EOS 6D Mark II ボディ レビュー・評価

EOS 6D Mark II ボディ

  • 有効画素数約2620万画素フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 7」を搭載した、ハイアマチュアユーザー向け一眼レフカメラ。
  • EOSシリーズのフルサイズセンサー搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニターを採用。前方向約180度、うしろ方向約90度、水平方向約175度に動く。
  • 「オールクロス45点AFセンサー」を搭載。また、「デュアルピクセルCMOS AF」により、ライブビュー撮影時にも高速で追従性にすぐれたAFを実現。
EOS 6D Mark II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥133,000 (前週比:-1,159円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2017年 8月 4日

店頭参考価格帯:¥133,000 〜 ¥189,540 (全国711店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2710万画素(総画素)/2620万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 連写撮影/秒:6.5コマ 重量:685g EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS 6D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 6D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 6D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 6D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 6D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 6D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 6D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 6D Mark II ボディのオークション

EOS 6D Mark II ボディCANON

最安価格(税込):¥133,000 (前週比:-1,159円↓) 発売日:2017年 8月 4日

  • EOS 6D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 6D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 6D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 6D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 6D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 6D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 6D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 6D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 6D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 6D Mark II ボディのオークション

EOS 6D Mark II ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.38
(カテゴリ平均:4.62
レビュー投稿数:91人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.30 4.53 53位 見た目のよさ、質感
画質 4.46 4.54 41位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 4.27 4.30 33位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 4.56 4.17 5位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.32 4.26 32位 軽さ、コンパクトさ
機能性 4.20 4.42 45位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 4.51 4.34 28位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 4.56 4.43 25位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 6D Mark II ボディ

EOS 6D Mark II ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:90人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
89件
レンズ
4件
5件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種
   

   

EOS 6D mark2 (以下6D2)は発売から1年以上が過ぎて、ついに13万円台の最安価格となってきたので、旧6Dを売って購入しちゃいました。連写性能が6.5コマ秒と5D3を超える程にまで上がり、位相差AFがオールクロス45点の80D相当と言うことで、シャッターレスポンスなどの改善があるに違いないと期待していました。まだ3〜4日ほどしか持ち出していないですが、とりあえずの感想として、6Dでは時々感じていた謎のシャッタータイムラグ(AFの迷い?)が、減りました。条件がよければサクサクとテンポよくシャッターが切れて、そこは5D4的になりました。とはいえ5D4よりは、ラグがあるように思える場面が多いのも確かです。気になったのは、ちょっと暗い目の室内なんかで明るい単焦点レンズを使っているにもかかららずAFに一瞬の迷いがあるコトが、たまにある点ですかね。多分、被写体のコントラスト部分がとらえ切れてない瞬間だと想像しますが、AFはやっぱり5D4とは力の差があるような気がします。レンズは主に、EF50mm F1.4 USM、EF135mm F2L USM、SIGMA Art 35mm F1.4で、測距点は中央1点か、ゾーンの中央付近を使うことが多いです。AFで僕がよく使う中央の測距点の性能をよく調べてみると、旧6DではF5.6対応の縦と横のクロス測距点に加え、F2.8対応の縦線検出用シングル測距点があり、中央1点に関しては信頼できると評価されてきました。6D2の中央ではコレがどう変わったかというと、縦と横のF5.6対応測距点に加え、ナナメ右とナナメ左のX型に配置されたF2.8クロス測距点があり、デュアルクロス測距へと進化しています。中央1点しか使わないなら同じだわさ〜なんて思っていましたが、ちゃんと進化していました。

シャッター音は6Dよりは目立つようになった印象で、やや歯切れ良い音になりました。僕はこっちの方が断然!好みですねぇ。6Dは静かで「カルンッ」っていう感じの、こもったフィーリングでしたが、6D2は「パチャッ」と、やや金属的な音になりました(5D4ほどの軽快さはないですが)。これは好みの分かれるところですね。旧6Dは上品な音だと周りでは好評でしたが、僕は6Dの音は全然気に入ってませんでした。その割には6年間で13万ショットと、僕の一番長く使ったカメラでした。

画質はざっくり6Dと同等ぐらいと思います。2600万画素あるので、トリミング耐性は上がりましたね。5D4が出たとき、3000万画素も要るかな?って思ったんですけど、使ってみると全然良いんですよね。かなりのトリミングをしなければならない場面でも高精細を保ってくれてて。高画素化で5D4のAF精度も上がっているようにも思いますが、これぐらいの画素数なら、あっても損はしてないなぁと思ったものです。80Dの2400万画素でも同様に思いました。

