日産 ノート e-POWER 2016年モデル レビュー・評価

  • ノート e-POWERをお気に入り製品に登録 <265

ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデルのピックアップリストを作成
ノート e-POWER 2016年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

ノート e-POWERの新車

ノート e-POWERの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ノート e-POWER 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
NISMO 2016年12月12日 マイナーチェンジ 6人
X モード・プレミア 2016年12月12日 ニューモデル 3人
MEDALIST 2016年11月2日 ニューモデル 26人
S 2016年11月2日 ニューモデル 1人
X 2016年11月2日 ニューモデル 27人
満足度:4.15
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:76人 (プロレビュー:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.86 4.20 134位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.41 3.80 138位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.49 4.01 33位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.47 4.08 53位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.97 3.91 100位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.23 3.78 53位 燃費の満足度
価格 3.75 3.76 82位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ノート e-POWER 2016年モデル

ノート e-POWER 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】  
   いいと思います。

【インテリア】  
   デザイン的には良いのですが、細かな配慮がされていないように思います。(ドリンクホルダー・ゴミ袋をかけるホルダー等)

【エンジン性能】
   力もあり満足しています。

【走行性能】
   停止状態からの加速・高速走行中の加速でもこのクラスでは1番だと思います。

【乗り心地】
   低速時にエンジンがかかるとうるさい時がありますが、走りだせば全く気になりません。

【燃費】
   高速5割でしたが満タン方式で22.4q/L 画面表示で22.3q/Lでした。まだ燃費はよくなると思います。

【価格】
   他のハイブリッド車と比べても安いと思います。
【総評】
   買って良かったと思います。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
埼玉県

新車価格
224万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
15万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すねかじりマンさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度4

【エクステリア】
外観に関しては以前のノートニスモの方がフロントグリルは好きでした。
【インテリア】
簡素な感じでいい感じです。
【エンジン性能】
まだこのe-powerの仕組みについていけませんが、素晴らしいのはわかります。
【走行性能】
ホンダのフィットハイブリットやトヨタのアクアハイブリットに乗らせていただき比べたのですが日産のe-powerの加速.静粛性は別格に良く一目惚れしてしまいました。xやメダリストを試乗後にニスモを乗ったのですがさらに加速やカーブでの安定感が増し購入にいたりました。
【乗り心地】
少し硬いです。
【燃費】
納車後報告いたします。おそらく悪そう。
【価格】
2700000円
【総評】
日産のe-powerの技術は素晴らしいと思います。1クラス2クラス上の加速感・静粛性を持ち値段はかなり抑えられています。今回は日産になってしまいましたが今度買う時はトヨタやホンダやマツダやスバルにe-powerを越える技術を開発してもらいたいと思います。燃費などは順次報告させていただきます。←おそらく悪そう!

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
東京都

新車価格
245万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
30万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

だれですかさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

Bluetoothスピーカー
2件
0件
デスクトップパソコン
1件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

note e-power xの1泊2日モニタをしました。

加速が良くてとても気持ちよいです。
加速を楽しみながらも(いわゆるべた踏みです)、ペダルを徐々に離すことで無闇にブレーキを踏むことなくスムーズに減速して止まれます。それで20km/lは走っていました。止まるときのアクセルの離し加減で、走りながら徐々に減速しつつ充電させることで燃費が良くなるようです。

モニタ後にたまたま会社の仕事でアクアのレンタカーを借りましたが、同様の走りを求めて走った結果、12km/lの結果でした。
アクアも良い車と思いますが、そういう走りには向いていないのかと思います。

エンジンの掛かり具合はアクアと似ているなと感じました。
ただ、アクアはエンジンのかかる音などは安いアイドリングストップとは一線を画しているような気はしましたが、エンジン音はきちんと聞こえるし、かかるタイミングはその延長にあるのかなと。

e-powerの場合、JRのディーゼル汽車に乗っているような感じで、充電が必要なときにエンジンが勝手に回っている感じがありますが、流れに乗って走っている時はかかっていることに気づきません。ただし、べた踏み時にはアクアに似てる感じのエンジン音の存在を感じます。

しかしながら総じてスムーズで力強いモーターによる走行を感じさせてくれます。
渋滞の時などもワンペダルで運転できるため、ブレーキ踏みによる足ツリがありません。

今までに無い運転感覚でとても楽しく楽な思いをさせてもらい、もっと乗ってみたいと思わせる車でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

創造の館さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCケース
3件
0件
デジタル一眼カメラ
0件
2件
タブレットPC
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格3
満足度4

デザイン

 最近のトヨタでよくみるアニメチックなデザインとは対照的に、現代のハイテク車をイメージさせます。
 オーディオの品質も手抜きがなく、フィット同様、イコライジングチューンだけで結構良い音が得られます。ツイーターのオプション設定がないのが残念です。
 停車時にエンジンがかかるとやや煩く感じられます。このあたり3気筒の宿命。走行中はあまり気になりません。

 e-スタイリングパッケージを追加する人はニスモを検討してください。赤を上手に利用していて非常にスタイリッシュに見えます。リセールバリューを考慮すると決してソンはない選択肢です。



