トヨタ プリウスPHV レビュー・評価

> > > > レビュー・評価
  • プリウスPHVをお気に入り製品に登録 <210

プリウスPHV

プリウスPHVのピックアップリストを作成
プリウスPHV 製品画像

※画像は最新モデル

拡大

プリウスPHVの新車

新車価格:326422万円

2017年2月15日発売

新車見積もり準備中

プリウスPHVの中古車

中古車価格:79469万円231物件)

プリウスPHVの中古車

中古車査定

※ランキング順位とレビュー点数は最新モデルの情報です

  • 自動車保険
  • 車買取・中古車査定
  • 車検 費用比較・見積もり
  • 自動車ローン

プリウスPHVのリスト対象製品を選択してください。(全2件)

プリウスPHV 2017年モデル

プリウスPHV 2017年モデル

プリウスPHV 2017年モデルのリストを作成する
プリウスPHV 2011年モデル

プリウスPHV 2011年モデル

プリウスPHV 2011年モデルのリストを作成する

閉じる

ご利用の前にお読みください

プリウスPHV のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
プリウスPHV 2017年モデル 4.15 自動車のランキング 113 12人 プリウスPHV 2017年モデルのレビューを書く
プリウスPHV 2011年モデル 4.08 自動車のランキング 13人 プリウスPHV 2011年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

プリウスPHV 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.13 4.20 112位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 3.51 3.80 137位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.43 4.01 41位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.99 4.08 115位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.15 3.91 74位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.89 3.78 2位 燃費の満足度
価格 3.33 3.76 129位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

   

   

前車:シャトルハイブリット。
購入時期が決まっていた為、1年半前から様々な車の試乗を繰り返し、性能的にノーマルプリウスと思っていたが、、、、スタイリングがネックとなり購入意欲が上がらなかった。
また、ハイブリット車に1回乗るとガソリン車の加速音が五月蠅く、ガソリン車には戻れないと改めて感じた。
しかし、ハイブリットにも欠点があり、走行距離が短い場合、燃費が伸びない上、冬場はエンジンが温まり難く、エアコンの温風が出るのが遅い。平日は、ほぼ通勤(片道7km)のみの為、前車はHVの欠点を多く被った。
PHVは上記の問題を解決した上、渋滞が苦手の私が、購入の前提条件としていた、全車速オートクルーズ(セーフティーセンス「P」)が標準装備! 更にスタイリングが心に刺さった。
検討した車種:新型インプレッサ、レボーグ、レガシー、アコードハイブリット、アテンザ、メルセデスCLA。その他、購入対象外の車もコンパクト〜高級車まで、参考の為に試乗した。

【エクステリア】
最終的にこれが決め手。素でも十分素晴らしいスタイリングだが、モデリスタがさらにスタイリングを際立たせる。ボディー色がブラックの為、エアロのメッキ部が強調され、重厚感・高級感が出た。

【インテリア】
ナビは存在感は抜群!これだけで十分かも。もう少しノーマルとの差別化が欲しかったが、ドリンクホルダーなど専用アクセサリーが使用できるところは◎。ホワイト加色は違和感があり、シフトとステアリングには黒木目調カバーを装着。
ファブリックシートの見た目は、思っていたよりも良い。包み込まれる座り心地で、長距離ドライブも疲れが少なかった。

【エンジン性能】【走行性能】
EV時のモーターのみの加速は、今までにない爽快感を感じる。トルクも十分あり、レスポンスも良く、ヒューンというモーター音が心地よい。走行電力が尽きるとHVになるが、非力な上、エンジン音が少し耳障りなレベルに上がる。これは、EVがパワーがあり静か過ぎるが故か。EV走行可能距離は、エアコンを使用して実質40q程度。日常行動エリアは、EVで走行出来る。

【乗り心地】
これは予想以上。ノーマルプリウスに数回試乗していたのである程度の予測は出来たが、それを上回る上質な乗り心地。17インチだが、コンフォートタイヤを装着した効果もあると思われる。ノーマルプリウス(15インチ)の試乗でロードノイズが少し耳障りと感じた為コンフォートタイヤを装着したが、ロードノイズはあまり改善されず。17インチでこのレベルは車格相応かと。

【燃費】
実測は出来てないがHVでも当然優秀。EVは深夜電力で充電すればガソリン代の約1/3に抑えられ、文句の付けようが無い。

【価格】
高いと言われるが、EV性能・乗り心地・標準装備のレベル・スタイリング等を考慮すれば、妥協してノーマルプリウスを購入しなくて良かったと思っている。

【総評】
「EV走行は素晴らしい」 その他、リモートエアコン・出発予定時間に合わせてエアコン発動は快適。ナビの存在感は抜群。対向車のエリアだけロービームにするアクティブハイビームは秀逸。全車速レーダークルーズは、安全・安心で疲れない。等々、PHVは長く付き合えそうだ。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
福岡県

新車価格
366万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

koujiijiさん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:341人
  • ファン数:29人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
12件
448件
デジタル一眼カメラ
1件
64件
自動車(本体)
2件
29件
もっと見る
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
満足度5

ありがとうプリウスα

平均燃費18.7

初乗りです。

 

5日目です

蕎麦を食べに片道80k

 

【エクステリア】

一言で言うと八方美人 フロントは4灯式ヘッドランプとアクセサリーランプ等のバランスがとても好い スポーティーさも備えている。後方は テールランプ・ブレーキランプがバランスよく配置されている。サイトから見ると流れる様なラインがとても好いですよ。 

【インテリア】

なんといってもタブレットを縦にした様なナビゲーション アナログ爺にはとても大変だけど、スマホで何でも出来る?それはゆっくり覚えてゆく事にして 電話とオーデをが繋がればとりあえず問題なし ハンドル周りのスイッチでいろんな設定が出来るので、運転に気をとらわれることなく設定できます。
デジパネも見やすい位置にあるのでさっと見ながら運転できます。

【エンジン性能】

エンジン性能は すごく良い 今までのハイブリットでは体感した事のないような素晴らしい加速性能です。 

【走行性能】

アクセルを踏み込めば音もなく スー と 力強くモーターで走ってくれます。 静かなのに ぐいぐい加速できます。高速道路でもまったくストレスを感じる事もなく滑らかな走りです。

