Core i7 5820K BOX レビュー・評価

Core i7 5820K BOX

6コア/12スレッドのハイエンド向けCPU

Core i7 5820K BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥46,979 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 登録日:2014年 9月 1日

店頭参考価格帯:¥― (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i7 5820K/(Haswell E) クロック周波数:3.3GHz ソケット形状:LGA2011-3 Core i7 5820K BOXのスペック・仕様

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

Core i7 6800K BOX

Core i7 6800K BOX

満足度:
5.00

¥49,820

Core i7 7700K BOX

Core i7 7700K BOX

満足度:
4.78

¥39,480

Core i7 6850K BOX

Core i7 6850K BOX

満足度:
3.00

¥68,980

Ryzen 7 1700 BOX

Ryzen 7 1700 BOX

満足度:
4.77

¥39,980

Core i7 6700K BOX

Core i7 6700K BOX

満足度:
4.68

¥38,450

Core i7 5930K BOX

Core i7 5930K BOX

満足度:
4.24

¥64,800

Core i5 4690 BOX

Core i5 4690 BOX

満足度:
5.00

¥27,835

Core i7 6950X Extreme Edition BOX

Core i7 6950X Extreme Editio...

満足度:
4.46

¥191,796

Core i7 6900K BOX

Core i7 6900K BOX

満足度:
4.00

¥116,955

Core i7 5960X Extreme Edition BOX

Core i7 5960X Extreme Editio...

満足度:
4.60

¥121,743

Core i7 7700 BOX

Core i7 7700 BOX

満足度:
4.48

¥35,435

Ryzen 7 1800X BOX

Ryzen 7 1800X BOX

満足度:
4.90

¥59,462

Core i7 4790K BOX

Core i7 4790K BOX

満足度:
4.63

¥42,200

Ryzen 7 1700X BOX

Ryzen 7 1700X BOX

満足度:
4.82

¥46,980

Pentium Dual-Core G4560 BOX

Pentium Dual-Core G4560 BOX

満足度:
4.71

¥6,680

Core i7 6700 BOX

Core i7 6700 BOX

満足度:
4.66

¥35,780

Core i5 4690S BOX

Core i5 4690S BOX

満足度:
5.00

¥29,900

Xeon E5-1620 v4 BOX

Xeon E5-1620 v4 BOX

満足度:
5.00

¥36,680

Core i7 4790 BOX

Core i7 4790 BOX

満足度:
4.89

¥36,800

PrevNext

ご利用の前にお読みください

Core i7 5820K BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:5人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
処理速度 5.00 4.51 3位 処理速度は速いか
安定性 5.00 4.74 4位 安定して動作するか
省電力性 3.76 4.32 39位 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか
互換性 3.39 4.39 40位 対応マザーボードは豊富か
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 5820K BOX

Core i7 5820K BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
プリメインアンプ
0件
2件
電源ユニット
1件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性3
満足度5

今年5月に長らく使っていたPCから新しいPCを自作。

CPU(6700Kか5820K)かによってマザーが変わってくるので、一番最初にどうするかを考えたのがCPUでした。
PhotoShop、LightRoom、動画編集等、自分の作業を考えると6700Kより5820Kを選択、もしかしたら今後8コアも検討するかも・・・と思うと1から自作するとなるとCPU選びで後悔したくないですからね。

これまで
Core 2 Extreme QX9650でしたが、どちらも良品だと思います。


マザーボード X99-PRO/USB 3.1
CPUクーラー V8 GTS RR-V8VC-16PR-R1

オーバークロック 4.7GHzまで普通に出せました。
これ以上頑張るとブルースクリーンが頻出しました。

個人的には十分満足です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

とつまろさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:130人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
32件
マザーボード
3件
23件
ノートパソコン
2件
15件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性3
満足度5

 以前はG1 Sniper(X58) + Core i7 980Xを使用していましたが、「MSI X99A SLI PLUS」とこのCPUに載せ替えて4ヵ月ほど使用して来ましたので使用感をレビューさせて頂きます。

