スズキ スイフト 2017年モデル レビュー・評価

  • スイフトをお気に入り製品に登録 <533

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのピックアップリストを作成
スイフト 2017年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

スイフトの新車

スイフトの中古車

中古車査定PR

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフト 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID ML 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
HYBRID ML 4WD 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
HYBRID RS 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 13人
HYBRID RS 4WD 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 4人
RS 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 4人
RSt 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 18人
XG 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 2人
XL 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 3人
XL (MT) 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:49人 (プロレビュー:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.96 4.20 126位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.86 3.80 96位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.17 4.01 73位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.30 4.08 66位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.05 3.91 78位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.00 3.78 75位 燃費の満足度
価格 4.12 3.76 31位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格3
満足度5

車検の代車は新型スイフトがイイんです!とお願いしてました。
愛車は軽自動車なので、ビビりながら乗りました。

【エクステリア】
賛否両論でしょうけど、個人的には問題ないです。
買うとしたら色はバーニングレッドパールメタリックと決めてますが
お借りしたのはスターシルバーメタリックでした。
蝶々が寄ってこない悲しい色です。
リヤドアハンドルに関しては凄く使いやすかったんです。
なので皆さんが嫌がる理由が全く分からないです・・・。

【インテリア】
車にインテリアは特別求めたことが無いので個人的には問題視してないです。
今乗ってる車と比べたら天と地の差だし最高です。
ただちょっと小物を入れたいなぁ〜的なスペースはないし、
ドリンクホルダーも使いにくかったです。

【走行性能】
アイドリングストップ車に乗るのが実は初めてだったので、おっかなびっくりで
タイミングが良くわからなくて右折時、後続車が困ってたかも・・・。

【乗り心地】
正直、硬いとか柔い?とか知りません。
座席に乗せた買い物袋の中身が飛び跳ねなければいいし、
玉子が割れなければ問題ありません。

【燃費】
試乗なので分かりませんが、たぶん長距離走らないと悪そうなのかな?って思いました。
試乗車だからなのか15km/hでした。

【価格】
これってグレードの問題でもあるし、アクセサリーの追加とかそういうので変わる価格でしょうから
高い安いは個人的な問題だと思います。

【総評】
半年以内に買おうと既に決めているので半日以上試乗させてもらって
とっても嬉しかったんです。
皆さんがよく言っている全方位モニターの不評も担当者さんに直接聞きました。
オススメしてなかったし私も微妙かなって。

気になったことがいくつかあります。
前方衝突警報機能が、対向車の大型トラックに反応。
車幅も広いし、絶対に普通にすれ違う事の出来る距離感なのに
作動してて音にビックリしちゃいました。
一体何があったのかと思いました。
もちろん普通にすれ違いましたしどこにもぶつかるような状況ではなかったんですけど
これは普通の事なのかな?

乗車人数
1人
使用目的
その他
重視項目
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mupadさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:297人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
275件
デジタル一眼カメラ
3件
239件
レンズ
3件
92件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
   

   

最後の再レビューとなります。

先月、トヨタ86が納車され1000kmほど走ったので、86との比較をしてみます。
と言っても、キャラの違う両車の比較はあまり意味がないのでざっくりですが・・

86と比べてスイフトRSの際立つ点は、ボディーサイズ、アイポイント、動力性能からくる運転のしやすさです。
スイフトでは、アクセルベタ踏みで加速しても慌てることはありません。
これを非力とは言ってしまえばそれまでですが、街乗りにおいてアクセルワークに気をつかわないですむのは随分と楽です。
それでも、流れに乗った運転で必要十分な加速力は持っています。
そしてストレスなくエンジンを回せます。これが気持ちよく楽しいのです。
コンパクトだから狭い道や駐車場も気になりません。

次に実燃費。
ざっくりと、スイフトRSは19km/L程度、対して86はハイオクで11km/L、レギュラー換算なら10km/L程度。
オイルなども考慮すればランニングコストは半分程度となります。
そもそも車両価格で半分程度です。

他には、取り回し、足の硬さ、安全装備、スタイル等々、比較すべきことは多くありますが、キャラが違うので割愛しますが、
スイフトRSは街乗りならベスト、峠道はきつい場面も。86は高速道路、峠道で本領発揮、街乗りはちょっと・・、という感じでしょうか。
しかし、それぞれの持ち味を考慮すれば優劣をつけることはできません。
RSが峠で非力であっても、ガンガン回せる人には逆に楽しいかもしれません。

MT車に限って言えば、同価格帯の他車を含めた中でスイフトRSはとてもバランスのとれた最良の車だと思います。
RSに関して、ハイブリッドRSやRStのレビューが多く、RS(MT)が蚊帳の外で寂しい限りですが(笑、
さらに、この後出てくる新型スイフトスポーツの陰に隠れること必至ですね。
しかし、コストや日常の使い勝手を考えれば、そこそこスポーツして、コスパ高く、運転しやすい。
オートマでは味わえないちょっと違ったフィーリングを楽しみたい人にはお勧めです。

最後に、86にあってスイフトRSには無いもので追加して欲しい機能として、
MTのシフトポジションインジケーター、レブリミットのアラート設定(なくても良いけど・・雰囲気)、ヒルスタートアシスト。
逆にスイフトに有って86に追加して欲しい標準機能は、ドアロック連動のドアミラー自動格納(今時は軽でも普通にあるのに・・)。

簡単ですが、以上です。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった59人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ねこっちーずさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
767件
ゲーム機
1件
149件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
129件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格3
満足度4

