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:205人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5

普段、VW・ゴルフFヴァリアントHLに乗っていますが、正規ディーラーにて、SHINE Debut Editionを試乗しました。

【エクステリア】
プロポーションは、ライバルのVW・ポロと全長は
同じ、全幅は+65mm、全高は+35mm、ホイールベースは+65mmと、やや高く、幅も広い。
ただ、ポロなどライバル車はおろか、どのクルマにも似ていないその外観はとてもアイキャッチーで、心惹かれる。
ダブルシェブロンからメッキモールで繋がる上下二分割のフロントランプ、前後ホイールアーチに配された黒い樹脂アンダーガード、ボディサイドのエアバンプ、ルーフとボディとのツートンカラー(ドアミラー、フォグランプ周辺がルーフと同カラーでアクセントに)等の個性的なアクセントが、SUV風ルックスと流麗なスタイリングを破綻なく両立させている。
また、試乗車のアーモンドグリーンはピスタチオみたい(自転車『Bianchi』のチェレステより淡い)な淡いグリーンで、ブラックルーフとのコントラストが映え、その他に無いボディカラーのラインナップも、“親しみやすいオシャレさ”を醸し出すのに一役買っている。

【インテリア】
SUVルックスの割にはルーフは高くなく、Aピラーは寝かせ気味のため、「狭いのか」と心配したが、乗り込んで見るとパッケージングは悪くない。
サイドウィンドウの下端のラインが比較的高いが、対応幅の広いシートアジャスターで少し上げれば、アップライトな姿勢でドラポジがしっかりと決まり、前方視界も良く、女性でも運転し易いはず。
秀逸なのはテップレザー&ファブリックのシートの出来の良さ。レザー部分はタンみたいなカラーで、インテリアに明るい印象をもたらす良いアクセントになっている。ファブリックは触るとザラっとしているが、座ると表面がファっとソフトで自然に沈み込み、そのまま身体を支える。“いつまでも座っていたくなる”気持ちの良いシートで、長距離走行でも疲れは少ないのでは!?

【エンジン性能】
1.2リッター直列3気筒DOHCターボは、プジョー208等にも積まれているもので、最高出力110ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1800-4800。ポロ比で、出力+20ps、トルク+35Nm。
さすが、欧州エンジンオブザイヤーを何年も連続して獲っているだけあり、低速時からトルクフルで、アクセルに対するレスポンスもごく自然で痛痒さを感じることはなく、運転し易い。
ただ、超低速時にはステアリングまで振動が伝わってくることがあり、人によっては気になるかも。

【走行性能】
一時期のシトロエン車はトランスミッションが残念な感時でしたが、1800回転から2リッターNAエンジン並みのトルクを発揮するエンジンと、アイシン製6速ATとのマッチングは良く、Bセグメントの中では高いドライバビリティを発揮していると思う。
ステアフィールは、低速時には女性が喜びそうなくらい手応えが軽いが、車速が上がってくると中立付近のすわりが良くなってくるタイプ。高速道路は試していないが、直進安定性も問題ないレベルであろう。

【乗り心地】
ドイツ車みたいに「まるで金庫の中に居るような」とまではいかないが、走っていて段差を乗り越えてもボディ剛性に不足感はない。
足回りのセッティングはソフトで、意図的に締め上げられていたり、足が突っ張ったようなテイストとは好対照で、路面の凹凸をしなやかにいなしていく。
上記の走行性能、出来の良いシート等と相俟って、街乗りから高速道路まで快適で疲労度の少ないドライブを実現できる乗り心地。

【燃費】
試乗につき、未評価。

【価格】
CL 226万円、HL 258万円のポロと比較しても、またクルマとしての魅力からしても、かならバリューの高い価格設定。

【総評】
「全車速対応前車追従ACCが付いてたら...」等の要望はありますが、このスタイリングやデザインセンスに「ピピッと」来たら、買って良し!そう断言できるのは、実はクルマとしての本質的な部分がしっかりと作り上げてあるから。
トヨタ・プリウスやトヨタ・CH-Rのデザインを「カッコいい」と思える人は響かないかも知れませんが、「国産コンパクトカーはイマイチだし、VWも何か味気ないんだよなぁ...」という方は、是非ディーラーで見て乗って下さい。
白や黒の軽自動車やミニバンで溢れた路上や駐車場で、この他に類を見ない“親しみやすいオシャレさ”で包まれたC3は、とびきりの存在感を示すこと、間違いない。
そして、きっとあなたの(家族の)人生を少しだけ彩り豊かにすることでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった47

