スズキ スイフト 2017年モデル レビュー・評価

  • スイフトをお気に入り製品に登録 <508

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのピックアップリストを作成
スイフト 2017年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

スイフトの新車

スイフトの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:スイフト 2017年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID RS 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 10人
HYBRID RS 4WD 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 2人
RS 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 3人
RSt 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 12人
XG 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 2人
XL 2017年1月4日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:4.08
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:31人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.81 4.20 139位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.72 3.80 118位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.18 4.01 76位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.29 4.08 75位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.01 3.91 87位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.69 3.78 117位 燃費の満足度
価格 4.21 3.76 32位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

スイフト 2017年モデル

スイフト 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
満足度5

IDがよく分からなくなり新規登録でコメントします。高速等も乗ったので追加レビューします。
高速で追従ACCは、良くできてます。前の車もACCは、あったのですが追従型は、本当にアクセル踏む必要が無いですね。前を走る車が減速すると本当に減速しますし、前車がいなくなるとすぐに設定速度まで加速します。私の車は、設定は100キロ以上でも設定できました。もう少し上まで行きます。乗り心地も高速でも跳ねないし、道路の継ぎ目も上手く処理します。また、パドルシフトも試しました。4速の場合は、確かに効きが弱いですが、恐らくATよりギア比が高いのかな。もう1つ下げれば、良く効きました。オートライトも自分の感覚と同じぐらいで点灯するので、オートライト設定にしてます。唯一、車速反応ドアロックがついてないので、暫くロックするのを忘れますが、もう暫くしたら、慣れると思います。この値段で走行性も装備も良いので、満足してます&#128522;。

2/19に納車されました。確かに収納が少ないのでサングラス入れも困りました。まだ、1時間ぐらいしか乗ってませんが、アイドリングストップは、良くできています。再始動時の違和感が全く無いので驚きました。まだ街中を流しただけですが、燃費計は、20キロ以上示してたので良いと思います。ウインカーが輸入車みたいに一回やると3回点滅する設定もあって嬉しいです。結構、使えるんですよね。高速は、これから乗った時にアップしたいと思います。ラゲッジスペースは、結構、使える広さで安心しました。ゴルフバッグは、リア席を分割下倒が必要です。使いやすい車だと再認識しました。

(初回レビュー)
試乗でハイブリッドRSに試乗。大学生の息子も免許取ったので、トゥーランからサイズを小さくして皆が乗れるように乗り換えを検討。娘も大学に合格したので、免許取得予定。今度のスイフトは、後席も広くなったし、ラゲッジスペースも広くなり、使い勝手は良くなりました。勿論、フィットとかノートには負けてます。4人で乗れるレベルになりました。イグニスより広いです。
【外見】色々言われてますが、スイフトと分かるので格好良いです。エアロパーツも嫌味無く良いと思います。
【乗り心地】固いけど、ゴツゴツ感は、なく、良くできてると思います。道路の継ぎ目もしなやかです。【発進時】軽やかにスムーズに発進するし、直進安定性も良く、高速が楽しくなりそうです。
【静粛性】静かで、予想を良い意味で裏切られました。【安全装備】サイドエアバックや追従ACCや自動ブレーキやらパックで付いてきますので、感動ものです。
【総論】暫く、国産車で買いたい車が無かったので、乗りたい車が出てきて、嬉しいです。
結局、翌週、契約しました。今から楽しみです!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
東京都

新車価格
169万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mupadさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:251人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
273件
デジタル一眼カメラ
3件
239件
レンズ
3件
91件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度5
 

 

前回まで
http://review.kakaku.com/review/K0000931884/ReviewCD=1009321/#tab

次回は1000km走って再レビューの予定でしたが、走行500km、初洗車でのレビューいきます(笑

峠道、ワインディングなどを慣らし中なので3000回転まで、たまに4000間まで回してドライブしてきました。
通常は、3速または4速で余裕で流していけますが、急な長い登りなどはさすがに2速まで落とさないとパワー不足を感じます。
高速での追い越しでも5速でアクセル踏み込むだけでさっと追い越し、というのは少々無理がありますが、4速で回せば不足はないでしょう。

試乗したハイブリッドRSとの動力性能の違いは、モーターアシストが無い分で弱いかなと心配でしたが、全く杞憂でした。
ハイブリッドRSの方が上り坂などで余裕をもって楽な運転ができるのかもしれませんが、MT操作で十分カバーできる程度のものだと思います。

静粛性は、街中で50km/hくらいならロードノイズ、エンジン音ともに非常に静かです。
信号停止で、あれ?アイドリングストップした?と思うくらいです。RS(MT)にはアイドリングストップはありません(^^;
高速走行ではロードノイズと風切り音が目立ちます。それほど酷くはないですが、ドアミラー付近に風切り音が発生します。
ちなみに、ドアミラーの付け根、前車(ティーダ)では三角小窓がありました。試乗したインプレッサなどもあったと思いますが、
スイフトはめくらになっているので、右折の際、ドアミラーと合わせて死角となる範囲が大きく、やや前方確認しづらくなります。

タイトなカーブを高速に回る際は、さすがに若干のアンダーステアを感じます。しかし十分余裕で不安を感じる場面はありませんでした。
荒れた路面では、後輪荷重が少ないためかリアが若干踊るような場面はありました。まれなケースではありますが。

ブレーキのタッチは、とてもコントローラブルで、カックン的な要素は全くありませんし、そして必要十分な制動力があります。
レーンキープの警報、精度良いです。ワインディングでかなり忠告されました(笑
対向車に大型トラック(たぶん、背の高い場合)で、自動ブレーキの警告が出ることが何度かありました。ブレーキがかかるまではいってないですが。
高速でACCも試しました。取説では40〜105km/hの範囲と明示されていますが、40〜115km/hでセット可能でした。
使ってみると非常に楽な運転ができました。運転席に座りながら勝手に加速減速するのは新感覚です(笑。これは使える機能だと実感しました。

発進は、ゆっくりクラッチを繋げばアイドリングでも発進可能です!信号発進時にこれをやると後ろに迷惑がかかるので適度にアクセル踏みますが。
後進もアイドリングでバックするので駐車時などオートマに近い感覚で操作できます。これは少し驚きました。
が、この場合も街の駐車場でトロトロやると怒られるので(笑、自宅車庫から出すときなどにアイドル発進重宝します。

通常の発進時は、半クラッチの区間(つながり始めから完全につながるまで)が、とても狭いと感じました。
アクセルのふかし具合とクラッチのつながる感覚がデリケートです。友人二人もエンストしました(^^;
ま、これは慣れてしまえば何も問題ありません。
クラッチペダルは軽いです。シフトは、全域で軽くスコンと入ります。1速はゲート感がありますが、他はゲート感は僅かです。
なので、街中では快適にシフトアップダウンできます。でも、クラッチをいい加減に切ると(完全に切らないと)容赦なくはじかれます(笑
86やロードスターはスポーツカーだからか、やや硬くはっきりしたゲート感がありました。
サーキット走行では硬めの方が力強くガシガシ入れて都合が良いのでしょうか。
シフトノブの形状は、座面の高さ、ノブの高さを考慮すれば、ガンタイプではなくオーソドックスなヘッド丸形の方が操作しやすいのではと思いました。
残念ながらヘッドだけ取り換えるというようなカスタマイズは無理っぽい構造のようです。