【エクステリア】

ハイブリッドRSとの違いが正直言って分かりません。


【インテリア】

先代モデルに比べるとスポーツ感が増した印象があります。こんなにしっかりした形で出されてしまうとスイフトスポーツはどうなっちゃうんだろうと・・・それくらいスポーティーさが感じられる仕上がりになっていました。


【エンジン性能】

ソリオ(1.2L マイルドハイブリッド)と今回のスイフト(RStターボ)を乗り比べると平坦な道では目立った差はないものの、山道での走行になると明らかに差が出ました。

ソリオはモーターアシストが有効でもエンジンノイズが入ってきますがスイフトのRStは同じアクセルの踏み方であってもエンジンの苦しさは感じられませんでした。

エンジン出力とエンジントルクに余裕があるのは確かで勾配のきつい道路などを走行する機会が多い場合にはターボの選択肢はありかなと思います。

排気量的にはソリオのほうがあり、モーターアシストもあるので有利かなと思いましたがスイフトの1Lターボは侮れないと感じました。

バレーノ(マルチ・スズキから輸入)の搭載エンジンとは違い、こちらはレギュラーガソリン仕様なので出力は下がっていますが普段使いでは問題があるとは思えませんでした。


【走行性能】

RStは6ATと言うこともありますのでCVTに比べれば加速はスムーズな感じがしました。パドルシフトも付いているので走行状況に応じで自分の好きなドライビングが出来る点が良いと思います。


【乗り心地】

シートはホールド性が高く、ソリオのようにいつまでもドライビングボジションが決まらないような事はないです。

多少の凹凸路面でもソリオのガタガタするような感じはなかったですし、乗り心地は良いと思いました。


【燃費】

短い距離での試乗でしたので分かりません。(※省略させていただきます)


【価格】

ちょっと高めかな・・・とは思います。

アクティブ・クルーズ・コントロールやデュアルセンサーブレーキサポートなどはオプション(=セーフティパッケージとしてまとめてセット)になっており、装着した仕様を選ぶとそこそこの価格にはなってしまいますね。

先代モデルにあった特別仕様車としてのお得感はないです。


【総評】

今回試乗をさせていただいたお店にはターボのRStしかなかったため、こちらのグレードで試乗をしましたが思っていたよりも全体的に良かった印象を持ちました。

ただ、2WDしかないことや先代モデルにあったRSの特別な感じが残っているために後々違った形でリリースしたほうが良かったのでは?と思いました。

スズキとしては登録車(小型車)の販売台数を増やしたいようでこのスイフトのRStもかなりの台数が展示車や試乗車として配置されているようです。

実際にはハイブリッドとターボ仕様を検討段階で乗り比べていただいて商談などに進んでいただくことをおすすめします。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

軟水が好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度4

ハイブリッドRS、ホワイト、セーフティパッケージ、ケンウッドのナビにバックカメラ装着です。
とっても気に入っています。私にとっては手の届くベストバイでした。

【エクステリア】
どなたか言ってましたがブサカワ同感です。甘過ぎず辛過ぎず。どうしてもデミオ・ヴィッツ・アクア・ノート・フィット・パッソと堂々巡りの比較になり、それぞれ良いので迷いました。スイフトはジワジワ情がわいてくる感じがします。カタログの写真よりも存在感あります。デミオがパーンっと張った感じだとしたら、スイフトはギュッと固めた感じがします。

【走行性能】
車に詳しくないので印象程度ですみません。今まで他社の1300クラス4台乗り継いできました。走りはダントツ良いです。楽しい。チャンとラインに沿って曲がれる感じ。他社のハイブリッドのモーターとエンジンの切替感や、アイドリングストップからの復帰のエンジン再始動の振動が、節約節約と言われているようで嫌だったのですが、スイフトにはこれがありません。すっきりスタート自然です。

【ナビ】
全方位モニター正直未練があります。ハーマンナビについて色々書き込みがありましたから、ちょっと手が出ませんでした。ケンウッドの一番下のモデルにバックカメラです。ナビはとっても満足してます、安いけど優秀です。前はトヨタのステアリング連動のバックガイドモニターでした。今回のバックカメラは予想進路がでないので、今ちょっと苦労してます。車幅とハンドルの切れ具合に慣れるまでは、何かと色々頼りたくなりますね。昔はクラッチとシフトレバー操作して目視で車庫入れしてたのだからと自分を励ましています。仕事でナビを使うので、新規のクライアントに到着できなかったりしたら大変ですから、無難なナビにしました。工賃が高くても良いから国産ナビに全方位モニター付けられたら満点でした。スズキとハーマンの大人の事情なのでしょうか?残念です。

【総評】
アクアやフィットは沢山走っているし、モデル末期だしなど色々考えました。初めは消去法で選んだ部分も有ったのですが、ディーラーで試乗して一発で気に入りました。若い人の車かなあと思ったりしますが、乗る度に元気が出ます。今まではディーラーの営業さんの勧めにのっかって買い換えてきた感じでしたが、今回は時間をかけて自分で考えてスイフトにしました。そう言う意味でも満足しています。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
埼玉県

新車価格
169万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

餓死さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
0件
8件
自動車(本体)
2件
6件
スマートフォン
1件
2件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度5

納車後2500Kmほど乗りましたので再プレビューです。

【エクステリア】 
ヨーロッパデザインになり気に入りました。


【インテリア】 
メーター、ステアリング、シートがスポーティーで惚れました。
ただ自分的にはナビの位置がエアコンの吹き出し位置ぐらいまで高い方が見やすいと思います。(吹き出し口の位置 決めが難しくなりますが)  しかし慣れてしまいました。