あと、6Dから劇的に改善された点といえば、動画AFです。もう、文句ありません。6Dでは実際、動画はマニュアルフォーカスでやってましたから、ずいぶん楽チンになりました。AFしたいところに画面タッチするだけです。この点はデュアルピクセルAFに拍手喝采。バリアングル液晶が付いて、タッチパネル化されたのも大きく変わった点ですね。動画の電子手振れ補正も、画面の端のほうが削られて画角が狭くなりますけども、あったらあったで便利ですね。僕はISなしのレンズも多いため恩恵を受けています。スチルでは単焦点レンズも多いし「ISなし上等」派ですが、動画のガクガク揺れは見ていて不快ですもんね。4K動画が撮れないことが残念とよく言われますが、個人的にはフルHDで満足です。80DとSIGMA18-200mmで音楽会の動画を撮りましたが22インチのテレビに映すぐらいならFHDで十分です。僕は30年前にVHSで撮ったビデオ映像を見て「画像が激しくボヤけてるなぁ」とは感じますが、当時はそれしかなかった訳だから仕方ないと思えます。未来の世界でも、この時代の記録がFHDなのはまぁ仕方ないと、多分割り切れることでしょう。第一、動画は容量を食うから、長回しは(音楽会などを除いて)あまりしません。長くても2分ぐらいですかね。僕には、動画は予備的な記録だだから、まぁいいかという感じです。

さて、ボディはバッテリー含まず685gの中級機サイズです。本体650gの80Dとほぼ同じ。操作感もよく似てるので、2台持ちには相性がいいですね。グリップに関しては僕は大きめの5Dシリーズのグリップが秀逸で理想だと思っていますが、この中級機のグリップも悪くはないですね。Kissシリーズまで行くと、ちょっとグリップが小さすぎるかな?大きなレンズを付けると、腕が疲れるとか以前に、指に負担がかかるので嫌だな〜って長年思ってきましたが、最新のEOS 9000D および Kiss X9iでは、グリップが深くなり、改善されていて驚きました。

6D2のバッテリーの持ちは、ファインダー使用時は1200枚撮影可能。これも文句無しのダントツ性能ですね。社員旅行では5D4で900枚撮影したときにバッテリーマークが点滅になりました。だから僕はそれぐらい持てば十分です。液晶モニタ使用時は380枚です。ライブビュー撮影ではEOS-Rと変わらない感じ?あんまり持ちません。でもファインダー撮影メインだから気にしません笑。あとは何が変わったかな。ファインダー視野率が6Dから1%上がっていますね。ほとんどわかりませんけどね笑。フルサイズ機のファインダーはもともと大きく見えて、快適ですから、倍率もですが、視野率98%なのは、あんまり気にならなくなりましたね僕は。あとは、測光精度が6Dから上がっているはずですが、まだ使用日数が少ないので書けません。そんな訳で、6D2は見事に、6Dや5D3の上を行き、5D4よりは下のスペックに仕上がっています笑。また気がついたことがあれば書き直したいと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった20人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

you_naさん

  • レビュー投稿数:238件
  • 累計支持数:1913人
  • ファン数:32人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
169件
227件
デジタル一眼カメラ
39件
325件
コンバージョンレンズ・アダプタ
5件
11件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明本機+EF24-70/4Lとα7RII+FE24-70/4です
   

本機+EF24-70/4Lとα7RII+FE24-70/4です

   

【再レビュー】
EOSの一眼レフは本機とkiss x7を使用していましたが、ミラーレスのEOS Rとkiss Mに置き換えました。ミラーレスは小型軽量ですが、操作性はまだ(慣れ親しんだ)一眼レフの方がいいかな・・。EFレンズ達はEOS RとSONY α7RII(+MC-11)で使い分けてます。

これまで、EOS6D(2台)を使っていました。価格も下がってきたので、約5年分の進化に期待して6D MarkIIに買い換えました。EOSは他に80D, 60D, kiss Mを使っています。

【良くなったところ(≒期待値)】
・ロー/ハイアングル撮影に便利なバリアングルモニター
・早くて正確なライブビューAF(デュアルピクセルCMOS AF)
・EOD 6Dと比較して安定したAE, AWB
・シグマの新レンズで光学補正機能が機能すること(まだ一部ですが、)

