スバル スバル XV ハイブリッド レビュー・評価

  • スバル XV ハイブリッドをお気に入り製品に登録 <220

スバル XV ハイブリッド

スバル XV ハイブリッドのピックアップリストを作成
スバル XV ハイブリッド 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

スバル XV ハイブリッドの新車

スバル XV ハイブリッドの中古車

中古車査定

※ランキング順位とレビュー点数は最新モデルの情報です

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

スバル XV ハイブリッドのリスト対象製品を選択してください。(全1件)

スバル XV ハイブリッド 2013年モデル

スバル XV ハイブリッド 2013年モデル

スバル XV ハイブリッド 2013年モデルのリストを作成する

閉じる

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > スバル XV ハイブリッド

スバル XV ハイブリッド のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
スバル XV ハイブリッド 2013年モデル 4.38 自動車のランキング 43 55人 スバル XV ハイブリッド 2013年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

スバル XV ハイブリッド 2013年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.53 4.21 50位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.73 3.80 108位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.27 4.02 67位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.41 4.09 24位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.24 3.92 59位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.45 3.79 152位 燃費の満足度
価格 3.74 3.78 106位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
満足度4

購入後3年経過してのレビューです。

【エクステリア】
カラーはディープシーブルーパールを選択。
発表当時プラズマグリーンが大々的に売りだされている中、あえて乗っている人が少なそうな色を選びました。
ノーマルのXVと比較して、クリアのテールランプとヘッドライトのブルーインナーレンズが近未来的な雰囲気を演出しています。
タイムマシンのようなリアデザインは今でもとても気に入っています。
純正ホイールは空力を考慮していることを考えると優秀なデザインなのではないかと思います。
現在は18インチにインチアップしていますが、こちらの方がより自然に感じます。
デザイン重視で考えた場合、現行スバル車に15インチや16インチは必要ないのではないかと個人的には思います。

【インテリア】
現行スバル車はステッチ色の違いはあれど、ほとんど黒の内装色が多い中、この車は標準でシルバーアルカンターラの設定となっています。
SUVなのに汚れには気を使う色と材質ですが、黒一辺倒な内装が苦手な人にはとてもありがたい選択肢です。

【エンジン性能】
FB20はパワーも十分で振動も少なく静かでとても優秀なエンジンだと思います。
それに組み合わされるリニアトロニックはダイレクト感や楽しさという点で若干物足りなく感じますが、燃費のことを考えるとこちらも優秀なトランスミッションだと言えます。
モーターアシストは0-60kmくらいがかなりパワフルです。アクセルはしっかり踏んであげた方がより介入してきます。
SモードMレンジを選択するとダイレクト感が向上します。
ですがパドルシフトでしかも変速スピードが遅いのであまり楽しくありません。
峠道ではS#モードがほしいです。
オイルは標準品が燃費に特化されたオイルなので、点検のたびにレプレイヤードゼロを淹れています。
標準のオイルと比較して振動が低減されます。高温時も滑らかに回ります。
ノーマルのXVよりもエンジンマウントが低振動化されていますが、レプレイヤードゼロはそれをさらに上質にさせてくれます。

【走行性能】
この車の走行性能を評価する上でネガティブポイントが2つあります。

1つ目はフロントの剛性不足です。バッテリー搭載による重量増に対応するため、リアの剛性が格段に向上していますが、相対的にフロントの剛性が不足しています。これが「コーナーが一発で決まらない」「直進安定性が悪い」と言われる原因になっていると思います。
14:1のクイックなステアリングギア比が他車にさきがけて採用されましたが、フロントの剛性不足がそれを台無しにしてしまっていると言わざるを得ません。
しかし、フレキシブルタワーバーとドロースティフナーを同時に装着した結果、上記の現象は改善されました。
今ではコーナーリングも高速もとても楽しいです。
WRX発売後の改良でインプレッサシリーズのシャシー剛性も格段に高まっているので、これから中古車を購入しようとしている方には間違いなくD型以降を選ばれることをおすすめします。

2つ目のネガティブポイントはタイヤです。
純正のブルーアースE70はグリップと燃費に関してバランスが良いタイヤです。
しかし、燃費や耐久性を気にしすぎた結果、それが硬くゴツゴツした乗り心地と気になるロードノイズの原因となっています。実際ゴム質は非常に硬いです。
また100kmを超えるような場面では接地感が非常に薄く、先述の剛性不足も相まってとても危険に感じます。
ただ、取得税と重量税の免税を獲得するために、このタイヤの選択は仕方なかったのだと思います。

この車の走りの良さを真に味わうためには、プレミアムスポーツまたはプレミアムコンフォート系のタイヤを装着されることをおすすめします。
全高が低く低重心なので、SUV用のタイヤは必要ないと思います。
ちなみに私は乗り心地、静粛性、高速安定性やウェット性能を重視してCinturato P7 を装着しています。

200mmの最低地上高とACT-AWDにより、雪道や悪路走破性はいまさら言うまでもありません。

【乗り心地】
ノーマルのXVよりはマシですが、最初はかなり硬いです。ある特定の段差を超えるとき、「ガッ!!ツン!!」という強烈な音と振動にドン引きします。
とにかく長距離を走ってよく慣らすこと、それでも不満なら早めのタイヤ交換をおすすめします。
ビビリ音は比較的初期の段階から発生していますが、気にしないようにしています。

【燃費】
ハイブリッドですが、燃費を意識して乗るとまったく面白くありません。
全域でモーターが介入してくるので、アクセルをしっかり踏んであげたほうがこの車の持ち味を発揮できると思います。
ノーマルのFB20と比較して、全域で速度の伸びがいいです。
スポーティな走りをしても燃費が落ちないのがこの車の最大の特徴だと思います。
エンジン性能をフルに発揮するためにはSモード使用が不可欠です!!!