全方位モニター付きナビを選びましたが、バック時以外でも全方位とフロント、左側とフロント、フロントのみなど前寄せや幅寄せ、切り替えし時などチョット死角が気になるときにボタン一つで確認出来て重宝しています。

ステータスインフォメーションランプはメーターフードの最上部にあるのですがステアリングカバーを着けていると見えない。
見える角度までステアリングを上げると運転しにくい。もう少し位置を変更してもらいたいです。
カバーを着けずに細い純正のままの状態ならギリギリ見えるのでしょうが細いステアリングは運転しにくいので。

ドリンクホルダーの位置が悪い。
エアコンパネルとシフトレバーが邪魔でドリンクが取りづらい。
真っ直ぐ座ったままでは取りにくく少し前かがみにならないと取れない。

収納が少ないので、助手席下にトレーでも付けて欲しかったです。

リア席が夜間見えづらいのでセンタールームランプがあっても良かったのではないでしょうか。

【エンジン性能】 
スタート時には1500rpm位までは過給が始まらないのでアクセルに対して反応が悪く感じますが、過給が始まればターボらしい強い加速をします。
エコ運転を気にしないでアクセルを踏めば軽い車体のおかげで2000ccなみの加速感は味わえます。
燃費にはそれほど影響はないように感じます。時々の使用ならば。

【走行性能】 
以前MPVのローダウン、2インチアップ、タワーバー装着、トー角0°の車に乗っていたのでそれとの比較になってしましますが、ハンドリングはそれほどクイックではありません万人向けの普通の車です。
6速ATの出来が素晴らしい、MTモードで市街地をATモードなみにスムーズに変速するのは無理です。

パドルシフトですが、MTモード以外にもATモードのままでもパドルシフトが使えます。
つまりMTモードのシフトポジションは殆ど不要なポジションとなります。
無駄にシフトアップしたくない雪道など限られた条件でのみ必要で一般的な道路を走行するのであればATモードのままでパドル操作すれば全て賄える車です。
ATモードでパドルでシフトダウンさせてもアクセル開度と速度等の条件によりATモードへ復帰して無駄なシフトアップはしません。
かなり賢いATモードでのパドル操作が可能です。
スズキさん最高に楽しいです!

ブレーキが想像以上によく効きます!
特に踏み始めの効き方が他社とは違い過ぎて、他社の車を乗った後にこれに乗ると最初のブレーキングでガックン!となります。
フェザータッチで踏み始める感覚ですが、慣れてしまうと逆に他社の車は止まらないのじゃないかと錯覚してしまうくらいに良く効くブレーキで安心感があります。

【乗り心地】 
足回りが固めといわれますが、最近の車はタイヤの扁平も下がり固く感じてしまいます。
その固さをシート座面の厚さでカバーして乗り心地を良く感じさせている傾向にあるようですが、スイフトはシート座面も固めなので細かな凹凸などのショックがもろに感じられるようです。
コンパクトファミリーカーとして考えるとそうなりますが、RSというスポーツグレードですから当然心地よい乗り味となっています。
車高が低いのでロールし難いと思っていましたが、チョット直線を走る乗り心地から想像するとコーナーでのロールが大きいようにかんじます。
もう少し路面に張り付くような感じが好みですが、タイヤの扁平を変えるか幅を変えると良くなるのかな?


【燃費】 
昔のターボ車よりはバカ食いしませんしATがこまめに変速してくれて燃費はまずまずです。
街中で平均で13〜17km/Lは走ってくれます。
郊外の信号の少ない流れの良いところに行けばカタログ値になるようです。
何処を走っても大抵2000回転以内で巡航出来るのが燃費や静かさに貢献しているのかも。

【価格】 
セーフティーパッケージ装着が条件ですが、これだけの装備が付くなら価格的に納得できる範囲と思います。
現在の車はセーフティーパッケージは標準装備にして良いくらい車の安全性が叫ばれています。
全方位モニターナビも装着していますが駐車や幅寄せなど色々なシチュエーションで便利です。
1世代前の車と装備内容などを比べても価格上昇は納得できる範囲と思います。

【総評】 
シートデザインとホールド感がとても気に入ったのですが、前に乗っていた車にレカロを付けていたのでそれと比べてしまいますが、座面が固めなのは良いけど座面にサスペンションが欲しい、腰部にランバーサポートが欲しいです。

安全性を考えるならセーフティーパッケージは外せません。

色々と評価の分かれる全方位モニターの純正ナビは普通にナビを使う、USBで音楽を聴く、TVを観る、ハンズフリーで通話をする、駐車時にモニターする程度しか使わないなら必要にして十分な内容でディーラーOPのナビをあえて選ぶ必要がそれほど感じれません。
バック時以外でも全方位モニターを表示出来るのが素晴らしい。

ハンドリングの重さ調整のためなのか、ゆっくり動かすとステアリングシャフト辺りからゴムパッキンが擦れるようなググッって感じの音がします。
新車なのに低速走行時に路面の凹凸でスタビリンクが悪くなった時のようなコトコト音も感じる事があるのが気になりますが買って大満足な車です。

1〜2名乗車が通常の使用ならば大変使いやすく丁度良い大きさの車で、スッと加速してグッと止まる事が可能なので流れより少し早くキビキビと走る事も苦にならないスポーティーな車です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
大分県

新車価格
170万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

元・窓際測定員さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度4
   

ステアリングホイール裏側のバリは今回も発見されず・・・

   

【エクステリア】評点:4
標準系も悪くないが、実際にこうしてRSのスタイリングを外から見てみると
やっぱりこっちの方がいいかなと思ってしまう。
余談だが、この販売店では新型スイフトはまだ1台だけしか出ていないらしい(ちなみに愛知県某所)。
やはりト○タの販売網には勝てないのだろうか。