【処理速度】
 デフォルトではさほど体感的な違いは感じられませんでしたが、マザーの「OC Genie」ボタンを使用すると、電圧はデフォルトのままで、CPU倍率が38倍の3.8GHz駆動、メモリクロックが2400MHzまでオーバークロック状態となりました。
 ボタン1つであっさりと3.8GHzまで回ってしまい、もう少し弄れば簡単に4.0GHz超えそうですが、倍率変更だけでも動画エンコードなどで十分に速いと感じられたので3.8GHzで常用しています。

【安定性】
 CPUクーラーは使い回しの物ですが、140WのCPUでも130Wだった980Xよりも発熱が少なく負荷を掛けても55℃を超えた事がなく非常に安定しております。
 980X時は負荷を掛けると65℃を超える事があったり、たまに落ちる事もあったので「140WのCPUだから発熱はどうなのか?」と気にしておりましたが無用な気遣いでした。

【省電力性】
 「本当に140WのCPUなの?」と思える位に発熱が少ないです。22nmプロセスの恩恵を受けていると思います。ソルダリングのヒートスプレッダも放熱に一役買っているのではないでしょうか。グリスだとちょっと考えていたと思いますが・・・。

【互換性】
 ソケットがLGA2011-v3、メモリもDDR4の変更になっており互換性がないため、マザーボードごと載せ替えとなります。これは致し方ないと割り切るしかありません。

【総評】
 140WのCPUという事で発熱を一番心配しておりましたが、他の方のレビューにもあります様にそこそこのクーラーを使用すれば4.0GHz超えの駆動は十分に行けそうです。私的には倍率変更だけのスピードで十分ですし、コスト的にも満足の行く買い物をしたと思っております。

 ただし、このCPUを検討されている方はPCI-E3.0のレーン数が「28レーン」しかないため、特にグラボ2枚差しを検討されている方はご注意下さい。


11/26追記

肝心の私のマシン構成の記載を忘れていましたので追記させて頂きます。参考にになれば幸いです。

CPU:Intel Core i7 5820K
Cooler:CoolerMaster Hyper 212X
M/B:MSI X99A SLI PLUS
Mem:G-Skill F4-2400C15Q-16GRK (4GB×8枚)
VGA:MSI GTX 980 GAMING 4G
SSD:ADATA SX900-128G
HDD:Toshiba DT01ACA200 2TB
BDR:Pionner BDR-206
POW:Super Flower SF-750P14PE (Hasawell対応)
Case:Abee Encolosure 700
OS:Windows10 Pro v1511 64bit版

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

r7bypassさん

  • レビュー投稿数:341件
  • 累計支持数:553人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
252件
映画(DVD・ブルーレイ)
202件
0件
Androidアプリ
46件
11件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性2
互換性3
満足度5

パッケージ外観

5820K本体

LGA2011-v3ソケットに装着

   

4.2GHz@1.198vにてOCCTは1時間完走

   

<構成>

[CPU] Core i7 5820K@4.2GHz
[M/B] GIGABYTE GA-X99-UD4
[OS] Windows10 HomePremium 64bit
[MEM] Corsair CMK8GX4M2B3000C15 [PC4-24000(DDR4-3000MHz)]
    2x4GB 計8GB
[SSD] Crucial CT250MX200SSD4 [M.2 SATA]
[HDD] 内蔵6台(うち二台はRAID1構成)+外部非接続15台
[ビデオカード] ATI Radeon HD 3850
[CPUクーラー] Corsair CWC H50-1
[PCケース] Cooler Master CM 690 II Plus RC-692-KKN1
[電源] Corsair RM650


Skylakeが登場したころにPCの買い替えを検討していました。
メモリもDDR4に買い替える予定だったので、
自然と6700Kと5820Kでかなり迷いました。
五年ぶりの自作だったので雑誌やネットの情報など色々見比べて、
散々迷いましたが、GPU不要な点や、6コアを試してみたい、
そしてエンコードが主目的だったこともあり、5820Kを選びました。
消費電力を気にしなかった点もありますね。
CPUクーラーは付属していませんので、パッケージはコンパクトで軽いです。

前のCPU(Core i7 860)ではOCはせずに定格で使用していました。(TBのみ)
5820Kの定格クロックは3.3GHz(TB時は3.6GHz)とやや抑え気味だったので、
せめて4GHzで常用できればと思いました。