走り

 回生ブレーキが非常に良く出来ていてまったく違和感がありません。便利すぎて停車中ブレーキを踏まない横着をしそうです。
 走りの力強さは一級品。車重は1.2トンとやや重めですがリーフに比べ200キロも軽い。この種のクルマには珍しく、意のままにクルマを操れる感覚があります。まるでスポーツカーのようです。

 サスペンションは良く出来ていて細かい凹凸にも良く反応して動きます。高級車のようなフラットライドを実現しています。



総合

 レンジエクステンダーはトヨタのややこしいハイブリッドと違って機構がシンプルです。その特徴をコストや走りにうまく生かし、それが消費者に評価されているようです。
 試乗車の平均燃費は19km/Lでした。EV、ハイブリッドの世界も燃費は素直に重量に反比例しますので、実燃費は残念ながらアクアに負けてしまうでしょう。しかし「走り」の点はアクアをはるかに上回る魅力を獲得していると思います。


詳細レビューはこちら
http://souzouno-yakata.com/2017/01/07/19983/



乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった44人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

つぼろじんさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
2417件
趣味総合
0件
1039件
ニュース総合
0件
451件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3
満足度4

2016/12に 納車され 5か月ほど乗った感想です 走行距離7700kmほどです

1 ハンドルはトヨタ車より軽く 腕や肩に負担がかからない シートも良い

2 エンジン音や3気筒の振動は 気にならないし ナビのラジオや音楽も さほどボリュームを大きくしなくても 楽しめる

3 高速を運転しても 直進性は 私には合格レベル

4 1/1から1/28までの ひと月の平均燃費は 21.1km/l 気温が-1から4℃程度で 距離が1.8kmほどでの通勤では
  11km/l位 正月の帰省 を含めての平均 100km以上の高速での燃費は23.3km/l程 同じく 一般道では26km/lほど出る
2017/4からは 気温も春らしくなり 燃費も上がってきた 鹿児島市内〜霧島市内の往復燃費が32km/lのメーター読み
  おそらく実燃費としては 30km/l以上はいっているだろう

5 欠点としては プリウスのように EVモードが無い

6 皮ハンドルのオプションが 安くなく 市販のモノも出ていないので 残念

7 意外とフロントドアガラスの太陽の紫外線が強いので 顔が痛くなる・・・ジリジリジリジリ・・・・ってか


乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
鹿児島県

新車価格
195万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

0281のまっちゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5

エクステリアは前ノートとほとんど同じですが、マイナーチェンジで更に格好よくなっています、特にバックが。インテリアではハンドルの形状は大幅に操作面ともにアップ、またセンターの操作パネルは集中して操作面、形態ともに大幅にアップ。エンジン性能ではSモードでは気持ち良い加速でダッシュ、半世紀乗ってきた車ではない素晴らしさを体験しています。普段はエコモードをほとんど使用して楽しくドライブしています。走行性能ではハンドリングは前ノートよりもしっかりと安定してきました。また」エコモード、Sモードともブレーキペダルなして峠道のアップダウン、街中の交差点の左右折も容易であり運転方式の夜明けが日産によって始まったと思う。一度乗ったらこの車から離れられません。乗り心地でも大幅に前ノートより路面からの突き上げは少なくなって向上しています。燃費では満タン法では約2000キロ時点でリッター22キロ強を記録、これからも計測していきますが温かくなり楽しみです。最後に価額面ではいろいろな面で夜明けを運転方式で出すこの車にしてはまったく高くはありません。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
愛知県

新車価格
195万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

misiasongsさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
1件
デジタルカメラ
1件
1件
掃除機
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

昨日納車しました。見た目は派手なプレミアムコロナオレンジですが、この色に一目ぼれ
早速100kほど走りましたが、凄いの一言静粛性と加速の良さ安全性能と燃費の良さには驚きです。
会社の車がミライースなのですが、同じ走り方で19.3K/Lでしたが、epowerは昨日100kで25K/Lでした。
アクセルワークが慣れてくると、まだまだ伸びそうです。

加速性能も2Lターボクラスでスピードが乗っているのに驚かされます。これを開発するのに10年の歳月と
何十万キロの走行テストを行った成果のたまものですね。購入にあたりプリウスやGOLFとインプレッサも検討していたのですが、実用性を優先しました。長く乗るためにフルオプションです。
不満な点
ドリンクホルダーの場所でしょうか。ドアにドリンクホルダーを付けるのはやめて貰いたい。納車日に早速セブンカフェがドアを閉める際にこぼれました。('Д') その他は全く問題なし。
総評
本当に発明ですね。この車の評価を悪くつけている人がいますが
他のメーカーの回し者ですかね。私は本当に大満足です。
実際乗って確かめることをお勧めします。
イグニッションボタンを押すと充電が少ない時はエンジンが掛かります。
しかしシートベルトを付けている間にエンジンは停止で無音の発信と成ります。
エコモード走行で十分ですよ。ぐいぐい車速が上がります。そのまま加速していくと
エンジンが掛かりますが、ロードノイズの方が大きくて全く気になりません。
新幹線もモーターですからモーターを侮っては駄目ですね

