スズキ スイフト 2017年モデル レビュー・評価

  • スイフトをお気に入り製品に登録 <504

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのピックアップリストを作成
スイフト 2017年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

スイフトの新車

スイフトの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフト 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID RS 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 3人
HYBRID RS 4WD 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
RSt 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 3人
XG 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:3.30
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:9人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.65 4.20 154位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.46 3.80 142位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.74 4.01 128位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.86 4.08 128位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.76 3.91 118位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.68 3.78 119位 燃費の満足度
価格 3.86 3.77 74位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:178人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
14件
5件
デジタルカメラ
1件
3件
レンズ
3件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格5
満足度4

XG、XLはハロゲンバルブ

淡白なデザインなので赤、青、緑、金などが映えると思います。

XG、XL、RSはモノクロなマルチインフォメーションディスプレイとなります。

ドア内張りは黒テカりで安っぽいのは全グレード共通。

ML。ネオンブルーの実物はなかなか良い色でした。

ML。こんな色のクルマはなかなかありません。

性懲りもなくまたスイフトに試乗してきたので更新します。今回はXG-CVTです。

【CVT】

 アイドリング時は静かだし、アクセルを軽く踏めば静かですが、アクセルを少し強めに踏むととたんにウワア〜ンと唸ります。
 副変速機が減速中に加速しようとすると、アクセルを少し踏み込む必要があり、ブワ〜ンと唸らせてしまいます。
 気が付くとアクセルペダルに常時神経を集中させて速度管理しています。CVTは楽なようで楽じゃない。
 スイフトのキャラにCVTは似合わないので、思い切って捨ててはいかがでしょうか?

【走行性能】

 XG−CVTも鼻先の軽さを感じます。RS−5MTと同じ870kgなんですね。これらより30kgも軽いXG−5MTはさぞかしスイスイ走るでしょう。
 市街地平地走行がメインなら動力性能はXGでも必要十分です。巡航状態ではソニカとあまり差はないですが、初速がソニカより軽く感じます。この軽さなら実燃費も純ガソリン車としては期待できます。
 先日試乗したハイブリッドRSと比べても動力性能の差はほとんど感じないので、XGに乗ってみて、改めてスイフトの現在のハイブリッドシステムは意味がないと思いました。

【乗り心地】

 ホイールサイズはXGのみ15インチです。16インチのRS系に比べると路面の凹凸を踏んでもコツコツしにくいし、通常のコーナリングなら十分に踏ん張ります。15インチか16インチかでタイヤ代は大きく変わってきますので、高速道路や峠をあまり走らないなら15インチでもいいと思います。(できるか否か未確認ですが)RS系を買ってインチダウンする人も出てくるでしょう。

【外観】

 ハロゲンバルブのヘッドライト、フォグランプ無しのグリル、エアロなしの下回り、とRS系に比べるとかなりあっさりしているというか淡白な外観です。赤、青、緑、金などを選べば色の鮮やかさが映えると思います。この外観で白、銀は営業色が、、、。白は近くで見ないとパールと分からない。全く眼中になかったネオンブルーが個性的でとても綺麗でした。もしも私がXGを選ぶならネオンブルーかスピーディブルーにしましたね。

【内装】

 D型ステアリングはXGのみウレタンですが、むしろこちらの方が滑りにくくて良かったです。XGでもハンドルテレスコピック調整が出来ます。
 シートは表皮のみ異なりますが、着座感はRS系と同じです。サイドサポート、シートリフター、運転席シートヒーターはXGにも。
 メーター中央のディスプレイがXG、XL、RSはモノクロになります。気が散らなくてこの方がいいです。
 ごまかしアクセントの有無はありますが、黒テカりの激しいドア内張り、インパネ、ダッシュボードは全グレード共通です。
 しつこいようですが両ペダルの左オフセットは私が乗ってるソニカより惨い。輸入車レベルです。軽1BOXレベルです。
 フロアマットとフロアの隙間も大きくて床がすぐに汚れてしまいそう。全体的にかなり低い質感です。やはりスズキですね。

