ホンダ VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル レビュー・評価

  • VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドをお気に入り製品に登録 <735

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデルのピックアップリストを作成
VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの新車

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの中古車

中古車査定

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID RS ホンダ センシング 2018年2月16日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID Z ホンダ センシング 4WD 2018年2月16日 マイナーチェンジ 2人
HYBRID X ホンダ センシング BRILLIANT STYLE EDITION 2017年7月7日 特別仕様車 2人
HYBRID 2016年2月26日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID RS ホンダ センシング 2016年2月26日 マイナーチェンジ 21人
HYBRID X ホンダ センシング 2016年2月26日 マイナーチェンジ 8人
HYBRID X ホンダ センシング 4WD 2016年2月26日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID Z ホンダ センシング 2016年2月26日 マイナーチェンジ 18人
HYBRID Z ホンダ センシング 4WD 2016年2月26日 マイナーチェンジ 5人
HYBRID X スタイルエディション 2015年9月18日 特別仕様車 2人
HYBRID 2015年4月24日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID X 2015年4月24日 マイナーチェンジ 6人
HYBRID X 4WD 2015年4月24日 マイナーチェンジ 4人
HYBRID X・Lパッケージ 2015年4月24日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID Z 2015年4月24日 マイナーチェンジ 13人
HYBRID 2013年12月20日 ニューモデル 2人
HYBRID 4WD 2013年12月20日 ニューモデル 4人
HYBRID X 2013年12月20日 ニューモデル 65人
HYBRID X 4WD 2013年12月20日 ニューモデル 29人
HYBRID X・Lパッケージ 2013年12月20日 ニューモデル 29人
HYBRID Z 2013年12月20日 ニューモデル 95人
満足度:4.28
(カテゴリ平均:4.33
レビュー投稿数:323人 (プロレビュー:3人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.52 4.35 63位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.19 3.94 99位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.99 4.15 126位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.07 4.22 120位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.67 4.06 149位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.30 3.90 69位 燃費の満足度
価格 3.97 3.90 45位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:128人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
15件
15件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4
満足度4

マイナーチェンジを迎えたヴェゼルRS HYBRIDの試乗レビューです。
詳細なレビューをご覧になりたい方は、記事下のリンク先を参照ください。

【エクステリア】
マイナーチェンジ前と比べると、非常に洗練されている印象です。
特にジュエルアイのヘッドライトが似合っていてかっこいい。
街で走っている姿を見ても、すぐ新型だと分かるし、目を惹く存在感があります。

【インテリア】
インテリアのデザインは想像以上によかったです。
HONDA車ってインテリアはあんまり...ってのが多い印象だったんですが、
ヴェゼルの内装はうまくまとまっています。
特にRSのウルトラスエード基調のインテリアはスポーティでいいですね。

【エンジン性能】
1.5Lエンジンとハイブリッドシステム、そしてミッションが7DCTというi-DCDハイブリッドですが、
発進時の加速は必要十分。
爆発的な力強さはありませんが、出だしは快適で、エンジンフィーリングも良好です。

【走行性能】
i-DCDがかなりなめらかで、シフトチェンジの際のショックはほとんど感じません。
RS専用のダンパーのおかげか、剛性感も高く、しっかりとした乗り味になっています。
コーナーでの安定性も高く、なかなか楽しい車に仕上がっています。

【乗り心地】
RSのため固めの乗り心地ですが、嫌な固さは感じません。
いい意味でどっしりした感じがあって、跳ねるようなこともないので、
スポーティながら後席に座る人の快適性も考えられているなという感じです。

【燃費】
試乗車の燃費計では18km/Lほどを指していたと思います。十分でしょう。

【価格】
このクォリティで300万を切っているので、コストパフォーマンスは高いと思います。

【総評】
次の車としてヴェゼルRSの選択は大いにありだなと思いました。
正直、もっとチープな感じだろうとなめていたところがあったので、その分質感の高さに驚きました。

さらに詳細なレビューをご覧になりたい方は、以下リンク先を参照くださいね。

<【マニア試乗記】ホンダ 新型ヴェゼル HYBRID RS (2018 MC)を採点評価! コンパクトSUVとは思えない剛性感のある走り!>
https://tmhshiroto.com/drive_vezel_hybrid_rs_2018/

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KenFnさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
15件
ノートパソコン
0件
2件
プリンタ
0件
2件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4
満足度4

【エクステリア】
背の高いクーペ?SUV感があまりない落ち着いた雰囲気です(C-HRはやりすぎ感というか遅すぎて無し)
シビックRやS660もやりすぎ感もあるので、このあたりが無難かなと
流れるウィンカー不要

【インテリア】
運転席側にコンソール類が向いている点や区切られているレイアウトは良い感じですCR-Zの雰囲気に近いかも?
エアコンのタッチ操作は、やはり使いにくいです
ブレーキホールドは便利です、これがついている事も選定のポイントでした
収納は少ないですが荷室容量は満足ですしレイアウトも自在です、これで妻を説得できました(笑)

【エンジン/モータ性能】
Fit等よりエンジン性能が高い分走りが良くなっている感がありますその分少し重くなっていますが…
300馬力クラスの車と比べると流石に比較になりませんが出だしからのトルクが強い為さほど不満には思いません