前に試乗したプリウスよりも加速感が有ります。インプレッサと同等ですかね。
コナーもふらつき無くしっかり曲がります。

質感を上げるために、プレミアムホワイトインテリアを選びました。これも
メダリストを選んだきっかけです。

epowerニスモとずいぶん迷ったのですが、かみさんに派手だと反対されてこちらに
しましたが、昨日nismo実車が展示してあったので、運転席に座りましたが、落ち着いて
乗るならメダリストで良かったかなと思います。

オプションは
外装 
プレミアムコロナオレンジ 
フルエアロ 
マフラーフィニッシャー
5YEARSCOAT  
インテリジェントアラウンドビューモニターフロント&バックソナー 
LEDフォグランプ
ウィンドウ撥水 
ナンバープレートリムセット

内装 
ナビMM516D-W 
ドライブレコーダー 
ベーシックパック 
ETCユニット 
キッキングプレート
マルチラゲッジボード 
ALLLEDランプキット 
プレミアムホワイトインテリア

思い付く物は付けたと思います。長く乗りたいですね。

追記
2週間プレビューですが、やっぱり買って良かったと思います。
燃費は前のノートの倍ぐらい伸びるし、燃費対決もですが、乗ってて楽しい車です。
安全装備も十分ですし、加速性能が凄い!
0-100kが7.4秒で、何処からでもリアルに加速します。この数値は、検討していたGOLFよりも上、高いゴルフGTEハイブリッドよりも上、プリウス10秒やインプレッサ9秒台比較にならない性能です。本当にスポーツカーです。^ ^
先日ヤンチャなカプチーノに煽られて、並んだ瞬間にエコモードのフル加速でミラーから消え去りましたo(・x・)/ 途中で戦意喪失したのでしょう。
これが他の車を選んでいたら、歯痒い経験になったと思います。( ; ; )
ワンペダルの運転も低速の時もそうですが、バイパスの下りのカーブ手前での減速がブレーキ必要無しでスムーズにアクセルのみで減速出来ます。
高速の100からの加速も衰えません。楽に追い越し出来ます。
これは本当に発明ですね。
ニッサンの人が言ってましたが、今回はepowerに付けてるリーフと同じモーターは、ノートに対して少しオーバースペックなのだそうです。だから速い^ ^
久し振りに良い車と出会えました。^ ^
短い時間の試乗して、わざわざ悪い評判をココに書き込みされる方が居ます、気にしないで下さい。悪いと思うなら買わなきゃ良いのです。是非気に入った人に乗って頂きたい。
なので乗って実感してみて下さい。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった101人(再レビュー後:61人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マスタングジローさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

燃費が思ってたよりいいです。
151キロ走って26.3もありました。
高速なし、街中走行のみです。
今のところ、満足です。
エンジン掛けた時、エンジン音はうるさいけど、満足いく車です!

使用目的
通勤・送迎
買い物
重視項目
ファミリー
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
三重県

新車価格
195万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

イラついちゃって困るの〜さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格3
満足度3

新しい電気自動車と謳っているが、
モーターで走っているとしても
ガソリンを直接燃焼させてるのだから電気自動車ではなくハイブリッドだよね。


フィットハイブリッドの方が広くて使い勝手が良いし実燃費もよく、
PHVプリウスのほうが、後席の足元、燃費が良いし、走行性は同程度。
電気自動車が欲しい人にとっては全然魅力ではないし、
全てにおいて中途半端なような気もするが、日産車が欲しく
ノートから買い替えを検討してる人には魅力的なんだろう。

実燃費はエコモードでようやく他社ハイブリッド同等になるが
通常モードならリッター20k前半だと思われる。

走行性がそこそこでカタログ燃費値が良くプリウスよりも閉塞感が無いから売れているのだろうけど、
売れ行きは近いうちに落ちていくでしょうね。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DiamondDogsさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
17件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
満足度5

2017年4月現在まで2000qを走りまして、さらに気になる点が出て来ましたので再レビューします。

【エクステリア】
フロントグリルは細かい部分まであしらわれたメタル調フィニッシュやピアノブラックの意匠が高級感あふれる見た目になっています。
他にもドアミラー・前後バンパーにメタル調フィニッシュが施されていますが、あまりゴチャゴチャしておらず良いアクセントになっています。
(追記)
個人的にはよく作り込まれたグリルが輝くフロントに対して、リアデザインが少し地味かなと思いましたので、市販のガーニッシュを付けました。