【総評】

 粋な貴女に―ハイブリッドRS(CVT)。ひょうひょうと走る貴男に―RS(5MT)。割り切れる大人に―XG(5MT)。軽より安くレンタカー導入−XG(CVT)。ってとこでしょうか。
 ハイブリッドMLはヴィッツハイブリッド対抗。ハイブリッドRSは同じグレードを冠するフィット対抗でしょうか。RS(NA)にオートマがないので、ハイブリッドRSに妥協するのは仕方ないとして、一連の試乗の結果、私がお勧めしたいのはRSt-6AT、RS-5MT、XG-5MTの3台です。ZC53Sはソリオ搭載のハイブリッドシステムに換装してZC63S-5AGSとして出直しか?

 内外装の質感、走行性能と快適性のバランスなど“総合的に”加味して、お金を出してまでソニカから買い替えるほどの軽自動車は現時点で1台もありませんでした。スモールカーに至っては素人の私でさえレビューする価値のないものが少なくありません。スイフトRSt。やっと買い替えてもいい国産スモール&軽に出会えました。次回はオーナーとしてRStの燃費などを報告致します。長文失礼いたしました。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった43人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひーほっめさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5
満足度2

【エクステリア】
 フルチェンしたよーというアピール感がある。
 ドアの閉まる音はコンパクトカーと思えない重厚感があって良い。
 ただ、前面グリル・ナンバープレート下のフォグランプとの間の細く黒く横長になっている部分に一体感が感じられない。そもそも細横長の黒い部分はボディ同色がいいのでは?このデザインだとスーパーブラックパールしか選べそうにない。また、RSグレードを示すレッド帯もいらない。
 リアドアのドアノブをウインド脇に持っていったことでその部分の窓がなくなったことで運転席から後方の視認性が悪くなったのは残念。

【インテリア】
・インスト周辺について
 スピードメーターとタコメーターがセパレートになった点はいい。
 ただ、時刻・外気温はインスト内ではなく、運転手だけでなく、同乗者でも分かるような位置に表示すべきでは?
 また、ハザードランプだが、位置が高すぎて手が届かず、さらにスイッチが小さすぎる。
 ハンドルは下部分をシルバー色のプラスティックにしたのはうーん・・・。
・シートについて
 フロントはタイトな感じでいい。リアは沈む感じだが、前モデルより足元が広くなった点はいいが、長時間移動時はどうだろうか?
・室内灯について
 前モデルではフロントと真中中央にあったのが、今回のモデルではフロント部分のみになったのはなぜ?ルームランプなしでシートが黒地では夜間走行時にリアシートにあるものを取り出しにくいということを痛感しているだけに・・・。
 しかもフロントランプは前モデルでは運転席・助手席独立型だったのが、新型はそうでないなんて・・・(涙)

【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
 CVTということで始動時のもっさり感、ガタガタ揺れるのは仕方ないとしても、車体の軽さが大きいのか、ある程度の速度に達するとキビキビとした動き、そして安定感は良い。
 ちなみに星5つは始動時以外です。
 RStならどうだろうか?
       
【燃費】
 試乗ですので割愛します。

【価格】
 試乗するまではコストパフォーマンスの面では安いと思っておりました。
 買う気満々でした。

【総評】
 前モデルを買いそびれた人間として、ニューモデルのデキには期待しておりました。確かに衝突等の安全対策がなされたり、新シャーシ採用による涙ぐましいダイエットなどで進化している部分があり、努力しているという会社の姿勢に感銘を受け、購入も考えていました。
 私なりに前モデルは小さい子供を抱えたファミリー向けのコンパクトカーというイメージを持ってました。今回はそういった人を捨てたのでしょうか? リアドアのドアノブデザイン、天井にルームランプを設けないなどリアシートに乗る人を軽視するようなクルマのデキに今回の試乗でドンガラガッシャンになった気分です。
 何年後になるかは分かりませんが、マイナーチェンジを心待ちにしております。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:456人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
14件
111件
カーナビ
0件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費無評価
価格3
満足度4

