『ジム・ケラー、どんだけ天才ですか!!』 AMD Ryzen 7 1700 BOX grayfox01さんのレビュー・評価

Ryzen 7 1700 BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.0GHz、最大クロックは3.7GHz、TDP(熱設計電力)は65W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • RGBカラーコントロール機能付きのLEDランプを備えたCPUクーラー「Wraith Spire」が付属する。
Ryzen 7 1700 BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):¥24,840 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2017年 3月 2日

店頭参考価格帯:¥― (全国68店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 1700 クロック周波数:3GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 1700 BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Ryzen 7 1700 BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1700 BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1700 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1700 BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1700 BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1700 BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1700 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1700 BOXのオークション

Ryzen 7 1700 BOXAMD

最安価格(税込):¥24,840 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 3月 2日

  • Ryzen 7 1700 BOXの価格比較
  • Ryzen 7 1700 BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 1700 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 1700 BOXのレビュー
  • Ryzen 7 1700 BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 1700 BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 1700 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 1700 BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 1700 BOX

『ジム・ケラー、どんだけ天才ですか!!』 grayfox01さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
11件
薄型テレビ
0件
12件
AVアンプ
1件
5件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
ジム・ケラー、どんだけ天才ですか!!

発売日に購入。
セカンドマシンとなった6700Kと比較レビュー。

Ryzen 7マシン
CPU:Ryzen7 1700(OC 4G)→疑似1800Xとして
CPU Cooler::ETS-N31-02(空冷)→付属の純正品は3.6Gが限界。
MB: ASUS PRIME X370-PRO
MEM:DDR4-2666 8GB×2 16GB
GPU:MSI GTX 1080 ARMOR 8G OC
SSD:MX300 CT525MX300SSD1
HDD:WD40EZRX
BD:BH-16NS48

6700kマシン
CPU : 6700k(OC 4.7G)→疑似7700Kとして
CPU Cooler: SCKTT-1000(虎徹)
MB: Asus Z170 Pro Gaming
MEM:DDR4-2133 8GB×4 32GB
GPU:Asus GTX 970
SSD:PX-256M6V
HDD1:WD30EZRZ
BD:BH-16NS48

ともに、OSはWin10-x64
Cinebench R15

CPU Single Core
6700K 198
1700 159
周波数あたりのスコア
6700K 198/4.7=42
1700 159/4=39.5
1GHzあたりのシングルスコアは、やや6700Kに分があるが
ちなみにFX-8シリーズはせいぜい100/4=25程度で前世代FXから比較すると、
コアあたりの性能は劇的に進歩した。

CPU All Core
6700K 980〜1010
1700 1580〜1630
やはり8コア16スレッド
1GHzあたりのスレッドスコア
6700K 1000/8/4.7=26.5
1700 1600/16/4=25
スレッドあたりのスコアも6700Kに分があるが、ほぼ同格。
コアとスレッド数を考慮すると、完全に勝負にならない。
ほぼクロック×コア数にスコアが比例している。

この感じ、以前、経験したことがあった。
win98のころ、
k6でPen2とPen3に太刀打ちできなかった時代。
その後、アスロン登場当時のPen3との周波数勝負。
AMDの周波数あたりの性能の高さに
インテルは太刀打ちできなかったことを記憶している。
その後、Pen4はパイプライン増、周波数至上主義にシフト。
AMDは周波数あたりの性能を追求し、
結果、性能電力比でAthlonX2にPenDはかなわず、インテルの負け
→Core2へシフト。

その当時、開発者ジム・ケラーの名は知る人ぞ知る程度の人物。
しかし、業績はすさまじく
Alpha(サーバ)→
Athlon(K7)→
AND64(インテルはIA-64を開発・失敗し、その後、パクリINTEL64、x86-64)→
Apple A→
Mac Book air→
RYZEN(K12)→
自動運転開発(テスラ…現在)
とんでもない仕事人。

インテルさん、メインストリームはSandy以降の数年前から8C16Tの時代のはずなのに、
ケチって4C8Tのままの殿様商売でぼろ儲け。
「6C12T以上はハイエンドとかサーバー用途限定〜」
「時代はGPUだ!」
とかにうつつ抜かしてる場合じゃなかったんだよ。
GeForceとRADEONに新参インテルが勝てるわけ無い〜。

これから数年は間違いなくAMDとインテルはコスパ競争が始まる。

まあ、お高く停まってたインテル様にはいいカンフル剤になりそうだ。

インテル、焦ってる?

サーバー用途も32C64T-Naplesとか、とんでもない製品も控えている。
初期型でこの性能ならば、おそらく、次世代ZEN(RYZEN 7 2XXX)の設計に関しても、
高周波数化・最適化・省電力、何らかの置き土産を絶対している。アスロンの時もそうだったし。
次世代ZENは4.5GHz10C20T・6万とか平気で出そうだし。今後のIntel VS AMDの対決がどうなるか、楽しみでならない。

ジムケラーを引き抜きとか、ダーク・メイヤーの人事とんでもなさすぎ。
ジム・ケラーとそれを支えたエンジニア、どんだけ天才ですか!!
本物の仕事人ってこういう人のことを言うんだろうな。

追記:
あまり意識していなかったが、どうやら、1700の4Gには壁がある様子。
冷却環境の記載が抜けていたので追記しました。
水冷環境ならばもう少し狙えたかもしれないですが。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった103人(再レビュー後:72人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
ジム・ケラー、どんだけ天才ですか!!