【インテリア】
Xグレードがベースになっていますが、運転席にアームレストが備わり、センタークラスターのサイド部分とパワーウィンドウスイッチに専用フィニッシャー(シルバー)が施され、ステアリングは本革巻き、エアコン吹き出し口はピアノ調仕上げ。
メダリストに近い仕立てとなっており上質感があります。
ただ、シートはスエード調トリコットですが、ここまでやるならオプションでメダリストと同じように合皮シートも選べるようになっていれば良かったかと思います。
それと、電制シフトは慣れが必要なのでここは普通のシフトレバーで良かったかと思います。 
一方で電動パーキングではなかったり、普通のハンドブレーキだったりするので、もっと頑張ってほしかったです。
(追記)
あとやはり既設のドリンクホルダーが使いにくいので、インパネ両端のエアコンダクトに市販のドリンクホルダーを付けました。

【動力性能】
 「ひと踏み惚れ」のコピーに偽り無く踏めば即座に加速してくれるレスポンスの良さはどのe-POWERのグレードと同様です。
e-POWERのモードプレミアのみオプション設定があるツーリングパッケージにはファインレスポンスVCMが含まれており、そのSモードではよりアクセルの反応が鋭く感じられます。
大げさに言うと誤って少しでもアクセルを急に踏み込んでしまおうものなら、いきなり背中から突き飛ばされたかのような加速を体験することに!
注意する点としてモードプレミア+ツーリングパッケージのSモードで低い速度の走行をしていると、メダリスト等では可能だった「ワンペダルドライブ」での停車が出来ないようになっています。
モードプレミア+ツーリングパッケージで他のワンペダルによる完全停車をするにはECOモードを選択する必要があります。

【走行性能】
e-POWERのパワートレーンを持つメダリストやその他のグレードでは、通常のガソリン車と比べて100kg以上も車重の増加があるため、どうしてもハンドリングに対する車体の反応の遅れといった影響が出てしまいます。
しかしモードプレミア+ツーリングパッケージではボディの追加補強とサスペンション・電動パワステが専用チューニングされています。
納車後に高速道路を走行してみましたが、ボンネットにエンジンやモーターがギッシリと収められ車体前部がかなり重くなっている割には、車線変更で車体が大きく揺さぶられたりカーブを走行中に遠心力で意図しない大回りをすることはありませんでした。
それだけボディ剛性が上がり車体がしっかりしているということなんだと思います。

【乗り心地】
元々e-POWERが少し硬めだったので専用チューニングされたサスペンションの効果(?)もあり、乗り心地は更に硬くなった印象ですが、前述の通りツーリングパッケージによりボディ剛性が上がっているので硬いと言っても特に不快な感じはありませんでした。
また、発電するエンジンの始動もツーリングパッケージに含まれるファインレスポンスVCMにより、メダリストのように大して速度を出していなくても急にエンジンが大きな音で動き始める事がなく、少しずつエンジンの回転数があがっていくような動きになっているので、普通のガソリン車に近い自然な乗り心地になっています。
しかし、納車前にディーラ−で試乗したメダリストに比べると外からのノイズが結構入ってきますので、上質なイメージを狙ったモードプレミアであればメダリストと同様の遮音対策をしてほしかったと思います。
(追記)
高速巡航の機会が多くなってきたので、前にも増してロードノイズが気になってきました。
タイヤは横浜ゴムのS ドライブを履いていますが、より高級で静粛性の高いADVAN dBなどが良かったのではないかと思います。
また、ニスモであればよりグリップ性能が高いADVAN SPORTSを設定するなどして差別化を図るのもいいかもしれません。

【燃費】
納車前にディーラ−も説明があったのですが、市街地等の比較的低速で走行する時は良好でも、高速道路では意外と大きく悪化します。
実際、高速道路区間を走行して(車速90〜100km/h)ICから降りてすぐコンビニに入って瞬間燃費を確認すると17.6km/hで、そこからしばらく市街地を走行して目的地に到着した時に瞬間燃費を確認すると27.2km/hでした。
一般的なガソリン車(市街地では燃費悪化・高速走行では燃費良好)とは反対ですので、低燃費を過度に期待しない方がいいです。
もっともこのクルマの購入を決めた理由は燃費ではなく「ひと踏み惚れ」でしたので個人的には全く気になりません。

【価格】
正直…マイナーチェンジ直後とは言え、車両本体は4〜5年前の設計であることを考えたら高額だと思います。
でもモードプレミアに追加出来るツーリングパッケージの内容はバーゲンセールに近いお得な内容です。

【総評】
他社のハッチバック車と燃費だけを比較すれば正直…選択肢から真っ先に除外される事もありますが、e-POWERの魅力は燃費以上にモーター駆動ならではのトルクフルな走りとワンペダルドライブにあると思います。
更に上質な中にもレベルの高い走行性能を求めるのであればモードプレミア+ツーリングパッケージも検討すべきです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
佐賀県