【価格】
ノーマルXVやフォレスターDITと比較して、モーターのパワーや静粛性、重厚感ある乗り心地、明るい内装デザイン、そして免税を考えると、私はお値打ちに感じます。

【総評】
スバルが初めて作ったハイブリッドカーとは思えないくらい完成度が高いですが、前期型は未完成と言わざるを得ません。
後期型は走りや静粛性、安全性の面で向上していますが、燃費とパワーはほぼ変化なしなので次期型は燃費25km/Lは目指して欲しいです。
モーター出力も最低でも5倍くらいに増強しなければ、現行型のオーナーはぜったいに買い換えないと思います。
以下の点をぜひ次期型に採用してほしいです。

・新世代ACT-AWD
・Xモード
・アクティブトルクベクタリング
・アダプティブヘッドライト
・モーター出力50PS
・プラグインハイブリッド化(ワイヤレス充電対応)+EV走行距離50km
・荷室高拡大(電池小型化)
・ASPの進化による危険回避性能の向上(側面や後方からの他車の衝突を自動回避など)

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年7月
購入地域
愛知県

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

山寺のねこさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3
満足度4
   

   

選択ポイントは二人で1日300kmの一週間ドライブ旅行(具体的には北海道周遊ドライブ)が安全・快適にできること、狭い林道でも走れるボディサイズであること。駐車場の制限がないこと(全高155cm以下)。最低地上高が18cm以上あること。具体的には前車BP9アウトバックと同等の走行性能と快適性で、全長はそれ以下であること、燃費は2割以上良いこと。

現行アウトバックは予算的にはありで憧れるがデカすぎる。
CX-3は試乗した結果、運転席のフロアが狭いために左足の置き方が制限され、運転姿勢も限定されて長距離は辛いと判断。
ヴェゼルの内装に惹かれるが、乗り心地と車高で候補外。4WD性能も今ひとつ評価を確認できなかった。

【エクステリア】
全長が短く林道、狭い駐車場でも取り回しがすごく楽。
フロントバンパーはマイチェン前のタイプに交換した(必然的にグリルも)。結果、エクステリアデザインはとても気に入っている。
     
【インテリア】
プレーンですっきりしたデザイン。
運転姿勢もすごく自然に決まる。視界も良く、開放感がある。計器類の配置は機能的で使いやすい。
全体的にプラスティッキーな感じだったので、シフトコンソールはレヴォーグ2.0の標準部品に交換した。
ピアノブラックとメタル調のインパネは、たまに光の反射がまぶしい。対策として、レヴォーグのディーラーオプションのウッド調インパネに交換した。

【エンジン性能】
ほとんどの場合、iモードで不満のない出力。つづら折りの山道の登坂や流れの速い高速での追い越しはSモードで余裕。
存在感を感じさせないが、なめらかな回転でトルクの出る良いエンジンだと思う。
モーターはスムーズにトルクを上乗せしてくれてる感じ。

【走行性能】
スバル4WDによる全天候での安定性・安心感は言うまでもない。
横幅があるせいか、高速やコーナーでも安定している。
エンジンブレーキも比較的よく効き、パドルシフトと合わせて山道も運転しやすい。
フットブレーキはよく効くが、渋滞ではCVTのシフトダウン、モーターON/OFF、さらにバッテリー充電が複雑に介入するため、スムーズに減速させにくいときがある。

【乗り心地】
路面の凹凸は拾うが、乗り心地は悪くない。硬い足ではない。
ただし、直線の平滑な路面でも角の丸いピッチングのようなユサユサした細かい上下の揺れが出ることがある。
BP9も標準状態ではそうだった。ダンパーをビルシュタイン製に変えて完全に収まったので、最初の車検で交換しよう。
エンジン音はとても静かだが、荒れ気味の路面では80km/h以上でタイヤからのガァー、ゴォー音がやや大きい。レグノに変えてもこの音はあまり変わらなかった(フロアとタイヤハウスのデッドニングでほぼ改善)。
また、車外の音がかなりダイレクトに聞こえる(ドアとハッチバックのデッドニングで気にならないレベルまで改善)。
風切り音も90km/h以上で大きい(対策不能か?)。

【燃費】
リッター当たり、渋滞込みの街乗りで9〜10km、一般道で12〜14km、高速で15〜18km。満足。

【総評】
毎日の通勤と週末100kmくらいのドライブなら標準状態でも十分快適な車だと思う。
とくに40〜90km/hくらいの速度域でとても気持ちよく余裕を持って走れる。
運転するのが楽しい。
2月に納車されてもう1万km超えた。
自分で遮音対策(デッドニング)して、連日の長距離ドライブでも耐えうる、静かで快適な理想の車になった。
早く北海道を走りたい。

