ADL GT40α レビュー・評価

ADL GT40α

フォノイコライザーを搭載したUSB DAC

ADL GT40α 製品画像

画像提供:Joshin web

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥48,300 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥46,000
  • 発売日:2014年12月11日

店頭参考価格帯:¥53,650 〜 ¥53,650 (全国31店舗)最寄りのショップ一覧

ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ ADL GT40αのスペック・仕様

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ADL GT40αをお気に入り製品に登録<47
ADL GT40αのピックアップリストを作成

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

HP-A4BL

HP-A4BL

満足度:
5.00

¥41,605

AT-HA22TUBE

AT-HA22TUBE

満足度:
5.00

¥29,602

DS-DAC-10R

DS-DAC-10R

満足度:
4.42

¥47,807

HP-A8

HP-A8

満足度:
4.55

¥56,600

GT40 USB DAC

GT40 USB DAC

満足度:
5.00

¥―

DA-300USB

DA-300USB

満足度:
4.63

¥29,888

HD-DAC1

HD-DAC1

満足度:
4.58

¥73,386

U-05

U-05

満足度:
4.57

¥68,995

ADL STRATOS

ADL STRATOS

満足度:

¥129,087

DAC-1000(S)

DAC-1000(S)

満足度:
4.69

¥39,799

HP-A4

HP-A4

満足度:
4.80

¥28,620

DA-150

DA-150

満足度:
3.50

¥90,445

EPA-007x

EPA-007x

満足度:
5.00

¥121,000

Soloist SL

Soloist SL

満足度:
5.00

¥―

Olasonic NANOCOMPO NANO-D1

Olasonic NANOCOMPO NANO-D1

満足度:
4.74

¥40,104

REX-KEB03

REX-KEB03

満足度:
5.00

¥39,949

HP-A8MK2

HP-A8MK2

満足度:

¥97,083

JADE casa DSD [Navy]

JADE casa DSD [Navy]

満足度:
5.00

¥72,430

TU-HP02

TU-HP02

満足度:
5.00

¥19,633

PrevNext

ご利用の前にお読みください


満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:3人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.33 4.28 49位 見た目のよさ、質感
音質 5.00 4.42 9位 音質の良さ
操作性 5.00 4.24 5位 操作のしやすさ
機能性 5.00 4.13 3位 搭載機能が充実しているか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ADL GT40α

ADL GT40αのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
満足度5

以下のように比較してみました。

1〜PC+foobar2000+GT40+KEF M500
2〜PC+Bughead Emperor+「イヤホンジャック直挿し!」+KEF M500

Bugheadはとにかく良い音が出ます。私の経験ではUSB-DACを繋ぐよりも高音質です。
ただ扱いが難しい。高スペックのPCが要求されますし、セッテイングが未だによくわかりません。
欲張って高音質の設定にするとPCがフリーズします!
まるで異種格闘技のようで公平ではないかもしれませんが、こんな比較もあり得るということで・・・・。

音源は八神純子の「思い出は美しすぎて」(24bit192khz)です。
サビの部分「思い出は」の「は」がどれだけ伸びるか、刺さらないかがポイントです。

さて結果は・・・・・?

ほぼ互角でした!
音の粒立ち、分離ではBugheadがやや上回り、音圧、低音の押し出しではGT40の方が良かったです。
Bugheadは音はいいのですが、あまりにクリアなので長く聴いていると疲れます。低音が薄めなので、
ハイレゾだと余計高音がキンキン響いてしまいます。
GT40は全体的に芯があるというか、高中低域すべてで押して来て弾んでいるという感じです。
聴いていて楽しいのはGT40の方です。しなやかさがあると言えるかも知れません。
ただ、Bugheadの次にGT40を聴くとやや音がこもっている感じはします。

リケーブルで更に楽しめると思います。DSD対応モデルが出ることを期待します!

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

umedondonさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5
満足度5

PCオーディオとハイレゾでやかましいオーディオ界隈ですが、
ベテランの方はレコードをハイレゾでデジタル化したい、
という要望を持つ方は多いのではないでしょうか。
私もその一人です。

が、問題はPCへの取り込み機材。
探してみると、この要望にこたえる機材が非常に少ないことに気がつきます。

どうも、WEBの先人たちのページを見ると一度フォノイコを通し、
ライン入力から音楽制作用のUSBインターフェースを介して
取り込んでいるケースが多いようです。(それもひとつの方法だと思います)

しかし、機材のメイン入力はマイク入力になるので、
基本はバランス接続で、感度もインピーダンスも異なります。
このあたりはレコーディング系の知識がないと、ちょっと敷居が高いかもしれません。