新車価格
220万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アスラン・皿さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
72件
SSD
0件
11件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
10件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格4
満足度5

赤いステッチがナイスな、なんちゃってNISMO仕様

4/1 500Km程走行して再度投稿で思ったことを

【エクステリア】
コンパクトカーの中では格好良いと思う、NISMOは少し目立つ (^_^)

【インテリア】
見せ方だけの違いで結局プラスチックなんでこんなもんかな
NISMOの黒と赤の組み合わせはナイス V(^_^)V

【エンジン・モーター性能】
アクセルを踏んだ時の押し出し感はさすが、V36・2.5LもV37・HVもここは負けてる,登りのキックダウンが無いのが良い、流石に、踏んだ時点でトルクのピークなんでガソリン車の様な段々トルクが盛り上がって来る感覚は無い、でも何気にスピードは出てる高速域が弱いと言うが高速で本線合流後Sモードで70キロ位からアクセルぺったんこで130キロオーバーまで直ぐやけどね V(^_^)V

4/1 始動時に暖気運転をするんだが、通勤だと朝一エンジンが掛かるここを3分位止めておく設定にすれば近所迷惑にならずに広い道まで出られて助かる人が多いと思うんだが、Tはバタンとドアの音とタイヤの回る音だけさせて静か〜に出て行くけど

【走行性能】
重心が低いしNISMOが手を加えてるからか安定感が有ると思う、個人的にはエコモードがいらない、ミッションの切り替わりを制御しているなら必要だろうが、アクセル開度だけなら自分で出来るでしょう、それよりSモードは残して欲しかった。
Sモードのワンペダが面白そうだったのに無い (T_T;)

4/1 NISMOにエコモードが要る?普通のモデルなら落ち葉マークも若葉マークも有るだろうから必要なのは解るが、止まる時はアクセル操作で停止までもって行けるんで便利だが、信号が変わった時に前の車に離されて後ろの車に着かれて周りにすれば、単なるはた迷惑なモード大都会の渋滞時は良いと思うが、モードチェンジする時にエコモードも経由するんで煩わしい (T_T;)

【乗り心地】
速攻で17インチにアップしたんで良いわけ無い (T_T;)
エンジンスタートのプッシュボタンなんだがハンドルの右の方が良い、右なら長年の癖でだいたい直ぐに押せるんだが、左なら未だに見ずに押したらずれて違う所を押す、たまにエンジンが吹くので (と言っても知れてるが)なんておバカな子って笑ってしまう。

【燃費】
まだ余り走ってないです。
余り気にしていない、今までずっと一桁ばかりなので、NISMOモードでアクセルぺったんこ、した時の加速が有って18キロ位行けば御の字かなチョイ乗りに使っていた軽四が12キロ位だったんで (T_T;)

4/1 下道が60%で高速がスピード80〜90kmで40%位の比率で満タンから506km走行して22.3Lの消費でだいたい23km/L、モードは下道がNISMOで高速はSTDのBが主、和歌山は気候が良くて殆ど暖房はせずだが私の中では充〜分♪

【価格】
ここは個人の感覚の問題で、140キロでリミッターの働くエンジン音のショボイV6・2,5Lのエンジンが乗っかってると思えば安いかな、以前乗っていたV36の2.5Lと途中までは良い勝負してる、て言うか勝ってる部分が多いと思う、高速に乗ったら勝負にならんが。

【総評】
車としては面白いと思う、街中でチョット加速したい時とかストレス無く走るし、ブレーキ踏む回数が少なくなれば足回りが余り汚れないし、スポークの隙間からアルミの汚れを取るのが減るし (^_^)\

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
和歌山県

新車価格
245万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:207件
  • 累計支持数:2880人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
39件
21件
自動車(本体)
56件
3件
デジタル一眼カメラ
53件
1件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格2
満足度2

【エクステリア】
デミオのように格好良くはないですが、悪くないと感じます。

【インテリア】
こんな先進的なイメージの車でも相変わらずのオーディオレスです。
ベース車両がそろそろフルモデルチェンジ時期とはいえ、まともなナビを標準装備するか、マイナーチェンジした親会社のルーテシアのように7インチタッチスクリーン(AM・FMラジオ/USB/Bluetooth機能)くらいは標準装備すべきでしょう。

このメダリストという上級グレードの内装の質感はナビ周りの一番目立つところが、ピアノブラック風ですが、塗装していないよう?で、見た目はつるつるのプラスチック感が際立ち、高級感を感じません。車両価格250万超というクルマとしてはかなりイマイチなインテリアです。

たとえば総額で300万以下の同クラスの親会社のルノールーテシアの上級グレードでは、フルLEDヘッド、オートライト、オートワイパー、クルーズコントロール、バックソナー、USB、Bluetooth対応高音質オーディオ、照明付きバニティミラー、オーディオステアリングリモコン、キー連動格納ドアミラー、LEDマップランプ、などが標準装備となります。