モータトルク感+エンジンでの走行、CR-Zで馴染んだこの感覚がしっくりきてしまったのかと思います
まだi-MMD等のモータメインの方式に行く前にエンジン走行メインのDCTを堪能したいかと思っての選択でもあります
スポーツモードの加速はかなり良いですCR-Zが遅いというのもありますが(;∀;)、ただ感覚としては、それほど速く感じません、座席が高めだからかも?
エンジンをまわした時の音も個人的には楽しいですCVTと違ってちゃんとダイレクトにギアが変わってくところが良いです!
CR-ZはECONモードで走ってて必要な時だけスポーツで使っていましたが、今後もこのスタイルで十分かなと思った次第です
DCTのギクシャクは良く聞きますが、今のところまだ良くわかりません(笑)
パドルはスポーツモード以外ではほぼ意味なし、、、
Lレンジの方が良いかと思います。

あと個人的にはかなり重要ポイントなのですが2018年のMCでギア比が見直されています。MC前に比べて特に2〜3速が加速重視のセッティングになった事で実用域(〜80Km/h程まで)の加速・レスポンスが良くなっています。3速6600回転が90キロほどになってしまったので表面的な0-100は遅くなっているかもしれませんが総合性能としてはプラスかと思います。

【走行性能】
カタログではZとRSでパフォーマンスダンパーの内容が少し違いますが、RS/Z/Xで試乗しましたがRS/Zで足回りの違いは、あまり感じませんでした(Xは何となく物足りない?気のせい?)

限界時の挙動は(購入後クローズドコースにて確認)市販車で車高が高めの車としてはかなり良いのではないかと?
妥協してSUVにしましたが妥協の意味が無かったかもしれません(笑)

AWD性能についてはあまり期待しておらず(ホンダはなんちゃってAWD…)、個人的にはRSを考えていましたが、妻の要望を入れてのZ AWDを選択となりました…が、意外と良いです
加速時はほぼリアも駆動しているようです。駆動力配分表示が2018年版から(新旧マニュアルを確認)表示可能になっています(全く話題に上がってませんが…ググっても情報なし?)これを確認しながら運転するとAWDの状況がある程度わかり、頻繁にリアの駆動が発生する事を確認できました(本当かどうかは判断し難いですが)、弱めの加速時でも50:50位(60:40かも?)になって加速している様です、前輪のグリップ不足の際だけリア駆動するのかなと思ってましたので、以外でした。ある程度なんちゃってAWDが解消できたからこそこのモニタ機能を実装したのでしょうか?(笑)
雪道や、もう少しハードな走行での挙動を確認したい所です。


【乗り心地】
悪くありません、妻からも特に苦情はなし(ナビ/リアシート利用共に)
ふわふわ足回りの車には乗りたくない自分としてはおおむね満足です
車高の高さからくる横風等の影響は今のところ気になりません

安全装備やACC等の快適装備は、便利で安心して車に乗れます
高速は長距離運転が非常に楽になりました。圧倒的です。800kmほど一日で走りましたが、疲労感が段違いです。

多少の認識ミスはありますが(特に夜の車線認識とか少し弱いかも?)、この便利さを知ってしまうと、、、


【燃費】
HVは過給機替わりの物だと思っていますので気にしてません(笑)
短距離の通勤で15Km/L…までは行かないかなといったところです

【価格】
OP50万ほどつけて値引後350程(下取り別)

【総評】
この車に決定するまで、20種類ほどの車を試乗or確認しました。

以下は私の判断基準
・安全装備(ACC、レーンキープ、自動ブレーキ他)を搭載している事[必須]/快適装備(ブレーキホールドや車内の各種機能等)があるとなお良い/ある程度速い、しっかり走る事(0-100で7秒台、理想は5秒台…)/足回りがしっかりしている事(曲がる、止まる、進むがある程度以上のレベルにある事)/ミニバンや背の高い車、スライドドア等NG/予算500万ほど
以下は妻の判断基準
・スライドドア/ミニバン/予算350万以内/荷物乗る/リア快適/四駆がいいかも(稀に運転するが雪道トラウマあり(笑))

荷室、リアの広さ、走行性能を保ちつつのセダン/ワゴンとなるとかなり選択肢が狭まり400万超クラスの車になってしまい予算の折り合いがつかず妥協での選定となりました
(妻は値段が何とか折り合いついたのと車高が高めで乗り降りしやすいリア・荷室も広いという事でOKでました)

今までさんざん悩んで色々乗ってきたのに、妻と試乗しに行って、その場で一発で契約してきました(笑)
決まるときはそーいうものなのだなと思った次第…

走行性能と利便性どれも犠牲にはしていない、良い選択だったかと思います

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
石川県

新車価格
292万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:1278人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
29件
509件
デジタル一眼カメラ
0件
3件
カーナビ
0件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度5
   

   

マイチェン前のRSの乗り味がどう変わったのか、ガソリン仕様乗りちょっと期待して、
やっと試乗(街中短距離)できたので感想をレビューします。
コースは前回と同じ市街地一周4キロくらい
ACはオン、1人乗車
試乗車はRS、走行距離3700kmの個体です。
[補足]
一つ面白い機能があったので補足します。
試乗時11時になった時に鳩時計のような音で時報が鳴りました。
web取説にはない事項だったので、純正インターナビの機能でしょうが、ありそうでなかった機能なので紹介しました。

【エクステリア】
前はシビック似でちょっとメがキリリッと男前フェイスになり個人的にはオッケーですが、リアは変わり映えがないのが残念。
試乗車はマイチェンで追加したオーロラアメジストメタリックでシックな印象でなかなか良いかも。。