できれば1台で面倒なことなく全部こなしたい、
そんなわがままに答えてくれるのが、このGT40αです。

日本のメーカー品では、私の知る限り選択肢はこれしかありません。
海外メーカーのものはPS Audio、Thorens、Rega、NAD、などをWEBで見つけられますが、日本での入手はPSとThorensを除くと代理店が無く、
電源関係の事情もあり、実用や修理を含めた購入までのハードルはかなり高いと思います。
安価で入手可能なART、AmericanAudio、Pro-Jectはハイレゾに対応していません。

といっても、アナログ機材の視聴はアナログ環境との相性もあるため、
前モデル(GT40)から気になっていたものの、なかなか踏み切れずに居ました。

今回、2015年9月末まで行われているフルテック様の無料貸出しキャンペーンを知り、
なんとGT40αとGT2ケーブルを自宅環境で視聴する夢が叶いました。
以下、レビューさせていただきます。

アナログ周りは以下の機材です。
プレーヤー:ThorensTd-321、SME3009imp
カートリッジ:オーディオテクニカAT33MONO(MC)、ShureV15typeIII(MM)
音源は50年代〜70年代までのJazzレコードです。

【デザイン】
デザインはオーソドックス。筐体の色も落ち着いたいい色だと思います。
PCまわりに置いても、オーディオまわりに置いても、違和感はありません。
電源ボタンとUSB/ANALOGの切り替えスイッチがプラスチックですが、
価格を考えると仕方ないところでしょうか。

【音質】
USBケーブルもFurutech Gt2を貸していただきました。
このケーブルは世評も安定しており、比較がしやすいと思いセレクト。
アナログの取り込みでは、粒がたっており、濃厚というケーブルの特徴と見事にマッチします。
解像度も相当あるようで、特にモノラルのボーカルものではボーカルと楽器が混濁せず、ボーカル部分がくっきりと浮かび上がってきます。
こういうのを音に立体感がある、というのでしょうか。
Wireworld Ultravioletなど手持ちのUSBケーブルも使ってみましたが、交換すると平坦な音になり、やはりマッチングはGt2が格段に優れていると感じます。

【操作性】
正面は電源、入力切替とヘッドフォンアンプのボリュームのみ。
シンプルで迷うことは無いと思います。
製品写真を見ればお分かりのとおり、MC・MMの切り替えやLineとの切り替えは背面ですが製品自体がコンパクトですので、フルサイズアンプ等の背面をいじるのとは異なり、
簡単に変更可能です。

【機能性】
これ1台で3つの機能があります。
@アナログ取り込み
 メインの機能でしょう。
 Phono入力のアッテネータは背面スイッチで、3段階ありますので
 幅広いカートリッジに対応できると思います。
ALine入力
 たとえばテープ資産のデジタル化やラジオのPC録音など、幅広く使えます。
Bヘッドホンアンプ、DAC
 単体でDAC、ヘッドホンアンプとして使えます。

なお、フルテックのHPではAudacityが取り込みソフトとして推奨されており、
WindowsはASIOドライバが用意されています。
MacはUSBをつなぐだけで認識します。
今回、取り込みはiMacでソフトはAudacity、32bitFloat/192khz設定で行い、
24bit/192khzのWAVファイルに書き出しました。
(32bitFloatの取り込みは、Audacityのデフォルト推奨値です)

【総評】
ほかに選択肢が、などと書いてしまいましたが、
アナログ系の資産を手軽かつ高音質にデジタル化できるすばらしい製品です。
ヘッドホンアンプとしてUSBDACも兼ねるので、コスパも間違いなく高いでしょう。
今のところ、PCからアンプにLine出力することと、DSD対応のために別のDACを残していますが、そこも兼用できればそのDACは売り払えます(笑)

このような製品を継続して出し、今回視聴キャンペーンをおこなっていただいたフルテック様に感謝です。


ここからはやや蛇足ですが。。。

ここ2年ほどでイヤホン・ヘッドホンを中心にバランス接続が増えてきました。
正直、あれは「携帯音楽プレーヤーに合わせてイヤホンの感度を上げた」結果、小さな信号を高音質で扱うためアンバランス接続のクロストーク限界が見えてきたのであって、これまでのオーディオのLineレベルではRCA(アンバランス)で十分だったと思います。

で、アナログに関してはMM,MCカートリッジからは非常に小さな信号しか出ていません。
しかも、カートリッジを見れば分かるとおりもともとバランスで出ているので、ここのインターフェースをバランスで統一するのはメリットが大きいと思います。

もうひとつの流れがDSD。
アナログとの親和性が良い、と聞いてはいるものの、知る限りPS Audio Phono Converterが唯一の製品で、デジタル化のためだけに出すには値段がちょっと厳しい。

