スバル エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル レビュー・評価

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
2.5i EyeSight 2017年4月3日 マイナーチェンジ 7人
Modern Style 2017年4月3日 マイナーチェンジ 1人
X-BREAK 2017年4月3日 特別仕様車 5人
Active Style 2016年10月3日 特別仕様車 3人
Modern Style 2016年1月5日 特別仕様車 15人
2.5i EyeSight 2015年4月16日 ニューモデル 96人
満足度:4.86
(カテゴリ平均:4.33
レビュー投稿数:133人 (プロレビュー:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.66 4.35 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.61 3.94 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.81 4.14 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.83 4.22 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.80 4.06 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.82 3.90 -位 燃費の満足度
価格 4.86 3.89 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
8件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

※終売間際に契約し1月に納車。
以下備忘録も兼ねて。

大好きだったBPレガシィツーリングワゴンからの乗り換え。乗り潰すつもりでいましたが、3人目の子供の誕生を機に乗り換えることに。(さすがにチャイルドシート有りの後部座席3人はきつかったので)

他にはジェイド、ステップワゴン、ノアあたりも見ましたが正直検討に値せず。発売直後のCX8がかなり魅力的でしたが大きさと没個性が気になりクロスオーバーセブンに決定。振り返ってみればほぼ一択でした。

グレード・カラーを悩みましたが、XBREAK×クオーツブルーを選択。バンパーパネルをつけてアウトドア色強めに。(アーバンスタイル×バンパーパネル無しの都会派仕様も魅力的でした。)

【エクステリア】
先進的な新しさはありませんが無骨さと上品さを両立させた外観。エクシーガの改修だけでこんなにも迫力のある格好良いデザインに仕上げたものだと感心します。
ビルトインルーフレールやブラックアイラインつきヘッドライト、ブラックアウトDピラー(!)等の歴代レガシィツーリングワゴンの特徴が備わっているのは嬉しいツボ。まるでレガシィツーリングワゴンの隠されたもう一つの発展型。MSVのよう。

なかなか迫力のあるグリルも押し出し感があって良いですが、最近流行りの高級ミニバンや軽自動車の派手なグリルのことをとやかく言えないかな。

いらないと思っていたXBREAKのオレンジ色のオーナメントは実車では良いアクセントです。

【インテリア】
現行のインプレッサやマツダ車に比べると質感は負けます。プラスチックですし。ただし特筆すべきは雰囲気が圧倒的に「楽しい」こと。車外からも目に入る個性的なタンカラー×グリーンステッチのシート。ツートンカラーの本皮ステアリング。シフトブーツにアルミペダル。ドライバーを盛り上げるとともに、家族や友人を乗せたくなるデザインです。汚れの目立つインパネ周りのピアノブラックは難儀ですが質感にはプラスなのでマメに拭きましょう。

【エンジン性能】
トルクフルとは言い難かったBPレガシィに比べ、低中速から余裕のあるトルク感。重くなった車重を感じさせません。多人数乗車の時でも十分です。

【走行性能】
車高の低いBPレガシィと比べるのは酷ですが、それでも多人数乗りの車でここまで走る、曲がる、止まるがしっかりしているのは素晴らしいと。たまの遠出でSI-DRIVEをいじるのも楽しいですね。

【乗り心地】
たまに助手席に乗ると良さがよく分かります。程よくしなやかなサスペンションと静粛性。パワーシートと相まってとても快適です。

【その他】
燃費 BPレガシィよりはましになっているので御の字。
3列目シート もとはミニバンなので大人もちゃんと座れるシートです。CX8より乗り込みやすいような。
積載力 3 列目シートを倒したときの容量はBPレガシィツーリングワゴンと同等のはずですが、キャンプ道具を積んだときに若干余裕ができました。嬉しい誤算
スピーカー 数少ない欠点。我慢できずに自分で交換しました。
安全性能 先進安全装備が標準装備の車も最近は増えてきましたがひと通りのものは既についてました。これみよがしなアイサイトのカメラはスバル車の勲章。

【総評】
この車を選んだ人はまず後悔しないだろうなと思います。それほどの魅力に溢れた唯一無二の車。今日も私はクロスオーバーセブンといういい車に乗っています。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
福岡県

新車価格
276万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぎゃら1014さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5
 

 

通勤車兼ファミリーカーとして2018年4月BPレガシィから乗り換えました。
この車を選んだ理由は、
1. 四輪駆動
雪国で家も坂の上にあるので
2. 7人乗り
親と同居で5人以上乗ることが増えてきたため
3. 十分なパワーと走行安定性
街中でよく見るあの箱型バンみたいなドアンダーでもっさり加速はどうしても嫌だったため
4. SUV
最近の流行りですがやはりオフローダールックは見た目も使い勝手もいいなと思ってました。

ということで、比較したのはCX-8かデリカD5でした。CX-8は価格が高いので却下。デリカは値段の割に装備が少ないのが難点といったことから、クロスオーバー7が最終的に残りました。
価格については余裕で300万円切る価格なのに、アイサイト、本革シート、サイドカーテンエアバック、ルーフレールなどが標準で、多人数乗りSUVの中でダントツバーゲン価格といって間違いないでしょう。

この車の私が選んだ一番のポイントは内装です。
オプションのオレンジ色のウルトラスウェード!
いわゆるアルカンターラ生地で、色も濃いオレンジ色で非常に高級感があります。
触り心地もソフトでまるでソファーのよう。

また、走りもやはりパワフルで、2.5リッターのFB25エンジンはNAではありますが常にアクセルペダルに余裕があり楽に走ることができます。
ただ引き換えに街乗りでSIドライブのIモードで10q/l、Sモードで9q/L程度なので消して良いとはいえないでしょう。レギュラーガソリンなのが救いです。

アイサイトは標準装備でバージョン2ですがもしものときのプリクラッシュブレーキだけでなく、追従クルーズコントロールが運転の労力を軽減してくれます。

今年のGWはクロスオーバー7が納車されて初めて11人の家族旅行に行ってきました。
マイカーにはチャイルドシート含む7人乗り。
行き先は会津若松市の東山温泉です。
ゆっくり走って2時間の道のり。
7人乗ると荷物を入れるスペースは限られるので工夫しつつなんとか押し込んで人間のスペースを確保。
それでもゆとりあるレイアウトとサスセッティング、シートのお陰で乗ってる人の感想は快適だったとのこです!
ドライバーはというと、追従クルーズコントロールを駆使することで前車との距離や速度維持の労力から解放され疲労が溜まりにくいと感じました。
ただ、車側のブレーキのタイミングが気持ち遅いのでヒヤッとすることがありますが、一応確実に停車までやってくれました(笑)
ここはチューニングしたいですができるか分からないので、一先ずは人間さんが慣れていく方向で考えてます。

このように、価格とパフォーマンスのバランスが非常によくとれた車で、価格コムの評価が高いのもうなずけます。メーカーの販促などもあってか、いまいち人気のない車でしたが隠れた名車といっても過言ではないでしょう!

