α57 SLT-A57 ボディ レビュー・評価

  • α57 SLT-A57 ボディをお気に入り製品に登録

SONY

α57 SLT-A57 ボディ

α57 SLT-A57 ボディのピックアップリストを作成

1610万画素CMOSセンサー搭載のデジタル一眼カメラ

α57 SLT-A57 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

同じメーカーの同時期発売モデル

最安価格(税込):¥60,150 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2012年 4月27日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

タイプ:一眼レフ 画素数:1670万画素(総画素)/1610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 連写撮影:12コマ/秒 重量:539g α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > カメラ > デジタル一眼カメラ > SONY > α57 SLT-A57 ボディ

α57 SLT-A57 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.59
(カテゴリ平均:4.68
レビュー投稿数:47人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.44 4.56 90位 見た目のよさ、質感
画質 4.47 4.58 92位 画像の精細さ、ノイズの少なさなど
操作性 3.97 4.36 52位 メニュー操作・設定のしやすさ
バッテリー 4.37 4.31 39位 バッテリーの持ちはよいか
携帯性 4.17 4.29 52位 軽さ、コンパクトさ
機能性 4.66 4.48 3位 手ぶれ補正、撮影モードなど
液晶 4.55 4.36 34位 液晶画面は見やすいか
ホールド感 4.66 4.50 28位 しっかりホールドできるか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α57 SLT-A57 ボディ

α57 SLT-A57 ボディのレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:夜景」で絞込んだ結果 (絞込み解除

超THE BEATLESファンさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:109人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
439件
デジタル一眼カメラ
2件
284件
自動車(本体)
0件
12件
もっと見る
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5
別機種SAL18135との組み合わせで見かけはハイエンドモデル♪
当機種フォーカスエリアを「ワイド」にしての失敗例(後ピン)
当機種フォーカスエリアを「ゾーン」にしての成功例

SAL18135との組み合わせで見かけはハイエンドモデル♪

フォーカスエリアを「ワイド」にしての失敗例(後ピン)

フォーカスエリアを「ゾーン」にしての成功例

当機種この方法で,かなり歩留まりよく撮影出来ます♪
当機種SSさえ1/1000以上にすれば,ほとんど失敗しません♪
当機種やはり,SS1が/1000を切ると等倍でナイと判別不能ですが僅かにピンボケしてます。

この方法で,かなり歩留まりよく撮影出来ます♪

SSさえ1/1000以上にすれば,ほとんど失敗しません♪

やはり,SS1が/1000を切ると等倍でナイと判別不能ですが僅かにピンボケしてます。

【受賞内容】まずはタイトルにした受賞内容を♪http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201208/12-106/

【購入動機】私は「動き物専門屋」ではありませんが,「動き物」撮影もやります(主に鉄道)ので,「動き物を得意としてコマ速が早くフォーカスエリアが広い機種をサブ機として追加しよう」を条件に選定して悩んでいましたが,本機が非常にAF性能が良い事を知って辿り着きました。実際に数週間使用してみて「気軽に持ち出せて高機能ハイスペックだし,持ち出し頻度ではメイン機になるかな?」と感じています。

【デザイン】機種選びをしているうちに「DT18-135mm F3.5-5.6 SAM SAL18135」との組み合わせ画像を発見,LENSとの組み合わせで,こうも印象が変わるものか,と一目ぼれしてしまいました。まるで別物です。この流線型の撫肩デザインも,「装着するLENSを活かすためのデザインだったのか」と妙に納得^^。かなりカッコ良いのではナイでしょうか。気に入ってますしエントリー機なのにハッタリも効きます♪

【画質】Canon最高峰で1810万画素,Nikon最高峰で1620万画素です(もちろん共にフルサイズ),それより小さいセンサーサイズである本機では十二分な画素数ではないでしょうか。
画質項目を「一点減点」してますが,DSLR-A900との個人的な比較なので本機しか使わないなら満点です♪
他にも,本機が上位機種を差し置いて欧州で権威のある映像・写真関連の賞「EISA アワード」を受賞している事実があります。

【操作性】価格comの通販で購入,届いた日から持ち出しましたが,ほとんど迷う事なく設定・操作できましたので,女性や年配の方にもお勧めです♪
また(以前にDSLR-A900で訊きたい事があったので)SONYの電話相談窓口は非常に丁寧な案内をしてもらえるので,
困った際は実機を手元に置いて訊けばすぐ解るでしょう。
大概,出先で困った事になると思うのでSONYのSCの電話番号を携帯に入れておけば安心?