初洗車で塗装などじっくり観察しました。
ボディーカラーのプレミアムシルバーメタリックはもう少し暗い色かなと思っていましたが、明るいまんまシルバーでした。
予想と違いましたが、クリア塗装と相性が良いのかヌメッと艶やかな感じで、これはこれで良いかなと思いました。
でも、もうちょっと暗い方が良いかな。明るめのシルバーはスポーツカーっぽい感じではありますが。
爺なのでシルバーカーということで(笑
後姿がテールのコンビネーションライトのワンポイントとボディーのシルバーとあいまってカッコイイとは思います。

ボディー形状ですが、実物は写真以上にドアの窓下のふくらみがとてもグラマスで、ヌメっとした塗装と合ってうっとりします。
ボンネットは今時珍しいプレスラインの無い、美しいラウンドのみで構成されていて、洗車のし甲斐が有ります。

細かいところですが、カラードバンパーは、下の方の隠れて回り込む部分もカラードです。下部分は塗装なしの樹脂であることが多いのですが、これは洗車しがいのあるボディーです。
フロント、サイドともに全てカラードなのはグッドです。
前にも書いた後部ドアのノブが樹脂なのがイマイチ。構造上仕方ないですが。
他に、フォグランプの周りも塗装なしの樹脂。ここは見逃しがちですが、よくメンテしないと経年で見た目が悪くなります。
さらに、フロンドグリルのハニカム模様。奥行(厚さ)が1cmほどあるので、このハニカム穴を一つ一つ掃除するのは面倒です。
見た目はまあまあ良いのですが、メンテを考えれば水平ラインの方が良いと思います。レッドの水平ラインはシルバーボディーには似合わないと思います。が、何もないと間抜けに見えるのかもしれません。

続く

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
大分県

新車価格
159万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろしまの旅人さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
1件
ノートパソコン
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格5
満足度5

2代目スイフト(1.3XG)からの乗り換えです!
オプション:セーフティーパッケージ

【エクステリア】
写真などで見るよりも実車はかなりカッコイイです。
これまでのスイフトを踏襲しつつも「新しい!」とわかるデザインでとても気に入っています。

【インテリア】
メーターまわりがとてもかっこよくなりました!220kmまであるスピードメーターには多々意見が出ていますが、私は以前のスイフトが60km〜100kmあたりがハンドル上部とちょうど目線がかぶってしまい見えづらかったため、今回は実用域がしっかり見えるのでとても分かりやすく感じています。

【エンジン性能】
アイドリングストップからのエンジン再始動がびっくりする程にスムーズです。アイドリングストップ時と加速時にのみモーターが効果的に作動するこのマイルドハイブリッドは走行はエンジンが動いていないとなんか物足りないと思う昭和の私にはとても「丁度良い!」です。

【走行性能】
100kg以上軽くなったとのことですが、感覚的には2代目スイフトの方が軽くキビキビしていました。一言でいうと「今風のエコな走り」です。良く言えば「どっしりと安定」ですが、悪く言えば「スイフトらしくない」です。それでも他の日本メーカーのコンパクトカーは一通り試乗しましたが、結局スイフト乗りはスイフトが一番しっくりくることが良くわかりました (^^)

【乗り心地】
確かに「足が硬い」と思います。バイパスを乗っていても道路のつなぎ目などでは結構突き上げがきます。

【燃費】
まだ100km程度しか走行していないため不明です。

【価格】
これだけの装備で180万円程度で収まっているのは奇跡だと思います。とても満足しています!

【総評】
ゴーカート的なキビキビとした面白い運転感覚は正直2代目スイフトの方が良かったです。ただこの値段でこれだけの装備を充実し、それでいて「スイフト」であることはしっかりと受け継がれている点はとても満足できると思います。
今後、追加でコメントや動画を投稿していきます。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
広島県

新車価格
169万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cromonzyさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
24件
バイク(本体)
0件
6件
ノートパソコン
0件
3件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

再生する

再生する

その他
オプション・ドラレコ

その他
はみ出しアラーム(標準画質)

≪≫は400km走行後追記分

【エクステリア】
実車は、写真より良いです。
面の構成が複雑になっており、質感が高まった反面、オリジナリティは薄まったようです。

≪特にフロントドアの膨らみが、なかなかいいです。≫

フロントグリルに若干の疑問があります。
なお欧州仕様が発表されましたが、明らかに車幅が違います。フェンダー周りの膨らみが大きいです。数値も違います。

≪ホースで洗車したら、エンジンルームに意外と水が入りました。同じスズキでも前期型ラパンや初期型ワゴンRでは、これほど入りませんでした。だからどうしたという事ですが(笑)≫

【インテリア】
悪くはないかと思いますが、魅力・質感をもう少し欲しいです。やや若向きなデザインも、日本車的です。
ハンドル裏側の一部に、バリがあり、危ないかもという情報がありましたが、確かにその傾向があります。
が、怪我は余程運が悪くなければ、大丈夫かな?

≪収納場所もまずまずあり、便利です。私としてはトランクスペースよりも、後席リクライニングが欲しかったです。≫

【エンジン性能】
エコに振った、ハイギアードっぽい設定です。車重が軽いので、普通使いには、問題ないです。

≪一人乗車での40〜100KM加速は、なかなか良い感じです。アイドリング時の音は、まったく気になりません。振動はあると言えばありますが、僅かです。≫

【走行性能】
あちこちの試乗記に散見する、ハンドルセンター付近の緩さ?が、直進安定性の弱さとして少し感じます。
もしかすると欧州仕様と違い、5ナンバー幅に抑えたせいでしょうか?
通常は、軽い取り回しの感じ良い感覚です。
なお、細めの道でのゴミネットがはみ出ていたりしたせい?等で、自動ブレーキの誤作動が、たまにありました。
コーナーセンサーは、駐車場での車止めや、後方からのバイクに反応しました。

≪オプションのドラレコの録画をアップしました。オプションカタログの物と、形式が変わっています。
自動ブレーキが対向車に誤反応のセンサー音の方は、高画質録画です。
はみ出しアラームの録画は、標準画質です。ほとんど差がわかりません。
また、タイヤがなじんだ為か、直進安定性が良くなった気がします。≫

【乗り心地】
ゴルフ5を所有していますが、似ています。少しゴルフの方が上品な足回りです。まだスイフトが新しいせいかも?
良く言えば、しっかりしている、固めですが、あまり気になりません。

【燃費】
まだよくわかりません。ガソリンはハイオク入れてます。意味ないかも。

【価格】
輸入車も安くなりましたが、修理等の維持費を考えたり、故障の頻度を考えると、安いです。2011年ラパンとの買い替えでしたが、6年間故障なし、下取り50万ちょいでした。