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった43人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

バリトモさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

販売が終了し、新規のレビューが少なくなっていますが、中古で購入を考えている人の参考になればということで、購入後約2年経っての感想を記します。

【購入のポイント】見飽きないルックス。全幅1800mm以下の7人乗り・段差踏切等で底を擦らない最低地上高がある・重心が低くカーブの多い道で同乗者が酔いにくい・後方の見切りの良さ・内装濃茶オレンジのモダンスタイルが発売された

【期待以上だったこと】110km以下の走行時の騒音は思っていた以上に静か(普通の声で会話が出来る)。アイサイトの衝突防止機能は必要かつ十分。ドアを閉めた際の音の重厚感。7人乗車時の高速走行時の安定感。6時間乗っても腰の痛くならない、ややこぶりでホールド感のある、やや硬めのシート。いかつくないのに、走る車の雰囲気が漂っているのか(?)高速の追越車線走行時、前の車が道を譲ってくれる(個人の感想です)
変な曲線丸みがないのでバックモニターつければ、バックでの車庫入れスムーズに出来る。

【期待以下だったこと】ヘッドライトが暗く感じる。段差の多い舗装路走行時で後席に誰も乗っていない時に、シートのガタガタ音がする。

【改善すべきこと】オフ走行出来るが、車線はみだし時のピーピー音が時速40km以上で設定(エンジン切ると初期設定に戻る)といった機能の追加。燃料計の精度。

【こんな人にお勧め】6人7人で出かける機会の多い人で、重心の高いミニバン以外の車を探している人にお勧め。
後方スライドドアでないので、雨天時の乗り降りの不便さ承知で、同乗者の乗り心地の良さを重視する人にお勧め。
車の運転が好きな人、車を楽しく運転したい人、長距離ドライブが好きな人に強くお勧め。

乗車人数
4人
使用目的
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年5月
購入地域
愛媛県

新車価格
275万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

赤ピーマン55さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
2件
0件
タブレットPC
1件
0件
プリンタ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

子供が増えたので三列suvを探していてたどり着きました。色々試乗してミニバンは走りが嫌(つまらん)だったのでsuvかなと。エクストレイルやジェイドは三列目が駄目、cx-8は発売直前で値引き0とか言われて却下、で走りも含めてスバルが一番よかったので決めました。
とにかく楽しいです。三列目も快適らしく子供はクロスオーバー7で出かけたいといいます(他にフィットシャトルあり)。
もう発売終了してしまいましたが、長く乗ろうと思っています。
あと、色々なパーツが発売されているのがスバルの面白いところですね。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
神奈川県

新車価格
276万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
0円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

信州路エクスプレスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5

上田交通の丸窓電車と一緒に…

現在の姿は…

オフローダーチックに!?

   

新旧交代の時…

   

クロスオーバー7が、我が家の一員となって2年歳月が流れました。
走行距離も15000キロを超え、今では無くてはならない我が家のファミリー ビークルとなりました。
普段は職場と自宅の往復がメイン運用になっていますが、少なくとも年間2回(子供の夏休み&冬休み)には泊まり掛けのロングドライブに出掛けています。
今までに、福島会津方面、静岡伊豆&駿河方面、千葉房総方面には2泊で平均4〜600キロほど、埼玉秩父方面、群馬碓氷方面、長野北信方面、神奈川箱根方面には日帰りで2〜400キロほどの運用実績を作りました。
この実績を元に、今回のレビューを記して参ります。

燃費について…
自宅と職場との距離は片道約3.5キロで、月間平均25〜28往復しています。
燃費はリッター辺り5〜8キロ前後です。
年間を通じて、エアコンは常時使用しています。
冬場は暖気運転をする関係から5〜6キロ前後、夏場はクーラー全開使用となりますが暖気運転時間が短くなる関係から6〜7キロ前後、春&秋は暖気運転も無くなる関係から7〜8キロ前後となっています。
他社製のクルマに乗られている方には、高燃費に感じるかもしれませんが、以前所有していたBC型レガシィGT(ハイオク仕様車)から比べれば、格段に低燃費になっています。
更にクロスオーバー7は2.5リッターで、レギュラーガソリンで助かっています。
ロングドライブでは、高速道路利用が60〜80%となる為、大体10〜15キロ前後に延びます。
約5キロの開きは、高速道路と一般道との使用比率の問題と思います。
中央道や上信越道の様な山岳路線では、圏央道、東名道、東北道等の様な平坦路線に比べれば若干落ちますが、気になる程では無いと思います。

走行性能について…
2.5リッターの排気量による高トルクにより、街乗り、ハイウェイ、山岳路と、どの様な道路でも余裕の走りを奏でてくれます。
以前、ウチの家族と母親の友人との合計7人(内1人子供)を乗せて、圏央道⇒小田原⇒箱根⇒河口湖⇒中央道と走る走行性能を試す絶好の機会に恵まれました。
往復の高速道路では、追従式クルーズコントロールのお陰で疲労感が軽減されて気持ちよく走れました。
名車『スバル360』の運輸省型式認証試験に使われた東海道一の難所イチコクの箱根山越えでも、高トルクでグイグイ引っ張り上げ、連続カーブでも頭を振る事なく快適に走る事が出来ました。