【乗り心地】

ゆったりとしたシートそれでいて ヒィット間が好い 吸い付くような足回りで 車と一体感になれるのでまったく疲れる事もない。まだ長距離は走っていないけど 片道約80k 蕎麦を食べに行きましたが、快適 途中で休憩をとる気にもなりません。

【燃費】

ここが問題です。 私に住んでいる地域は、盆地 どこに行くにも山越え その上 高速を頻&#32363;に使う為ハイブリットでも燃費はぼろぼろ 2代目プリウスで 20k/L〜22k/L アクアで 22k/L;〜25k/L プリウスαでは17k/L〜20k/L と こんな環境です。山さえ電気で越えてくれれば 30k/Lも夢ではないのかな〜

【価格】

総額407万この価格 安く感じるか高く感じるかは人それぞれの価値観の違だと思います。
年間約 2万K 5年で約10万k 走るのであればストレスを感じず ちょっとカッコいい車に乗っていると言う満足感で 私は400万高い車だとは決して思いません。

【総評】

新型PHV 発売前から興味がありいろいろ調べていました。
EV走行68.2q ガソリン走行37.2q/L 私はこれを求めている訳では有りません。
運転していて気持ちの良い 何処かにお出かけしたくなるような。そんな車

2代目プリウスは、走りも 燃費もよく 四国香川県や京都・名古屋(仕事)能登半島・アルプス 黒部・竜飛岬など長距離ドライブを楽しんでいました。往復1000k位は日帰りでした。トータル6年で13万k

プリウスαは 2代目プリウスの乗換えで主に仕事用(現場打ち合わせ)などに使う為トランクルームが広いのでとても便利でした。 しかし2代目プリウスに比べると燃費は 5K/L 位悪くそこだけはちょっと残念です。

アクアは、買い物や町乗りに 軽ワゴンからの買い替えです。主に(女房専用)それでもたまに遠乗りをすると25k/L 位まで走ります。高速走行での加速以外はほぼ満足のいく車です。

そして新型 PHV なんと言ってもカッコいい ↑ この3台の良い所を合わせてみても 新型 PHV には かなわない! トランクの狭さや 安全装置で ピーピーうるさかったりしますが 加点のほうが上回っているので すべて☆☆☆☆☆です。


乗車人数
2人
使用目的
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
宮城県

新車価格
380万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

テクノテクノさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
テレビドアホン・インターホン
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5

エクステリアはハイブリッドのプリウスよりカッコイイですね。特にフロントはシャープでリアは横長のテールランプが気に入っています。インテリアは11インチもある大きなナビゲーションが見やすくipadみたいで使いやすいです。センターコンソールはブラックピアノになっていて良いです。プリウスより重量がある分、どっしり重厚感のある乗り心地でかなり好印象です。荒い路面でもしっかり吸収してくれる感じでプリウスより足回りが良いです。完成度が高い車ですが、唯一の欠点は4人乗りであることです。

乗車人数
1人
重視項目
高級感
レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:2237人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
31件
104件
カーナビ
2件
17件
スマートフォン
3件
5件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1
満足度3

おねいさん「新型プリウスPHVが初月で12000台の受注で大ヒットスタートだって!」
モ愚タン「凄いよね! 12000人もまだこれにポン!と金を出せるんだから日本も安泰だよ。」
お「素直に喜んであげてよ! 発売延期を繰り返してやっと出て期待は高まるばかりだったんだから。」
モ「発売が延期になってても、新型プリウスで発売後に吹き出た不評だった部分の手当てが全然されてる気配がないから、トヨタからただ単に放置プレイをされてただけのような・・・。せめて、e-Powerが出る前ならばインパクトあったのにねえ・・・。e-Powerが売れてるのはなんちゃってEVだとしても、わかりやすい未来感と求めやすい価格がバランスしてたからだよね。プリウスPHVはちょっとお高すぎたのと、来るのも遅刻しすぎたよね。」
お「開始早々、結論めいたものを書くんじゃありません!(怒)」

”バビンチョ!”

お「デザインはどうでしょう?」
モ「外装はちょっとは普通になりました。顔つきがまだとっつきやすくなりましたし、リアもウルトラ警備隊感は減りました。でもまだゴテゴテとした子供っぽい感じがします。まだまだ人を選ぶでしょうし、所有欲を満たす美しさとかがあるかといわれれば、自分にはナイです。」
お「(個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。)」
モ「内装は、TOTOの便・・・陶器モチーフな装飾がいまだ健在で、TOYOTAのこだわりが垣間見え、ここまで腹を括ってんならまあ、ええやろ、という寛容の精神という言葉を思い出しました。」
お「無駄に偉そうなやっちゃ。」
モ「まあ、陶器は自分にゃいらんですけど・・・。中央にタブレットもどきみたいなんが鎮座していますが、別にネットにつながっていろんなサービスを受けられるわけでもなさそうで、邪魔くさいのう・・・としか思えなかったのが残念。まあ、いろんな情報がここに表示されてアピってもらうのも、運転に集中させずに事故を誘発するだけだしね・・・。それよりも」
お「なに?」
モ「これ、液晶保護シートとか売ってんかなあ・・・。ガラスフィルムとかあるんかなあ・・・。ブルーライト軽減とか・・・。液晶割ったらいくらかかるんかなあ・・・。トヨタに修理に出すと鬼のような修理代かかりそうだけど、iPhoneとかの修理工房とかで直してもらえるんかなあ・・・。修理代むちゃかかるようならそのまま割れたまま使うのも・・・ああ、iPhoneなら操作できるけど、Xperiaは液晶割れたら操作不能になるし、マウスつなげられるかなあ・・・」
お「お前はJKか!」
モ「使用頻度の少なそうなボタンとかは、とんでもない奥地に追いやられてて、シートヒーターとかのボタンなんか、手放すまでオーナーの人がそこにそんなボタンあったのか? みたいな位置にあるよね。まあ、盛りすぎた機能を使い切らずに終わるのも今のスマホみたいだよね。」

”バビンチョ!”