【いまひとつなところ】
・高感度性能が6Dからほとんど変わらないこと
・Rawから暗部の階調をだそうとしたときのノイズが6Dより多い・・・
・所謂「隅っこの画質」以外には特段の不満点はありません。

ということで、ほぼ期待どおりのカメラでしたが、5年以上前に購入した6Dと基本画質面での進化を感じられなかったことは、残念というか、かなり驚きの事実でした。バリアングルモニター、ライビビューAF、安定したAE/AWBが、6Dとの価格差に見合うかは使い手次第かもしれません。普通に使う分には大変使いやすくて良いカメラです。

参考になった25人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

itscaryouknowさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性3
液晶5
ホールド感5

15ヶ月使用での感想です。

【画質】
80D似で6Dより色ノリが少し薄いです。

【ノイズ】
6Dより悪いと言われてますが画素数を考えると≒と感じます。
長時間露光ではα7RUより1EV位良好でした。(iso1600/3分/+4EV比較)

【シャッター】
80Dに似て200Hz付近の箱鳴りが甲高い。

【操作】
クイックで直感的なボタン配置。でも上部液晶は不要だよね。

【機能】
動画ISはGpPro7のような可能性を感じます。(至ってはいない)
フリッカーレスが優秀なインターバルは便利で綺麗。だが、
個体差?か500枚に1枚程ノイズ乗った失敗写真が出る。
*4K動画インターバルはローリング歪みが酷く使えません。修正願います。

【バッテリー】
−10℃下のバルブで4時間持つ。

【総評】
いつもの電池、いつもの優秀なレンズ郡をほぼ使えてしまう安心感。
出し惜しみ感と欠点もありますが、
撮らされている感が無くギアとして安心感があるので、
「よく持ち出すものが良い機材」と思っている自分にとっては大変良いカメラです。

このままの形でミラーレスで出してくれたら移行し易いです。
R比センサー後方〜2cm位空くので手振れかノイズ対策になりそうな仕組みで出してくれたらいいな。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てつくみさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:194人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
11件
レンズ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4
当機種
   

   

何度か、書いては書き直しの連続です。。
機能的なこと、カメラの性能については、
より詳しい方々が解説されているので、実際の
使用感についてのレビューです。

よくある、街のフォトスタジオでの仕事カメラとして、
使用しています。

スタジオという、限られたフィールドでの使用です。
外撮影などには、ほとんど使っていませんので、
あまり参考にはならないかもしれません。

ミラーレスへの移行期に差し掛かっている今、
フルサイズ一眼レフ機で、コストパフォーマンスがよくて、
オールマイティーに、何でも撮れる。それだけで十分です。

不満な部分は、ありません。
オートフォーカスのエリアが狭い、とか、動きものに弱い、
操作性が悪く、使いにくい、等々のご意見が散見されますが、
上を見たらキリがないかと。6Dクラスに、何を求めてるのよと。
このカメラで、満足しない、出来ないのであれば、
最新ミラーレスか、5DW以上へどうぞ、という感じです。

自分の撮影スタイル、仕事カメラとしては、必要にして十分。
これ以上は、はっきり言ってオーバースペックです。使いこなせません。
もちろん、1D、5D系と比べると撮影時のレスポンスがワンテンポ
遅れる感覚はあります。が、そこまでレスポンスを求める人が、
このカメラを比較検討する意味はないでしょうね。

こんなところで、この機種を批判してるなら、
他の機種を買いなされ、と思います。

スタジオですので、撮らせて頂いている写真が、お客様へのプレゼンを経て、
アルバムという形で、製品になり、思い出として残ります。
ディスプレイでの写真セレクト、納品させて頂いた時の画の素晴らしさ。
その結果として頂く、売上、という対価がこの製品の質の高さを表しています。

キヤノンの回し者か!と思われるようなレビューですが、本当です。

カメラは、半分所有欲。高いカメラ=いいカメラ、とは限りません。
何を撮るか、で機種を選択し、且つ、自分の見栄を満たしてくれるもの、
でいいんじゃないでしょうか。

乱暴な書き方で、すいません。。。

6D2は、文句なくいいカメラです(自分の撮影スタイル限定)

それと、個人的には、シャッタ―音が好みです。
そこは、個人差があるかと思いますが。

ちなみに。。。
スタジオ撮影用ですので、酷使されてます。
6D2と同時に、まだ前機種6Dを併用しています。6Dのシャッター回数は、
60万シャッターを超えていますが、いまだ故障知らず。現役です。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
その他