≪この価格で、この質・性能を考えると、たいしたもんです。地元の車屋での購入なので、ディーラー購入の方などに比べ割高感はありますが、後々の面倒見がよく、保険等、今までも大変面倒をかけてますので、この点からも価格には問題を全く感じておりません。≫

【総評】
今回の購入は、小型(出来れば軽)自動ブレーキをメインとした判断基準でした。
大満足とはいかないまでも、全ての面でまあまあです。いまのところ特に不満はありません。
確かに、欧州仕様の方がカッコ良さそうですが、日本仕様でも軽に比べると大きいです。
ちょっとした買い物などには、軽の便利さはズ抜けています。

≪軽よりは大きいですが、軽さや取り回しの良さ・安全性や質感は、やはり優れています。
何度かドライブレコーダーのアラームが鳴りました。エンジンを切った状態で、洗車中等ですが、
ドライブレコーダーのスイッチを切っても(エンジンキー・オフ)止まらず、SDカード差し替えて止めました。車両の揺れに反応したようです。マニュアル見たら、EVENTスイッチを押すようですね?≫

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
東京都

新車価格
170万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あきちゃん1972さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
16件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5
満足度4

【エクステリア】
先代RSも所有していましたが、先代のほうがまとまっていたように感じます。
【インテリア】
デミオと比べると安っぽく感じます。コストをかければいいものになるのは当たり前の話。スイフトは安っぽく見せないように頑張ってると思います。
【エンジン性能】
これといって特別なものはないけど、静かでスムーズ。不満はないです。
【走行性能】
高速道路を数回走りました。直進安定性は先代のほうが良かった。
【乗り心地】
RStと比べると、足回りは同じ仕様だと思うのですが、よりダンパーがよく動いているような気がします。気のせいかもしれませんが(^_^;)
馴染んでくれば先代のようにもっと上質になってくれるでしょうか。
【燃費】
こだわってないので未計測です。
【価格】
儲けあるの?と思ってしまうほど抑えられてますね。欲を言えば、2、30万高くてもいいから上質なコンパクトカーを出してほしいと思います。
強豪揃いだからなかなか難しいだろうと思いますが。
【総評】
総じて満足してます。軽量化が凄まじくて乗り味に不安がありましたが、よく出来てると思います。鼻先が軽く軽快に、乗り心地だってゴツゴツじゃなく重厚とまではいかなくても、いいところを狙えてるんじゃないでしょうか。
単なる安グルマではない、開発者さんのこだわりを感じるいいクルマです。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
和歌山県

新車価格
159万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Boys Bikerさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:888人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
28件
0件
バイク(本体)
11件
2件
腕時計
4件
0件
もっと見る
エクステリア無評価
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5
満足度5

HYBRID RSに試乗しました。一見すると、コアなファンを生み出した先々代・先代に比べ、一般受けを狙ったコンサバな香りが漂います。
背景として、スズキが小型車へ軸足をシフトしており、かつスイフトが基幹車種であるため、「絶対に失敗は許されない」という想いがあると推測します。
但し、このようにコンサバな香りが漂いつつも、見ただけではわからない性能が充実し、質実剛健な走りを実現しています。これらを踏まえ、以下レビューします。

【エクステリア】一般受けを狙ったコンサバな香りが漂います。このように感じる原因は、せっかくのスイフトらしいフォルムを損なっているフロントグリルにあると考えます。

@HYBRID RS、RSt、RS=赤いフロントグリルガーニッシュは、マツダ デミオのように目に映ります。
AHYBRID ML、XL、XG=フロントグリルが質素です(そのためか、華やかなボディーカラーを準備しているところは○)。少なくともXG以外は、枠にメッキパーツを施すなどアクセントが欲しいです。

個人的には、潔くハニカムメッシュグリルのみとした方が、このクルマ全体のフォルムを活かせたと思います。但し、最終的なデザインの良し悪しは、チャンピオンイエローのスイフト スポーツが発売され、「スイフトだ!」と感じるかどうかで評価したいです、笑。

【インテリア】スポーティーです。とりわけ、ドライバーに向けて設置されたカーナビや、メーター周りには好感が持てます。前席空間は、D型ハンドルの採用などもあり膝上スペースが広く感じます。また全長3,840mmにしては、室内空間が確保されており、大人が後部座席に座っても窮屈ではないです。

【エンジン性能】走り出しがスムーズです。また走り始めると雑味が少ないマイルドなエンジンと車重の軽さが程よくマッチしており、日常走行では十分な性能です。

【走行性能】新プラットフォームを採用し、重心を低く設計しているため、剛性が高くカーブでも安定しています。またステアリングフィールもリニアであり、キビキビと走ることができてドライブが愉しいです。

【乗り心地】車重が軽いにも関わらず、しっとりとしています。何より、シートのホールド性が高く、高速走行でも疲労が少なそうです。

【燃費】試乗のため評価なしです。

【価格】現在の一般的な自動車価格を基準にするならば、良心的な価格設定だと感じます。とりわけ、XL セーフティーパッケージ装着車 (2WD CVT)の車両価格が、\156万とはバリュープライスです。

【総評】見ただけではわからない性能が高く、質実剛健な走りを実現しています。そのため、良い意味で真面目な優等生という印象であり、直近のモデルでは、新型インプレッサと方向性が似ているような気がします。
ドライバビリティが高く、その上、内外装が一般受けする造りとなったため、使い勝手を求めるユーザーへも裾野を拡げられるように感じます。
またこの素性の良さは、スイフト スポーツへの布石となり、個性的で尖った部分は、そちらで遺憾なく発揮されることを期待します。その時は、イメージカラーのチャンピオンイエローの出立ちで現れ、今後も「スイフト」ブランドを確固たるものとしていくだろうと予想しています。

乗車人数
2人
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nanako3さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
ドライブレコーダー
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3
満足度4

【エクステリア】
CMやHPを見てもあまり惹かれませんでしたが、実物を見たら一目ぼれしました。このサイズの国産車では気に入ったデザインの車がなかったので、嬉しかったです。ただ赤いラインはやめて欲しかったです。青空駐車なので仕方ない部分はありますが、ピュアホワイトパールはミラーからドアパネルにかけての雨シミが結構目立ちます。リアドアのノブも最初は戸惑いましたが、すぐに慣れ、今は全く問題ありません。むしろ、デザイン的にもかっこいいので、気に入ってます。

【インテリア】
全体的にかっこいいと思います。Dハンドルは下の位置がわかって、気に入っています。ひじ掛けとシートは最高ですが、収納が少なすぎます。スマホを置く場所を確保するため、収納用のケ ースを設置しました。助手席のグローブボックスもいちいち開け閉めするのは大変なので、グローブボックス上部にも簡単に物を置けるスペースが欲しかったです。メーターは220キロまであり見づらいので、液晶モニターにデジタルで表示してほしいです。ルームランプはフロント部にしかない為、夜間は後部座席が真っ暗で全く見えません。