お「乗ってみてどうでしょう?」
モ「充電ある限りはエンジンかからずに走るので静かです。リーフやe-Power乗ったことのない、かつ 先代までのプリウスとか乗ってるトヨタユーザーさんは試乗で感動するでしょう。」
お「棘があるよねえ・・・」
モ「静かなだけの現行プリウスって感じで、微妙なんですよ。日産はあざといくらいにモーターのパワー感を演出してるから、「特別感」は少なくともあるんですけどねえ・・・」
お「普通・・・?」
モ「悪いことじゃないんだけど、普通。テレビショッピングのような、すぐに注文しなくちゃ! みたいなパッションに駆られるようなインパクトはなかった。」
お「トヨタはオペレーターを増員してお待ちしてます、状態よね。(笑)」
モ「充電したバッテリーを使い切ると、クソ重いバッテリーを乗せた4人しか乗れないプリウスになっちゃうしね。(爆) 足回りも現行プリウスと違いがよくわからない・・・ザックスのダンパーでも奢れば特別感出たかも。(笑)」

”バビンチョ!”

モ「よく出来てるけど、華がないんだよね。絶対費用対効果は期待できないソーラーパネルとかでもわかるけど、こいつを買うのは、『傾いた』行動だよ。理詰めでは選択肢からすぐ外れる傾奇者カーだよ!」
お「・・・」
モ「エコカーとしては普通ので充分なのに、PHVを買おうなんていう、今から東芝に投資しようか!レベルの傾奇者をもてなす手段はなかったのか。もっと凶悪なモーター積んで、リーフぶっちぎれるような加速とか、レクサスブランドにして、リセールアゲアゲにしたりとか」
お「レクサスなら販売価格も爆アゲで死亡やん。(笑)」
モ「残価設定80%とかすれば。(笑) でも今のままでも普通のプリウスとの差額で下手すりゃアルト買えちゃうよ・・・。ほんまにガソリン代浮かすのが目的ならアルト買って乗ったほうが・・・中古でも高値付くし・・・」

お「これで、街の充電ステーションも活性化するのでしょうかね?」
モ「充電のステーションの前で、純EVのリーフやi-MiEVが充電切れ寸前で飛び込んできて、ダラダラと充電するプリウスPHVユーザーにブチ切れる姿が目に浮かぶようで微笑ましいよね。」
お「高速での休憩や、買物時の駐車時間に充電器があれば、せっかくの充電機能を使いたいわよねえ。せっかく月会費払ってるとかならなおさら・・・。それにしても、これだけ高額なクルマを買える人たちなのに、なぜこんな細かいトラブルの発生地点になるのかしら。」
モ「『特別』なものを買ったんだから、『自分は特別』として振舞う資格があるとおもうんじゃね?」

ひとつ並べば 自分をさらす
ふたつ並べば 全てが見える
みっつ並べば 地獄が見える

見える見える 怒号が見える
見える見える 地獄が見える
見える見える 堕ちる様

モ「自分には魅力を感じませんが、初期導入コストと電気代を無視した見せかけの燃費のよさを存分に満喫できる、買い替え頻度の高い まだ使えるけどエコ替え人にはお勧めします。乗り潰し派でこれを買うならばなかなかの傾いた選択だと賞賛したいです。」
お「喧嘩売ってるとしか思えません!」

レビュー対象車
試乗

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uncle-donaldさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
127件
プラズマテレビ
1件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5
   

Sナビ+ソーラー+スピリテッドアクアメタリック

   

【エクステリア】ミライに似た先進性のあるデザインでカッコイイ!よくぞ標準プリウスと差別化してくれた。モデリスタエアロも更にカッコイイのですが、少々雪が積もることもあるので断念。。。

【インテリア】11.6インチナビはインパクトがあり、先進技術をユーザーに味わってもらうにはもってこい。その他のデザインが標準プリウスとほぼ同じということがチープな感じを受けてしまうのが残念です。
設置位置が意外と下にあるので、車庫入れなどのときにシフトを変更しようとしてうっかりナビ画面にタッチしてしまうことも。。

【エンジン性能】HV走行時のエンジンは、1.8Lエンジンそのもの。EV走行に慣れてしまうと、エンジン音や振動がとても鬱陶しく思えます。とは言っても、高速走行時には気にならないと思いますが。。(未経験)

【走行性能】とにかくEV走行時のトルクと静粛性が嬉しい。燃費(電費)を気にしなければ、踏めば踏むほどリニアに加速してくれるのは乗っていて楽しく、合流時のもっさり感もないので運転もし易い。
HV車に慣れていない当方としては、ブレーキの踏み具合に慣れが必要です。

【乗り心地】15インチタイヤでEV走行していましたが、文句なしです。ただ、17インチの夏タイヤに交換したところ、ロードノイズや振動がとても気になります。かなりの差があると思えました。静粛性を優先される方は15インチの方をお勧めします。

【燃費】問題なく文句なしですね。
まだ1回しかガソリンを使ったことがないので、PocketPHVでの表示上は400km/Lを超えています。
一方、電費の方は、だいたい平均すると、7km/kWhくらいです。

【価格】素直に高額だと思います。ただ、先進技術も入れての評価や他メーカーのPHVと比較すると安いですね。

【総評】1年前から先行予約し、発売が2度に渡り延期され、やっと手に入れた1台です。
スピリテッドアクアメタリックという色も写真でしか見たことがないまま、カタログもないままでの注文を経て、ソーラーパネルにこだわりあえてグレードダウンしSナビにしました。
自分としてはとても気に入っています。これまで乗り継いできたどの車よりも満足感があります。

納車から10日が経ちましたが、ほぼ通勤でした使用しておらず、長距離でのインプレが書けませんが、ソーラーとPocketPHVについてこれまで思ったことを書きます。

ソーラー発電量をPocketPHVで度々確認しています。天気の良い日は最高で5.9km相当分でした。事前の公開情報通りだと思います。ちなみにカーポート下では発電量が半減します。

PocketPHVでは、充電量の確認だけでなく、次回の予約充電を変更したり、エアコンを操作したり、見るだけではないので、色々便利です。事前にマニュアルを読んでいた時にはこんなもの使わないだろうと思っていたのですが、案外便利で面白いです。

これから季節が暖かくなるので、花見や小旅行など色々と楽しみたいと思います。とてもワクワクしています。
久々にこんな気持ちにさせる良い車です。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
滋賀県

新車価格
366万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hminamiさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:344人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
12件
日本酒
11件
0件
ビール・発泡酒
10件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
満足度3

【エクステリア】
普通のプリウスとあまり変わらないような気がします。ヨーロッパに行くとよく日本の先進的なデザインに似た車を見かけますが、あー日本の車はこれをモデルにしたのかと思うことがありますが、これは少し違うような気がしますが?
【インテリア】
プリウスと同じように古い私には好きになりません。だいたいヨーロピアン調などと言う言葉は好きではありません。クラウンやレクサスが好きです。取り合えず前のプリウスよりはビビり音はしませんが、タブレット型ナビモニターも如何なものかと思います。因みに私はガラ系です。
【エンジン性能】
パワー不足と言うのはどうかと思いますが、そういう車では無いのですから。走る楽しみは燃費メーターだけかな!もちろんモーターで走っているときは静かだと感じますが!
【走行性能】
雪道を飛ばしましたが後ろが振られることは少ない、さすがダブルウィッシュボーン最初からできなかったのでしょうか?