参考になった79人(再レビュー後:46人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハッスルキャットさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
11件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感3

【カメラ経歴】若い頃に銀塩カメラで仕事上の撮影をしていたことがあるが、その頃は趣味として開眼せず。自分で購入したカメラとしてはフィルム機のEOS 5を使っていたが、元祖デジカメのカシオQV10からデジカメデビュー。その後SONY DSC-F707などを経てEOS 20Dでデジイチデビュー。以降Kiss X2、50D、Kiss X6i、7D、6Dと乗り継ぎ、今年の8月からEOS 6DMarkU(6Dll)を導入した。また、パナソニックDMC-G6、GX7、GX7ll、G9やオリンパスOM-D E-M10、E-M1などのμ4/3ミラーレス機やTG-4などの個性的なコンデジも併用してきた。

今は仕事ではなく全くの趣味として撮影している。仕事柄ブツ撮りが得意だが、趣味で撮る対象は宇宙から水中空中蟻さんの世界までなんでもあり。ざっくり言えば、フルサイズ一眼は星景写真や蛍撮影など暗所撮影で広角〜標準レンジがメイン。μ4/3機は明るい所での標準〜望遠レンジと使い分けている。

【画質】6Dを使い始めたころは、高感度画質の素晴らしさに感動した。しかし、正常進化したはずの6Dllだが、期待はずれと言えるほど画質的な進歩が少なかった。ただ、他機の高感度画質や手ブレ補正性能などの向上により、相対的に画質レベルが埋没したといえるが、決して6D以下の画質ではない。また、2620万画素に上げるより、画素数は据え置きでもいいから高感度画質の向上を目指して欲しかった。というのはメーカーの画素数序列戦略に沿わないのだろうか?

暗所でノーフラッシュ手持ち撮影となる「おわら風の盆」の撮影で6Dllを実戦投入して評価。ISO12800まで上げるとノイズが多くなるもののRAW現像処理で使えるレベルだ。さらに暗所でISO40000まで上げるとさすがに無理レベルになるが、記録用なら使える。初代E-M1も使ってみたが、被写体ブレが多めになるが手ブレ補正が効いてISO3200でも良好な結果。レンズの古さや手ブレ補正の性能差もあるが、ちょっと考え込む結果になった。

6Dllはローパスフィルターを採用しているため、等倍鑑賞ではキレに欠けるが、普通にプリントするには何の問題もない。また、キャノンのDPPが高機能であり、RAW現像で補正の自由度が高いのが他社にない強み。期待はずれの画質とはいえ、最終的なアウトプットで評価すれば、6Dllの画質で問題はない。

【操作性】操作性は6Dを踏襲しているため、6Dllは暗所でも手探りで操作できる。慣れの問題でもあり絶対的な評価にはならないが、EOS系の操作性は優れているように思う。

【携帯性】6Dllはフルサイズ機としては小型軽量で携帯性に優れている。しかし、μ4/3機のシステムとしてのコンパクトさには太刀打ちできない。特に望遠レンジで機動性の差が大きくなる。

【バッテリー】バッテリーの持ちは他より優れているがGPSを使うと持ちが悪くなる。純正品のほか、互換バッテリーを6Dから使ってきたが6Dllでバッテリー情報が得られなくなった。安価な互換品として割り切りが必要だろう。

【機能性】6Dllからバリアングルモニターが採用されたが、これが一番評価できる。たとえ可動部が故障する確率が上がったとしても、カメラアングルの自由度が飛躍的に高まり撮影の幅が広がるメリットの方が大きい。可動式モニターの使いやすさから、動きもの以外はピントの追い込みに優位性があるライブビュー撮影を使うことが多くなり、撮影スタイルも少し変わった。

また、フルサイズ機でもカメラまかせな「シーンインテリジェントオートモード」を備えたエントリー機に近い格付けである。初心者にとって内蔵ストロボが自動で光るのは便利なはずである。オートモードを備えるなら内蔵ストロボが必須の装備といえ、内蔵ストロボを備えないならオートモードも不要ではないか。

【その他】μ4/3ミラーレス一眼を導入した当初は、動きものの撮影でEVFのタイムラグやブラックアウト、電子シャッターによる歪みなどがひどく「ミラーレスは動きものに使えない」と烙印を押した。が、その後のミラーレス機の進歩は目覚ましく、サブ機だったはずのミラーレス機の方が今では動きものを含めて良い結果を出している。最新鋭のG9 PROの評価はこれからだが、差がさらに広がると思われる。個人的には、いわば「軒を貸して母屋を取られ」そうな状態という印象だ。

