『国内専用モデルとして上々の仕上がり』 トヨタ カローラ アクシオ 2012年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

  • カローラ アクシオをお気に入り製品に登録

トヨタ

カローラ アクシオ 2012年モデル

カローラ アクシオ 2012年モデルのピックアップリストを作成
カローラ アクシオ 2012年モデル 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

カローラ アクシオの新車

カローラ アクシオの新車見積もり

お近くの販売店にお見積りを依頼できます。

お住まいの郵便番号を入力してください。

〒‐

郵便番号として正しい数値を入力してください

住所を選択してください

都道府県: 市区町村: 地域:

カローラ アクシオの中古車

カローラ アクシオの新車カーリース (コスモスマートビークル)

月々の支払:30,996円〜

月々の支払額算出条件

リース見積もり

支払額算出には以下の条件を使用しています。リースお見積もり時に条件は自由に選択できます。車両のメンテナンスについてさらに詳しく知りたい方はカーリースについてをご覧ください。

頭金 なし ボーナス なし 契約期間 60カ月
年間走行 10.000km メンテナンス ホワイトパック(メンテナンス無)
ゴールドパック(フルメンテナンス付)
の場合の月々の支払額

36,072円〜

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ アクシオ 2012年モデル

『国内専用モデルとして上々の仕上がり』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ アクシオ 2012年モデル

カローラ アクシオ 2012年モデルのレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント(7/31まで)

さん

  • レビュー投稿数:325件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

エクステリア2
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3
満足度4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

国内専用モデルとして上々の仕上がり

カローラといえば、長くトヨタの世界戦略車として作り続けられ、日本で、そして世界でもベストセラーカーの座を維持し続けてきたクルマだが、2012年5月にデビューした11代目モデルでは大きく方針転換が図られた。

海外向けのカローラからは完全に独立し、国内専用(ごく一部は右ハンドル圏への輸出もある)になったからだ。

その新型カローラアクシオに、河口湖ハイランドの駐車場をベースに開催された試乗会に出席し、トヨタ自動車がメディア関係者向けに用意した広報車両に試乗した。乗ったのは1.3X、1.5G、1.5ラグゼールの3台だ。

新型カローラアクシオは、ヴィッツ系の基本プラットホームを流用して作られた。ヴィッツに比べるとホイールベースが延長されて従来のカローラと同じ長さとされている。ただボディの全長は、フロントのオーバーハングを切り詰めることで50mm短くなった。

ボディの縮小はカローラの歴史上初のこと。必ずしもボディのダウンサイジングを積極的に意識してのことではないようだが、結果としてボディが小さくなったこと自体が良いことだし、最小回転半径が4.9mという取り回し性能に優れたクルマになった。

ホイールベースの長さは変わらないのに後席の居住空間や前席の頭上空間などが拡大したのは、パッケージング面で相当に頑張った結果だ。トランク容量も471Lが確保されてゴルフバッグが4個積めるとのこと。斜め方向の視界が改善されたことなども含めて、使い勝手の良いクルマになっている。

搭載エンジンは1.5Lのほか、1.8Lが廃止されて1.3Lが復活した。1.3Lの復活は、ヴィッツ系セダンのベルタが絶版になるのに対応したものだ。

1.3Lは企業が外回りの営業マン用のクルマなどとして使うことを想定している。エンジンの動力性能に関しては必要十分というか、これといって特筆すべき点はない。アクセルを踏み込んで回したときには騒音が大きくなるのが不満点か。

1.3Xはベースグレードなので装備が貧弱になるほか、オプション装着にも制約があるので、一般のユーザーには勧められない。

1.5Lエンジンを搭載したGやラグゼールになると、走りに余裕が生まれる。旧型モデルに比べるとエンジンの動力性能の数値は微妙に下がっているが、プラットホームの変更などによって軽量化が進んだことが、不満のない走りにつながっている。

入念な騒音対策や、排気量の余裕から無理エンジンを回す必要がないことも含めて、1.3Xに比べるとより静かな走りが得られるのも好ましい点だ。

CVTの変速がダイレクト感に欠けるのは止むを得ないところだが、スポーツタイプのクルマではないので、燃費に優れたCVTの良さが引き出せるなら文句はない。

1.5Lエンジンの搭載車には、アイドリングストップ機構がオプション設定されている。今回の試乗車では1.5Gは非装着で、1.5ラグゼールが装着車だった。両方を試した結果、違和感のないアイドリングストップ機構であることが分かった。

ただ、今どきのクルマとしては、アイドリングストップ機構は全車標準にすべきだ。装着するとエコカー減税の減税幅が拡大されるので、5万4600円のオプション価格の半分くらいはカバーできるが、燃費で取り戻せるイメージではない。全車に標準装備することでコストを下げれば、燃費で元が取れるようになるだろう。

1.5Lエンジンの搭載車には、一般道から高速、ワインディングなど、いろいろなシチュエーションで試乗したが、ハンドリングや操縦安定性、乗り心地など、シャシー性能についても良く仕上げられていた。

安全装備は、横滑り防止装置のVSCやSRSサイド&カーテンエアバッグも標準。1.8L車が廃止されたので、プリクラッシュセーフティシステムこそ設定がなくなったが、カローラの安全装備はひとまず合格点といえる。

新型カローラで不満に感じたのは、あまりにも平凡というか、何ともおもしろ味のない外観デザインだ。年配のユーザー向けのクルマだからこそ、カローラに乗っていると年よりも若く見えるようなデザインが欲しい。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「カローラ アクシオ 2012年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
基本がしっかりしてる  4 2014年6月24日 22:20
まさにThe・及第点  4 2014年1月25日 01:22
 4 2013年5月15日 10:42
走っている台数は少ないが、かなりの実力車  5 2013年4月28日 10:27
先代よりいいかも  5 2012年11月26日 20:23
コレカラカローラ≠コレマデカローラ  3 2012年11月18日 22:12
カローラ店で試乗  3 2012年10月30日 21:58
国内専用モデルとして上々の仕上がり  4 2012年8月18日 03:40
ベテランドライバーに的を絞った作り  4 2012年7月23日 17:48

カローラ アクシオ 2012年モデルのレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ アクシオ 2012年モデル

カローラ アクシオ 2012年モデルのレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント(7/31まで)

この製品の価格帯を見る

カローラ アクシオ
トヨタ

カローラ アクシオ

新車価格帯:141〜214万円

中古車価格帯:105〜174万円

この車種とよく比較される車種の中古車

最高水準のポイント還元率 REX CARD(レックスカード)
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意