【乗り心地】
プリウスより1段良くなったような気がします。とは言え前の車(マーク2スカイフック仕様)より同レベルかそれ以下
【燃費】
ハイブリットとしてはこんなものでしょう
【価格】
高いと思いますが買えない金額では無い。安全性を買うとしたら安いかも
【総評】
私は4WDは必要ないので、この車を候補に検討してきました。ただ実車を試乗してみると確かに良くなっているのは分かりますが、この程度はあ足り前だと思います。プリウス4WDの方が良いかも知れませんね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:202件
  • 累計支持数:2594人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
39件
21件
自動車(本体)
55件
3件
デジタル一眼カメラ
52件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
満足度4

【エクステリア】
この外観はプリウスがベースですが、先代モデルと異なり、単なるハイブリッドよりも上手くさらに先進的なクルマであることを演出できています。

素直にカッコよいと感じます。


【インテリア】
内装は基本的なモチーフはプリウスと同じです。インテリアに白を入れて、安っぽいブラの質感は300万円を超えるクルマの質感としては、またも残念な点ではあります。

ただ、本質的なところはキチンと先進的な内容でマトメてきました。
基本グレードのSを除いてナビが標準装備され、オーディオも旧態依然としたCDプレーヤは未装備で、USBメモリオーディオまたは、スマホをUSBまたはBluetoothで連携してオーディオが使えます。2017年の新型としては本来は当たり前の話なのですが、オーディオレスが常識???の国産新型車では異例といっても良いくらい珍しいです。

室内は、後席のヘッドクリアランスは標準的な男性ではゆとりはありませんが、つかえることはありません。

気になるのは定員4人という仕様です。いざという時は定員5人がベターだと考えますが。なぜ4人なのか??ナゾです。
あとは、トランクルームが浅いこと。トノカバー下では200L以下と思われます。

【エンジン性能】
試乗ではバイパス走行までしましたが、80km/hでもエンジンは始動せず、するするとすむーずかつトルクも十分に加速するのみでした。ノートeパワーほどのシャープな加速性能はありませんが、必要にして十分以上の加速性能を持つほか、その加速はEVモードではどんなに踏み込んでもモーター音のみで、エンジンが煩いノートeパワーとは異なる、まさにEV感覚の加速感です。

【走行性能】
プリウス譲りの走行性能の高さは、先代とは全く異なる、レベルの高いものです。

【乗り心地】
静粛性は高く、サスもきちんと動いて、先代とは全くちがうマトモな乗り心地です。

【燃費】

【価格】
Sナビパッケージで366万、オプションはETCとマット程度で乗れるので、内容からすれば高くはないですね。

【総評】
普段一度の走行距離では30〜40km以下でおさまることが一般的でしょうか。
そうだとすると、EV走行のみで高速道路すらも、普段はEV走行で走れてしまうというホンモノの進化したクルマです。
EV走行時は遮音も良いのでわずかなモーター音にロードノイズあるだけです。
その様子は、まるでホンモノのEVに乗っているかのようでした。

ノートeパワーがほとんどエンジンがかかっていてEVらしさを全く感じないのとは180度異なる状態です。
何故かといえば、プリウスPHVは約9kwと電気自動車の30%程度の電力容量をもっているから長距離のEV走行が可能になることです。バッテリーが通常のハイブリッドレベルに過ぎない、単なるシリーズハイブリッドのノートeパワーでは不可能な動き方です。

プリウスPHVはエンジンのつなぎ方が違うのであくまで形式上はプラグインハイブリッドですが、運用上はエンジン付きでEVの航続距離を延ばす技術のレンジエクステンダー的ともいえますね。ノートeパワーをレンジエクステンダーと表現していろレビューをみかけますが、拡大解釈だと感じます。

普段の走行はEVとして利用し、長距離を走行するときはエンジンを併用して走行するのがプリウスPHVです。
明らかに他のハイブリッド車とは別物と言ってよい、快適で、走行性能も高く、航続距離も長い、一歩進んだ先進的なエコカーだと感じます。

ノートeパワーより100万円は高い400万円程度の予算が必要にはなりますが、ノートeパワーとは異なる、それだけの価値は間違いなくある、おススメのエコカーだと感じます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった29

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wktyouさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:690人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
20件
0件
ビデオカメラ
2件
0件
ヘッドセット
1件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費5
価格3
満足度4
   

   

動画も撮ってきました!
参考までにどうぞ!
(エクステリア・インテリア編)
https://youtu.be/YGb-ziUUTcg

(試乗編)
https://youtu.be/7r_0mEskOLs

【エクステリア】
現行プリウスより大分落ち着いたイメージです。
資金に余裕もあって環境のために燃費を気にしてるけど、あの見た目は…、と思ってる人達にはストライクだと思います。

【インテリア】
ナビ部分が完全にテ○ラに似ています。
ただ、今回は色々な機能があるので大きめのナビは操作しやすいと思います。
他内装は現行プリウスと似ていますが、色合いはエクステリア同様落ち着きがあります。

【エンジン性能】
今回はEV走行とチャージモードを、試させてもらいました。モーターは本当に静かで力強く快適です。
チャージモードで動いたエンジンは思ったよりパワーがなく感じました。

【走行性能】
プリウスより重いこともあるのでしょうが、足回りはハンドルを切った時、ブレーキを踏んだ時など所々でふわっとした印象を受けました。
かっちりとした走りをする車ではないと思いますが高速での走りが気になります。

【乗り心地】
運転席に座った状態であっても、段差など路面の入力は結構揺れとして感じました。
リアシートについては今度乗ってみようと思います。

【燃費】
EV走行だけで60qオーバーというのが実燃費としてどうなるのかが楽しみです。
エンジンでもプリウス級の燃費と考えれば他のプラグインハイブリッドと比較しても、
相当優位性があるのではないかと思います。
またEV走行、チャージモード、ソーラー充電と他社の機能が1つの車に詰まっているので、
効率良く走ることに喜びを感じる人にはもってこいです。

