『“速い”「パサートヴァリアント」をお求めなら、このクルマ!』 フォルクスワーゲン パサート オールトラック 2012年モデル 外川 信太郎さんのレビュー・評価

  • パサート オールトラックをお気に入り製品に登録

フォルクスワーゲン

パサート オールトラック 2012年モデル

パサート オールトラック 2012年モデルのピックアップリストを作成
パサート オールトラック 2012年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

パサート オールトラックの新車

パサート オールトラックの新車見積もり

お住まいの郵便番号を入力してください

〒‐

郵便番号として正しい数値を入力してください

住所を選択してください

都道府県: 市区町村: 地域:

パサート オールトラックの中古車

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フォルクスワーゲン > パサート オールトラック 2012年モデル

『“速い”「パサートヴァリアント」をお求めなら、このクルマ!』 外川 信太郎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

パサート オールトラック 2012年モデル

パサート オールトラック 2012年モデルのレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント(7/31まで)

さん

  • レビュー投稿数:143件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。独身。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動な…続きを読む

エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

“速い”「パサートヴァリアント」をお求めなら、このクルマ!

全幅は1820mm。専用バンパーやアンダーガードを装備し、肉食系に変貌。

全長は4785mm。ブラックの前後ホイールアーチガーニッシュがスポーティ。

全高は30mm持ち上げられクロスオーバーワゴンとして確立。

225/45R18のタイヤ&専用アルミホイールを装備する。

2L直4TSIエンジンは最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpm

ウッドとアルミのデコラティブパネルとナパレザーシートを装備。

「パサートヴァリアント」をベースに設計された同車最高級グレードである「パサートオールトラック」。
クロスオーバーワゴンのスポーティなエクステリアと、フルタイム4WD「4MOTION」が組み合わされ、オールラウンドプレミアムワゴンとして登場。フォルクスワーゲンとしては、久々の省燃費を謳っていない、パワフルなクルマの登場といえます。今回は、箱根で開催されたメーカー主催の試乗会にて、セレクトし、試乗してみました。

■エクステリア■

「パサートヴァリアント」と基本的に同じ顔付きながらも、フロントには専用バンパー、アンダーガードが装備され、30mm持ち上げられた車高と相まって省燃費性を謳った“草食系”から、ワイルド感漂う“肉食系”へと変貌。
サイドに周りましても、ブラックの前後ホイールアーチガーニッシュが際立ち、純白なボディをより一層引き締め、さらには、225/45R18のタイヤ&専用アルミホイールが、スポーティなクロスオーバーワゴンとして存在感があります。フォルクスワーゲン版、「アウディ・オールロードクワトロ」と思われそうですが、ベースモデルの上質感を生かしながらも、スポーティな専用パーツを纏い、独自性の高いクルマに仕上がっています。

■インテリア■

ぶ厚いドアを開けると、本革のかおり・・・。高級車ならではのおもてなしです。基本形状は、ベースモデルとなった「パサートヴァリアント」ですが、ウッドとアルミのデコラティブパネルが細部にまで貼られ、高級感の中にも躍動を感じさせるインテリアです。質感の高い、ナパレザーのシートは、身体を優しくホールドしてくれ、車両価格494万円以上の満足感が得られます。
さらに細部を観察しますと、6速DSGシフトレバー周囲には、「ALLTRACK」、「4MOTION」のデカールがアルミパネルに貼られ、さりげなく特別感をドライバーに訴えかけています。
メーターパネル内に設けられたマルチファンクションインジケーターは、高解像度のフルカラー液晶に変更され、メーターのフォント、スケールなども、クロノグラフの盤面のような精密感のあるものに刷新されています。さすがに、「パサートヴァリアントTSIハイライン」より、100万円ほど高いプライスを掲げているだけの事はあります。

■インプレッション■

「パサート」、「パサートヴァリアント」は、ダウンサイジング革命を起こした一台であり、1.4リッターTSIエンジンを搭載。最大出力122ps(90kW)/5000rpmとスペックだけ聞けば、不安になるかもしれませんが、最大トルクは、20.4kg・m(200N・m)/1500〜4000rpmと十分で、乗れば、「排気量なんて一体何だったの?」と思わせる程パワフル。でも、やはりもっと速い「パサートバリアント」があれば・・・と思うのも事実です。
「パサート オールトラック 」は、「ゴルフGTI」と同じ2L直4ターボエンジンを搭載。先代の「パサートヴァリアントV6 4MOTION」が3.2L V6エンジンを搭載していた事を考慮すれば、このクルマもダウンサイジング化といえます。

エンジンを始動させると、1.4リッターTSIとは違う、“ドス”の効いた野太い排気音がデュアルエキゾーストパイプから響き、気分を抑揚させてくれます。
最大出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生させるこのユニットは、「ゴルフGTI」より、270Kgもベビーウェイトですが、そんな事は、まるで感じません。

試乗会場から出て、アクセルを軽く一踏みすると、シートバックに押さえ込まれる加速感は、思わず、にんまりしてしまうほど。急勾配の続くストレートでも、久々にスポーティさを謳った同車のアクセルを踏むと、シューンと一気に加速をして、思わず速度計の示す数字に驚いたほど。また、「ゴルフGTI」程ではないにせよ、エンジンの発する咆哮が、適度な音量でドライバーに届き、刺激的であります。
「4モーション」システムは、通常走行時では、フロント側の駆動力が圧倒的ですが、箱根裏街道のタイトベントから立ち上がる際などには、リア側からの押し出しも体感。路面状況によって、リア側の駆動力配分を10%〜最大100%まで可変。“全天候型エクスプレス”の要素も十分持ち合わせています。

30mm持ち上げられた全高ですが、腰高感など皆無で、試乗会場周辺に点在するワインディングでも、その辺のスポーツカーなど相手にならないほどの速さをみせてくれました。ベースとなった「パサートヴァリアント」に比べると、足回りは相当硬めですが、ロールやピッチングは最小限に抑え込まれています。街中での試乗は敢行できませんでしたが、この硬さが、待ち乗りでは、やや気になるかもしれません。
また、ベース車両の「パサートヴァリアント」に比べ、大幅に省燃費性能が劣るのは、フルタイム4WDのもたらす、安定した走り、2.0L TSIエンジンの胸をすく加速などを、考慮すれば、致し方ないこと。それでも、JC08モードで11.6km/リッター走ります。

500万円のプライスを掲げる「パサート オールトラック 」ですが、筆者の感想では、ここまで充実した派生モデルであれば、十分お買い得といえます。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

パサート オールトラック 2012年モデル

パサート オールトラック 2012年モデルのレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント(7/31まで)

この製品の価格帯を見る

パサート オールトラック
フォルクスワーゲン

パサート オールトラック

新車価格帯:518万円

中古車価格帯:269〜363万円

この車種とよく比較される車種の中古車

最高水準のポイント還元率 REX CARD(レックスカード)
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意