トヨタ プリウスPHV レビュー・評価

> > > > レビュー・評価
  • プリウスPHVをお気に入り製品に登録 <258

プリウスPHV

プリウスPHVのピックアップリストを作成
プリウスPHV 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

プリウスPHVの新車

プリウスPHVの中古車

中古車価格:69469万円388物件)

プリウスPHVの中古車

中古車査定

※ランキング順位とレビュー点数は最新モデルの情報です

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

プリウスPHVのリスト対象製品を選択してください。(全2件)

プリウスPHV 2017年モデル

プリウスPHV 2017年モデル

プリウスPHV 2017年モデルのリストを作成する
プリウスPHV 2011年モデル

プリウスPHV 2011年モデル

プリウスPHV 2011年モデルのリストを作成する

閉じる

ご利用の前にお読みください

プリウスPHV のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
プリウスPHV 2017年モデル 4.35 自動車のランキング 80 39人 プリウスPHV 2017年モデルのレビューを書く
プリウスPHV 2011年モデル 4.08 自動車のランキング 13人 プリウスPHV 2011年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

プリウスPHV 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.36 4.20 70位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.39 3.80 146位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.29 4.01 56位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.24 4.08 79位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.25 3.92 62位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.91 3.79 4位 燃費の満足度
価格 3.58 3.77 111位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:315人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
25件
3件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能無評価
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2
満足度4


11年23万キロ乗ったプリウス20型からの乗り換えを考えて、1年くらいに渡って、いろいろな車に試乗したので半忘備録として残していきます。自分の忘備録なので、満足度=総合評価点はレビューしている全て4点にしています。むしろ満足度にこそ無記入の選択肢があればよかったのですが、、、、。
なお、最終的には新車で満額出したい車が見つからなくてT_T、レビューしている(しようとしている)いずれかの中古車になりましたが、、、。現状それで満足はしております。

【試乗形態】
ディラーにて1時間ほど、1回のみ。

素プリウスも試乗およびレンタカーにて乗ってますので、共通項は略しています。

【エクステリア】変な話、いろんな意味で素のプリウスと一番の差異はここでしょうね。
とはいえ、ぱっと見、トヨタの既存車種であるSAIとオーリスを足して2で割って、そこに、ほんのちょこっと盛っただけのようにみえ、とくに先進性や独創性はいうほど感じませんし、すごい良いぞってことは別段ありませんが、こちらのほうが万人受けするデザインになっていると思います。

【インテリア】素プリウスと比べて全体にとくに優劣は感じません。細かいどうでもいい変更は除いて、ほぼ唯一?の差異は大きなサイズのナビ画面ですが、大きくしたことで何がメリットなのか私にはよくわかりません。オーナーとして細詳に長期に使っていると、もしかしたら何かあるのかもしれませんが、試乗のレベルではよくわかりませんでした。画面大きい分、価格にも反映されているでしょうから何とも言えません。
バッテリー容量が大きくなっている分、現行の素プリウスですら歴代のプリウスに比べてイマイチ感を感じてしまう荷室のユーティリティ性はさらに狭く、リアシートを倒したときの段差もかなり大きく、実用性は非常に悪化しています。

【エンジン性能】さすがにPHVなので短時間の試乗ではアクセス踏み込んだり、いろいろしてみましたがエンジンがかかることはありませんでしたので無回答。ただし、いざエンジンがかかれば、いつもの効率重視のプリウスのエンジンのフィーリングそのものだろうとは思います。


【走行性能】素プリウスと同じなので略。

【乗り心地】素プリウスと同じなので略。純正装着タイヤの銘柄差くらいの差はありそうですが、それ以外は一緒かと。

【燃費】試乗のため無回答。いろいろな計算式は出回ってますが、素プリウスとの価格差を考えて現実には純粋に損得勘定だけで乗る車ではありません。

【価格】事前情報等や、北米での事情(HVはもうエコじゃないと扱われてだしてきている)もありPHVをより売りたいだろうから、もしかしたら、素プリウスとの価格差に戦略的価格差をつけるのではないかとも思っていたのですが、いざ発売してみると、普通の価格差でした。

【総評】1日で長距離乗る場合、最初の充電分が終われば、走行性能も含めて、ほぼほぼ素プリウスと同じだと思いますから、充電の手間暇、実用性や損得勘定を考えると、とても選択したいと思える車種ではありませんが、これを買うような人は、そんなところに魅力など見出しているわけではないでしょうから、欲しい人はお好きにどうぞ、ということでしょう。今この時点では価格に見合っていないとはいえ、いつかくる?EV時代に備えて技術はいろいろ開発していく必要はありますので、存在意義はじゅうぶんにあります。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
価格
その他
レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おっとっとでござるさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
満足度5
   

   

【エクステリア】
この車の決めては全てココ!今迄色々な車に乗ってきたがここまでデザイン重視で決めたのは初めて
(追)カスタムすればするほどカッコ良くなる、ベースのデザインはやはり大切
【インテリア】
1番残念なポイント。ノーマルにもう少し質感があればそのままで良かったがちょっと安っぽい。
(追)DOPや社外品で何とか少しはマシになったがC-HRやハリアー、カムリぐらいのレベルはあって欲しい
【エンジン性能】
EVの出だしはとてもトルクフル。HVモードもEVに比べたら劣るだけで全然不満は無い
(追)さすがに乗り馴れて来るとHVは鈍亀が顔を出す。特に車重が軽いプリウスやひと回りエンジンの大きいカムリを乗るともう少し頑張れという気持ちになる
【走行性能】
EV走行はとにかく気持ちいい。結構病みつきなる。これもまた決めての1つになった
【乗り心地】
初めから いきなり225の18インチを履いているので純粋な評価ではないが中の上レベル。またタイヤ幅が広くなった分試乗のノーマルよりコーナリングはどっしりした
(追)乗り心地は前回の記述通り変わらないがロードノイズが凄い。18のヨコハマブルーアースAなので静粛性に優れているわけではないがスピードを出すとドンドン賑やかになる。逆に速度は把握しやすいが。
【燃費】
これもタイヤの関係があるが同等のサイズを履いている他の車と比べたら全然いい
(追)新品タイヤが馴染んできてグリップが増した分燃費は大変な事になる。HVは測ってないがEVで大体走行可能距離表示の3割程度の距離しか走らないんじゃないだろうか。(特別エコ運転ではなく通常の他の車と同様の運転)格好より燃費を重視するならインチアップは選択肢から外したほうがいい
【価格】
よく高いと聞くが他のPHV、PHEVも同等かそれ以上。さらに最新装備つけてナビ付きで366万なら全然だと思う。ノーマルプリウスオンリーで比べすぎ
(追)内装を価格同等の他の車レベルしようとするとOP費用が掛かるのでそうなると少し高いか
【総評】
気になるなら候補に入れるべき。満足感は得られると思う。あとソーラーパワー、未来感で付けたが週末重視で乗る自分には結構バカに出来ない充電量
(追)色々時間が経つと不満点も出てくるが総合的には満足の部分の方が多い。デザインが気に入ればオススメしたい車