【バッテリー】これも前モデルより大容量化したそうなので実用上問題ナイでしょう。現場で設定やら結果をモニターで見るなど酷使しましたが充分一日持ちました(「撮り鉄」に同行された方のα55はバッテリー持ちませんでしたので交換してました)。どうしても心配なら一個だけ予備を持っておけば必要以上に安心でしょう。
私事ですが,実はDSLR-A900とバッテリーが共通な事(充電器も同一という事^^)も気に入って,この機種にしました^^。

【携帯性】とにかく軽いっ!!
比較的大型な標準ZOOM-LENSの「SAL18135」との組み合わせでも1kgに満たないですから,「なんちゃって金属外装」の外見から拍子抜けするぐらい軽いです。これでAPS-Cセンサー搭載なのですから,あっぱれです。
しかも上級機同様の「梨地仕上げ塗装」が施されているため,触れない限り「見た目」は金属外装のように見えて高級感があり,それがエントリー機らしからぬクラスを超えた雰囲気を醸し出しています。ただ触らないと解らない点ですが,触ると「おもちゃ」チックではあります。大丈夫,触りさえしなけえば,その外観の貫禄でハッタリ利きます^^。

【機能性】すでに上で書きつくした感があるので,EVF/連写性能/AF性能に的を絞ります。
<<EVF>>結果が撮る前からファインダー内で確認できる点と結果がモニターを見なくても解るのが流石EVF!!
OVFに慣れている私ですが違和感は感じられませんでした。ただファインダー覗かなくても、せっかくモニターLiveView撮影できるので積極的にLV撮影されてはどうでしょうか。
OVFの怖さはこちらのURLにて→http://www.all-digicam.jp/sony-a57-05.html
<<連写性能>>コマ速だけなら1D系やD4に匹敵!!これ,このクラスのカメラで他に追随を許してません。一瞬の「動き」を捕らえるのに,エントリー機らしからぬ性能で,この機能性だけでも「十分買い」な機種ではないでしょうか。
<<AF性能>>には定評のある本機ですが,「撮り鉄」でフォーカスエリアを「ワイド」にして「AF-C」で撮ると,
なんと迷いまくって最後には列車サイドへ合焦して「後ピン」になりますので注意!
従って「撮り鉄」など,「横切るような移動被写体を狙う構図」ではフォーカスエリア設定を「左・中央・右」のいずれかにし(UP作例では「右」にしています),AF-Cの設定にて予め構図を決めておき,後は「フレームINしてきたら連写開始」するだけでUP作例のように,かなりの歩留まりの良さで簡単に成功します。高速で移動してきてフレームIN,その被写体に一瞬で合焦するAF性能は,クラスを超えてハイエンドモデルに肩を並べるのではナイでしょうか。
驚きのAF性能です。これもSONY独自の「透過ミラー採用『トランスルーセントミラー・テクノロジー』」の賜物なんでしょうね。凄いですっ!!

【液晶】バリアングル(↓の動画を確認願います)なのが便利で特筆すべき点です♪
液晶も前モデルから大型化されて,とても見やすいです。ピントチェック用に「部分拡大」機能もありがたいですね。

【ホールド感】キットLENSより大型なSAL18135を装着しても,グリップ部が大きく張り出すデザインであり,そのグリップ自体も大型なので,比較的,手が大きめの私でも非常に握り易い点は特筆すべき点です。

【総評】 「コマ速だけなら1D系やD4に匹敵」する性能,AFの良さ,エントリー機なのに視度調整ダイヤルが付いていたり,露出補正が0.3ステップなど,ほんとにエントリー機なの?って感じでお得感満載です\(^o^)/。
「撮り鉄」や「飛行機撮り」するなら「これっ」です♪
流通在庫を何とか駆け込みでゲットできましたが,おそらく新品は3月中には無くなるのでは?と思います。
候補に挙げられている方は急いだ方が良いですね,底値を待ってたら流通在庫がなくなる恐れが;。

【このレビューでは解りづらい方へ】動画で解説されているのでどうぞ→https://www.youtube.com/watch?v=juJPswup9MU

レベル
アマチュア
主な被写体
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった14人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モッツァレラ・デ・ブーファラさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム機
4件
67件
液晶テレビ
3件
27件
ヘッドホン・イヤホン
2件
8件
もっと見る
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
満足度4

1月末に購入しました。

デザイン:カメラっぽくないない丸みのあるデザイン。悪くないけどカメラっぽいのが好きです。
画質:1600万画素あれば十分です。とりあえず、私に不満はありません。
操作性:メニューは項目が多くて使い切れません。慣れればいいんでしょうけど。
バッテリー:意外ともつかな。一日使っても60%残ってました。フラッシュを多用するとダメでしょうけど。
携帯性:一眼レフとしては小型軽量かな。専用のカメラバックが必要なのは一眼レフの宿命ですね。
機能性:不満はありません。オートフォーカスの速さ、色々なシーンモード、手ぶれ補正など気に入っています。
液晶:まぁ、今の時代普通ですね。
ホールド感:丸く軽いので持ちやすいです。
満足度:買って良かったです。

本当は、フジフィルムのフィルムシミュレーションが欲しくてX-A1狙いでしたが、値段でα57に。(ダブルズームで\43800)
でも、買って機能等の素晴らしさに感動しました。
買って損のないものでした。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆきうさの人さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:106人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
5件
デジタルカメラ
3件
6件
au携帯電話
2件
2件
もっと見る
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5

再レビューです。仕事用、プライベート用として1万枚以上撮影しました。
相変わらずいい意味で期待を裏切りません。F2.8通しのレンズを付けて様々持ち歩いています。

○高感度耐性
ISO1600-2000くらいは余裕、3200も緊急用としてはありです。αシリーズらしからぬ(笑)の高感度耐性です。高感度上限が指定できない「家電メーカーらしい機能制限」も、慣れてくると「どうせ指定できたって『使えない写真が撮れちゃった』か『使えない写真ですよって警告してくれる』かの差だな」とあきらめがつくようになりました。

