日産 ノート e-POWER 2016年モデル レビュー・評価

  • ノート e-POWERをお気に入り製品に登録 <335

ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデルのピックアップリストを作成
ノート e-POWER 2016年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

ノート e-POWERの新車

ノート e-POWERの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ノート e-POWER 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
MEDALIST 2017年9月1日 マイナーチェンジ 3人
X 2017年9月1日 マイナーチェンジ 2人
NISMO 2016年12月12日 マイナーチェンジ 13人
X モード・プレミア 2016年12月12日 ニューモデル 8人
MEDALIST 2016年11月2日 ニューモデル 32人
S 2016年11月2日 ニューモデル 3人
X 2016年11月2日 ニューモデル 39人
満足度:4.07
(カテゴリ平均:4.33
レビュー投稿数:123人 (プロレビュー:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.91 4.35 133位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.28 3.94 160位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.42 4.14 51位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.41 4.22 57位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.84 4.06 128位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.14 3.89 76位 燃費の満足度
価格 3.74 3.90 91位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
証券会社
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4
満足度4

1、エクステリア  
  メダリストとXの差異があまり無い。
  もっと 、メダリストの高級感を表現した方があ良い。  
  メダリストの差異を出す為、私は、バックドアガーニュシュを買ったがイマイチでした。
2、インテリア  
  1世代前の古さを感じる。
3、エンジン、走行性能
  エンジンは発電のみですが、エンジンONだと、結構音振がわるい。
  信号待ちで突然エンジンONとなると、エンジン音と振動(3気筒)が不愉快です。
4、乗り心地 
  重量がアップしているので、ボデーの剛性があり、快適です。
5、燃費
  良さそうです。
6、価格
  この価格で電気自動車は良いと思います。
7、価格
  この価格で電気自動車とICC搭載は良いと思います。
  

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
神奈川県

新車価格
232万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

blache90さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:90人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
6件
ノートパソコン
1件
0件
掃除機
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度5

【エクステリア】
今風の曲線を多用したデザインです。全体的にシンプルなので飽きにくそう。同クラス車と比べると、すこし高級感がある。

【インテリア】
エクステリアに反してインパネが古めかしい感じです。クラス的に高級感を求めるべきではないとは思う反面、もう少しマシにならなかったのか?という思いも。メダリストなのでインテリア全体としてはそれなりにまとまっていると思う。社内のスペースが見た目の割に広めなので4人家族用途でもそれなりにカバーできそう。

【エンジン性能】
これが一番のウリですね。モーター駆動によるずば抜けたトルクに加えて低車重なので、圧倒的なスプリンター性能を発揮します。回生ブレーキの強さを切り替えるレベルが3段階あり、普段はエコモードで少しもたつくがここぞというポイントで加速モードに変更する時の快感がクセになります。上クラス車に余裕で追走できる上に燃費も良いってのがこの車のバリューポイントだと思います。

【走行性能】
スポーツ走行をしないので詳しくはわからないが、高速や山道で運転しにくいと思うことはない。車重が軽いといっても同クラス車と比べると少し重めのため、クラスにしてはピシッとした直進安定性を感じる。タイヤの接地感は少し鈍感かなと思うが、これは乗り心地とのトレードオフの気がする。ハンドルは結構軽め。

【乗り心地】
アクセルを踏んでいないタイミングでも発電のためにエンジンがかかることがあり、これは結構気になる。エアコンをかけている時にこの状況になりがち。逆に走行中はロードノイズのほうが大きくなるためエンジン音が気にならない。ワンペダル走行については、エコモードでの回生ブレーキが結構強く、慣れないうちは酔う。自分はすぐに慣れるものの、他人が乗るとやはり最初は酔うらしい。普通の車の、アクセルを離してそのままのスピードでタイヤが転がる感覚ではなく、常にエンジンブレーキがかかっている状態は慣れが要る。ワンペダル自体は楽で素晴らしい。乗り慣れない人を乗せる場合は、回生ブレーキなしモードにしてあげると良い。

【燃費】
エコな走行を意識しなくて、メーター表示で22kmぐらい。エコを意識すれば25kmぐらい行けそうに思う。ただ、それにこだわりすぎるともたついた運転になって他の車に不快感を与えたり、注意散漫になりそうな気もする。加速しつつかつエンジンがかからないようにするためのアクセルワークはかなり微妙で、標準のアクセルペダルではテクニックが要る。

【価格】
特に不満はない。この車の特徴である走行に関して満足できれば高いと思うことはないのでは。

【総評】
乗れば乗るほど良さが分かってくる。飽きがこない。一年で5000km走行して、全体的に走行フィーリングが柔らかくなった気がします。ワンペダル走行が慣れないうちは酔うぐらいで、駄目だなぁと感じる点がない。ボディ全体的に防音処理のデッドニングが施されている?せいか、標準のオーディオ装備でそこそこ音がマシな気がします。これは嬉しい誤算でした。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
東京都

新車価格
224万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ハーキュリーホーク2さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
14件
タイヤ
1件
6件
プリンタ
0件
5件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