室内環境について…
このテのタイプの7人乗り車は、1〜2列座席をメインとして、3列目座席は補助席や子供席としての利用が当然的設定になっています。
しかし、このクルマの3列目座席は大人でも無理なく乗れる様に設計されている事に驚きました。
確かに大柄な男性には無理が生じる事もあると思いますが、小柄な方であれば十分に乗る事が出来ます。
また座席配置もシアターレイアウトになっている為、全ての席から前方の眺望が確保されている事で快適乗車が可能になっている様です。

総合的にみて…
確かに設計やデザイン面の陳腐感は、現在の新車販売されているクルマから見れば否めない部分もあります。
しかしながら、年次改良を次々と行われた分、熟成されていて安心してハンドルを握れます。
一歩先を行くスバルの高次元の技術が、このクルマの信頼感と言えましょう。
富士自動車産業時代に開発された不運の名車P-1『すばる1500』を皮切りに飛行機屋から自動車屋へと、また富士重工業へと変貌を遂げ、名車『スバル360』や『スバル1000』を世に送り出した開発リーダーの百瀬晋六氏や足回り開発リーダーの小口芳門氏等の元航空技術者集団により培われた高次元の技術と、百瀬晋六氏が思い描いた『家族の為のクルマ』構想が現在の技術者集団に脈々と受け継がれ発展した最高峰の作品が、この『エクシーガ クロスオーバー7』と言う作品となったのだと思われます。
その現れが、3列目座席にあります。
百瀬晋六氏が『スバル360』開発会議中に言い放った『大人4人が乗れなければ、乗用車の意味が無い!』と言った言葉が、このクルマの開発時に『大人7人が乗れなければ、ミニバンの意味が無い!』に変わって3列目座席の居住空間が生まれたのではないかと感じます。
安全・安心・快適の3要素は、伝統の『百瀬イズム』によって『家族の為のクルマ』から『家族の為の安全なクルマ』へと発展したものと感じています。

最後に…
この感想は、私自身が感じた事、想像した事を元に構成しました。
スバル技術陣の皆様、もし違っていたらごめんなさい!

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
東京都

新車価格
275万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
30万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった82人(再レビュー後:48人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

がんばる蔵さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

動画編集ソフト
0件
2件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

スバルクロスオーバー7の製造が終了するとのニュースを聞き、この車の素晴らしさを個人的目線で伝えたいと思います。家族5人で三列目も頻繁に使っています。

外観(前と後ろにオプションでバンパーパネル入れました)
−時代の流れに流されない、いつまでもカッコいいとスタイルですし、流行に惑わされない人には最適だと思います。
−タイヤがもう一回り大きければ、もっとSUV感が出たと思いますが、これは燃費とも関係あるみたいです(営業さん談)
−個人的に後ろからの姿が好きです。
−サンルーフが元から付いているので色んなキャリアをすぐつけれますし、つけなくてもSUV感に一役買っています。冬はスキー、夏はMTBを乗っける予定です。

内観(モダンデザイン)
−落ち着いたデザインなので運転席、助手席、二列目、三列目、どこに座っても心が落ち着きます。
−フロアカーペットもモダンスタイルに合わせた色使いだともっとよかったです。例えばステアリングのステッチ色と合わせるとか。
−三列目をワンタッチで倒せるので、荷物の出し入れがすごく楽です。
−カーゴトレーマットをオプションでつけたので、雪や泥もへっちゃらです。

運転
−滑らかの一言です。
−高速道路もアイサイトのおかげで疲れ知らず。
−運転席のすわり心地最高ですね。
−冬の凍った山道もマニュアルモードはもちろん、オートモードでもステアリングの後ろにあるシフトパッドでブレーキを踏まずに安全に坂道を下れます。これはすごくありがたいです!

総じて絶賛するコメントになりましたが、タイヤの径以外特に気になる箇所はないです。

この車の前に乗っていたインプレッザは20万キロを楽々超えたので、今回のクロスオーバーはしっかり手入れ、管理をして30万キロ目指します!

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
岩手県

新車価格
275万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ALFA1048さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:248人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
265件
スピーカー
3件
54件
プリメインアンプ
1件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

元々欧州車好きで、GOLFU、BMW・E36 318i、VWパサート、ALFA145 以上を乗り継ぎ
スバルは、SFフォレスター、SGフォレスター、BP9アウトバック、エクシーガGTリミテッドを乗り継ぎました。
アウトバック以外は、ターボです。

また、一時SJGフォレスターD型(ブラウンレザー)も、同時に保有しておりました。
2年経過しましたので、最終評価をまとめます。

【エクステリア】

「かつて一世を風靡したステーションワゴン」のスタイルを踏襲したSUV。
良く言えば、外連味のないオーソドックスなデザイン。悪く言えば、新味のないコンサバなデザイン。
現在の、前衛的なトヨタやホンダのエグいデザインに比べると、相当おとなしい。
だが、ロングホイールベース&ロングキャビンで似ているクルマはあまりないので、遠目でも結構存在感はある。
好みに合えば、逆に飽きずに乗れるかも。

旧エクシーガに、価格アップがほとんどなしで、SUV仕立てにしたのでお得とは言える。
ルーフレール、グラッディング、ホイールアーチモールをOPで換算すれば、最低10万円はくだらないはず。

残念な点としては、タイヤサイズ。純正は215/50R17で外径が647mmほどだが
225/55R17の外径688mm位は欲しかった。
そうすれば、アウトドアでも有効な最低地上高も190mm位確保できた。
ただ、ホイールアーチモールのおかげで、見かけ上はタイヤの小ささを補っている。

当方は、自己責任で215/55R17、外径668mmに換装。最低地上高は180mm位になっている。
アイサイト・ACCの作動、メーター換算は、外径アップ率3.24%を計算しておけば、問題なく使用できている。

DOPの、フォグライト・前後のバンパーパネル、LEDアクセサリーライナーの常時点灯可は
たとえ価格が上がるにしても、標準装備にして欲しかった。

【インテリア】

デザインは、価格相応のチープな素材使いで、基本旧エクシーガから変わっていないが、色使い等で新鮮味を出した。
モダンスタイルでも、ウルトラスエードを選べるとなお良かった。
ただし、ピアノブラックはいただけない。旧エクシーガに比べかえって汚れやすく、チープに感じる。

