Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]

最大375Mbpsの受信速度を実現したモバイルルーター

契約セット回線契約セットで申し込む場合(最安)

端末価格
(実質購入)
22,655

初年度の費用実質2,101円/月

単体購入ルーターのみ購入する場合

端末価格18,230円〜

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 9月 1日

スペック

タイプ:モバイルWi-Fi バッテリー駆動時間:Wi-Fiテザリング時:約14時間(LTE/3G)/Bluetooth テザリング:約30時間(LTE/3G) 重量:115g Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

Aterm HT100LN PA-HT100LN

Aterm HT100LN PA-HT100LN

満足度:
3.50

+F FS030W FS030WMB1

+F FS030W FS030WMB1

満足度:
3.84

AirCard AC785 AC785-100JPS

AirCard AC785 AC785-100JPS

満足度:
3.80

Battery Wi-Fi MF855

Battery Wi-Fi MF855

満足度:
4.39

MF98N [ブラック]

MF98N [ブラック]

満足度:
4.34

PIX-MT100

PIX-MT100

満足度:
4.27

MF920S

MF920S

満足度:
3.50

MWR-01-LTE

MWR-01-LTE

満足度:
3.60
PrevNext

ご利用の前にお読みください

Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック] 発売日以降の新しいモデル

Aterm MP01LN PA-MP01LN [メタリックブルー]

タイプ:モバイルWi-Fi バッテリー駆動時間:約10時間 重量:71g
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]の価格比較
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]のスペック・仕様
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]のレビュー
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]のクチコミ
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]の画像・動画
  • Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]のピックアップリスト

『かわってるようなかわってないような 感想追記』 こるでりあさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん 殿堂入り 銀メダル

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:101人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
0件
1582件
回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信
4件
881件
ノートパソコン
0件
779件
もっと見る
デザイン4
設定の簡単さ4
受信感度3
機能性5
サイズ3
満足度4
かわってるようなかわってないような 感想追記
   

   

一度手放しましたが
最近友人に貸してもらってちょっと使ってみたので改めて簡単な感想を

私は最近は割と安めのルーターを使ってます
それからすると2枚シムというのは高性能だしその他のUIまわりも悪くない
あとUQが使える(ワイモバも)というのもいい

ただこれにドコモ系MVNOSIMをさしても目に見えてはやくなるわけでもありません
実際使ってみましたが正直誤差レベルの差でした
そうするとこれにする意味も大して感じません

あととにかくお値段が高く感じます
新品10000円くらいだったらかろうじて許容できますが
15000円以上する現状これはリセールバリューはまあまああるとしても
ドコモ系MVNOに使える中古ルーターが数千円で買える現状からすると
そこまでの付加価値を見出すのは難しいですね

どうしてもUQモバイルが使いたい場合に関しては
WiMAXのルーターにSIMさして使う方という別回答がある以上
これを使う意味は2枚SIMがどうしても必要なことくらいしかないなあと感じました

今となってはどうかなあということでNECの新型も廉価版のものを出してきたのかなあと感じます

物としてはいいものなんだろうけど如何せん値段と釣り合ってないので
これの後継機は出ないのかもしれないですね

----------------------------------------------------------------------
カタログスペックでMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

実際使ってMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

どっちもいいことだとは思いますが
わかってたことだし実際使って驚きみたいなのはなかったです

SIMとしてはドコモ系au系ソフトバンク系全部さしてつながるかテストしてみました

ドコモ系
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

ソフトバンク系(ワイモバイルデータSIMプラン(正式名称はよくわからないw)
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

この二つは何の問題もなし

※MR05LNファームウェア Ver2.0.1 2017/1/10
にアップすることで以下の設定は不要になったようです
以下の設定なしでLTE電波を拾うようになったことを確認しました
よってau系MVNOのSIMでも特に問題はありません
-------------------------------------------------------
au系(UQモバイルマルチSIM(VoLTE))だけ多少くせがあって
まずクイック設定webのネットワークモード(上部画像1参照)「自動(LTE/3G)」を
「LTE」に変更しないとAPNが正しくても電波を拾いません
(周囲の電波環境によっては拾うこともあるのかもしれませんが
私がテストした場所ではちっとも拾いませんでした)
のでこれを設定することがほぼ必須だと思われます