【エンジン性能】
とても静かでスムーズで日常の利用では十分です。また、アクセルを若干深く踏み込むとモーターアシストが入り、エンジンが唸ることもなく、スムーズに加速します。ただし、モーターアシストが効かない場面もあり、アシストの効く条件が未だに把握出来ません。CVT特有のネガな部分はほとんど感じません。

【走行性能/乗り心地】
すっと滑るように走って気持ちがいいですが、高速域かつ路面状況が悪いと車体がバタバタとして落ち着かず、顕著に安定感が無くなります。高速域での安定性はもっと欲しいところ。フロントウィンドウが立っているので運転席からの見晴らしは良くて運転し易いです。ただし、左後方視界は良くないので、助手席は後ろにスライドさせ、若干寝かせて視界の確保に努めています。シフトはすぐMドライブに入ってしまい、MとDの間に工夫が欲しいです。アイドリングストップは発進時も全くわからないほど、スムーズで、快適です。

【安全/快適装備】
自動ブレーキ機能は一見全く問題ないようなシーンで2回鳴りました。ドラレコを設置したので次回同様なケースがあれば見直してみたいと思います。ACCは適切に違和感なく加減速し、追随してくれます。40キロ以下でキャンセルされるのは残念です。車線逸脱警報機能は時々働き、音も大きいので、うるさいです。

【燃費】
納車後すぐほぼ高速を141.9km走って、メーター17.6km/L、 満タン法21.5km/Lでした。

【価格】
ちょっと高めかなと思いますが安全、快適装備がついての価格と考えれば妥当かもしれません。

【総評】
多少の不満点はありますが、ほぼ満足のいく、快適な運転が出来ています。80キロぐらいが一番安定していて気持ちがいいです。山道はまだ走っていないので、今度走ってきます。

ユーチューブに動画をアップしたので、良かったらどうぞ!

高速走行(加速、ACCなど)
https://youtu.be/c4vsyJJ49SM

ドラコレの取り付け
https://youtu.be/gsNRLWk_HBU

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
千葉県

新車価格
169万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くまもん大好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
17件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5
満足度5

購入後、500kmほど走った感想です。

【エクステリア】
試乗車に精悍な感じのRS系が多いため、納車されたXLを見るとあっさりとした感じがしましたが、色がバーニングレッドパールメタリックということもあり、可愛く見えます。
なお、最低地上高が12cmなので、段差と前輪の車止めには要注意です。
 
【インテリア】
機能的で使いやすいと思います。質感はこの価格からすれば納得できます。
シートも乗り心地が良く、運転席にはヒーターも付いています。助手席のヒーターもオプション設定があればと思いますが残念です。
ハンドルは、革巻きですがRS系の下の方がシルバーのプラスチックになっているところが、黒のプラスチックになっているだけです。ひょっとして、XLは全部革巻きかと期待したのですが残念!
メータの数字が小さく(特に時刻と外気温)、速度計も220kmまでの表示なので、少々見にくいです。速度計も大きくデジタル表示されると良いと思います。
カーナビは、スマートフォンがあるので必要ないと思いハンズフリー通話ができるようにAM/FMラジオ付CD/USBプレーヤー(C9PX)をチョイスしています。ハンドルのリモコンとも接続でき、通話は外部マイクでなくても本体マイクで通話できました。

【エンジン性能】
車体も軽いので、普通に乗るには十分な性能です。パドルシフトでエンジンブレーキもよく効きます。
よほど傾斜のきつい上り坂でないかぎり、4人乗車でも不満はないです。

【走行性能】
軽快な走りで、ハンドリングも良好で思った通りのラインをトレースでき、違和感がありません。
スポーツ指向の幅広いタイヤを装着しているのと、軽量化されたことで、ブレーキは踏み始めから良く効きます。
低速時と高速時のパワステの感覚に違いがあり、低速では軽く良く小回りがききまが、高速ではやや重めの設定になっています。この点では、RS系より低速時と高速時の差が大きい感じがします。
それから、車線逸脱の警告音はやや大きめのアラーム音です。

【乗り心地】
前席はサイドサポートもあるスポーツタイプのシートで、乗り心地も良いです。
ロードノイズ、エンジン音は良くコントロールされており、低い音の侵入はあるものの路面の良い所では、コンパクトカーとしては静かで、フラット感ある乗り心地です。
サスペンションは、RS系より柔らかい設定ですが、荒れた路面ではゴツゴツ感があります。このゴツゴツ感も角がとれた感じのゴツゴツ感で悪くはありません。タイヤをインチダウンして175/65R15にした方が合っている感じがします。
 
【燃費】
郊外の坂の多いところに住んでいるため、やや燃費は悪くなるとは思いますが、メータの平均燃費表示で20km/L前後です。平坦なところでは、カタログ表示の24km近くいくのではないかと思います。

【価格】
今回、お正月大商談会(オプション5万円引、ナビ7万円引、下取り車5万円上乗せ)+αとうことで、この装備で、比較していたフィットと同じぐらいの価格でしたので、大変お買い得でした。

【総評】
この車は、室内灯が前席のみだったり、後席のドアノブのデザインなど、かなり割り切った設定がされ、パーソナルカーとして通勤やお買い物等で、主に2人までの乗車を想定している車と思っています。
今回は、妻の車として購入したので、時々私も運転するという目的に合ったものでした。もし、ファミリ−カートして購入するのであれば、バレーノやフィットの方が合っていると思います。
また、このクラスで内装の質感ではデミオ、広さ等の使い勝手からすればフィットかなと思います。
グレードによっては200万円を超える価格となると、スイフト以外の選択も考えられることから、XLがお買い得感があるように思います。 

乗車人数
2人
使用目的
買い物
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
熊本県

新車価格
146万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まーちゃん4639さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】
コンパクトカーとしたら、可愛いスタイル

【インテリア】
操作性も良く高級感があります。

【走行性能】
軽さも伴い軽快走りです。

【乗り心地】
評価が判れいるみたいですが、全然快適です。
路面のゴツゴツを上手くサスペンションが吸収してくれているのが判ります。
これで乗り心地の良いタイヤに穿き替えれば満点です。

【燃費】
少ししか走ってないのですが、燃費は良さそうです。

【総評】
ここの口コミ評価を参考にして納車して乗ってみましたが
思った以上高評価です。


乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
東京都

新車価格
169万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:202件
  • 累計支持数:2582人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
39件
21件
自動車(本体)
55件
3件
デジタル一眼カメラ
52件
1件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2
満足度3

【エクステリア】
相変わらずリヤビューがかなり微妙なデザインです。
先々代になる事実上の初代モデルがデザインは一番良いですね。
初代のまとまりがよかったので、苦労していてまとまりイマイチです。

あとは、なんでこんなヘンなリヤドアノブにしたのか?理由が分かりません。しかも扱いずらく、カッコ悪いです。

あとRStのグリルの赤ラインはデミオのパクリとしか思えません。スイフトのプライドは何処へ行ったのでしょうか?

