『高コスパとメディアに促されることなかれ』 ASUS ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック] はねのスパークリングさんのレビュー・評価

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]

5.2型スマートフォン

ご利用の前にお読みください

 
ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > ASUS > ZenFone 3 SIMフリー > ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]

『高コスパとメディアに促されることなかれ』 はねのスパークリングさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:1285人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
18件
1件
タブレットPC
8件
3件
もっと見る
満足度1
デザイン4
携帯性4
レスポンス3
画面表示3
バッテリー3
カメラ無評価
高コスパとメディアに促されることなかれ


まったくもってASUSは何もかもちゃんとしてない
ASUSの製品はオススメしません。

【デザイン】

背面ガラスで綺麗ですね。
ここだけは最高に気に入ってます。
つるつるすべるのでケースかバンカーリングをつけないと落とすかもしれません。
カメラのでっぱりが大きなマイナス。

【携帯性】

5.2インチも一昔前の5インチレベルまで軽量化とコンパクト化が進み携帯しやすくなったし取り扱いしやすくなりました。

【ボタン操作】

アンドロイドに大差はないので平均点。

【文字変換】

グーグル日本語入力で統一しているためこれも平均。

【レスポンス】

エイスースはここだけは昔から割りとよく出来ていてスルスル動く、特段引っかかることもあまりない。
私がスマホで一番使用する用途はウェブでの検索です。
そのときの読み込みの速さでいつも評価します。アプリの立ち上げ速度なんてどうでもいいです。
ZenFone 3はベンチマーク6万程度にしてはそこそこ読み込みが早いです、比較されるであろうp9ライトとほぼ同等。

メモリが増えれば立ち上げ速度や読み込みが飛躍的に上がると思われている方もいますがそんなことはない。
メモリ6gをしようしているがそんな恩恵を感じたことはない、むしろメモリが無駄に多いためにバッテリーの消費がとんでもない。
4gが理想。それ以上はあくまでも自己満足の世界。


【メニュー】

エイスース独自の使えないアプリが大量に入っているため邪魔だしUIも特別使いやすくもないですし使いにくくもない。
端的に言うと相変わらず変化していない。

【画面表示】

ここにも苦言を呈したいがフルHDあれば十二分。
このご時勢で画面に文句を言う人はいないだろう。
好みの問題もありますし、実機をいろいろ触ってみてご自身の目で見て決めることを強く勧めます。
ここでどうこう言われてることに踊らされるのは良くない。
2kディスプレイは自己満、フルHDで何の文句もないです。
少し青みがかっているのでそれも自身の目でご確認を。

【通話音質】

ライン通話しかしないので平均点。

【呼出音・音楽】

メイン機で音楽を聴くためこの機種にそこまで求めていません、平均点。

【バッテリー】

もたないってこともないけど持つって事もない。
平均よりは持たない印象。
ようつべでZenFone 3とp9ライトのバッテリーの減りはほぼ変わらないと言っている方がいましたがそんなことはない。
p9ライトの圧勝です。
ZenFone 3のバッテリーは2650 mAh程度で使い始めて一週間やそこらで比較レビューを上げることがどうかと思う。
こういった差は一ヵ月後二ヵ月後に広まってくる。
2650 mAhというバッテリー容量は相当少ないと思ってくれていい。

省電力化がすすんでいるんだろ?と言われますが省電力化よりも意味のない2kディスプレイやメモリの増加で以前のスマホと変わりないかもしくは落ちています。
過度な期待は禁物。
私は当然ですがスマホをいじくり倒すためバッテリー容量は重視します。
日本価格の42700円でこれでは話にならない。

【総評】

肝心の国内版との比較ですが。
差はないです。
バンド周波数にも変化はない、台湾版は日本語化しても完全な日本語にはならない。
中華フォントになる(当然解決策はある)
ですが平行輸入品はスマホの知識がない方は買わないほうが懸命。
初期不良が当たり前のエイスースの製品をろくな保障もなしに購入するのはよろしくない。