一番重要なシートクッションの形状と出来はまずまずで、長距離運転でも疲労は少ない。
旧エクシーガから継続のアームレストも、意外に長距離運転時に重宝する。シートについては、SJGフォレスターよりも良い。
だが、標準シートの表皮素材は擦れに弱く破れ易いので、カバーを掛けるのが賢明と思われる。
うちのは、2年しないうちに、両前席裏側が擦れて破れてしまった。

純正スピーカーは、付いているだけで使用に堪えない。オーディオレスなので、こちらも無しで良いと思う。

また、ドアの開閉は密閉度が高く閉まりにくい分、閉める音は重厚で質感が高い。

【エンジン性能】

FB25とリニアトロニックの組合せは、旧エクシーガGTのEJ20ターボと5ATの組合せよりも、通常域では扱い易い。
EJターボは、低速域がトルク不足でトロかった。

乗員込で、最低1700kg以上となるボディを楽々引っ張る。
停車時の、エンジン振動は水平対向に慣れない方には不評かも。

【走行性能】

残念ながら、Xモードはない。
しかし、安定のAWDシステムと、前後左右の車両重量バランスの良さで、ひたひたと滑らかに走る。

前後の重量バランスは、スバル車はほぼ60:40だが、3列シートのためか55:45になっている。
ドイツ車のような地面を鷲掴みにする程の感覚はないものの、足まわりの路面への追従は素晴らしいので
路面情報をステアリングから受けつつ、運転を楽しめる。

通常市街地はSモードでキビキビ、高速道路ではIモードで燃費稼ぎ、走りを楽しむ時はS#モード等、の使い分けが可能。

【乗り心地】

前後左右の重量バランスの良さ、XO7向けのサスペンションの設定により、どのシートでも重厚で落ち着きのある乗り心地。
特に3列目は、リア車軸の上とは思えない程良い。

【燃費】

スバル車の常で、暖気前に着く近距離のチョイ乗りでは全く伸びず、6〜7km/L。
高速道路で100km巡航、バイパス等で80km巡航なら13〜14km/Lは可能。

【価格】

スバルの他車に比べても、1グレード・安全装備フルでこの価格はバーゲン。


【総評】  過去のクルマとの相対評価

・エンジンの快感度 @ALFA145 ASFフォレスター BエクシーガGT CXO7 DBMWE36
・エクステリアデザイン @BP9アウトバック ABMWE36 BXO7 CGOLFU DALFA145
・クルマとしての使い勝手  @XO7 AエクシーガGT BBP9アウトバック CSGフォレスター DGOLFU
・コストパフォーマンス  @XO7 ABP9アウトバック BSFフォレスター CエクシーガGT DALFA145

◎最終評価    @XO7 ABP9アウトバック BGOLFU CALFA145 DエクシーガGT
 

旧エクシーガGTリミテッドは、2011年1月から乗ったが、その前のBP9アウトバックの完成度が高くて気に入っていたが
家族が増えて6人乗りが必要となったので、本当は多人数でも乗れるSUVが欲しかった。
2011年から、XO7のようなコンセプトのクルマを待ち望んでいた。

◎1台で、多人数乗者を含め全てをまかなえる真のMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)。

◎価格コムでの、所有者による満足度評価の高さが、このクルマの価値を示している。
 評価が低いのは、評論家とほぼ試乗しただけの人である。


◎高級ではないが、所有者が多くの要素で質感の高さを感じられるドライバーズ・ファミリー・カーといえる。

◎知名度が低く、累計販売台数も伸びなかったが、隠れた名車として語りつがれそうなクルマである。



乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年1月
購入地域
新潟県

新車価格
275万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった147人(再レビュー後:71人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

夢のSUBARUさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
27件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

皆さんもご存知の通り本日大雪です。
自分の地域でここまで積もるのは珍しく4年前の大雪以来の積雪です!

クロスオーバー7を購入したのは一昨年の11月でここまでの積雪運転はクロスオーバー7に乗って初めて!

以前からSUBARUのAWDは悪路に強いと聞いてましたが、ここまで雪道に強いとは思いませんでした!!!
先程も言ったようにこの地域はあまり雪が積もらないため周りの車達は雪に怯えながらの運転ですが、僕のクロスオーバー7はスイスイです!

周りに車がいない時にはワザと雑な運転をしたりしてみましたが滑ったりすることもなくピタリと地面に這う印象でした!

普段のドライブでいつも僕を楽しませてくれるクロスオーバー7がここまで雪道に強いとは嬉しい限りです
!!
ここまでAWDの恩恵を肌で感じれて感動しました!

だからと言って過信運転はせず、楽しく明日もクロスオーバー7に乗りたいと思います!

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
栃木県

新車価格
275万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった44

このレビューは参考になりましたか?参考になった

やまたろうMAXさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
 

北海道でレンタカーした時は、満足できる燃費でした。

 

【エクステリア】
大変好みですね。ドアが良く半ドアになるので閉めるときはしっかり押し込むこと、引き込むことを意識する。
【インテリア】
フロントのピアノブラック調の部分は、ほこりが目立ち候う。定期的なモップがけは必須なるかと。

【エンジン性能】
坂道でも余裕のトルク,加速やレスポンスも他のファミリーカーと比較して良い部類なのかなと。割りと静か。雑に踏むともちろんうるさいですけど。
【走行性能】
パドルシフトやSモードもあり、運転してて実に楽しい。ロールもあまりないのかな。スバル車は初めてだけど、ハンドルがちと重い気もする。それが重厚な乗り味に一役買っているんだろう。
【乗り心地】
後部座席も含めて、素晴らしいの一言。スバルの車作りに対する真面目な姿勢が現れている。ファミリーカー選定する際には乗り心地は重要になってくるが、嫁からの評価も良かった。
【燃費】ここだけは低評価。安全装備があるのでここは目をつむります。
遠出して一生懸命頑張って燃費表示読みでカタログ燃費やや越えてくるとこ。町乗りだと、8から9くらい。夏になったらクーラーつけるから下がってくるのかな。

【価格】間違いなく安いかと。かなり多くの機能、安全装備がわんさかついている。正直使いこなせないであろうボタンが複数ある。
購入の際は下取り価格も、買い取り店の最高価格に合わせて頂き、大幅な値引きの要求にも応えて頂き、本当に感謝しています。これがなければ買えていませんでした。

【総評】この車を所有したことに、一点の悔いもなし。運転しているとき、万一の事故から家族を守ってくれる安心感がある。
今後、家族で沢山思い出を作って行きたいと思う!