先先代のスイフトスポーツのATを8年前位に試乗して、そのハンドリングと快適性を両立した乗り味に感動した記憶があり、手軽なコンパクトカーで楽しい車だなと気になる存在でした。
ターボでなくハイブリッドRSのセフティーパケ無し、マルチビュー付きナビ仕様のFWDでCVTですが、試乗させてもらったので感想を述べたいと思います。

【エクステリア】
これは自分的には先代より気にいりました。
一部パクリ疑惑がありますが、先先代に似たリアランプ、サイド含め全体のフォルムはスイフトらしさを残しつつ、チャレンジしつつ自然なデザインがグッド。
しかも車体を大きくしないで、立体的なメリハリを付けつつ、室内空間も確保したのは賞賛に値するかと。
フロントのLEDポジションの形状も個性的
サッシ内蔵リアドアノブは小学校1年生でも開けれたので合格です。

【インテリア】
基本的にシンプルなデザインでACの操作性含め、特に問題ないと思います。ハザードスイッチが小さいのを除けば。
あと余分な色や出っ張りが無く視界も良く。運転に集中できそう。
テレコ、チルト、シートリフターで適正なポジションが取れます。シフトノブ、パーキングブレーキの形状、操作感、位置等も手の届きやすいとこに配置されてます。
ハンドル形状は流行りのD形状の本革で、パッと見悪くないが、女性並に手の小さい自分でもチョット細い気がしました。
モチロン?パドルシフトも付いてます。(試乗では気付かず使いませんでした。)
あと下半分がプラスチック素材でスベスベしており、汗で滑りそう。
メーターは赤リングの二眼レメーターの見やすく、中央にマルチディスプレイがありイマドキな装備付き、
アナログ時計等色々切替できるようです。エコ運転の、採点も。(自分は88点でした)
アナログはスポーツカー定番?な真下が0指針です。また速度計が220キロまで刻まれてますが、実用性ないし、実用域の目盛りが細かいので、瞬時に読取り辛いので、スーパースポーツカーでもない普通の大衆車が最高速度を盛るのは辞めて欲しい。まあ叔父世代には受けるのかも知れませんが。

RSのシートはゴルフGTIを意識した細いチェック柄が入ってます。
形状はサイドサポートが大きくしっかりした作りでレカロみたいにフィットします。ただ細身の自分でもキツめに感じました。コーナー攻めるには良いけど、体型により乗り降り時邪魔になるかも…
後席は車体サイズから想像して御の字かと。

なんとフロントにUSBの充電端子が備わってました。また燃費の為なのか、このクラスでは珍しいシートヒーターが付いてます。(運転席のみ、下のグレード以外)、ただ助手席は4WDだけみたいです。

またマルチビューはナビに大きく映され見やすいですが、個人的にはコンパクトに必要ない気が。まあ必要ない人はチョイスしなければ良いので、

【エンジン性能】
1リッターターボで無く残念でしたが、車重が軽いの為、マイルドハイブリッドでも1.2Iとは思えないトルクで鋭い加速します。
バイパスの流れも3千回転以下で余裕にこなせます。
アイドルストップからの復帰も多少音はしますが、振動は伝わってこないのでNボはもとよりフリードより自然でした。初めて乗りましたが、IGSハイブリッドはナチュラルで完成度高いと思いました。