【インテリア】
内装は前回の記述とおり。
RSはスエード仕上げ前期から仕様になってますが、随所に施され高級感が出てますが、手がよく触れる箇所が手垢でテカらないか心配ですね。

【エンジン性能】
前期とスペックは変わらないですが、スポーツモードで試したところ、吹き上がり時のサウンドがガソリン仕様と同様にスムーズになりガサツ感が無くなりました。

【乗り心地,走行性能】
前期でガッカリした項目ですが、ここは大幅に洗練されてました。
ドタバタ感あった硬いだけの足廻りは、トントンと軽快に段差を捌ける脚にバージョンアップ。
RSの為、硬質感はありますが不快なショック、ノイズは運転席では感じませんでした。
またブレーキのタッチも改善されガソリン車と遜色ないフィールで効き具合ともに問題なし。
あとi-DCDの変速も極低速からショックなくCVTみたいなスムーズな加速を味わえます。

【燃費】
短時間試乗の為割愛しますが、メーター表示は17.6キロでした。

【価格】
200万台後半で熟成された内外装のデザイン質感、燃費、走り、居住性が手に入るなら買って損はないと思います。

【総評】
見た目はフロントライトくらいしか変わってませんが、中身は確実に深化してました。
他社のぱっと見のデコレーション装備充実させ、お買い得になりましたよ〜といいつつ中身はコッソリコストダウンしている手抜きマイチェンでなく、中身重視のマイチェンなので、一般ユーザーに良さが伝わるかなと余計な心配したくなるヴェゼルファンでした。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった158人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

きょう1030さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費3
価格3
満足度3

【エクステリア】
正面はあまり好きではないですが、横のシルエットと後ろのどっしり感はとてもかっこいいです。

【インテリア】
シンプルな高級感があって好きです。


【エンジン性能】
単純なエンジン性能で見ればパワーは申し分ないです。 しかし音がうるさ過ぎます。

【走行性能】
AWDの性能は問題なかったです。ハンドリングはSUV にしてはいい方だと思います。
【乗り心地】
ここが好きに慣れません。硬いとよく表現しますが、硬さよりも足回りのバランスがめちゃくちゃな気がします。とにかくうねりでは揺れ、段差ではガタン、ユサユサと横揺れ。北海道を回る際、C-HRをレンタカーで5日間借りたのですが硬いのには間違いないのですがサスペンションが仕事をしているのか揺れが全くなく疲れませんでした。
【燃費】
平均して17くらい。
【価格】
安くもなく高くもなく。

【総評】
インテリア、エクステリアは高級感があって素晴らしいのに乗り心地がすべてを台無しにしています。
試乗する際は荒れた路面での試乗もした方がいいです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
埼玉県

新車価格
288万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

高山正寛さん

  • レビュー投稿数:42件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

試乗車は「ハイブリッドZ・ホンダセンシング」の4WD車で車両価格は292万6000円です

「オーロラアメジスト・メタリック」のボディカラーは3万7800円高となります

ナビ画面やエアコンの操作系がドライバー側にオフセットされており視認性も良好です

Zには本革シート&運転席/助手席パワーシートがメーカーオプションで設定されます

ラゲージは高さ方向にも余裕があり、後席を倒せばほぼフラットな空間になります

ホンダセンシングは全グレード標準装備。ステアリングを制御する機能も搭載します

発売から4年以上経つのにまだまだ人気。試乗をして「なるほど」と感じたのが2018年2月15日にマイナーチェンジを行ったホンダ・ヴェゼルです。

今回試乗したのは充実した装備を持つ上位グレードの「ハイブリッドZ ホンダセンシング」。但し車両の関係で4WDモデルとなりました。

ヴェゼルは4330mmの全長に1770mmの全幅(RSを除く)と街中でも扱いやすいサイズに対して前席だけでなく、後席とラゲージルームの広さをうまくバランスさせることで実用性も高めたコンパクトSUVです。

このカテゴリーでは若干サイズが異なりますが、日産がジューク、マツダがCX-3(or CX-5)を、そして最近では三菱がエクリプスクロスを投入、そしてガチンコのライバルとなるのがこちらも大ヒット中のトヨタC-HRです。

販売に関してはこれまでは絶好調でした。何よりも2014年から2016年までSUVジャンルにおいて3年連続登録販売台数No.1を獲得している点からも幅広い層から支持されていることがわかります。

ただそんなヴェゼルですが前述したように強力なライバルであるトヨタ・C-HRが登場したことで否が応でもテコ入れが求められます。

今回のマイナーチェンジではエクステリアの意匠を変更し、インテリアの質感を向上させています。クルマ好きならパッと見で判断できるかもしれませんが、驚くほど変化を付けたわけではないので全体としては「仕立てを良くした」というイメージになります。

一方で昨今重要視されている先進安全装備に関しては同社の「ホンダセンシング」がガソリン車・ハイブリッド車全グレードに標準装備されました。ホンダセンシング自体は2016年2月に行われた改良時に導入されましたが、装着/非装着グレードが設定されており非常にわかりづらいものでした。

当時「安全装備は全適(全部適応:つまり全グレード標準装備)すべきなのに価格商売に走ってしまい非装着グレードを設定するとは何ということでしょう」とメーカーに対しても怒りをぶつけたこともありますが、一応今回の設定で満足の行くものとなりました。

逆に言うと、もし読者の方がヴェゼルを購入しようと考えた際「新車は価格的にも厳しいから中古車で選ぼうかな」と言うのであればホンダセンシング非装着車はやはりオススメできません。あくまでも万が一の事故などの回避支援等が目的とは言え、改良前に装着されていた「シティブレーキアクティブシステム」とは性能差があまりにも違いすぎるからです。