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
岐阜県

新車価格
366万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった163人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

aptonさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
129件
ノートパソコン
1件
0件
ブルーレイドライブ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
 

新型リーフと。

新型リーフと。

 

PHV Aプレミアム JBL TRD仕様
3/18 注文契約して 7/13 納車
現在走行距離 8000km位です。
みなさんレビュー詳しく書いているので、
私は、簡単にしておきます。

【エクステリア】 かっこいいです。 

【インテリア】 満足していますが、
         運転席二人分のメモリーシート、ほしかった。

【ナビ性能】 画面 大きくて見やすいです。
        トヨタのオペレーターが走行中でも、目的地設定してくれます。
        曖昧な表現でも、ちゃんと ベストの場所に誘導してくれます。
        アプリにオービスお知らせが付いていますが、
        割と近づいてからお知らせします。
        観光案内アプリは、使えます。

【JBLオーディオ】 一度これを聞いたらノーマルでは、
           物足りなくなります。
           ディスクドライブが無いけど
           USBメモリで音楽、
           動画を楽しめるので○です。
              
【モーター性能】 加速 静かで素晴らしいです。

【エンジン性能】 燃費がいいので、音が悪くても、
          もたついても、許容範囲です。

【走行性能】 ノーマルEVでも 加速いいです。
        急な登坂でも、どんどん登ります。

【追従クルーズコントロール】 
        せめて車線と車線の中心トレースする機能
        つけてほしかったです。

【パーキングアシスト】 新型リーフより早いですが、
             正確性はリーフの方が上です。
             白線認識がいまひとつ。
    
【乗り心地】 サスは、燃費優先の15インチ65タイヤと、
        相まって、やわらかめです。

【モーター燃費】 深夜電力使っていないので、
          だいたい130円で50〜60km走行します。 
          家で太陽光発電やっていて
          日中充電しているので電費は、0円です。
          急速充電は、18分位充電で、
          約250円かかり、約40km走行します。

【価格】 維持費が安いので満足しています。

【総評】 もう、エンジンカーには、戻れません。
     それだけ、静かで早く走れます。

写真は、新型リーフ試乗した時、 
隣にPHV止めて撮りました。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
宮城県

新車価格
422万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
15万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

R.Shimanoさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:80人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
77件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5

 

 

納車されて約一か月、使い慣れてきたのでレビューを追記します。

【気に入っている点】
 まずは外観、これはいいですね。遠くからでも一目でわかるデザイン、ノーマルプリウスとの差別化、外見だけで購入もありだと思う。また、速度計横のマルチインフォメーションディスプレイですが、ここに電費やEV走行距離、バッテリーの%など表示できる。また11.6インチのナビですが、縦型は非常に地図が見やすい。
 走行性能ですが、電費はカタログ値に非常に近いと思う。これは使用者の環境に左右されるので一概には言えないが、私の使い方では平均9km/kwhで、EV走行距離もかるく60kmは走れる。乗り心地は低重心で安定した感じがする。

【気に入らない点】
 リアのダブルバブルウインドウだが、雨の日は中央に水が流れ、これが少し見にくい。充電ポートの蓋がプラスチック?、かなり軽めの素材で安っぽい。また雨の日には、充電口にはキャップがあるが、その周りは結構水に濡れている。もうちょっと防水をした方がいいと思う。エアコンのON・OFFがすぐできない。ナビの起動を待って、エアコンを押して、AUTOを押すという段階をふまないといけない。トランクルームの積載量が少ない、バッテリーにより底上げされているので圧倒的に高さが足らない。まあそこまで荷物は積まないけど、大人4人で宿泊となるとこれは厳しい。

【総評】
まったく不満のない車はないので、良い点、悪い点をそれぞれあげてみたが、総評としては最高の車です。プラグインハイブリッドシステムはエンジン、モーター、バッテリーを搭載し、駆動系は非常に複雑だが、ユーザーはそれを気にする必要はない。またHVとEVの切り替えスイッチも、バッテリーが十分ある場合にはEV、なくなればHVに自動で切り替わるのでこれもユーザーが気にする必要はない。表題の通り、複雑なシステムがシンプルにまとめられて、プラグインハイブリッドの完成形だと思う。たまたま、普通のエンジン車(AT)を試乗する機会があったが、最初に戸惑ったのはアクセルのレスポンスである。信号からのスタート、一時停止からのスタート、右折や左折の際の発進など、ここまで違うものかと思ってしまった。ミッションなのかエンジンのレスポンスなのかわからないが、一瞬の出遅れ、ほんの僅かの差であるかもしれないが、それだけモーターのレスポンスがよく、ストレスなく運転できる。また燃費に関しても、優秀で、特に高速道路での定速走行(80km/h)ならかるく30km/lぐらいになる。ガソリンを満タンにすれば、1200kmを無給油で走行できる。モーター走行の素晴らしさと燃費の良さ、この二つを兼ねそろえた現在唯一の車であろう。

以下、以前のレビュー

納車されてまだ3日、ファーストインプレッションです。200q程度しか走行していません。

【エクステリア】
プリウスとは差別化を図ったのがとても良い、サイドのシルエットではわからないが、フロント部分のライト、グリルともに仕上がっていて、非常にかっこいいと思う。リアの尻上がりの部分がちょっとと思うけど、デザインの感じ方が人それぞれなので。しかし、一般的に受け入れられるデザインではあると思う。

【インテリア】
内装はプリウスを踏襲した形で、ドリンクホルダーや小物入れ、シフトの配置は一緒である。しかし、縦型11.6インチのナビは違う。最新のipadに慣れた人なら、解像度や反応に不満を感じるかもしれないが、ナビとしてはこれが完成形ではないだろうか、地図だけでなく、エアコン、オーディオ、車両情報など、多彩な機能を集約している。現在の不満点としては、エアコンのON、OFFを多用する人なので、そのスイッチは別で欲しかった。