○全画素超解像ズーム
手持ちのレンズが全部最大2倍ズームで使えるので、望遠レンズがないときに重宝します。これで絵が破たんしてるというのがお決まりなんですが、ほぼそん色ないのがまたすごい。お世話になっています。

○他社上位機種並みの連射速度/ライブビュー
AFがばっちり効いた状態で秒間8コマは圧倒的です。動物・人物はいうに及ばず放電現象もコマ送り状に綺麗に撮れたのには感激しました。また、ライブビューでも全く同じスピードで撮影が可能なのは本当に便利です。

○ボディ内手ぶれ補正→レンズが激安
これはαシリーズに言えることですが、他社製を使う人から驚かれるのは「安さ」。
手ぶれ補正がない安いレンズでもαでは実用品、1万円台の単焦点、2万円台と5万円台のF2.8通しズームレンズ…。
しかも全画素超解像ズームで幅も広がると、非常に安価で実用的なシステムが組めるのがα最大の魅力です。

【最後に】
ここまで散々「Sonyの回し者か!」というような書き方をしましたが難もあります。一番は(なんなら有料でもいいから)「ISO感度上限をファームアップしてほしい」、「ISOが必要以上に上がる設定は見直してほしい」。まぁ、あとなんだかんだ言って1600万画素です。2400万画素の精細さを見ると荒く見える部分もあります。

ただ、本当に仕事でプライベートで使っていて失敗が少なく、気軽に使い倒すことのできる名機だと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった13人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しもべさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
49件
レンズ
7件
6件
バッテリーグリップ・ホルダー
4件
2件
もっと見る
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5

廃盤直前にセールに入ったので、満を持して買いました。というか、今まで使っていたα100の買い替えです。

αの電子ビューファインダーについて賛否両論ありますが、私はα77も持っていますので賛成派です。
このファインダーはワンクラス落ちますが、許容範囲です。
そもそも、このモデルの一番のウリは『バリアアングルのライブビュー』が秀逸なところ。

エントリーユーザーの方でも、非常に扱いやすくできています。

テレコン12連写は使い方のコツをつかめば、運動会などではスゴイ威力を発揮します。
実際、私はコレで今年の運動会でお友達の分も撮影させて頂きましたが、大絶賛を多数頂きました。
連写についても意見される方がいますが、他社の連写性能よりずば抜けているところはやはりスゴイです。

グリップの握りやすさも。
ウチには小学校1年生の息子がコレを使い撮影してますが、非常に握りやすいそうです。
私自身も他社のこのクラスのモデルでは一番しっかりボディを掴めます。
ボディサイズは小さすぎず、大きすぎず。
このタイプのカメラではやや小さいくらいですが、大きさはちょうどだと思います。
私はかなり手が大きいのですっぽり収まりすぎてしまいますが、シャッターボタンが押しにくいとか、その他のボタンが押しにくいと言ったストレスは感じませんでした。
EOS Kiss7などは小さすぎてかえって撮りにくいです。

またデジタル世代のカメラのいろんな機能も多くありますので、いろんな撮影を楽しめます。
中でもテレコン機能は重宝しますし、エフェクト機能やパノラマ撮影なんかもかなり使えます。
パノラマ撮影なんかは旅行の時に海岸などの横長撮影の時にも重宝します。
電子水準器もあるので三脚撮影の厳しいところでも重宝します。

また液晶モニターはSONYのモデルはどれもいいです。

あと余談ですが、テレビやパソコンもSONYならHDMI一本で手軽に高画質の画像を簡単に楽しめるのはさすがですね。
枚数を多く取ってもテレビであらかじめ選別もできます。

以下の点を重視される方は特にこのモデルは今もオススメです。

○ライブビューで撮影することが多く、多用途で使いたい。
○いろんなアングルで撮影を楽しみたい。
○デジタル時代の映像の楽しみ方をスマートに楽しみたい。
○そこそこの運動性能と多機能な機能を楽しみたい。

今回購入して私個人的には最強のエントリー機だなと感じました。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シゲカネさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
48件
レンズ
0件
5件
ゲーム機
0件
2件
もっと見る
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性無評価
機能性5
液晶3
ホールド感5
満足度5
当機種35mmF1.8デジタルと超解像
   

35mmF1.8デジタルと超解像

   

【デザイン】ソニーのデザインは、好きです

【画質】画質も文句無いです

【操作性】自分は一度も説明書を読んでないですがNEXシリーズ
     も使っているので、まよいませんでした。

【バッテリー】NEXシリーズからみたらかなり持ちます。

【携帯性】携帯性はイチガンなので普通

【機能性】全画素超解像ズームの機能を理解すれば
     Wキットレンズしか持って無くとも運動会等でも不足と
     感じないと思います。

【液晶】液晶の映りは他の会社のカメラと大差無いと思います、ファインダーは、自分的に他の
    会社の物が黄色かったり、小さかったり感じるので、それに慣れている人からすると
    青く感じるのかな、と思います。

【ホールド感】凄く良いです。

【総評】満足度は、高いです

レベル
初心者
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぽんたpomtaさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
120件
スマートフォン
2件
10件
デジタルカメラ
3件
1件
もっと見る
デザイン4
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5
当機種
当機種
当機種