【欲を言えば】
iモードの燃費でSモードの走りだったらと思うことがある(Sモードだと街乗りでも走りがスムーズで快適)。
カーゴルームは縦か横にもう10cm広かったらと思う(2名乗車なら上記のドライブでもギリ使える)。
ディーラーで対応してくれるが、内装のビビリ音はスバル車の持病か?初代インプレッサから進歩なし。

いじって自分好みの車に仕上げるのも楽しいが、そろそろそういうのも疲れる年齢になった。
次は初めから価格相応の完成度の車を・・・。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年2月
購入地域
愛知県

新車価格
257万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ともまなエミさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3
満足度5

【エクステリア】最近、流行りのSUV感覚でいいと思いますが、ホイールはノーマルXVの方が良いと思います
【インテリア】うーん、イマイチ。300万の割には地味なような
【エンジン性能】モーターアシストにより、全然、遅くありません
【走行性能】アイサイトが素晴らしいの一言です。特にエコクルーズ追従クルコンがスゴい
【乗り心地】まあまあ、ちょっと硬いかな
【燃費】通勤往復70キロで国道、田舎道等でリッター16〜17キロです。カタログ値で 20キロだからまあまあ
【価格】300万オーバーとして考えると高めですが、乗ると素晴らしいと思える車です
【総評】2014年モデルを購入しました。なんと言ってもアイサイトが素晴らしいです。雑誌などで情報がありましたが、実際にアイサイトを使用してのドライブは新感覚です。特に追従クルコンが素晴らしい。ハンドル操作のみで渋滞を走れます。通勤1時間以上ですが疲れ知らずです。XVハイブリッド用に装備されているエコクルコンを使用し意図的にモーター走行をさせて燃費を稼ぐことに夢中な毎日です。燃費はあまりよくありませんが、燃費重視で走らない車より、ハンドリング、サイズ、AWD等トータル性能で素晴らしいです。昔からのスバルファンですが、アイサイトは新しい感動でした。次期型の期待が高まります。


乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

4.9.8.9.さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
満足度5

 2014年7月に購入。現在4万キロ強の走行。色はホワイト。フィールド系(?)自営業。前車はレガシーアウトバック3.0L。アウトバックを20万キロ乗り買い換えようといろいろと検討。自分は決してスバリストではないのでメーカーにこだわらず。条件は、石ごろごろの山道と、制限高低め(1.6m程度)のタワーパーキング利用が一台で済ませられること。エンジン形式こだわらず。四駆で、出来れば軽快に走って欲しい。論理的に検討した結果インプレッサ。せっかくだからハイブリッドにした。1年7か月使用したレビューを。値引きの当たりの情報は適当。当てにされぬよう。

・燃費:ちなみに近隣道路環境は、寒冷地、山間部。日常は2車線国道を60〜70キロ程度で走行。上り下りが多く、行きと帰りの燃費がえらく違う地域。週に1,2回は高速道路を1時間ほど走り中核都市に行き来する使用状況。だいたい月に2000qの走行。燃費は冬期で12.0〜12.4q/L タイヤはスタッドレス。特に1月2月は毎朝5分の暖気を行う。冬期は山間部ダート路の利用は無い。そもそも雪で入れないし。 冬期以外は13.3q/L 。高速道路を利用すると17q/L位になる。山間ダートは月1回程度で、月平均燃費に影響を与えるほどではない。