妻が乗っていた軽を買い替えるにあたり
各社の小型車を試乗させていただきましたが
ノートe‐POWERは全くの別物でした。

アクアやフィットは基本的にガソリン車と同じで
モーターがアシストする訳ですが
このe‐POWERはモーターで100%駆動する。
このことがこれまでの車のイメージ(走り)を
すべて覆してしまいました。

とにかく他社のハイブリッドとは別次元で
試乗後に即決してしまいました。
このe‐POWERが発売以来、コンスタントに
多く売れている理由が良くわかります。

秋に装備が見直され
アームレストや前車の追従型クルーズコントロールが装備され非常に快適です。
燃費も街乗りばかりですが25q/L前後と良好。

後席も試乗した車の中でダントツに広い。
乗り心地や走行安定性も良く
また電動駆動なので車内も非常に静かで快適です。
エンジンがかかってもタイヤノイズや風切り音でかき消されてしまうのか
メーターを見ないとわかりません。

前車の妻の車はほとんど乗ることはありませんでしたが
このノートe‐POWERに買い替えてからは
私も積極的に乗るようになってしまいました。

いやぁ、日産あっぱれです。



乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
長野県

新車価格
232万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

capsule8さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
38件
スピーカー
0件
12件
自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
満足度5

※スピーカーとハイビームについて追加レビュー 
代車のエンジンノートの2スピーカーが最悪でして、ニスモも同じと思ってましたが、、昨夜音量かなりあげたら音が結構違いました。
ドア内のスポンジ?がデッドニング効果を生んでいることと、4スピーカーになっている点ですね。
もう社外スピーカー買ってしまいましたが(ToT)
こだわらない人であれば聞けなくはないレベルです。ちなみに代車のは聞くに耐えませんでした。参考までに。

オートハイビーム、結構繊細な反応で看板反射や街灯でも消えてしまいます。30点。使えなくはないので常時オートで走行中です。

【エクステリア】
スポーツカーを降りたので、K自動車でも何でもよかったのですが、といった感じで選びに行って一目ぼれ?みたいな。悪くはないと感じました。車高がちょっと高いですが、アフターパーツも多いのでどうにでもできそうです。赤耳がどうしても気に入らず、納車時にボディ同色に変更しました。
スポーツカーではないのでかっこいいという感覚が少し落ちたので★4です。

【インテリア】
最初の感想が「うわぁ・・・K自動車よりダサい・・・」でした。エアコンのデザイン、シフト周りと特にセンターコンソールが最悪です。
一時期の日産が良く使っていた多くの車種共通の角デザインのオートエアコン、ああいう無難なのでよかったです。
しかしNISMOのシートは最高です!肌触りもよく、ホールドも町乗りに最適。過去にレカロ、ブリッドと必ずシート交換して乗ってきましたが、それより気に入っています。
また、内装色の黒とピラーの黒も高評価。代車は白系?でしたのでだいぶ印象が変わりました。

【エンジン性能】
買った理由の一つ。モーターが良かったので、リーフ買いに行ったんですが・・・ノートになっていましたw
加速は最高。過去3台のスポーツカー(250PS前後のターボ)と同等か、下はそれ以上です。
思わず笑ってしまうGで満足です。

【走行性能】
ニスモはSモードでの走行が停止不能でワンペダルの良さが半減されますが、加速は良いですね。
エコモードのべた踏みでワンペダルを楽しんでします。加速悪いので、Sモードで停止までできるようなVCMが出ることを期待します(クルコン対応の)

【乗り心地】
足回りも最適で、もともと硬めの足が好きなのですが、まぁ乗り味は良いです。
リアシートも広い。家族からも不満はありません。
シートヒーターは必須だと思いますので、マイチェンするなら入れてもらいたい。
まぁ、アルカンターラ?暖かいので何とかなりそうですが。

【燃費】
スポーツカー以外乗ったことがないので、特にこだわりがなく。10km走ればいいと思っていますが。
けっこうガンガン走って14kmくらいですか。メーカー発表とはかけ離れている気がしますが、そういう車ではないと思います。
楽しむ車ですね。


【価格】
コスパイイと思います!!!
あらゆる先進機能が付いていて、何より楽しくて、唯一無二!!それなのに頑張れば250で乗り出せるという。素晴らしいですね。
日産の社長?が言っていた、先進機能を大衆車に乗せるが大成功だと思います。


【総評】
満足度はもちろん満点!!10点でもいいくらいです。
買ってよかったと心から思います。Sモードでのワンペダルができればほんとう、不満ないんですが!!!どうにかしてほしいです、ニスモ様。(=加速が良くて、原則もガンガン回生して、止まってくれて、ブレーキランプつきっぱにしてもらって、エンジン始動回数減らして欲しい・・・)って厳しいかな?