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
兵庫県

新車価格
275万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
25万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スプラシューターコラボさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】
人からの評価は真っ二つです。これレガシイ?という肯定的な意見と、古臭くて格好悪いという意見です。私はトヨタのようなヤンキーぽいデザインよりも大人らしくいいデザインだと思います。この車はもっとコストをかけてデザインを変更すればもっと売れていたかもしれませんが、これは価格とのトレードオフなのでこのデザインでいいと思います。

【インテリア】
モダンスタイルを選択しました。タンカラーも良かったのですが、モダンスタイルはシックで落ち着きます。メーターなども見やすく、過不足ありません。シートヒーターが標準なのは助かります。他のメーカーの車のようなペラペラの装甲ではなく、欧州車のような重厚感があります。コックピットに座ると何とも言えない満足感があります。

【エンジン性能】
2.5Lエンジンで余裕です。もっと馬力があっても良いのですが、これは燃費とのトレードオフなので、これくらいがバランスが良いのでしょう。

【走行性能】
これは他のメーカーとは比較にならないほどよいです。欧州車のように真っ直ぐフラットに走ります。悪路は走っていませんが、AWDの安定感は素晴らしい。アイサイトはVER.2ですが、別に気になりません。アイサイトで一番重視しているのはACCです。VER.3のほうが追従がなめらかかもしれませんが、VER.2でも、他のメーカーと同等以上だと思います。

【乗り心地】
好ましい乗り心地です。ファミリーカーとしては固めかもしれませんが、トヨタよりは固く、ホンダよりは柔らかく、ちょうどよい味付けだと思います。シートも疲れにくい感じです。長距離移動に向いている感じです。

【燃費】
当初、街乗りでACCを利用していたらリッター8キロ台でした。ACCの加速が結構急なので、利用をやめたらリッター9キロ台になりました。自分のアクセルワークでマイルドに加速したほうが燃費によさそうです。郊外の走行ならリッター10キロ以上が出せそうです。この走行性能でこの燃費なら問題ありません。

【価格】
このスペックなら満足感あります。

【総評】
今回の車選びは、同価格帯の車を比較し、試乗し、この車に勝てる車は無いと確信して購入しました。しかし、生産終了が発表されてしまいました。今後、このような良心的な車が手に入るのでしょうか、気になります。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
岐阜県

新車価格
275万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった61

このレビューは参考になりましたか?参考になった

黒酢7さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:266人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

納車から一年半が経ちました…。
距離は22000キロを越えようとしています…。
走る度に、飽きるどころか、ますますクロスオーバー7 に魅了され、皆さんのレビューを毎日、云々と頷きながら読ませてもらっていますが、最近、ふとした心境の変化に気付き、堪らず再レビューです…。

【エクステリア】
皆さんの仰る通り、素晴らしい…。角度によっては、少し不細工に見える時がありますが、それもぶさ可愛いと許せてしまうこの魅力はwhy?
【インテリア】
皆さんさんの仰る通りです…。古さや不便なところもありますが、それを自分なりに工夫して、自分色に染めていくのが楽しくて仕方ないから不・思・議…
【エンジン性能】
車音痴な私は、横文字が苦手で、性能などよくわからないですが、とにかく馬力がある。速い。事はわかります。納車後に何度が点検や修理で代車に乗る機会がありましたが、こんなに違うものかと、早くクロスオーバー7 に乗りたく会いたくてたまらなくなりました…。
【走行性能】
最高!
【乗り心地】
乗ってる時はもちろん最高!
妻とケンカした時や、イライラした時に、クロスオーバー7 の中にいると落ち着いて冷静になれます。
【価格】
破格だと思います。
【燃費】
エコカーと比べても仕方ない。普通だと思います。
【総合評価】
クロスオーバー7 との出会いは、ある意味、奇跡でした。M社からの乗り換えで、ディーラーを巡り、最後に入ったのがスバルでした…。
クロスオーバー7 の事は、本当に知らなかったので、見た瞬間に一目惚れでした…。
あの時の気持ちは色褪せるどころか、一年半たった今も、ますます虜になって、二日に一度は洗車か拭き掃除をしているのでピカピカです。
最近、ふとした心境の変化とは、街でクロスオーバー7 を見かける事が増えてきた事によります。
最初は、ほとんど見かけなかったので、クロスオーバー7 を見かけたり、すれ違ったりすると、嬉しくて興奮していたのですが、最近は見かける事も増えてきて、「ちっ!この車の良さに気付きやがったな?」とジェラシーみたいなものを感じる時があります。
クロスオーバー7 のレビューで、辛口評価や酷評したコメントを読むと、「いやいや、君にはこの車の良さがわかるには、まだ早いでしょ」とか、「わかるかな〜、わかんねーだろうな〜」と感じたり、凄く不思議な感じがします…。
クロスオーバー7 のオーナーさんのレビューを読むと、皆さん素晴らしいコメントばかりで、性格まで良さそうだと感じてしまいますが、「みんなが、素晴らしい素晴らしいと書くから、買う人が、増えるじゃないかー、この車の良さ、素晴らしさは、俺とわかる人だけわかればいいんだー」と物凄く複雑な心境に押しつぶされそうです…。スバルさん、駆け込み需要の中、大変申し訳ございません。
クロスオーバー7 のオーナーさんに聞きたいのですが、こんな風に感じているのは、私だけ?
皆さんの心の中に、私と同じ心境の人いませんか?
いらっしゃいましたら、ボチッとお願いします。
同じ心境の人が1人でもいたら、それだけでいいんです…
自分が性格が悪くなったんじゃないかと悩む毎日です。
クロスオーバー7 …、本当にいい車…。