【価格】
安い!とは言えませんが、環境のためならと腰をあげられるお値段かと思います。

【総評】
発売が遅れた理由が他社の動向を待っていたためなのでは?と思うくらい環境性能全部乗せの車です。
1つ残念なのは電動パーキングブレーキがないことを我慢しなければいけないことです。
このお値段であればぜひ付けていただきたかった。

ただ、燃費が伸びることに喜びを感じられる人にはいよいよ来ましたよ未来!
と購入を勧められる車になっています!
ぜひご試乗ください。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bona patitucciさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:813人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
16件
3件
タイヤ
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3
満足度5

【総評】
いきなり総評ですみません。
1台試乗してあんまり感動したので一気に3軒もはしご試乗してしまいました。

私にとって、クルマを加速させて行く気持ちよさという意味において現時点での理想は「MIRAI」や「リーフ」や「テスラ」などエンジンの無いクルマです。
どこまでもモーターだけで加速して行くあのフィーリングが忘れられませんし、これを読む多くの方が同じ意見ではないでしょうか?
しかし、100%電気自動車では現状遠出が難しいので「とにかく可能な限りモーターで走り、どうしても必要という時しかエンジンがかからないクルマ」を求めていたのも皆さん同じではないでしょうか?

そんなところへついに出ました「プリウスPHV」。
プレス向け試乗会のレビューを読むと「全開加速しても100kmまでエンジンがかからなかった」との記載が・・・
私を含め、多くの方の願い(現時点での)を叶えてくれるのではないか?と期待が高まります。
さて、どうだったか・・・

【加速性能】
早速ディーラーの駐車場から公道へ出て流れに乗ります。
街乗りのゆるい速度域でエンジンがかからないのは「ノーマルプリウス」と同じですのでこの領域だと感覚的にも「ノーマルプリウス」そのものです。
さて、2車線帯へ出ましたので60km程度まで急加速してみます。
「ノーマルプリウス」なら完全にエンジンがかかるシチュエーションですが、かすかなモーター音だけであっという間に60km到達。
この感覚はずばり「リーフ」です。
一気にワクワクして来ました。

さらにラッキーな場面が到来します。
長い上り坂手前の信号待ちで前方が完全クリアになったのです。
ここで営業マンに一言断って停止状態からのアクセル全開を試みました。
平地と違い、登坂という高負荷(300m以上あります)、しかも停止状態からの全開です。
さすがにすぐエンジンがかかるかと思いきや、モーター特有の強力なトルクで音も無く加速して行きます。
どこでエンジンがかかるか・・・40km・・・かかりません・・・60km・・・まだかかりません・・・
車内はモーターが高回転になった時特有の「ヒュイ〜〜ン」という音が高周波帯へ変化していくのをかすかに感じるだけで静粛そのもの。
しかし身体はシートに押し付けられていきます。
と、スピードメーターが80kmを超えたところでついにエンジン始動。
間もなく次の信号が近付き、アクセルを緩めました。

これは驚きです。
「ノーマルプリウス」なら全開スタートした瞬間にエンジンがかかっていたでしょう。
プレス向け試乗会レビューの「全開加速しても100kmまでエンジンがかからなかった」はサーキットでの話で私が試したのは長い登坂路ですから、80kmまでモーターのみで加速し続けたことは賞賛に値します。

実はトヨタが謳う「次世代HV」という言葉に半信半疑でした。
「可能な限りモーターで走る」と言ってもその「可能な限り」がどこまでなのかは乗ってみないと分かりませんから。
しかし、ここまでモーターで引っ張ってくれれば大満足。
今までのHVカーの常識を見事に打ち破ってくれました。

【乗り心地】
先週、新型インプの試乗に行って来てSGPの優秀さに驚いたばかりですが、この新型プリウスも素晴らしい乗り心地でした。
極めて高い静粛性も相まってかつて経験したことが無いほどの「ゆったり感」。
タイヤがノーマルの15インチだったこともあって柔らかいですが大きな段差揺れも即収束し、非常に優秀。
私は峠を攻めたりしないですし、柔らかい脚が大好きですのでこういうチューニングは大歓迎です。
SGP vs TNGA。最新型プラットフォームはどこも良く出来てますね。

【静粛性】
モーター音しかしないという意味で、静粛性はリーフと同レベルかと思っていましたがこれが大違い。
音源が同じでも車内の密閉感や遮音性はリーフより段違いに高いため、ロードノイズや風切音が結構聞こえるリーフと違い、本当に静粛です。
ちなみに、前述の全開走行登坂時はエンジンがかかりましたが、この時は全開であったためか音と振動で「あ、エンジンかかった」とすぐ分かりました。
ただ、他のHV車のように通常走行でエンジンが頻繁にかかることは無いため、かかった時のアイドリング振動などは不明です。

【エクステリア】
ノーマルプリウスのことを個人的に「エレキング」と呼んでおり(若い人にはわからない?汗)、あの怪獣同様、見た目の奇天烈さがハンパ無いわけで、もしこのPHVが同じエクステリアで出て来たら購入をためらうところでしたが、MIRAIを彷彿とさせるエクステリアになり、「買わない理由」が減って逆に困ったことになりました。(^ ^;)ゞ
なお、カタログカラーであるスピリテッドアクアメタリックは思ったほどメタリックでなく、どちらかというとヨーロピアンな「べた塗り」に見える色でした。
ここは好みが分かれるでしょう。私は嫌いでありません。

【総評(後編)】
参考までに、試乗後に分かったことですが、私が乗った試乗車は3台とも、満充電ではなかったことを付け加えておきます。
もし満充電であれば、もしかしたら前述の全開登坂でも100kmまでエンジンはかからなかったかも知れません。

それにしても近年稀に見るトキメキでした。
リーフの気持ちよさに更なる静粛性としなやかな脚回り。そして、どこまでも行ける航続距離。
ヤバイなぁ・・・借金してでも買ってしまいそう・・・(^ ^;)ゞ

なお、冬場の試乗でしたので乗り込んですぐエアコンを25℃まで上げましたが、ガスインジェクション機能付きヒートポンプオートエアコンの恩恵でエンジンは知らん顔。
アウトランダーPHEVやノート e-Power等ならここですでにエンジンがかかってしまうわけですのでこれまた素晴らしい改善です。
この新型エアコンは是非、他社も採用願いたいですね。