あと、全体的な収納個所とスペースは圧倒的に少なく狭いです。グローブボックスも説明書や車検証で一杯になりますw
 
【エンジン性能】
エンジンはもはや発電機として考えてもいいぐらいのレベル、今回搭載されたチャージモードでバッテリーの80%まで充電可能なので、市街地はEV走行、バッテリーがなくなればHV、高速道路はチャージモード、HVモードと使い分ければ燃費、電費ともに向上すると思う。エンジンの性能については、このクラスでは必要十分だと思う。リーフにも乗っているので、実際にエンジンがかかると、振動や音で、ああ、エンジンが動いているなと感じる。

【走行性能】
ハンドリングやサスペンションはそこまで固くなく、トヨタらしい乗り心地である。まあ、ふわふわしてるとも言える。ただし、エンジン+モーター+バッテリーの重量感はそこまで感じない。なんといっても、モーターの加速感、これに尽きるでしょう。

【乗り心地】
前述したように、トヨタらしい乗り心地である。後部座席には乗らないのでわかりませんが、座席はそれぞれ広く感じます。4人のりなので、独立しているのは高級っぽいw。シートも座りやすいですが、ちょっと滑りやすいかなといった感じ。

【燃費】
電力との複合なので、難しいが、満充電であればエアコンつかってもEV走行が50kmはいけます。HVモードで高速道路を走行しても
80km/hぐらいの速度であれば、燃費30越えは当然のレベルです。EV走行で日常まかなえる人は、ガソリンスタンドに行く回数は年一回が現実味をおびてきます。

【価格】
先進の技術を搭載した車ならこのぐらいでしょう。補助金20万円というのはありがたい、これでハードルが幾分か下がった。HVの時でも、ガソリンとの差額で車両の価格差を埋められないことは歴然であるが、このデザイン、先進性を味わうことができるのであれば、いい買い物です。


【総評】
これはもう少し乗ってから追記します。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年9月
購入地域
京都府

新車価格
366万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった44人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

つなき40さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5

【エクステリア】
気に入っています。

【インテリア】
51プリウスとあまり違いません。
ただラゲッジは狭いです。
51プリウスで使っていた荷物入れ(プリウス用として販売していたもの)はラゲッジの高さが低くトノカバーが閉まりません。
11.6インチの縦型ナビはインパクトはありますが性能は普通でAPPSでいろいと出来ると期待しましたが、今のところすごく便利なアプリもないです。
インストール数も制限がありますし同時に実行可能なアプリは3個までとスマホに慣れた者には物足りません。

【エンジン性能】
エンジン性能を求めませんがモーター性能はとてもいいです。
飛ばすわけではないので普通に使う分には必要十分です。

【走行性能】
必要十分です。

【乗り心地】
初代プリウス(10系)->二代目プリウス(20系)->プリウスPHV(35系)->4代目プリウス(51系)->二代目プリウスPHV(52系)と乗り継いできました。
初代の圧倒的な静けさと燃費の良さに感動してプリウスを乗り継いできましたが52型のプリウスPHVは歴代で一番いい車だと思います。
35型PHVから51型プリウスに乗り換えた際もとても静かと思いましたが51型から52型への乗り換えで別の車になったかのような乗り心地でとても満足しています。
遮音もしっかりしていて一時レンタカーで借りたクラウンロイヤルサルーンと比べてもいいくらい(言い過ぎですが)です。
ただロードノイズ(悪路というか舗装の仕方でゴーというようなノイズ)は他の音が聞こえない分、大きく感じています。
このての音はクラウンでも聞こえるのですが音質が違うというかクラウンではあまり気にならない感じですがPHVはやはり気になります。
タイヤのレビューでコンフォートタイヤに履き替えたら劇的に静かになるように書かれていましたので本日、BSのレグノXIに履き替えましたが先ほど書いたロードノイズについてはほとんど変化はありませんでした。
乗り心地も純正(EP150)とあまり変わらずで(少しボヨンボヨンした感じ)わざわざ高いお金を出して交換する必要はないかと思います。
車のと相性は純正のEP150の方がいいかもしれません?(段差を超えた際の収まりが純正の方がいい感じ)
プリウスPHVはとても良いですがレグノをはいても劇的変化は期待できないと思います。(参考までに)
たぶん35PHVや51プリウスでレグノなら効果を実感出来たのかもしれません?

【燃費】
ほぼ99.9Km/Lなのでガソリンは使わないです。

【価格】
少し高いとは思いますが、プリウスPHVの性能と静粛性、乗り心地なら妥当かも。

【総評】
51プリウス(Aグレード)では標準装備だった自動ワイパー、自防眩ミラーが無くオプションでも選べない。
Aプレミアムにすれば付いてくるが51プリウスと同じAグレードなら付いていてほしかった。
それから35プリウスPHVから51プリウスに乗り換えた際も感じたのですがバックカメラの画質が悪いです。
51プリウスから52型PHVに乗り換えた際もバックカメラの画質が悪く感じましたので35型からすると、かなり悪いと思います。
特に夜のバックカメラの画質は何とかしてほしい。
車のそのものはとても良いので残念です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
東京都

新車価格
380万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

galeaoさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
79件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度4

【エクステリア】 スタイルは気に入っている。標準のホイールキャップはダメ。

【インテリア】 質感に高級感はない。機能的には文句はない。

【エンジン性能】 それなりの速度は出るのでこれで良い。音も静か。

【走行性能】 EVモードでの加速は気持ちが良い。コーナリングも悪くはないが標準タイヤには???

【乗り心地】 高級車のような乗り心地に感じる。気に入っている。

【燃費】 この重さで30km/lくらい走るのは大したものだと思う。

【価格】 好きで買ったのだから高いとか言わない。

【総評】 トランクスペースが極端に少ないのには閉口した。ゴルフバッグ1個積むともう何も載せられない。これは致命的だと思う。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
千葉県

新車価格
422万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

もももえちゅわんさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:992人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
28件
18件
薄型テレビ
1件
12件
ビデオカメラ
0件
7件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3
満足度3

久しぶり次期購入候補の試乗をして参りました。

【エクステリア】
新型phvはハイブリッドモデルと
明確に違うデザインで、
先進性をとても感じます。
ライト系も全てLEDでデザインが良い。
リアのダブルバブル形状も、
斬新かつ流麗で美しい。

