『ファミリーカーとしてのレヴォーグ』 スバル レヴォーグ 2014年モデル すいすいパパさんのレビュー・評価

  • レヴォーグをお気に入り製品に登録 <1116

レヴォーグ 2014年モデル

レヴォーグ 2014年モデルのピックアップリストを作成
レヴォーグ 2014年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

レヴォーグの新車

レヴォーグの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レヴォーグ 2014年モデル

『ファミリーカーとしてのレヴォーグ』 すいすいパパさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
満足度5
ファミリーカーとしてのレヴォーグ

ファミリーカーとしてみた場合の評価になります。レヴォーグは主に走りの面などから評価されることが多いと思いますので、少し違った観点からレビューできるかと。
購入時には1.6GT(ASP)と2.0GT-Sを試乗し、前者を購入しました。短距離ではありますが、試乗時に感じたグレード間の違いについても簡単に触れたいと思います。他にプリウスα、ゴルフ・ヴァリアント、V70、メガーヌ・エステート、308SWに試乗し、比較対象としました。

【エクステリア】
立体駐車場に入るサイズ、子供でも乗り降りのしやすい床面高と大きなドア、扱いやすいリヤハッチと、全体的に扱いやすい、利便性の高い車だと思います。顔については「最近のスバル顔」で好き嫌いが分かれそうですが、家族からの評価は上々。ラピスブルー・パールの色合いも評判いいです。
グレード間の違いはこまごまとあるものの、ホイールキャップが好き嫌い分かれるくらいでしょうか。私は気になりませんが、スチールホイールぽいと思う方もいるかも。

【インテリア】
価格比で安っぽいと言われるポイントですが、家族用と考えるとあまり重視していません。内装素材はソフト素材も多用されており、非常に扱いやすいかと思います。インパネ周りは1.6GTはピアノブラック調が用いられていますが、2.0GT-Sはシルバーカーボン調素材。後者はあまり全体のイメージと調和しておらず、浮いている印象です。

スバル車に決めた最大の決め手は運転席からの見切りの良さで、これは他社製自動車とは比べ物にならない優位性だと思います。Aピラーに隠れがちな斜め前方、子供が見えなくなりがちな車体側方、ワゴン車で見切りが悪くなりがちな後方のいずれも視界が良く、乗っていてストレスを感じません。

トランクは広大であり、荷物が多くなりがちな家族での外出でも問題ないレベルです。価格がかなり安いインプレッサやXVとも比較して悩みましたが、家族で使う場合、インプレッサのトランクサイズでは何かと不足しがちになると思います。

グレード間の違いとして、GT-Sではフロントシートが非常に高級感のあるアルカンターラ+本革のスポーツシートになり、非常にさわり心地、座り心地が良く、高級感もあります。GTグレードのシートは座面がやや滑るためつい浅く座りがちで、長距離移動時には疲れやすい。またカーブなどで肩・腰周りのサポートが弱いので、こちらも山道を走る際には疲れの原因になります。
1.6GTの乗り心地で2.0GT-Sのシートがあればベストだったのですが…。残念。

【エンジン性能】
1.6&#8467;ターボは、郊外・高速道路の巡航時には非常に快適で、高速での追い越しも難なくこなせます。ターボと言っても普通に使う分には非常にジェントルな感触で、軽くアクセルに足を乗せ、ゆっくり踏み込んでいくにつれてスーッと違和感なく加速が伸びていく、快適なエンジンだと思います。
が、街中のストップ&ゴーの繰り返し時には車体の重さを支えきれず、「もっさり」した発車と感じざるを得ないのも事実。当然、少し踏み込めばスタートダッシュもできますが、燃費が著しく悪化するため、あまりお勧めしません。
下記の燃費でも触れていますが、基本的には街中よりは郊外・高速道路が得意なエンジンだと思います。

【走行性能】
峠道、高速では常に安定してオントラックで走行でき、特に高速道路での安定性は特筆すべきものがあります。スバルの安全性というとアイサイトが何かとクローズアップされますが、こうした「走る・曲がる・止まる」の面こそ、この車に家族と自分の命を預けて安心して乗ることができるポイントかと思います。

【乗り心地】
1.6GTは、KYB足と17インチホイールを装備。なめらかな路面では静かで振動も少なく、揺れないので車酔いしがちな子供もレヴォーグに変えてからは嘔吐することはほぼなくなりました(前車プリウス乗車時は、ほぼ例外なく吐いていた)。舗装が荒れているとロードノイズや振動はそれなりに車内に入ってきます。タイヤの特性もあると思うのですが、もう少し荒れた路面を走るときの静粛性が高まると嬉しい。
GTグレードに装備されるKYBのショックアブゾーバですが、高速道路で大きな段差を超えたときに若干おさまりが悪いこともありますが、変なふわふわ感も硬さもなく街乗りでは快適で、グレード選択の決め手となりました。2.0GT-Sでは、運転席では特に気にならなかったのですが、段差時の後席への衝撃がかなり大きいとのこと。後席によく人を乗せる場合、GT-Sグレードは後席での試乗をお勧めします。

【燃費】
街乗りで10km/&#8467;、高速で18km/&#8467;、街乗り中心なので、今のメーター平均燃費は12-13km/&#8467;程度です。
HVと比べるとそれほどお世辞にも良いとは言えませんが、ターボ、AWD、ほぼ常時家族乗車、と燃費悪化要因が揃っていることを考えると、許容範囲かと思っています。ダウンサイズターボでもレギュラーガソリンが使えるのは嬉しい。

【価格】
オプション、諸費用、点検パックもろもろ付けて340万円。絶対額としてはそれなりに高いですが、物を考えると納得感はあります。

【その他】
アドバンスト・セーフティ・パッケージは「痒いところに手が届く」何かと便利な装備満載で、新車でB型を購入する場合は是非お勧めします。が、1.6GTでASPを装着しようとすると、何かと他のオプションとセットで購入せざるを得ず、せっかくのコストパフォーマンスが下がってしまうのが残念ではありますが、それも支払う価値のあるオプションです。特にリヤビークルディテクションとサイドビューモニターは、全車に標準してほしいレベル。

【総評】
ファミリーカーとして求められる機能は、第一に安全性、第二に利便性、第三に経済性だと思っています。
レヴォーグは第一と第二を高いレベルで満たしつつ、第三にも一定程度応えている点で、子供が二人程度の家庭には理想のファミリーカーとして、1つの選択肢になり得ると思います。

※値引き額は事実と異なります

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年8月
購入地域
神奈川県

新車価格
277万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「レヴォーグ 2014年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
アウトバックA型からの乗り換えです  4 2017年8月9日 01:11
素晴らしい  4 2017年7月29日 13:09
◆トゥアレグ⇒XV⇒1.6STIに乗り換えてみて  4 2017年7月24日 17:32
A型オーナーがD型を見て(内外装のレビュー)  4 2017年7月22日 17:39
他になし  5 2017年7月17日 12:59
最近のスバルの目覚しさを感じ  5 2017年7月11日 15:44
車見るたびニヤつきます  5 2017年6月25日 18:06
車の概念、価値観が変わりました!  5 2017年6月16日 15:40
A型GTアイサイト2年半の感想  5 2017年6月12日 21:10
エコカーじゃないけど  4 2017年6月5日 17:22

レヴォーグ 2014年モデルのレビューを見る(レビュアー数:310人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

レヴォーグ
スバル

レヴォーグ

新車価格帯:282〜405万円

中古車価格帯:144〜418万円

レヴォーグ 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <1116

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意