当機種
   

   

α55からの買い替えです。
基本的には55との比較になります。

【デザイン】
55より好みです。

【画質】
概ね満足ですが、高感度でのノイズの乗り方が好みでは無いです。
AUTOでISOの上限が設定できるようにして欲しいです。

【操作性】
55からの買い替えなので全く問題ありません。

【バッテリー】
これは大きく進歩した気がします。とても長持ちします。

【携帯性】
携帯性は55のほうが良かったですが、不自由はありません。

【機能性】
あまり特有の機能は使いませんが、パノラマは楽しいです。

【液晶】
55と比べて縦横比が変わって良くなりました。

【ホールド感】
とても良いです。55だと小指がはみ出てしまってました。

【総評】
撮影時にISOの数値がわかるようになったのは嬉しいです。
問題は、ISOの上限設定が出来ないのと、高感度撮影時のノイズの乗り方ですね。
低感度で撮る分には何も問題ないと思います。

買い換えて正解だと思いました。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マクバイバーさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:253人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
3件
34件
デジタルカメラ
2件
9件
ビデオカメラ
2件
4件
もっと見る
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5
当機種
当機種
当機種

ダブルズームキットで購入しました。

この機種の最大の特徴はトランスルーセントミラー!
いやいや、超解像+デジタルズームでしょう。

 ミノルタの75-300ミリの初期モデル(いわゆ茶筒とか言われている25年位前のレンズ)で望遠撮影をしていますが、超解像の威力には圧倒。
 300ミリ35mm換算で450ミリだとそこら辺のコンデジに負けるレベルですが、すべてのズームを組み合わせると450ミリの8倍、3600ミリと圧倒的。
 最初はトリミングしても一緒じゃん、と思ってましたがJPEGの撮って出しの方が画質が良いです。
 上記のレンズで撮影した月を載せますが、薄くモヤがかかっている状態で、なおかつ普通サイズの月でしたが、ここまで寄れます。ソニーのGレンズならもっと綺麗でしょう。

 APS-C+超解像を持つα57の特権だと思います。


 ただ、この機種でダメなのは高感度ノイズですね。夕景・夜景を撮ろうと思うとISO100以外は使い物になりません。少しでも良い結果を残そうとすると、そういう判断になります。
 スナップで良いならISO3200までは許容です。(いきなり寛容に笑))
 
 あとは液晶が綺麗すぎる事。並のPCのディスプレイで見るとがっかりする事もしばしば。
個体差だとは思いますが、うっすらと常時点灯してる画素が20個ほどあります。北斗七星のようだ(^^;実用上問題ありませんが、ちょっと残念ですね。

 EVFやライブビューは自分のようなアマチュアには最高です。これに慣れると一眼「レフ」カメラに移行した時に苦労するかも。

 α57は入門機というより、通常の一眼レフに比べこの機種でしか出来ない事が多いので、おそらく上級機に買い換えやマウント替えをしても手元に残すと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モンスターケーブルさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:143人
  • ファン数:124人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1859件
レンズ
6件
769件
デジタルカメラ
1件
428件
もっと見る
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5
当機種DT35mm+WM75 ISOオート
当機種DT35mm+WM75 ISOオート
当機種DT35mm+WM75 ISO3200

DT35mm+WM75 ISOオート

DT35mm+WM75 ISOオート

DT35mm+WM75 ISO3200

当機種DT35mm ISO400
当機種DT35mm ISO800
当機種MC VOLNA-9 50mm F2.8 マクロ(M42) ISO6400

DT35mm ISO400

DT35mm ISO800

MC VOLNA-9 50mm F2.8 マクロ(M42) ISO6400

購入後1ヶ月が経過したのでレビューします。
ISO6400以上の画質がもう少し良くなると満点ですが、ボディ4万円以下のデジタル一眼レフとしては良く出来ていると思います。特に高速ライブビューとバリアングル液晶の使い勝手が抜群で、地面や床ぎりぎりの位置から犬ネコや草花を撮るのに好適です。バッテリーはカタログ値では液晶モニター使用時:約590枚になっていますが、高速連写を多用した場合は1000枚以上撮れます。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ちさごんさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:41人
  • ファン数:108人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
1365件
レンズ
1件
153件
デジタルカメラ
0件
54件
もっと見る
デザイン4
画質5
操作性1
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度4

表題のとおり、操作性の悪さが非常に残念なカメラです。他に不満はありません。

問題点は”ボタンは山ほど付いているのに、使うことの無い機能ばかりに割付されている”という点に集約されます。

具体的には、以下2点の課題があります。

・EVFでの大きなメリットであるピント拡大ボタンがなく、さらにピント拡大をアサイン可能なボタンは必要な機能のボタンばかりで、どこにも割り付けしようがない。
→いろんなパターンを試して、最終的にAE-Lボタンへピント拡大を割付しましたが、もちろんこうするとAE-L機能は使用不可になります。