オプションのソーラーパネルは、
注目の装備ですが
一日中充電して実走行距離2〜3キロに
30万は出せません。

エクステリアは85点

【インテリア】
まず注目はタブレット型のナビ
とても見やすく、
スマホ感覚で扱いやすく動きも良い。
その他のインパネ周りや造りは、
ハイブリッドとそう変わらない印象。

居住空間は、
フロントシートからダッシュボード上まで
無駄に空間があり勿体ない。
その空間をリアのスペースに
欲しいところ。

ラッゲージスペースも
必要最低限の広さしかないのも
頂けない。
あれでは、フル乗車したら
泊まりの旅行分の積載は無理です。

インテリア75点

【エンジン性能】
期待していたんですが、
ハイブリッドモデルと大差ありません。
燃費重視のセッティングなので、
パワーモードでも
穏やかです。

間違い無いのは30系より
パワーはありません。

この車にパワーを求めて購入する人は
ほとんどいないので問題はないのでしょう。

良いところは、
やはり静かで滑らかな上質感です。
アイドリングストップは音でわかりますが、
振動がありません。
トヨタのハイブリッドは、
かなり熟成されています。

エンジン性能は50点

【走行性能】
可もなく不可もなく普通です。
最近の車ならこの程度のボディ強度は
当たり前だし、
特別素晴らしい点もありません。
ステアリング剛性も違和感などありませんが、
ただこれといった特徴が無いです。

走行性能は50点

【乗り心地】
運転が好きな方だと、
同乗者と運転手では評価が
別れるかも知れません。
同乗者は、
間違いなく快適だと感じます。
CMでもタレントさんが
スーって感じと言ってますが
そのまんまです。

そのかわり運転手は、
この車から感じるコンタクトは
限りなく気薄。
楽しくも何もない静かなだけ。
でもそれがこの車の良さなのかも
知れません。

乗り心地は60点

【燃費】
一番のアピールポイントなので
最高です!

満タン800〜900キロは普通に走るでしょう。

燃費は95点

【価格】
ハイブリッドモデルと比較すると高いです。
元を取るためにはとか計算するなら、
絶対ハイブリッドモデルで充分です。

走りより、
このデザインの先進装備のphvが
欲しい方なら買いです。

価格は50点

【総評】
結果から、
想像はしてましたが
私の好みから走りの部分で
購入候補から外れました。

ただ一つ気になるのは、
発売になったばかりの
GRモデル。
エンジンスペックは変わりませんが、
走りはノーマルと別次元になるでしょう。
機会があれば是非試してみたいです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

C.すとらいふさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
75件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
腕時計
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
   

   

満充電での走行可能距離(※表示値)が納車47日目でカタログ値オーバーに
なったのでレビューを追加してみまました。
さすがPHVは伊達じゃないですね。^^

諸先輩方はすでにご存知と思いますが、ほぼ直線ですね。
(日々のバラツキはありますが)

最初上がり率が大きくて、数値が上がるに従って上がり率が緩やかに減って
いき、二次曲線的になるのかな〜と予想していましたが違いました。

単純に 走行可能距離=満充電時の電気量÷ドライブモニター2の電費
での計算?

且つ 電費=直近○日(or○km)の平均←最も古い数値(予め設定されている
数値)がひとつ削除され、昨日の実績が上書きされた、一定量のデータの平均
なのでしょうね。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
山形県

新車価格
366万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった86人(再レビュー後:28人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てげてげさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:109人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
41件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3
満足度5