買いか買いではないかは個人の用途にも寄るだろうが私はこの価格で購入したことを少し後悔している。

これから購入検討する方は自分の用途は何かを明確にしてからいろいろな機種と自身の目で比較して購入してください。
ゲームをするならこの機種はお薦めできない。
あくまでもライトに使う格安スマホライトユーザーが購入層でしょう。

ガジョット好きの方がこれを購入しないとは思いますが・・・
念のため、特段面白い機能もなければ先進的な機能もありませんしいい意味でおとなしい、悪い意味で面白みが全くない。
それが全てです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−---------------------------------

追記です。

DSDS運用は人によっては便利だと思われます。
ですが格安スマホを使いたがるライトユーザー層でDSDSを使用するかといわれればNOでしょう。
シム選びですら苦戦するライトユーザーさんがダブルスタンバイだの言われてもちんぷんかんぷんです。
スマホの個人販売をしていて一番聞かれることはシムについてです。
このシムはこの携帯に使えますか?調べれば一分でわかるような質問をされるくらいライトユーザーさんはなにも知識がありません。

ASUSさんの機体はスマホやタブレット問わず絶対といってもいいほど不具合や故障が出ます。
しばらく使ってみて思うことは
・電波の掴みがあまり得意ではない。
・バッテリーの持ちはやはりよくない。(劣化が早い)
・カメラが今時ではごくごく普通、でも明るい写真が取れるから悪くない。
・輸入品をここで安易に進めるひとがいるが知識のない人は高くても日本版を買ったほうがいい。保障なども含めリスクが大きい。
・2台あるので一台は裸で使って耐久を試していたのですがやはり背面がとくに傷がつきやすい、前面は傷がつきにくいがゴリラガラスの特性上擦り傷に弱いようですので注意。小銭と同じポケットに入れると簡単に傷がつきます。
・レスポンスはとてもいい、スナドラ820と差をそこまで感じない。
・やはり2.5D液晶は本当に勘弁してほしい!完全に流行のようでどの機種にも丸みを帯びさせるために2.5Dを採用していますが保護フィルムはれませんからwなんで全面覆えないのが当たり前になっているのか理解に苦しむ。両脇一ミリ画面から見切れる保護ってそれは保護じゃないですから・・・このへんな流行が早くなくなってほしいです。

参考になった213人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
デザイン4
携帯性4
レスポンス4
画面表示3
バッテリー3
カメラ無評価
高コスパとメディアに促されることなかれ

私は現地で24000円で購入。
国内版も比較のため購入した上でレビューします。


【デザイン】

背面ガラスで綺麗ですね。
ここだけは最高に気に入ってます。
つるつるすべるのでケースかバンカーリングをつけないと落とすかもしれません。
カメラのでっぱりが大きなマイナス。

【携帯性】

5.2インチも一昔前の5インチレベルまで軽量化とコンパクト化が進み携帯しやすくなったし取り扱いしやすくなりました。

【ボタン操作】

アンドロイドに大差はないので平均点。

【文字変換】

グーグル日本語入力で統一しているためこれも平均。

【レスポンス】

エイスースはここだけは昔から割りとよく出来ていてスルスル動く、特段引っかかることもあまりない。
私がスマホで一番使用する用途はウェブでの検索です。
そのときの読み込みの速さでいつも評価します。アプリの立ち上げ速度なんてどうでもいいです。
ZenFone 3はベンチマーク6万程度にしてはそこそこ読み込みが早いです、比較されるであろうp9ライトとほぼ同等。

メモリが増えれば立ち上げ速度や読み込みが飛躍的に上がると思われている方もいますがそんなことはない。
メモリ6gをしようしているがそんな恩恵を感じたことはない、むしろメモリが無駄に多いためにバッテリーの消費がとんでもない。
4gが理想。それ以上はあくまでも自己満足の世界。


【メニュー】

エイスース独自の使えないアプリが大量に入っているため邪魔だしUIも特別使いやすくもないですし使いにくくもない。
端的に言うと相変わらず変化していない。

【画面表示】

ここにも苦言を呈したいがフルHDあれば十二分。
このご時勢で画面に文句を言う人はいないだろう。
好みの問題もありますし、実機をいろいろ触ってみてご自身の目で見て決めることを強く勧めます。
ここでどうこう言われてることに踊らされるのは良くない。
2kディスプレイは自己満、フルHDで何の文句もないです。
少し青みがかっているのでそれも自身の目でご確認を。

