トヨタ C-HR 2016年モデル レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
  • C-HRをお気に入り製品に登録 <250

C-HR 2016年モデル

C-HR 2016年モデルのピックアップリストを作成
C-HR 2016年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

C-HRの新車

C-HRの中古車

中古車査定PR

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > C-HR 2016年モデル

C-HR 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:C-HR 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G-T 2016年12月14日 ニューモデル 37人
S-T 2016年12月14日 ニューモデル 9人
満足度:3.30
(カテゴリ平均:4.19
レビュー投稿数:57人 (プロレビュー:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 3.91 4.20 125位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.41 3.80 136位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.34 4.01 137位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.76 4.08 122位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.92 3.91 91位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.60 3.78 113位 燃費の満足度
価格 2.63 3.77 154位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデル

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:262人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
0件
3件
自動車(本体)
3件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
満足度5
   

   

納車後1週間のレビューです。

1. 運転していて気になった点
 ・良い点 前方の視界はとてもクリアです。プリウスαのときは三角窓のピラーが極太で運転席から右前方を見る時にまったく三角窓が役に立っていなかったのですが、C?HRでは三角窓のピラーが細くなったことで前方右の視界が開けました。ストレスを感じることなく安全確認ができます。
 ・気になる点 レーンチェンジや左折する時の左後方の安全確認が目視でできません。それというのもセカンドシート左側の窓とリアウィンドウの間の壁幅が広く、それが死角となるためです。そのための装備だと思うのですが、後方から近づく車をブラインドスポットモニター(ドアミラーに車が後方から近付いていることを表示し知らせてくれる機能)を信じることでなんとかこの不具合も回避できますが、交差点を左折する際に、歩行者や自転車が左から接近するのは検知できていないように思います。ですので、交差点での左折はかなり気を使うことになります。
といったことで、極力レーンチェンンジは行わず、また交差点では必ず一時停止といったより慎重な運転をするようになりました。

2.信号待ちをするときのブレーキから解放
 シフトレバーのすぐ近くに配置された「ブレーキホールド」のボタン(スイッチ)。
 オンにすることで、ブレーキホールドの機能が有効になります。
 信号が赤になりブレーキペダルを踏み停車、すると自動でブレーキがホールドされます。
 ブレーキペダルから足を離しても車は前後に微動だにせず、しっかりと止まったままです。
 信号が青になりアクセルを踏み込むだけで、そのホールドは解除されます。
 信号待ちのあいだ、常にブレーキペダルを踏み続けていることから解放され、とても楽になりました。
 ただ、エンジンを切り、再度始動した際にはこの機能は解除されていますので、ブレーキホールド機能が
 有効か否かを始動時に確認することが必須かと思います。
 とてもありがたい機能です。

3.シートまわり
 シートは前後、上下、リクライニング、ランバーサポートが機能としてありますが
 残念ながらランバーサポートを除き、すべて手動です。
 まぁ、それほど使うものでもありませんので気になるところではないですが、
 しかしこれだけ高い車なので、電動でもよかったのではと思うときもあります。
 
4.発進
 1200CCガソリン車の発進ですが、思ったよりもスムーズです。
 この重たい車に対し排気量が小さいので、もたつくのではと思っていたのですが、ターボの効果もあるのか
 ストレスを感じることはありません。
 エコモードでの発進はとてものんびりとした感じではありますが、スムーズに加速していきます。
 ノーマル、SPORTモードは力強い走りができます。加速する際にそれほどうなることもなく
 静かなもので、ハンドリングと相まってとてもキビキビとした身のこなしをします。
 
5.自動で前を走る車に追従
 レーダークルーズコントロールを使うことで、前方を走る車にくっついて走ることができます。
 速度を設定しその速度を上限として、車が車間距離をとりつつ時にはブレーキをかけながら
 追従することができます。前方の車が止まると、自動でブレーキがかかり同じく停車します。
 もちろん、発進する際にはアクセルを踏む必要がありますが、その後は追従走行を再開します。
 とても使える機能です。
 ただ、大きなカーブがあると、前方の車をレーダーが一時的に見失うことがありますので
 ちょっとした注意が必要です。

6.車線をはみ出した際の制御
 C?HRにはレーンディパーチャーアラートなる機能がついています。
 白線をはみ出すと、ぐいぐいと白線内に車を戻します。
 ウインカーをあげずに白線を跨ぐこと、つまりは居眠り運転や脇見運転による事故を未然に
 防ぐ機能のようで、とても頼りになります。

