『これが良い』 スズキ スイフト 2017年モデル mupadさんのレビュー・評価

  • スイフトをお気に入り製品に登録 <515

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのピックアップリストを作成
スイフト 2017年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

スイフトの新車

スイフトの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフト 2017年モデル

『これが良い』 mupadさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:262人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
274件
デジタル一眼カメラ
3件
239件
レンズ
3件
92件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
これが良い

再生する

製品紹介・使用例
走行

TVのグルメ番組での食レポのお決まり文句にはいつも辟易する。
レポーターがひとたび肉を口にすると、彼(または彼女)が一言発する前に、TVを見ている私は間髪を入れず
「柔らか〜い!、お口の中で溶けちゃいそう♪」と言ってやる。
すると次の瞬間、TVの彼(または彼女)は、まるでオウム返しのごとく「柔らか〜い・・」

私は、したり顔で同じくTVを注視している家人たちの様子をうかがう。
家人たちは、また始まったよ、というような顔をして何も言わないのだが・・
いや、呆れているのかもしれない、私に対してかレポーターに対してか。

私が思うに、食レポを業とする輩はきっと歯が悪いのに決まっている。
肉は歯ごたえがあってしかるべきであるのに、あの言いぐさは何だ!
もし入れ歯ならポリグリップか何か、しっかりしたものをお勧めしたい。

前段が長くなりました(笑

車のレビューで足が硬いことを苦にするのは間違っていると思います。
いや、勘違いと言う方が正しいかもしれません。
それは単に好みの問題だから、車の評価においてことさらに強調すべき事柄ではないのです。
しかし、、そうはいっても、やはり好みが最重要か・・(^^;
私は、とろけるようなトロよりも、コリコリするような新鮮なアジの刺身の方が好きです。

また、中段が長くなりました(笑

さて本題ですが、確かにスイフトRSは足が硬いのでしょう。
私はこの適度な硬さが好みですが、同乗した女子は概ね、「ゴツゴツしてる」と評します。
反して男子はそのようなヤワなことは言いません。ここに性差があるのかどうか確たる証はありませんが、全体として、スイフトRSはゴツゴツした感じぃ、というのは否めないかもしれません。
しかし、そこが良いのです。コンパクトで剛性の高いシャーシ、しっかりとしながらクイックなハンドリング、そこには硬めの足がとてもマッチするのです。

納車されて一ヶ月が過ぎ、1000kmちょい走行、初回点検も終わったので慣らし運転から解放されエンジンを気兼ねなく回してみました。
その前からコイツのポテンシャルはわかっていましたが、回すとさらに気持ちよい走りをしてくれます。
まず何といっても、この排気量で音がイイ。
これはCVTやATでは感じられないでしょう。小排気量CVTで回すと賑やかになるだけですが、MTならば小気味良いエキゾーストノートがスポーツマインドをくすぐります。
願わくば、も少し重低音であれば・・言うことないのですが、1.2Lですから〜(笑
もちろん、小排気量故のトルクの頭打ち、アクセルペダルの踏み込みに対するリニア感の不足は仕方ないのですが街中で郊外で、足を延ばしてワインディングで、十分な走りをみせてくれます。
むしろ大排気量車やターボ車よりもエンジンを回せる分、公道でスポーツライク走行を楽しめます。
まさにスポーツカーの雰囲気を醸し出していると言っても過言ではないでしょう。(言ってしまった・・笑)
本物とは違いますが、本物っぽさだけは好きです。まるで、ノンアルコールビールのように。
私は、この車で良いや!、いや、この車が良いや!