上記の装備内容ではノートの上級グレード、メダリストでは唯一オートライトが標準装備ですが、あとはオプションか、設定なしとなり、これらの装備は少し上級なクルマには標準装備が常識ですが、ノートメダリストは本当に上級仕様????という残念さですね。


室内長は長く大人4人ゆったり乗れるスペースは確保していますが、後席の足元は座面と床の高低差が小さく最近の脚の長い方にはゆったりでもありません。
トランクスペースは実寸法を測り計算すると250L程度とクラス並みレベルです。

【エンジン性能】
アイドリング時からエンジン音がかなり目立ちます。
アクセルを踏み込むとエンジンは実際には一定回転ではなく、どんどん回転が上がり、エンジンで走る感が目立ちます。これは停止中にPポジションでアクセル踏み込んでも同様なので、しっかり体感出来ます。

モーターのパワーは言われるほど凄いものではありません。確かに立ち上がりの0〜50km/hあたりまでは、出足が良くて驚きますが、数度で慣れるし、ご存じのように実用走行ではそのような加速性能が求められるシーンはほとんどありません。

それより、何度か体感して冷静になってくると、フル加速時のエンジンの騒音が相当に酷くてそこまで回す気になれなくなります。
まあエンジン騒音は、このクラスの国産車ならこのレベルが普通ですが、これもルーテシアとくらべるとワンランク及びません。

【走行性能】
しっかり感はあって悪くありません。
親会社ルノーのルーテシアと比べると、イマイチです。

そもそも街乗り用を想定していると思われる車なのか?クルーズコントロールなどは装備されません。

ワンペダルドライブは面白い機能ですが、そんなに有難いとは感じませんでした。Gセンサーでブレーキランプを点灯させているらしいですが、後続車は違和感を感じるかもしれません。

【乗り心地】
前席は悪くないと感じますが、ルノーのルーテシアより高価なのに、まだまだ乗り心地も及びません。

【燃費】
試乗のためわかりませんが、かなり踏み込んで、16km/lと表示されていました。

以前にルーテシアをレンタカーで借りたことがありますが、250kmほどおよそ高速半分、市街地半分という条件で満タン法での実燃費が16km/lでした。高速を長距離だともっと伸びるでしょう。ルノールーテシアは、ターボ付きで実用的に速いので苛つくこともなく、ノート e-POWERと実用的なパワー感では互角以上のものがあります。

ノート e-POWERは燃費のアドバンテージについてもルノールーテシアと大差ないことも予想されます。

もしも燃費目当てで購入検討されているのならば、日産レンタカーで安く貸してくれるので、できれば半日〜1日借り出して満タン法による実燃費チェックをした方が良い気がします。実燃費が悪いというレビューもあり、購入前に十分なチェックをお勧めします。

あとは、ノートeパワーはカタログで電気自動車だと記載していますが、一般的な電気自動車に対して支給される、補助金対象ではありません。


【価格】
普通に必要なものを揃えたら車両価格で250万を軽く超えます。
ディーラーの方によると、スポイラーなどを少し追加したりすると、総額は300万超えるとのこと。


【総評】
個人的な意見ですが、特殊な装備があるとはいえノートという普通の小さなクルマが総額300万円...この価格にはビックリ仰天!!です。

ノートは手頃な価格のコンパクトカーだったはずですが、これは先進的???なクルマかもしれませんが....見た目は単なる地味なコンパクトカーで、装備も貧弱で同じ予算未満で買えるルノールーテシアと比べたら、相当にレベル低いです。なのに総額300万.....どうしてこうなってしまうのでしょう??

もしも総額300万円あれば、ひとクラス上のプリウス、アクセラ、インプレッサは勿論、輸入車のプジョー308あたりも低グレードなら買えます。これらのクルマはノートと並べたら、見た目の高級感、装備の充実度、内装の質感、所有することの満足感、走り、居住性、トランク容量、安全性、などで優位性を持っており、どうしても小さいことをが利点でないとすれば、ノートには何一つとしてアドバンテージは存在しません。

ノートeパワーに300万円出すのは個人的には、時間が経つに従い残念感が残る買い物になりそうな気配が漂い、到底おススメは出来ません。

もしも、小さいクルマが良ければ、たとえばノート e-POWER より低価格でカッコよく、さまざま装備が充実して、走りも良く、実燃費も意外と良いルノールーテシアが良いでしょう。多少トラブルのリスクはあるかもしれませんが、買った後にそれ以上の満足が長く続くと思いますよ。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった138人(再レビュー後:52人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

9071hotmanさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

アイロン
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能1
走行性能5
乗り心地5
燃費1
価格1
満足度1

エコモードで長距離走ってもリッター16キロしか走りません。カタログの半分以下ってあり得るのかな。最悪。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週3〜4回
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
千葉県