7.ナビ・オーディオ
 ディスプレイの位置がメーター類とほぼ同じ高さに位置しています。前方を見ながら、時にメーター、そしてナビを
 見るために目を移動しますが、目の移動が最小限ですみますのでとても運転が楽になりました。
 さらに、純正のT-Connectナビ 9インチモデルを実装していますが、ナビで表示される地図はとても精細に表示され、
 視認性がとても良いものです。操作についてはプリウスαで使っていたものと同じでしたので、操作で困るところは
 全くなし。インターフェースが変わらずに踏襲されることはユーザにとってありがたいことだと思いました。
 オーディオは結構音が良いと思います。イコライザーやヴァーチャルシアターで設定を変えることでみちがえるほど
 音が良くなり満足しています。ヴァーチャルシアターでBASSやTWEETERを設定しメリハリのある音に、
 さらにHARMONIZERで音の奥行き感を出したりと。
 低音はかなり迫力がありますので、純正で十分と思っています。

8.後席
 窓が小さいため閉塞感がありますが、これまでのレビューのとおりパーソナルスペースといった感じで
 後席にのった方の感想としてはとても落ち着くとのことでした。良く眠れるそうです(笑)
 シートの座りごごちも良いとのことですし、マイナス点はないものと思います。

以上、納車後1週間の感想でした。

やはりC?HR、買ってよかった・・満足度の高い車です!

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
北海道

新車価格
277万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

梵GOLDさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
8件
もっと見る
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地3
燃費2
価格1
満足度1

【エクステリア】
見た目はちょっと派手に思えるけど、嫌いではありません。
でも、このデザインが見切りをかなり悪くしている様に思えます。

【インテリア】
解放感は無いと思います。質感はこんなものでしょう、あまり素晴らしいとも思えません。

【エンジン性能】
スペック通りのエンジン性能です。スムーズで滑らかなあたりは良いけど、車重からするとトルクが足りない。

【走行性能】
アクティブに楽しめる車では無いと思います。オンロードはパワー不足、オフロードは全く走れない。

【乗り心地】
普通乗用車に近い乗り心地で、足回りもしっかり仕事をしています。でもこれだったら、普通乗用車の方が良いです。

【価格】
デザインとボディ性能が引き立つ車だと思いますが、性能を考えると高いと思います。

【総評】
今乗ってるSUV車から乗り換えを考え試乗しましたが、見切りの悪さやコンパクトSUVとしてのメリットも感じられず、
自由にアクティブに使える車でも無いと思うので断念しました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった47

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オッタマゲβさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地2
燃費3
価格1
満足度2

【エクステリア】
個人的にですが、黒の質感は凄く好きです。
特にリアから見た印象は、かっこいいです。
最近街中でもよく見かけるようになりましたが、オプションで見た目の個性も変わるので、お金を掛ければかけるほど、印象も大きく変わってきます。
プリウスのデザインのように、飽きのこない見るごとにかっこいいと感じるデザインだと思います。
【インテリア】
外観とのパッケージで見た場合、運転席周りはシンプルに上手くまとめられている。
ただ死角があまりにも多い。後部座席に座る家族の意見は狭い。暗い。窓が小さいので、圧迫感がある。プリウスの方が、全然広く感じる。
2人乗りとして割り切るなら問題ないと思います。
【走行性能】
重いです。かなりモッサリしています。
安定感はありますが、高燃費に対する代償なのか走り出しの悪さが印象に残りました。運転しててもたのしくありませんでした。
かなり広い通りでの試乗だったので、普段の使い方次第では変わるかも知れません。
【乗り心地】
短距離だったので何とも言えませんが、後部座席の居住性に相当不満があったようです。
【燃費】
所有していないのでわかりません。カタログを見た皆様と同じ感想です。
【価格】
車を乗った印象とは不釣り合いだと感じました。高いです。
【総評】
まだ完成されていない印象です。課題は明白なので、将来的には国産SUVの頂点に君臨することになるでしょう。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Lady'sさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地2
燃費3
価格1
満足度1

【エクステリア】
プリウスをグラマラスにしたよ様な感じ?好みですけどちょっとアピールが強いかな?

【インテリア】
コンパクトカーにしては、高価なだけはあると思います。

【エンジン性能】
静かなエンジン音ですが、やっぱり非力ですね。見た目のワイルドなイメージとは程遠い感じがします。

【走行性能】
素直なハンドリング、滑らかな走りですがそれだけの様に思いました。
SUVって感じが全く無い様に思います。

【乗り心地】
乗用車相当、それなりの乗り心地です。

【価格】
割高だと思います。性能的に考えてもコンパクトカー並みにして欲しいです。

【総評】
お手頃SUVが欲しくて試乗しましたが、私の思いとはちょっと違うものでした。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
価格
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GOODーBOYさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:501人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
264件
マッサージチェア
1件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
   

   

狭いとか、小さいとか、高いとか  私からするとへんなレビューが多いように思うのでマイC-HRのレビューを
したいと思います。
ハリアーも特別大きい車ではないですがC-HRはさらに小さく車高も低いです。
広く使いたいならハリアークラスの大きさは必要です。前車のエクストレイルも意外に広かったです。