【インテリア】評点:3.5
前回同様、ステアリングホイール裏側のバリとやらの存在をチェックしてみたが、今回も見つからなかった。
今回も「たまたま」見つからなかったのか、それとも、初期ロット特有の不良に過ぎず、メーカーとして既にこっそり対策済みなのか、
はたまた私がやはり鈍感なだけなのか。
いずれにしろ、私の試乗した体験としては、「気にする必要はないのでは?」と申し上げるより他ない。
あと、空調系のスイッチはやはりちょっと分かりにくい。
それと、これは前回書きそびれたことなのだが、リヤシートを倒した時に段差が出来てしまい、それを平らにしようとなるともうひと工夫練る必要が生じてしまうのがちょっと残念。
実用性云々をシビアに問われる車でないことは、私も世代が違うとは言えこの車のオーナーなのでそれは重々承知だが、
後部座席の背もたれを倒せるようになっている以上、お手数ではあるがそこは改善していただきたいなと思う。

【エンジン性能】
前回と同じなので省略

【走行性能】評点:4
フットワークは軽快そのもの。まるで蝶々が舞うような感覚。
この感覚は交差点の曲がり角を普通に、安全な速度で曲がっていくだけでも感じられるもので、
さすが、(私が今乗っている)先々代型比-130kgのダイエット効果は伊達じゃない。

【乗り心地】評点:4
今回はRS系の試乗ということで、サスセッティングの硬さを危惧していたが、
幸いにも杞憂に終わった。むしろ、私が今乗っている先々代の標準系の方が突き上げ感があるくらいで(まあ経年劣化のせいもあるのかもしれないが)、
よくよく神経を研ぎ澄ませてみると確かにコツコツ感が確かめられるのかなあ程度で、それにしたってアタリは至ってマイルド。
こういう系統のグレードを買う人であればある程度の硬さは織り込み済みだろうし、ほとんど問題ないのではないのだろうか。

【燃費】
試乗なので不明

【価格】評点:4
前回XLを試乗した時は「10年前と比べて高くなった」云々ということも書いたものの、
これだけ立派な内容なら、それも致し方なしか、と、今回の試乗で少々考えが改まった。

【総評】評点:4
気分良く試乗させてもらえた上、不安に思っていた点も解消されたので満足出来て良かったと思う。
今後の小改良、マイナーチェンジ等にも期待したい。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった13人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネット見ろさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
14件
スマートフォン
4件
5件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
   

スイフト RSt

   

【エクステリア】
歴代のスイフトと比べるとかなり進歩していたな感じました。HYBRID RS・RSt・RS の赤いラインがかなり好みです。
【インテリア】
かなり良く出来ています。ハンドルが新しくなり、かなり良いです。メーターもイグニスと同じですし。エアコンもかなり良いと思います。
【エンジン性能】
ターボエンジンなので、かなり力強く走れます。素晴らしい。最初は、Mで走行しましたが、MT感覚で走れます。AGSとは、ちょっと違います。途中からDしましたが、かなりきびきび走れました。
【走行性能】
特に問題はありませんが、坂道は、ちょっときついと感じました。
【乗り心地】
ちょっと固いと思いました。でも、凸凹道は、かなり吸収してくれてかなりいいと思いました。
【燃費】
短時間の試乗でしたので。エコスコアは、68点でした。
【価格】
今回試乗したRSt。オーディオレスで、セーフティパッケージは、装備されておらず。191万は、高いと思いました。でも、ターボエンジン付なら納得です。
【総評】
今回初めて新型スイフトを試乗しましたが、間違えなく素晴らしい車だと思います。
初めての普通車でしたが、満足してます。

乗車人数
3人
使用目的
その他
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なんでもよいですさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4
満足度3

以前にも掲載させて頂きましたが、2500km走りましたので、追加させて頂きます。あくまでも、普通の運転をするオッサンの感想です。

【エクステリア】
フロントのドアの取っ手は、開け方にもよるかも知れませんが意外にも引っ掻きキズは付きにくいです。オプションで売っているカバーを購入する必要性は感じていません。でも、リアドアの取っ手については、白化の心配の前に、日常の取り扱いで黒いプラスチックがキズだらけになります。皆さん、気を付けて扱ってください。
それと、タイヤについてですが、2代目のスイフトもそうですが珍しいサイズなのか買い換える際に同じサイズの物を購入しようとすると、意外に高くつきそうです。少ない小遣いで購入しようとすると、15インチにサイズダウンする必要がありそうです。安いホイール込みで約6万円後半くらいです。フィットやヴィッツならもう少し安く買えるようです。

【インテリア】
80km辺りのメーターが読みにくいのは慣れません。純正ナビの性能が悪いと評判ですが、個人的には充分満足できます。これまで、高級なナビを使っていた方には物足りないかも知れませんが、必要最小限の機能は備えていますので、あまり購入時に心配をされなくても良いのではないでしょうか。
ナビの機能よりも、画面に付くホコリと、それを優しく拭き取ってもうっすらと付くキズの方が気になります。

【総評】
もし、購入を悩んでいる人が、このレビューを見ていただいているなら、スイフトをおすすめします。もちろん、車の購入の軍資金をしっかりお持ちの方につきましては無視してください。
先日、友人のマツダのCX 3に乗る機会がありました。もちろん非常に良い車でしたが100万円を上乗せしてまで欲しいとは思いませんでした。やっぱりディーゼルの独特の音は室内に響きます。
ルノーも悩みましたが、日常の運転にハイオクガソリンを使えませんので私は断念しました。
ノートのニスモバージョンは格好良いですが、やはり高かったです。
スズキの車は安っぽいですが、妥協して購入してもそれなりに満足させてくれます。もちろん、もうちょっと頑張って欲しい所は沢山あります。でも、そこがスズキらしさのような気もします。
購入を悩んでいらっしゃる方に多少でも参考になれば幸いです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
福井県