クルコン付きなんですが、かなりいい出来です。高速では100%使用してます。
アラウンドビューも便利で凄いとは思うけど、慣れが必要ですね。ナビに映してますがちょっと見ずらい。ミラーは解像度悪い。
メーターもきれいでいいですね。
デイライトがデイじゃないですが、改造で光らせるので問題なし。シフトノブが行けてませんが、アイシフター売っているので問題なし。
音が悪いですが、SP変えるので問題なし。
エンジン音は外ではうるさいですが、走行ノイズに紛れるので車内での不満はありません。
インテリジェントLI付は?車線逸脱すると警告付くボタン、走行後に戻されるんですがいいですね。逸脱補助がないモデルではエンジンオフでもそのままだったのでよく考えられていると思う。
当初懸念していた、155km?と言われているリミッター。問題なさそうです。90km〜ずっと加速します。(あ、これで前回速度書いたから消されたのか・・・)

いろいろと欠点もあったはずなんですが、乗っているうちに慣れたのと、内装を少々改造して改善しているのとで不満がほぼ無い??

購入迷っている方にも、お勧めします。無難な車、ではないです。
楽しく、ちょっと変わってる車、だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
千葉県

新車価格
245万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

良い物を安く買う目利き屋さんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

同クラスの車種すべて乗り比べて購入決定

ノートe パワーの加速フィーリングに敵無し

ワンペダルも楽しい  そして

ずっと運転していたいと思ったのはノートe パワー

ひと踏み惚れは本当だった

アラウンドビューは絶対付けましょう 駐車の達人になれますよ

ガソリン満タンで1000km走行できます





乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった61人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

N-おっちゃんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
2件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
1件
0件
セキュリティソフト
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度5

日産ノートE-powerが2017年9月からインテリジェントクルーズコントロール(以下ICC)に対応しました(車種によりオプション扱い)
ノート購入に当たりICCに興味を持たれている方もいると思いますので使用感を述べたいと思います。
なお、ここで紹介する事例は高速道路だけで無く一般道での使用も含みます。
基本、メーカーはICCの使用は高速道路や自動車専用道路での使用を前提としております
一般道での使用は、どの程度利用できるかのテストと思って頂きたいと思います

まず初めにノートのICCの使い方ですがステアリングスイッチのメインスイッチを押してONにします
車が走り出したらSET−スイッチを押せば定速制御走行に入ります(時速30q以下ではセット出来ません)
スピードを上げたければRES+スイッチを、逆に下げたければSET−スイッチを押すことで5K毎にスピード調整が可能です
トヨタのプリウスは1キロ毎に設定可能ですので、加速性能の良いノートでは結構加速感を感じてしまいます
走り出した後は、例えば時速50キロで設定した場合ですが時速45キロで走っている先行車に追いつくと速度を45キロに落して追従を開始します
この場合ディスプレイに車のマークが表示されシステムが先行車を認識したことを知らせてくれます
車間距離は走行速度によって判断しているので一般道での車間距離は高速道路より狭くなります
また状況に応じ車間距離設定スイッチを押すことで3段階の車間距離から選択する事も可能です
赤信号などで先行車が減速・停止すると、同じように減速・停止し、ピーッという音の後ICCが解除されます
解除されると車はクリープ現象により動き始めますのでブレーキを踏む必要が有ります
先行者が青信号で走り始めたらブレーキを離してRES+スイッチを押せば前回セットされたスピード(今回の例では50キロ)で追従を再開します
この場合30キロまでスピードが上がるのを待つ必要は無く2〜3キロ程度のスピードで良いようです
なおICCはICCスイッチを再度押したり、ブレーキを踏むことでも解除されます

交通量が普通の市街地での使用感ですが、先行車がいる場合は比較的楽に運転できます
先行車が危険を察知しスピードを落とせば此方もスピードを落とし
危険が解除されスピードを上げれば此方もスピードを上げて追従を行います
問題が有るのは先行車がいない場合です、車は設定したスピード、例えば50キロで定速走行を行います
路上に駐車している車の横をすり抜けたり、人影を見かけた場合通常であればブレーキを踏んで減速したくなりますがICCはお構い無しです
最も問題なのは50キロ程度で走行中に前方に赤信号手停止している車が有る場合です
100m位近づくまでスピードを緩めません。その後減速に移り、最終的には停止します。
しかしこの100mが時に50m位になる時も有り、場合によっては急ブレーキを掛けたくなるほど近づく場合も有ります
どうやら相対速度が速い場合の判断が苦手無いようです
このようなケースの場合はシステムを信用しないで自主的にブレーキを踏んだ方が賢明です

次に高速道路ですが流石といいますか実に楽です
走行車線をアクセルもブレーキも踏むことなく快適そのものだと思います
では絶対に安全に使えるかというと、やはり注意が必要です
特に危険なのは時速100キロに設定している場合で、先行車に80キロ程度で追従している場合です
自分の降りるインターチェンジでICCをOFFにしないで本線から狭い引き込み道路へ進んだ場合
ICCは先行車が居なくなったと判断しインターの出口に向かって100キロへと加速を開始します

次にカーブの多い山道での使用感ですが先行車が居ない場合は定速走行になりますから全く使い物になりません
また先行車が居る場合ですが
カーブ手前で先行車が減速すれば、それに応じて此方もスピードを緩めます
問題は急なカーブで先行車が見えなくなると、居なくなったと判断して加速を開始するのです
先ほどの高速道路での話と同じパターンです。
加速しながらカーブを曲がるとその先には先ほどの先行車が居るわけですので今度は強めの減速が掛かることになります。
普通はカーブの手前で安全な速度まで減速して、カーブを抜けたら加速するのが普通ですから、やっていることは真逆です
そこでカーブ手前で自主的にブレーキを踏むのですが今度はE-powerの特性である強力な回生ブレーキが掛かります
モードをノーマルにして回生ブレーキを使わないようにすればスムーズに曲がることができます
カーブが終わったらRES+スイッチを押せば前回セットされたスピードで追従を開始します
この場合車間距離を詰めた方が先行車を見失うことも無くスムーズに追従できましたが
車間距離を詰めることでシステムをどの程度信用してよいか分からず結構神経を擦り減らし結果疲れました