【エクステリア】
他人に強要されるものじゃあないので、自分が納得できればいいでしょ。
ジュークともCX-3ともヴェゼルとも違う新鮮味があります。
すれちがうC-HRは後ろ髪ひかれます。   気に入らないというのは普段、よほど立派なお車に乗ってるんですね。

【インテリア】
値段の割りにはよくデザインされ質感もいいです。
満足できないのは自身のセンスのレベルが高いか、普段の家庭内で高級家具とか使ってる人でしょう。
自分なんかはレベルが低いんで大満足しています。


【エンジン性能】
カタログスペックを見ただけで想像できますよね。 ワーゲンポロと同じ1200ccターボで車重が多いんだから
期待できるわけないじゃん!
ハイブリッドはスポーツモードにすると一気に元気になります。

【走行性能】
ダンパーを含めた足回りがいいです。ロールも少なくコーナーリングしていきます。
ステアリングもかっちりしてて反応がいいです。

【乗り心地】
マツダのような感覚です。むかし乗ってたCX-7を思い出します。CX-7はスピードメーター220kmでしたから
C-HRよりも更に良かった記憶があります。

【燃費】
HVですが本日200kmほど一般と高速道路をはしってAV27qでした。

【価格】
装備の内容からしたら安いと思います。
LEDシーケンシャルターンランプ ディライト LEDヘッド(OP)
電動パーキングブレーキ    自動なんでサイドレバーとか足ふみペダルとかありません
自動ブレーキホールド      フットブレーキで停止するとブレーキの状態を保持してくれます。アクセルで自動解除。
全速度追従のオートクルーズ  高速道路とかめちゃくちゃ便利です
トヨタの先進安全装置TSSPを装備しています。

デュアルエアコン、シートヒーター装備の本革、ファブリックのコンビシート  腰や背中が蒸れません。

【総評】
C-HRが好きで買ったんですが、もし急速に販売が落ち込むなら私の見当ちがいだったということです。
そのようなこたはないと思いますが、走ってる姿はハリアーよりインパクトがあっていいですね。

ただ狭い、小さい、高い は言って欲しくないですね、そのためにハリアーとかNX ,RXがありますので。
C-HRのCはなまえの通りコンパクトのCです。そのように設計されてるのです。

同クラスSUVで比較するなら星5こでいいでしょう。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車

参考になった87

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷかぷか999さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
4件
ゲーム周辺機器
0件
5件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地5
燃費2
価格3
満足度4
   

   

インプレッサスポーツ(2L、4WD:2012年購入)からの乗り換えです。ヴェゼルZ(4WD)と、C-HR(G と G-T)の試乗の末、C-HR の G-T にしました。4月末の契約で、7月納入らしいです。
ヴェゼルは完成された安定感と、マイナーチェンジ後の評判の良さもあって、試乗しました。C-HR が出る前なら、購入したかもしれません。
 
【エクステリア】
好き嫌いはあるでしょうが、私はサイドの筋肉質な盛り上がりと、バックのデザインは気に入りました。
フロントは、正面からのデザインがいまいち。とくにトヨタのマークの鼻先あたりが・・・。
いろんなエアロパーツが最初から用意されていて、自分の個性が出せるのも魅力です。
私も、モデリスタのエアロパーツをつけました。(フロントスポイラーとサイドスカートは ELEGANT、リアとバックドアは BOOT IMPULSE にしました。)
カローラ店で購入しましたが、サイドデカールは Nets 店推奨のライムグリーン、ホイールアクセントデカールやボディ色のサイドガーニッシュ&フェンダーアーチモールは TOYOPET 店の推奨・・・でしたが、問題なく注文できました。
 
【インテリア】
高級感ではインプレッサには及びませんが、ヴェゼルよりは好印象でした。
実際には C-HR の場合は、見せ方がうまいのだけかもしれません。
ヴェゼルは完成度は高いものの、やはり古さは感じました。
シート表皮の材質にはこだわりがなく、以前、セリカを乗り継いでいた時にも導入していたホワイトのシートカバーを選択しました。
インテリアパネルセットも装着しましたが、これは失敗だったかもしれません。(納入されたものをみないとわからない。)
ナビ画面をはじめ、操作パネルが運転手側に配備されているのは、使いやすい反面、助手席側からはTV画面などが見にくいかもしれません。前方視界は、それほど優れているわけではないけど問題なし。後方視界は問題あるけど、バックカメラやミラー、コーナー・センサーに頼ることで我慢できます。(この点は、ヴェゼルも同じ。インプレッサは、後方も視認性良し。・・・さすが、スバル。)
運転席にしろ、助手席にしろ、後部シートにしろ、つつまれている感じがあって、やや窮屈に感じるかもしれません。ドライブに、そういいう緊張感を求めず、開放的な空間を望む人は、インプレッサやヴェゼルの方が良いと思います。