【走行性能】
ハイブリッドとはいえRSなので期待度Maxで緊張してハンドブレーキを降ろすのを忘れてました。(足踏み式に慣れたのもありますが。。)
まず予想以上の重めのパワステでビックリしました。
直線走行時も車重に似合わずどっしりしており、直進性が強い感じが…
交差点を曲がる時は、操舵に対してレスポンス良く入ってきます。
エンジンは下からトルク充分なとこでダイレクト感あるCVTで車速がのっていきます。ブレーキフィールも違和感ないので、意のままに操つる楽しさを味わえそう。
ボディ剛性も車体を軽くしたのに、シッカリ感ありました。
【乗り心地】
スポーツグレードなので185/55R16のエコピアを履いてこともあり硬い脚まわりですが、歩道から車道に出る時は一切不快な感じを受けませでした。
ロードノイズは、タイヤの影響もありチョット大きい気がしました。
タイヤも下のグレード以外は16インチ装備してます。

試乗後、カタログ見るとRSは欧州チューンでショックは元より、タイヤも剛性高めリニアな応答性、パワステも直進性、操舵感を重視してチューンしたと記載されてました。

【燃費】試乗の為ノーコメントで、

【価格】
マルチビュー付きナビ、セフティーパック無しで192万はチョット高めかなと思いますが、コミコミ220位なら許容内かと…今時のハイト軽自動車もそんな変わらないですし。値引きもできるようです。
納車は2月末から3月らしい。グレード等にもよるでしょうけど。
【総評】
現代の安全と環境基準を満たしつつ、約100キロの軽量化もし、尚且つ燃費と走る楽しみ両立したスズキの渾身の一台だと思います。
また二輪メーカーらしくドライバーの感性(ツボ)に合わせチューニングされてるなと感じました。
今度はドゥアルセンサーブレーキサポートを試したいな。DUAL JETエンジンのRStで。。

スライドドアや容積を求めない、少人数で近所買い物又は高速使用でのドライブする位の用途ならお勧めですね。スポーツは1年以上後のようです。
焦らしますね。

相変わらず長文、乱文ですいません。参考になれば幸いです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった25人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じゅんデザインさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
2件
938件
洗濯機
1件
70件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
42件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格3
満足度3

【エクステリア】
デザインは好みがあるので何ですが、前モデルに対して個性が
少なくなったように思います。
リアドアのハンドルは普段よく後席を利用する人には不人気に
なるかも。

【インテリア】
2眼メーターの円筒型はいささか古い感じがします。
また、スピードメーターは220km/hまで記っているので、通常走行域が
狭くなり見にくいです。
燃料計も水温計も小さ過ぎますね。
ステアリングの下半分の上側がプラスティックになっているのはいただけません。
完全なミステイクでしょうね。全本皮にすべきです。

【エンジン性能】
アクセルを床まで踏むと強烈に加速します。実に楽しいです。
高速道路でも安全に走れるでしょう。
これなら、レギュラーガソリンで十分かも。

【走行性能】
足回りも適度な硬さでエンジン性能に見合っています。

【乗り心地】
上記参照

【燃費】
JC08モードが20km/Lはもう少し頑張ってほしかったところ。
また、燃料タンクは40L以上にしてほしかった。37Lでは足が短か過ぎます。

【価格】
評論家の中にはコストパフォーマンスが悪いという人がいます。
私も少し高いかなと思います。

【総評】
HYBRID RSにも乗りましたが、圧倒的にRStが楽しいです。
室内およびラゲッジスペースは若干拡がったとはいえ、絶対的には
やはり狭い部類ですね。
全方位カーナビは相変わらずハーマン製のようですが、コスト上の問題
ですかね。定評のある国産メーカーにしてほしかったです。
私が選ぶなら、ディーラーOPの8型パナソニック製にします。
値段は上がりますが・・・・・。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

白銀熊猫さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格4
満足度4

先週試乗してきました。
自己所有はハスラーですが、家族が昨年現行型デミオ(1.3Touring)を購入したのでよく借りて乗り回してます。
コンパクトカーが好きなので色々試乗して基本的にこれらとの乗り比べになります。
北国在住のため、凍結路面&雪道での試乗です。