此処まで読んできて気が付いた方もいると思うのですが
これらの操作は安全上ブレーキの上に足を軽く乗せた状態で行っています。
E-powerの優れた特性であるアクセルペダルだけで操作するワンペダル操作とは全くもって真逆の操作方法ですしエネルギーの回収も出来ません。
これではせ折角E-powerを購入した意味が有りません

現状でのICCの感想は良い点も有るが問題点も沢山あり、まだまだ開発途上の機能だと言うことです
でも、高速道路は当然ながら直線で比較的信号も少ないような道路や渋滞時には大変便利な機能だと思ました
要するにICCを安全に利用するためには使用するドライバーがその仕組むをよく理解し適材適所で使用することが求められると言う事だと思います
今後ICCは更に改良を進め一般道でも普通に使えるようなるでしょう。その頃は高速道路ではICC使用は当たり前になっているかもしれません
いずれにせよ現在の段階は自動運転へむけてドライバーが車に適応できるようになるための過渡期であると思います

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
大分県

新車価格
196万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さっぱりワヤやがなさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:91人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
333件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
71件
タブレットPC
1件
47件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5

<1年間走行しての評価>

印象:”運転するのが楽しくなる面白いクルマ" 
   ひまつぶし、ストレス解消も兼ねて遠回りして出かけることが多くなりました。
   (年間走行距離:例年 3000km → e-POWER 9000km と3倍増)

燃費:平均実燃費 22.9km/L 
   (最高 25.3km/L秋季、最低 20.4km/L夏季 走行距離 約9千キロ)
   燃費は乗り方、気温、エアコンや暖房に大きく依存しますが、
   私の目標20km/Lをオールシーズンクリアして満足です。

価格:この性能で200万円は安い
   (電気自動車の半値、大衆HV車並みの価格設定)



<特長と気に入っているのは>

1.発進加速が、断トツかつシームレスで爽快
  (速度0から最大トルクで発進:大容量モーター駆動の特長)
2.面倒くさいブレーキペダルへの踏み替え動作が、不要
  (ワンペダル走行:アクセルペダルのみで発進から停止までカバー)
3.死角が見えるので狭い離合道走行も安心
  (走行中の左前輪周辺モニターが秀逸:アラウンドビューモニター)



<気に入ったモード>

・通常走行時:Sモード
・高速巡航時:ノーマルモードDレンジ



<各モードの評価>

・Sモードは
  万能で気に入って常用してる。
  加速も抜群にいいし、回生減速でワンペダル停止までできるので、運転が楽。
  エンジン発電の起動や停止がある程度制御できるので、
  燃費も稼ぎやすくかつメリハリのあるドライブが楽しめる。
  後続車に煽られない(煽れない)
 (追随するとe-POWER 独特の俊足加速・無点灯回生減速運転で、煽りが困難。)

・ノーマルモードDレンジ
  一般道走行ではブレーキ動作必須で、
  踏み替えがめんどくさいのと走行エネルギーを捨てるので不経済。
  一方、高速道巡航時はアクセルに神経使わず惰走がやりやすいので、
  省エネ的にも有利で常用している。

・ノーマルモードBレンジは
  ノーマルモードDレンジ走行中の減速用(エンジンブレーキ的使用)だが、
  Dレンジへの戻し忘れが多く、Sモードで代用することが多い。

・ECOモード
  加速が鈍く、後続車に車間を詰められたり引き離しが難しくストレスが溜まる。
  エコランには努力が必要だがその割には、Sモードと燃費は大して変わらないように思う。
 (JC08モード等のある条件下では非常に燃費がいい(40〜50km/L)のは確認したが、なかなか都合のいい交通状況には恵まれないのが現実。)



<安全運転上役に立った装備:e-POWER X>

オプション
1.アラウンドビューモニター
2.踏み間違い防止
3.フロントバックソナー



<必須装備>

社外品
1.電気座布団orシートヒーター
2.ランバーサポート



<燃費を良くする運転方法(経験則)>

・好燃費運転3原則(Sモード)

1.加速は、手早く短時間で所定速度に 
   (だらだらと加速時間が長いと過剰発電分→無駄に充電)
2.減速は、回生ブレーキですること  
   (回生ブレーキでエネルギー回収、摩擦ブレーキはエネルギーのロス)
3.エンジンは、可能な限りアクセルワークで止める 
   (過剰発電分→無駄に充電:アクセルを数秒踏み込み離してエンジンを止める)