新車価格
184万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dino1229さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
5件
デジタルカメラ
0件
2件
自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
満足度5

納車から2,000q走行したのでレビュー、前の車がワゴンRのため評価は甘めだと思います。あと、車よりバイクの方が好きなため玄人的なレビューはできません。

【エクステリア】
XL、なおかつ黒色のため見た目は地味です。デザインは派手めな感じが好きではない以外、特にこだわりもないので満足してます。不満点はCピラーの太いため斜め後方が見づらい時があるところです。
 
【インテリア】
特にインパネ周りは安っぽくも見えず、使いやすく気に入ってます。ただ、ちょっとした小物を置けるスペースがないので不便に感じます。今は後部座席に小物入れを置いて、後ろに乗る人がいる時はトランクに小物入れ事移してます。

【エンジン性能】
ワゴンRで感じていた坂道での力不足さ、高速での追い越しでの辛さなどがまったく感じず、非常に満足してます。加速に関してはグッと来るような加速はないですが、普段使いには十分な加速だと思います。

【走行性能】
ここは一番満足してます。ハンドルに対してクイックに反応してくれて、カーブ時でも安定感があり、運転していて楽しいです。ただ、このクイックな反応のせいか、最初に高速道路で走行してる時に直進性が悪いかなと感じましたが、スイフトでの運転に慣れたのか特に気にならなくなりました。

【乗り心地】
エンジンの振動も少なくとても静かです。シートのおかげか長時間乗っていても疲れにくいです。長距離ドライブを何回かしましたが、腰痛の度合いが少なく感じました。足回りは硬いとの事ですが、比較対象がワゴンRのみなのでよくわかりません。特に硬いとかは感じないです。
 
【燃費】
ハイブリット車には負けますが、意外と良かったです。走行距離2000kmを超えた時点でのメーター表示の平均燃費は18.6km。主に通勤と高速を数回利用で、流れ悪い都会等はあんまり走行してません。

【価格】
安いと思います。4月の決算前だったのか、だいぶ安くしてもらいました。セーフティパッケージとACCが付いて、新車でこの価格帯で買えるのはなかなかないと思います。満足してます。

【総評】
車にあまり興味がなかったのですが、スイフトを購入してから少しだけ車の運転の楽しさを感じる事ができるようになりました。機能の多さとワゴンRとの走行性能の違いに感動してます。
ただ,安全機能に関して気になる点がいくつかありました。
何もいないのに自動ブレーキの警告灯が出たり(警告灯のみで自動ブレーキまでは作動していない)、ごくたまに車線逸脱警報機能が反応したりと、なんで警告がなったのかわからない場面がいくつかありました。しかも、音がでかいので毎回ビビります。
まあ、そこまで頻繁に発生はしないので運転の気を引き締める切っ掛けになると好意的にとらえようと思いますが、頻繁に発生するようであれば是非とも改善して欲しいです。

不満点を少しだけ書きましたが、個人的に非常にコスパのいい買い物ができたと思ってます。
ただ、比較対象がワゴンR、車にあまり拘りがない等、自分でも評価が甘いところがあるので、参考にするなら是非、他の玄人さんのレビューをどうぞ!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
奈良県

新車価格
146万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

moujiro165さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地2
燃費5
価格3
満足度2

希少、XLのMT仕様のレビュー。

【エクステリア】
あくまでXLの印象。RSは他の方のレビューで。
最近の新車はどれも蛇足気味な尖ったデザインが多い中で、過度な
凹凸やメッキパーツ等の飾りがなく、この地味ながら落ち着いた外観は良い。
ただし地味すぎるが故、選択カラーによってやたら安っぽく見える場合あり。
それとやっぱり後方視界を狭くしただけの後部座席のドアノブは×。

あと新型パッソと微妙に被ったけどこっちの方がデザイン的にまとまりがある。

【インテリア】
写真映え”だけ”がやたらよい。座ると「あれ?」ってなる。

これは発表当初から指摘されてたがやはりアルファロメオのミトと
ジュリエッタ感が強い。模倣とまでは言わないけど、どうも流行りの
要素の継ぎはぎコピペ感が残る。その上で使い勝手も非常に悪い。(後述)

運転席周りの収納は先代よりさらに2割減くらいか。ダッシュボード中央、
グローブボックス上の収納も無くなり、例えトランクが広くなってもなんとなく
収納の印象はプラマイで言えばやはりマイナス。

メーター周りの円筒の仕切りはまあ流行りだから仕方ないとして、だったら
なおさら表示周りはすっきりシンプルにしなくては駄目なんだけど、罫線も多く
数字も小さいのでごちゃごちゃして見にくい。(本家はもちろん見やすい)
おまけにガソリンメーターもやたら小さく針の位置によって目盛りが2本くらい
隠れてしまう。メーター真ん中、半分位置すらよく見えない。

ハンドルもD型はともかく下半分がプラスチックむき出しで非常に安っぽく、
そして背面継ぎ目のバリが目立つためとっさのハンドル操作で手を痛めてしまう
可能性あり。下持ちの人はちょっと辛い。

そして大問題のエアコンボタン周辺。どう考えても設計ミスがあり、とにかく窮屈で
すべての操作で横の突起と指が干渉してストレスがたまる。致命的な部分で
「MODE」ボタンの位置が中央表示の突起の左上の隙間にあり、MODEは表示を
見ながら操作しないとダメなのにボタンを押すと必ず表示が隠れるという何とも
お粗末な出来。手の大きい人は地獄。いや、これ外人は操作できないのでは?