【インテリア】
内装はチープな感じで、安いXGグレードではまだしも安全装備やナビを揃えるとFFで194万というRStグレードでこのクオリティはかなりイマイチで残念な感じです。

あとは相変わらずのオーディオレスで、15万くらいのバックモニターなどとセットのナビを装備しないと、USBオーディオもラジオも聴けない使えない残念な仕様です。2017年の新型でこれはダメです。

ライバルデミオが三年前の登場時から、センターディスプレイとラジオにUSBオーディオ対応をほとんどのグレード標準装備で対応している事実を2017年の新型車で良く無視できるものです。知らないと思って顧客をバカにしているのでしょうか?

こんな粗末なインテリアでは★1つでも良いくらいです。

【エンジン性能】
900kg台の軽いボディに1Lの三気筒ターボは十分なパワーで、今までの1.2L四気筒とは違うパワー感ですし、RSt限定でデミオに唯一勝てる点です。

【走行性能】
RStに関しては少なくとも多少ハードなことをしてもぶれたりすることもなく、足廻りは欧州車に近いものになっているようです。

【乗り心地】
相変わらずしっかりしているのに、路面の起伏には良く対応してくれます。
先代同様に脚回りのレベルは高いです。

【燃費】

【安全性】
気になるのは車重が900キロ前後と軽いこと。
先代より軽量となれば、基本的には安全性は相対的には落ちます。

何故ならば、安全性テストの結果は自車と同じ重量のクルマ同士の衝突時の結果を表しているからです。
重いクルマとの衝突時はダメージが拡大すること。
軽自動車と大差ない新しいスイフトの重量では残念ながら、安全性には多くを期待出来ません。

【価格】
普通のグレードはまだマシですが、RStはかなり割高に感じます。

ガチ競合のデミオとは、見た目の質感で完敗、内装の質感でも負け、ナビやオーディオの装備したときには価格差で負けます。

【残念な点】
まずはRStのタイヤが先代登場時のXSグレードではBSのトランザという少し上等なタイヤを履いていたのに、今回のモデルはエコタイヤです。

室内灯も安っぽい室内灯がフロントにひとつ。
まるでアルトみたいですね。
特に上級グレードRStでも室内灯が前一つだけというのは驚きです。先代はこうではなかったはずです。
当然のようにライバルのデミオやフィットは前がスポット兼用の2灯、中央に1灯の装備があります。ここも旧型もライバルも無視なのでしょうか??不思議でなりません。

スピーカーも標準で6スピーカーでまあまあの音質だったのに、標準は2スピーカーになりました。

新しいシャシー開発にお金がかかったのか?価格は上がり装備は目立たないところで削っています。まるで1円でもコストを削り目に見えて質を落としていった、少し前のトヨタ車を見ているようです。

【総評】
相変わらず基本的には良いクルマに仕上がってはいます。多少ハードに曲がってもピシッとしていて安定感が高く相変わらずハンドリングは良さそうてす。

いままでスイフトが支持されたのは、価格より優れた中身の濃いクルマで、クルマの良さを見極められる方々から高く評価されていたからです。しかも安いからスイフトを選ぶユーザーにも良い買い物となっていたのです。先代モデルでは。
先代の登場時に初めてスズキの普通車に試乗してあまりに良い出来で価格が安いので驚いた記憶は遠い昔話になりつつあります。

新型スイフトはデミオとほぼ同程度の価格なのに、コンパクトで安っぽく、装備も貧弱なのでは、高級感があり、サイズも大きくて見栄えも良く、中身の濃いいデミオには勝ち目はありません。

車体も小さく軽すぎて軽快すぎて重厚感がないので長距離には向かないように感じます。なのにアダプティブクルーズコントロールまで装備していますが、長距離走行するための目的ではなく、どうもカタログスペックのための装備に感じます。

まるで軽にクルーズコントロールを付けているような違和感があります。

特にRStは輸入車の同クラスと競合するくらい高価です。
ヨーロッパのライバル、プジョー208、ルノールーテシア、VWポロあたりは、一日500kmを超える長距離走行も快適にこなす、同じセグメントでありながら、実は1ランク上の存在です。

新型スイフトに期待していたのは、バレーノくらいのボディサイズで、ある程度の重厚感もあり、センターディスプレイを標準装備し、当然6スピーカー標準装備で欧州車なみの音質、ラジオとUSBオーディオに標準対応しナビ機能も利用できる、6スピーカー標準装備でapplecarplayとandroidautoに標準装備のタッチパネル対応のセンターディスプレイで対応してくれることでした。これに安全装備が揃ってRStグレードが170万円程度ならば、デミオを超えた先進的な価値あるクルマになり、先代同様に成功するクルマになったでしょう。

ところが新型スイフトはお手軽オーディオレスという、旧態依然の売り方でした。このような古臭い仕様で先進的なデミオに勝てると考えるのは余りに顧客をナメていますね。旧型はこのクラスのコンパクトで良いものと聞かれたらデミオとスイフトと答えていましたが、この新型はオススメ出来なくなりました。

軽自動車はだんだんと売れなくなって、普通車で頑張っていかないといけないのに、スイフトがこれで、バレーノも微妙ですし、スズキの行く末がとても不安です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった61人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまねこ15さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア無評価
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5
   

   

【エクステリア】
写真でも見られる部分ですし個人の感覚だと思うので無評価。
詳細は省きます。
ただ、あまり評判の良くないリアドアのノブですが
ドアの真横に立たずとも開けられて
さっと乗車できるので私は使いやすいと思っています。
ただ大人はよくても、家の5歳児は開けられなかったので、
そこはデメリットかも。

【インテリア】
使いやすいと思います。
試乗したのがRstだったので、担当の方からは
「XGはベースグレードなので見た目がだいぶ落ちます」
といわれてましたが、
見てわかる部分で質感の落ちる印象はありません。
メーターパネル内のインフォメーションモニターも便利。
走行可能距離や燃費など様々な情報を表示してくれますが
どの画面でも、必ず時計と外気温は表示されるのがとても助かります。
ただ、全体的に黒いプラスチックを使っているので汚れは目立つ。
愚息2名を乗せて一日ドライブしたら、
ドアの下部やグローブボックスには足跡、
ダッシュボートには触った跡の白い汚れだらけ。
せっかくの新車だったのに一気に使用感が出てしまいました。
車を常にピカピカに保ちたい人には気になるかもしれません。

【走行性能】
「軽快」の一言。仙台から100kg以上軽くなったというボディのせいでしょうか、
アクセルを踏む→発進する→スピードが出る、という流れがとても速い。
走りの好きな方には違和感の多いといわれるCVTですが、
低回転のまま音も振動も抑えてスピードが上がっていく感覚は
同乗の家族には「電車みたい」と好評です。
自分程度のドライバーなら、違和感も感じません。
街乗りで全く不満はありません。

【乗り心地】
走りが軽快なのに重厚感すらあるのが驚き。
とても静かですし、家の近所の荒れた路面、
前車マーチでは「ダダン、ドスン、ガツン」という振動が来たところを
「トン、トス、コトン」と乗り越えていったのには驚愕しました。