【エンジン性能】
C-HR の一番のウィークポイントでしょうか。やはり、1.6〜1.8Lターボ、もしくは2Lエンジン+モーターは欲しいところです。
G では、時速60km以下の街乗りでは、まったく不満はありません。トルクも十分で、静かで・・・、とにかくリニアな感じです。ところが、70km以上からの加速では、エンジン音が急激に大きくなり、加速感が頭打ちになります。高速道路では、時速100km程度の定速クルーズなら問題ないでしょうが、加速では相当イライラするのではないでしょうか。
G-T では、Gと比較すると、時速60km以下の領域は若干トルクが弱い気がしましたが、特に不満を感じるほどではなく、普通に静かな運転ができます。(・・・というか、ガソリン車にしては極めて静かです。) 時速70km〜120kmまでの加速もストレスなくできました。
 
【走行性能】
ハンドリングは楽しいです。ついつい、アクセルを踏んで、ステアリングを回したくなります。
舵を切った方向に、スムーズに、リニアに車が反応します。決してスポーティな走行ができるわけではありませんが、普通に走っていて、そういうワクワク感が感じられるのは素晴らしいことです。今まで乗ってきたインプレッサの方が、馬力もあるし、パンチの効いた走行ができますが、それとは別次元の走行特性です。
G を選ばなかった決定的な理由はエンジンブレーキです。私は、普段の走行でもシフトダウンしていってからブレーキを踏む方なので、マニュアルモード(もどき)のトランスミッションが欲しかったので、G-T にしました。ブレーキだけで減速→停止をする感覚が、いまいち馴染めません。G の CVT でも B レンジが用意されていますが、ロックを解除しながら入れないと駄目なので、停止時に頻繁に使用するときなどは不便です。インプレッサではパドルシフトがあえるので、2回連続などのダウンも容易ですが・・・。ヴェゼルも、パドルシフトがついていて、瞬時にシフトダウンできますが、エンジン回転は急激に上がるものの、速度はほとんど減速しません。エネルギー回生に利用されてしまうようです。(これでは、あまり意味がない。)
G-T では、マニュアルモードに固定されてしまいますが、一応、シフトダウンによるエンジンブレーキの効果を再現できたので、安心できました。(ヴェゼルやインプレッサのように、Dドライブから、パドルシフトで操作できるようにしてほしい。)

【乗り心地】
素晴らしいです。街乗りでロードハンプを乗り越えた際の収束の具合も、静粛性も、ロールの少なさも。
G-T でも十分静かなのに、おどろきました。
 
【燃費】
Gで20〜22km/L、G−Tで10km/L前後でしょうか…
週末しか乗らない私にとっては、燃費はそんなに重要ではありません。ただ、満タン給油後の航続距離はG−Tの方が圧倒的に短くなりそうです。GよりGーTの方が7Lほど燃料タンクが大きいものの、焼け石に水・・・といった感じでしょうか。
ただ、G-T でも高速道路を使った場合は、(走行の仕方によって)かなり燃費は伸ばせそうです。
 
【価格】
諸経費にオプション115万円を加えて、443万円でした。値引きは38万円。

【総評】
ハイブリッド車にしたかったですが、G-T を試乗したら、ガソリン車を選んでしまいました。
普段 街乗りが多いので、G の方が良かった気もしていますが、ついつい「遠出して、ドライブを楽しみたいな」と思える車に出会ったので・・・。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
千葉県

新車価格
277万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった52

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちょむすけzさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地2
燃費無評価
価格無評価
満足度2

私は身長182cmですが、試乗したときの感想を。

運転席に座ったときの圧迫感が強いのと、フロントガラスから見える視界が非常に狭く感じます。(この時点でほぼアウト)
スバル車や軽のハイトワゴン等とは大違いでやたら狭く、事故しやすそうな印象。

後部座席の窓は狭く、かなりの圧迫感。狭いし。後部座席に載せる人って、たまにしか載せませんという感覚ですが、やっぱり気持ちよく乗ってもらって、大事にしたい人じゃないですか?自分はそう考えております。
そう考えると定員はやっぱり1〜2人まで。非常用に3人後ろに積めます、という印象でOKかと。
それを加味し、乗り心地2とさせていただきます。

外観は、はじめの印象は最悪、でもだんだんと好きなデザインに・・・と、スルメ感が高いです。星4
内装は印象に残りませんでしたが、質は高かった印象があります。後部座席の窓を考えると星3です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コメコメ丸。さん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:977人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
11件
薄型テレビ
2件
5件
ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
3件
もっと見る
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費2
価格1
満足度1