【通話音質】

ライン通話しかしないので平均点。

【呼出音・音楽】

メイン機で音楽を聴くためこの機種にそこまで求めていません、平均点。

【バッテリー】

もたないってこともないけど持つって事もない。
平均よりは持たない印象。
ようつべでZenFone 3とp9ライトのバッテリーの減りはほぼ変わらないと言っている方がいましたがそんなことはない。
p9ライトの圧勝です。
ZenFone 3のバッテリーは2650 mAh程度で使い始めて一週間やそこらで比較レビューを上げることがどうかと思う。
こういった差は一ヵ月後二ヵ月後に広まってくる。
2650 mAhというバッテリー容量は相当少ないと思ってくれていい。

省電力化がすすんでいるんだろ?と言われますが省電力化よりも意味のない2kディスプレイやメモリの増加で以前のスマホと変わりないかもしくは落ちています。
過度な期待は禁物。
私は当然ですがスマホをいじくり倒すためバッテリー容量は重視します。
日本価格の42700円でこれでは話にならない。

【総評】

肝心の国内版との比較ですが。
差はないです。
バンド周波数にも変化はない、台湾版は日本語化しても完全な日本語にはならない。
中華フォントになる(当然解決策はある)
ですが平行輸入品はスマホの知識がない方は買わないほうが懸命。
初期不良が当たり前のエイスースの製品をろくな保障もなしに購入するのはよろしくない。

買いか買いではないかは個人の用途にも寄るだろうが私はこの価格で購入したことを少し後悔している。

これから購入検討する方は自分の用途は何かを明確にしてからいろいろな機種と自身の目で比較して購入してください。
ゲームをするならこの機種はお薦めできない。
あくまでもライトに使う格安スマホライトユーザーが購入層でしょう。

ガジョット好きの方がこれを購入しないとは思いますが・・・
念のため、特段面白い機能もなければ先進的な機能もありませんしいい意味でおとなしい、悪い意味で面白みが全くない。
それが全てです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−---------------------------------

追記です。

DSDS運用は人によっては便利だと思われます。
ですが格安スマホを使いたがるライトユーザー層でDSDSを使用するかといわれればNOでしょう。
シム選びですら苦戦するライトユーザーさんがダブルスタンバイだの言われてもちんぷんかんぷんです。
スマホの個人販売をしていて一番聞かれることはシムについてです。
このシムはこの携帯に使えますか?調べれば一分でわかるような質問をされるくらいライトユーザーさんはなにも知識がありません。

ASUSさんの機体はスマホやタブレット問わず絶対といってもいいほど不具合や故障が出ます。
しばらく使ってみて思うことは
・電波の掴みがあまり得意ではない。
・バッテリーの持ちはやはりよくない。(劣化が早い)
・カメラが今時ではごくごく普通、でも明るい写真が取れるから悪くない。
・輸入品をここで安易に進めるひとがいるが知識のない人は高くても日本版を買ったほうがいい。保障なども含めリスクが大きい。
・2台あるので一台は裸で使って耐久を試していたのですがやはり背面がとくに傷がつきやすい、前面は傷がつきにくいがゴリラガラスの特性上擦り傷に弱いようですので注意。小銭と同じポケットに入れると簡単に傷がつきます。
・レスポンスはとてもいい、スナドラ820と差をそこまで感じない。
・やはり2.5D液晶は本当に勘弁してほしい!完全に流行のようでどの機種にも丸みを帯びさせるために2.5Dを採用していますが保護フィルムはれませんからwなんで全面覆えないのが当たり前になっているのか理解に苦しむ。両脇一ミリ画面から見切れる保護ってそれは保護じゃないですから・・・このへんな流行が早くなくなってほしいです。

参考になった52

満足度3
デザイン4
携帯性4
レスポンス4
画面表示3
バッテリー3
カメラ無評価
高コスパとメディアに促されることなかれ

私は現地で24000円で購入。
国内版も比較のため購入した上でレビューします。


【デザイン】

背面ガラスで綺麗ですね。
ここだけは最高に気に入ってます。
つるつるすべるのでケースかバンカーリングをつけないと落とすかもしれません。
カメラのでっぱりが大きなマイナス。