シャッターを切ったときの手応え(撮った感)はミラー式一眼しか得られないものだ。だが、伝統的一眼は枯れた技術の安定感はあるものの、よりコストをかけなければ技術的に行き詰まるステージに差しかかったという印象もある。その一方で、この原稿を書いている時点の13万円台後半という実売価格。プライスパフォーマンスを考えれば大変お買い得といえるのだが…

なお、評価基準は、可もなし不可もない普通なら3。普通以上なら加点、劣ると減点。何でもないことに5点を付ける無責任な評価より、点数がやや辛く見えるかもしれない。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

しもべさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:206人
  • ファン数:0人
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5

店頭とデモ機をお借りして使った感想です。

ボディはEF-Sの80Dのボディ構成を展開したフルサイズ機。
価格面・機能性では一番バランスの取れた使いやすいモデルだと感じました。

まず、ボディの大きさはちょうどいい。そしてバリアアングルに防塵防滴、その他ボタン配置は80Dとほぼ同じなので、
80Dのユーザーがフルサイズへステップアップするなら何の問題もない。

ファインダーもAFポイントがやや中央寄りであるものの、AFの合焦性や追従性は平均を大きく上回る。
連写スピードも激速でないものの、軽快さはあってさほど問題にするレベルでないと感じる。
肝になる映し出した画質は文句なし。
あとは自分自身の撮影の腕を磨くのみ!と言える位、前向きに納得できる画質である。

あるプロ写真家が「スペックで背伸びせず、中身で実感できる機材がほんとに良い機材じゃないんだろうか?」と雑誌で投稿してあるのを読んで、それに当てはまるのがこの機材じゃないかな?と思う。

巷はEOS Rで盛り上がっているけど、一眼本来の部分で撮影を楽しみたいのなら、このモデルは一番使いやすく価格面でも今非常に買いやすく選べるレンズも非常に多いなと感じている。

キヤノンらしいカメラであるように感じます。

個人的には今一番欲しいフルサイズ機のひとつです。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ToGaMcさん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
14件
1件
ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
12件
イヤホン・ヘッドホン
4件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

やっぱり王道キヤノン。バランスの良い性能だと思います。土日に趣味で使用していますが、何も不満点はありません。買って本当に良かったです。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まいほさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5

軽く、小さく、持ち運びやすい上に、フルサイズ。とてもいいカメラだと思いますよ。たしかに、単体で見ると価格は高いように思えますが、5Dと比較すればまぁこんなものだろうと思います。
レンズとのバランスに関しても、1Kgを超えてくるようなレンズを付けると、バランスの悪さ多少は感じますが、それ以下であれば全く問題ありません。
画質も驚くほどいい、という訳ではありませんが十分です。

5Dシリーズと比べる方や、AFポイント選択時に、SETボタンを押せば中央のポイントに移動するにも関わらず、それができない、また、セットボタンにWBを割り当てられるのにも関わらず、ホワイトバランスのボタンがない等々と操作方法すら熟知していないプロ(笑)レベルの方のレビューもありますが、いい商品だと思いますよ。
暗部を3EV以上持ち上げた場合のノイズが、80Dよりもひどい等々言われていますが、この商品のボリュームゾーンはそんなことを頻繁に行うような層ではありません。そういった人は、貯金をして5Dmark4を買いましょう。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

miccccoさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ベビーチェア
2件
0件
抱っこひも・ベビーキャリー
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感4

ミラーレス OMD E-M5からの買い替えです。
主に動き回る子供を被写体としているため、軽いミラーレスは重宝しました。本体はやはり重く感じカバンの中のスペースも取りますが、それ以上に満足度が高いです。素人目ですがミラーレスでは撮れない、なんとも言えないボケ感が最高です。

レベル
初心者
主な被写体
人物
子供・動物

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高木電機さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

EOS6Dを使っていましたが、レンズ交換が面倒だったため、6D2を購入し、2台体制にしました。
6Dと操作系がほぼ同じのため、説明書無しでも基本操作は理解できました。
使い勝手もよく、ピントの合焦速度も申し分ありません。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物
スポーツ