・MモードでAE-Lすることができない。
これは、バグではないか?とも思える内容ですが、MモードではどうやってもAE-Lすることができません。
MモードではAE-LボタンはSSと絞り値設定切替ボタンとしてアサインされていて、さらにAE-L機能を他ボタンにアサインしてもAE-Lは機能しないというご丁寧なプロテクトされているから。(苦笑)
→EVF機においてMモードは非常に使いやすいモードなのに、そのモードを使いにくくしてるとは・・・とほほ・・・・・

以上の2点の操作、旧機種であるα33/55では問題なくできる内容です。

言葉は悪いですが、正直”このカメラの操作系の設計者は頭が悪い”としか思えません。(苦笑)
ソニーに対しては”次世代機への操作系の踏襲”という概念を考慮した設計を行なっていただきたいと強く望む次第です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マサ15Fさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
392件
デジタル一眼カメラ
1件
157件
ビデオカメラ
2件
124件
もっと見る
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5

【デザイン】
大きくなりましたが、わるくないです。
【画質】
賛否はありますが、私は嫌いじゃありません。
【操作性】
ピント拡大ボタンが無いのが残念。
【バッテリー】
持ちが良い。
【携帯性】
少しおおきくなりましたが、動画が長く撮れるのでよし。
【機能性】
賛否がありますが、夏は船上からウェイクボードのトリックを撮るのには最高です。秒間12枚は早過ぎて、10枚だと画質落とさず、ヒットからランディングまでもつので助かります。一瞬のグラブ技(板を掴む技)を確実に捉えてくれる。
ファインダーのコマ送りは体がボーダーを追えばいいわけで、見て追えるスピードではないので問題なし。

たまに飛んでる鳥をとると難しいので、そこは私の用途ではないので、私には関係なし。
【液晶】
問題ないですが、真夏の船上では、小さな布生の屋根しかなく、意味をなさないので全く見えませんが、EVFで見れるので、たすかります。
【ホールド感】
良好。

【総評】
ビデオが長く撮れ、こまめに電源を切ったり、熱警告から電源オフ。その間もトリックを続けるボーダーが撮ってくれました?ときいてくるのが悲しかった。
私には最高。
冬は雪上も使いますが。良くなってるはず。
楽しみです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
スポーツ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

100ダラーズさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
4件
1件
ノートパソコン
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
1件
もっと見る
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
満足度5

はじめてのデジ一購入です。
ですから全くの初心者の意見です。
結論から書きますとこれからはじめてデジ一を購入する方にもお勧めできます。
私のようなはじめての人でも簡単にきれいな写真撮れますので、敷居が高いと感じている人にもお勧めできる機種です。
autoで撮影すればカメラが優秀なので初めてでも失敗は少ないと思います。例えば動いている被写体でも追尾フォーカス機能が優秀なので結構きれいな写真が撮れると思います。
機能満載で使いこなせてませんが、今までコンデジでできなかった撮影を一つ一つ発見する喜びも感じられます。
圧巻は連写機能。解像度を落とさずに高速連写なんてのも可能です。
私は訳あってレンズにSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC (For Sony)を購入しましたが、初めての方は普通にレンズキットでもいいと思います。
ミラーレスを買ってもレンズを取り付ければそれなりの重さになりますので思い切って買いましたが、個人的には大満足です。
携帯性を除けば価格に対する性能の比はミラーレスより圧倒的に高いと思います。
初めてデジ一を買おうとされている方の参考になれば幸いです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
子供・動物
夜景
室内

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アラ50カメラ小僧さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
デジタルカメラ
3件
0件
もっと見る
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
満足度5
当機種ほぼ原版サイズ(M)にトリミング。Lサイズでも十分シャープでしょうね。
当機種異人館内部。ほぼ原版サイズ(M)にトリミング。ノイズは全く気にならない。
当機種日没迫る異人館街。補正なしでうす暗い雰囲気を伝える。

ほぼ原版サイズ(M)にトリミング。Lサイズでも十分シャープでしょうね。

異人館内部。ほぼ原版サイズ(M)にトリミング。ノイズは全く気にならない。

日没迫る異人館街。補正なしでうす暗い雰囲気を伝える。

当機種中華街の夜景スナップ。補正なしで見たままの雰囲気。
当機種原版サイズ(M)にトリミング。ノイズの出やすい暗いボケの部分も良好。
当機種原版サイズ(M)にトリミング。ISO6400!十分使えます。

中華街の夜景スナップ。補正なしで見たままの雰囲気。

原版サイズ(M)にトリミング。ノイズの出やすい暗いボケの部分も良好。

原版サイズ(M)にトリミング。ISO6400!十分使えます。

私のような昔ながらのカメラファンは、「Sony」ブランドにいささか抵抗があります。「minolta」の名を冠していたら、もっと早くソニーの一眼を手にしていたかもしれません。APS-Cではペンタックスを、ミラーレスではオリンパスを使用しております。一眼とは別に、「ちょっと持ち出し用」「一眼の超望遠域カバー用」に高倍率コンデジ、フジのHS30とX-S1を併用しておりますが、やはりコンデジの画質には限界を感じ、一眼+高倍率ズームの候補を検討した結果、本機+シグマ18〜200ミリというコンビになりました。決め手は、スマート・ズーム(Mサイズで1.4倍)+超解像ズームで2倍、最大560ミリ、35ミリ換算約850ミリとコンデジ以上の超望遠撮影が可能である点。そして、ライブ・ビュー撮影もサクサク行えること。
大阪鶴見緑地の花博跡地と神戸北野町界隈、夜の中華街、神戸空港で測光のクセを知るため、露出補正はゼロ、絞り優先モード主体に300ショット程撮ってみました。第一印象は、「これはもうカメラというカテゴリーを超えたハイテク機器だな。やはりミノルタではなくソニーの名こそふさわしい。」というものでした。