【携帯性】

5.2インチも一昔前の5インチレベルまで軽量化とコンパクト化が進み携帯しやすくなったし取り扱いしやすくなりました。

【ボタン操作】

アンドロイドに大差はないので平均点。

【文字変換】

グーグル日本語入力で統一しているためこれも平均。

【レスポンス】

エイスースはここだけは昔から割りとよく出来ていてスルスル動く、特段引っかかることもあまりない。
私がスマホで一番使用する用途はウェブでの検索です。
そのときの読み込みの速さでいつも評価します。アプリの立ち上げ速度なんてどうでもいいです。
ZenFone 3はベンチマーク6万程度にしてはそこそこ読み込みが早いです、比較されるであろうp9ライトとほぼ同等。

メモリが増えれば立ち上げ速度や読み込みが飛躍的に上がると思われている方もいますがそんなことはない。
メモリ6gをしようしているがそんな恩恵を感じたことはない、むしろメモリが無駄に多いためにバッテリーの消費がとんでもない。
4gが理想。それ以上はあくまでも自己満足の世界。


【メニュー】

エイスース独自の使えないアプリが大量に入っているため邪魔だしUIも特別使いやすくもないですし使いにくくもない。
端的に言うと相変わらず変化していない。

【画面表示】

ここにも苦言を呈したいがフルHDあれば十二分。
このご時勢で画面に文句を言う人はいないだろう。
好みの問題もありますし、実機をいろいろ触ってみてご自身の目で見て決めることを強く勧めます。
ここでどうこう言われてることに踊らされるのは良くない。
2kディスプレイは自己満、フルHDで何の文句もないです。
少し青みがかっているのでそれも自身の目でご確認を。

【通話音質】

ライン通話しかしないので平均点。

【呼出音・音楽】

メイン機で音楽を聴くためこの機種にそこまで求めていません、平均点。

【バッテリー】

もたないってこともないけど持つって事もない。
平均よりは持たない印象。
ようつべでZenFone 3とp9ライトのバッテリーの減りはほぼ変わらないと言っている方がいましたがそんなことはない。
p9ライトの圧勝です。
ZenFone 3のバッテリーは2650 mAh程度で使い始めて一週間やそこらで比較レビューを上げることがどうかと思う。
こういった差は一ヵ月後二ヵ月後に広まってくる。
2650 mAhというバッテリー容量は相当少ないと思ってくれていい。

省電力化がすすんでいるんだろ?と言われますが省電力化よりも意味のない2kディスプレイやメモリの増加で以前のスマホと変わりないかもしくは落ちています。
過度な期待は禁物。
私は当然ですがスマホをいじくり倒すためバッテリー容量は重視します。
日本価格の42700円でこれでは話にならない。

【総評】

肝心の国内版との比較ですが。
差はないです。
バンド周波数にも変化はない、台湾版は日本語化しても完全な日本語にはならない。
中華フォントになる(当然解決策はある)
ですが平行輸入品はスマホの知識がない方は買わないほうが懸命。
初期不良が当たり前のエイスースの製品をろくな保障もなしに購入するのはよろしくない。

買いか買いではないかは個人の用途にも寄るだろうが私はこの価格で購入したことを少し後悔している。

これから購入検討する方は自分の用途は何かを明確にしてからいろいろな機種と自身の目で比較して購入してください。
ゲームをするならこの機種はお薦めできない。
あくまでもライトに使う格安スマホライトユーザーが購入層でしょう。

ガジョット好きの方がこれを購入しないとは思いますが・・・
念のため、特段面白い機能もなければ先進的な機能もありませんしいい意味でおとなしい、悪い意味で面白みが全くない。
それが全てです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−---------------------------------