・暖房
1.最初はシートヒーター等電熱(速暖性、経済的)使用が賢い
2.エンジンが十分暖まってから必要に応じ暖風
3.ガラスが曇り出したら、エアコン



<騒音について>
気にする人は気にするようですが、私は気にしたことはない。
ただ、ECOモードで走ったときダラダラ加速するとエンジンが回り続ける傾向にあるような気がします。
メリハリのある加速をして、必要な時にエンジンを回し、そうでない時はエンジンを可能な限り止める運転(アクセル操作)をしたほうが良いと思うのでそうしています。
また、エンジンが回ると過剰電力がバッテリー充電に向かい満充電しかねませんので、(回生が使えない)
必要でない時は可能な限りアクセル操作でエンジンを止めた方がいいと思います。
(エンジン稼働条件を満たしている場合は、アクセル操作してもエンジン停止出来ない場合があります。)




<実燃費記録>
(満タン給油日、実燃費、走行距離)

0.H28 11/29:(納車)

1.H29 1/4 :23.0km/L  850km

2.   2/21:22.4km/L  750km

3.   3/17:24.7km/L  904km

4.   5/3 :24.7km/L 882km

5.   6/15:22.6km/L  761km

6.   7/26:20.8km/L  715km

7.   8/8 :22.0km/L  749km

8.   9/3 :20.4km/L  702km ←最低(フル冷房) 

9.  10/26:23.3km/L  853km

10. 11/16:25.3km/L  861km ←最高    

11.H30 1/10:22.5km/L  762km

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

年間平均実燃費:22.9km/L 走行距離:8800km (11回総給油量:383.8L)

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
京都府

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった73人(再レビュー後:65人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

唐津のおじさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格1
満足度1

うるさいエンジン音と振動、(腰痛悪化しました)、「追突されるかも・・・」の不安があるワンペダル(リーフは回生ブレーキで停止してもしっかりブレーキランプがついてるらしいが)・雨が降ると使い物にならないスマートミラー(あと背の低い人が運転する場合、下方向に向けると夜間は二重映りになりかなり物騒)・カタログを大きく下回るアベレージ燃費・使い勝手の悪いしインテリア・廻りに何にもないのに警報を出すセンサー(日産の担当者は前のノートでも同じようなことがあったとのこと)などなど・・・いやー本当に驚くことが多かったe-powerでした。かなりの損金になりましたがストレスなく安心して車を使いたかったので 50日の付き合いで売却しました。
サヨナラです。

追記 ナビとアラウンドビューは使い勝手が良かったけどね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車

参考になった71

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tempos555さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4
満足度4

【エクステリア】
フロントはVモーショングリルで最近の日産らしいです。ボディーカラーは青でしたが、グリル内のブルーのアクセントが少し目立たなくなってしまうのがマイナスポイントでした。
取り回しはとてもしやすく、ドアミラーの位置がとても気に入りました。バック駐車も楽にできます。
【インテリア】
e-power専用メーター、シート、シフトレバー、オートエアコンなどにより、相応に頑張ってると思いますが、デミオなどと比べると高級感では一歩劣る感じです。助手席前の収納はBOXティッシュが入るほど容量が大きいですが、財布やスマホなど手回り品を気軽における収納がもう少しあってほしかったです。
メーター自体はとても見やすく、真ん中に航続可能距離や外気温、平均燃費などがデカデカと表示されて意識的に低燃費運転ができそうです。
シートは前後とも適度な硬さです。前席はフィットHVに比べると足元が広く快適です。逆に後席は足元が少し狭まりますが、シートクッションも適度な硬さでよほど長距離を走らなければ疲れにくそうです。
【エンジン性能】
暖気終了まではエンジン音が大きめに響きます。エンジン停止状態での走行音がとても静かな分、大きく感じてしまうかもしれません。
気になっていたワンペダル走行(アクセルペダルのみで加速+減速+停止)も最初はいきなりアクセルを戻してしまいギクシャク感が凄かったですが、慣れればとても快適です。渋滞時もアクセルを少し踏み、また少し戻すだけで停止できるので非常に楽です。NORMALモードでブレーキペダルを使って停止するよりも、ECOモードを使ってアクセルペダルのみで停止した方がカックンブレーキにならず、同乗者も快適だと思いました。
モーターはとてもトルクフルで、街中でのちょっとした加速から高速の本線合流や追い越しまで、4人乗車でも難なくこなします。100km/h巡航もかなり快適でした。
【走行性能】
試乗したフィットHVと比べるともう少しキビキビ感があってもいいと思いました。高速の直線移動はとてもどっしりしていて快適でした。ワインディングを走るよりは高速向きのクルマかなと感じました。
【乗り心地】
フィットHVと比べると全体的に柔らかいです。逆にホンダ車は全体的に硬めにできてるかもしれませんね。キビキビ感はないですが、高速を降りた後のカーブでもふらつかず安定してるのでまとまりは良いと思います。
【燃費】
685km走り22L給油しました。
高速6割+空いている郊外路3割+渋滞した街中1割です。雪が舞い外気温も2度なのにエアコンは25度に設定して走行していたので、それを踏まえると優秀でした。
【価格】
もう少し内装にも高級感があってほしいですが、まあまあ妥当だと思います。
【総評】
購入時にためらいそうな部分です。
●インテリアの高級感、収納の少なさ
●後席の足元空間、フィットより少し狭い荷室
●キビキビ感に欠けるハンドリング
●走行中にエンジンが掛かった時のノイズ
これらに不満なければとても滑らかな走りでいい買い物だとおもいました。
ワンペダル走行はとても快適だった………。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Hiro4.Nakaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
スタッドレスタイヤ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5
満足度5