新車価格
195万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった46

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ホリデ〜イさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
1件
エアコン・クーラー
2件
0件
シェーバー
1件
1件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

前に興味本位でカーシェアーでリーフを何回か利用し、その加速のよさとクラウン級の快適さに感心していました。購入したいとまで思いましたが、やはり走行距離と価格、そしてデザインが?のため、あきらめました。
そのため、ノートe-powerにはとても興味があり、一度試乗したいと思い、今回日産レンタカーで約半日利用しました。
コースは都内からアクアライン経由で、千葉の「東京ドイツ村」と「木更津アウトレット」を往復し、そのあと都内を2時間ほど走り、走行距離は170kmほどでした。

みなさんキチンと項目だてだれて書かれていますが、私はポイントのみ列挙させていただきます。

<エクステリア>
ノートのデザインは嫌味がなくスマートで好きでしたが、初代よりやや老けた感じが気になっていました。しかし今回のMCでバンパー下部などが直線的となり、引き締まった感じがGOODです。また前後ランプがシャープになり、ボディーカラーもセンスがよくなったため、全体に質感が向上したきがします。

<インテリア>
あまり変わってないため、高級感はないですが、外観同様嫌味がなくてよいと思います。ただしセンタークラスターのピアノブラックは、指紋が付着っしそうで、いかがかと思います。全席下にバッテリーが搭載され、後席で足元がやや狭くなりましたが、元々とても広いので特に問題はない気がしました。

<動力性能>
リーフ同様一般道では、圧倒的です。あまり皆さんはされないでしょうが、Sモードで停止常態から一気にアクセルを踏み込むと、油断しているスーパーカーも引き離せる加速です(しかもウルトラスムーズ)。ECOモードでも十分で、都内の一般道ではミズスマシのようにスイスイ走り気持ちよいです。今回高速を走りましたが、そもそも最高速度が145kmなので不安がありましたが、少なくとも130kmぐらいまでの追い越し加速では、とても力強くスムーズで問題はありません。

<快適性>
唯一の弱点は、エンジンが3気筒でノイジーなことです。しかしこれも駐車場内の移動など極低速(20kmぐらい)では、エンジンが起動すると振動と騒音でややビックリしますが、それ以上の30km以上ではほとんど気になりません。特に高速走行や追い越し加速ではエンジンの回転数が上がるため、かなり喧しいのではと思いましたが、殆ど気にならずとても快適です。
また、乗り心地も通常のノートとは大違いで、どっしりと重厚感があり、またサスペンションもよく働きボディーの剛性も高いため、欧州車のようです。
特筆ものは、やはりECO&Sモードのワンペダル走行です!もともと微妙なアクセルワークは得意ですが、もうほとんどブレーキを踏まずに済みます。すぐに慣れて、電車感覚のスムーズな停止マナーを味わうと、もはや普通のクルマには戻れないぐらい画期的なシステムと思います(しかもエンジン車で!)。今回、高速上で渋滞や混雑にはまりましたが、これもワンペダルが超ラクチンです。
結論でいえば、極低速時はノイジーですが、それ以外は快適至極で、プリウス(新型は乗っていません)も危うい快適性なのではと思います。

<燃費>
私は、ハイブリッドにはレンタカーでは何回かプリウスやアクアに乗っていますが、それら車種の燃費がどの程度かはわかりませんが、今回ののノートe-powarの燃費は素晴らしかったです。全体170km旅程のうち約半分の85kmが高速で、しかもその50%ぐらいが渋滞&混雑でしたが、結果はメーター上で約27km/Lでした。しかも最後GSで満タンにした際は5Lしか入らず原付なみの燃費でした。
詳細を述べると、確かに100km以上で頻繁にアクセルをふかすと、燃費が悪化する傾向にあると思います。しかし他のハイブリッドも同様ですが、メーターでECOレベルの加速を心がければ、さほど悪化はしない気がします。また25km程度に燃費が落ちても、渋滞や混雑に嵌るとバッテリー走行が多くなり、どんどん27kmあたりを目指す勢いでした(都内の一般道でも同様)。
今回の走行の結果からは、都内の一般道では、ECOモードで普通に走り、たまに急加速し、渋滞にはまるなどの状況でも、25〜27km/Lぐらいの燃費性能かと思いました。これはアクアやプリウスと比較しても、多分同様なのではと思いますが、動力性能や快適性を考えれば、なかなかの性能と思います。

<総論>
発明とは思いませんが、エンジン動力のモーター駆動&ワンペダルの使い勝手や快適性は、かなり画期的で快適&痛快なクルマだと感じました。
特にワンペダルの快適性をと楽しさを知ると、さまざまな安全デバイスとの統合を含め、このシステムが世界標準になるような気がします(イノベーションかしれませんね)。エンジンが4気筒などによりもう少し低速度でスムーズになり(しかし3気筒だから収まっているため難しいかも)、SUVや上級車種にも展開されれば、買換えを検討したいと思いました・・・現状でも十分に魅力的ですが。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった43