【エクステリア】
ネット投稿では「〜〜のパクリ」とかでなかなか不評ですね…。
私もカタログ写真上は「あれ?」と思いましたが、実車を見ると特に気になりませんし、むしろ好きな方です。
どこか違和感を感じる方は実車を見る事をオススメします。

【インテリア】
シートのホールドは中々に良いです。ヘッドクリアランスもリフターで一番下まで下げれば縦に握ったコブシが2つ入るので全く問題なし(身長167cm)。
その他の内装はデミオに比べて簡素ですが、車内の広さ、小物置き場やドリンクホルダーなど使い勝手はスイフトの方が良さそうです。
ただ、個人的にはD型のステアリングホイールとサイドブレーキの根元がむき出しなのが気になります…。
あと、上級グレードであれば、頻繁に手の触れるシフトノブ&サイドブレーキレバーは革巻きにして欲しかったですね。

【エンジン性能】
ハイブリッドの介入は全くわからんレベルで、1.2lのパワー感で、特に感動もなく淡々・粛々と走る感じです。
パドルシフトも試しましたが今のところ特別必要性を感じない…。
まぁ私が初試乗で、ODOも6kmのクルマでしたので、全然こなれてない感はありました。

【走行性能】
「軽さ」と「アシの硬さ」は明確に感じます。ただ、雪道でこの軽さは逆効果かな…。
上記の相乗効果で安定感があまりないです。
雪の無い状態で、郊外の峠だと本領を発揮するのでしょう。(私的にはむしろその方が良いです)
私はステアリングは特段重く感じませんが、最近のクルマとしては確かに重めか。
あと、ストッピングパワー的には問題ないんでしょうけどブレーキを踏んだ際の剛性感が少々頼りないかも。

【乗り心地】
「軽い」「硬い」が全てです。道路の段差や継ぎ目のショックは結構ダイレクトに来ます。
これをメリットと見るか(路面状況が分かりやすい)、
デメリットと見るか(単純に乗り心地悪い)、ですね。

【燃費】
カタログ燃費はとてもよいですね。
試乗なので不明です。

【価格】
ハイブリッドRS4WD&セーフティPKG&全方位ナビで210万切りで減税ありですから、お買い得感はあります。
(先ごろマイチェンしたヴィッツで同じ装備だと20万以上高い…)

【総評】
同クラス間(Bセグメントのコンパクトハッチバック)で選ぶとして、
「欧州車に張り合える上質なコンパクトが欲しい」という方は(ここで言うのもアレですが)デミオの上級グレードをオススメします。
少しでもパワー感&広さを…という方はフィット、
ディーラーやサービスにも気を回してほしい方はヴィッツ(アクア)、
最新技術に乗ってみたい方はノート、のような感じでしょうか。
「軽さはパワー!(?)」という方はスイフトで良いと思います。

ちなみに…試乗後1日悩みましたが、
営業さんの頑張りと自分の妥協で結局購入しましたので、同グレードが2月納車予定です。
納車後に乗り回してから再度インプレしたいと思います。

比較製品
マツダ > デミオ 2014年モデル
乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kinopi442さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格5
満足度4