・19ヶ月乗って:そもそもハイブリッドだから購入したわけでは無い。が、ハイブリッドを購入したのだから、ハイブリッドの長所が感じられると少し高い買い物をした心を紛らわせてくれる。が、感じられない。四駆だから燃費はそこそこですよ〜という営業氏の話を当初は無理に自分に言い聞かせていたが、近所の知り合い2名の言にショックを受けた。1名はクラウンハイブリッド。四駆では無いがあのでかい図体で18〜20km/Lだそうで。なおかつ、アクセル全開で結構な加速を見せるし。もう一人は最近アルファードハイブリッド四駆を買った後輩。四駆ででかくても15〜16km/Lくらいだって。いとかなし。あまりにも残念だったのでいろいろ調べてみた。そうすると、トヨタやホンダはハイブリッドのエンジンをアトキンソンサイクルエンジンとしていると。アトキンソンサイクルは一定アクセル開度で燃費が良いが、レスポンスが悪くなると。従って、トヨタやホンダはそのレスポンスをモーターで補う仕組みだと。だからそこそこ走ってなおかつ燃費が良いものが出来るのだと。ということを知るわけだが、レスポンスを補うモーターというところを常識的考えるに、そのモーターにはそこそこのパワーが必要だ、とは誰しもたどり着く結論である。プリウスだと80馬力?くらいあるそうで、クラウンだと100馬力以上、フィットだと30馬力。さて、我がインプレッサ君はなんと、13馬力。びっくりした。全くの常識外の出力。低燃費エンジンの弱点を補うのは(出力の大きめの)モーターであるはず。そこにフィットの半分弱の13馬力。いやー、かつてスバルの社長がインタビューで「他の大メーカーと同じ事してちゃ負けますから、独自じゃ無いと。」と仰ってましたがここまで独自かと。つまり、よく走って燃費もいいハイブリッド車の必須条件である「大きめのモーターパワー」をまるっと否定なさっている。つまり、良いハイブリッド車の必須条件をあえて満たさない。つまり、最初からよいハイブリッド車を作る気は全く無かった、ということ。では、僕が自分のインプレッサに不満足かといえば、答えは否。大変満足している。なぜか?つまり、ハイブリッド以外の部分に関しては全くもって今まで乗ったすべての車より突出してすばらしいと思う。その一つはアイサイト。何度かこれに助けられた。もう衝突回避システム無しでは乗れないなと。次に、というか、自分的には一番だが驚くほどのボディ剛性。全く歪みを感じさせないガッチリ感。結構峠道の登りでは車を振り回す方だが、きっちりと姿勢を保つ安定感と箱的な剛性感にはぞくぞくさせてもらった。アウトバックも良かったが、剛性感はインプレッサが3枚くらい上。それと、ステアリングフィールもすらしい。高速コーナーを気持ちよく思ったラインでトレース出来るのは車好きにはたまらない性能。出張先で仕事を終え、さ 帰ろうかとハンドルを持ち剛性感が伝わった時のうれしさ、楽しさは運転好きの方で無いと伝わらないか?
・その他:アイサイトに関して、数回豪雨時に視界不全の為アイサイトが止まった(適切な日本語が無くて・・)が、レーダータイプはどうなんだろうか?という疑問がある。また、アイサイトで前車追尾走行中、峠道等急激な曲がり路ではアイサイトが前車を見失う事がある。ハイブリッド以外で残念なところは、後ろのドア(ハッチバック?)がしっかりと閉まりにくいこと。アウトバックはだいたいに閉めると後は機械がカチッと閉めてくれたが、この車はそれが無いのはいいとして、ちゃんと閉めているのに閉まらない事がままある。また、荷室が意外と狭い。アウトバックと比較してしまうのは酷だが、ちょっと大きめの荷を運ぶときは困る。また、買ったとき最初から履いているタイヤが○ーヨーだったかな?うーん、グリップしない。好きでは無いフィールのタイヤ。次はポテンザに変える予定。それから、シートの隙間に小物を落とすと大変拾いにくい。
 それと、この車はターボで出すべきではないのか?ターボが出たなら買い換えるな。きっと。
 ついでに、スバルのディーラーは他車に興味の無いスバリストばかり相手にしてるのかどうか知らないけど、もう少し他のメーカーのように「客をライバルに取られる」という危機感を持った方がいい。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年7月
購入地域
岐阜県

新車価格
286万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ShannonTweedさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
5件
カーナビ
1件
2件
カースピーカー
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3
満足度4

ガソリンXVのオーナーがレンタカーで真冬の北海道を4日間で約1,000km走った感想です。

【エクステリア】
ハイブリッド専用色のプラズマグリーンメタリックは思っていたより落ち着いた色でした。
結構お気に入りの色です。

【インテリア】
シートは表面がスエードになっていますが、座り心地はガソリンと同じでした。
メーターは派手になりました、ガソリン車は黒基調で地味なので、ハイブリッドのデザインは好みです。
荷物室はバッテリーでかさ上げされているため、ぱっと見は変わらないのですが、少し物足りないです。
トノカバーをつけると高さが不足気味で実用性がかなり低下します。

【エンジン性能】
車重が120kg増えているため、発進直後以外はそんなに加速が良くなった印象はありません。
モニターを見ていると、モーターアシストは頻繁にあるため、エンジンの回転数がガソリンに比べ上がらず明らかに静か。
80kmくらいまでなら追い越しする時は力強いが、100kmを超えてからの加速はガソリンと変わらないと感じる。
フル加速はおそらくガソリンの方が速いのではないかな。
中低速でほんの少しの余裕が出来た実感は確かにあります。モーターアシストは感じる事が出来るが、そんなに力強く感じません。

【走行性能】
クイックになったというステアリングの差も分かりませんでした。重量配分も変わっているとのことですが、実感できませんでした。
ずっとエアコンを使用していたためモーターのみでの走行は残念ながら経験できませんでした。
加速時は明らかに静かになりましたが、雨が降らなかったので、一番気になっているルーフの遮音性が向上したかは比較できませんでした。

【乗り心地】
乗り心地はガソリン車より柔らかくなっているのはわかります、その分前後にゆすられると感じることがありました。
一長一短ですね。

【燃費】
燃費は雪道中心で参考にはならないですが、高速道路走行中の区間燃費を見ている限りでは、ノーマルより1割向上しているかどうかです。
4日間で950km走行しました。雪の道が多くありましたが、思った以上に安心して走れました。スバルのAWDの力に感謝です!
燃費は950km中300kmが自動車専用道で残りは一般道。
200kmは結構な雪道、550kmは除雪された数センチの圧雪、200kmは雪なしでした。
最終的にガソリンは71L使用しましたので燃費は満タン法で13.4km/l、車載燃費計の表示はちょうど14kmでした。
毎朝30分程度、窓とワイパー解氷のため暖気運転し、走行中は曇り防止で絶えず外気導入でエアコン利用したデーターですので予想より低い燃費でした。

