『再生機能は充実』 パイオニア BDP-3140-K [ブラック] Gケニーさんのレビュー・評価

BDP-3140-K [ブラック]

「音声付き早見/遅見再生」機能を搭載したBDプレーヤー

BDP-3140-K [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥11,112 (前週比:-401円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2015年 6月下旬

店頭参考価格帯:¥11,112 〜 ¥14,800 (全国1608店舗)最寄りのショップ一覧

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
BDP-3140-K [ブラック]をお気に入り製品に登録<99
BDP-3140-K [ブラック]のピックアップリストを作成

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

BDP-S1500

BDP-S1500

満足度:
4.56

¥9,750

DMP-BD85

DMP-BD85

満足度:
2.81

¥8,750

BDP-S6500

BDP-S6500

満足度:
4.17

¥16,322

BDP-180-K [ブラック]

BDP-180-K [ブラック]

満足度:
4.42

¥21,100

DMP-BD88

DMP-BD88

満足度:

¥8,717

REGZAブルーレイ DBP-S600

REGZAブルーレイ DBP-S600

満足度:
3.80

¥9,368

DMP-BDT170

DMP-BDT170

満足度:
2.62

¥11,028

DMP-BDT180

DMP-BDT180

満足度:
3.00

¥12,851

BDP-3130-K [ブラック]

BDP-3130-K [ブラック]

満足度:
4.54

¥―

BDP-3140-W [ホワイト]

BDP-3140-W [ホワイト]

満足度:
4.37

¥11,868

BP250

BP250

満足度:
3.00

¥7,800

DXブロードテック DXBP2

DXブロードテック DXBP2

満足度:
4.00

¥7,680

BDP-180-S [シルバー]

BDP-180-S [シルバー]

満足度:
4.42

¥21,730

BDP-105D JAPAN LIMITED

BDP-105D JAPAN LIMITED

満足度:
4.72

¥245,910

BDP-S6700

BDP-S6700

満足度:

¥17,379

BDP-LX58

BDP-LX58

満足度:
4.63

¥71,997

BDPlay BD-P100

BDPlay BD-P100

満足度:
3.00

¥9,700

REGZAブルーレイ DBP-S450

REGZAブルーレイ DBP-S450

満足度:
4.17

¥9,998

REGZAブルーレイ DBP-R500

REGZAブルーレイ DBP-R500

満足度:
4.09

¥―

PrevNext

ご利用の前にお読みください

『再生機能は充実』 Gケニーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:878人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
11件
207件
SSD
2件
50件
タブレットPC
1件
34件
もっと見る
デザイン5
操作性3
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5
満足度4
再生機能は充実

使用3ヶ月。


●良いところ

・USBメモリー、外付けHDDなどから動画ファイルの再生ができるのは便利。一昔前には無かった機能。

・再生機能は充実。
 >早送りはボタンの連続押しで結構速くなる。2x,4x,8x,16x,32xまで可能。
 >リピート、A−Bリピート
 >30秒送り、10秒戻し
 >0.8倍の遅見再生

・DVDの再生中にチャプター番号入力で飛べる。

・画質はアップスケーリングとやらでま〜きれい。


●良くないところ

1) 再生開始までが面倒
ソースボタンの切り替えでルートから入り、階層を降りてフォルダー選択など操作ボタンのプッシュ回数は再生するまでに多い。カーソル移動など10回は必要。とてもシンプルな設計とは思えない。HDMIでTVと接続しているがリモコンの電源オンから毎回そうである。

2) 操作画面のデザインは一世代前の形式である。圧倒的にソニーのほうが操作性に優れる。

3) USBメモリーの動画ファイルの再生中に上下ボタンでファイルを切り換えられるが、その度に「Pioneer」の巨大画面を見せられる。配慮を欠いた設計だと思う。

4) 使えないLAN端子
ネット接続のブラウザ機能がある訳でも無し、DLNAでサーバーから動画ファイルを読み込めるわけでもなし。形だけと思ったほうがいい。

5) 粗雑なUSB端子;
差し込み具合は固い。精度の無い中国部品を調達しているのが推測される。

6) リモコンに音声ボリューム無し。

7) 再生時の早送りなどのボタン類が比較的にリモコン上部に有りやや操作しづらい。

8) 取説に画面情報の記載が一切無し;
画像2は、動画ファイル再生時の情報画面である。これらの説明が一切無い。ふざけていると思う。特に中央上部の数字が何を意味するか、なぜ必要なのか当初は理解できなかった。