【エクステリア】色、形は完全に好みでカッコいい!Vモーションが目立つがe -power のブルーのLINEはもっと太くても・・・

【インテリア】プラスチックでシフトと一体のジュース置き場は使えない

【エンジン性能】現在冬期間の為、エンジン掛かる頻度は多い

【走行性能】モーターの滑らかさ、ワンペダルの使い方は直ぐ慣れる
その気になれば早いがエコ運転を目指す仕様

【乗り心地】少し硬め

【燃費】1L約20km位

【価格】少し高め

【総評】この値段で電気自動車擬きは有ります!

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
北海道

新車価格
196万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:1112人
  • ファン数:24人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
12件
203件
タブレットPC
8件
204件
デジタル一眼カメラ
8件
179件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格4
満足度5

【エクステリア】
精悍なフロントフェイスと流れるようなフォルムのバランスがよく、よくまとまったデザインだと思います。特に「Vモーショングリル」が力強い印象で、全幅169.5cmという狭いコンパクトカーながら、十分な躍動感を演出しています。ここがキリッとしているために、重たいカラーの車体色でもまとまりよく見えるので、このクルマを見た瞬間、直感的に「これならブラックでもいい」と感じました。2012年モデルのガソリン車と比べると、フロントとリアのバンパー形状やグリルが変わった程度なので、それでこれだけスタイリッシュに進化したのは、「運がいい」です。色々な意味で、このクルマには人気車になるべき運のよさが備わっているのだと感じます。

【インテリア】
内装については、多くの方が指摘されているように、いまひとつだと思います。ステアリングホイールとシフトノブ以外は、ガソリン車の2012年モデル発売当初とほとんど変わっておらず、野暮ったさを感じます。ダッシュボードとインパネ周りは、そろそろリニューアルが必要な時期かもしれません。現時点では日本のEV技術を代表するシリーズハイブリッド車なので、ナビやメーター周りなどにもっと先進感があるといいと思います。ただし、アクアと渡り合えるような、大衆エコカーだと思いますので、華美な装備が価格に跳ね返るのは避けてほしいところです。

【エンジン性能】
モーターのダイレクトな加速感は気持ちがいいです。0-3008rpmのどこからでも254N・mの最大トルクが得られるので、車重からしてかなりのビックトルクです。といっても、いざ運転してみると、決してジャジャ馬的な加速感でないことがわかります。踏んだだけスーッと加速していくなめらかな感覚で、ターボラグのある内燃機関より速度のコントロールがしやすく、ジェントルなイメージです。ただし、大排気量のターボ車にあるような、盛り上がるようなドラマチックなトルク感ではありません。実燃費については、ディーラーの営業担当者さんも言っていましたが、国産のHV車にかなわないよそうです。これはパワーバンドを積極的に使ってエンジンで発電するため、燃料をかなり使ってしまうためのようです。確かに、実際にHV車と比較してみたところ、30分くらいの試乗で、フィットHVよりメーター表示の平均燃費は3km/Lくらい低く出ていました。

【走行性能】
走る、止まる、曲がるという点だけで考えれば、すぐれていると思います。モーター駆動によるダイレクトな加減速と、ホイールベースの長さからくる直進安定性の高さ、また、意外にもクイックなステアリングと、ジェントルにもスポーティーにも走れる素養を持ち合わせています。ガソリンエンジンとモーターを搭載しているため、フロントヘビーで取り回しが悪くなるのかとも思いましたが、まったくそんなことはなく、むしろしっかりとした接地感が好印象でした。ただ…、走行性能そのものは高くても、このクルマで気になったのは【乗り心地】です。

【乗り心地】
乗り心地については、最近のコンパクトカーの中でも、よくないほうだと思います。ガソリン車より車高が低いためか、ゴーカートのような走行フィーリングがあり、スポーティーに走るぶんには楽しさがあるかもしれません。ただ、せっかくの静粛なパワートレインを備えているので、ジェントルで快適な乗り心地にも期待したいところです。試乗車はシートの作りがよいMEDALISTでしたが、荒い路面での振動や突き上げも強いので、長距離の走行では疲労感がありそうです。明らかに車体剛性とサスの動きがいま一歩だと思われます。ジェントルな乗り味に近づけるのであれば、14インチタイヤのXグレードを選んだり、標準装着タイヤの「ECOPIA EP150」を、よりグリップ力が高く静粛な「REGNO GR XI」に換えるのも方法かと思います。

【燃費】
30分程度の市街地走行であり、メーターによる平均燃費の表示なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、18km/Lくらいでした。少し重複するルートを、30分強フィットHVで試乗してみたところ、こちらもメーター表示ですが、20.6km/Lと表示されていました。しかも、ノートe-POWERでは平坦で信号待ちの少ない道での走行でしたが、フィットHVではやや長めの坂道や渋滞も含んでいますので、実燃費はHV車のほうがひとつ上なようです。発電用エンジンの改良が、今後の課題になってくるのではないでしょうか。