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ねこまたんZさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

【エクステリア】もちろん好みってあるでしょうが、ここ最近のフランス車の中でもオリジナリティに溢れていて最高です。C4カクタスからの発展的なデザインでしょうが、バランスも秀逸で、これを日本のメーカーがやるとただただプロテクターやらなにやらガチャガチャしている印象だけで終わりそう。本質的なデザインの美意識が現れているようで本当に素晴らしいと思います。

【インテリア】 ちょっと前のフランス車のB・Cセグメントを20年以上乗り継いできた身としては、なんとも高品質に見えます。実はかなりプラスチックを多用しているのですが安っぽさが皆無。よく言われるフランス車の内装はデザインでチープさを補っているということですが、ここ最近のフランス車の内装をよく見せるスキルには脱帽です。
ただ、モニターで一括してステレオやエアコンを制御するのは、運転時に危険なシチュエーションにもなりそうで、エアコンは専用スウィッチがあればいいなあと思います。

【エンジン性能】マニュアルモードの際、5速あたりからこもり音がします。気になるのはそれくらいで、頼もしいトルクの太さにうっとりです。

【走行性能】【乗り心地】 往年のフランス車の鬼のような高速スタビリティは影を潜めています。印象として軽いです。なにか見えない力でグーっと引っ張られるようなフランス車のマジックめいた走りではありません。しかし、雲の上を走っているかのようなスーっと滑るような魔法の絨毯感は健在です。初代C3にあったマシュマロのようなコシのあるふわふわ感というよりも、綿菓子の上を滑るような軽いふわふわ感です(笑)

【燃費】今まで乗っていたメガーヌと比べればまるでエコ車のようです(笑) まあ普通ですよね。

【価格】このクオリティや上質な印象からしてまさに安い!と思います。

【総評】高速走行時のフランス車にしては心もとない高速安定性を除けば、本当に高級車のようなテクスチャーに溢れています。ステアリングのタッチやどこまでも優しい乗り心地。インテリアの洗練度。これを「小さな高級車」と言っても言い過ぎではないと個人的には思います。初めてのシトロエン。今まで乗っていたルノーやプジョーのような深みのあるしっとり感がなく軽い印象は否めませんが、これはこれでフランス車の匂いに満ち溢れた魅力的な車だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
長野県

新車価格
216万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tsuyoringoさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
51件
スマートフォン
2件
39件
ノートパソコン
1件
25件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