追記です。

DSDS運用は人によっては便利だと思われます。
ですが格安スマホを使いたがるライトユーザー層でDSDSを使用するかといわれればNOでしょう。
シム選びですら苦戦するライトユーザーさんがダブルスタンバイだの言われてもちんぷんかんぷんです。
スマホの個人販売をしていて一番聞かれることはシムについてです。
このシムはこの携帯に使えますか?調べれば一分でわかるような質問をされるくらいライトユーザーさんはなにも知識がありません。

ASUSさんの機体はスマホやタブレット問わず絶対といってもいいほど不具合や故障が出ます。
しばらく使ってみて思うことは
・電波の掴みがあまり得意ではない。
・バッテリーの持ちはやはりよくない。(劣化が早い)
・カメラが今時ではごくごく普通、でも明るい写真が取れるから悪くない。
・輸入品をここで安易に進めるひとがいるが知識のない人は高くても日本版を買ったほうがいい。保障なども含めリスクが大きい。
・2台あるので一台は裸で使って耐久を試していたのですがやはり背面がとくに傷がつきやすい、前面は傷がつきにくいがゴリラガラスの特性上擦り傷に弱いようですので注意。小銭と同じポケットに入れると簡単に傷がつきます。
・レスポンスはとてもいい、スナドラ820と差をそこまで感じない。
・やはり2.5D液晶は本当に勘弁してほしい!完全に流行のようでどの機種にも丸みを帯びさせるために2.5Dを採用していますが保護フィルムはれませんからwなんで全面覆えないのが当たり前になっているのか理解に苦しむ。両脇一ミリ画面から見切れる保護ってそれは保護じゃないですから・・・このへんな流行が早くなくなってほしいです。

参考になった46

満足度3
デザイン3
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー2
カメラ無評価
高コスパとメディアに促されることなかれ


私は現地で24000円で購入。
国内版も比較のため購入した上でレビューします。


【デザイン】

背面ガラスで綺麗ですね。
ここだけは最高に気に入ってます。
つるつるすべるのでケースかバンカーリングをつけないと落とすかもしれません。
カメラのでっぱりが大きなマイナス。

【携帯性】

5.2インチも一昔前の5インチレベルまで軽量化とコンパクト化が進み携帯しやすくなったし取り扱いしやすくなりました。

【ボタン操作】

アンドロイドに大差はないので平均点。

【文字変換】

グーグル日本語入力で統一しているためこれも平均。

【レスポンス】

エイスースはここだけは昔から割りとよく出来ていてスルスル動く、特段引っかかることもあまりない。
私がスマホで一番使用する用途はウェブでの検索です。
そのときの読み込みの速さでいつも評価します。アプリの立ち上げ速度なんてどうでもいいです。
ZenFone 3はベンチマーク6万程度にしてはそこそこ読み込みが早いです、比較されるであろうp9ライトとほぼ同等。

メモリが増えれば立ち上げ速度や読み込みが飛躍的に上がると思われている方もいますがそんなことはない。
メモリ6gをしようしているがそんな恩恵を感じたことはない、むしろメモリが無駄に多いためにバッテリーの消費がとんでもない。
4gが理想。それ以上はあくまでも自己満足の世界。


【メニュー】

エイスース独自の使えないアプリが大量に入っているため邪魔だしUIも特別使いやすくもないですし使いにくくもない。
端的に言うと相変わらず変化していない。

【画面表示】

ここにも苦言を呈したいがフルHDあれば十二分。
このご時勢で画面に文句を言う人はいないだろう。
好みの問題もありますし、実機をいろいろ触ってみてご自身の目で見て決めることを強く勧めます。
ここでどうこう言われてることに踊らされるのは良くない。
2kディスプレイは自己満、フルHDで何の文句もないです。
少し青みがかっているのでそれも自身の目でご確認を。

【通話音質】

ライン通話しかしないので平均点。

【呼出音・音楽】

メイン機で音楽を聴くためこの機種にそこまで求めていません、平均点。

【バッテリー】

もたないってこともないけど持つって事もない。
平均よりは持たない印象。
ようつべでZenFone 3とp9ライトのバッテリーの減りはほぼ変わらないと言っている方がいましたがそんなことはない。
p9ライトの圧勝です。
ZenFone 3のバッテリーは2650 mAh程度で使い始めて一週間やそこらで比較レビューを上げることがどうかと思う。
こういった差は一ヵ月後二ヵ月後に広まってくる。
2650 mAhというバッテリー容量は相当少ないと思ってくれていい。