再生する

再生する

その他
C-HR ハイブリッド

その他
ヴェゼル ハイブリッド

最近、街中で良く見かける用になりましたが動画サイトにもハイブリットの0-100キロの加速動画がアップされていました。
試乗の時には出来なかったのですが、見た感想は遅い・・・これが乗り出し価格350万前後の車のエンジン?
比較の為にライバルのヴェゼル ハイブリットと比べてみてください。

ここのレビューでエンジン性能の項目に4、5と星をつける方が沢山おられますが、自分はどう考えてもおまけで2つまで。
TNGAの狙いは「もっといいクルマづくり」じゃあないの?とても共感なんてできない。

価格350万なら他に本当に走りのいい車は沢山ある。
見える所に金を掛け、見えない所(走り)に手を抜くトヨタを象徴するような車だね。

【エクステリア】
プリウスよりかは随分良くなっているが、同時期に出たインプレッサスポーツを見た後だと子供っぽく感じてしまうエクステリア。
インプレッサスポーツみたいなエレガントな感じがしない。個人差がありますが普通と思います。
あとリア回りの造形は洗車機では洗いにくそうですね。余計なお世話かな?

【インテリア】
トヨタらしい高級感を感じられるデザインと思います。ただ車両価格からみると驚くほどのコストパフォーマンスは無いかな。
このクラスでやっと電動パーキングブレーキを搭載しましたね。夜間の車内照明はいいと思います。

【エンジン性能】
1.2リットルターボエンジンを搭載していますが1,470kgの車両重量にはパワー不足です。なんでここでケチるかな?
コーナーを曲がってアクセルを踏み込んでも、CVTの制御もあってもっさりとしか加速しません。
150馬力 トルク20キロクラスのエンジンを搭載しないとグローバルで通用する走りなんて言えないよ。(海外では2Lあるみたいです)
車両価格でライバルになるはずのインプレッサスポーツ、レヴォーグ 1.6GTには乗ってみないんだろうか?

【走行性能】
コーナーを曲がった時は中々良いなと思いましたが、エンジンがパワー不足で面白みがありません。

C-HR     G-T     116馬力 トルク18.9 車両重量1470キロ 約278万円            

インプレッサ スポーツ   154馬力 トルク20  車両重量1400キロ 約260万円

レヴォーグ 1.6GT     170馬力 トルク25.5 車両重量1530キロ 約278万円

走りに定評のあるスバルの二台と比較しても重くて、パワーが無い事が解ります。4WDの性能もスバルのAWDにはかなわないと思うし、ニュルブルクリンクを走っても何もしなければ車はよくなりませんよ。

【燃費】
あくまでもカタログ燃費ですがC-HRがいちばん悪いです。

C-HR 15.4キロ インプレッサ(2L)15.8キロ レヴォーグ 1.6GT 17.6キロ

三台ともレギュラーガソリンなのでランニングコストのアドバンテージも無い。
いちばん排気量が小さいのに。

【価格】
この性能でこの価格は高いですね。あと50万位安くしないと。
それでも売れるんだからトヨタが儲かるのも分かるような気がします。

【総評】
題名のとうり、これがトヨタの言うTNGAなの?と思いました。
少し前に試乗したノート e-POWERの方が加速もいいしアクセルワークにダイレクトに反応して運転しててもとても楽しかったです。
それに比べるとCH-Rは走りの良さを前面に出しているのに期待外れです。

追記ですが、海外では2.0L直列4気筒自然吸気エンジン搭載したグレードがあるみたいですね。

スペックは
最高出力:110kW[150PS] / 6,100rpm 最大トルク:193N・m[19,7kgf.m] / 3,800rpm

「C-HR」という車名には、スタイリングの特徴を示す「Compact High Rider」と、走りを表現する「Cross Hatch Run-about」の、2つの意味が込められている。
と言っておいて1.2Lターボより、パワーもトルクもあるこのエンジンをなぜ日本で販売しないかとても疑問に思います。




乗車人数
2人
レビュー対象車
試乗

参考になった251人(再レビュー後:104人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

コカールさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:146人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア1
インテリア1
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地1
燃費1
価格1
満足度1

ヘッドライトがLED,HIDが標準装備で付いてなくオプションで付けろ
ハロゲンだと販売店が言ってきたので憤った。
この車両価格でLED.HIDで標準装備当たり前だ
設定が間違っている。

乗車人数
1人
レビュー対象車
試乗

参考になった146

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ホイールはS-Tが17インチ、G-Tが18インチ

ボディカラーは写真のブルーを含め8色を用意

センターパネルを運転席側に傾けたインパネ

S-Tのシートはブラックのファブリック

やや閉所感はあるが十分な空間を持つ後席

欧州のトレンドであるダウンサイジングターボ

昨年12月に発売されたトヨタC-HRには、1.8Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド前輪駆動と、1.2Lターボエンジンの4WDがあります。ここでは横浜市で行われた試乗会でターボ車のS-Tグレードに乗った印象を綴ります。