なぜこれらが開発段階で指摘が入らないのかスズキのチェック体制にかなり
疑念が残る。もしやインテリアは安い外注かも・・勘ぐってしまう。

細かく上げればキリがないが、それ以外にコストダウンと関係ない見えない
部分の手抜きが多い。先代は未確認だが確か先々代はリクライニングレバーと
シートリフターのレバーは突起物の有無で容易に区別がつくようになってたが
新型はそれが無い。
一つ一つは些細なことだが、そういう部分がドライバー視点で目が行くか行かない
かはやっぱり車の総合的な出来に大きく左右する。

【エンジン性能】&【走行性能】
100kgを超える減量の恩恵か走りはとにかくキビキビしてる。MT仕様も相まって
実際の感覚ではRStとノーマルMTの加速感はほぼ一緒の印象。
ただちょっと気になるのがハンドルがパワステのバランスなのかやや緩く、
気を許すとフラフラしがちになる。「軽い」か「緩い」かで言えばやっぱり緩い。

【乗り心地】
減量のデメリットで車体が軽くなったせいか振動は先代より強くなった。
例えば時速60kmで70kmくらいの振動がある感じ。ただギリギリこれは
好みかなと思えるけど、それでも相変わらずロングドライブは不向き。

【燃費】
燃費はやたら良い。MT仕様の特性か、冗談でも何でもなく実燃費街乗りで
リッター24〜26km、バイパスや高速ならさらにリッター2〜3kmプラス。
よほど吹かす運転をしなければ、MT仕様に限って大半の人はカタログ
燃費を下回ることはないはず。いや、カタログ燃費のリッター22.6kmが
低すぎる。(むしろハイブリッドを立てるため低く見積もってる可能性あり?)


【価格】
市場を考えれば高くはないが安くもない。
最低グレードでもここ10年で20万は上がってるが、ではプラス20万分
性能が底上げされたかと言いうと疑問。ただ時代背景もあるのでこれは
仕方ない部分もあるが、値段で他社と差別化がほぼ無くなってしまった。

【その他】
広告展開がやたらRS仕様に偏っており全国の試乗車も大半がRS。
そもそも先代よりRS仕様自身がマニアックな部類であり、カラーバリエーションも
少ないためディーラーも売りにくいはず。しかもスイフトで走りを求める人なら
当然スポーツを待つため、このRS中心のプロモ展開は非常にチグハグ。
ただ4ヶ月も同じCMを垂れ流してるので、もしかしたら日本市場は元々消極的
なのかもしれない。

【総合】
とりあえず満足度はあくまで「もったいない」評価の結果であり、
潜在ポテンシャルはやたら高い。だからマイナーチェンジで化ける可能性もあり。
あとMT仕様を多く取り揃えてくれたことは嬉しいが、それと評価は別。

定評のある堅実な走りとMT車に限ってだがお世辞抜きでハイブリッド要らずの
ビックリ低燃費は◎。ライバル社の同クラスはとにかく馬力を抑えて燃費を
上げようとするのでここは頑固なスイフトが頭ひとつ上。

故にインテリアの使い勝手の悪さは非常に残念。ハスラーがウケたせいか、
デザイナーの自己満足重視も時には良いかもしれないが、それでも最低限
念頭に置かなければならない基本、つまりコンシューマーインサイトはやはり
大事にしてほしい。

最後に、新型はメーターの見にくさインテリアの使いづらさから先代と違って
シニア世代以上はほぼ乗れなくなったけど、本当にスズキはそれで
良かったのだろうか?
トールワゴンまで望まないイスト、ティーダ、ベリーサ層がそろそろ買い替え
時期であり同種のモデルチェンジもおそらく無いため、それらを手頃なスイフトは
取り込む可能性があっただけにちょっともったいない気がするが考え過ぎかな?
(バレーノは・・・ちょっと違う)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
新潟県

新車価格
146万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:512件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

RSは標準車に対してスポーティな外観を持つ

インテリア回りの質感はクラスを超えた印象

1.2Lエンジン+モーターのマイルドハイブリッド

スイフトのDNAを継承した部分もある外観デザイン

ラゲッジスペースも必要十分なレベル

1.0Lターボの走りはそれなりにパワフルだが

スイフトは2000年に軽自動車のプラットホームをベースに作られた初代モデルが存在するが、実質的には2004年に発売された2代目モデルから始まったと考えても良い。世界市場に通用するクルマ作りを目指し、プラットホームから新開発したのが2代目スイフトだったからだ。

2016年12月に発表、2017年1月から発売されたのは実質的に3代目となる4代目で、改めてプラットホームを新設するなど、気合の入ったクルマ作りがなされている。

スイフトには、スズキが幕張ニューオータニをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはガソリン車のRStとハイブリッド車のRSの2モデルだった。

外観デザインは、スズキに言わせればスイフトのDNAを継承した存在感のあるデザインといことになるが、際立って特徴的かといえば必ずしもそのような印象ではない。むしろ世界にさまざまな個性を備えたコンパクトカーがある中で、競合車の中に埋もれてしまわないかと思われるようなところがある。

内装はコンパクトカーとして水準に達する質感を備えていて、メーターパネル中央の液晶画面にはいろいろな表示が選べるほか、さまざまな走行情報を同時に表示することできる。相当に使い勝手の良いクルマでもある。シートはしっかりした座り心地でホールド性を高める改良も加えられている。