8灯LEDのアダプティブハイビームは素晴らしい装備です。

EV航続距離が伸びてきて週末の長距離以外はガソリンを使いません。

スマホ連携は便利、充電やA/Cリモート操作、走行ログの確認もできます。

Aグレード(15インチタイヤ) 、3ヶ月6000kmを走りレビューを書き加えました。
☆EV走行はとにかく静かで快適、中速域の加速は力もありスムーズ、路面が良くロードノイズが少ないと空飛ぶ絨毯です。高速域でもう少しパワーが欲しい場面もありますがドイツ車やボルボと競争しなければ動力性能も十分です。乗り心地も良くゆったりロングドライブが楽しめるツアラーです。ソフトなサスですが山道のコーナリングも安定していてこれらの部分は前プリウスより格段に良くなりました。
☆峠の下りはガソリンで得た位置エネルギーを確実に回収、バッテリー満杯で残念な思いをしたプリウスドライバーにお勧めです。
★HV走行はバッテリー残量調整の繋ぎになり積極的には使わなくなり更にEV航続距離が欲しくなります。
【購入まで】
30プリウスを7年12万km乗り代替、当時補助金等込込230万円の戦略価格でHV価格分は燃料代で回収、回生ブレーキでブレーキパット・バッテリー交換不用の経済車でした。HVが気に入り家のもう1台もアクア(セーフティセンスC付)です。
4人乗り、浅いラゲッジルーム、ベンツclaに手が届く価格等購入のハードルが高い車ですね。リーフが出た頃建てた家に200V屋外配線を引いたのでこれを使ってみたくて決めました(今回コンセントのみ交換)。
★グレード構成は完全にアウト。ナビ付きのAでないとBSM(ブラインドスポットモニター)等が付きません。安全装備を高額ナビと抱き合わせ販売とは・・・optは100v給電とETC2.0です。
【走行モード】市街はEV、高速や郊外の巡航時はロードノイズが大きくEng音が気にならないためCHGモード+クルコンを良く使います。HV、特にCHGモードの加速はEng音が大きく音質もくぐもっています。パワーモードも重量増のためか30系の方が気持ち良く加速した気がします。雨天時トラクションが抜けるのも重量バランスが影響してるかな?市街や駐車場でEVバッテリー切れでEngが掛かるとうるさいためEV領域を残す様にしています。電気があれば駐車中のA/C使用もEngが掛からず静かで快適、但し炎天下の電力消費は想像以上、走るための電気がみるみる減ります。またプリウスHVは冬の朝、暖房のためEng始動しましたが今度はヒートポンプで近所に迷惑掛けませんね。
【エクステリア】現プリウスを店で見て「そのうち目が慣れるかな」としか言えませんでした。PHVは待って良かったと思えるデザインで気に入ってます。白や銀は駐車場で車が見つからないとの家内の意見でブルー、綺麗な色ですが街中では目立ちます。濃紺やチタン系の色も欲しいですね。内装は普通かな。
【安全装備】クルコンの車間と車速の制御は免許取り立てレベルで減速時のブレーキランプ点灯状態も分からず少し不安はありますが合流部以外は渋滞も任せてOK。但し止まると発進時アクセル操作が要るのにアクアのセンスCの様に前車発進を知らせてくれないのは何故? またPCSはカーブした交差点等で誤作動します。BSMは小さな軽四や無頓着に左死角に入るバイクを知らせてくれ合流時も目視での自分の判断をアシストしてくれます。マツダは標準化、スバルは全グレードoptなのに自由に選択できないなんて。アダプティブハイビームはハイのまま前走車や対向車への配光をカットして夜の視界が広がります。アクアのものとは全く別物でした。itsコネクトはダタで付いてきましたが機能する交差点や車に出会ってません。
【充電と燃費】通勤の駅までの送迎(9km×5日)、週末の遠出で金土日の深夜にタイマー充電。2時間少しで60km程(A/C使用)走れます。満充電に必要な電気は6.5kWh(100vは8kwh)で1kWh単価を掛けたものが充電費用だそうです。我が家に2枚来る電気料金明細を昨年と較べても差が月額1〜1.5千円程度のため、空調用の200v低圧電力の昼夜同じ15.5円(夏は17円)か、深夜12円/kwh(夏の昼間39円)の何れかわかりません。
S/Aや道の駅の急速充電は大概空いててトイレと売店に寄り戻ると終わっており悪くないですね。80%程の充電で50km位走れ請求は1回250円程です。無料の急速は、自由に使える所、カギを開けてもらう所等様々ですが少し得した気分ですね、EVの邪魔はしていないつもりですが、充電スポットは殆ど一台分、リーフが充電中だったり、取り扱いが難しい充電器があるとEVの難しさを感じます。HV燃費も良く28〜32km/l位、千葉〜浜松往復650kmでタンク半分以上残っており航続距離は文句なしです。
【機器の操作性】走行中使用するスイッチの位置や操作性が悪く、特にナビ周りのオーディオや空調スイッチはハザード以外タッチセンサーで手が少し触れただけで誤作動、目視確認を要する操作は高速走行ではストレスです。ダイヤル式が理想だけどせめて感圧式でしょ。A/Cは外気と循環の切替スイッチが無く、ナビ画面操作のためトンネルで間に合いません。車に乗らない人がデザイン? テストドライバーの意見が通らない?他のスイッチもスバルの様にハンドル周りに集めて欲しい。ナビ画面もタブレットの様にスムーズには動かず、高速でサブ表示時はルート確認も出来ません。普段スマホの地図ソフト(渋滞情報も正確でナビより賢い)を使うのでスマホとリンクできるナビが良いのに。ハンスフリーのスマホ接続はなかなか便利、だけど電話帳いきなりナビ表示は秘密がある人は冷や汗じゃ済まないな。
【まとめ】未完成な部分が多い車ですが、新たな経験が楽しめ、快適なEV走行や安全装備、剛性感高いカーボンリアゲートは車の未来を実感させます。長距離を走らない人もうEVでOKですね。ただ予定通り(例えば食事中に)充電できない時や充電時間の長さを考えると、気儘に自由に好きな所へドライブしたり、逆に決まった時間に目的地に着くにはやはりPHVですし、EVならレンジエクステンダー付きですね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
千葉県

新車価格
380万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった109人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uncle-donaldさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:307人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
167件
プラズマテレビ
1件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5
   

気持ちアップグレート

   

※6ヶ月点検記念に少し追記しました。
※下部に追記しました。

【エクステリア】ミライに似た先進性のあるデザインでカッコイイ!よくぞ標準プリウスと差別化してくれた。モデリスタエアロも更にカッコイイのですが、少々雪が積もることもあるので断念。。。

【インテリア】11.6インチナビはインパクトがあり、先進技術をユーザーに味わってもらうにはもってこい。その他のデザインが標準プリウスとほぼ同じということがチープな感じを受けてしまうのが残念です。
設置位置が意外と下にあるので、車庫入れなどのときにシフトを変更しようとしてうっかりナビ画面にタッチしてしまうことも。。
(6ヶ月後追記)ナビとしてはタテ型が良いと思いますが、TVなど観るには下半分になるし、エアコンなど操作するにも位置が下過ぎるし、画面上のボタンなので凹凸が無く、操作性はあまり褒められないですね。

【エンジン性能】HV走行時のエンジンは、1.8Lエンジンそのもの。EV走行に慣れてしまうと、エンジン音や振動がとても鬱陶しく思えます。とは言っても、高速走行時には気にならないです。

【走行性能】とにかくEV走行時のトルクと静粛性が嬉しい。燃費(電費)を気にしなければ、踏めば踏むほどリニアに加速してくれるのは乗っていて楽しく、合流時のもっさり感もないので運転もし易い。
HV車に慣れていない当方としては、ブレーキの踏み具合に慣れが必要です。
(6ヶ月後追記)EV走行に慣れると、エンジン走行ではよりアクセルを踏まないと思うように加速してくれません。

【乗り心地】15インチタイヤでEV走行していましたが、文句なしです。ただ、17インチの夏タイヤに交換したところ、ロードノイズや振動がとても気になります。かなりの差があると思えました。静粛性を優先される方は15インチの方をお勧めします。
(6ヶ月後追記)やはり15インチの方が良かったかも?

【燃費】問題なく文句なしですね。
まだ1回しかガソリンを使ったことがないので、PocketPHVでの表示上は400km/Lを超えています。
一方、電費の方は、だいたい平均すると、7km/kWhくらいです。
(6ヶ月後追記)納車時に給油してから、未だに2回目の給油はしていません。まだ400km以上航続可能です。
全平均燃費は、580km/Lです。

【価格】素直に高額だと思います。ただ、先進技術も入れての評価や他メーカーのPHVと比較すると安いですね。

【総評】1年前から先行予約し、発売が2度に渡り延期され、やっと手に入れた1台です。
スピリテッドアクアメタリックという色も写真でしか見たことがないまま、カタログもないままでの注文を経て、ソーラーパネルにこだわりあえてグレードダウンしSナビにしました。
自分としてはとても気に入っています。これまで乗り継いできたどの車よりも満足感があります。

納車から10日が経ちましたが、ほぼ通勤でしか使用しておらず、長距離でのインプレが書けませんが、ソーラーとPocketPHVについてこれまで思ったことを書きます。

ソーラー発電量をPocketPHVで度々確認しています。天気の良い日は最高で5.9km相当分でした。事前の公開情報通りだと思います。ちなみにカーポート下では発電量が半減します。