インテリアやラゲージルームの使い勝手などはMC前とそれほど大きく変わりません。元々ヴェゼルはスタイリッシュなデザインでありながら実用性が高いのが特徴です。特に後席の足元周りはライバル車より余裕がありファミリーユースにも対応できます。センタータンクレイアウトの採用によるシートアレンジの多様性はもちろんですが、ヴェゼルの場合、ラゲージスペースは奥行きこそライバル車とそれほど変わりませんが高さ方向に余裕があることで積載力も優れています。

フロントシートは形状が少し変わりましたが着座フィーリングはそれほど変わった印象は受けません。それよりも初期の頃から搭載している「オートホールド機構付き」の電子制御パーキングブレーキの利便性の高さの方が光ります。昨今ではC-HRやエクリプスクロスにも採用されているこの機構、スイッチを事前に入れておけば停車時に自動的にパーキングブレーキが作動します。つまり停車時はブレーキペダルから足を離すことができるわけで渋滞時や街中を頻繁に走る際には疲労軽減にも寄与するからです。

走行性能に関しては地味(失礼)ではありますが、改善の後が多く見られます。アクセル操作に対して加速フィーリングのズレのような感覚は随分無くなりました。基本構造には大きな変更はないはずですが、これまでも制御系を変更することで徐々に良くなってきたという印象です。

そして全体のポイントとしては静粛性の向上が挙げられます。それほどうるさくなかったヴェゼルではありますが、室内に入ってくるエンジンの透過音や振動なども2016年の改良モデルよりもさらに向上したと感じました。そして後席の快適性です。初期モデルは空間こそ十分広いものの、リアからの突き上げや何とも表現しづらい微振動の入力などにより正直言えば「ファミリーカーとしては家族に少し我慢を強いる」レベルでした。後席が使えるヴェゼルだからこそこの部分は重要です。その点でも全体の快適性向上は評価していいと思います。

今回は残念ながら一般道、高速道路こそ走りましたが、長距離が走れなかったことで総合燃費は測定できませんでした。さらに試乗した4WD車は車両重量で大人1人分(Zグレードは70kg増)、JC08モードのカタログ燃費でも1.8km/L下がります。降雪地域にお住まいの方や平時から4WDの必要性を感じている人以外はFFモデルをオススメします。

ライバルが増えていく中、それまで王者だったヴェゼルも安穏とはしていられません。もちろんそれに対抗するためのマイナーチェンジですが、個人的には価格と装備のバランスに優れる「ハイブリッドX・ホンダセンシング」のFF車(253万9000円)にナビなどのオプションを装着するのが良いと思います。試乗車のZにはハンドリング性能をさらに高める「パフォーマンスダンパー」も装着されていますが、価格差をオプションで調整することで全体の出費は抑えることができます。「いや、それでもオレは17インチアルミが欲しい」と言うのであればZという選択の他、Xにもメーカーオプションで17インチアルミホイールを装着することができます(但しナビなどとのセット装着になります)。

今後はホンダセンシングのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)がシビックのように「渋滞追従機能」が付くとさらに魅力は増すのですが、現状でもコストパフォーマンスはかなり向上しています。人気のSUVだからこそ全体のバランスが重要、その点でも若年層からファミリーユースまで幅広く対応できるヴェゼルの魅力はまだまだ衰える事を知りません。

レビュー対象車
試乗

参考になった49

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サイクリスト ランドナーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4
満足度5

2018年式GE6フィットからの乗り換えです。エンジンはいたって快調だったのですが、塩害で、しぶしぶ手放しました。ハイブリッド車は初めてなので、車の進化を感じてます。以下人生今まで乗ってきた車との比較になります。
【エクステリア】
展示車両のスタイルに惹かれて、一目惚れです。
【インテリア】
そこそこ高級感があって、気に入ってます。
ただ、ドリンクホルダーがないのが、ダメ。エアコンの吹き出し口にも欲しかった。
【エンジン性能】
必要充分です。
【走行性能】
一旦停止からの走り出しがもたつく。
10q位からの再加速も同様。
FFですが、冬の雪道は、トラクションコントロールが効いて、乾いた雪道は不安ありませんでした。湿った雪は、さすがに一度スタックしましたが、自力で脱出できました。
【乗り心地】
凹凸を拾う感じですが、気にはならない。
しっかりした感じで、自分には合っているかな。
しかし、ロードノイズは、期待した程ではなかったが、今までの車よりは良い。
【燃費】
通勤片道20q17〜8q/l
高速道路新潟〜池袋19.9q/l
この車体でこの位なら、満足です。
【価格】
車が進化した分、相応なのかと。
【総評】
人生最後の新車になると思い、オプションも付けて納得のいくようにしたかったので、満足してます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
新潟県

新車価格
267万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
35万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

弐号機ver.xさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
7件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能2
走行性能1
乗り心地1
燃費3
価格1
満足度1

【エクステリア】
後期型でてマシになりました。僕は前期でしたが。
モデューロフルエアロ、ハイブリッドAWD、Zでしたが、Zの同色ロアガーニッシュっていらない。全体の見た目がボデッとしてカッコ悪いのでフルエアロに仕方なく。Xの方がSUVぽくていい。しかしXにするとオートウィンドゥやシートヒーターがつけれなくなる。
車全体的に外装がペコペコです。軽く押すだけでペコペコ凹みます。家にあるトヨタ車は凹みません!
カラーロアガーニッシュ、洗車で色はげます。またリアロアガーニッシュは人の乗り降りで触れちゃダメです、色はげます。
ナンバー灯がLEDなのはいい。また横長のフォグLEDはかっこよかった。