ボディサイズは全長4360mm、全幅1795mm、全高1565mmで、同じTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・プラットフォーム)を使うプリウスの4WDと比べると、180mm短く、35mm幅広く、90mm背が高くなっています。ホンダ・ヴェゼルのライバルと言われることが多いですが、実際はフィットとプラットフォームを共用するヴェゼルよりやや大柄です。

フェンダーやリアコンビランプを大胆に張り出させつつ、前後バンパーの開口部形状、Aピラーとリアフェンダー立ち上がりのラインなど、個々の線や面を揃えたスタイリングは、煩雑にならずまとまりのあるデザインとなっています。

インテリアは、ドライバーを囲むようなインパネ、高めのセンターコンソールがスポーティな印象を醸し出すとともに、金属調のアクセントはマットなチタンカラーとするなどして、このクラスの国産車では異例に大人っぽい仕立てであることも感心しました。さらにスイッチ類はどれも扱いやすいうえに、スタイリングのベースにもなったダイヤモンドをモチーフとしていて、遊び心も感じます。

窓枠に仕込んだリアドアのハンドルは予想以上に使いやすいものでした。後席は窓が小さめなので閉所感はあるものの、身長170cmの自分なら楽に過ごせる広さがあります。荷室は床が高めではありますが奥行きは余裕があり、デザイン重視でありながら開口部もしっかり取ってありました。

1.2LターボエンジンとCVTの組み合わせはオーリスと同じです。車両重量は1470kgと、4WDということもありハイブリッド車よりやや重く、加速は力強さを感じるほどではありません。ただ小排気量だけあって吹け上がりは軽快であり、サウンドは控えめながら心地よい音質で、適度にスポーティな印象も得られました。

試乗会で用意されたのは下ろしたての新車であり、乗り心地は低速での硬さが気になったものの、速度を上げていくにつれ揺れが少ない落ち着いたフィーリングに変わっていきます。大きなショックに出くわしてもガツンと来ることがなく、逆に過酷な状況になるほど真価を発揮するタイプで、ヨーロッパ車を思わせるチューニングです。

ハンドリングは腰高感はなく、同クラスのヨーロッパ車のハッチバックに近い素直な走行感覚の持ち主でした。4WDはプリウスとは異なりメカニカル式で、通常走行路でもある程度後輪に駆動力を配分する設定であり、コーナー出口でアクセルを踏み込むと旋回を強めながら立ち上がっていく、後輪駆動車に近い挙動が味わえました。

C-HRのガソリン車は4WDのみということで、ハイブリッド車との価格差は約13万円に留まります。小排気量ターボエンジンならではの加速感に加え、4WDならではのハンドリングの楽しさもあるので、ヨーロッパ車の走りを好む人に向きそうです。個人的には欧州での主力でもあるMTの2WD車があれば、価格も抑えられるのでより注目されるのではないかと思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった93

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sky_819さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:143人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
11件
10件
バイク用ヘルメット
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2
満足度3

【エクステリア】
ごちゃごちゃしててあまり好きではないです。
【インテリア】
それなりの質感ですがよく見るとプラスチック感は否めない。
【エンジン性能】
これが問題。
この車重にはパワー不足。
かなりモッサリしてます。
エンジン音自体は静かなので踏み込めばなんとかなりますが余裕はないですね。
【走行性能】
安定してます。
【乗り心地】
思いの外いいです。
【燃費】
悪いですね。
過度なダウンサイジングな気がします。
【価格】
高い!!
価格程の価値は絶対にない!
【総評】
走行安定性はなかなかですがエンジンが追いついてません。せめて自然吸気の2000ccは用意してほしいです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
その他
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TVLIFEさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能1
乗り心地3
燃費3
価格1
満足度1

【エクステリア】
外見は好みだと思いますが、走行性能に合ったスタイルであって欲しいです。

【インテリア】
今時の車らしく、この車の価格相応と思います。

【エンジン性能】
スペックから想定できるレベルですね。トルクもパワーも丁度いい感じです。

【走行性能】
車体剛性や足回りも優秀で、まさに優等生的な走行性能だと思います。
最低地上高140o〜155oなど、ロードクリアランスだけでも軽自動車(アルト)
以下、SUVとしての走行性能は皆無でしょう。
かといって、スポーツ性能もパワー的に無理。

【総評】
この車のコンセプトは何処にあるのでしょう?
SUVのジャンルなら、それに見合った性能が欲しいところです。
ただのパッチバック車にしては、ちょっと高価だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった51

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:512件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費1
価格3
満足度3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

2017年1月に発売されたC-HRは、トヨタが プリウスに採用したのと同じTNGAと呼ぶ新世代プラットホームをベースに開発した比較的コンパクトなサイズのSUVだ。