●動画ファイルのチャプターについて(余談)

PCでDVDから"DVD Decrypter"などでファイル化すればUSBメモリーから手軽に再生できる。メリットは大きい。いちいちケースから出す必要は無い。動画編集ソフトで余計な部分をカットして見ることができる。

しかし動画ファイルにすると、メニュー画面でチャプター選択することができなくなってしまう。動画ファイルにチャプターという概念が無いからである。取説23ページにはチャプター操作ができないことが記されている。

チャプタージャンプもメニューも無いが、チャプター単位でファイル化すれば操作ボタンで飛ばすことは容易である。画面2は同一フォルダーにファイル化したものの数が分かる。このようにDVDのチャプターをそれぞれ自動的にファイル化してくれるソフトに"AVS Video ReMaker"と言うのがある。DVDを動画ファイル化して楽しみたい人には便利である。

せっかく動画ファイルの再生ができるのに、DVDのように普通にメニューからチャプター操作ができないこと自体、ユーザーにとっては利便性を損なっている。技術的には可能なのにメーカーにはもっと配慮してほしいものである。


● 動画ファイルの対応状況

 Pioneer:BDP-3140
 SONY:BDP-S1500
 Pane:DMP-BDT170
 Toshiba:DBP-S400

 画像3は量販店で検証し、メーカーサポートなどにも確認した情報である。
 (疑問箇所があればメーカーに再確認されたい)
 Pana, Toshibaサポートは質問にも直ぐに応えられない状況であり、
 動画ファイルの再生を想定するユーザーはこの2社は避けた方がいいだろう。


● 総評

基本的に操作性には大きな問題は無いが、リモコンのボタン配置他、やりやすい操作性が十分配慮されているとは思わない。早送り再生などの充実機能を最優先しない限り、ソニーの方が総合的には良いかもしれない。
 

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった10人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5
満足度4
再生機能が充実

 
レビューは常に製品の問題点を指摘するところだと考える。メーカーHPは美辞麗句で埋め尽くされているだけで消費者に実態が分からないように作ってある。苦言はメーカーへの商品開発に生かせてもらいたいと考える。


●良いところ

・USBメモリー、USB外付けHDDなどを動画媒体として使えるのは便利。

・再生操作は充実している。
 >早送りはボタンの連続で結構速くなる。2x,4x,8x,16x,32xまで。
 >A−Bリピート
 >30秒送り、10秒戻し
 >0.8倍の遅見再生

・DVDの再生中にチャプター番号で直ぐに飛ぶ。

・DVDしか見ていないが、画質はアップスケーリングとやらでそれなりにきれい。


●良くないところ

1) USBとDVDの切り換えが大変;
ソースボタンでUSBメモリーに入り、ルートから階層を降りてフォルダー選択するまでカーソル移動が10回は必要。DVDに戻すときも同じ回数が必要。USBやDVD専用ボタンは必須だろう。

2) 操作画面のUIは一世代前の操作性である。圧倒的にソニーなどが洗練されている。

3) USBからのファイル動画は再生中に上下移動ボタンでファイル切り換えが1秒程度でできるが、その度に「Pioneer」の巨大画面を見せられる。ユーザーへの配慮を欠いた実に迷惑な設計である。

4) 使えないLAN端子;
ネット接続のブラウザ機能がある訳でも無し、DLNAでサーバーから動画ファイルを読み込めるわけでもない。"BD-LIVE"に何の興味も無し。

5) 粗雑なUSB端子;
装着具合はやけに固い。精度のでない中国工場で作った安物を調達しているのが推測される。

6) リモコンに音声ボリューム無し。

7) 取説に画面情報の記載が一切無し;
画像2で中央がファイル数を表しているが、当初、何を表しているのかさっぱり分からなかった。なぜ再生にファイル数が必要なのか理解しない人は多いだろう。肝心な設計意図を全く記載していない。