【燃費】
郊外のドライブで24km/リットルを超えました。
人生初のカタログ燃費超え。
カタログ燃費なんて、話半分嘘八百、
客寄せパンダのハッタリ数値だと思っていたのでびっくり。
家の近所の国道16号線(知る人ぞ知る慢性渋滞道路)を使って
通勤買い物してると14km/リットル。
ただし、前車マーチは9km、もう一台の軽自動車でも14kmを超えない
悪環境ですから
むしろほめるべきかと思います。

【総評】
「素」のスイフト、
日常の足としてコストパフォーマンス抜群、素晴らしい車だと思います。

全体的に褒めてますが、私は実はトヨタ党。買う前には他社の車も試乗しました。
安心と信頼のヴィッツ、広さのフィット、走りのデミオ。
スズキ?軽買うんじゃないんだから(笑)と思っていた口です。

妻の薦めでディーラーに一応行ってみましたが、
他社比較でメリットが出るのがスイフトXGのみ。
他社で同じようにオートエアコン、カーナビ(バックモニタ)つけると予算オーバーでした。

しかし、出たばかりということで試乗記も少ないし、少ない試乗記も
Rstの走りとMLハイブリッドのスムーズさ、衝突安全ブレーキの安全性についての記載がほとんど。
XGはそれら全部無関係ですから・・・。
試乗したRstグレードは、力はあるもののハンドルは重いし足回りも硬い。
日常生活で使えるか、かなり疑問に思ってしまいました。

単価の高いグレードを売りたいのはわかりますが、
試乗車も試乗会もそちらばかりフォーカスしているのが、ちょっともったいない気がします。

いわば賭け、情報不足の中思い切って買ったスイフトXGですが、とても良い車でした。
衝突安全ブレーキが使えないことは残念に思いますが、
Rstはちょっとスポーツよりだし、ハイブリッドは高い。でもXGなら、日常生活の友としてお勧めです。




乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
千葉県

新車価格
134万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

スイフトの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった46

このレビューは参考になりましたか?参考になった

skyline.Rさん

  • レビュー投稿数:194件
  • 累計支持数:1113人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
110件
307件
バイク(本体)
5件
3件
ゲーム機
7件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5
満足度4

【エクステリア】
RS系はリアのエンブレムとハイブリッドはサイドのハイブリッドエンブレム程度しか違いはないです。
試乗車はバーニングレッドパールメタリックでしたが、いい色だと思いました。
バーニングレッドパールメタリック、ピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリックが有償なので、無償で選べるのはスピーディブルーメタリックとスーパーブラックの2色しかないです。
せめてプレミアムシルバーメタリックは無償に入れて欲しかったと個人的には思います。

エクステリアのデザインはいいと思いますが、デミオっぽいと思ったのは私だけでしょうか?

【インテリア】
黒を基調とした落ち着きのある感じでした。
価格の割にはしっかりとしていてヘンに安っぽさはなかったです。
シートのホールド性も十分でしたし、大人4人乗っても十分な空間だと思いました。
標準で運転席にシートヒーターが付いているのは冬場には嬉しいと思います。
また、テレスコが付いているのでドライビングポジションが細かく調整できるのはいいと思います。

【エンジン性能】
1Lのターボエンジンは想像していたよりもよかったです。
言われなければ1Lだと分からないと思います。
低速からのパワーも十分で、運転していて不満はなかったです。

【走行性能】
1Lのターボエンジンと先代から100kg軽量化とこう高剛性ボディ、RS専用のサスで運転していて楽しい車になっていました。
6ATの反応もいいですし、普段使いの運転なら走りに関しては不満がないと思います。
個人的にはMTで運転したらもっと楽しい車になるのかなと思いました。

【乗り心地】
RS専用のサスは硬めですが、飛び跳ねるような硬さではなくきちんとサスが動いている感じがしてしなやかな感じでした。

【燃費】
ハイブリッドRSとRSはエコカー減税ありですが、RStはエコカー減税が適応されません。
その代わり、1Lなので自動車税は安いです。
エコカーではないので燃費はカタログ値20km/Lですが、パワー感を考えれば個人的にですが十分燃費はいいと思います。

【価格】
内容的に乗り出しで200万円以下に収まるのであればコストパフォーマンスは高いと思います。
RSシリーズの中では一番高いですが走ることが好きな方であれば納得できる範囲だと思います。
ただ、先代より価格が上がっているのは残念なところですが。

【総評】
フルモデルチェンジしたスイフトは予想以上によかったです。
スズキ以外でも各社コンパクトカーを出していますが、コンパクトカーでは走りや価格を含めてオススメの1台です。
メーカーにこだわりがない方はまず試乗だけでもしてみるといいと思います。

今後発表になるスポーツはRStよりも更に走りがいいと想像できるだけに発表が楽しみな1台です。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

白銀熊猫さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

1月に契約し、2月に納車されました!
納車日に北国の冬の一般道を70kmほど走ったので、再インプレさせていただきます。

※家族が昨年現行型デミオ(1.3Touring)を購入しており、
よく借りて乗り回してましたので一部で比較対象としています。


【エクステリア】
見た目は完全に個々人の感性ですので、気に入ったらOKということで良いと思います。
(私は気に入ってますのでOKです)

それよりも、ドア周りを少々。
フロントドアは閉める音などは重くとても剛性感があり好感触なのですが、実際の重量は「軽い」ため、ドアの自重で閉めようとした力加減で閉めようとすると半ドアになりやすいようです。
評判の悪いリアドアハンドルは実際に使ってみると…うん、使いにくいです。
更にフロントドアより開く角度が狭いので、ドアは開けにくいし、大きく開かないし、で割と不満が出るかも知れません。
あと、エアロパーツっぽいバンパーやサイドスカートは見た目は良いのですが、雪道だとちょっと擦りがちです。


【インテリア】
内装自体はデミオに比べると簡素です。(というかデミオの内装が良すぎます)
レザー類を使っていてもところどころが安っぽいのですが、この価格帯ですからむしろ頑張っている方でしょうか。

シートのホールド感は中々良いです。
ヘッドクリアランスは、シートをかなり起こした状態でリフターを一番下まで下げると縦に握ったコブシが2つ以上入るので全く問題なしです。(身長167cm)

空間周りですが、最近の日本コンパクトカーとしては車内は狭めです。(デミオよりは広い)
トランクは旧型に比べても結構広くなりましたので、そこそこモノが入ります。
一応大人4人は乗れますが、パーソナルユースに振った開発コンセプトのようですので、荷物も含めて2名乗車までが快適です。

試乗時はD型のステアリングホイールとサイドブレーキの安っぽさが気になりましたが、ステアリングは実際自分のクルマとして運転してみると全く気になりませんでした。
10時10分の位置にあるコブが、昔使っていたmomoのステアリングのようでイイ感じです。
サイドブレーキもオプションの革カバーをつけると手触りが激変するため、こちらも気にならなくなりました。
…それよりも、シフトレバーのゴム感触を何とかしたいところです。