PocketPHVでは、充電量の確認だけでなく、次回の予約充電を変更したり、エアコンを操作したり、見るだけではないので、色々便利です。事前にマニュアルを読んでいた時にはこんなもの使わないだろうと思っていたのですが、案外便利で面白いです。

これから季節が暖かくなるので、花見や小旅行など色々と楽しみたいと思います。とてもワクワクしています。
久々にこんな気持ちにさせる良い車です。



↓ここから追記

【高速走行】
EVでの高速道路への合流は、エンジン走行より安心できるレベルです。もちろんエンジンでも問題ないです。
ただ、EVで走れるのは50〜60kmなので、すぐに(約30分ほどで)エンジン走行に切り替わってしまいます。
100km・200kmと走るのにすべてEV走行しようとしたら、30分毎にSAで急速充電しなければならないので、
基本、高速道路に乗ったらHVモードに切り替え、降りたらEVモードに戻す。というのが現実的かと思います。

【レーダークルーズ】
全車速追従というのはとても楽です。
周りの流れに合わせて加速・減速してくれて、自分での操作が不要となり、返って危険な気もしますが。。。
ノーマルモードで100km/h設定では、少し混雑してくると減速・加速を繰り返すので、こういう状況では燃費(約30km/L)もエコ運転スコア(60点台)もかなり悪くなります。

【タイヤサイズ】
15インチBLIZZAKと17インチREGNOでは、電費には大きな違いを感じられませんでした。(2週間くらいなので不十分かも?)
当初は乗り心地の面で17インチは大きく不評だったのですが、空気圧を規定通りにしたのと、慣れたせいもあり、少々キビキビした感じ、くらいに思えてきました。

【ソーラーパネル】
これまでの最高記録は、756Wh(7.9km相当)。これはスペック以上の数値なので、距離換算は誤差が大きいのかもです。
(6ヶ月後追記)平均して毎月10kWhほど発電してくれています。合計で約680km相当となります。元は取れないですが、もうちょっとという時に役に立ちます。

【エコ運転スコア】(一般道)
ノーマルモードでは80点台がせいぜいですが、エコモードにすると同じ経路で同じ運転をしていても90点台になります。
※パワーモードにしたら70点台になるかどうかはやっていません。

【その他】
補助金が振り込まれました。
これから購入される方はお得な情報もあるようですが、私は車だけでも満足なので、補助金があるだけでラッキーです。

最近では自分の好みに合うように、パネル類をピアノブラックのものに変えたり、写真にもあるようにメッキのドアハンドルカバーを付けてみたり、と徐々にちょっとしたカスタマイズでさらに楽しんでます。

以上、追記です。

(6ヶ月後追記)今度は冬場のレポートができればと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
滋賀県

新車価格
366万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった286人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jindenさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

【エクステリア】プリウスとの差別化が成功している。というか,PHVのプリウスなんだろうが,もはやプリウスではないと言っていいと思う。フロント,リア,そして全長も違うのだから。特にダブルバブルウインドウが気に入っている。ただ,積雪地なので,リアワイパーがなく,冬が今から心配であるが。

【インテリア】エンボス加工のレザーシートがいい。11.6インチの縦型ナビは,PHVのセールスポイントの1つではあるが,運転中の操作性は,今,1つである。

【エンジン性能】毎日,夜間電力で充電し,通勤している。購入以来,約1500kmを走行しているが,8割は,EV走行である。エアコンを使用しているが,満充電で62kmは,走行できる。エンジンに切り変わっても,ショックを感じない。エンジンでの燃費も申し分ない。

【走行性能】EVは,ノーマルでも,パンチがあり,快適。ダンパーの減衰性も高く,よくショックを吸収してくれ,乗り心地が良い。

【乗り心地】よく書かれているが,車重増加のハンディを乗り心地の良さに変えている。EVでも,エンジンでも静粛性は,ほとんど変わりない。ただ,オデッセイからの乗り換えだが,静粛性はもっと高いものと思っていた。タイヤノイズなどがある。

【燃費】電費も,燃費もいうことなし。EV中心の走行なので,1,500km走って,1目盛りしか減っていない。

【価格】「価格が高い」との意見が多いが,PHVの機能を見れば,トヨタだから,この価格で出せたのだと思う。現時点では,60km前後,EVで走れるPHVが今の自動車に求められていることへの解答であると思う。バッテリーの経年劣化などがあるだろうが,今後10年は,我慢せず乗れる車だと思う。

【総評】車好きで,就職して以来,これまで6台(@中古のスターレット,A昭和55年製バラード,B昭和63年製プレリュード,C平成6年製初代オデッセィ,D平成16年製オデッセィ,そしてEプリウスPHV)を乗り継いできた。その都度,少々価格が高くても,最新の機能(メカ)を取り入れた車を選び,最後のオデッセイの13年,走行距離22万kmなど,一台にできるだけ長く乗ってきた。61歳になり,終(つい)の棲家(すみか)ならぬ,「終の車」として,プリウスPHVを選んだ。手元に車が届き,1か月が過ぎたが,高い買い物という感じはしない。価格以上の魅力がある車だと思う。大切に乗っていきたい。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
山形県

新車価格
406万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった72

このレビューは参考になりましたか?参考になった

五大洋さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:131人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
56件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5
 

個人的にはカッコイイと思います

フロントLEDはオートモードで自動全灯します。

 

[再投稿]
4500kmを走行しての追加感想です。

【エクステリア】

[再]夜間、フロンライトフォルムがどの車にも似ていません。
後ろから迫られたときPHVだとハッキリ分かります。個性がいいです。

【インテリア】
[再]シフトパネルとハンドルのホワイト加飾が残念でしたが、50系パーツ、ミライのものがたくさんありDIYでどうにでもなりました。

【カーオーディオ】
[再]最初はUSBで音楽を聞いていましたが、ハイレゾウォークマンをアナログAV端子で聞くと、素人でも分かる程いい音です。

【動力性能】
[再]慣れてくると、EVエコ、HVノーマルで常用域は十分カバーできます。

【走行性能】
[再]しなやか静寂快適です。
運転していて、マフラーを変えたエンジン車の騒音がうるさく感じるときがあります。

【燃費】
[再]高性能です。
頑張ればカタログスペック燃費、電費に近い値は達成できます。
この車の面白いのは、アクセル踏めばそれなりに早く走れ、その影響がモロに燃費・電費に反映することです。

