『大人が楽しむに足るポップコーンメーカー』 ビタントニオ VPC-10 多賀一晃さんのレビュー・評価

VPC-10

バターや油を使わずできるポップコーンメーカー

VPC-10 製品画像

画像提供:ビックカメラ.com

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥3,366 (前週比:-8円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 9月 1日

店頭参考価格帯:¥3,455 〜 ¥3,455 (全国31店舗)最寄りのショップ一覧

調理家電種類:ポップコーンメーカー 消費電力:1200W 幅x高さx奥行:145x295x230mm VPC-10のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • VPC-10の価格比較
  • VPC-10の店頭購入
  • VPC-10のスペック・仕様
  • VPC-10のレビュー
  • VPC-10のクチコミ
  • VPC-10の画像・動画
  • VPC-10のピックアップリスト
  • VPC-10のオークション

VPC-10ビタントニオ

最安価格(税込):¥3,366 (前週比:-8円↓) 発売日:2015年 9月 1日

  • VPC-10の価格比較
  • VPC-10の店頭購入
  • VPC-10のスペック・仕様
  • VPC-10のレビュー
  • VPC-10のクチコミ
  • VPC-10の画像・動画
  • VPC-10のピックアップリスト
  • VPC-10のオークション

『大人が楽しむに足るポップコーンメーカー』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:57件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン4
機能性5
使いやすさ5
手入れのしやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

大人が楽しむに足るポップコーンメーカー

本体と専用容器。

ふたは、すり切りで30gの計量さじとして使える。

一度に60gまで対応できる。

はじけポップコーンになると、専用容器に移動。

専用容器は味付け時、シェイカーとして使える。

汚れるのは専用容器だけ。後片付けが楽。

ポップコーンは映画のお供と思っている人は多いと思います。
が、その原料のトウモロコシは、世界三大穀物の1つです。
米や小麦を食べるとの余り差がありません。

そのためでしょうかね。
米国ではポップコーン・ダイエットなるモノがあるそうです。
ポテチなどのスナック菓子の、基本量は60g。
スナック菓子だと少々多いとお思いの方は、是非これ以下と言うわけです。

このクラム数覚えておいて下さい。
おにぎり1つで、約100gですから、量が少ないことといえます。

その上、ダイエットにはマッシュルーム型ポップコーンを使います。
通常のモノはバタフライ型と呼ばれますが、これに対し、コロンとしているのが特長です。
球形だと、表面積が小さくなりますので、濃い味、つまりカロリーが高いソースなどの味を付け過ぎずに済むと言うわけです。

更にいうと、ポップコーン自体、固有の味はほとんどありません。
このため、どんな味も乗っけられます。
スナック的には、塩&バター、焦がし醤油、キャラメルソースが三羽ガラスですが、例えばアンチョビペースト、オリーブオイル、ガーリックパウダーなどで味付けすると、ビールにも焼酎にも合います。

しかも、ポップコーンの素は、安いものだと、2kgで600円位で買えますからね。
体どころか、お財布にもやさしい。
しかも味付けのアレンジは、無限。

というわけで、大人目線でチェックしたのが、ビタントニオのポップコーンメーカー:VPC-10。
購入後、10日目のレポートです。

【デザイン / サイズ】
本体と弾けたポップコーンを入れる専用容器から出来ています。
スケルトン、赤、メタルの色から構成される本体は、基本シンプル。非常にさり気ないデザイン。押しつけがましさがありません。
角は大胆に丸みを帯びていますので、
このさりげなさ、個人的にはかなり気に入っています。
ちなみに、ポップコーンメーカーのスイッチはon/offで事足りるのですが、アナログ式の凝った回転スイッチが採用されています。

【機能性】
ポップコーンの元をカップ状の中にいれ、横からの熱風吹きつけにより弾かせる方式を採用しています。
弾けたポップコーンは、風をはらむ大きさになりますので、熱風により別の場所へ移動、それを専用容器で受けるわけです。