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

キツーさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
2件
AVアンプ
0件
2件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種iso40000
当機種iso12800
当機種iso6400

iso40000

iso12800

iso6400

当機種iso3200
当機種iso1600
当機種iso800

iso3200

iso1600

iso800

【デザイン】
歴代のEOSと変わらない
【画質】
APS-Cなどのカメラと比べるときれいに出るが、ほかのフルサイズと比べると少し見劣りする、だが、価格を考えればきれいに写すと思う
【操作性】
最近の一眼レフに言えることだが、完成しきった感があり、ほかのEOSと何ら変わりない
【バッテリー】
まあまあ持つ、だいたい1000枚くらいまでだったら一本で行けるが、ライブビューを使うと結構すぐになくなる
【携帯性】
フルサイズ機にあまり携帯性を求めてはいけないと思うが、EOSの二桁機の感覚で使える
【機能性】
歴代EOSとほとんど変わらない
【液晶】
今まで使ってきたものよりはだいぶきれい
【ホールド感】
歴代EOSとほぼ変わらないが、7D2などと比べると若干グリップが浅い気がする
【総評】
私は今までに40Dと60Dを使っているが、フルサイズになるとだいぶ画質が良くなると思った、ただ5D4などと比べるとだいぶ見劣りするように思える ※iso感度別の写真は一部を切り抜いてます

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

けぶけぶさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
4件
レンズ
4件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

EOS7Dを約5年使った後、6D MarkIIでフルサイズ移行しました。

レンズは、
EF16-35 F4L, EF24-70 F4L, EF70-300Lの3本のIS付ズームで
ほとんとの撮影をカバーしています。

7Dと比べるとフルサイズの画質は圧倒的で、当初は望遠の不足を
補うために7Dとの併用を考えていましたが、一度使いだすと
APS-Cでは満足できなくなりフルサイズ一本に方針変更しました。

6Dと比べて静止画は画素数が増えた程度で大きな画質改善は
見られない様ですが、アマチュアの私が使う程度では十分過ぎる
画質です。7Dの時はほぼ全てRAW現像していましたが、この機種に
変えてRAW現像しなで済むケースがだいぶ増えました。

6D MarkIIで大きく改善された点は動画性能ですね。
バリアングル液晶、タイムラプス動画、電子IS、
デュアルピクセルCMOS AFなど、EOSとしては最新の
機能が搭載されています。この機種に変えてから動作撮影する
機会が大幅に増えています。

特にタイムラプス動画にははまってしまい、最近三脚の持ち出し率が
上がっています。

最近フルサイズミラーレスの話題で持ちきりですが、OVFの快適さと
電池の持ちの良さで、まだまだ私とっては一眼レフが手放せない
撮影機材と言えます。



レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
スポーツ

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tagosakuMk-2さん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:320人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
42件
レンズ
14件
15件
天体望遠鏡
3件
12件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

6D→6DMarkU(以下6D2)へと買い換え。

まず、AF関係。6DはKissのAFを流用したタイプだったが、6D2は80Dのタイプとなり、大幅に進化している。とはいえ、APS-CのAFをそのままフルサイズに持ってきているためAF測距点が中央寄りになっているのは進歩なし。1Dや5DのAFをそのまま6D2に持ってくると5D不要という話になってくるので、差別化するには仕方がないのだろう。6Dのために新しく開発するのもコストがかかるし、6D系は廉価であることが第一だと思うので、これは割り切ることにする。ただ、測距点が大幅に増えたので11点・45点を選べるようにして欲しかった。選択に時間がかかる。

次に画質。画素数は増えたが、画質そのものは6Dとほぼ変わらず。巷で言われるダイナミックレンジの狭さはさほど気にならない。むしろ6Dと微妙に色味が違うのが気になる。全体的には特筆すべき特徴はない。変なクセも無いので使いやすい印象。

操作性については、何と言ってもバリアングルが付いたので、三脚固定時の使い勝手が良い。私は夜景や星景星野写真も撮るので、仰角が大きい時でもモニターが見やすい角度に換えられるというのはメリットが大きい。通常撮影に関しては6Dと変わらない。そういう意味では1D、5Dよりは明らかに落ちる。

動画/ライブビューはデュアルピクセルCMOSAFで劇的な進化。タッチした部分にスッと合う。
動画撮影する人に知っておいて欲しいことがある。一般的にEOSはレンズ側の光学手ブレ補正はあるが、ボディ内手ブレ補正はない、と知られている。しかし6D2は動画撮影時、ボディ側で電子手ブレ補正ができる(しない、する、強)。これはISの付いていないレンズ装着時にも有効で、17-40mm/4で動画を撮影したが「強」で十分な補正効果が得られた。