使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年3月
購入地域
福岡県

新車価格
275万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
20万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった266人(再レビュー後:216人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まーくんぶりぶりさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:66人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
3件
掃除機
1件
0件
エアコン・クーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

納車1年

これまではトヨタ派で、トヨタのミニバンやハイブリッドを乗り継いできましたが、オールラウンドで出来が良い面が強すぎて、面白味がほとんどゼロの印象がどうしても捨てきれずに悶々としていたので、いよいよ他社への乗り換えを決断しました。トヨタ車には何の不満も感じませんでした。プリウスの上級車種のsaiに新車から7年乗りましたが、故障することは一切無く、とにかく素晴らしい優等生の車を演じてくれていました。しかし心から運転する楽しさがあるかというと、乗り始めて1年が過ぎる頃から何の楽しみも湧かず、ただ燃費を気にするアクセルワークを探してしまう自分のアクセル捌きに気付いて、ホトホト運転する楽しみを忘れていました(内装やオーディオ等の操作性は別にして…)。また、加速を必要とする場面でも、トヨタのハイブリッドは踏み込めばエンジンが轟音を立てて必死のパッチで回転してしまう点が、やはりホトホト疲れてきました。静音を売りにするためのエンジンに加速や心地よさは求めてはいけないのだと、つくずく思い知らされる毎日でした。そんな悶々とした日々を過ごしている時に、会社の同僚が新車のクロスオーバー7を乗っているのに気づき、そこでクロスオーバー7の存在を知りました。その後ネット等で詳しく調べてみると、概ね素晴らしい評価を得ていることを知り、ディーラーにて試乗の運びとなりました。試乗した結果は「すばらしい」の一言でした。これまでスバルに抱いていた、「古くさい・必要最低限装備・乗り心地悪い・燃費が悪い・4WD一辺倒」のイメージが一新され、なるほど今はスバルの時代だと確信に変わりました。購入しての1ヶ月の感想です。
【エクステリア】
ステキ・素晴らしいの一言です。正面から見たら、大きめのグリルが存在感を示し、立体的にデザインされたバンパーや十分すぎる照度を誇るライト群がその存在をアピールしていて、他社に無い個性的なアピアランスです。側面からも背後からも、角度によっては少しずんぐりしているように見える時もありますが、総じてスバルらしいステーションワゴン風のシルエットを保っていて、見る度に見とれてしまいます。
【インテリア】
トヨタのsaiに比べると、最初の印象は「ちょっと古っぽい」という感じでしたが、フロントガラス越しに入る情報量が前車の数倍に思えるほど開放感があり、ややプラスティックを感じさせつつもインパネ周りなどもしっかりと造り込まれています。実際にはインパネ周辺やメーター類の操作性や視認性も抜群で、オートエアコン等の出来映えも秀逸です。ただ、エアコン類やその他のスイッチを操作するのにちょっと運転視野から外れる点はしょうがないのかな…。本革仕様を選んだシートは座り心地抜群で、前車もそうであったように、電動で稼働する点はありがたいし、何よりも寒い冬にはシートヒーターが、その存在感を遺憾なく発揮して、それ無しには考えられない今日この頃です。ハンドルの握り具合も良く、経もちょうど良いスポーティー感を演出しています。シアター状のシートアレンジも同乗者には評判も良く、天井が高くてルーフモニター&LEDライトが室内空間を程よく演出してくれています。
【エンジン性能】
エンジン性能は申し分なく、燃費は2.5リッターエンジンでは、街中でも10km/lで走るし、静音性・加速性も申し分なし。
【走行性能】
他のレビューでも触れられていますが、足回りは秀逸で、文字通り「すべるように滑らかに走る」の一言です。路面の凹凸も心地悪さを感じさせることなく、無意味な突き上げもない、街中でも高速道路でも心に余裕を持って運転を楽しめます。ただ一つ気になるのが、高速運転中の車体の上下動の収束の遅さですが、慣れてくるとそれ程感じることもなくなりました。それとトランスミッションが無段変速で、たまに街中での低速走行中に直角に曲がる時などに、必要以上にエンジン回転数が上がってしまうことが少し残念です。それを差し引いても、この乗り心地の良さは本当に乗る度に驚かされます。ドライブモードを3種類から選べることや、パドルシフトとシフトレバーの両方で、マニュアル感覚でギアを変更できる点もステキです。
【燃費】
先ほども述べましたが、悪くないと感じます。
【価格】
価格も、これだけの豪華装備にオプションを多数つけても、決して高いとは感じさせない存在感と使用価値があります。ホントに嬉しい価格でした。
【総評】
廃盤にするのはもったいないし、早めに買ってて良かったと、運転1年を過ぎましたが、毎日が心躍らせながら運転しています。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
奈良県

新車価格
275万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
10万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった65

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tamburiniさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5

追加レビューです。
CO7が我が家に来て約一月半、普段は嫁さんの足として、週末には私の相棒にと約1500km程度距離を伸ばしました。


【エクステリア】
購入したての高揚も落ち着き、我が家の一員としてガレージに鎮座する光景も日常となりました。

改めて冷静に観ると、ベースが8年前デビューのエクシーガという事もあり、今どきオーソドックスな外観です。
しかし先鋭的デザインが百花繚乱のなか、CO7の柔らかなフォルムは逆に新鮮に感じます。
先日の3連休に混雑したハイウエイの駐車場で、多くの車と並んだ時の印象ですが、特に目を引く存在では無いながらも、端正な出で立ちは実に自然で堂々としており、インテリジェンスさえ感じました。

CO7を単体で眺めたとき、無駄のないラインでまとまり良く構成されたシルエットは、街でも大自然の中でもでもその風景にしっくりと溶け込みつつも、風格と存在感をさりげなく醸していることに気付きます。
この車を走らせて辿り着く風景とCO7の共演は、この車オーナーだけのもう一つの楽しみと言えるでしょう。

エクの頃は今一つしっくりこないと感じていたデザインですが、ふくよかな中に適度にエッジを効かせたディティールは、CO7のSUVのコンセプトにうまくマッチして、本当に良いデザインだと感じています。
「出来の良いオーソドックスは最新の流行に左右されない」という好例で、今更ながらにエクのボディーワークは秀逸だったと認めざるを得ません。