9/29に納車されたので再レビューです。
FEEL アーモンドグリーン
【エクステリア】
C4カクタスより小さく、エアバンプを継承してくれました。ただ、トビラを開いた時にエアバンプより先に壁にドアの中央が当たってしまいます。もう少しエアバンプが出っ張っていても良いのかな。
ルノールーテシア、キャプチャーの外観も気になりましたが、このデザインは唯一無二です。
ドアミラーが手動でしか開閉しないのがちょっと残念。でも、すぐに手動で閉じるのに慣れました。
色はアーモンドグリーン。試乗車で乗ったサーブルと違って明るくポップな印象です。
スチールタイヤのホイールカバーがとても格好いいです。
【インテリア】
プジョー208が男性的だとすると、こちらは女性的です。センターの液晶の操作パネルが格好いいです。
操作感がないので、タッチ音が出るように設定しました。
デビューエディションは本革まで内装に使われて、色遣いが大変素晴らしい。
FEELのグレーは地味かな、と思っていましたが、グリーンのステッチがシートにあしらってあって、何気にオシャレです。
トランクも十分な広さがあり、旅行用スーツケースが2つ収まります。ゴルフバッグについてはドライバーだけよけないと入らないですかね。後部座席は155cmの家内が座る分には頭上も膝前も十分余裕があります。
横幅があるので、室内はゆったりしています。
スマホのmirror linkが可能になる予定があるそうで、そうなるとナビもいりません。
現在は、iPhoneを車載ホルダーでナビがわりにして何の不満もありません。
実用的なカップホルダーがないところが-1です。
これは100均で対応できました。エアコン吹き出し口に設置してバッチリです。
【エンジン性能】
アイシンAG製6ATは営業さんが自慢するだけあって、変則のショックもなくスムーズは乗り心地です。
加速も素晴らしく、時速60kmに達してからの一般道の乗り心地は雲の上にいるようです。高速を走る走るとさらにその気持ち良さが増します。長距離高速移動に最適な車かと思います。
【乗り心地】
以前、マツダの初代デミオ、ベリーサと乗り継いだことがあります。それらと比べると別物です。フランス車だからなのか、最新モデルだからなのか、とても乗り心地がよかったです。
カーブを曲がる時に横揺れが激しいのは運転が下手なせいかな。
アイドリングストップも良く働きます。
【燃費】 264km走行。満タン法で14km/Lです。
メーターの読みは12km/Lでした。
【価格】
オプションを同じだけつけた同グレードの国産車よりもお安く購入できます。ディーラーの正規のドライブレコーダーが高性能ながらお値段がちょっとするのがたまにキズ。
【安全性】
標準グレードでは、クルーズコントロール、速度制限、レーン逸脱警告、エマージェンシーシティブレーキ、エアバッグ、バックソナーなどが標準装備です。このあたりの安全装備は国産でもどんどん標準化してほしい。
【総評】
ぜひ、国産車しか購入候補に挙げていない人たちに、この車に出会ってほしい。
乗り比べたら、アクア、フィットなどよりこちらを選ぶと思います。
今まで大き目のSUVにのっていましたが、7km/Lの燃費にダウンサイジングを考えて、この車に出会いました。
他メーカーの輸入車に乗っている人、国産車で物足りなさを感じている人に選んでほしい車です。
今後は、本国と同じように色々なシートやオプションが選べるようになるとさらに良いですね。
日本仕様だけCarPlay を封印されているのがとても残念。同じ左ハンドルのイギリス仕様をそのまま日本に入れて欲しい。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
愛知県

新車価格
216万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

C3の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:4054人
  • ファン数:15人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

シトロエンは残念なブランドです。

日本ではどマイナーのわりには知名度があり、数々の変態クルマを次々と送り込まれ、そのまま得体の知れない「なんかしらんけど 凄そうなクルマ ブランド」とか思われていますが、そんなん日本人だけの勘違いで、本国フランスでは、プジョーの下の安物ブランドの扱いです。
トヨタで言えばダイハツ、ソフトバンクで言えばワイモバイルみたいなもんです。

そのため、最新技術はまずプジョーに採用され、その後でお下がりがくるというのが現状です。
EMP1と呼ばれる新プラットフォームが開発が進んでいますが、当然のように来年登場予定の新型208でデビュー予定です。
New C3は207から使われている、出がらしのPF1プラットフォーム。エンジンもアイシンのATも、デビューから5年ほどたつ208の「お下がり」という弟妹の悲哀を感じさせる構成になっています・・・・・。

なのに、なぜ 208よりワンランク上で圧勝な出来栄えなんでしょう!?

設計が新しいから当然? いや、そんなことはありません。
よせばいいのにプレミアム路線でいくぜと息巻く1軍のプジョーと違って、2軍のシトロエンは中国と本国用に低予算で安く造れとパワハラくらっているような状態です。
金もかけれず、見た目(デザイン)と、器量(走り)で差別化するしかありません。

・・・これって、一昔前のフランス車の置かれた状況ですよね。そう、2000年前後まではドイツ車に対抗するため、フランス車はデザインと走りで差別化を図っていたのですから。
そういう意味では、急速にグローバル化の進んで無国籍化するフランス車の中でも、シトロエンは異彩を放っているのかもしれません。

デザインはC4カクタスよりよりなじみやすい顔つきになり、遊び心満載でいたるところにニヤリとさせられる仕掛けが施されています。
かばんの取っ手のようなドアハンドルは特にいいわー。
実車は写真でみるよりグラマラスで、愛らしいです。ぜひ実物を見てもらいたいところです。