【インテリア】
布のような内装は手触りザラザラ
ソフトパッドは安い感触
ドアパネルとフロントパネルのデザインの統合性がありません。デザイナー違うらしいね、なぜ?
運転シートの形状はフィットと全く同じ
フロントアームレストは低いし後ろすぎ
運転席と助手席のシートが小さいおかげで、後部座席からは前が見やすいみたい。またリア窓も大きいので景色も見やすいかも。
標準で室内灯が全LEDなのはとても良い。トヨタ車は300万超えの車でもオレンジ玉電気

【エンジン性能】
加速はいい
しかし登り坂交差点で信号待ち、青になりアクセル踏んでも全く走らなく、Pに戻し、またDにすればゆっくり走り出し、いきなり急加速するってのは日常茶飯事です。また高速道路、バッテリーなくなればいきなり加速悪くなりすぎます。しかもかなりの騒音。モーーー!って音。街乗りにDCTは合わないかな。ハイブリッドじゃないCVTのヴェゼルのほうスムーズで安定してて良かったです

【走行性能】
AWD性能は明らかにC-HRやCX3に負けます。FFベースなのにリアのトルク配分強すぎて雪道やアイスバーンだとリアから横滑りが始まります。そしてフロントは元々アンダー傾向あるので、リアの横滑りに持っていかれやすく運転しにくい。タイヤはヨコハマIG50P。逆に乾いた道路や山道はグイグイ曲がります。
ホンダセンシング、前に車見えてても急加速して設定した車間合わせるために突進。設定も一番遠いのだが…そして加速して!急減速。乗ってて安心できません。あと白線認識しなすぎ。
電動パーキングなのに渋滞追従クルコンじゃないのはなぜ?レジェンドアコードは渋滞追従式なのに。後からでたスパーダハイブリッドやMC後のオデッセイハイブリッドも渋滞追従式なのに

【乗り心地】
同じジャンルで例えれば、C-HRみたいなタンタンとした優しい段差の乗り越えや、cx3のようにポンポンとした軽い段差の乗り越え方ではなく、ガダン!ダン!という劣悪な乗り心地。特にリアが酷い。尻が痛いと言われます。また僕、身長185ありますが、ステアリング手前に出しても遠いですねー。トヨタミニバンがセカンドカーであるけどステアリング遠いと思ったことない。ドラポジ最悪。
アクセルペダルの右側にはタイヤハウスがあり、アクセル踏みにくく、ブレーキはハンドル真下なので体幹がねじれるドラポジ。ハンドルを両手で持ち、ブレーキ位置に踵を置くと、右膝がハンドルの真下、ヘソの下の位置にくるのでキツイです。

雨の日、ルーフにバラバラと雨音。てか音が大きくないかな?同じ日にトヨタミニバン乗ると、同じ雨でも音しないのに。安っぽすぎる。
車内のキシミ音ひどいと思う。カタカタキシキシカコカコと。ピラー付近、ダッシュボード、アームレストコンソールあたりからもギイギイタカタカと。ディーラー持ち込んだら、エアバック内蔵してるのでその音ですと。なるほどホンダのエアバックは走行中カタカタ音がするのか。きちんと大事な時に安全に作動するのか?トヨタはキシミがたつきありません。

【燃費】
春夏気温。15〜18l
秋冬気温。12〜15l

【総評】
通勤用で初期型フィット3に乗っていたが、例の不具合が多く精神的に疲れてたので、CX3、インプスポーツ、レヴォーグ、アクセラスポーツ、オーリス、ノートe- powerなど検討していたとき。別のホンダディーラーから、販売台数NO1のヴェゼルはDCTも改良され大丈夫です!と勧められ購入したなぁ…

買ってちょうど今月で1年。走行23000k、プレミアムクリスタルレッドメタリック、モデューロフルエアロ、スタッドレスタイヤセットで220万で売却です。とにかく腰が痛い。肉薄でホールド性が悪いフィットと同じシートがダメすぎる。この車格帯でこのシートと、ドラポジ決めにくいとかありえせません。身長160の妻もシート位置がしっくりこない。ブレーキは踏みにくいと言ってました。高い勉強代になりました。
毎日ドラポジ模索して、運転中にシート上げたり下げたり…倒したり起こしたり、ステアリング上げたり下げたり引っ張ったり…尻が痛くなるのでクッションしいたり。セカンドカーのトヨタは尻痛くなったり、毎回シート調整したりはないです。

この車が売れる理由は性能がいいからではなく、最上級グレードAWDを選んでエアロなど組んでも320万くらいという非常に安い低価格設定でしょう。FFハイブリッドであれば乗り出し価格270ぐらいではないでしょうか?
車としての剛性も完成度も低かったフィット3のプラットやDCTを利用し、シートはフィットの流用を行い、客を満足させるという気持ちがないため、まったく開発コストかけなかったから安いのでしょう。その答えがリアタイヤのバタつき、乗り心地の悪さ、エアバックの不良、連続したリコールかと。そしてエンジンルーム内の未塗装箇所、溶接ポイントや接着ポイントの後処理のバリ取りの適当さなど、とても長期的に乗れる車ではありません。よく C-HRと比較されますが、開発コストと開発期間が違いすぎる。