●動画ファイルでの「チャプター機能」

DVDをファイル化してUSBメモリーで再生するメリットは大きい。いちいちケースから出す必要は無く、リモコン操作だけで選択できる。また動画編集ソフトで余計な部分をカットすることもできる。

しかし"動画ファイル"にはDVD媒体のようなメニュー画面やチャプターと言う概念はそもそも無い。だからチャプターの操作ボタンを押しても本来の位置には飛ばない。取説23ページにチャプター操作ができないことが記されている。

その代替として動画を同一フォルダーに複数ファイルで分割する方法がある。画面2はフォルダー内のファイル数を示している。因みに動画編集ソフトでタイムライン上で切断(クリップ)すると、書き込み時に自動的にファイル分割してくれる"AVS Video ReMaker"と言うものがある。

画像2で、チャプター数はいい加減だが、ファイル数は正しい。リモコンの"上下移動ボタン"で再生中でもファイル送りが直ぐに効く。事実上のチャプター切り換えである。

ところでチャプター情報のある動画(IFO,VOB)をUSBに落としても決してDVDのように再生しない。これはソニー機種でも同じであった。DVDのデバイスからでないとチャプターメニューが扱えないのはユーザーから見て納得のいかないことである。せっかくUSBインタフェースが実装されてファイル再生できるのだから、利便性にもっと配慮してもいいはずである。動画はチャプター有っての動画である。非常に残念である。本機はUSBメモリーからバージョンアップできるのだから是非、他社にない機能として盛り込んで欲しいものだ。


●各社比較
 Pioneer:BDP-3140
 SONY:BDP-S1500
 Pane:DMP-BDT170
 Toshiba:DBP-S400

・動画ファイルの対応状況
 画像3は検証、取説、メーカーサポートへの問いあわせに基づいたもの。
 (もし疑問箇所があればメーカーに確認されたい)
 Pana, Toshibaサポートは問いあわせに直ぐに応えられない状況。
ファイル再生を想定するユーザーはこの2社は避けた方がいいだろう。

・Pioneerの再生機能は豊富で充実している。
・sonyは動画ファイルの対応は比較的多い。操作画面は扱いやすく設計されている。またネット接続にも配慮している。
・panasonicの取説はペラ2ページ。HPのどこにも対応可能な動画フォーマットさへ載せていない。ていたらくである。商品への開発姿勢を物語っている。


● 総評

操作性は機敏で基本機能にほとんど問題はない。特に再生操作は充実していて他社に比べて圧倒的に使い易くなっている。
 

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった3

デザイン5
操作性5
再生画質5
音質5
読み取り精度5
出力端子5
サイズ5
満足度4
再生機能が充実

レビューは常に製品の問題点を指摘するところだと思っている。メーカーHPは美辞麗句で埋め尽くされているだけで消費者に実態が分からないのが実情である。苦言は今後の商品開発に生かせてもらえばと願っている。


●良いところ

・USBメモリー、USB外付けHDDなどを動画媒体として使えるのは便利。

・早送りはボタンの連続押しで結構速くなる。2x,4x,8x,16x,32xまである。

・A−Bリピートは部分繰り返しに重宝する。

・DVD再生中からもチャプター番号の入力で1秒で飛ぶ。結構、機敏。

・DVDしか見ていないが、画質はアップスケーリングとやらでそれなりにきれい。

・USBのファイル動画の再生では、上下移動ボタンでファイル移動が瞬時に行える。チャプターの代用ができる。(後述)


●良くないところ

1) USBとDVDの切り換えが面倒;
ソースボタンでUSBメモリーに入り、ルートから階層を降りてフォルダー選択するまでカーソル移動が10回は必要。DVDに戻すときも同じ回数が必要である。USBやDVDの専用ボタンは必須だろう。

2) 使えないLAN端子;
ネット接続のブラウザ機能がある訳でも無し、DLNAでサーバーから動画ファイルを読み込めるわけでもない。"BD-LIVE"に何の興味も無し。