私は6台ほど新車を乗り継いできましたが、この車ほど、購入後もワクワクする車はありません。(少し大げさかも・・)
購入前は妥協感がありましたが、所有してから良さがジンワリと染みてきました。
まず外観からして、間違っても一目惚れすることはありませんが、ブサ可愛ではありませんか。ブサ可愛ゆえのアバタもエクボ。
わずか一週間で古女房のような馴染んだ佇まいを見せてくれています。

そしてスズキ車はこんなに塗装良かったの?新型スイフトから塗装レベルが変わったのか、とても美しくしっとりした塗装です。
ブサ可愛だから、化粧が下手でも十分イケてますが、さらにお化粧上手であれば言わずもがな、です。
洗車すると時、ボンネットのゆるやかなふくらみと、このしっとりした塗装にうっとりします。
燃費もとても良いです。一回目の給油時は慣らしだったので20km/L超、2回目はまだ給油していませんが、現在燃費計で19.3km/L。
前車ティーダをはるかにしのぎます。
軽自動車の予算に少し上乗せしたら手に入るこの車は、奇跡としか言いようがありません(ちょっと褒め過ぎ 笑)

ただ、MTは売れてないみたいですね。
想定内でしょうが・・(^^;

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度5
試乗から納車まで
 

 

前回まで
http://review.kakaku.com/review/K0000931884/ReviewCD=1009321/#tab

次回は1000km走って再レビューの予定でしたが、走行500km、初洗車でのレビューいきます(笑

峠道、ワインディングなどを慣らし中なので3000回転まで、たまに4000間まで回してドライブしてきました。
通常は、3速または4速で余裕で流していけますが、急な長い登りなどはさすがに2速まで落とさないとパワー不足を感じます。
高速での追い越しでも5速でアクセル踏み込むだけでさっと追い越し、というのは少々無理がありますが、4速で回せば不足はないでしょう。

試乗したハイブリッドRSとの動力性能の違いは、モーターアシストが無い分で弱いかなと心配でしたが、全く杞憂でした。
ハイブリッドRSの方が上り坂などで余裕をもって楽な運転ができるのかもしれませんが、MT操作で十分カバーできる程度のものだと思います。

静粛性は、街中で50km/hくらいならロードノイズ、エンジン音ともに非常に静かです。
信号停止で、あれ?アイドリングストップした?と思うくらいです。RS(MT)にはアイドリングストップはありません(^^;
高速走行ではロードノイズと風切り音が目立ちます。それほど酷くはないですが、ドアミラー付近に風切り音が発生します。
ちなみに、ドアミラーの付け根、前車(ティーダ)では三角小窓がありました。試乗したインプレッサなどもあったと思いますが、
スイフトはめくらになっているので、右折の際、ドアミラーと合わせて死角となる範囲が大きく、やや前方確認しづらくなります。

タイトなカーブを高速に回る際は、さすがに若干のアンダーステアを感じます。しかし十分余裕で不安を感じる場面はありませんでした。
荒れた路面では、後輪荷重が少ないためかリアが若干踊るような場面はありました。まれなケースではありますが。

ブレーキのタッチは、とてもコントローラブルで、カックン的な要素は全くありませんし、そして必要十分な制動力があります。
レーンキープの警報、精度良いです。ワインディングでかなり忠告されました(笑
対向車に大型トラック(たぶん、背の高い場合)で、自動ブレーキの警告が出ることが何度かありました。ブレーキがかかるまではいってないですが。
高速でACCも試しました。取説では40〜105km/hの範囲と明示されていますが、40〜115km/hでセット可能でした。
使ってみると非常に楽な運転ができました。運転席に座りながら勝手に加速減速するのは新感覚です(笑。これは使える機能だと実感しました。

発進は、ゆっくりクラッチを繋げばアイドリングでも発進可能です!信号発進時にこれをやると後ろに迷惑がかかるので適度にアクセル踏みますが。
後進もアイドリングでバックするので駐車時などオートマに近い感覚で操作できます。これは少し驚きました。
が、この場合も街の駐車場でトロトロやると怒られるので(笑、自宅車庫から出すときなどにアイドル発進重宝します。