インパネ中央モニターにエアコンや車両設定の機能がまとめられています。
タッチスクリーンではブラインドタッチできないので、操作性悪くなるんですが、シンプルなデザインのためと言えば納得する人も多いんでしょう。本当はボタンを少なくしてコストダウンするためです。
一応、日本以外ではmirror linkに対応ですが、たぶん日本ではオプションのナビが売れなくなるので、この機能は封印されるでしょう。

エンジンをかけて走り始めると、いろいろと今の基準では古くさーいテイストを味わえます。
折角のアイシンの6ATですが、チューニングがイマイチでショックが大きめです。低速で走っていると不快なほどではないですがガクガクびみょーに震える時もあり、あまり最適化とかはされてないんだろうなーというのは感じられます。

エンジンのパワーも1.2のターボという割りにはそれなりのパワー感という感じです。踏んだらがんばる、みたいな。低速でぶるぶるして、6ATの印象を更にびみょーな感じにしています。(笑)。1.2のNAだったら非力感を強く感じるだろうなあ。C4カクタス買わなくてよかった。(爆)
アイドリングストップもガクッとエンジン止めちゃうので、制御はへたくそです。

と、悪いところをつらつらと書いてきましたが、今までのAL4 クソATやら5ETG マゾセミATに比べればまだまともになりましたし、アイドリングストップを切ったろか!いうほどムカつくわけではありません。ただ、今の軽自動車とかが頑張りすぎているので、結果的には残念だよな、というところです。

SHINE D.E.では17インチのタイヤを履いているので、低速ではそこそこ路面の状況を拾います。
ステアリングは低速では左右に遊びが少々ありますが、それが50-60キロほどのスピードに乗ってくると、乗り心地も非常にフラット、直進安定性をしっかり感じる重さになり、ゴキゲンな乗り心地になっていきます。
サスセッティングは柔らかですが、路面のフィードバックはしっかり感じます。

すこしオーバースピード気味にカーブに飛び込んでみるとロールは感じます。しかし、ここからが真骨頂でロールを許容しながら、踏ん張って路面ははずさないというセッティングです。
猫足とも違う、ハイドロとも違う、でもこれらの持っていた、「乗り心地いいよね!」と、ニコニコしながら乗っていた、2代目ルーテシアや306といったドイツ車へのアンチテーゼを強く発信していた愛車たちの面影を見た感じで非常にそそられました。

こまかなところに、まだまだ煮詰め不足なところはあれども、この心地よい「ゆるさ」は当代フランス車随一。
この乗り心地や車のキャラクターなら、17インチなんて無駄にでかいホイールではなく、15インチとかで細めのタイヤの方が正味のような気がするんだが、日本に来るのは装備をゴタゴタつけたトップグレード限定で、ナビやらコーティングやらつけてもらわないと儲けが出ないんだから、「盛る」のは仕方ないんだろうけど・・・・

後席もそこそこの広さですし、荷室も思ったよりも広く、実用に足る感じです。
ドアミラーが電動でなかったり、ATのマッチングがいまいちだったり、多少の粗はありますが、実力的には206のように一発ビックウェーブ起こせる可能性秘めてると思うんですけどね。500だってこれだけ売れてるし。

しかし、限定200台! 即完売! とブチ上げるのはいいですけど、これ、展示車や試乗車含めて200台なんだよね。
おそらく入れ替えで、展示車や試乗車が放出もあると思うので、衝突軽減ブレーキなんてあてにしてないぜ! コネクティッドカムや、限定のカッコエエ内外装で安いほうがええやろ! という享楽主義なあなたはディーラーに張り付いて、放出しろー放出しろーって無言のオーラを放出してみるのもいいかもしれません。

うっかり シトロエンに張り付いてたらなんやかんやで入社して、社員 Debut Edition ・・・なんちて。

大滝秀治「つまらん!オマエの話はつまらん!」

レビュー対象車
試乗

参考になった58

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

C3
シトロエン

C3

新車価格帯:219〜252万円

中古車価格帯:99〜231万円

C3 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <113

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意