【運用スタイル】
[再]当初はチャージモードを使っていましたが、EV主体のHVモードがいい感じなので、この頃はEVが終わったら素直にHVに移行して運転してます。

【総論】
[再]自動車評論家などは長く乗らないので評価しませんが、この複雑な制御システムが違和感無く動く。
これ素晴らしいことだと思います。

また現在、このバッテリーは5年で15パーセント容量が劣化とメーカーは公示しています。
リ◯フは大騒ぎですが、PHVはバッテリーが劣化しようとHVで30km/L以上で1000キロ以上走れます。
バッテリー容量小さい為、今のEVほど致命的ではありません。
EV戦略に遅れたトヨタですがそんな意図を感じられ、よく考えられていると思います。
10年後はEVを買うと思いますが、今買うならPHVは後悔しないと思います。


乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
千葉県

新車価格
366万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった131人(再レビュー後:75人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

忍たま欄汰朗さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:75人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
75件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5
満足度5


【エンジン性能】
  EV走行は一般道、高速合流などストレスなくスムーズな性能、HVは登坂はがんばれーって応援したくなるほどの性能、平坦、下りは周りに迷惑かからない程度

【乗り心地】
  段差の突き上げがまろやかにおさまる、足の固さについては固いほうがいい方柔らかいほうがいい方いるので、柔らかいほうが好きな方にお薦め
【燃費】
ようやくガソリンが無くなり満タンで燃費がだせたのでレビューしました。
2571.3キロ走行 使用電力122kw ガソリン34L
表示は77.3km/L

【総評】
ガソリンスタンドいつ行ったっけ?なんで冗談が冗談でなくなりましたね。月1000キロくらいの走行の人なんかは年に4回いくかいかないかくらいになるんじゃないですかね。燃費だけの車ではないけどまさに異次元の車ですね、あと数年後にEV時代の前の繋ぎとして最高の車だと思います

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
栃木県

新車価格
326万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった75

このレビューは参考になりましたか?参考になった

プレミアトップさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:159人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
107件
docomo(ドコモ)携帯電話
0件
19件
スマートフォン
2件
14件
もっと見る
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5

【エクステリア】
昨年2月にアメリカで発表されたプリウスPRIMEを見て以来,ノーマルプリウスとは全く異なるエクステリアに一目ぼれでした。
ロービームでもフロントの4眼LEDが全て光る点,リアのコンビランプもよく見ると格子状に凝ったつくりになっている点も気にいっています。
TRDのエアロを付けていることもあり,セダンでありながら非常に低いスタイリングでスポーティーです。ただし,TRDのエアロは15mmのローダウンでも,コンビニの縁石やちょっとしたV字の坂でも下を擦りそうなので気を遣います。

【インテリア】
内装の質感が低いのが最も残念な点です。200万円台の車なら及第点ですが,システムにコストがかかっているとはいえ,同じプリウス派生車であるC-HRの内装に比べると,数段コストダウンされています。
メーターの各表示は大変視認性がよいです。ただし,速度表示部の背景色がドライブモードによって変わりますが,エコモードのブルーとパワーモードのレッドはくっきりとした色なのに,最も使うノーマルモードの背景色がはっきりしない水色っぽい点が残念です。はっきりとしたグリーンにしてほしかったです。

【エンジン性能】
エンジンは,HVモード,チャージモードでしか使わないため,この車に関してはその性能を気にしたことはありません。チャージモードではエンジン音がかなり聞こえますが,HVモードではいつエンジンがかかったのか気にならない程度です。

【走行性能】
街乗りは,エコモードでも不満なく走れます。重心が低いため,ワインディングでのロールはなく,カーブをきびきび曲がります。
高速道路は,EVモードだとバッテリーの減りが速いので,HVモードで走りましたが,うるさくなく,快適に走れます。
パワーモードは試乗でやばいほどの加速を感じたとおり,スポーツカー並みに爽快です。

【乗り心地】
サスペンション性能が良く,上質な乗り心地です。EVモードの静粛性は,高級車にも引けを取りません。

【燃費】
これは,星5つでは足りないぐらい最高です。約800km走行しましたが,9回の充電(電気代は約1200円),消費ガソリンは12L程度(約1500円)として,全てガソリン代と仮定して計算すると約37km/Lのコストとなり,これまで使っていた車の3分の1のコストとなりました。

【価格】
Sナビにソーラー他もろもろで400万を超える価格は決して安くないですが,先進のPHVとしてはこんなものだと思います。あと20万安ければもう少し売れるのではと思いました。

【充電】
週末利用なのと,200Vは工事費が見積もりでかなりコスト高(車庫とメーターが遠いため)だったので,100Vの専用コンセントと漏電遮断機のみの工事としました。(27000円)
EV可能0kmからだと確かに14時間以上かかりますが,晴天が続くとソーラー充電5日間で15km程度回復し,10時間前後で充電できています。毎日通勤で使う人には200Vを勧めますが,私のような週末ドライバーは,100Vで十分です。
我が家はポリカーボネート屋根のカーポートなので平日の車庫駐車だとソーラー効率が50%になりますが,放っておいても無料で毎日数kmの充電を稼げるのは嬉しいです。

【総評】
全体的には大満足な車です。ソーラーは元を取るとかではなく,ショッピングセンターなどで炎天下の駐車が苦にならず,むしろ空いている屋上に駐車するようになるなど精神的なゆとりを生む面でも付けてよかったです。
11.6インチの大型ナビは,使い勝手や画面の美しさは市販のナビに遠く及びませんが,この車の象徴だと思って選びました。ナビに映像やテレビ,画面の高精細な美しさを求める方は,ナビレスのSを選択した方がよいと思います。
T-CONNECTは,3年間無料ですが,日々の走行ログや燃費記録,ソーラー充電の状況,乗る前にエアコンを作動させたり,本来ディーラーでないとできないような設定の変更もスマホからできるなど便利機能満載なので,4年目も更新すると思います。
とにかく乗りたくなる車,燃料代を気にせずどこにでも行ってみようと思わせる車だと思います。

<追記>
【ランニングコスト】
約2300km走りました。充電に要する費用とガソリンの費用をざっくり計算すると,1km当たりのランニングコストは約4円です。前の車は高速で1km当たり約12円でしたので,3分の1になりました。
現在,車載表示の平均燃費は約50km/Lです。

【急速充電】
先日,近所に無料で使える急速充電設備を置いている場所を見つけました。
15分ほどで66%まで充電されました。(別スレで質問して解決しましたが,MAX80%の充電設備の場合,EV駆動領域の66%で頭打ちとなるようです。)自宅の100Vなら7,8時間はかかるので,この速さには感動しました。
無料設備があるならレスにしない方が便利だと思います。