省電力化がすすんでいるんだろ?と言われますが省電力化よりも意味のない2kディスプレイやメモリの増加で以前のスマホと変わりないかもしくは落ちています。
過度な期待は禁物。
私は当然ですがスマホをいじくり倒すためバッテリー容量は重視します。
日本価格の42700円でこれでは話にならない。

【総評】

肝心の国内版との比較ですが。
差はないです。
バンド周波数にも変化はない、台湾版は日本語化しても完全な日本語にはならない。
中華フォントになる(当然解決策はある)
ですが平行輸入品はスマホの知識がない方は買わないほうが懸命。
初期不良が当たり前のエイスースの製品をろくな保障もなしに購入するのはよろしくない。

買いか買いではないかは個人の用途にも寄るだろうが私はこの価格で購入したことを少し後悔している。

これから購入検討する方は自分の用途は何かを明確にしてからいろいろな機種と自身の目で比較して購入してください。
ゲームをするならこの機種はお薦めできない。
あくまでもライトに使う格安スマホライトユーザーが購入層でしょう。

ガジョット好きの方がこれを購入しないとは思いますが・・・
念のため、特段面白い機能もなければ先進的な機能もありませんしいい意味でおとなしい、悪い意味で面白みが全くない。
それが全てです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−---------------------------------

追記です。

DSDS運用は人によっては便利だと思われます。
ですが格安スマホを使いたがるライトユーザー層でDSDSを使用するかといわれればNOでしょう。
シム選びですら苦戦するライトユーザーさんがダブルスタンバイだの言われてもちんぷんかんぷんです。
スマホの個人販売をしていて一番聞かれることはシムについてです。
このシムはこの携帯に使えますか?調べれば一分でわかるような質問をされるくらいライトユーザーさんはなにも知識がありません。

ASUSさんの機体はスマホやタブレット問わず絶対といってもいいほど不具合や故障が出ます。
しばらく使ってみて思うことは
・電波の掴みがあまり得意ではない。
・バッテリーの持ちはやはりよくない。(劣化が早い)
・カメラが今時ではごくごく普通、でも明るい写真が取れるから悪くない。
・輸入品をここで安易に進めるひとがいるが知識のない人は高くても日本版を買ったほうがいい。保障なども含めリスクが大きい。
・2台あるので一台は裸で使って耐久を試していたのですがやはり背面がとくに傷がつきやすい、前面は傷がつきにくいがゴリラガラスの特性上擦り傷に弱いようですので注意。小銭と同じポケットに入れると簡単に傷がつきます。
・レスポンスはとてもいい、スナドラ820と差をそこまで感じない。
・やはり2.5D液晶は本当に勘弁してほしい!完全に流行のようでどの機種にも丸みを帯びさせるために2.5Dを採用していますが保護フィルムはれませんからwなんで全面覆えないのが当たり前になっているのか理解に苦しむ。両脇一ミリ画面から見切れる保護ってそれは保護じゃないですから・・・このへんな流行が早くなくなってほしいです。

参考になった24

満足度3
デザイン4
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー2
カメラ無評価
高コスパとメディアに促されることなかれ

まず初めに前機種が良かったからなどの固定概念は捨ててください。
これはこれとして評価をつけます。

私は現地で24000円で購入。
国内版も比較のため購入した上でレビューします。


【デザイン】

背面ガラスで綺麗ですね。
ここだけは最高に気に入ってます。
つるつるすべるのでケースかバンカーリングをつけないと落とすかもしれません。

【携帯性】

5.2インチも一昔前の5インチレベルまで軽量化とコンパクト化が進み携帯しやすくなったし取り扱いしやすくなりました。

【ボタン操作】

アンドロイドに大差はないので平均点。

【文字変換】

グーグル日本語入力で統一しているためこれも平均。

【レスポンス】

エイスースはここだけは昔から割りとよく出来ていてスルスル動く、特段引っかかることもあまりない。
私がスマホで一番使用する用途はウェブでの検索です。
そのときの読み込みの速さでいつも評価します。アプリの立ち上げ速度なんてどうでもいいです。
ZenFone 3はベンチマーク6万程度にしてはそこそこ読み込みが早いです、比較されるであろうp9ライトとほぼ同等。