発売日に購入。
セカンドマシンとなった6700Kと比較レビュー。

Ryzen 7マシン
CPU:Ryzen7 1700(OC 4G)→疑似1800Xとして
MB: ASUS PRIME X370-PRO
MEM:DDR4-2666 8GB×2 16GB
GPU:MSI GTX 1080 ARMOR 8G OC
SSD:MX300 CT525MX300SSD1
HDD:WD40EZRX
BD:BH-16NS48

6700kマシン
CPU : 6700k(OC 4.7G)→疑似7700Kとして
MB: Asus Z170 Pro Gaming
MEM:DDR4-2133 8GB×4 32GB
GPU:Asus GTX 970
SSD:PX-256M6V
HDD1:WD30EZRZ
BD:BH-16NS48

ともに、OSはWin10-x64
Cinebench R15

CPU Single Core
6700K 198
1700 159
周波数あたりのスコア
6700K 198/4.7=42
1700 159/4=39.5
1GHzあたりのシングルスコアは、やや6700Kに分があるが
ちなみにFX-8シリーズはせいぜい100/4=25程度で前世代FXから比較すると、
コアあたりの性能は劇的に進歩した。

CPU All Core
6700K 980〜1010
1700 1580〜1630
やはり8コア16スレッド
1GHzあたりのスレッドスコア
6700K 1000/8/4.7=26.5
1700 1600/16/4=25
スレッドあたりのスコアも6700Kに分があるが、ほぼ同格。
コアとスレッド数を考慮すると、完全に勝負にならない。
ほぼクロック×コア数にスコアが比例している。

この感じ、以前、経験したことがあった。
win98のころ、
k6でPen2とPen3に太刀打ちできなかった時代。
その後、アスロン登場当時のPen3との周波数勝負。
AMDの周波数あたりの性能の高さに
インテルは太刀打ちできなかったことを記憶している。
その後、Pen4はパイプライン増、周波数至上主義にシフト。
AMDは周波数あたりの性能を追求し、
結果、性能電力比でAthlonX2にPenDはかなわず、インテルの負け
→Core2へシフト。

その当時、開発者ジム・ケラーの名は知る人ぞ知る程度の人物。
しかし、業績はすさまじく
Alpha(サーバ)→
Athlon(K7)→
AND64(インテルはIA-64を開発・失敗し、その後、パクリINTEL64、x86-64)→
Apple A→
Mac Book air→
RYZEN(K12)→
自動運転開発(テスラ…現在)
とんでもない仕事人。

インテルさん、メインストリームはSandy以降の数年前から8C16Tの時代のはずなのに、
ケチって4C8Tのままの殿様商売でぼろ儲け。
「6C12T以上はハイエンドとかーバー用途限定〜」
「時代はGPUだ!」
とかにうつつ抜かして殿様商売している場合じゃなかったんだよ。
GeForceとRACEONに新参インテルが勝てるわけ無い〜。

これから数年は間違いなくAMDとインテルはコスパ競争が始まる。

まあ、お高く停まってたインテル様にはいいカンフル剤になりそうだ。

インテル、焦ってる?

サーバー用途も32C64T-Naplesとか、とんでもない製品も控えている。
初期型でこの性能ならば、おそらく、次世代ZEN(RYZEN 7 2XXX)の設計に関しても、
高周波数化・最適化・省電力、何らかの置き土産を絶対している。アスロンの時もそうだったし。
次世代ZENは4.5GHz10C20T・6万とか平気で出そうだし。今後のIntel VS AMDの対決がどうなるか、楽しみでならない。

ジムケラーを引き抜きとか、ダーク・メイヤーの人事とんでもなさすぎ。
ジム・ケラーとそれを支えたエンジニア、どんだけ天才ですか!!
本物の仕事人ってこういう人のことを言うんだろうな。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった31

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 7 1700 BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
マルチに活用できる  5 2018年11月8日 00:25
夢の8コア  5 2018年8月17日 13:14
4年ぶりの自作  4 2018年8月10日 22:42
Windows10に移行するきっかけになったCPU  5 2018年5月22日 18:18
5年ぶりの自作。AMDよ頑張れ。  5 2018年5月11日 19:02
雷善顛末記 実力性能報告  5 2018年3月26日 10:07
サックリとこいつを入手したのでレビューとか書いてみる。  5 2018年3月13日 10:04
今第一世代を買うのもありかな  5 2018年2月26日 22:08
期待していたよりは  4 2018年2月19日 13:33
これに文句ある人とか居ます?  5 2017年12月23日 04:37

Ryzen 7 1700 BOXのレビューを見る(レビュアー数:48人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 1700 BOX
AMD

Ryzen 7 1700 BOX

最安価格(税込):¥24,840発売日:2017年 3月 2日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 1700 BOXをお気に入り製品に追加する <993

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意