次バージョンでは、バランス入力対応とDSD対応、ライン出力を、ADL価格でぜひ。。。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

netcoolさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCスピーカー
1件
9件
イヤホン・ヘッドホン
0件
9件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
6件
もっと見る
デザイン4
音質5
操作性5
機能性5
満足度5

フラッグシップには、その会社の特別な思いや同じ価格帯で負けられないスペックを詰め込む事ってあり得ると思う。
縁あって使用する機会を得たFURUTECH製DACを約10時間試聴してみた。 自身所有のiDSD ifi nano との比較を試みた。目立たないFURUTECH のDACではあるがその結果がこれ:

使用DAC: FURUTECH製 GT40α (比較DAC: iDSD ifi nano)
■ ヘッドホン : Philips Fidelio X2 (以降 X2、300時間以上エージング済み) 
■ USB cable : フルテック GT2 Pro-B-1.2m
■ ヘッドホンケーブル: Fiedelio X2 付属品
■ 音楽ソフト : XMplay (色々試した中でこのソフトの音質は無料ソフトでは秀逸)
■ 試聴音楽 : 「最後の言い訳」 山本潤子、他J pop 数曲
■ 原音 : CD 44.1KHz をExact Audio CopyでWAV Ripping

1)デザイン
実に堅牢で、ずしりと重いが4点支持にて非常に安定しているので、室内使用には全く違和感がない。 デザインは堅牢さが勝り若干“無骨”さが目立つ。 しかし造りが良心的と言うかとても安心感を抱かせてくれる形状だ。

2)音質
CDの44.1KHzの音源をXM play経由で192KHzと384KHzにup-sampling (Foobar2000 ASIO経由) しifi nanoを使用しX2で聴いていた。 アコースティックのセパレーションは悪くない。 溢れるような音量は無いが音質にメリハリがあり明瞭さもそこそこ取れていた。 DSDの5.6MHz (JRiver Media Center 20使用)では音質がソフトになり、ヴォーカルの角が取れる感じ。 音量は多めと感じたが、私は192/384KHz の方がより原音に近い音質ではないかと感じている。

次にGT40αを接続し192KHzで聴いてみた。 音が溢れる…ストリングスやピアノのセパレーションが抜群に良く、[坂本冬美]の澄んだ艶っぽい歌声が頭の中心より前面でしっかりと定位している感じ。 DACのスペックや能力の違いが聴いた瞬間、直感的に判るほど音質がアップしフラッグシップならではの良質な音を届けてくれる。 S/N値がifi nanoと比べて5~10くらいアップしてるのではないかと感じるほどクリヤーで明瞭だ。 Sony のバランス接続に似て左右のセパレーションが際立ち、メリハリが効いた音質がX2を通して聴こえる。 音質のupgrade により好きな音楽を再び聴きなおしてもいいかな…って気になる。

2)操作性
一言「概ね判り易い」。 Volume のノブは掴みやすく操作しやすいが、ノブに示されたVolume矢印は本体の色に同化して
いて判りにくい。 PHONESは据置型を目的とした6.3mm&#9152;のみで3.5mm&#9152;が無いのが残念。 アナログInput/Output とも非常に判り易く接続が容易と思える.

3)機能性
ASIOにも対応する非同期型。 サンプリング周波数は最大192KHzまで対応しているので必要にして十分な音質が
得られている。 

4)総評
価格ドットコムの最安値 39,800円(8月1日現在)、仕様やこの品質を考慮すると非常にコスパが高い。 何でもありのifi nano は44.1KHzのPCM (WAVE) の音源をDSD 5.6MHzや384KHzまでup samplingを可能にする等、それなりに楽しめたDACであるがGT40αと比較してみてコスト面で音質を犠牲にしてしまったかも知れない。 GT40αとPhilipsのX2とは相性が良く、またUSBケーブルとして使用した FRUTECH社製のGT2 Pro-Bの高品質ケーブルが音質にプラスになっているかも知れない。 バランス接続にも劣らない明瞭で高度なセパレーション機能によりストリング系、ピアノ系などの繊細な高音がきっちりと聴き分けられ、女性ヴォーカリストの澄み切ったメゾソプラノからアルトのヴォーカルは非常に爽やかな音質で定位し、リスナーをコンサートの世界へ導いてくれる。 良いDACだと思う。

5)満足度
この価格帯でこの音質が得られることを考慮すると満足度は非常に高い。 

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

ADL GT40α
FURUTECH

ADL GT40α

最安価格(税込):¥48,300発売日:2014年12月11日 価格.comの安さの理由は?

ADL GT40αをお気に入り製品に追加する <47

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意