【価格】
30万円の価格差は高すぎます。10万円くらいなら納得できるのですが。
モーターの出力が3倍になって走りに明らかに差が出れば30万円差でも高くないかもしれません。

【総評】
自分はガソリンのコストパフォーマンスの高さと軽快感をとります。

【雪の中での印象(スタッドレスタイヤ着用、チェーンなし)】
新雪でタイヤの半分くらいまで埋まっていても、最初の一瞬だけ滑りますが、すぐに他のタイヤに動力が伝わり何事もなく動きます。
30cm程度の雪であれば固められてなくても進めます。(バンパーがどこまで雪の重みに耐えられるかは別の話ですが。)
4日間、発進時に一度もスタックしなかったのは良かったです。さすがスバルのAWDと感心しました。
雪の美瑛を2時間ほど走り回り丘めぐりをしましたが、XVの走破力は予想より素晴らしく、少しくらい雪が深くてもどんどん入ってゆけます。坂道でも安定の走りが出来ました。
ヒーテッドミラーはマイナス5℃の吹雪の中でも、隅まできちんと曇が取れます。ただカバーとミラーの隙間に雪が入り込むと、そこは溶けないので周りに氷がつきます。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
価格
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jiro01さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
2件
CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
満足度5

【エクステリア】
後背からはコンパクトカーに見えるのに3ナンバーとのギャップがいいです

【インテリア】
操作性に直結しますがメーター等が非常に見やすく操作ボタンも全て手元にありコンパクトにまとまって便利です
全体的に手抜きがなく綺麗で満足しています。
インテリアではハリアーやプリウスより優れていると思います

【エンジン性能】
自分がこれまで運転した車がヴィッツ4WD、プロボックス、ADバンと格下のエンジン性能車種だったため
XVハイブリッドの強力な加速力にとまどっています
本来であれば同等の車種で比較するべきでしょうね
ゆっくりとした加速は15psモーターでも十分ですね
ただでさえエンジンの加速力がいいところにモーターアシストで強い加速を得ることができます
カタログスペックで損しているように思われます

【走行性能】
エンジンパワーやタイヤサイズが225/55R17と車体に比べて大きいことから雪道や凍結路面でもスリップすることなくガンガン走行できます
冬タイヤが純正品で19万と高いのが難点ですかね
高速道路でも安心して走行できる安定感はさすがです
街中でのgo&stopではモーターだけの発進はスムーズで15psとは思えません

【乗り心地】
走行性能がいいので長時間運転しても疲れません。
走行性能に直結しますが地面に吸い付くような安定感があり高速道路では横風に煽られることなく走行できるの安心感は凄いですね
Eye-Sight2.0のアシストは便利です。まだ本領発揮させたことないのでなんともいえません
猛吹雪の日に運転するとEye-Sight機能はOFFになりますのでお知らせいたします

【燃費】
雪道走行しかしていない実測で
街中では4km/l
高速道路で16km/l
まだ800kmしか走行していないのでもっと実績を積んで結果を見たいですね
夏タイヤでどれだけ変わるか楽しみです
電池容量が小さいためモーター走行時間が少なく燃費はあまり期待できません
モーターは加速のためのアシストと考えたほうがいいですね

【価格】
総額で350万しました
全体的な作り込みに手抜きが見受けられないため、十分満足しています

【総評】
雪道の走破性が凄いので非常に満足しています
オフロードでも安心して走破できると確信しています
周囲からの評価はモーターのカタログスペックが小さいからHVとしては中途半端と言われますが十分な性能です
カタログスペックで評価する人多いのでモーターは60〜80psあればもっと評価高いでしょうね

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
岩手県

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:211件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ボディカラーは写真のホワイトを含め9色を用意

ハイブリッドはクリヤーのリアコンビランプ採用

ピアノブラック仕上げの箇所が増えたインパネ

ブラックのレザーシートはオプション

ガソリン車に比べて床が高めの荷室

伝統の水平対向エンジンにモーターをドッキング

2015年10月にマイナーチェンジを実施したスバルXVハイブリッドの中から、最上級グレードの2.0i-Lアイサイトに、山梨県富士河口湖町で開催された試乗会で乗りました。

エクステリアは、フロントフォグランプ周辺にL字型のクロームメッキを入れ、グリル内の横バーやバンパーのインテーク形状にもメリハリをつけたおかげで、表情がキリッとしました。試乗車のボディカラーはホワイトパールだったので、フェンダーやバンパーに装着された黒い樹脂エクステンションパーツとの対比が鮮烈で、SUVらしさを盛り上げていました。

インテリアは、インパネの飾り帯やモニター周辺のパネルにピアノブラックを起用して、クオリティをアップさせていました。視界の良さは相変わらずで、インパネは低く、フロントピラーは理想的な位置にあって、広くクリアな視野が得られます。ハザードスイッチが、インパネ中央上という絶好の場所をキープしたうえで、立体感を強調した素材と形状になっていることも好感を抱きます。

前席は背もたれの張りが強まって、以前より長距離を快適に過ごせそうな感じがしました。ただし試乗車が装備していたオプションのレザーシートはコーナーでは滑りやすく、サイドサポートがいまひとつでした。後席は身長170cmの僕が楽に過ごせる空間を備えています。一方荷室は、ガソリン車に比べて床がやや高めです。