3) 粗雑な前面USB端子;
装着具合はやけに固い。精度のでない中国工場で作った安物を調達しているのが推測される。

4) リモコンに音声ボリューム無し。

5) 取説に画面情報(画像2)の記載無し;
当初、中央の数字が何を意味するのかさっぱり分からなかった。再生になぜファイル数が必要なのかほとんどのユーザーは理解しないだろう。意図を説明すべきだろう。


●動画ファイルのチャプター

DVDをファイル化してUSBメモリーなどから再生するメリットは大きい。いちいちケースから出す必要は無くなり、リモコン操作だけで選択できるし、動画編集ソフトで余計な部分をカットすることができる。

しかし"動画ファイル"ではDVD媒体のようなメニュー画面やチャプター情報と言う概念はそもそも無い。DVDに存在するIFOファイルとの連携が無いからである。だからチャプターの操作ボタンを使っても本来の位置には飛ばない。本機では10分(固定)飛ばしになっているようである。取説23ページにチャプターが機能しないことが記されている。

実はその代替として動画を同一フォルダーでチャプター分だけファイル分けして収容する方法がある。画面2はフォルダー内のそのファイル数を表示している。(映像本体は塗りつぶしている)

上部表示のチャプター数はいい加減だが、ファイル数は適正である。リモコンの"上下移動ボタン"で再生中でもファイル送りがほぼ瞬時にできる。事実上のチャプター操作である。ただDVDのようにダイレクトに飛ばすことはできないが前後移動は可能。

因みに動画編集ソフトでタイムラインの操作で切断したとき、書き込み時に自動的でクリップ単位でファイル分割してくれる"AVS Video ReMaker"と言うものがある。このソフトはAdobe Premiereなどで起きがちな「ビデオと音声」のズレや画像落ちなどは決して起きない。余計なコンバージョン処理が無く編集動作は軽快。

ところで動画ファイルをDVDと同じファイル構成(IFO:チャプター情報,VOB)で規定フォルダーに落としても、USBメモリーからは決してDVDのように再生しない。DVDのデバイスコントローラを介さないと再生(起動)しないようになっているようだ。今やUSBインタフェースが実装される時代なのだから、もっとユーザーの利便性を配慮した仕様が出てもいいはず。メディアに焼かないとチャプターが扱えないという規格は非常に良くない。


●各社比較
 Pioneer:BDP-3140
 SONY:BDP-S1500
 Pane:DMP-BDT170
 Toshiba:DBP-S400

・動画ファイルの対応状況
 画像3は検証、取説、メーカーサポートへの問いあわせに基づいたものです。
 (疑問があればメーカーに確認されたい)
 Pana, Toshibaサポートは問いあわせに直ぐに応えられない状況。
 ファイル再生を想定するユーザーはこの2社は避けた方が良い。

・Pioneerの再生機能は豊富で充実している。
・sonyは動画ファイルの対応は比較的多い。
・panasonicの取説はペラ2ページ。HPのどこにも対応可能な動画フォーマットさへ載せていない。開発姿勢を物語っている。


● 総評

弱点は記述したとおりであるが、概ね操作性は機敏で基本機能にほとんど問題はない。
 

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「BDP-3140-K [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
使いやすい  4 2016年5月22日 11:24
なんでも再生できる便利なやつ  4 2016年5月10日 20:54
コスパ良し  5 2016年4月25日 10:16
満足です  5 2016年3月13日 06:37
高基本性能だが快適操作とは言い難い  3 2016年3月9日 07:08
再生機能は充実  4 2016年2月7日 13:46
BDP-S1500から買い替えて見ました!  5 2016年1月13日 14:32
サイズぴったり  5 2015年10月12日 09:19
BDP-3130からの買い替え  4 2015年9月7日 18:41

BDP-3140-K [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

BDP-3140-K [ブラック]
パイオニア

BDP-3140-K [ブラック]

最安価格(税込):¥11,112発売日:2015年 6月下旬 価格.comの安さの理由は?

BDP-3140-K [ブラック]をお気に入り製品に追加する <99

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ブルーレイプレーヤー]

ブルーレイプレーヤーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ブルーレイプレーヤー
(最近1年以内の発売・登録)


ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意