インテリア回りについて注文を付けるとしたら後席の居住性で、競合車のひとつであるフィットが広い後席を持つのに比べるとかなり狭い印象になる。ただ、前席重視の空間設計はスイフトの個性ともいうべきもので、最初から後席に人を乗せることを重視していない。後席に乗せたいならソリオなどを選んで欲しいというとこだろう。

RStに搭載されるエンジンは直列3気筒1.0LのDOHC直噴ターボ仕様だ。先に発売されたバレーノに搭載されるのと同じK10C型だが、バレーノでは無鉛プレミアムガソリン仕様になっていたのが、スイフトでは無鉛レギュラーガソリン仕様とされている。バレーノのときにはさんざん文句を言ったが、国内で売ろうと思ったら今どきプレミアムガソリン仕様はあり得ないだろう。

ただし、バレーノが82kW/160N・mの動力性能を発生するのに対し、レギュラーガソリン仕様になったスイフトの動力性能は75kW/150N・mとやや劣る数字になっている。これは止むを得ないところである。

エンジンは最近の直噴ターボ仕様らしく、低回転域からターボが効きだす設定。その分高回転域での伸びには物足りなさがあるかも知れないが、そんな走りが必要なシーンはごく限られたシチュエーションだけだ。低回転域から常用回転域あたりのトルク感はとても気持ちが良いもので、1tを切るスイフトのボディをけっこう元気良く走らせることができる。6速ATも上々の変速フィールだ。

1.0Lターボはハイブリッドに比べると燃費が悪いのが難点だ。またFF車だけラサラインナップされていない。燃費はハイブリッドがマイルドハイブリッドとはいえ27.4km/Lを達成しているのに対し、RStは20.0km/Lにとどまるからだ。それなりに元気の良い走りが可能とはいえ、この燃費の差は大きい。エコカー減税のレベルに届いていないのは辛い。

そう遠くない将来に、さらにスポーツ度を高めたスイフトスポーツが登場してくるはずだ。そのことを考えると、スポーツモデルが欲しいならスイスポを選べば良いので、今の時点でRStを選ぶ理由はそう多くないように思う。まあスイスポはRStよりもずっと高くなるだろうから、RStがちょうど良いと考えるユーザーがいるかも知れないが。

もうひとつの試乗車であるハイブリッドのRSは、なかなか具合の良いクルマだった。RStがけっこううるさいクルマであるのに比べ、ハイブリッドは静かでスムーズな走りが可能。走りの質感という観点から考えるとRStよりハイブリッドのほうが断然優位に立つ。

ハイブリッドの搭載エンジンは直列4気筒1.2LのK12C型。デュアルジェットにより67kW/118N・mの動力性能を発生する。これにモーター機能付き発電機のISGとリチウムイオン電池を組み合わせて搭載する。マイルドハイブリッドなのでモーターによるアシストはほんのわずかでしかないが、発進加速のときなどにアシストが加わるので、並の1.2Lエンジンを超えた走行フィールが得られる。しかも静かで滑らかである。

トランスミッションは無段変速のCVTだが、パドルシフトを備えていて、マニュアル車感覚の走りを楽しむこともできる。

新型スイフトが全体に軽快な走行感覚が得られるのは、ひとつは新プラットホームにより120kgに達する大幅な軽量化が図られたことが理由だろう。新型スイフトは全車が1tを切る車両重量となっている。もうひとつはRS系についていえば、ヨーロッパで磨き込まれた足回りを採用していることだ。日本よりも速度域の高いヨーロッパでの走りを基準にすることで、乗り心地をスポイルすることなく優れた操縦安定性を発揮するクルマに仕上げられている。これはターボとハイブリッドに共通する特徴だ。

安全装備の充実化も大きなポイントだ。単眼カメラ+赤外線レーザーのデュアルセンサーブレーキサポートという新しい自動ブレーキを採用している。軽自動車などに採用するデュアルカメラブレーキサポートとどちらが良いかは微妙なところだが、人間も見分けて満足できる性能を備えていると考えていい。

スイフトには欧州での販売も考えてか、アダプティブクルーズコントロール用のミリ波レーダーも備えている。本当なら、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた方式にしたほうが良かったのにと思うが、どうやら自動ブレーキとクルーズコントロールの要素技術は、それぞれが別に開発されていたため、このような設定になったようだ。

レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

coo_ma_sさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
満足度4

【エクステリア】
よいデザインだと思います。大きな不満はありません。
Cピラーにドアノブを入れたせいで、後方視界がやや悪くなったのが残念。

【インテリア】
メーターはへんなこだわりはいらないので、180km/hスケールにして乗用域を見やすくするか、マルチインフォメーションディスプレイにデジタルスピードメーターを選択できるようにしてほしかった。
シートヒーターは予想以上に強力で素早く温まります。北海道なのでこれはありがたい。

【エンジン性能】
街中で乗るぶんには問題ないです。高速もスピードが出てしまえば十分です。
ぜいたくをいえば、音が軽自動車のように軽いので、1200ccとはいえもう少し重厚感のあるサウンドにしてほしかった。

【走行性能】
高速域での直進安定性が良くない。ふらつくので高速道路はレーンキープで疲れます。
自動ブレーキのセンサー性能に関しては、スバルのアイサイトと比べるとややセンシティブ過ぎたり、もう少し磨いてほしい感じがありますが、歩行者に対しての反応はよいです。

【乗り心地】
硬めのサスは好みで、一人で乗るぶんには問題ないです。

【燃費】
高速と街乗り半々で、1回の給油で500kmくらい走れるので十分。

【価格】
ここまでの安全性能を考えると妥当です。

【総評】
街中での利用が多いので、とにかくセーフティ機能の類が充実している点でほぼ満足です。
メーター、直進安定性、センサーの洗練度に関してやや不満といったところです。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
北海道

新車価格
184万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
25万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鏑矢さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:566人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
19件
薄型テレビ
0件
17件
Mac デスクトップ
0件
16件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格2
満足度3

お目当てのRStの試乗車が近所になかったので代役として。

ドライバーズシートに座った瞬間、着座位置がかなり低いと感じた。
オーリスに乗ったときもそうだったけど、海外販売を考えてのことだろうか。
あるいはカタログ上の室内高を稼ぐための技?