昔のek時代のシビックやCB400など、あの頃の元気なホンダはもうありません。

軽自動車売上台数一位!
てことは乗用車やミニバン、ハイブリッド買うなら他社ですね!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
岩手県

新車価格
288万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった35人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RB1&RU3乗りさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:211人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
12件
50件
タブレットPC
0件
6件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費4
価格4
満足度4

【エクステリア】
デビューしてから4年が過ぎましたが、今でも色褪せないスタイルかと思います。個人的にはマイナー後よりもマイナー前のフロントデザインの方がスッキリして良いと思います。

【インテリア】
価格・クラス、そして「ホンダ」と言うことを考えれば良くできた内装だと思います。ただ、収納スペースが少ないのが惜しいです。

【エンジン性能】
0-100km 7.5秒の俊足なので、動力性能はそれなりに満足しています。アクセルをしっかり踏めばきちんと加速してくれますよ。

【走行性能】
ゼロ発進からEVで走る時間が短くすぐにエンジンが掛かるのが残念です。エンジン始動時の振動と音はやはり1500ccクラスの車なんだなぁと悲しく思うことがあります。

【乗り心地】
110番台のフレームナンバー車なので、初期のモデルよりもマシですが、やはりリアサスがトーションなので揺れ戻しが強く揺れだしてから収まるまでが時間がかかります。FITよりはマシですが、ホンダ車に乗り続けているとはいえ。少し不快な脚です。この部分だけはC-HRに軍配が上がります。マイナー後モデルはかなり改善されていますが、サス形状が変わっていないので、根本的な解決はしていません。

【燃費】
季節により変化が激しいです。5kmいないのチョイ乗りが続くと15km/Lくらいまで落ちますが、郊外でエアコンONで23.5km/Lまで伸びることもあります。カタログが25km/Lだったので、郊外に行くとかなり伸びます。逆に高速道路だと20km/Lをキープするのは難しくなります。

【価格】
内外装の質感や雰囲気、経済性を考えるとホンダ車の中でベストなポジションだと思います。ホンダの上級車からのダウンサイジングの受け皿としても価格や質感も含めてベストなチョイスになると思います。

【総評】
ホンダ車初のオートホールド付きの車だと思いますが、これに慣れてしまうとオートホールドレス車に乗るのが苦痛になります。RB1オデッセイも所有していますが、ほとんどヴェゼルを使用しています。居住性も悪くないので、もうミニバンが必要なくなった方にもオススメ出来る1台です。
また手放す時もリセールも強いのも魅力だと思います。

中古車で購入されるのでしたら、できれば2016年2月以降のホンダセンシングが選ぶことが出来るモデル以降でないと乗り心地が悪いです。
予算的に厳しくても2015年4月以降の110番台のフレームナンバーの車にしないと、この車の印象が悪くなるかもしれません。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年9月
購入地域
大阪府

新車価格
258万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ピタゴラペンギンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピードテスト(光ファイバー)
0件
3件
液晶モニタ・液晶ディスプレイ
1件
0件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格4
満足度4

ずっと欲しかったクルマを走行1万キロの中古で入手できて満足です。長く乗ってやります。

外観は非常に気に入ったし、加速は良いし、後席が広くて家族に好評だし、乗り心地も思っていたより良いです。
(特に後席の広さはライバルのCX-3やC-HRとは比較になりません。走行フィールも、CX-3には負けるけど、C-HRとはまあ互角。)

気になる点は、街乗りの燃費が悪い(11km/L程度)と、徐行からの加速立ち上がりのぎこちなさでしょうか。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tomungoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
満足度5

【エクステリア】
見る位置によってかっこよかったり、丸くてかわいかったりと表情が変わる。なんといっても欠点が無い。最高です。

【インテリア】
広いです。そして、うまい具合に上質感を備えています。

【エンジン性能】
モーターアシストもあり、必要十分なトルクは備えています。クロカン車には及びませんが、まあ普段乗りで困ることはありません。
エンジン音は直噴独特の音がややしますが、7速DCTのギアチェンジにより駆け上がっていくシフト、VTECの唸るような音がかっこよく、
乗ってて非常に気持ちいいです。

【走行性能】
アイポイントの高さが丁度よく、運転しやすいです。またSUVながら安定しておりコーナーもそこそこ粘れます。

【乗り心地】
静かで快適です。振動もうまくいなしてくれています。固めというレビューは多々見かけますが、現行モデルならそれほど固さは感じません。

【燃費】
1.4t近い車重を備えつつ走行性能を求めながらも、HV車はリッター20km中盤の燃費を叩き出しており、非常に頑張っております。

【価格】
基本性能の高さに加え、LEDヘッド、フォグ、センシングなど贅沢に盛り込んで200万円代で買えました。本当に良い買い物でした。

【満足度】
最 高 で す 。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
新潟県

新車価格
256万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鹿じかさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

FD2シビックタイプRからの乗り換えです。
流石にタイプRほどのスパルタンさや加速性能はありませんが、18インチなのに快適な乗り心地、静かな室内、燃費の良さ!
SUVだからロールはしますが、剛性があるのかコーナーは気持ちいいです。
ぶっ飛ばしてもリッター14、優しく乗れば19、高速は90キロセンシング巡行で21です!
参考までにタイプRはぶっ飛ばすとリッター2、優しく乗っても7、高速でも10行くか行かないぐらいしかもハイオク指定で1週間に一度給油してましたが今は月に一度、しかもレギュラー!お財布に優しい車です。
モーターのトルクのおかげか走りもパワフルで内装もワンオフで作った化のようなスウェードの内張完璧です!
買うならRS以外ないです。
ただ、ルーフレールはつけれません。
嫌なとこはルーフの鉄板が薄いのか雨音が直に聞こえます。
なのでフルデットニングして解消しました。
サングラス入れが無いところも気になります。
ま、でも長く乗りたい車ではありますね!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
愛知県