とりあえず38倍(3.8GHz)から試していき、
最終的に4.2GHz@1.198vで落ち着きました。
OCCTは1時間完走、温度も最大で78℃でしたので
このくらいがちょうどいいかなという感じです。
ちなみにこの石では4.3GHzからが壁があるのか、電圧を割と盛らないと
OCCT負荷時にBSになってしまいました。

CINEBENCH R15のスコアは1226cbでした。
だいたい1230前後は出ると思います。

エンコードはaviutlにて「x264guiEx」プラグインを使用してmp4変換しています。
1GBのaviファイルをmp4ファイルにエンコード。

結果として下記のようになりました。

Core i7 860  [定格] TB 3.3GHz ‥‥ 17分52.8秒
Core i7 5820K [定格] TB 3.6GHz ‥‥ 10分6.1秒
                4.0GHz ‥‥ 7分53.1秒
                 4.2GHz ‥‥ 7分33.8秒

さすがは6コア12スレッドだけあって、定格TB3.6GHzでも
4コア8スレッドの17分台から大幅に短縮されました。
4.2GHzへのOCによって、更に2分半ほど短縮されました。

マザーの価格は若干高いですが、5万以下で6コア12スレッドのCPUが
購入できる点はコスパが高いと思います。
性能も満足しています。エンコード中心の方にはお勧めですね。

レベル
自作経験あり

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダブルRさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
0件
6件
ノートパソコン
1件
1件
インターフェイスカード
2件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性4
満足度5

動画エンコード用に思い切って購入。
いや〜!爆速ですね。
今まで、8年前のCPU Q9400を使ってましたが、エンコード時間が約3分の1に短縮。
さっそくCINEBENCH R15で計測、定格の3.3Gで1009でした。
クロック倍率だけ上げて4.0GまでOC、1160まで上がり、あっというまに計測終了しちゃった感じでした。
現在、4.0Gで常用してます、CPU温度は高負荷時が最高58度ぐらいです。
バッチリですな。

OS Windows7 Professional64bit
M/B ASUS X99-A
CPUクーラー RAIJINTEK THEMIS
メモリー PC4-17000(DDR4-2133)8G×2
グラフィック NVIDIA GeForce GTX750TI
電源 1000WATX 80PLUS PLATINUM
ハードディスクSSD サムスン850EVOシリーズ500G
HDD WD Red 3T×2
光学 PIONEER Blu-ray Discドライブ

メモリーがまだまだ高いので、増設には時間かかりそう。
みんな、X99チップマザー買いましょう!!
 

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ID_HALさん

  • レビュー投稿数:76件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
7件
0件
証券会社
6件
0件
PCケース
5件
0件
もっと見る
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性4
満足度5

最新のプラットフォームチップセットのX99で組むということは決まっていたので、CPUの選択は3通りしかありません。
8コア/16スレッドのCore i7 5960Xか6コア/12スレッドの5930Kもしくは5820Kということになります。
価格の安さと処理能力の高さ、低電力消費と静音化のための発熱量の低さ(各種記事より高負荷時150W程度とみられる)からこの3つでは5820Kが最適でした。
また5820Kは拡張スロットPCIe3.0の帯域幅が40レーンではなく28レーンですが、今のところビデオカードを2枚挿すだけの予定なのでとくに問題になりませんでした。
定格で運用してオーバークロックはしないことにしています。実際に使ってみて6コア/12スレッドのおかげで処理速度はかなり速くすばらしいのひとことです。
CINEBENCHのスコアは993cbで、3年前に組んで毎日使っていた今までのメインマシン2600Kの610cbを大きく上回りました。


マザーボードなどほかのパーツとベンチマークの写真はブログでどうぞ。

http://halsrv.com/wordpress/2014/09/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AEx99-intel-core-i7-5820k%E3%81%A7%E8%B6%85%E9%9D%99%E9%9F%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%83%E3%82%AFpc%E3%82%92%E7%B5%84%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Core i7 5820K BOX
インテル

Core i7 5820K BOX

最安価格(税込):¥46,979登録日:2014年 9月 1日 価格.comの安さの理由は?

Core i7 5820K BOXをお気に入り製品に追加する <302

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意