最後に、どの実車もドアを閉めた時の音が素晴らしかったことを報告して試乗記を終わりたいと思います。
長文、失礼いたしました。

乗車人数
2人
レビュー対象車
試乗

参考になった59

このレビューは参考になりましたか?参考になった

skyline.Rさん

  • レビュー投稿数:194件
  • 累計支持数:1117人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
110件
307件
バイク(本体)
5件
3件
ゲーム機
7件
0件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
満足度4

【エクステリア】
基本はプリウスですが、やはりプリウスとは違う車ですね。
特に4灯式のLEDヘッドライトをはじめフロントマスクがPHVの方がカッコイイですね。
サイドから見るとプリウスよりも少し延長されている分長くなっているのが分かります。
リアはセンター部分がへこんでいるようなダブルバルブウィンドゥが特徴的でした。
この形状だと空気の流れによってリアのワイパーが必要ないそうです。
リアワイパーがない方が見た目的にもすっきりしてますし、空気抵抗にもならないのでいいと思います。
リア繋がりでリアのハッチを開けるとカーボンがむき出しになっているのには驚きました。
ボディ同色にもできたでしょうが、敢えて素材のままを見せて軽量化をしているよと他の人にはあまりわからないことだと思いますがアピールしている感じです。
そのカーボンのおかげでリアのハッチはかなり軽いです。
軽さはハッチのダンパーを見ると大きさの割には細いので、その軽さは分かると思います。
(開閉時にも軽さは分かると思いますが)

【インテリア】
インテリアで目立つのはやはり中央部の11.6インチのナビシステムですね。
写真で見た時はどうかと思いましたが、実際に乗ってみて見やすさや使いやすさは流石だなと思いました。
また、プリウスの5人乗りから4人乗りに変更になっています。

【エンジン性能】
エンジン自体はプリウスと同じですが、EVモードのモーターが全く違います。
モーターだけでも68.2km程度走れるらしく、アクセルを踏み込まなければほとんどエンジンがかかることがありませんでした。
普通に街中を乗っているだけだとモーターのみでの走行になると思います。
充電がなくなってもガソリンで走ることもできるので安心して走ることができますね。
パワーモードにすると加速はかなりのものです。

【走行性能】
50プリウスからTNGAで先代から格段に良くなりました。
ボディ剛性の高さや足回りの良さ、パワーモードの加速感等エコカーですが、走りに対しても大きな不満はないと思います。
シートも適度にホールド感があり、テレスコもあるので運転姿勢が取りやすく運転していても疲れづらいと思います。

【乗り心地】
硬めですが、サスがよく動いているので乗り心地は悪くないと思いました。


【燃費】
メインがエンジンではないので燃費と言われると微妙な感じですが、普段乗りならほとんどガソリンは使わないと思います。
モーターだけで60km程度走れるので通勤や買い物ではおそらく往復できる範囲でしょうし。

【価格】
ベースグレードでも300万円オーバーなので安くはないと思います。
50プリウスなら最上級のAプレミアムツーリングセレクションが買えてしまいます。
どちらを選ぶかは好みでしょうが、私個人的には同じ値段ならPHVですね。
5人乗るならPHVは選べませんが。
ただ、折角PHVに乗るのであれば11.6インチのディスプレイがあるSナビパッケージがいいと思います。

【総評】
ハイブリッドが出た当初は注目はされていたけど、一般的ではなかったプリウス。
今やハイブリッドが一般的になり、その代表的な車になったプリウス。
PHVでもあと何年かすると一般的になり、PHVの代表的な車になるであろうプリウスに価値をどれだけ見出せるかで価値が変わると思います。
個人的には50プリウス+αで考えるとそう割高な感じはないと思います。
エクステリアに問題がなく、4人以上乗らなければ燃費も走りも満足ができるいい選択肢になる車だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
試乗

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

土羅ゑ門さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア1
エンジン性能3
走行性能1
乗り心地2
燃費4
価格1
満足度2

はじめに、レビューについては、基本辛口です。
この用途として、販売する車ですから出来ていて、当たり前ですので、基本は星三つです。

【エクステリア】
プリウスのリアレビューで感じたウルトラ警備隊感は、払拭されており、恥ずかしくない車に仕上がっている。
フロントは、オプションを考えなくてもデザイン的に問題ない。

【インテリア】
なぜ乗車定員が、4人なのか。
全てはそこである。
確かに普段使いでは、問題がないかもしれない。
しかし、ちょっとそこまで、知人や親戚を乗せたりする時がある。
この点は大きく減点せざるえない。

【エンジン性能】
やはりPHVの特徴であるEV走行は、大きい。
始動からの静粛性、そしてトルク感は素晴らしいと感じた。

【走行性能、乗り心地】
前進はいい、しかし問題はバックである。
後部の確認が取りづらく、バックカメラを推奨との事。
サイドミラーだけでは、不安を感じるドライバーもいるはずである。

【乗り心地】
ドライブをさせる気になるシートデザインである。
ひとつ残念なのは、リアシートも同様なシートデザインにしているため、起伏が多い。
近年は車中泊をするドライバーも多く、なるべくフラットになるシートアレンジを検討してもらいたいものである。

【燃費】
燃費は流石と言わざる得ない。

【価格】
正直、高い。
プリウスとプリウスPHVを比較した際に、この価格差で燃費検討すると、残念だなぁと唸ってしまう。
もう少し、なんとかならないものか。

【総評】
やはり4人定員という点が、購入検討を分けるだろう。
そして、価格が高いことから、ウルトラ警備隊感のデザインを受け入れて、プリウスに流れていく人も多いだろう。
シートアレンジについては、ロングドライブが出来る車なので、もう少し検討をしてもらいたい。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tm5269さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
36件
カーナビ
1件
2件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
満足度5

【エクステリア】

○ ・50系プリウスとは全く違うフロントLEDライト
   ・横位置から見ての伸びやかなライン(10cm伸びたのはリヤビューに好印象)
   ・リアテールランプが見られるようになったが、まだモチョット何とかなったんじゃないのか
    (素プリが残念過ぎたので本来は△ですが○としました)
   ・LEDヘッドライトの明るさは良い
   ・ノーマルでもそこそこスタイリッシュなエアロ風フロントアンダースカート
 △・バブルバックウィーンドーは斬新なデザイン、金掛かってるのだが、真後ろからは解らない
   ・バックリアゲートはカーボンは軽いので、軽く開けられるが閉める時に重い
   ・リアアンダーカバーはなぜ黒なの?
 ×・これはありません、あったら買ってません。