【エクステリア】
先代型はいやいやスマートな印象でしたが、今回は若干MINIを思わせる外観になりました。これはこれでおしゃれで好きです。
【インテリア】
これといって高級感があるわけでは無いですが、不満も感じませんね。個人的にはインパネのシルバー加飾とハンドルの下の加飾を同一にしているのが気に入りました!ただ、ハンドルを握ったときにその部分が冷たいのは少し違和感があると言えばあるが....
【エンジン性能】
まさかCVT車とは思えないような軽やかさです。アクセルを踏み込むはエンジンは軽やかに高回転まで回り、とても気持ちがいいです。マイルドハイブリッドのモーターアシストについてはあまり実感できませんでしたが、減速回生ができるのは無駄がなくていいですね!これほどまでに気持ちのいいコンパクトカーは乗ったことがないですね、素晴らしいです。
【走行性能】
試乗グレードがRSでしたので、引き締まった足回りでカーブや右左折で不安感を感じることは全くなかったです。また、今回は先代よりも120kg軽量化された新開発のプラットフォームを採用しているとのこと、車の動きが軽快なのが実感できました。この軽快さは他のメーカーのコンパクトカーでは体験することのできないものだと思います。
【乗り心地】
やはりRSと言うこともあり少し固いです。道路の継ぎ目や凹凸を超えた際はややゴツゴツとした印象を受けました。スポーティーに振った固めのサスペンションはいいと思うのですが、欲を言うともう少ししなやかに動いてくれると良い乗り心地と呼べるのではないでしょうか。まぁ現状でも不満は無いですが...
【燃費】
トヨタのハイブリッドほどのずば抜けた燃費では無いですがカタログで27.4km/Lということで不満はないと思います。
【価格】
決して悪くない装備ながら、安い価格設定で満足できます。ここはスズキの良いところですね!
【総評】
一言で言うなら、最も運転の楽しいコンパクトカーだと思います。車体は軽く軽快に動き、エンジンは軽快に噴け上がり、走行安定性も良く重めのハンドリングもなかなか良いです。ただ、若干車内が狭いので実用性に欠ける面もあると思います。私がこれまで乗った車の中ではロードスターの次に運転の楽しい車かもしれません。他のメーカーのコンパクトカーとは全く違うと思います。良い意味で他では味わえない個性をしっかりと持った貴重な車だと思います!
運転の楽しい車が欲しいけど価格は安いものがいいという車好きの皆さん、ぜひ検討してみてください!

乗車人数
2人
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:1592人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
26件
86件
カーナビ
2件
17件
スマートフォン
3件
5件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格3
満足度2

モ愚タン「いまから悲惨なレビューが始まります。それが嫌なら耳と目を閉じ口を塞いで孤独に暮らせ。」
おねいさん「もうやめて! あくとうさんのライフはもうゼロよ!」

(バビンチョ!)

お「新型のデザインだけど・・・」
モ「とにかく、流行のデザインを取り入れようとしました!ってとこはよーくわかるよ!」
お「いいデザインなのね?」
モ「でも、それを咀嚼しきれずに生まれたのは、フロントはデミオみたい、リアはBMW1みたい、サイドはルーテシアやアルファみたいなドアデザインも入れてみました、で今までのテイストも混ぜて見ました。で、できたのはなんかリアのブラックアウトのとこだけスイフトっぽい合成獣(キメラ)のような代物だったって奴だね。」
お「き、キッツー・・・」
モ「とにかく一貫したまとまりがないからツッ込まれてもしょうがないよ。販売サイドではデミオに似てる言われたらかなわないからって、押しカラーの赤をあえて外して展示車いれてるとこもあるようだしね。グリルの赤のラインは失笑レベル。」

モ「室内はシンプルに徹してコストを抑えて質感を向上させたのは立派。プラスティックってわかるけど、うまくデザインで誤魔化してる。(笑) 2000年頃のフランス車のようだよ。」
お「できがいいのね。」
モ「でも配置とか最悪。」
お「ぶ。」
モ「ナビ位置が低すぎて、視線が下がる。運転中に凝視しちゃいけないけどこの位置は視認性の上でよろしくない。」
モ「あと、ハザードがなんであんな手の届かないような位置にあるんだろう。設計者は自分で街を運転したことが無いのか?」

お「後席はどうかな?」
モ「立派な荷物置き場だよ。」
お「・・・」
モ「シートを沈めてしまったんで、大人が座るとひざが体操座りさせられたようになっちゃう。リアシートはエマージェンシーと割り切って使うべきだよ。それにあのドアノブは子供が手を伸ばすには不便な代物だと思うんだけどね。」

(バビンチョ!)