また以上の設定をしても電波を拾うまで若干時間がかかることがあります

さらにこの設定はSIM1とSIM2で共通のようなのでこれを設定すると
SIM2枚でドコモあるいはソフトバンクを片方にさす場合
そちらのSIMの3G通信がつぶれると思われます

mineoとかIIJのauプランの場合はわからないです
機会があればテストしてみたいですね
-------------------------------------------------------

参考になった41人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
デザイン4
設定の簡単さ4
受信感度3
機能性5
サイズ3
満足度4
かわってるようなかわってないような

カタログスペックでMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

実際使ってMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

どっちもいいことだとは思いますが
わかってたことだし実際使って驚きみたいなのはなかったです

SIMとしてはドコモ系au系ソフトバンク系全部さしてつながるかテストしてみました

ドコモ系
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

ソフトバンク系(ワイモバイルデータSIMプラン(正式名称はよくわからないw)
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

この二つは何の問題もなし

※MR05LNファームウェア Ver2.0.1 2017/1/10
にアップすることで以下の設定は不要になったようです
以下の設定なしでLTE電波を拾うようになったことを確認しました
よってau系MVNOのSIMでも特に問題はありません
-------------------------------------------------------
au系(UQモバイルマルチSIM(VoLTE))だけ多少くせがあって
まずクイック設定webのネットワークモード(上部画像1参照)「自動(LTE/3G)」を
「LTE」に変更しないとAPNが正しくても電波を拾いません
(周囲の電波環境によっては拾うこともあるのかもしれませんが
私がテストした場所ではちっとも拾いませんでした)
のでこれを設定することがほぼ必須だと思われます

また以上の設定をしても電波を拾うまで若干時間がかかることがあります

さらにこの設定はSIM1とSIM2で共通のようなのでこれを設定すると
SIM2枚でドコモあるいはソフトバンクを片方にさす場合
そちらのSIMの3G通信がつぶれると思われます

mineoとかIIJのauプランの場合はわからないです
機会があればテストしてみたいですね
-------------------------------------------------------

参考になった11

デザイン4
設定の簡単さ4
受信感度3
機能性5
サイズ3
満足度4
かわってるようなかわってないような
   

画像1

   

カタログスペックでMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

実際使ってMR04LNからかわったと思ったこと
nanoSIMになった
SIMの切り替えが爆速になった

どっちもいいことだとは思いますが
わかってたことだし実際使って驚きみたいなのはなかったです

SIMとしてはドコモ系au系ソフトバンク系全部さしてつながるかテストしてみました

ドコモ系
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

ソフトバンク系(ワイモバイルデータSIMプラン(正式名称はよくわからないw)
→ディスプレイでAPN設定するだけで問題なくつながる

この二つは何の問題もなし

au系(UQモバイルマルチSIM(VoLTE))だけ多少くせがあって
まずクイック設定webのネットワークモード(上部画像1参照)「自動(LTE/3G)」を
「LTE」に変更しないとAPNが正しくても電波を拾いません
(周囲の電波環境によっては拾うこともあるのかもしれませんが
私がテストした場所ではちっとも拾いませんでした)
のでこれを設定することがほぼ必須だと思われます

また以上の設定をしても電波を拾うまで若干時間がかかることがあります

さらにこの設定はSIM1とSIM2で共通のようなのでこれを設定すると
SIM2枚でドコモあるいはソフトバンクを片方にさす場合
そちらのSIMの3G通信がつぶれると思われます

mineoとかIIJのauプランの場合はわからないです
機会があればテストしてみたいですね

参考になった23

「Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の情報を見る

Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]
NEC

Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]

発売日:2016年 9月 1日

Aterm MR05LN PA-MR05LN [ブラック]をお気に入り製品に追加する <604

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信)

ご注意