驚かされるのは、一度に、60gまで、約2分でできること。かなりのスピードです。
また上部はスケルトンなので、この一部始終を見ることができます。
ちょっとしたエンターテイメントです。

できたポップコーンは、自動的に専用容器に移動、ためられます。
この専用容器はフタが付いていて、中にトッピング材料を入れ、シェイクすると味付けできる仕組みになっています。
汚れるのは、この専用容器だけ。しかも四角ですが、角はラウンドですから洗いやすい。しかも乾きやすい樹脂が使われています。

ただ子供だけでポップコーンを作るのは、ちょっと避けた方がイイと思います。
海外製の電気ケトルとまでは行きませんが、かなり熱くなります。
ここだけは注意が必要です。

もう1つは、1度使ったら15分インターバルを置くこと。
樹脂変形の可能性があるそうです。

ちなみに60g/回ですが、皿に盛るとそれなりの量。
食べ盛りの子供でない限り、食べるのに15分位掛かります。

【使いやすさ】
スィッチ1つ。
60gを約2分で弾かせるわけですので、使用的には全く問題ないです。

また、それに輪を掛けて工夫もされています。
フタを使ってポップコーンの素すり切ると、ピタリ30gなのです。
1回の対応は60gまでですから、2回入れるとドンピシャ。
スゴく使いやすい。

【手入れのしやすさ】
機能のところでも書きましたが、本体が汚れるようなことはありません。
ソース等と混ぜるところを別にしてありますからね。

手入れもスゴーく簡単です。

【総評】
隅々まで考え抜かれたポップコーンメーカーです。
味を簡便につけられる上、後片付けも楽なのは本当にイイです。

楽ですから、いろいろレシピを試してみようという気になりますね。
実際、いろいろな味を作って、酒の肴として楽しんでいます。
レシピ集も付いていますが、家にある材料、調味料で、わが家の味を出すことができます。

塩バターもしくは焦がし醤油で子供のおやつ、アンチョビ&オリーブオイルで酒のツマミ、バターを控えめにしたダイエット食、もちろん定番の食べかたテレビ映画のお供にも最適。
実は、こんなにも使える奴だとは思っていませんでした。

更にいうと、リーズナブル・プライス。
お勧めしたい家電です。

参考になった10人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
機能性5
使いやすさ5
手入れのしやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

大人が楽しむに足るポップコーンメーカー

本体と専用容器。

ふたは、すり切りで30gの専用さじとして使える

ポップコーンの素を投入したところ

弾けたポップコーンは、専用容器へ移動する。

専用容器は味付け時シェイカーとして使える。

汚れるのは専用容器だけ。

ポップコーンは映画のお供と思っている人は多いと思います。
が、その原料のトウモロコシは、世界三大穀物の1つです。
米や小麦を食べるとの余り差がありません。

そのためでしょうかね。
米国ではポップコーン・ダイエットなるモノがあるそうです。
ポテチなどのスナック菓子の、基本量は60g。
スナック菓子だと少々多いとお思いの方は、是非これ以下と言うわけです。

このクラム数覚えておいて下さい。
おにぎり1つで、約100gですから、量が少ないことといえます。

その上、ダイエットにはマッシュルーム型ポップコーンを使います。
通常のモノはバタフライ型と呼ばれますが、これに対し、コロンとしているのが特長です。
球形だと、表面積が小さくなりますので、濃い味、つまりカロリーが高いソースなどの味を付け過ぎずに済むと言うわけです。

更にいうと、ポップコーン自体、固有の味はほとんどありません。
このため、どんな味も乗っけられます。
スナック的には、塩&バター、焦がし醤油、キャラメルソースが三羽ガラスですが、例えばアンチョビペースト、オリーブオイル、ガーリックパウダーなどで味付けすると、ビールにも焼酎にも合います。