お「は、走りはいいよね。クルマ好き以外は帰れって・・・」
モ「まず買ったらクルマ好きはタイヤ替えるところからスタートね。あと、ハイブリッドは”忘れて”。」
お「(蒼白)」
モ「RSも標準も全車エコピアで走り崩壊。とにかく足回りは「軽快」でよく動くし素性はいいんだよ! でも踏ん張りもなくコツコツするだけのタイヤで台無し。」
モ「ハイブリッドはアイドリングストップからの復帰に始動ショックが大きすぎ。CVTももっさりで追い討ち攻撃。これなら高いし重いし燃費も微妙なハイブリッドには価値が無い。」
モ「車体が異常に軽くなったんで、以前のスイフトとは別物になった。かっちりとしたドイツ車的なイメージを今回も望むならそれはもう望めない。」
お「そんなにダメなの?」
モ「いや、基本的に別のステージに入ってしまってんだよ。この重量では以前と同じような挙動は物理的に無理なところもあるんだよ。」
モ「以前のスイスポなら、60、100キロからのフルブレーキングでも乱れなかった状況でも、ハイブリッドRSではリアが暴れる。一概に決め付けることは出来ないけど、軽量化はすべてに良い作用をするとは限らないのは理解が必要だよ。」
お「そこまでやったんかい!」

(バビンチョ!)

お「どこかいいところはないの!? モ愚タン!(哀願)」
モ「ターボのRStと、XGの5MTが狙い目かな。」
お「(一筋の希望)」
モ「RStは、バレーノで不評だった3気筒ターボの振動と鼻先の重さを押さえ込み、6ATの加速感も気持ちいいよ。まだ峠道での走行が出来てないけど、素性は良さそうだよ。」
モ「あと、シンプルで美味しいのはおそらく、XG(5MT)だよ。ドイツ車くさい匂いしかしないトゥインゴのZENの5MTを買うくらいならこっちのほうがフランス車的な匂いが濃厚だよ。これはたぶん試乗は出来なさそうだよねえ。(苦笑)」
お「フランス車?」
モ「そう、フランス車。スイフトはもはや闇雲にドイツ車を追うのはやめた気がする。」 

(バビンチョ!)

モ「今回のスイフトは、欧州車志向は変わらないんだけど、理想主義的なものから庶民的実用的なものに変わった気がする。
お「前のスイスポオーナーの人も、確かにスイフトなんだけど、なんか違うんだよなあと言ってたね。」
モ「インド向けの実用的なXGなどのラインと、ヨーロッパ向けで、どうせタイヤも現地じゃ変わるだろう 走りのRSt、RSはフランス車的な芯があるんだけど、日本向けのハイブリッドのラインの売りはなに? ただ燃費いいです!いうだけで売る気なんだろうか。それだけなら、アクアよりちょっとお安い ヴィッツ ハイブリッドが来たらミーハーさんはそっちに流れて終わりだよ。」
モ「つーか、スズキにも実用化一歩手前まで行った電気自動車技術があったはず。日産がノートでシリーズハイブリッドを結実させたように、スズキもスイフトでなにか成果を出して欲しかったよね。」

お「採点するとしたら何点かな。」
モ「★ 2つ ハイブリッド 来世で逢いましょう。」
モ「★ 3つ XL、XG、RS」
モ「タイヤ替えてハザードの位置を直したら ★ 4つ RSt、XG(5MT)」
お「スズキ信者といわれてるのに低!」
モ「スズキは好きなメーカーだから、物申すよ。なにか少しずつズレてる。」 
モ「ハザード位置の悪さは即刻なんとかしてもらいたいレベルだよ。欧州向けなら最初に突っ込まれるとこじゃね? 急な渋滞や事故に遭遇した際に、真っ先に他車に異常を知らせるべきボタンがあんな位置だと役に立たない! BMWの318に乗ってたときに事故に出くわしてとっさにハザードで後続に追突を回避してもらったことがあるから、このボタンを軽視するのは許せません! 318(E36)のハザードはインパネの超ど真ん中にここやで!って言わんばかりの存在感で君臨してたよ。」