【エンジン性能】
ハイブリッドの介入は全くわからんレベルですが、少しだけポンと前に出る感覚はあります。
そこから加速するにはそれなりのアクセル踏み込みが必要ですが、街乗り速度では3,000rpmも回さずに流れに乗れます。
なお、試乗時に引き続き、やはりパドルシフトは必要性を感じない…。
しょせんは90馬力程度なので、平地での速さを求めるには動力性能は完全に力不足です。
オラついたミニバンやセダンとはケンカしない方が良いですね。


【走行性能】
試乗車がハズレだったのか、私の個体がアタリなのかは分かりませんが、試乗時のネガな感じはほとんどありませんでした。
…おそらく試乗車のスタッドレスタイヤ(古い15インチ)が悪かったのではないかと思われます。

私の個体は15インチに落として175/65/15のYOKOHAMA IG50Plusを履かせていますが、今日乗った感じでは雪道でも安定感はあるし、凍結路面は滑りますけど車体が軽い分だけ制動は短く済みます。
そしてアスファルトではビタっと張り付いている感じで路面追従性が良いのがよく分かり、すばらしくコーナーが曲がりやすいです。
…ただ、逆にハンドリングが良すぎ(切れ込みすぎ)かも。タイトコーナーでは刺さりすぎないように注意する必要があるかもしれません。
余談ですが…カーブを曲がる際に切れ込みすぎで1回だけカウンター当てる事態になりましたが、ボディ剛性が高く車体が安定しているので車が暴れてからの収束が非常に速いです。
俗に言うFF(4WD)ドリには向かないかもですが、ハンドリング特性をつかんだうえのグリップ走行は相当速く走れると思います。
冬タイヤでこれですから、夏タイヤでの走行が楽しみです。

また、試乗時に気になっていたブレーキを踏んだ時の剛性感が少々頼りない件も、ちゃんとガチっとした剛性感がありました。
…やっぱり試乗車のタイヤがしょぼすぎたのか。


【乗り心地】
足回りについては個人的には極端に硬いと思いませんが、一般的にはやはり「硬い」、そうです。
スイフトの美点は軽快さですが、乗り心地という点ではデミオの方が重厚感があるので上質です。
キレイに整地された路面であれば、ロードノイズもほとんど無く、とても快適なドライブを楽しめます。
うねった路面や細かいガタガタ路面では相応に路面の状態を伝えてきますが、ショックのカドを上手く丸めた状態で伝えてくる感じです。
前席で乗っている限りは不満はないと思われます。


【燃費】
燃費はまだまだ給油タイミングではないので不明ですが、カタログ燃費や燃費インプレを信じて!


【価格】
ハイブリッド4WD&セーフティPKG&全方位ナビ、その他オプション込みだとフルプライスで200万を軽く超えていますが、減税もあるので充分お買い得です。
まだ新しいので値引き幅はさほどではないかもしれませんが、マイチェン後のヴィッツやデミオと競合すれば結構頑張ってくれると思います。


【総評】
今日乗った感じでは、満足度が高く、長く付き合えそうな予感がします。
改めて乗ると、パーソナルユースに振ったクルマとしては最高のコンパクトカーと個人的に思っているデミオにも全然負けてません。
主観ですが総合的に見て、
フランス車っぽい軽快な感じが好みであれば、スイフト。
ドイツ車っぽい重厚な感じが好みであれば、デミオ。
こんな感じでしょうか。
皆さんのクルマ選びの一助になれば幸いです。

※ちなみに、ファミリーユースな日本車コンパクトはフィットが一番だと思います。

比較製品
マツダ > デミオ 2014年モデル
乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった44人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まあいっか!さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
プリンタ
1件
1件
ラジカセ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格5
満足度5

【エクステリア】
シンプルなようで、とても奥深い、私にはとても好みのデザインです。
側面の丸みがとても美しく、リアライトまでの曲面がすばらしいです。

フロントライトはデミオのように猛禽類のようなデザインではなく、
デミオに比べると少しおとなし目ですが、
私はこちらの方が大人っぽくてシンプルで良かったです。
フロントライト内のデザインは、
私にはゴルフやポロなどに通じる外車のように見えました。

リアライトはオンリーワンの形状で、ほかに似ている車はないと思いました。
コの字に光るスモールランプの中に、LEDで光るストップランプ。
とても視認性が高く、そして、シンプルでかっこいいです。

惚れ惚れする流れのあるデザインで、
他の日本のコンパクトカーを凌駕するものでした。

リアドアのノブには賛否両論あると思いますが、
2ドアクーペのように見える造形は、スイフトに似合っていて、私は好きです。
ちょっと位置が高くなりますが、一度使ってしまえば、気にならないと思いました。

【インテリア】
私が一番気に入ったのは、メーター周りです。
先代のデュアルジェットモデルはごちゃごちゃしていて、
とても見にくいデザインになってしまいましたが、
今回のモデルではタコメーターとスピードメーター、インフォメーションLCDと、
とても走りに向いた、見やすいものとなっています。

トルクとパワーに切り替えた時のLCD表示は、とても見ていて楽しいものでした。
見ながら走るわけではありませんが、おもしろいF1的な表示でした。
気分が盛り上がり、テンションが上がりました。

ハンドルはテレスコピック機能が付いていて、とても使いやすかったです。
私は180センチありますが、無理なくポジションがすぐに決められました。
うらやましい機能です。
ハンドルの形もD型になっていて、走りを予感させるものでした。
ただ、やたらとスイッチがたくさん付いているので、慣れるまでは大変そうです。

オートエアコンは、デミオなどのマツダ車を意識したのでしょう、
とてもかっこいい形になり、使いやすかったです。

ドアの内張りはプラスチッキーな感じですが、価格を考えれば気になりません。

インパネは、とても良くなりました。
高級感はありませんが、走りに向いた、無駄のないものだと思いました。
ただし、8インチのナビをセットするのが前提で造られたセンターは、
私にはもういらないかな、と思いました。
ナビが必要な時だけ、スマホで案内させればいいのでは、と思っているので。

リアシートも座り心地が良く、ヘッドスペースも先代よりも余裕がありました。
リアシートがダイブインしてくれて、
フィットのようにフラットになってくれたら、言うことないのに。。。
スズキの得意技のはずなのになあ。。。
オプションでフラットにできる板をセットすればいいのかもしれませんが、
標準でそれができないものなのでしょうか?