新車価格
277万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

takataka777さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
0件
カーナビ
2件
0件
無線LAN中継機・アクセスポイント
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

【エクステリア】
見た感じは良くもなく悪くもなくです。最近の車は、目元がイカつい感じを演出しているが、そう言う感じでもなく普通の目って感じがした。近
々マイナーチェンジするとの事であった為、鋭い目つきになるのか期待したいとこ。
【インテリア】
メーター周りの感じは、初期のフィットハイブリッドに比べれば、見やすく良好である。RS専用のウルトラスエードが使用されており、肌触りがいい感じであった。あと、ハンドルもRS専用でホワイトステッチもいい感じ。室内は比較されるCHRより開放感を感じた。やはり室内は開放的でないと窮屈に感じる。シートも短時間の試乗であったが、腰に違和感を感じる事は無かった。
【エンジン性能】
私が拘っているのがパドルシフトの感覚と出だしの感覚。パドルはAT車で瞬時に加速や減速するときに絶対必要な装置。しかし、Dモードでエンブレを効かそうとするが、左のパドルを一回引いてもエンブレが効かない。下りの60キロでエンブレ効かそうとすると、6速に入りキャンセル。次にパドルを連続して2回操作すると5速から4速に入り、5秒程して、エンブレが効いてるかなって感じになり、ガソリン車のような感じにはならない。これが改善されればパドルの価値があると思う。あと、出だしの瞬発力がない。信号が青になってアクセルを踏むが、出ない。エンジンがかかってからの加速はいい。CVTとは違い昔のATのように加速する。出だしのトロさ以外は良く走り楽しい感じがした。ただし、低速時のモーターとエンジンの切替り時のギクシャク感(カクンとなる感じ)を感じた。これはよろしくない。
【走行性能】
至って普通。
【乗り心地】
乗り心地はやや硬め。
【燃費】
試乗時の燃費は13キロ。
【価格】
妥当ではないか?
【総評】
出だしはトロいが、派手な運転してもある程度燃費が確保できる。それを我慢出来ればハイブリッドも選択肢かな。
ガソリン車かハイブリッドかの選択は燃費や走行性能の反応も考慮するべきだと思う。
絶対燃費やって思ってる方はハイブリッドやし、自分の走りを優先するならガソリン車ですかね。
今の時代、ハイブリッドや電気自動車に目がいきがちですが、まだまだガソリン車も否めせんで。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

angelegnaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4
満足度5

エクステリアよし。モルフォブルーパールすごくいい。だけど、あまり見かけない。だから、余計いい。
マイチェンによる、見かけの変化がほとんどないので、中古車でも古さなし。ま正面から見るとフィットにしか見えないのはたまにキズ。とはいえ、クーペとSUVの融合したデザインは秀逸。
インテリアもいい。Zはハーフレザーシートでかっこいい。しかし、普通のシートは安っぽい。全てのグレードで選択できるようにすればいい。ガソリン車とハイブリッドの差別化をインテリアの質感や装備で無理やりだしてる感がある。
エンジン性能はいいんだと思う。しかし、ハイブリッドはアクセルレスポンスかどうしても遅い。燃費のためでしょ!ゆっくり踏みなさい!我慢しなさい。という、押し付け感が、ヴェゼルだけでなく、最近の車に感じる。なので、個人的にはガソリン車が好み。だけど、前出のとおり、ガソリン車はチープに感じてしまう。
走行性能は文句ない。ハンドリングのレスポンスやしっかり感は高い。
最も残念なのは、乗り心地。硬いとよく言われるがたしかに硬い。硬いのは好みなのでぜんぜんかまわないが、振動やロードノイズはすごく気になる。雨の日に水たまりに乗ると軽自動車みたいに音が響く。フィットのシャーシをベースに足し算で、いいデザイン、いい内装、いい装備をてんこもりに盛り付けている車。なので、その雰囲気から高級感をユーザーは求めるが、中身はフィット。その分リーズナブルで、手に入りやすい恩恵を忘れて、文句ばかりをつけるのは酷だとは思う。
燃費にこだわりがないの、十分まんぞく。
価格も相応だと思う。
総評です。
クーペとSUVのデザインに、ファミリーカーに使える広さを確保したスタイルは、素晴らしい。
一方、フィットベースに、パワフルなエンジンによるスポーティさ、ハイブリッドの燃費追求、コンフォートとラグジュアリーを全て追い求めたことによる、アンバランスが生じており、調和しきれていない。ユーザーも全てに期待してしまい、割り切りにくいパッケージだと思う。逆にいうと、それだけ期待値が高い車であり、限られた価格の中で高いレベルで応えている、いい車と思う。私はヴェゼルお気に入り、思い入れのある車。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
重視項目
高級感
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

関東のおやじさん

  • レビュー投稿数:359件
  • 累計支持数:1092人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
11件
356件
スマートフォン
17件
245件
腕時計
49件
161件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地2
燃費5
価格3
満足度3