【インテリア】
○・いい意味で落ち着きがある雰囲気で安心感がある
  ・充電状況やイロイロな情報がインパネで分かる 
△・シートはそれなりの着座感がある
 ・ステアリングの手ざわりは良いが、回した時、戻るときの手のひらと擦れる音が
  スルスル音気になる(通常はエンジン作動していないので余計感じる)
×・何でステアリング下部、シフトレバー部の白加色は何でやめないの?
  (ここは白にこだわるべきでは無いと思います、素プリでもさんざん言われているのに) 
【エンジン性能】
 無印・まだ本格的にパワーモードで高速走行できていないので不明です
     夏タイアまでは無印となります

【走行性能】
○・降雪地帯ですがFFだと思えない走りだと思います、冬道の安定性は
  コンパクトカーの4WDより安定感があります
  いままでFR車、FF車、4WD乗りましたが、雪で埋まったりしないのか
  心配でしたが大丈夫みたいです

【乗り心地】
○・しっかり、どっしりしていますが、でも車重1.5tが感じられない『しっとりとした乗り味』です
  リアのダブルウッシュボーンサスが効果的です
【燃費】
・無印 納車後まだ走行110Kですが、ガソリンメータのゲージが1個も減ってません
・自宅100Vでまだ1回も満充電できてませんが80%充電で寒冷地、シート、ステアリングヒータ
 +暖房エアコン使用で30Kmレベルかと思います
 夏タイアで満充電では68Kとは言わないまでも、エコ走行では50K位は行ける感じです

【価格】
 ○・ 価格は確かに安くはないですが、この車は価格で表現できません
    何せ奥が深いので、価格が最優先の方は別な車がありますので
    そちらから選んだほうが良いと思います
    
【総評】
 ◎・買ってしまった弱みかもしれませんが、何気にいいのは間違いありません
   11.5インチナビやソーラーパネルで『奇をてらう感』は確かにありますが
   車選びで未来感や先進性、プレミア感で選ぶのも有りです
   今までの車感が違うのは間違いありません!


乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
北海道

新車価格
326万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

北風急行さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
11件
30件
自動車(本体)
2件
5件
タブレットPC
2件
0件
もっと見る
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地1
燃費5
価格2
満足度4

スタイルは最高に好きです 能登半島 千里浜なぎさドライブウェイにて

室内デザインも、個人的にはコックピット感覚で大好きです

買い物や観光の合間に充電できます。でもスポット少ない

 1999年式クラウン(JZS171)の運用コストが目に見えて急上昇していたことから、思い切っていわゆる「エコカー」に乗り換えることとしました。純粋な電気自動車に惹かれつつも使用状況からメインのクルマとしては難しいと思い、最終的にはプリウス、プリウスα、プリウスPHVのそれぞれを試乗してもっとも電気自動車に近いPHVを選びました。

【エクステリア】
 車全体が一つななだらかな山のようなデザインで、個性的だと思います。その個性的なデザインのクルマがびっくりするほど普及したので、ちっとも個性的に感じませんが、プリウスならではのデザインだと思います。

【インテリア】
 ダッシュボードとセンターコンソールを繋げてしまったデザインは、自分のプライベートカーとしてとても気に入っています。ただし、マイナーチェンジモデル前なのでダッシュボードなどがソフトパッドではなくとてもプラスチッキーで質感という面では軽トラック並みです。
 シートも合皮レザーをあしらって頑張っているけど、見た目ばかりで質感に乏しく、無機質さが目立つ気がします。リヤシートのシートバックがやや立気味で正座のような角度でくつろげないという意見もあります。

【エンジン性能】
 パワーやトルクと言う面では、プリウスに比べて積極的にモーターの力を積極的に使う設定ではありますが、通常プリウスよりかったるい印象が付きまといます。
 エンジンを使わず何の不自由もなく発進加速して、結構な高速域まで巡航し、車両がもっている運動エネルギーを出来るだけ回収しながら停止するエネルギーマネジメント性能は、この車に匹敵するものがないと感じさせられます。最終的には通常のプリウスと同じようにハイブリッド車として動きますので、出足の悪さを除けば不満はありません。
 
【走行性能】
 先ほどかったるさが付きまとうと書きましたが、車の性能が不足しているということではありません。あくまでアクセルを踏んだ量とクルマが前に出ようとする量がかなり穏やかに設定されているためかったるさが付きまとう訳で、グッと踏み込めばそれなりに力はあります。
 ただ、そんな走りはこの車に似つかわしくないだけのことです。

 ハンドリングに関してもかなりアバウトな挙動をすることが多く、高速道路の直進状態の安定性も今一つ、ハンドルを切った時の旋回性も一定せずリニアリティにも欠けていて、その時々によってハンドルキレ角が変わる感じで、一言でいえば頼りない感じがします。


【乗り心地】
 おそらくマイナーチェンジである程度改善されていると思いますが、中古車で購入した2011年モデルは非常に乗り心地が悪いと思います。
 いわゆる突き上げ感がきつく、サスペンションが動いていない感じでしなやかさには欠け、乗り心地は195/65サイズの柔らかいタイヤで何とかしているが、そのせいでごつごつするのにタイヤがボヨンボヨンするちぐはぐさです。
 会社ではファミリーカーのアリオンを運転することがありますが、全く同じサイズのタイヤを装着するものの乗り心地はあちらの方が断然良いです。
 あと、静かなEV走行を売りにするのも良いのですが、その割にロードノイズの遮断も悪く、常にザーッというノイズを聞かされているという気がします。
 そういえば中学生を後部座席に乗せた時は「まるでタクシーみたいな乗り心地」と言われました。トヨタコンフォートと同レベルという話です。
 この車に乗って、望んだのは新幹線のように静かで滑るような乗り心地、でも実際は少し前の山手線の電車のようなガタガタと言うような乗り心地です。