【デザイン】いかにもロボット風で、性能を反映してます。

【画質】予想以上に素晴らしい。日中のISO100での解像感は、未体験ゾーン。大袈裟かもしれませんが「フルサイズ一眼ってこんなんだろうな」と想像していたレベル。夜の中華街、神戸空港でのスナップは、ISO3200〜6400となりましたが、粒状性は抜群で、見た目は、ISO400〜800程度の感覚。測光も正確無比。夕方の異人館街、普通は露出補正しないと、見た目以上に明るく昼間のように写ってしまいがちですが、本機の測光は、ちゃんと夕方の雰囲気を伝えてくれます。夜景スナップもしかり。通常−0.7〜1.3程度の補正をしないと明るい部分が飛んでしまいますが、本機は、ずばり適正です。

【操作性】慣れの問題ですが、ジョグ・ダイヤルが人指し指操作というのがやや難。(ずっと親指操作だったもので)慣れれば、ISOもファインダーから眼を離さず変えられるのは便利です。メニューの表示もアナログ感覚でわかりやすいペンタックスと比べるとちょっと迷いますが、これも慣れの問題でしょう。

【バッテリー】パーセンテージで表示されるので安心感がありますが、3〜4時間の撮影で60%を切ったので丸一日の撮影には予備が必要でしょう。

【携帯性】一眼で35ミリ換算27ミリから850ミリをカバーするレンズ付で、1.1キロなら軽い!(X-S1でも1キロですから) 1日振り回しても疲れないサイズ・重量。

【機能性】必要十分な機能が揃っていると思います。高感度でノイズが少ないのは、ISO設定で選べる「ISOオート/マルチショット・ノイズリダクション」か、「高感度ノイズリダクション」の効果が絶大なんだと思います。いかにもソニーといったハイテクの香りがプンプン。かつて一眼レフといえば、ニコン、キャノン、ミノルタ、ペンタックス、オリンパスでしたが、将来は、ハイテク産業のソニー、パナソニック、キャノンあたりに集約されそうな予感・・・。

【液晶】きれい。安いのにちゃんと可動式だし、なんといってもソニーならではのライブビューのサクサク感が心地よいです。EVファインダーは、やや貧弱。画素数の同じX-S1の方が、明るく大きく見やすい。これを重視される方は、α65でしょう。

【ホールド感】ややグリップの内側が狭く感じます。中指の爪がボディにあたるのが気になります。

【総評】「一眼で広角から600ミリくらいまでの超望遠レンズ付で、1キロくらいで、10万円以下」という無理難題を本機+シグマレンズがクリアしてくれました。さらにプラス・アルファーとして、高感度による手持ち撮影が安心して行える点、可動液晶でのライブ・ビュー撮影が容易な点は、撮影の自由度を大きく広げてくれます。これでレンズ込み8万以下は安い!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nikon-canonさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:1039人
  • ファン数:40人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
20件
100件
レンズ
10件
2件
ノートパソコン
1件
1件
もっと見る
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
満足度5

【デザイン】

僕は好きですね
、軽快感があり、必要以上に大げさじゃなく良い意味ですっきりしています。
これは気に入りました、これが4万ですからね。


【画質】

非常に良い、D7000よりも好み、正直言って価格考えると、すごいと思いますね、高感度はA77Vと違い良いほうです。

D7000やK5と互角で現行APS-Cでは最高の部類のひとつです。

ただ解像力やDynamic rangeは同じSonyのNEX7のほうが少し良いようです。

とにかくNikonやCanonより色が良い、現実的で地味目なNeutralな発色で好きですね。

A900もそうでしたがSonyは発色が落ち着いていて非常に上品さがあります、よくRAWで撮影すれば各社の色相の違いはどうにでもなると、おっしゃられる方がおおですが、これは間違いです。

僕は普段からColor managementされたLCDでRAW専門ですが、NikonD800EではA900のような澄んだ色は出ないのではと最近は思うようになり、A99登場しだいNikon/Canon処分してSonyに統一しようかなと思うようになったほどで、色の違いは大きいですね。

特に人物の肌色はSonyが一番良いと個人的には思っています。

仕事では時々会社のPhaseなどの中盤使いますが、個人的にはAlpha900は35mm系のカメラの中では一番中盤に近い発色なカメラでないのかなと思います。

あとLensは大切なので、このカメラはDT16-50f2.8SSMと組み合わせで買われることお勧めします、DT16-50 f2.8は安いが非常に高性能なLensでZeiss DT16-80よりも解像力などは良いようです。

SonyのLensでこのカメラにお薦めなのは、Zeiss24f2ZA、Zeiss85f1.4 ZAと上記のDT16-50f2.8でしょう。

SAL70-200f2.8Gもお薦めですが、このカメラには少し大きすぎるかなと個人的にはこのLensは避けています、なとZeiss135mmf1.8ZAも同じ理由からこのカメラには使用しません。