【インテリア】
標準のタンカラーの内装は明るく暖かで、なんともゆったりと落ち着いた空間です。
正直、豪華さや質感・造り込みについてはレガシィや、最新のインプには及びませんし、よくよく見れば古臭さとチープさは否めません。

でも、なぜか許せてしまうのです。
全体的な佇まいがセンス良くまとまっており、かつ使い勝手なども悪くない。
よく考えられて設計されていることが、随所の成り立ちから伝わってきます。
言葉で表現するのは難しいので、このキャビンに身を置いた時の空気感は、実車で体感していただく(実際に走ってみる)のが一番かなと思います。
本革+ウルトラスエードは更に上質なのでしょうが、私は標準でも十分に良いと思います。

気になるのはやはり収納の少なさで、「小物をどこにしまおうか? CDとかどこに置こうか?」ですね。(笑)
またフラットにならない荷室は最大の弱みですが、出来の良いサードシートとのトレードオフだと考えたら、7シーターとして賢明な判断だと言える部分でしょう。
荷室の積載能力自体は十分以上なので、自分なりの工夫でカバーできる部分だと思います。


【エンジン性能】
ボクサーと言えば昔からターボがお約束ですが、NAも優れたパワーユニットでした。
私はずっとNAボクサー派で、CO7で3台目(以前はレガシィBGとBHのTS−R NA/2000 MT)となり、FB25は期待以上で最高の贈り物です。

低速から力強くかつ上質で滑らか、その気になればスルスルと車速を乗せ、高回転域ではボクサー独特のノートと鼓動を心地よく伝えるバランスの良いユニットです。
特にエンジンの存在をきちんと伝えてくるチューニングは、ドライバーを思わずその気にさせます。
凡庸な7人乗りに陥ること無く、多くのオーナーに運転が楽しいと言わしめる理由は、このような官能部分までもきちんとおさえているからで、さすがはスバルと言えます。


【走行性能/乗り心地】
この車格の車が、道路に吸い付くように走り、操舵に忠実に向きを変え、しかも乗り心地を犠牲にしていないという事実は、実はものすごいことなのです。
スバルでは当たり前なのですが、他メーカーでは同価格帯どころか上位クラスでも、滅多に味わえないレベルでしょう。

一般道から高速までしなやかな乗り心地と安定した走行性に破綻は無く、どこまでも走って行けます。
運転していて「いいね〜」って、思わず年甲斐もなく独り言を口走ってしまうほどです。(…リアルです)
そのせいで、無駄にお出かけをしたくなるのには困りものですが…(笑)


【安全性】
ACC+アイサイトは先日の遠出で高速・一般路・渋滞路と色々試しましたが、適性動作で有りながらドライバーの意思に僭越にならず、優れたシステムだと実感しました。
Ver.2だから…と噂が錯綜していますが乗れば納得で、世界最高水準のセーフティーは伊達じゃないです。


【燃費】
往復500kmの高速で、ほぼ“I”mode+ACCで、満タン法で約13km/L。
普段のちょい乗りは約9〜10km/L。


【総評】
正直、最新のインプに浮気しかけましたが、最初に決めていたCO7を選択して大正解でした。
インプは「愛でつくった車」だそうで、試乗してとてもいいと思いましたが、CO7は実際に所有して「もっと大きな愛」を感じています。(笑)

目に見えない本質的部分の造り込みは言うまでもなく、熟成されたパッケージは、手になじむ道具の様で、運転しても人や荷物を乗せても、使い込むほどに「いい選択をしたな〜」という誇らしさにも似た満足が有り、インプや他の最新の車と街中で遭遇しても、「無い物ねだりの引け目」は不思議と感じません。

初スバルだったBGの懐の深い走りに魅了されてからずっとスバルを乗り継いだ先に、待っていたのは50歳目前の自分にも相応しいと思えるこの車でした。
この車とは長い付き合いになりそうだ…そんな未来を予感させてくれる良き相棒です。

実に良く熟成した車体・AWD・水平対向2.5L・安全機能・諸々の充実装備、それを今後ないであろうこの価格で市場提供したスバルに敬意を表します。
先日の生産終了のニュースはショックでしたが、このタイミングで所有できたのは運命なのかも知れません。

いささか古いですが「日本にはスバルが有る」という誇らしいキャッチコピーを、ハンドルを握る度に思い出す今日この頃です。

これからも宜しくCO7

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった81人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

助六7さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

レガシィBP5からの乗り換えで、6人以上乗れる車をメーカー問わず検討した結果、この車に辿り着きました。

・スライドドアは無くても良い
・大人がちゃんと座れる3列目が欲しい
・充実した安全装備が欲しい
・スキーに行くので四駆が欲しい
・できれば箱バンは乗りたくない
・通勤に使わないので高い燃費性能は求めていない
・予算はコミコミ\300万以内

この条件で探すと、クロスオーバー7 一択になりました。
他メーカーの車は3列目が狭かったり、安全装備がオプションだったり、四駆にしたら高くなったり…と、総合的に見てこの車に敵う物はありませんでした。

12月18日で受注終了ですが、こんな素晴らしい車は二度とこの値段では買えなくなると思います。

【エクステリア】
実用的に7人乗れるSUVとして、これほどカッコイイ車は無いと思います。
グリルやクラッディングがSUVらしさを出していますが、それでいて派手過ぎないところが良いです。

【インテリア】
タンカラーの内装は車内が明るく、楽しい雰囲気で乗っているのが楽しくなります。MOPの本革シートは、しっとりとした座り心地で落ち着いて運転できます。パワーシートが標準装備なのも素晴らしい。
一列目から三列目まで、天井が高く開放感があります。
また、大人がちゃんと座れる三列目は座り心地が良く、両親・子供達を連れてのお出かけなどに重宝しています。

【エンジン性能】
必要十分な性能です。
低速トルクがあり、Iモードでも少し踏んだだけで力強く加速します。
Sモード・S#モードでは更に力強く、走りが楽しくなります。高速道路の合流・追い越しも余裕です。