2L水平対向4気筒エンジンは150ps/20kgm、直後に接続されるモーターは13.6ps/6.6kgmの最高出力と最大トルクをそれぞれ発生します。これらの数値はマイナーチェンジ前と同じです。CVTを介して4輪を駆動することも旧型と共通です。

ハイブリッドカーの中ではモーターの存在は薄めですが、インパネ中央上にあるマルチファンクションディスプレイをエネルギーフローに切り替えて運転しながら観察すると、かなりひんぱんにモーターアシストしていることが分かります。とくにトルクが十分ではないエンジンの低回転時に、積極的にモーターを回しています。逆にCVTをマニュアルモードにして回転を上げるようなシーンでは、ほぼエンジンだけで走ります。

音はマイナーチェンジ前よりも静かになりました。とくに水平対向エンジン独特の低中回転のバサバサしたノイズが抑えられたので、以前よりスムーズに回っているような感触を受けます。

運転支援システムではアイサイトに加え、ルームミラー周辺にアイサイト用とは別のカメラ、リアにレーダーを備えることで、ヘッドランプのハイ/ロー自動切り替えや斜め後方車両検知を行う装備がパッケージオプションで設定されました。いずれも他車で実用化されているものだが、定評のアイサイトにさらなる安心がプラスされたことは大きいと言えるでしょう。

2014年にひと足先に改良を実施していたサスペンションは、低速では省燃費タイヤの硬さが目立つものの、以前よりもマイルドな乗り心地を提供してくれました。それでいてハンドリングは、最低地上高が200mmもあるとは思えないほど腰の座ったもので、ロールを感じることなく自然に曲がれます。背の高いクルマほど水平対向エンジンの低重心効果が体感できることが再確認できました。

燃費は車載燃費計によると、おとなしく流せば20km/リッターを超える数字をマークしました。街中走行が半分以上というユーザーなら、ハイブリッド車の恩恵を大きく受けることができるでしょう。

スバルはほかにフォレスターやレガシィ・アウトバックなどのSUVを用意していますが、それらでは大柄すぎると考えるユーザーにとって、XVは適度なサイズでスバルSUVの魅力を体感できる絶好の存在だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

JAZ1さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3
満足度5

高速道路1

高速道路2

郊外路

市街地

山道からの下り

外観

購入検討中の皆さんが気になっていると思われる、燃費についてレポートします。

特に、いろいろ調べている方にとっては、某オー○ック○ンの燃費レポート記事の、微妙にいまいちな結果を見て不安を感じているのではないでしょうか。


そこで、某レポートと近い道を走って燃費を見てみました。(経路に多少相違ありです。)

コース1:高速道路  アクアライン入口(浮島)から茂原長南インターまで
コース2:郊外路   茂原長南インターから409号線-297号線-市原市内の国道16号線まで
コース3:市街地   市原市の16号線から357号線、14号線市川まで

おまけ1:高速道路2   関越花園インターから関越所沢過ぎまで
おまけ2:山道からの下り  埼玉県両神山荘から秩父市内まで

実験日:2015年12月中旬 外気温10度ぐらい、エアコン24〜25度設定 新車(走行500km以下)
カタログ燃費: 19.2km/L (ルーフレール等装着車、車重1540kg)


そして、結果は次のとおりでした。

結果:
高速道路: 16.1km/L
郊外路:  15.9km/L (夕方、渋滞あり。)
市街地:  12.0km/L (渋滞かなりあり。)

高速道路2: 17.6km/L (区間19.4km/L)  (渋滞3カ所あり、ECO-Cモード使用)
山道の下り: 18.5km/L 

という結果でした。
某燃費レポートより、けっこういい結果なのではないでしょうか。


なお、性能・外観や乗り心地等については、私は大変満足しています。
ほんと、買って良かった! これからのカーライフが楽しみです。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
千葉県

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たあ坊主さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3
満足度4

BLEレガシィからの乗り換えです。

2015年4月にD型を購入しました。
購入時にガソリンXVと比較が出来ず、納得のいく選択だったのか判りませんでした。

先日E型が発売され、ガソリンXVをDラーで試乗することが出来ました。
ハイブリッドとの違いがはっきりしたので、購入時に参考にさせて頂いた恩返しを兼ねて
掲載します。

【XVの良いところ】
ハイブリッドと比べて軽快感があること。走らせた瞬間に、身軽さがすぐにわかる。
アイサイト3。2より精度が向上している。
メーターパネルが綺麗。

【ハイブリッドの良いところ】
ガソリンXVと比べて重量があり、落ち着いた乗り心地であること。
ガソリンXVより、モーターアシストでトルクアップした感覚。
ガソリンXVより、若干燃費が良いこと。
アイドリングストップからの始動がスムーズ(ISGモーター始動のため。ガソリンXVはセルモーター始動)

【ハイブリッドを選んでもいいのは?】
ダウンサイジングでXVを選択する方であれば、ハイブリッドを選んでも後悔はないでしょう。

私の場合、3000ccのクルマからの乗り換えだったので、合致しました。
大人の乗り心地とちょっといい燃費を、ガソリンXVとの差額(25万程度)で買ったと思い納得しました。