【操作性】

あまり良くないが、価格考えると妥協できる、A77vと操作系は統一していただきたいが、対象User層が違うので、我慢するしかないでしょう。

たぶんこのカメラは僕のようなカメラ25台も所有している異常者は対称でないと思われるので、個人的にはこのSensor仕様のA77vのようなカメラが欲しいが無いものねだりしても無理そうなので、あと数ヶ月はA77VとA57兼用でいくしかないようです。


【バッテリー】

はっきり言って最低、これは酷い、200枚程度ですぐきれるようです。



【携帯性】

すごく良い、Lens含めて考えるとOM-DやPentax K01とあまり変わらなく、素晴らしく軽いと思います、このカメラ使用すると、仕事以外でD800Eや5D3など持ち歩くのが馬鹿らしくなるほどです。
【機能性】

すごく良い、基本的にNEX5nとAlpha77Vの良いところ組み合わせた感じです、AFは非常に速く安定していますし、AEも素晴らしく安定していて、A900やNEX7のように過度にUnderにはならないし、最近のNikonのようにいつもOverぎみで暴れたりもしない、素晴らしいと思います。

ただBufferが小さく、連射にはあまり向かない、僕は個人的に連射はしないので良いのですが、連射が大事な方にはあまりお薦めできないかな、ただ同じ価格帯のCanon-Nikonよりはましなので、あまり長い連射しないのであればこれは非常に素晴らしく、ほとんど非の打ち所の無い機種だともいます。

【液晶】

素晴らしいの一言です、NEX7のものと似ていますが、こちらのほうがLiveなどの撮影で他人の頭越しに撮影するときなどは便利です。

【ホールド感】
小さい割には良い、非常に持ちやすくボタン類もOM-Dのもの良いは使いやすく良くまとまっていて非常に実践的なカメラ。


【総評】
はっきり言って見た目やBuild qualityは安っぽいです。
ただ今のカメラはDigitalなので長くても2年で売り払うでしょう?

僕の場合はカメラは道具ですし、酷使して一年程度で処分するので、見て目やBuild qualityの良さに高い金払う気はもともと無いので、正直言ってこれは性能的には作品撮影にほぼまったく支障が無いわけで、仕事にも使うときがあるくらいの性能があるので、この4万5千円程度の価格なら買わないと損くらいの掘り出し物だと思います。

僕の場合ここでの自分のIDとは逆でCanonNikonは基本的に嫌いで、出来るだけ使いたくないので、少しこの機種贔屓目に見ているところもあるかもですが、それ差し引いてもこの機種のいわゆる、CPR(cost to price ratio)コストパフォーマンスは高いと思います。

実際、この機種やNEX7、OM-Dなど使用しだして普段人が見ていないところでは、もう正直D800や5D系は持ち出すのもいやになるほどで、今の最新のMirrorlessやSLTは性能的にはSports以外ではもう十分というところまできていますので、あと数年でD-SLRの牙城もろくも崩れることになるだろうというのが正直な実感です。

D800などは見た目が大事なときには今でも必要ですが、性能面ではこれに劣るところも多いわけで、自費でどちら買うか、個人的な撮影でどちら使用するかとなれば迷わずこちらだと断言できます。

ただこの業界は、Technicalな画質の違いなど本当はわからない人ほど見栄や、Egoで高く大きなカメラ好んで買われる傾向が強いので、そういう、実際の撮影は同でもよく、pixel musterbation にしか興味が無いあるいは他人のカメラ叩くことにしか方には今後もFFがもてはやされることになるとは思いますが、現実はD800や5D3はここでいわれるほど売れてもいませんし注目もされていないのが現実です。

Proでも現実派で実践的なカメラ好む人ほどMirrorlessやSLTも兼用していますし、Street系などでは昔からD-SLRは大仰でうっとうしいので嫌われている、だからMirrorlessのAFの進歩しだいでCanon/Nikon今のまま既得特権に居座って組織改革、商品革命できないようならLenoveにやられたIBMのようになるでしょうね。

長くなりましたが、このカメラは見た目や気にしない方で合理的に現実的名カメラ選択の出来る方にはかなりお薦めです。



レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
夜景
報道
その他

参考になった49

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まるやしきさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
デザイン3
画質4
操作性1
バッテリー3
携帯性3
機能性1
液晶4
ホールド感5
満足度2