【エンジン性能】
ニュートラルの状態で、アクセルを思い切り吹かしてみましたが、
前後にエンジンが揺れる感じがあり、これまた走りに振った感じが好みでした。
(普通に街乗りで走る速度では揺れませんのでご安心ください。)

排気音もたぶんRStの仕様だと思いますが、枯れた感じでいい音でした。

昔、シティーターボUとシルビアK'Sに乗っていたのですが、
その頃のターボと比べると、少し物足りないかもしれません。
ターボの特性が全く違うので比べられませんが、
ドッカンターボではありませんので、ターボ車に乗っている感は少なかったです。

エンジンルームも見てみましたが、とてもすっきりしていて好印象でした。
手が入り易く、メンテナンス性が高そうでした。

【走行性能】
とても車重が軽いのがわかります。とても速いです。
というか、とても速く感じました。
アクセルを軽く踏み込むだけで、一気に加速していきました。
これはすばらしい!と本当に思いました。

とにかく車重の軽い!、と思わず唸ってしまいました。
すばらしい。

パドルシフトは、5段階で切り替えられるようですが、
多段過ぎていて、エンジンブレーキが効いた感じが薄く、
あまり出番はなさそうでした。
もっとエンジンブレーキが効いてくれたほうが、私は好きです。

【乗り心地】
デコボコのアスファルトの荒れた道ではかなり硬く感じます。
ディーラーの駐車場から幹線道路に出る時に、硬い足なんだなとすぐに思いました。
でも、走り出してしまえば、硬さは感じられなくなりました。
高速道路では、きっとすばらしい走りを見せてくれそうだな、と、そんな予感がしました。

一般道では荒れた道が多いので、街乗りでは向かないかもしれません。

【燃費】
試乗なのでわかりませんが、もし他のコンパクトより悪かったとしても私は気にしません。
週末しか走りませんので、燃費より、気持ち良く走らせたい派なのです。
燃費競争は私にはどうでもいいです。

【価格】
安いと思います。とてもお買い得だと思いました。

【総評】
お金さえあれば欲しいです!

今回の試乗で、軽い車は本当にすごいんだな、と改めて思いました。

パドルシフトの車に憧れていましたが、
今回スイフトで試してみたら、あまり必要性を感じませんでした。
とてもいい勉強になり、いい経験をしました。

スイフトが気になる方は、とにかく試乗してみましょう!
(次回は1.2のスイフトにぜひ試乗してみたい、と思いました。楽しみです!)

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

windows8&XPさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:739人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

電子ピアノ
4件
26件
自動車(本体)
19件
6件
ノートパソコン
6件
10件
もっと見る
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格5
満足度3

なじみの自動車販売店(個人)より1日間HYBRID RSを貸していただけましたので試しに100キロほど走ったレビューです。
(うち高速30キロ・町乗り70キロほど)

【エクステリア】
皆さん意外にも高評価なのでびっくりしているのですが、なんかマヌケな感じがして好きになれません。
見た瞬間「これはスイフトではないな」と思いました。
スイフトと言えばどこか漂うクールなお姉さん感があった(気がする)のですが、これはなんか幼いというか。
こんな顔でスイスポが出てもダサすぎて乗るのが恥ずかしい。

また、このクラスの車で変にカッコつけてリアノブを隠す意味もわからない。

【インテリア】
シートのデザインは安っちい感じですが、現にライバルより少しだけ安いですし・・・。

インパネやメーターが綺麗にまとめられている点は評価できます。
ハンドルもどこかスポーティー感漂うデザインで結構気に入りました。
ただライバルよりも収納は少なめな印象です。割り切ってるなーと思いました。

【エンジン性能】
出だしの軽さがいい。けどこれはエンジンの性能というより車重が軽いからだと思うのでエンジンの性能かと言われると違います。
実際、町乗りでは加速などライバルと大差なしという感じですが、高速では結構強めにアクセルを踏んでいたイメージがあります。
一度スピードが落ちてからもう一回加速すると、燃費重視の設定なのか中々加速しませんでした。
まぁ、先代は1.2Lデュアルジェットエンジンだったのが、今は大してアシストもしないエセハイブリッドの1.2Lになったからだと思います。
1Lターボの方が先代に近い走りをしてくれるのではないでしょうか。
ということで、町乗りが多いなら1.2LHV、高速が多いなら1LTBですかね。

CVTのラグは結構抑えられているイメージでした。これは是非他のメーカーも見習ってほしいです。

【走行性能】
走りの良さは健在で安心しました。足回りは硬め、ブレーキは強めです。Rsモデルだからかな?関係ないか。
町乗りの快適性、というのは犠牲になっていますが、スイフトに乗る方はこれを期待して乗っているんですから、それでいいと思います。
ハンドリングもキビキビしていて、デミオとはまた少し違う楽しさでした。
ただ、軽くなった分、高速での安定感は少し落ちた気がします。ハンドルが軽すぎて頼りない感じ。
これが良くも悪くも「軽量化」というものです。

【乗り心地】
スポーツシート?で長時間の運転も楽だったのですが、ライバルよりも少し狭いのと、結構足回りが硬いという事もあり、快適かと言われると微妙な所でした。フィットHVは安定感と快適性の両立ができているので優秀だなと思うのですが、この車のキャラから考えるとこれが正しいような気もするので、難しいところです。

【燃費】
町乗り約70キロ、高速約30キロのトータル燃費は、18.45Km/L。
あれ?ハイブリッドなのにあんまり良くないね〜と思う方もいるかと思いますが、この車はいわゆる「マイルドハイブリッド」というやつで、ソリオに搭載されている本格ハイブリッドではないです。簡単に言えばアイドリングストップに毛が生えた程度の物。
走行中もほとんどモーターアシストはない(ないに等しい)のでただの1.2Lガソリン車です。
それでもハイブリッドと言っておけば、ダウンサイジングターボの方が優れているにしてもこっちのハイブリッドの方が売れてしまうのです。
現にステップワゴンは、このターボの方が優れている気がしますが、ライバルはハイブリッド(とセレナは名乗っているだけ)でライバル車が売れてしまう、という現象も起こっています。世の奥様方はハイブリッドという言葉に弱いのです。

話がそれてしまいましたが・・。ハイブリッドと呼ばれていても燃費への期待は禁物です。

【価格】
ライバルよりも安い価格で良い車を作っているので、この辺は評価できます。
最近の車は高すぎる。これくらいのハッチバックだったら本来この価格が適正だと思います。

【総評】
いくつか言いたいことが。

一つ。なぜソリオの本格ハイブリッドを搭載しなかったのか?
理由はわかりませんが、追々トヨタから技術提供を受け本格HVシステムが搭載されるからですかね?

二つ。そもそもこの車にハイブリッドは似合わない。
どうせ搭載するなら本格にして欲しかったですが、そもそもこの車といえばターボでしょ。
個人的な意見ですが、バレーノに本格ハイブリッドを搭載し、この車は1Lターボだけにすればいいのでは?
その方がキャラに合っている気がします。

但し、先述の通り、ハイブリッドと言っておけば売れるという傾向があるのです。残念ながら。
でもね、この車には沢山のファンがいるわけですよ。私のイメージとして、スイフトに乗っている方はスイフトをとても大切に扱っている。それだけ愛される車なんです。発表から間もないですが、これだけたくさんの人が試乗し、契約してくれているのです。
だから、ハイブリッドの力なんて借りなくても、今まで通りのスイフトで十分売れると思うんです。

デザインやらエンジンやらが違う車になってしまったような気がしてすごく残念でした。先代オーナーさんたちはこのスイフトを受け入れられるのでしょうかね?私はオーナーではないですが受け入れられません。時間の問題というわけでもなさそう。

とにかく、早急にこのハイブリッドモデルの廃止をしていただきたいものです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

スイフト
スズキ

スイフト

新車価格帯:134〜184万円

中古車価格帯:99〜190万円

スイフト 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <508

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意