総合的に見ると良くできているが、廉価モデルの割に定価が高かったような気がする。
現在の価格(14万円台)なら納得できる。
ただ、旧モデルの流通在庫が残っており、そちらが9万円台。正直、動画不要の人は旧モデルで良いと思う。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Gケニーさん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:2147人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
210件
タブレットPC
3件
49件
SSD
2件
50件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感4
機種不明マルチコントローラ
機種不明測距点45点
機種不明ミラーショック比較(三脚使用)

マルチコントローラ

測距点45点

ミラーショック比較(三脚使用)

機種不明明暗差−1
機種不明明暗差−2
機種不明Dpreview Ranking

明暗差−1

明暗差−2

Dpreview Ranking

 
● 経歴を少し

初代5D(12年前)、5Dmk2と使ってきたがDR(ダイナミックレンジ)不足から風景写真に向かないと判断。その後、ニコンD750を使用。レンズ資産を寝かせておくのが忍びなく、5年ぶりにキャノンフルサイズを買うことに。他にシグマ、ソニー、オリンパスを使用。


● 良いところ

・ 絵としての品質は高い。
発色、コントラスト、細部の描写も明快、クリアー。ただ、赤がやや主張し鮮やかになり過ぎる傾向が強い。(記憶色優位)

・ 動画撮影中に液晶タッチでAFのオフ/オンが可能。前を横切る物、花火撮影などで有益。

・ ミラーショックの影響は手持ちでほぼ無し。
(D750は望遠レンズ使用時、手持ちでも実害が出る)

*画像3は300mm相当、三脚使用時。


● 良くないところ

・ マルチコントローラの差別化;
7D、5DシリーズなどはAFポイントの移動操作は親指直近にあり、やりやすかったが本機は親指をかなり下に移動し、左右動作も大きくなった。グリップの握りを緩めないとかなり窮屈。この背面電子ダイヤルは三重構造で複雑。これは製造コストの削減と言うより、使いにくくする目的で設計されたとしか思えない。

*画像1参照

・ AFポイントを移動した後、一回で中央に戻せない;
最大6回も押さないと定位置に戻せない。SETボタンでの復帰はできない。

・ 45測距点が中央部に集中;
80Dからの流用のため、フルサイズに適応してない。手抜きもいいところである。

*画像2参照

・ 動画30分の壁;
29分59秒で強制終了。大事なスピーチやスポーツシーンで神経を使う。
因みにパナソニックは記録中は常にファイルは継続、生成される。

・ 動画撮影中(MF時)のピント拡大不可。ピーキング無し。

・ マニュアルWB登録は1個のみ;
室内照明や風景写真では状況によって白紙で合わせ直しである。その都度MF/AF切り替えも必要。D750は6個、OMD E-M1でも4個が登録可能。かなりWBを軽視した設計。

・ WBボタンがそもそも無い;
AFゾーン選択ボタンが重複しているにも拘わらず、ダイヤル割り当ても非対象。理解に苦しむ。

・ 再生画像情報に焦点距離無し;
他社ではほとんどある基本情報だが、確認したい時は多く仕様に疑問。

・ "F8"のAFはかなり不定的;
 300mmF4L IS & テレコン2xII型での印象。
 > 明るいところでも3割でAFは効かない。
 > 明るくてもコントラストが弱いと5割でAFは効かない。
 > 明るく思える室内照明でも6割でAFは効かない。

・ パノラマ機能無し;
歪曲無し超広角写真はとても付加価値が高く常用ニーズは強い。他社ではよくある機能。

・ インターバルタイマーはライブビューで使用不可;
高位置からの連続撮影が一脚で容易に撮れるか、脚立を持ち歩かなければならないかの大きな違い。一回実行する度にオフになるのも使いづらい。

・ クロップ機能無し;
ニコン、ソニーは標準装備。


● AF、動体追従、連写

AFを狙った位置で追う「領域拡大」が無い。「ゾーンAF」は測距9点のうち、ピントが顔にいくか肩にいくか不確定的。バッファーフルでもないのにシャッターが数秒間切れない時がそこそこある。(EF300mmf4、連写、AIサーボ)

テレコン(300mm + 1.4xIII型)を付けるとAFの食いつきは途端に悪くなる。また連写秒6.5コマ(仕様)とあるが「AIサーボ」にすると秒2.5コマ程度に落ちる。D750はテレコン1.7xでもほとんど連写は落ちない。