コンパクトと言っても全幅が1750mmもある堂々たる3ナンバー車なのだが、全長は4360mmにとどめられている。ヴェゼルに対して+75mmと比較的短く抑えられているから、世界的に見ればいろいろなクルマがどんどん大きくなり続ける今の時代、コンパクトというか手頃なサイズのSUVということになる。

C-HRには地元のディーラーで試乗車を借り出し、時間をかけてじっくりと試乗した。C-HRにはハイブリッド車とダウンサイジング直噴ターボ仕様の2種類があるが、試乗車はターボエンジンを搭載した上級グレードのG-Tだ。

ちなみにC-HRのハイブリッド車はFFのみの設定で、直噴ターボ車は4WDのみの設定となる。プリウスハイブリッドには4WDの設定があるが、限定的な4WDシステムなのでSUVの4WDとしては通用しないためだろう。

外観デザインはトヨタとしてはかなり思い切った感じである。アニメの世界から飛び出して来たような近未来感覚のデザインだと思う。個人的にはこういうデザインは嫌いではなく、妙に丸くてのめっとしたデザインに比べたらずっと良いと思う。

ただ、前から見ても横から見ても後ろから見ても、何とも面の数が多すぎて煩わしいような印象を受けてしまう。メリハリが効きすぎてエッジも際立ち過ぎる印象なのだ。もう少しすっきりしたデザインにできないものか。

インテリアも斬新で先進感のあるデザインに仕上げられていて、これはこれで良いと思う。造形だけでなく見た目の質感も上々のレベルにあり、気分良く運転できると思う。

後席の居住空間はあまり広くない上に、後席用のドアは把手ピラー部分に隠されるようにして高い配置に配置されていて操作がしにくい。ドアの開口部も小さくて、乗降性はあまり良くない。窓も小さくて乗り込むと窮屈なところに押し込まれた感じになる。デザインを優先したことのしわ寄せがきた形である。前席優先で後席にはあまり人を乗せない人が選ぶクルマと割り切って考えるべきだろう。

搭載エンジンは8NR-FTS型で、直列4気筒1.2Lの直噴ターボ仕様だ。これは先にオーリスに搭載されたのと同じエンジンだが、オーリスでは欧州仕様のエンジンをそのまま搭載していたために無鉛プレミアムガソリンだったが、C-HRでは日本向けに無鉛レギュラーガソリン仕様とされている。

動力性能の数値は85kW/5200〜5600rpm、185N・m/1500〜4000rpmで、無鉛プレミアムガソリン仕様のオーリスと全く変わらないのだから、レギュラーで当然という感じだ。

C-HRのG-Tは駆動方式が4WDということもあって車両重量が1470kgとやや重く、また組み合わされるトランスミッションが無段変速のCVTということもあって、走りは特に元気が良いという感じではない。同じエンジンを搭載するオーリスは1300kgで格段に軽いから、けっこう良く走る印象だったが、C-HRでは重さが響いている印象がある。

ただトランスミッションには7速シーケンシャル機構を備えるほか、スポーツ/ノーマル/エコのドライブモードが選択可能だから、スポーツモードを選んで積極的にレバーを操作すればそれなりの元気の良さは得られる。そうなるとパドルシフトが欲しいという気持ちにもなるが、それは装備されていない。

コーナーの立ち上がりなどでは、電子制御式の4WDシステムが積極的に後輪側に駆動力を伝えるらしく、気持ち良く加速が伸びていった。

C-HRがデキの良さを感じさせるのは足回りだ。SUVボディの4WD車で最低地上高が155mmと心持ち高いので、操縦安定性の面で不利になるかと思ったら、想像していた以上に安定性に優れた走りを実現した。コーナーでの安定性の高さなど、引き締まった感じの乗り味はプリウスを上回る印象であり、良く煮詰められた足回りだと思う。

タイヤはSUV用のタイヤではなくポテンザRE050Aというスポーツタイヤで、それも225/50R18インチサイズが装着されていた。18インチの大径タイヤを履く割には妙な突き上げもなく、乗り心地の上々という印象だった。

安全装備は上級仕様のトヨタセーフティセンスPが装備されている。ミリ波レーダー+単眼カメラで人間も見分けるタイプだ。C-HRはこれで良いが、トヨタは早くほかの車種に搭載するセーフティセンスCを廃止してPに統一すべきである。

C-HRのG-Tにとって弱点となるのは燃費だろう。車両重量の重さもあってダウンサイジング直噴ターボの割には燃費があまり良くなくて15.4km/Lにとどまっている。ハイブリッド車の燃費が30.2km/Lであることを考えると、ほとんど半分しか走らない。C-HRの売れ行きでハイブリッド車が大半を占めているのは燃費によるところが大きいだろう。雪国のユーザーなど、本気で4WDを必要とするユーザーでないと選びにくいのがC-HRのガソリン車である。

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マジンゴー Zさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
10件
カーナビ
1件
0件
シェーバー
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度4