【価格】
売れ行き絶好調ですので、消費者には支持をされていますが、個人的にはやや高いと感じます。特に、オプションの価格が高すぎるのがいただけません。Xグレードの価格は競合車のフィットHVのFパッケージなどと同等なのに、オプションを付けていくと一気に差が開きます。ナビや、アラウンドビューモニターなどを付けていくと、Xグレードでも200万円台後半に達します。必要最低限のものだけでも230万円くらいなので、その気になれば200万円でも買えるフィットHVより30万円は高いと見込んだ方がよさそうです。ただし、そこは価値観によりけりで、先進のシリーズハイブリッドをひと足早く体験したいのであれば、ほかの車にはない満足感が得られるかもしれません。

【総評】
世界初のシリーズハイブリッド車で、これまでにないような走行フィーリングが得られ、室内はひとクラス上のクルマほど広く、価格帯もなんとか国産コンパクトカーの上位グレードクラスに収まることなど、総合的に考えれば、極めて満足度の高いクルマだと思います。特に、クルマの価値に先進のメカニズムを重視する人には、今のところ唯一無二の存在だと思います。「わが家は高級車よりエコカー」という、ある意味で「見栄っぱり」なご家庭にもピッタリでしょう。だからこそ「爆速」で売れているのではないでしょうか。

比較製品
ホンダ > FIT (フィット) ハイブリッド 2013年モデル
乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まつかげさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:106人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
0件
スマートフォン
6件
2件
au携帯電話
3件
3件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格無評価
満足度4

レンタカーで1泊2日乗りまして、感じたことをレビューさせていただきます。

【エクステリア】
普通のノートと変わらず個性がないが、飽きがこない万人向けのデザイン。
【インテリア】
ガソリンエンジンのノートに乗ったことがありますが、それと同様のプラスチック感丸出し。。
【エンジン性能&走行性能】
ここはe-power技術だけあって、スムーズに加速します。Sモードにして高速や下道を走りましたが、はじめは減速の加減がわからず、四苦八苦しました。
徐々に慣れてくると1ペダルだけで速度調整できるのは楽で良いなと感じさせられます。
【乗り心地】
レンタカーで履いてたタイヤ(エコピア)の影響か、
ロードノイズが少々耳障りに感じました。
電気の技術を使っているクルマですから、もう少し静粛性があると良いなと思います。
【燃費】
下道・高速合わせて300km(山梨方面)走らせまして
平均16.3km/Lでした。
登坂が多いぶんエンジンを回すことが多かったためかと思われます。
期待しすぎかもしれませんが、リッター20は出るかな?と予想していたので残念です。
【価格】
レンタカーのため評価なし。
【総評】
1ペダルドライブを試したくて車種指定で借りました。運転のしやすさ、小回りのききやすさを含めて売れ筋の車だなと感じました。ただ、改善してほしい部分は S or eco モードに切り替えをする際に、シフトノブの側にあるボタンを押さねばならず、位置がわかりにくい。ステアリングボタンで切り替えができたら、走行パターンに応じてこまめに変えやすいなと感じさせられたのを申し上げておきます。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

windows8&XPさん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:1736人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
28件
6件
電子ピアノ
5件
26件
ノートパソコン
6件
11件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格2
満足度3

【2017/11/19追記】
Youtubeに私のレビューをそのまま利用したと思われる動画についてですが、カカクコムさんが消去依頼をしてくださったようで、消されていました。ありがとうございました。

なぜその動画を話題にしたのかというと、以下にある「エンジン音がしない」という発言についてなのですが、色々誤解を招いてしまったようです。
エンジン音はします。聞こえてきます。でも、回転数と一致しないので、「エンジンとしての音がしない」というニュアンスだったということだけ頭に入れて読んでいただければと思います。すいませんでした。

これより下は初回のレビューと変わっていません。
******************************************************************

いつもは項目別に書いているのですが今日はちょっと違う形で書きたいと思います。

先日、ノートe-Powerの試乗会を行います〜というチラシが入っていて、丁度気になっていたので、行ってきました。
この車のシステムについて改めて説明するつもりはありませんが、かなり面白いシステムですよね。

ニッサンは、もともとリーフという電気自動車を販売しているのですが、あまり売れていません。
理由は単純で、充電スポットが少ないから。
都市部に住んでいて、週末は郊外へ遊びに行こう!と思っても、昔は充電スポットがあまりなかったため、
そんなに遠くまでは行けないし、車としてはまだまだ不十分だな・・・という印象でした。
最近はショッピングモールで買い物中に充電できたりしますが、それでも充電器の数はごくわずかで、先客が居たらどうにもできない。

今、日本の充電スポットは20932か所(http://ev.gogo.gs)らしいのですが、ガソリンスタンドの34706か所(http://www.sekiyu.or.jp/topics/data_a.html)と比べてもまだ少ないというのが現状です。
市町村当たりの平均数はたったの12台。ガソリンスタンドは一か所に3〜8台くらいあることを考えると、充電器の少なさがよくわかるでしょう。