通常の発進時は、半クラッチの区間(つながり始めから完全につながるまで)が、とても狭いと感じました。
アクセルのふかし具合とクラッチのつながる感覚がデリケートです。友人二人もエンストしました(^^;
ま、これは慣れてしまえば何も問題ありません。
クラッチペダルは軽いです。シフトは、全域で軽くスコンと入ります。1速はゲート感がありますが、他はゲート感は僅かです。
なので、街中では快適にシフトアップダウンできます。でも、クラッチをいい加減に切ると(完全に切らないと)容赦なくはじかれます(笑
86やロードスターはスポーツカーだからか、やや硬くはっきりしたゲート感がありました。
サーキット走行では硬めの方が力強くガシガシ入れて都合が良いのでしょうか。
シフトノブの形状は、座面の高さ、ノブの高さを考慮すれば、ガンタイプではなくオーソドックスなヘッド丸形の方が操作しやすいのではと思いました。
残念ながらヘッドだけ取り換えるというようなカスタマイズは無理っぽい構造のようです。

初洗車で塗装などじっくり観察しました。
ボディーカラーのプレミアムシルバーメタリックはもう少し暗い色かなと思っていましたが、明るいまんまシルバーでした。
予想と違いましたが、クリア塗装と相性が良いのかヌメッと艶やかな感じで、これはこれで良いかなと思いました。
でも、もうちょっと暗い方が良いかな。明るめのシルバーはスポーツカーっぽい感じではありますが。
爺なのでシルバーカーということで(笑
後姿がテールのコンビネーションライトのワンポイントとボディーのシルバーとあいまってカッコイイとは思います。

ボディー形状ですが、実物は写真以上にドアの窓下のふくらみがとてもグラマスで、ヌメっとした塗装と合ってうっとりします。
ボンネットは今時珍しいプレスラインの無い、美しいラウンドのみで構成されていて、洗車のし甲斐が有ります。

細かいところですが、カラードバンパーは、下の方の隠れて回り込む部分もカラードです。下部分は塗装なしの樹脂であることが多いのですが、これは洗車しがいのあるボディーです。
フロント、サイドともに全てカラードなのはグッドです。
前にも書いた後部ドアのノブが樹脂なのがイマイチ。構造上仕方ないですが。
他に、フォグランプの周りも塗装なしの樹脂。ここは見逃しがちですが、よくメンテしないと経年で見た目が悪くなります。
さらに、フロンドグリルのハニカム模様。奥行(厚さ)が1cmほどあるので、このハニカム穴を一つ一つ掃除するのは面倒です。
見た目はまあまあ良いのですが、メンテを考えれば水平ラインの方が良いと思います。レッドの水平ラインはシルバーボディーには似合わないと思います。が、何もないと間抜けに見えるのかもしれません。

続く

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度5
試乗から納車まで

再生する

その他
スイフトRS

 

 

前回までのレビュー
http://review.kakaku.com/review/K0000931884/ReviewCD=1009321

納車直後のファーストインプレッションです。
主に、乗換前の日産ティーダ(平成19年)15G(NA1.5L、CVT)と比較してみます。
スイフトRSはセーフティーパッケージ+ディーラOPのナビ付です。

スペックは、ティーダと比較してボディーサイズで全長が約400mm、全高が35mm小さくなり、全幅は同じです。
トレッドが150mm小さくなった結果、最小回転半径が0.4mも小さくなりました。
その結果、取り回しが非常に楽です。トレッドは前後とも変わらずです。
室内幅はあまり変わらないと思うのですが、運転席に座るとスイフトRSの方がこじんまりした感じを受けます。
決して狭いというわけではなく、ぎゅっと凝縮されたような・・シートのホールド性の高さと、角度を含め集約されたコクピットから受ける印象が大きいのだと思います。
それと、シートが低いので相対的に窓枠が高く感じられます。86やロードスターほどでありませんが・・(^^;