しかも、ポップコーンの素は、2kgで600円位で買えますからね。
体どころか、お財布にもやさしい。
しかも味付けのアレンジは、無限。

というわけで、大人目線でチェックしたのが、ビタントニオのポップコーンメーカー:VPC-10。
購入後、10日目のレポートです。

【デザイン / サイズ】
本体と弾けたポップコーンを入れる専用容器から出来ています。
スケルトン、赤、メタルの色から構成される本体は、基本シンプル。非常にさり気ないデザイン。押しつけがましさがありません。
角は大胆に丸みを帯びていますので、
このさりげなさ、個人的にはかなり気に入っています。
ちなみに、ポップコーンメーカーのスイッチはon/offで事足りるのですが、アナログ式の凝った回転スイッチが採用されています。

【機能性】
ポップコーンの元をカップ状の中にいれ、横からの熱風吹きつけにより弾かせる方式を採用しています。
弾けたポップコーンは、風をはらむ大きさになりますので、熱風により別の場所へ移動、それを専用容器で受けるわけです。

驚かされるのは、30g、2分でできること。かなりのスピードです。
また上部はスケルトンなので、この一部始終を見ることができます。
ちょっとしたエンターテイメントです。

できたポップコーンは、自動的に専用容器に移動、ためられます。
この専用容器はフタが付いていて、中にトッピング材料を入れ、シェイクすると味付けできる仕組みになっています。
汚れるのは、この専用容器だけ。しかも四角ですが、角はラウンドですから洗いやすい。しかも乾きやすい樹脂が使われています。

ただ子供だけでポップコーンを作るのは、ちょっと避けた方がイイと思います。
海外製の電気ケトルとまでは行きませんが、かなり熱くなります。
ここだけは注意が必要です。

もう1つは、1度使ったら15分インターバルを置くこと。
樹脂変形の可能性があるそうです。

ちなみに30g/回ですが、皿に盛るとそこそこの量。
食べ盛りの子供でない限り、食べるのに15分位掛かります。

【使いやすさ】
スィッチ1つ。
30gを2分で弾かせるわけですので、使用的には全く問題ないです。

また、それに輪を掛けて工夫もされています。
フタを使ってポップコーンの素すり切ると、ピタリ30gなのです。
スゴく使いやすい。

【手入れのしやすさ】
機能のところでも書きましたが、本体が汚れるようなことはありません。
ソース等と混ぜるところを別にしてありますからね。

手入れもスゴーく簡単です。

【総評】
隅々まで考え抜かれたポップコーンメーカーです。
味を簡便につけられる上、後片付けも楽なのは本当にイイです。

楽ですから、いろいろレシピを試してみようという気になりますね。
実際、いろいろな味を作って、酒の肴として楽しんでいます。
レシピ集も付いていますが、家にある材料、調味料で、わが家の味を出すことができます。

子供のおやつ、酒のツマミ、ダイエット食、テレビ映画のお供にも最適。
実は、こんなにも使える奴だとは思っていませんでした。

更にいうと、リーズナブル・プライス。
お勧めしたい家電です。

参考になった0

満足度5
デザイン4
機能性5
使いやすさ5
手入れのしやすさ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

大人が楽しむに足るポップコーンメーカー

本体と専用容器。

フタは、すり切りで60gの専用さじとして使える

ポップコーンの素を投入したところ

はじけポップコーンになると、専用容器に移動

専用容器でいろいろなモノと混ぜ味付け

汚れるのは専用容器だけ

ポップコーンは映画のお供と思っている人は多いと思います。
が、その原料のトウモロコシは、世界三大穀物の1つです。
米や小麦を食べるとの余り差がありません。

そのためでしょうかね。
米国ではポップコーン・ダイエットなるモノがあるそうです。
ポテチなどのスナック菓子の、基本量は60g。
これでそれなりの満腹感を得ることができます。