また、ガソリンは5分くらいで給油が完了しますが、充電はそんなに早くない。
まだ電気自動車は早いかな・・・。今までならこの結論に至っていました。


しかし、やってくれましたニッサン!「ガソリンで動く電気自動車」を作ったのです!
電気自動車ならではの、中低速での太いトルク。そして低燃費。
スタートの飛び出しの良さはアクア、フィットは勿論のこと、その辺の下手なスポーツカー以上。
グーッとGがかかる感じは「これ本当にコンパクトカーか!?」と思うほど。
走りが良くて燃費もいい。言う事なしじゃないですか。

また、ペダルを離したらかなり強めの回生ブレーキがかかり、ブレーキは慣れればほぼ不要。
(ノーマルモードではかからなかったはず)
この辺はBMWのi3と同じ感じです。

基本的な内外装はノートと同じで、広さが確保されているのも美点。
メダリストだったのでクラスの中では上の方の内装でした。


但し、いい所はそれくらい。
まず、”エンジン音はしない”(追記を確認してください)のですが、モーター音も頭に響く。
「先進性」をアピールするにはこの独特な音もいい材料ですが、いやいや凄く気になる。
アクアとかはモーターで走ってもそこまで酷くない。買った後まで先進性のアピール?要らない。
そしてこのバッテリー、交換不要ですって言っていましたが、リーフのバッテリーはすぐヘタるって話ですよね?
あんまり信用できないメーカーというかディーラーというか・・・

次、結構エンジンがかかる。もうPHVでいいじゃん、ってレベル。

また、電気自動車の大きな問題。高速域になると急に燃費が落ちる。
モーターの特性上しょうがないですが、高速メインの人にとっては、うるさい、伸びがない、ガソリン喰う。最低です。
フィットのHVは高速でも燃費、走り等特に問題ないため、乗る人を選ばない「すべての人を満足させる」、CM通りの車。
一方で、この車は町乗りメインの人にしか向かない車。売れるかねぇ・・・

と思っていたらなんと販売台数1位。15000台。皆さんちゃんと考えて買いました?
遠出するには文句ないシステムになりましたが、遠出する際に使うであろう高速向けではないシステムなんですよ?


最後。ちょっと高いくせに、「それでもこの車を買う!」と思わせる魅力がない。
燃費はどっこいどっこい。内装は普通。なのにこっちのほうが20万くらい高い。話にならない。
室内の広さやまぁまぁな低燃費を魅力とする人もいるようですが、そんなのちょっと安いフィットHVでも言えること。

リーフみたいに、非常時の給電システムがあれば完璧だったと思うんです。
電気自動車の魅力はエコってだけじゃないんです。災害時も活躍してくれるから「買ってよかった」ってなるんです。
電気自動車に乗って「俺は環境を守ることができるこの車を選んでよかった!」と感じる人はごくわずか。

今の状態だと、燃費もすこぶるいいわけじゃないし、じゃ安いアクアとかのHVでいいじゃん、ってなるんですよ。燃費燃費言って飛びついた人たちは電気自動車ならではのリニアな加速感に誰も興味持たないでしょうし。

まだまだですな。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった297人(再レビュー後:60人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ラムネの父さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
15件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
ゲーム機
0件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4
満足度4

【エクステリア】
ヤル気満々でカッコイイです。
ただ、フロントバンパーのマスキングミスの為、バンパー交換しました。ニスモの場合、一台一台品質にムラがあります。
【インテリア】
ベースがノートなので、貧相ですが、必要充分です。
カップホルダーが吹き出し口についていれば、なおいいのですが。

【エンジン性能】
ゴーカートみたいです。
発電のエンジンが喧しいかも。
【走行性能】
毎日、通勤で楽しんでいます。
【乗り心地】
オーリンズいれたいです。
ノーマルでも良く粘ります。
フロントヘビーな割には、良好です。
【燃費】
20近く走りますので、充分です。
ここ何年か、30アルファードを乗り継いで、リッター6.5でしたので、神様です。
【価格】
もう少し、安くなればいいのですが、、。
【総評】
GT-R以来の日産車です。
昨今、問題が取り沙汰されていますが、車は良く出来ています。日産らしい車だと思います。
メーカーの今後に期待をしたいと思います。
また、エコカーですが、乗り味はスポーツして、楽しいくるまです。
海外のマイクラ仕様で、eパワーが日本で発売したら、今より売れると思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
埼玉県

新車価格
245万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

つぼろじんさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:149人
  • ファン数:17人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
2628件
趣味総合
0件
1231件
ニュース総合
0件
490件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3
満足度4

今回は燃費だけのレビューですが

外気温23度 エアコン温度25度で 鹿児島市内から鹿屋市まで 国道10号線を使用するルート(下道で)

33.5km.lの メーター読みでした  気温差が小さいとエアコンに使う燃料も減るんでしょうけど

かなり良い結果ですね

ただ プリウスのように EVモードのみで 上り坂でも エンジンがかからないように スイッチがあればもっと

燃費伸ばして 下り坂で充電するのだけどね

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
鹿児島県

新車価格
195万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった96人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ノート e-POWER
日産

ノート e-POWER

新車価格帯:190〜246万円

中古車価格帯:105〜272万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <335

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意