走りは、ティーダと比較してマックスのパワーウェイトレシオ、トルクウエイトレシオがそれぞれ、10%、5%向上したことになりますが
CVTとMTとの違いもあり単純に比較するのは無理があるとは言うものの、スイフトの方が軽快に走ってくれるのは間違いないです。
サスペンションは、ティーダは柔らかめ、スイフトは硬めなのでかなり違います。ティーダもどっしりとした上質な走りではありますが、硬めのスイフトRSは違った方向で上質感がありとても満足しています。
言われている通り、ボディーの剛性感とダンピングが早めに収まるサスペンションの走りはとても気持ちが良いものです。
走行時の騒音は、ティーダがレグノに履き替えていたというのもあり、スイフトRSのロードノイズが少々大きく感じますが、総じてこのクラスでは静かな方だと思います。
ちなみに10年前のティーダの購入の際はノートと乗り比べ、静粛性と上質感でティーダに決定しました。

エンジンはMTにも関わらず、少々元気よく走っても案外静かです。加速時のエンジン音はもう少し艶っぽいと嬉しいのですが、NA1.2Lにそこまで無理は言えませんね(^^;
多少の雑味があるものの許容レベルでしょう。
ステアリングフィールは、ティーダのパワステはふにゃふにゃしていましたが、スイフトRSはきっちり心が出て路面の情報を適度に伝えワンクラス上の感じです。
当然、ティーダと比べて直進安定性も優れているので気持ち良いし長時間走っていて疲れも少ないです。

ステアリングは私の場合ティーダもスイフトRSも一番下にチルトさせていますが、スイフトRSはティーダよりも最下の位置が高いです。
もう少し低くなるようにセットできれば良いのですが・・しかたなく座面の高さを少し上げています。

燃費はまだ実測していませんが、カタログ値でティーダが18.0km/L、スイフトRSが22.6km/L。贔屓目に見ても期待ができます。

エクステリアデザインは、ティーダも悪くありませんでしたが、やや爺臭い(笑、対してスイフトは爺臭いのか、キュートなのか・・自分の中でまだよくわかりません(^^;
少なくとも先代モデルよりはおとなしめというか、爺がのっても嫌味の無い普遍的スタンダードな意匠だと思います。良く言えばですが(笑
リアドアノブの意匠は、悪くはないですが樹脂パーツの経年劣化が気になります。ここは他の樹脂パーツと合わせて洗車のたびに保護材を塗るルーティーンが必要でしょう。
リアフォグランプ・・私は必要ないのですが流行でしょうか?(^^;
塗装について、まだ納車直後なので今後のことはわかりませんが、とても美しく感じました。ティーダの塗装は高品位と謳っていただけに非常に良かったです。
私はあまり手入れし無い方(車検、定期点検時のサービスの洗車以外で自分が洗車したのは10年間で4〜5回くらい、笑)ですが、
10年物とは思えないほど美しさをキープしていました。今時の車の塗装はレベルが高いのだと感心しましたが、スイフトもそうあってほしいと願っています。

インテリアは、ティーダが上質を謳っていただけにスイフトRSは物足りなさを感じます。ティーダで多用されていたソフトパッドの類がなく、硬質でプラスティッキーな内装は、こんなものでしょう。
収納類も、ティーダは本当に良く作られていました。スイフトの収納の少なさは潔いと良いと言えるぐらい不足しずぎています(笑
ブラック基調の中にメッキやシルバーの加飾は今時の流行なのでしょうが、私的にはそれが逆にチープに感じます。また、ナビの納まりも取って付けたようで合理性を感じません。
インテリアに関しては逆にティーダのコスパの高さをあらためて思い知らされた感じです。
ま、インテリアは二次的なものであって、このクラスで比較すべきものではないと思います。我慢しましょう(^^;