【燃費】
 購入した最初の時はリッター20キロ位で「こんなものか」と思っていましたが、その後みるみる向上して先月(2015年5月)の通算燃費が1651km走行して39.3km/Lの記録。しかも2日で1000km余り走ったツーリングではHVモード走行が多いわけですが、それでも35km/Lを超える燃費でした。
このため先々月の4月19日から今日6月13日までそのツーリングを含めてまだ燃料計が2セグメント残っているため給油すらしていません。
 また、帰宅すればPHVの特技宜しく走行用電池に充電するわけですが、普段の買い物から私でいえば通勤の片道分はEVで賄えますので、さらにガソリンの消費量は少なくなります。
 正に望外の燃費だと思います。

【価格】
 今回の買い替えで、本当は新車も欲しかったのですが、やはりPHVの新車は無理!と思いました。間違いなく走行用電池のリチウムイオン電池が高額だというのでしょうが、ここが電気系の自動車の最大の弱点だと思います。 

【総評】
 ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの最高峰でもあり、現時点でベストな着地点のエコカーだと思います。

 しかし、その技術を投入したがためか、フレームやサスペンションといった部分の造り込みが非常に甘く、一台の乗用車として特に乗り心地や室内環境といった人と接する部分で見れば欠点が大きく、その部分をあえて我慢して別の長所を買って乗ることができる人か、あるいは社外パーツを奢って解消してゆく財力と気力がある人にしか勧められない車だと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

山風海影さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

外付け ハードディスク
0件
4件
タブレットPC
1件
2件
薄型テレビ
1件
0件
もっと見る
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
満足度4

【エクステリア】
現行のプリウスは街中に大量に見られるので、特別感はないですが、違和感もありません。自分としては好みです。
PHVに標準装備のフロントとリアとアンダーのメタリックのものはあまりすきになれませんがこちらは好みでしょう。
色はPHV専用の濃紺で、ライトやPHVマークの色合いとかなりマッチしているので、大変に気に入っています。
濃紺は以前のプリウスにあった紺よりもずっと深い紺で、暗めの場所で一見すると黒にも見えます。
カタログの色合いの、よりカジュアルな青をイメージしていると違和感を感じるかもしれません。
自分は深い色が好きなので問題ありません。

【インテリア】
思ったよりも綺麗にまとまっています。値段なりの高級感はそこそこある気がします。
通常のプリウスの内装をしっかりと見たことなく(タクシーくらい)、比較はできませんが、まずまず満足です。
シートはウッドパネルと同系色の茶にしましたが、触感は良好で高級感が有る気がします。

【エンジン性能】
モーターは力強いです。驚きました。
エンジンは踏み込めばかなりうるさく感じます(運転中は基本的に無音なので)が、十分なトルクが有り、日常的に問題になることは感じません。
モーターの力強さと静粛性で満足しています。
この感覚は不思議な感じです。

【走行性能】
車両が重い印象が強いです。ただ全体的に剛性が強い印象で、悪い印象はありません。
雪道では車重が重たいこともあり、スタッドレスがしっかり雪を噛んでくれて、滑りにくい感じがあります。
カーブなどでのロールは強く感じます。また急カーブをする時にタイヤの辺りから異音が聞こえる気がします。
アクセルを踏み込む感覚はモーターでもエンジンでも全く違和感がなく、本当によくプログラムされた車だなあって感じます。

【乗り心地】
若干足回りは固く感じますが自分は好みです。
ボディーの溶接の剛性が上がったおかげで、塊感というか安定感を強く感じます。
無音で無臭で、総合的な乗り心地はかなり良いと自分は感じています。

【燃費】
1年間使用し、初回3月に40L、12月に20L、1月に20L、合計80L給油しました。
冬は暖房のためにエンジンを使用するので給油が必要です。
ただシートとハンドルのヒーターのお陰で、自分のみの乗車で近距離の移動時には暖房(エンジン)を使用する必要がありません。
また電気自動車の走行距離は、満充電で、夏場は約30kmですが、冬場は17kmとほぼ半減します。
寒冷地であり仕方がないと思いますが、冬の走行距離の短縮は自分の中では少し問題と感じます。
満充電にするために消費している電力はほぼ同じ(だと思います)なのに、可能走行距離半減は結構問題ではないでしょうか。

【価格】
プリウスと比較してしまうと、その差額を、電気代で走行することで元は取れません。
ただ「通常のガソリンエンジン」と「リチウムイオン電池による駆動するモーター」という、動力源が2つが存在するこの車で、この値段は破格なのかもしれません。
車の中で最もコストが高い動力源が2つあることは、よくよーく考えてみると贅沢すぎるというか、もしかしたら結構無駄なのかも・・・、と、時に考えたりします。エンジンをほとんど使用していないのにオイルなどの消耗品を交換することは、ちょっと申し訳ない気がします。

【総評】
良いです。
本当にエコなのかどうなのかは置いといて、自分にとっては運転していてとても楽しいクルマです。
ただ、要改善点もあります。
バッテリー容量の拡大、充電プログラムの多様性(今は充電開始時間とおよその充電完了時間しか設定できません)、後座席シートのシートヒーター、HVとの価格差縮小、その辺りが必要と感じます。
でも、それくらいなんです、実際に不満な点は。
次世代はこの辺りを改良してもらえれば、よりお薦めできます。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年3月
購入地域
東京都

新車価格
329万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
30万円

プリウスPHVの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

VR4-Fさん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
3件
デジタル一眼カメラ
2件
4件
デジタルカメラ
1件
1件
もっと見る
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2
満足度3

【エクステリア】
黒でしたが、なかなかしまってていいですね!
さりげなくないPHVのロゴで雰囲気を醸し出しています
【インテリア】
これはいい!さすがにレザーのおかげで、高級車チックなイメージになっています。
【エンジン性能】
電気で走るときも、ガソリンでも充分なパワー
静かですし
【走行性能】
町中でも気持ちよく加速

【乗り心地】
普通にいい車

【燃費】
ガソリンほとんど使わないなあ

【価格】
ちょっと手がでないですね

【総評】
車としてのできはいい!
高級車、といってもいいのかも。
ただ、充電が面倒なのに、たいして距離走らないです。郊外に住んでると、スーパーまで往復して、駅に行って…はい、電池の切れみたいな感じ



乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
試乗

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:326〜422万円

中古車価格帯:79〜469万円

プリウスPHVをお気に入り製品に追加する <210

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

電気料金比較 価格.com限定キャンペーン実施中
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意

価格.comマガジン
注目トピックス