お「なんか、ザ!総括っぽいね。」
モ「一人で何役もこなして公平っぽく書いてるレビュー?」
お「(それ単なる噂やろ・・・) また怒られるよアンタ・・・」

レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トウカイテイオー1991さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度4
   

   

【エクステリア】
デミオとゴルフをごちゃ混ぜにしたようなデザインですが、悪くないです。フロントデザインもじき慣れるでしょう!
【インテリア】
いい意味でシンプル!
2眼メーター、サイドブレーキが継続なのはありがたいですね(^^;)
ただ2眼メーターは今までとは違い奥行きのある円筒型に変わり、ナビはドライバーの視線対策といったところでしょうか、まっすぐでなく少しドライバーの方を向いてますね。
トランクルームは深さが20cm程増してます。
【エンジン性能】
試乗した1?ターボですが、私と営業マン2人を乗せても3気筒を感じさせない静かさ、パワフルさでした。営業マン曰く、バレーノの同型エンジンを改良されたものとのこと。
【走行性能】
試乗コースは街中に加えアップダウンのコースもありましたが、スイスイ登っていきました。足回りも適度に硬く、コーナーでのふんばりも以前乗ってたRSより進化してました。
【乗り心地】
特に気にするとこはありませんでしたね。
【燃費】
試乗なので無評価です。
【価格】
妥当ですね。もう気持ち数万円安くてもいいかも(笑)
【総評】
どの機能も全体的に進化してましたし、運転席に座った時の見晴らしの良さ、ドライビングポジションがしっくりくるあの感じは前モデルといい意味で変わらなかったです。
ただ燃料タンク容量が少し減ったのと、純正ナビ(モニタ付?)を付けなかったらスピーカーが6箇所から2箇所に減る…といったマイナスもありました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

silvy555さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
10件
自動車(本体)
5件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
4件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地5
燃費無評価
価格3
満足度3

【エクステリア】
顔つきがガラっとかわって好印象。 スズキの車は、車ごとに個性がある。


【インテリア】
ハンドルは上半分がすべすべ本皮で、下半分がプラスチックの装飾付きで、転回してるときにさわり心地が変わるのが違和感あり。
シートのサイドサポートがしっかりある。
ダッシュボード等、見た目の質感は非常に高い。(触るとプラスチックなので悲しくなるが)
相変わらず荷室が狭い。


【エンジン性能】
所詮1リッター。 いくら重量が軽くても、ブーストがかかっていない発進時などはもっさりです。
私には3気筒と4気筒の違いが分かるほどの精細な神経は持ち合わせてはいませんが、特に違和感とかはありませんでした。
アイドリング時、直噴特有の音は感じられませんでした。
試乗なので法廷速度以上は出せませんので、本来の性能は分かりません。
ただ車の性格からして、アルトワークスのような過激なセッティングでないことは間違いないだろう。


【乗り心地】
走っていて静かだし、突き上げるようなこともなく、安っぽい感じはしませんでした。
この車、珍しくトルコンATですので、ちょっとだけギアチェンジのショックがあるときがあります。


【価格】
先代スイスポとほぼ同じような値段ですね。


【総評】
ターボが付いていても、レギュラーガソリンで排気量1リッターでは、つまんないですね。
重量を軽くしたのはすごいことだと思いますが、その軽さが体感できないようになってるのが残念。

乗車人数
2人
レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフト
スズキ

スイフト

新車価格帯:134〜184万円

中古車価格帯:159〜171万円

スイフト 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <504

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意

価格.comマガジン
注目トピックス