燃費で選ぶと後悔します。
価格差をガソリン代の差額で回収するのは難しいかもしれません。

【参考:ガソリンXVの印象はどうだったか?】
走り出すと普通の2000ccのクルマ。
角がないので、普段の足として買うならいいと思います。
個人的にはハイブリッドと比較すると面白みに欠けた印象を受けました。

アイサイト3は魅力。
アイサイト2でも十分な性能なのですが、あれば欲しかった。

メーターパネルは綺麗ですが、すぐ見慣れてしまった。
結局ハイブリッドのパネルでもいいんじゃないか?と。
購入時の戸惑いはなんだったのか・・・

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みつ7777さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
11件
もっと見る
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
満足度4
   

   

【エクステリア】
立体駐車場に入れる高さ、多少の轍でも走れる地上最低高、なかなか、良いです。

【インテリア】
シートは良いですが、ドアパネルやハンドル中央のアルミ風のシルバーは、安ポイ色合いで、良くないですね。お金に余力があるなら、インプレッサのオプションで、ピアノブラックやカーボン調のパネルに変えた方が良いです。

【エンジン性能】
今まで、トヨタの同クラスの車を乗って来ましたが、レッドゾーン付近(6000回転くらい)まで、気持ちよく回るエンジンは初めてです。あまりにも回るので、エコカーと両立するためのエンジンオイル選びには苦労しました。

【走行性能】
関東の大雪でも問題なく走れました。直進安定性、コーナーの安定感、よく走り曲がりますね。標準タイヤがエコ寄りなので、滑り出しが早いですが、安定しています。

【乗り心地】
初めは少し固いと思いましたが、高速道路では丁度良い固さですね。

【燃費】
燃費重視のハイブリッドと比べると比較にはなりませんが、AWDと走りの安定感で、リッター20キロは、必要十分な燃費だと思います。

【価格】
アイサイトやAWD等、安全性と安定感で、この値段なら満足です。

【総評】
走りとエコを使い分けて使う人向きですね。回せばブンブン気持ち良く回るエンジンと良く曲がるハンドル、回さずエコ運転に徹すれば、それなりのエコカーです。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年3月
購入地域
神奈川県

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヒデZ3さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
満足度5

【エクステリア】
乗り慣れると気に入ってきます。
【インテリア】
前車レガシィに劣るとこあるなぁ〜思いましたけど、乗り慣れと気にならなくなりました。
【エンジン性能】
これもまた、前車とくらべると性能も上がってるなぁ〜って感じです。
【走行性能】
問題ないです。走っていて楽しいなぁ〜って気分させてくれます。
【乗り心地】
悪くないと思います。
【燃費】
前車よりよくなってるので、満足度はあります。
他社のハイブリッド車を乗ったことがないので、くらべることは、できません。燃費重視で乗るならスバルのハイブリッドはやめたほうが良いと思います。
【価格】
レヴォーグよりもXVハイブリッドが乗りたい気持ちが強かったので、価格は気にならなかったです。
【総評】
スバル車乗り継いで二十数年、スバルの車しか乗れなくなった私です。特に前車レガシィツーリングワゴンは、お気に入りでした。車検、修理整備で65万の費用がかかるので手放すことと店長さんが初めてスバル車を購入するときの担当だったのと今の担当の営業さんが5年目になるので、情もあるのでXVハイブリッド購入しました。
今となってはレガシィの走りも気に入ってましたが、XVハイブリッドもいい走りをしています。
後悔はしていません。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年2月
購入地域
愛媛県

新車価格
286万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
35万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tatsumanさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
11件
スマートフォン
0件
2件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格5
満足度5

アメリカのCART社のヒッチメンバー2インチを取り付けて軽トレーラーを引いています。(オフロードバイクを積載)

特に問題なく走れていますが、一部の配線に難しいところがあるようです。

乗車人数
4人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年10月
購入地域
大阪府

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ダビデンコさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

腕時計
1件
6件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5
   

   

【エクステリア】
・高さが155以下が必須であり、しかも多少の雪道でも気を使うことなく
 走破できることが条件でした。
・フィットハイブリッドと迷いましたが、アイサイトが決めてでした。

【インテリア】
・使いやすいとは言えません。
・ペットボトルなどもう少し置きやすくしてほしいところです。
・自分なりに使いやすいようにしていく楽しみはあります。

【エンジン性能】
・早さを求めているわけではないので充分です。
・Iモードではレスポンスは悪いですが、Sモードでの走行は楽しいです。

【走行性能】
・思った通り多少のデコボコの雪道も気にすることなく走破できます。
・アイサイト2ですが、面白いですね。特に追従機能は一般道路、高速道路とも結構利用してます。

【乗り心地】
・少し硬く感じますが気になりません。

【燃費】
・街乗りでは10キロ、遠乗りは18キロと違いがでますね。

【価格】
・こんなもんでしょう。

【総評】
・ハイブリッドということで燃費を期待して購入する方はやめましょう。
・とても楽しい車です。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年9月
購入地域
北海道

新車価格
286万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
25万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GPED5UCさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格3
満足度4