【エクステリア】  フロントデザインは今一ですが、リア側は気に入っております。また、タイヤは、ミシュランが装着されておりました。夜間の走行頻度が減ったので、ハロゲンランプで十分です。TRDのウインカーバルブに交換。リアのみスポーテイースタイルのガーニッシュを装着してます。

【インテリア】   小物入れが少なく収納面積も小さいため、ガレージ用リモコン等の置き場所に困る。バックカメラは、カーナビとセットでの購入が必要なため、今回初めてカーナビを購入しましたが、カーナビは使用せず、バックモニターとしか使用しておりません。

【エンジン性能】 ターボエンジン車は初めて購入しましたが、昔のターボ車みたいな音が入ってこないほど遮音性に優れている。また、足回りが良いので、モアパワーと感じてしまう事がありますが、スポーツモードにして踏み込めば1.2Lと思えない加速が楽しめます。

【走行性能】   夏タイヤでの納車後に、10センチ以上の積雪が2回ほどあり、4WDでの走行性能を試してみましたが、発進時はフロント50・リア50で速度とスリップ状態に応じてフロント100に移行する様子がマルチインフォメーション画面で解りました。左折時にはFF車のような挙動を示すためオーバスピードでは、アンダーぎみとなり、前車(インプレッサスポーツ)との差を感じました。   

【乗り心地】    購入したきっかけは、試乗時に段差の収束力を含めた乗り心地に一目ぼれして購入したほど良いです。

【燃費】      前車とさほど変わらないしベルです。

【価格】      前車の下取価格が良かったのと、発売から間もなく予約なしでの購入にもかかわらず、値引きが大きかったので満足してます。

【総評】      MT車があれば、間違いなくMT車にしたと思いますが、CVTでの運転にも慣れました。長時間運転しても全然疲れません。前車は、月に200KM程度しか乗らなかったのに、一か月足らずで1000KMを超えました。試乗した時の車は、17インチのスタッドレスを履いたS-Tで乗り心地が良かったので、スタッドレスは、17インチにするつもりです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
北海道

新車価格
277万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった106

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミラクルエースαさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:387人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
16件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度5
   

   

約3ヶ月待ってようやく納車となりました。
元々繋ぎで短期で乗ろうかと考えてましたが、想像を超える良いクルマに驚きました。

納車まではネット上の様々なネガキャンに少しマイナスイメージでしたが、所有してみて不安は払拭されました。
また、このぐらいのサイズが都市部では最適ではないかと気づかされました。
今までは大きいクルマにステータスを感じていましたが、これはこれで十分ありです!
トヨタSUVですので、リセールも期待できるでしょう。写真追加しました。

【エクステリア】
むちゃくちゃカッコイイです。
ブラックマイカで、モデリスタブーストインパルスを装着して納車したのですが、意外に大きくみえます。
先読みし過ぎたデザインですので、賛否あるかとは思いますが、個人的にはドンピシャです。
ただ、各所形状が複雑ですので、洗車の時は水分が残るのがちょっと不満といえば不満です。

【インテリア】
適度に高級感があり、各所に散りばめられたダイヤモンドカットデザインが好印象です。
操作類がドライバーに向いていますので、操作しやすいです。

【エンジン性能】
1.2リットルターボを舐めていました。
必要以上に十分走ります。静粛性も含め驚きました。
回せば十分走りますし、普段使いでこれ以上のトルク、パワー必要ないと考えます。
非力との意見を見かけましたが、個人的には全く十分なエンジンです。

【走行性能】
とにかくハンドリングが気持ち良いです。
オンザレールとはこの事を言うのだなと感心しました。このぐらいのエンジン性能で、バシッとハンドリングがきまる 最適にセッティングされたクルマだと思います。

【乗り心地】
少しサスが硬い印象ですが、悪くありません。

【燃費】
今のところ、市街地走行で11くらいです。

ハイブリッドは倍くらい燃費が良さそうですね!

【価格】
この車格では高いかなーと思いましたが、所有してみると納得の出来栄えです。
ただハリアー プレミアム、gsが狙えます。
他社ではグレードによりますが、CX5狙えます。

多人数乗車が多いのであれば、上記の車種をお勧めします。

【総評】
とにかくネガキャンが多いクルマの印象でしたが、所有してみると実によく出来たクルマであると感じます。

モデリスタ装着ですが、この様な良い造形のクルマは少なくとも国産にはありません。
所有して思いましたが、なぜこんなに批判を受けるのか良くわかりません。。当サイトも評価が非常に低いです。何故??笑
基本1、2名乗車であればサイズ的にも非常に取り回しが良くお勧めの1台です!

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
277万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった147人(再レビュー後:134人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

C-HR
トヨタ

C-HR

新車価格帯:251〜277万円

中古車価格帯:229〜433万円

C-HR 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <250

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意