【デザイン】
ボディー左側のシボは硬いプラスチックのモールドのため安っぽくも感じますが、気にしなければ特に不満はありません。

【画質】
専らRAWで撮っていますが良好だと思います。JPEGはあまり利用しないので未評価です。

【バッテリー】
α55と比べれば減り具合が遅いのは良い点だと思います。
電子式ファインダーとしては頑張っている方ではないでしょうか。

【携帯性】
特に不満のない大きさ・重さです。

【液晶】
水準以上だと思います。可動式なのでポイント+1。三脚穴も前に寄っているので雲台長65mmまでなら液晶の回転は余裕です。

【ホールド感】
他社の中級機と比べても不満の無いレベルです。

【操作性】【機能性】
はっきり言って不満です。
プレビューとピント拡大を同時に使う(=撮影中いつでも選択できるようにする)ためにはISOまたはAELのどちらかのボタンに割り当てるしかありません。
(詳しく書くと、プレビューボタンは、1)絞りプレビュー、2)撮影結果プレビュー、3)ピント拡大のうち1つを割り当て可能ですが、そこに絞りプレビューを選べばピント拡大は他のボタンに割り振ることになります。そして他に機能を選べる本体のボタンは ISO と AEL のみです。)
そうするともちろんISO感度やAEロックにはすぐにアクセスできなくなります。私はISOボタンにピント拡大を割り当てて、ISO感度はFnメニューから選ぶようにしてみましたが正直面倒くさいです。とっさに感度を変えたいときはイライラするので元に戻しました。
α55はゴミ箱ボタンでピント拡大できたのですが、α57では撮影アドバイス表示機能に乗っ取られてしまいました。
せめてアドバイスを無効にしてピント拡大またはプレビューを割り当てられるようになれば、プレビュー+ピント拡大+ISO+AELが常時使えるのに残念です。

また親指で一番押しやすい一等地にあるZOOMボタンは、RAW/RAW+JPEGモードでは押す度にファインダー視野を9割も塞ぐ黒い警告ダイアログが出るだけの、単に邪魔なボタンに成り下がってしまいます。
ピクチャーエフェクトボタンも同様です。

一番謎なのはISOボタン、AELボタンにズームが割り当てられるのにZOOMボタンはズーム機能に固定されています。
ZOOMボタンの機能割り当てが変更できれば有効に使える可能性もあるのですが、現状ではズームボタンが2個・3個と増えるだけです。無意味ではないでしょうか?

このカメラは確かに高機能ですが、全て同時に使えないのが難点です。ボタンの数が足りないのではなく、撮影中に死んでいるボタンがあるのが非常にもったいないです。
可動時間の問題でα55から買い替えたのですが残念ながら満足出来ず後悔しています。また55に買い直そうかと思案中です。

【総評】
主にRAWで撮るような人は現状では上位機種を買ったほうがいいかもしれません。
解像度をそれほど必要としなければRAW1枚あたりのデータサイズが小さいのは処理時間やストレージ容量の面で有利ですし、今後操作の不便さが解消されれば、大変使い易いモデルになると思いますが・・・。
(以上ファームウェア1.02での評価です)

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

you_naさん

  • レビュー投稿数:128件
  • 累計支持数:730人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
105件
50件
デジタル一眼カメラ
19件
51件
デジタルカメラ
0件
2件
もっと見る
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
満足度4

 相応の価格になったので、α55から買い換えました。
動画撮影は行わない初心者のレビューとして、ご笑覧ください。
併用機は、EOS 60D,Nikon D7000, Pentax k-5, Panasonic G3等です。

【デザイン】
 曲線基調の柔らかなイメージのデザインです。
好みによるでしょうが、私的には大変気に入っています。

【画質】
 α55からの進化を期待していましたが、
ほとんど同等だと感じます。(Raw撮影・現像を基本にしています)
α55も同じですが、ISO感度が1EVステップなのは××。
ノイズとぶれ抑止を高度に両立させたいときにはEV1/3ステップが必須です。
AEは、シーンにもよりますがアンダーなので+0.7EVと基本にしています。

【操作性】
 ISOボタンの本体上部への変更は、個人的には◎です。
操作系はα55から変更されていますが、慣れれば使いやすいです。

【バッテリー】
 α55の約380枚から約590枚(CIPA規格準拠)とのことですが、
私の使い方(主にEVF)では数値以上に撮影枚数が増えていると感じます。
併用しているα550と、バッテリ−を共用できるのも有難いです。

【携帯性】
 携帯性優先時は、マイクロフォーサーズを使います。
レンズとのバランスを考えればこれでよく、問題ありません。

【機能性】
 本気で使う気はしませんが、超解像ズーム、テレコン高速連写機能は便利。
オートポートレートフレーミングは未だ使っていません(食わず嫌いかも)。
シャッタータイムラグが短いのは非常によいのですが、
その反面、各操作(再生・拡大など)に対するレスポンスの悪さが目立ちます。
α55と共通の、α機ならでは諸機能は◎です。

【液晶】
 背面液晶は極めて精彩です。
3インチは同じですが、α55の16:9が3:2になった分、画像も大きくなりました。
EVFも倍率が高く、撮影情報が画面外に移ったこともあり、大変見やすいです。
α65はさらに良いと聞きますが、比べなければこれでOK。

【ホールド感】
Sony機は、STF 135mm T4.5, 500mm F8などのレンズを使うためのボディーなので、
α55では小さすぎで、本機くらいの大きさがあった方がホールディング性は良いです。

【総評】
 基本機能や画質の進化に期待すると、がっかりするかもしれません。
ただ、ホールディング性の向上,撮影可能枚数が大幅に増加した安心感は
私的には、何ものにも代えがたいものです。
ちょっと中途半端な後継機ですが、大きな不満ありません。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
スポーツ

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α57 SLT-A57 ボディ
SONY

α57 SLT-A57 ボディ

最安価格(税込):¥60,150発売日:2012年 4月27日 価格.comの安さの理由は?

 
 
 
-PR-
最高水準のポイント還元率 REX CARD(レックスカード)
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意