尾翼

足周り

内装

納車されて2週間が経ちました。

【エクステリア】
屋根には可愛いシャークフィンと、でっかい尾翼を装着しました。足回りのスタッドレスは、BS GZの215/65R16にアルミは節操もなくDUNLOPの防錆塗装のDUFACT DA 5を履きました。ようやく雪が解けた今日からはYOKOHAMA BLUE EARTH 225/55R17に純正のアルミです。
拘った雪国仕様のフォグは、社外品のイエローバルブで2800K、1600lm、15W×2のLEDを焚いています。
非発熱性による表面凍結は杞憂に終わり、純正品より寧ろ明るいです。

【インテリア】
総てピアノブラックでまとめたかったので、一部はインプからの取り寄せとなりました。
ラゲッジルームは確かに広くはありませんが、基本一人乗りですし、簡単にフルフラットになるので私には充分です。トノカバーをおねだりして着けましたけど。

【電装アイテム】
ナビはKENWOODのMDV-Z711、レーダーはCOMTECのZERO 73Vと、純正ETCです。
今どきのクルマは、Bluetooth接続で着信と同時に通話は始まるわ、iPodもナビ画面からステアリングリモコンで操作出来るわで、この星の時代の流れの速さを実感しています。

【エンジンと走行性能など】
燃費がようやく二桁になって来た段階なので、この項目は別の機会に譲るとしまして、乗り心地は大変静かで、それでいて2000cc以上のトルクを感じます。
停車中のアイドリングストップからエンジンがかかる時、ブレーキを踏み込んでいないとクリープが始まるのがまだ不慣れです。
スタッドレスでは細かいロードノイズを拾い、確かに硬さは否めませんでした。70km/hあたりからはとても滑らかになり、瞬間燃費は30km/lを越えます。
イコライザー操作で好みの重低音も響くので、音響はノーマルスペックで問題ないです。
これからはノーマルタイヤなので、春のドライブがまた楽しみです。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
北海道

新車価格
286万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

s-yt-ki-n-sm-koさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
満足度5

【エクステリア】この手の車の格好良さは下品なラインぎりぎりのところにあると思います。この下品なラインの感じ方は人それぞれなので、なんともいえませんが私はほぼ満足しています。ただ車の機能として目視でバックできることは重要なことです。格好良さのために使い勝手をスポイルするようなことをしていないことは評価できると思います。ただフロント部分はオリジナルのインプレッサよりえらが張っているようで、思ったより左前方がきわどかったことが何度かありました。今は慣れましたが。
 なおルーフにはナニもオプションは付けませんでした。吹雪の中ルーフに積もった雪をおろすのに突起物があるのはとても邪魔です。これは雪国に住んでみないとわからないことですが。 
【インテリア】アイサイトのこともあり素っ気ないデザインです。それはそれでいいですが、収納スペースについてはもう少し工夫をして欲しい。コンビニでコーヒーを買って車内で飲もうにもカップホルダーすらない。これでは女性ファンはつかないと思いますよ。
【エンジン性能】 モーターのアシストもありとても気持ちよく加速します。Sモードを使わなくても必要以上とも思える加速を得ることができます。
【走行性能】 コーナリングはステアリングを切りますようなこともなく、イメージ通りトレースしてくれます。
 今までも4WD車(生活4駆ですが)に乗っていましたがこの車は雪道では異次元の走りをします。4輪が常に駆動していることがはっきり体感できます。安心感が全然違います。
【乗り心地】 低速時には路面の凹凸をしっかり拾いますが、角はしっかり取れています。中速から高速ではホントにフラットな乗り心地です。長距離ドライブの疲れが全然違います。しかも前後のバランスのためにたっぷり詰め込んだ吸音材のおかげで静かです。
【燃費】 この車に燃費を期待している人はいないと思いますが、それでもちょっと寂しいかな。とはいえ私の場合前のエスティマがリッター9〜10km程度でしたのでまあ満足です。普段はリッター14〜15km、長距離では15〜17と言うところでしょうか。スタッドレスタイヤをはくと確実に1kmは落ちます。
【価格】高い感じはしますが、値段相応の価値はあると思います。
【アイサイトについて】スバルの車を買う以上アイサイトを付けないと意味はないと思います。それくらいすごいです。
自動ブレーキ機能ですが、これを書いている現在アイサイト以上の機能を持つものはないのではないでしょうか。自動ブレーキなんていらないと思っている人もいると思いますが、先日交差点で突然対向車が右折してきました。私がブレーキを踏む前にアイサイトがブレーキをかけてくれました。自分が注意していればだけでは安全ではないとホント思いました。でもアイサイトの本当の実力は全車速追従機能付クルーズコントロールにあるでしょう。信号機のないバイパス・高速道路ではセットしてしまえばほぼブレーキ・アクセル無しで目的地まで楽々運転です。長距離ドライブの疲れが全然違いますし、イライラしません。
【総評】私自身はとても満足していますがノーマルのXVはアイサイトがVer3になりました。今買っても後悔しないとは思いますが、我慢できるならマイナーチェンジでアイサイトVer3になってからの方がいいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年4月
購入地域
新潟県

新車価格
286万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

スバル XV ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

スバル XV ハイブリッド
スバル

スバル XV ハイブリッド

新車価格帯:257〜286万円

中古車価格帯:139〜299万円

スバル XV ハイブリッドをお気に入り製品に追加する <220

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意