これを利用するわけです。
おにぎり1つで、約100gですから、量が少ないことといえます。

その上、ダイエットにはマッシュルーム型ポップコーンを使います。
通常のモノはバタフライ型と呼ばれますが、これに対し、コロンとしているのが特長です。
球形だと、表面積が小さくなりますので、濃い味、つまりカロリーが高いソースなどの味を付け過ぎずに済むと言うわけです。

更にいうと、ポップコーン自体、固有の味はほとんどありません。
このため、どんな味も乗っけられます。
スナック的には、塩&バター、焦がし醤油、キャラメルソースが三羽ガラスですが、例えばアンチョビペースト、オリーブオイル、ガーリックパウダーなどで味付けすると、ビールにも焼酎にも合います。

しかも、ポップコーンの素は、2kgで600円位で買えますからね。
体どころか、お財布にもやさしい。
しかもアレンジは、無限。

というわけで、大人目線でチェックしたのが、ビタントニオのポップコーンメーカー:VPC-10。
購入後、10日目のレポートです。

【デザイン / サイズ】
本体と弾けたポップコーンを入れる専用容器から出来ています。
スケルトン、赤、メタルの色から構成される本体は、基本シンプル。非常にさり気ないデザイン。押しつけがましさがありません。
角は大胆に丸みを帯びていますので、
このさりげなさ、個人的にはかなり気に入っています。
ちなみに、ポップコーンメーカーのスイッチはon/offで事足りるのですが、アナログ式の凝った回転スイッチが採用されています。

【機能性】
ポップコーンの元をカップ状の中にいれ、横からの熱風吹きつけにより弾かせる方式を採用しています。
弾けたポップコーンは、風をはらむ大きさになりますので、熱風により別の場所へ移動、それを専用容器で受けるわけです。

驚かされるのは、60g、2分でできること。かなりのスピードです。
また上部はスケルトンなので、この一部始終を見ることができます。
ちょっとしたエンターテイメントです。

できたポップコーンは、自動的に専用容器に移動、ためられます。
この専用容器はフタが付いていて、中にトッピング材料を入れ、シェイクすると味付けできる仕組みになっています。
汚れるのは、この専用容器だけ。しかも四角ですが、角はラウンドですから洗いやすい。しかも乾きやすい樹脂が使われています。

ただ子供だけでポップコーンを作るのは、ちょっと避けた方がイイと思います。
海外製の電気ケトルとまでは行きませんが、かなり熱くなります。
ここだけは注意が必要です。

もう1つは、1度使ったら15分インターバルを置くこと。
樹脂変形の可能性があるそうです。

【使いやすさ】
スィッチ1つ。
60gを2分で弾かせるわけですので、使用的には全く問題ないです。

また、それに輪を掛けて工夫もされています。
フタを使ってポップコーンの素すり切ると、ピタリ60gなのです。
スゴく使いやすい。

【手入れのしやすさ】
機能のところでも書きましたが、本体が汚れるようなことはありません。
ソース等と混ぜるところを別にしてありますからね。

手入れもスゴーく簡単です。

【総評】
隅々まで考え抜かれたポップコーンメーカーです。
味を簡便につけられる上、後片付けも楽なのは本当にイイです。

楽ですから、いろいろレシピを試してみようという気になりますね。
実際、いろいろな味を作って、酒の肴として楽しんでいます。
レシピ集も付いていますが、家にある材料、調味料で、わが家の味を出すことができます。

子供のおやつ、酒のツマミ、ダイエット食、テレビ映画のお供にも最適。
実は、こんなにも使える奴だとは思っていませんでした。

更にいうと、リーズナブル・プライス。
お勧めしたい家電です。

参考になった1

「VPC-10」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
味付けが難点  1 2016年5月2日 20:03
大人が楽しむに足るポップコーンメーカー  5 2015年9月17日 18:05

VPC-10のレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

VPC-10
ビタントニオ

VPC-10

最安価格(税込):¥3,366発売日:2015年 9月 1日 価格.comの安さの理由は?

VPC-10をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他調理家電]

その他調理家電の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他調理家電)

ご注意