【オートマチックハイビーム】
国道のような交通量の激しい道路では必要性を感じませんが,山越えで時々対向車が来るような田舎道では威力を発揮します。前方が常に明るく視界が広がるので安全性が高いと感じました。
ただし,レバーを常にハイビーム位置にしておく必要があるため,ウインカー操作時には遠い感じがして操作しにくいのが難点です。

【インテリア】
ステアリングの白い部分については,市販のカーボン調のカバーを付けました。引き締まっていい感じになりました。
近々シフトパネルもピアノブラックのカバーを付ける予定です。費用は両方合わせて約7,000円です。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
広島県

新車価格
366万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった114人(再レビュー後:74人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:1590人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
18件
3件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3
満足度5

【総評】
いきなり総評ですみません。
1台試乗してあんまり感動したので一気に3軒もはしご試乗してしまいました。

私にとって、クルマを加速させて行く気持ちよさという意味において現時点での理想は「MIRAI」や「リーフ」や「テスラ」などエンジンの無いクルマです。
どこまでもモーターだけで加速して行く“あの”フィーリングが忘れられませんし、これを読む多くの方が同じ意見ではないでしょうか?
しかし、100%電気自動車では遠出が難しい現実の中、「とにかく可能な限りモーターで走り、どうしても必要という時しかエンジンがかからないクルマ」を求めていたのも皆さん同じではないでしょうか?

そんなところへついに出ました「プリウスPHV」。
プレス向け試乗会のレビューを読むと「全開加速しても100kmまでエンジンがかからなかった」との記載が・・・
私を含め、多くの方の願い(現時点での)を叶えてくれるのではないか?と期待が高まります。
さて、どうだったか・・・


【加速性能】
早速ディーラーの駐車場から公道へ出て流れに乗ります。
街乗りのゆるい速度域でエンジンがかからないのは「ノーマルプリウス」と同じですのでこの領域だと感覚的にも「ノーマルプリウス」そのものです。
さて、2車線帯へ出ましたので60km程度まで急加速してみます。
「ノーマルプリウス」なら完全にエンジンがかかるシチュエーションですが、かすかなモーター音だけであっという間に60km到達。
この感覚はずばり「リーフ」です。
一気にワクワクして来ました。

さらにラッキーな場面が到来します。
長い上り坂手前の信号待ちで前方が完全クリアになったのです。
ここで営業マンに一言断って停止状態からのアクセル全開を試みました。
平地と違い、登坂という高負荷(300m以上あります)、しかも停止状態からの全開です。
さすがに発進直後、すぐエンジンがかかるかと思いきや、エンジンくん知らん顔・・・
モーター特有の強力なトルクで音も無くグングン加速して行きます。

どこでエンジンがかかるか・・・40km・・・かかりません・・・60km・・・まだかかりません・・・
車内はモーターが高回転になった時特有の「ヒュイ〜〜ン」という音が高周波帯へ変化していくのをかすかに感じるだけで静粛そのもの。
しかし身体はシートに押し付けられていきます。
と、スピードメーターが80kmを超えたところでついにエンジン始動。
間もなく次の信号が近付き、アクセルを緩めました。

これは驚きです。
賞賛に値します。
「ノーマルプリウス」なら全開スタートした瞬間にエンジンがかかっていたでしょう。
(なにせ、床までアクセルを踏んだのですから!)

実はトヨタが謳う「次世代HV」という言葉に半信半疑でした。
「可能な限りモーターで走る」と言ってもその「可能な限り」がどこまでなのかは乗ってみないと分かりませんから。
しかし、ここまでモーターで引っ張ってくれれば大満足。
今までのHVカーの常識を見事に打ち破ってくれました。


【乗り心地】
先週、新型インプの試乗に行って来てSGPの優秀さに驚いたばかりですが、この新型プリウスも素晴らしい乗り心地でした。
極めて高い静粛性も相まってかつて経験したことが無いほどの「ゆったり感」。
タイヤがノーマルの15インチだったこともあって柔らかいですが大きな段差揺れも即収束し、非常に優秀。
私は峠を攻めたりしないですし、柔らかい脚が大好きですのでこういうチューニングは大歓迎です。
SGP vs TNGA。最新プラットフォームはどこも良く出来てますね。


【静粛性】
モーター音しかしないという意味で、静粛性はリーフと同レベルかと思っていましたがこれが大違い。
音源が同じでも車内の密閉感や遮音性がリーフより段違いに高いため、ロードノイズや風切音が結構聞こえるリーフと違い、本当に静粛です。
TVのCMで石原さとみが言った「シーンなのにビューン」は紛れもない真実です。

なお、停車時の静粛性に多大な貢献をしているのが「ガスインジェクション機能付きヒートポンプオートエアコン」です。
冬場の試乗でしたので乗り込んですぐエアコンを25℃まで上げましたが、これの恩恵でエンジンはかかりませんでした。
地味〜にびっくりです。
アウトランダーPHEVやノート e-Power等なら早くもここでにエンジンがかかってしまうわけですのでこれまた特筆すべき素晴らしい改善です。
この新型エアコンは是非、他社も採用願いたいですね。


【エクステリア】
ノーマルプリウスのことを個人的に「エレキング」と呼んでおり(若い人にはわからない?汗)、あの怪獣同様、見た目の奇天烈さがハンパ無いわけで、もしこのPHVが同じエクステリアで出て来たら購入をためらうところでしたが、MIRAIを彷彿とさせるエクステリアになり、「買わない理由」が減って逆に困ったことになりました。(^ ^;)ゞ


【総評(後編)】
試乗後、先ほどの全開加速時の感覚が何かに似ている・・・とずっと思っていたのですが、気付きました!
「新幹線」です。
そうです、新幹線が急加速した時に似ています。
リーフの時はそう思わなかったのに今回そう感じたのはやはり「新幹線並みに静かだった」ことが理由だと思われます。

それにしても近年稀に見るトキメキでした。
リーフの気持ちよさに更なる静粛性としなやかな脚回り。そして、どこまでも行ける航続距離。
ヤバイなぁ・・・借金してでも買ってしまいそう・・・(^ ^;)ゞ

最後に、どの実車もドアを閉めた時の音が素晴らしかったことを報告して試乗記を終わりたいと思います。
長文、失礼いたしました。

乗車人数
2人
レビュー対象車
試乗

参考になった220人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:326〜422万円

中古車価格帯:69〜469万円

プリウスPHVをお気に入り製品に追加する <258

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意