メモリが増えれば立ち上げ速度や読み込みが飛躍的に上がると思われている方もいますがそんなことはない。
メモリ6gをしようしているがそんな恩恵を感じたことはない、むしろメモリが無駄に多いためにバッテリーの消費がとんでもない。
4gが理想。それ以上はあくまでも自己満足の世界。


【メニュー】

エイスース独自の使えないアプリが大量に入っているため邪魔だしUIも特別使いやすくもないですし使いにくくもない。
端的に言うと相変わらず変化していない。

【画面表示】

ここにも苦言を呈したいがフルHDあれば十二分。
このご時勢で画面に文句を言う人はいないだろう。
好みの問題もありますし、実機をいろいろ触ってみてご自身の目で見て決めることを強く勧めます。
ここでどうこう言われてることに踊らされるのは良くない。
2kディスプレイは自己満、フルHDで何の文句もないです。
少し青みがかっているのでそれも自身の目でご確認を。

【通話音質】

ライン通話しかしないので平均点。

【呼出音・音楽】

メイン機で音楽を聴くためこの機種にそこまで求めていません、平均点。

【バッテリー】

もたないってこともないけど持つって事もない。
平均よりは持たない印象。
ようつべでZenFone 3とp9ライトのバッテリーの減りはほぼ変わらないと言っている方がいましたがそんなことはない。
p9ライトの圧勝です。
ZenFone 3のバッテリーは2650 mAh程度で使い始めて一週間やそこらで比較レビューを上げることがどうかと思う。
こういった差は一ヵ月後二ヵ月後に広まってくる。
2650 mAhというバッテリー容量は相当少ないと思ってくれていい。

省電力化がすすんでいるんだろ?と言われますが省電力化よりも意味のない2kディスプレイやメモリの増加で以前のスマホと変わりないかもしくは落ちています。
過度な期待は禁物。
私は当然ですがスマホをいじくり倒すためバッテリー容量は重視します。
日本価格の42700円でこれでは話にならない。

【総評】

肝心の国内版との比較ですが。
差はないです。
バンド周波数にも変化はない、台湾版は日本語化しても完全な日本語にはならない。
中華フォントになる(当然解決策はある)
ですが平行輸入品はスマホの知識がない方は買わないほうが懸命。
初期不良が当たり前のエイスースの製品をろくな保障もなしに購入するのはよろしくない。

買いか買いではないかは個人の用途にも寄るだろうが私はこの価格で購入したことを少し後悔している。

これから購入検討する方は自分の用途は何かを明確にしてからいろいろな機種と自身の目で比較して購入してください。
ゲームをするならこの機種はお薦めできない。
あくまでもライトに使う格安スマホライトユーザーが購入層でしょう。

ガジョット好きの方がこれを購入しないとは思いますが・・・
念のため、特段面白い機能もなければ先進的な昨日もありませんしいい意味でおとなしい、悪い意味で面白みが全くない。
それが全てです。

参考になった54

「ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
耐久性皆無  1 2018年7月21日 03:04
買って使ってみた感想SIMはビッグローブ  3 2018年7月18日 16:19
素晴らしい  5 2018年7月11日 05:42
全体的に無難で良いと思います  4 2018年7月11日 02:38
中古で購入  5 2018年7月4日 08:04
Android 8.0に  4 2018年7月4日 08:01
とても良いスマートフォンです  5 2018年6月14日 23:34
去年の10月に購入  3 2018年6月12日 08:03
色選びは失敗。ガラス製は画面割れしやすいです。  5 2018年5月31日 01:24
やっぱりボケる  2 2018年5月29日 14:19

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]のレビューを見る(レビュアー数:167人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]
ASUS

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]

発売日:2016年10月 7日

ZenFone 3 ZE520KL-BK32S3 SIMフリー [サファイアブラック]をお気に入り製品に追加する <833

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意