最後に価格ですが、買値でティーダと同じくらいでした。
しかし、ティーダにはナビは無く、自動ブレーキ等の安全装備などもありません。ホイールもスチールで15インチです。
エンジンは1.5Lから1.2Lへダウンしますが走りはむしろ軽いスイフトRSの方が軽快です。
さらにティーダが10年前の価格なのですから、それを考慮すればインテリアで減点してもスイフトRSの価格は納得いくものです。

ティーダも良い車でしたが、スイフトRSも10年は乗るつもりです。

次は1000kmくらい走ってレビューします。
さらにその次は、トヨタ86との比較を行います。
続く・・

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度5
試乗から納車まで

素人なので車の性能や乗り心地などを正しくレビューするのは難しいので・・
他の方面でお茶を濁します(^^;

※試乗から契約まで

車の乗換はあと2〜3年先を考えていましたが、イロイロな事情で4ヶ月ほど前から動き始めました。
現在は10年目の日産ティーダです。

ここに至るまで、訪問したディーラー9店、
試乗したのは、
スバル WRX-S4、インプレッサ
マツダ アテンザ、アクセラスポーツ、ロードスター
ホンダ ヴェゼル
トヨタ 86、C-HR、カローラフィールダー
スズキ スイフト
車種カテゴリーがカオスです(^^;、基本的にはMT車を優先しました。
結果として、スイフトRSとトヨタ86(MT)の2台を息子と共有することで決まりました。
同日に2台を契約したので交渉で少々疲れました(^^;(もちろん別ディーラーです)

どうして2台になったかというのは詳細は割愛しますが、街乗りで買物などを気楽にと、たまの遠出でスポーティーにというのを両立させました。
当然、スイフトは前者の目的ですが、86と合わせてMTであることと、それなりの走りを期待してRSとしました。
両方を一車で満足しそうなのは、この夏に発売が予定されているホンダ・シビック・ハッチバックですが、息子が納得してくれませんでした( ゚Д゚)

さて、肝心のスイフトですが、近所のディーラーには試乗車にRSハイブリッドしか置いてなかったので、まだMTは試していません。
RSハイブリッドの印象は、デザインはちょっと・・ですが、走りや乗り心地はストライクでした。
ステアリングフィールや車体の剛性感は、2ヶ月くらい前に試乗したインプレッサに似ていて好印象でした。
(もしかしてインプレッサオーナーさんには失礼?)
ススキ車は、私にとっては初めてです。試乗の印象は良かったので大丈夫だと確信しています。
次期スイスポにも興味ありましたが、86を買うことでそれは待たなくて良いという結論にしました。

契約は割とすんなりと。
最初の見積はお約束の厳しいものでしたが、その後の3月決算セールは都市伝説で、そんなもの客寄せだけだろうと思っていましたが
予想以上の結果で満足できました。先にトヨタですごく粘ったので、疲れてスズキでは割とあっさりと契約したと思います(^^;
車買うなら3月に交渉!、やはり乗せられていますかね?(笑)
下に表示される本体値引き額は10万円と表示されていますが、10万円弱です。

続く・・(納車後に更新します)

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「スイフト 2017年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
全体的にはほぼ満足  4 2017年4月25日 20:49
これが良い  5 2017年4月23日 19:51
スイフト HYBRID RS試乗  3 2017年4月20日 22:55
結局スイフト買いました!  5 2017年4月12日 00:19
RSt納車後 2週間乗ってみて。  5 2017年4月10日 19:20
年明け早々前の車は廃車。試乗もせずに購入。  5 2017年4月9日 22:54
好みに合えば  5 2017年4月9日 18:24
コンパクトカーの中では最も完成度の高い車です。  4 2017年4月7日 19:47
乗って楽しい  5 2017年4月6日 09:06
RSt・・・不満は特になし  4 2017年4月5日 20:36

スイフト 2017年モデルのレビューを見る(レビュアー数:40人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフト
スズキ

スイフト

新車価格帯:134〜184万円

中古車価格帯:102〜205万円

スイフト 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <515

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意