シート形状は極端にスポーツ寄りに振ったものでもなくごく普通。
リアシートはこのサイズの標準でシートはやや固め。
ただ、後席のヘッドレストのサイズと形状はなんとかして欲しいと思うレベル。

走り始めてすぐに感じたのはRS&RSt専用の硬めの足まわり。
16インチのECOPIAが徐行の段階でコツコツと路面の感触を拾ってくる。
速度を上げていくと気にならなくなるんだけど日常の足としてはやや不満。
うちの地域ではRS&RStが一番の売れ筋というから気になる人は少ないらしい。

一般道から少し速度の出せるバイパス道へ入っての印象。
停止からの加速ではモーターの存在は殆ど感じられなかった。
むしろ定速巡行してて追い越し加速をしたときに小さなキューンという音がしてやっと認識。
加速中のエンジン音はかなり高めで HYBRID=静か という図式は消える。
もっともフィットのHYBRIDもある領域を超えたら爆音がするから大差はないと思う。

RS=スポーツタイプにしてはエンジンフィールが伴っていない。
大きくガサツな音と頭打ちを感じる伸びはフィット以下。
また、今回の試乗で一番の違和感を感じたのは220km/hまである文字の小さな速度計。
80km/hのときの針の位置がなんと9時。
一般車なら30〜40m/h程度だから慣れるまでには時間がかかりそう。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アレスクラさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格5
満足度5
   

白とメッキのコンビが素敵!

   

前モデルのスイフトXSからの乗り換えで、VW Polo、インプレッサと悩みましたが、運転の楽しさ、価格に対するスペックと装備を総合的に判断し、また今度もスイフトの契約書にハンコをついてしまいました。

【エクステリア】
よく出来ていると思います。他の方のレビューにもあるように写真だとボテッとした感じですが、実物はグラマラスでボディ造形が美しいと思います。ただ、グリルの赤いセンターライン(メッキタイプに交換)はトータルデザイン崩していると思います。

【インテリア】
全体的にプラスチッキーですが、運転席は許容範囲です。室内灯や後部座席の内張切り替え廃止等コストダウン(軽量化?)の痕跡を見ると、惜しい感じがします。もっと質感アップをして欲しかった。

【エンジン性能】
押し付けられるようなドッカンターボではありませんが、低速でのトルクがありますので、アクセルの踏み込みに対して、リニアに反応し軽やかに走ります。また皆さんが気になされている直噴の3気筒ターボですが、アイドリング時と発進時は振動を感じ、安っぽく感じますが、いざスピードが出るとそれほど気になりません。私は許容範囲です。しかし最高級グレードとしての高級感は感じません。

【走行性能】
車体の軽さを感じます。どっしり感は前モデルの方があるかもしれません。

【乗り心地】
サスは固めの設定ですので、特に低速時の細かい振動をよく拾いますが、段差を通り越した際のいなし方は良く設定されていると思います。乗り心地を優先される方はXSグレードはやめた方が良いかもしれません。

【燃費】
思ったよりもいいです。ダウンサイジング効果ですかね?

【価格】
安全装備とスペックを決算価格で考えると他のコンペ車よりお得だと思います。

【総評】
内装と全方位ナビの性能がよければ満点でしたが、よく頑張っているので80点はあげたいでーす。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
三重県

新車価格
170万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トコトコ ケニーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

パジェロミニ(660ターボ)からの乗り換えでの感想です。

エクステリア
外観デザインは好みがあるのですが私自身まとまりも良く気に入ってます。

インテリア
着座すると座面の低くさホールド性から
スポーツカー?に乗っている雰囲気は充分あります。メーター周りもそうですし私はまず使わないであろうパドルシフトレバーもそういう演出をしていると思います。

エンジン性能
皆さんおっしゃる通り振動については全く気になりません。
多少はあると思いますが、アクセルを踏み込んでもそれが大きくなるどころか消える程です。

走行性能
所詮、1リッター3気筒ターボとあなどるなかれ!
今時の車です、慣らし運転をしている訳では無いですが2,000回転回せば充分加速し街中では問題ありません。
それは、右折してバイパスへの登り坂でも苦になりませんし登り切って本線合流1,500回転で、75キロから80キロ出てしまいます。
この辺りも燃費に貢献していると思います。

乗り心地
確かに硬いですが、コーナー曲がる時の安定感は楽しくなる程です。

燃費
まだ一度しか給油してませんが、リッター14.8キロでした。
片道2キロの市街地と10キロのバイパスを走る通勤に日曜に100キロ程ブラブラしての満タン法です。

一カ月点検後、高速道路にて長距離運転したいと思っています。
その節は又追記させて頂きます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
愛知県

新車価格
170万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフト
スズキ

スイフト

新車価格帯:134〜184万円

中古車価格帯:79〜200万円

スイフト 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <533

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意

価格.comマガジン
注目トピックス