【走行性能】
7人乗れるのに、こんなに走りが楽しい車は珍しいと思います。エクシーガからクロスオーバー7になった時に車高が10mmあがっていますが、足回りのチューニングが絶妙でフラフラした感じがしません。
ワインディングも余裕でこなします。
アイサイトはver2ですが、実用上全く問題ありません。必要十分な機能だと思います。

【乗り心地】
良いです。
先述しましたが、足回りのチューニングが絶妙です。
硬過ぎず、柔らか過ぎず、上質な乗り心地だと思います。

【価格】
破格の値段です。
7人乗れて、安全装備フル装備で、四駆で、2.5Lエンジンで、快適で、パワーシートもシートヒーターも付いて、こんなに安い車はありません。

【燃費】
不満はありません。
街乗りと遠出を半々で実質9〜10km/L程度です。通勤には使っておらず、年間走行距離は5000km程度なので燃費性能はそんなに求めていません。
2.5Lの四駆でこの数値なら満足です。

【総合評価】
本当に素晴らしい車です。
上記レビューの通りで、文句の付けようがありません。
毎日、自分の車を見てニヤニヤし、運転する度にワクワクしています。
ずっとずっと、大切に乗り続けたいと思います。

7人乗りの車を検討していて、箱バンじゃなくても良い…って思っている方は、是非一度試乗される事をお勧めします。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年12月
購入地域
京都府

新車価格
275万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
30万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54

このレビューは参考になりましたか?参考になった

fukume4951さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
18件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

フォレスターSJ5 B型からの乗換えです。

子供2人目欲しい、祖父母乗せると6人乗り以上必要、箱型ミニバン嫌い、他社ミドルSUVだと三列目狭い……

となると、クロスオーバー7しか選択肢は無いですね!

この車がとうとう販売終了してしまうのは本当に残念です…購入迷ってる方、今しかないですので是非とも試乗をオススメします。

自分は北米アセント発表、フォレFMC間近、X BREAK発表を経て、タイミング的にも今しかないと思い、このコスパ最高のスバル熟成三列SUV風味のステーションワゴンに乗換えを決めました。


【エクステリア】
エクシーガ時代のノッペリ感が、うまくSUVリメイクされて消えていると思います。

色はクォーツブルーに。車名/X BREAKエンブレムのオレンジと良く合います。
バンパネ装着、BRZマフラーカッター装着することで、力強さも増す気がします。


【インテリア】
基本的に使い勝手は悪くない、です。
またスバル車共通かと思いますが、フロントもリアも視界良好です。

フォレスターと比べると高級感は有りますが、MFDが無かったり少し面白味には欠ける気はしてしまいます。
シートは腰椎分離症持ちですが、フォレスターよりしっかりしてて良い印象です。
シアターレイアウト三列は祖父母乗せてもかなりの好評、開放感有るとの感想。
三列目の乗り降りは、高齢になるとキツいようですが、三列目の方が乗っていて心地良いとの意見も有りました。
箱型ミニバンには空間的に敵う訳が無いですが、他社SUV3列よりは足下+頭上の空間も広く、大きな窓も相まって快適なんじゃないかと考えます。

いまいちな点としては、
現在のスバルでもよく使われてるピアノブラックのプラパーツは、妻から指紋が目立ちやすいと不評でした。
あとフォレよりもヘッドレストがデカい為、運転席後ろに座るチャイルドシート乗り三歳児からは、前が見づらいと文句出てます。

あと、フォレの時に純正音響機器が音質ヒドかった(社用カローラフィールダー比較)ので、今回はダイアトーンのナビ/フロントスピーカーに変更してあります。


【エンジン性能】
重い車をパワーでしっかりと動かしている、感覚です。
大人らしい、滑らか、という印象。

フォレスターNAは反応キビキビでしたので、その感覚欲しければSモードかなぁ。
正直、SやSシャープの方が、下道走っている分には気持ち良いと思います。


【走行性能】
スバルAWDらしい走行、操舵性能でがっしり地面掴んで走ります。

ツーリングワゴン的なコーナー進入感覚なので、フォレより安心感はあります。
ただ、昨今のスバル車よりかなり柔らかめなので、後部座席座ってると横へのG?はそれなりに有るようです。(妻談ですが、フォレスターは感じなかった)
タワーバーつけたら解決するのかな?

あとフォレスターで重宝していたX-mode、なんとかしてつけて欲しかった…


【乗り心地】
高速や郊外巡航してるときの滑らかな乗り心地は、現行スバル車の中でもかなり上なんじゃないかと思います。
高級車やセダンとは言わないけども、上質の部類に入るのでは?


【燃費】
期待してはいけないですが、フォレよりは少し悪いかもしれない。
高速ならカタログ燃費越えますが、トータルしたら8-9キロくらいです。
ただし、タンク容量大きいので、巡航距離は長いように感じます。

2.5で3列ミニバン、と考えれば普通以上ですし、燃費気にする仕様にしたら、こんなに気持ち良くは走れないでしょうし。


【価格】
他車だとオプションで高額プラスになりそうな装備てんこ盛りで、車両価格300以下。
こんなコスパ良い7人乗りAWDはもう出会えないでしょう…


【総評】
熟成重ねたエクシーガを現代風にうまーくリメイクして、安全装備含めノーマルからてんこ盛りのコスパ最高車。
乗り心地や性格的にも、旧レガシィツーリングワゴンの魂を引き継いでいる、最後のスバル車なのかもしれない。

アイサイトは確かにレンタカーでver.3の凄さを感じることは有りますが、他社と比べればver.2ですら優秀です。
個人としても、フォレB型はver.2だったので、全く問題ないですけどね。

以上、書ききれてない気もしますが…
また、北海道の冬を乗り越えたら、冬道走行性能も含めて再レビューします。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
北海道

新車価格
276万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
25万円

エクシーガ クロスオーバー7の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった47

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデル

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

エクシーガ クロスオーバー7
スバル

エクシーガ クロスオーバー7

新車価格帯:275〜276万円

中古車価格帯:226〜239万円

エクシーガ クロスオーバー7 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <313

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意