社用車として購入しました。
現在NT32エクストレイルに乗っていますが、
交換しようと思いましたがやめました。

【エクステリア】
実物を見ないで買ってしまいましたが
思ったよりもかっこよかったです。

HIビームをLEDに交換し、バックランプもLEDに
ウインカーはステルスにしたら結構いい感じです。


【インテリア】
思ったよりも狭く、内張りの布が微妙です。
窓を開けていると内張りの布に雨がしみこんでいくのを見て
悲しくなりました。
また助手席のスライドが少なくて体の大きい人には少し不満かも
しれません。

値段相応の内装で、現在乗っているエクストレイルの方がマシですね。
実物を見てたら買ってなかったかもしれません。

また、Pレンジに入れるのがボタンで未来的なのは良いのですが
たまにPを押してエンジンが切れてると思って車を降りてしまうことも
しばしばあります。
慣れの問題だとは思いますが微妙です・・・。

普段はハイブリのメーターを表示させているので、セルスターの
レーダー探知機でタコメーターや水温計、電圧計を表示させています。


【エンジン性能】
初めてのハイブリなので、出だしがもたつくのがイライラします。
ある程度スピードが乗れば良いのですが、どうもしっくりきません。
そしてエクストレイルよりも遅く感じるので、結局事務員専用車に
なってしまい、私は今まで通りエクストレイルに乗ろうと思います。


【走行性能】
特に感動もなく、SUVの形のコンパクトカーですね。


【乗り心地】
特に完成に訴えかけられるものもなく、
普通のコンパクトカーです。
乗り心地も可もなく不可もなく値段なりです。

【燃費】
20km/Lくらいだと思います。


【価格】
約30万円くらいの値引きでした。
ハイブリの1.5Lだと値引き後の価格が適正価格
なのかなといった感じです。


【総評】
今はやりのハイブリを買ってみましたが、思ったよりも
走りが悪く、コンパクトカーだけに仕事で使う荷物が
すべて乗らないので、事務員のお使い車確定です。
現場に使用するならエクストレイルやCX-5くらいのサイズの方が
使い勝手が良いことが分かって反省です。
事務員は新車に乗れてうれしいようで、微妙な気分です・・・

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
千葉県

新車価格
256万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

るい2世さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:205人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
247件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4
満足度4

3年9カ月、走行距離約 70,000km弱乗りました。買い替えが現実的となりましたので最後のレビューをしたいと思います。
ただ、次の車の納車予定が、はっきりしてなく、大幅に遅れるようであれば、乗りつづけるかも。

【エクステリア】
スタイルは今でも気に入ってます。このクラスと価格帯では、最も品格があると思います。
ただ、リアのトランクテールランプ下のデザインがイマイチかな〜ぐらいです。

【インテリア】
シンプルっぽいデザインは好きです。
他の方もおっしゃるように、テレビは非常に感度が悪いです。ちょっと田舎の方に行くと、もう無理です。
室内は広いので、特に不満はなかったです。

【エンジン性能】
ミッション交換、プログラムアップデート、部品交換などで、かなり手のかかる車でした。
しかし、その分、愛着があり買い替えもかなり迷いました。現在では、ほぼ問題なくなりました。
エンジン本体の性能としては、1500ccガソリンとしては充分だと思います。
ただ、私の感覚がおかしいのか、DCTの特性か、減速、加速が頻繁な峠道ではギアが少し過剰にシフトダウンし、シフトアップしません。スポーツモードにして手動でシフトアップしていました。
また、やはり1500ccですので、複数人乗車で高速道路を走る際には、かなり苦労します。
追加として直噴エンジンの宿命か、エンジン音が貧相で、先日、クリーンディーゼルの試乗に行きましたが、アイドリング音がディーゼルより煩いと友人から言われました。

【走行性能】【乗り心地】
足回りは、マイナー後のダンパーに交換してからは、よくなりました。
ロールも少なく、適度の硬さで、長距離を頻繁に走る私には、とてもよかったです。

【燃費】
日常生活で、18km/l 、長距離(高速道路無)22〜23km/l 高速道路20km/l ぐらいで、とても満足していました。

【価格】
高いとのコメントもありますが、買い取り価格を査定したら、予想以上によかったので妥当だと思います。

【総評】
運転していて、とても楽しい車でした。ただ無難な車が良い方は買わない方がよいかもです。
マイナー後は、問題もなくなっているので、今なら申し分ないと思います。
何十年ぶりかで、運転の楽しさを体感し、年甲斐もなく、かなりイジってしまいました。
当初は、CX-5とか、他のSUVを買っておけばよかったと後悔もしましたが、今ではヴェゼルで良かったと思っています。

ここで紹介された問題点は、すべてと言っていいほど対策をしていただきました。
これは、購入したディーラーは親身な対応でなく、違う店舗の営業、サービスの方々がとても親身になって、対応していただいたおかげだと思います。やはり最終的には、"物"ではなく、"人"だと、つくづく痛感しました。

買い替えの理由は、
やはり長距離の高速道路走行では1500ccは、きつい事。
職場では、約10台ぐらいに増えましたが、殆ど女性が乗っている事。
エンジン音が、どうしても貧相な事。
非常に興味のわく車が出現した事。
買い取り価格が、予想以上に良く、「買い換えるなら今」と勝手に思った事とかです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年1月
購入地域
福岡県

新車価格
257万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった154人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデル

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド
ホンダ

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド

新車価格帯:246〜292万円

中古車価格帯:135〜362万円

VEZEL (ヴェゼル) ハイブリッド 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <735

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
【ウォーターサーバー】価格.com×コスモウォーター限定3,000円キャッシュバック+初回ボトル2本無料!
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意