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kt0325さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5

e11ノートから乗り換え。購入前にレンタカーでアクアなど競合車種に試乗済みです。

走行モードはs固定で乗っています。

【エクステリア】
威圧感や子供っぽさを抑えた、落ち着いたデザインだと思います。

背が高くない割にフロントガラスが大きく着座姿勢が立っているせいか、目線が高めになり道路状況などわかりやすいです。

【インテリア】
高級感はありませんが、変な飾りもなく運転の邪魔になりません。走行中は外と計器、同乗者しか見ないので重視もしていませんし。

メーターは見やすいです。燃費計とエネルギーフローを見ながらなら、比較的簡単にこのシステムと馴染めます。

シートは座りやすいですし、荷物はたくさん積め、後部座席もなかなか快適です。

ただ、e11ノートと比べて細かい収納スペースがなくなったのが痛いです。

【エンジン性能】
これは法定速度内であれば圧倒的な性能です。MTのような反応の良さがありつつ滑らかで、加速も後方車両をすごい勢いで置き去りに出来るほどあります。
結構な登りでも、実に軽快に進みます。
また、ワンペダル走行になれれば、ペダル踏み替え分の遅延がまるまるなくなるため、実用ではとんでもなく速いです。

また、とにかく滑らかに進むため、ほかのクルマなら同乗者に文句を言われかねない加速でも、ほとんど苦情が来ない快適さがあります。新幹線みたいな感じです。

エンジン音は静かで、基本走行中にかかるので、ほとんど気になりません。ただ、音質は軽自動車のそれです。
発電やブレーキ負圧生成のために走行状態に関わりなくエンジンがかかるので、慣れるまではびっくりします。これも電車みたいなものと思えば納得出来ます。

高速は、発電機は素のノートと同等の性能なので上は伸びませんが、即座に加速するため追い越しや加速が楽です。騒音も低いため、言われるほど不得手な訳ではないようです。

このクルマには協調回生ブレーキがついていませんが、ワンペダル走行している限り、ショックレスに停車し、停車後安全のためフットブレーキを踏むだけなので、なくても困りません。


【走行性能】
峠にはまだ行っていませんが、一般道や高速では安定感があり、不安感がありません。簡易なドア開口部強化をしてからはさらにどっしり感が出ました。

ワンペダル走行は、慣れるともうこれ以外は無理だと思えるくらい楽ちんです。
ブレーキを踏めばクリープが出るので車庫入れもコツをつかめば楽に出来、モーターの制御性の高さ故微速前進も簡単に出来ます。細い道で歩行者と同じ速度で走ることが出来るのはすごいです。

また、オプションのスマートルームミラーは絶対につけるべきです。運転に慣れていても、これは安全で便利です。車両周囲360度を一目で監視出来るため、街中での安全性が違います。

【乗り心地】
乗り心地はいいですが、ここまで静かだとロードノイズがきつく感じます。タイヤはそのうち交換してみます。

不安だった高速での騒音もさほど大きくなく、楽に会話できます。

Xは遮音が甘いですが、簡易的なデッドニングをするだけでかなり良くなります。きちんとしたアンプとスピーカーを入れれば音楽も楽しめます。
デッドニングは、ドアの閉まる音も安物感がへるので、おすすめです。

下道のみで長距離ドライブも疲れません。

【燃費】
燃費は町乗りメインなら2名乗車で山越えありでも25km/l、高速なら22km/l程度はでます。
穏やかにアクセル操作すると出来るだけバッテリーで走行し、まとめてゆっくり充電するようなので、燃費が伸びます。
ワンペダル走行だけで、極力ブレーキをつかわないように心がけておけば極端に悪くなることはありません。

【価格】
やはり高めで、ガソリン代等で元を取るのはきついですが、こんな快適なクルマが200万で買える、と考えれば安いものです。

【総評】
運転して楽しい、同乗者に優しい、会話も弾む、荷物も積める、燃費もいいと、私にとって最高の一台です。
nismoも考えましたが、ワンペダル走行に向いていなさそうなのと発電機制御が効率最優先でないため、通常グレードにしました。xでも十分高性能なので、町乗りメインでしたらこちらがおすすめです。

ただ、この性能を引き出すにはワンペダル走行が必須、そのためには普段から丁寧なアクセルワークが求められるので、そこだけは要注意です。
mt運転出来る方なら、フローメーターを見ながらしばらくsモードで練習すれば大丈夫です。

普通のクルマに乗れない体になるのが最大の欠点ですね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
京都府

新車価格
195万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

ノート e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ノート e-POWER
日産

ノート e-POWER

新車価格帯:177〜245万円

中古車価格帯:145〜269万円

ノート e-POWER 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <265

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意