● 階調性

*画像4、5:冬の柔らかな日差しの風景。

日照部を生かすと日陰が夜のように暗くなり、日陰を生かすと日照部が大きく白飛びする。コンデジのような酷い写真である。ALO:強でも大差ない。HDR(露出差3コマ合成)も全体に紗がかかったようになり性能はそれほど良くない。RAW撮りでシャドーを持ち上げても、発色は冴えない。晴天日にJPGで撮るリスクは特に大きい。

キャノンは裏面照射型CMOSのような技術革新をしていないからか、晴天日の風景写真は特に厳しい。1600万画素程度の実力しかないのに戦略上、高画素化したことで裏目に出ているのだろう。

Dpreview.comのレビュー結論部ではDRは競合他社のAPS−C機などより劣ると指摘している。技術進歩の激しい近年にあって総合評価「80」はかなり低い数値。既にキャノンはコスパの優れた商品を生み出せなくなっている。ランキングからも凋落が読み取れる。6Dmk2も7Dmk2もランク外。DXOMARKでも然り。

*画像6:Dpreviewランキング(Gold)


● 満充電の撮影枚数(冬場)

 ・RAW(平均40MB): 約900枚
 ・JPG-L(平均16MB): 約1,100枚
 ・充電時間: 1時間55分


● 総評

仕様は万事が中途半端である。画質は確かに明快でクリアーだが階調幅に十分に納まっている場合の話し。晴天日の風景写真ははっきり言って厳しい。測距点はオールクロス45点あっても動体追従には厳しい。

キャノンはCMに巨額投資する一方で、商品で手抜き、ブランドの上にあぐらをかいているように思う。ISOオートや水準器実装など、他社で当たり前の機能でも何年も遅れて導入してきた過去がある。ALOや可動液晶もそうである。敢えてユーザーの利便性を追求しない開発姿勢を感じる。

現在、14万円台に下がってきているが、それでも決して安価なカメラでは無い。晴天日の風景写真の弱点を十分了解して購入する必要がある。
 

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった297人(再レビュー後:46人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

silentisさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
キーボード
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性3
液晶4
ホールド感5
当機種EF24-70mm F2.8L II USM 47mm F5.6 ISO250 SS1/10で撮影
機種不明EF70-200mm F4L II USM 70mm F4 ISO2000 SS1/30で撮影
当機種EF100mm F2.8L マクロ IS USM  F2.8 ISO50 SS1/1250で撮影

EF24-70mm F2.8L II USM 47mm F5.6 ISO250 SS1/10で撮影

EF70-200mm F4L II USM 70mm F4 ISO2000 SS1/30で撮影

EF100mm F2.8L マクロ IS USM F2.8 ISO50 SS1/1250で撮影

【デザイン】
良くも悪くもCANONという感じです。
【画質】
以前から言われているダイナミックレンジに関しては特に気になるほどでもありませんでした。しかし、暗所撮影でシャドウをどうしても上げなければならない場合は多少気になります。

【操作性】
初心者でもわかりやすくて良いと思います。

【バッテリー】
バッテリーの保ちはとても良いです。一日まるまる使っても問題ないです。

【携帯性】
EF40mm F2.8など軽いレンズとも相性がよく気軽に持ち出せるので良いです。

【機能性】
機能性については必要十分ですが、CFカード、UHS-II非対応と言うこともあり長時間露光した際の保存に時間がかかるので☆4とさせていただきました。

【液晶】
バリアングルモニターという事もあり、液晶は見やすいので良いですが、白っぽく映るので他の端末やPCにデータを取り込んだ際に色味が違って見えます。

【ホールド感】
グリップが深めなのでとても持ちやすいです。

【総評】

総合評価として
フルサイズ入門機ということもあり、プロ機に搭載されているCFカードスロット無い事や、ヘッドフォン端子がないという部分が気にならないのであればとても良いと思います。日中の屋外撮影等では困ることもなく軽いので持ち出しも億劫にならないので良いです。
上記の理由を加味した結果☆4の評価とさせていただきます。
初心者ながら作例をいくつか上げておきます。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

EOS 6D Mark II ボディ
CANON

EOS 6D Mark II ボディ

最安価格(税込):¥133,000発売日:2017年 8月 4日 価格.comの安さの理由は?

EOS 6D Mark II ボディをお気に入り製品に追加する <2467

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意