QUAD-CAPTURE UA-55 レビュー・評価

QUAD-CAPTURE UA-55

QUAD-CAPTURE UA-55のピックアップリストを作成
  • QUAD-CAPTURE UA-55をお気に入り製品に登録<238

最安価格(税込):¥25,962 (前週比:+2,162円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2011年 5月下旬

店頭参考価格帯:¥26,480 〜 ¥26,480 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ QUAD-CAPTURE UA-55のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > ローランド > QUAD-CAPTURE UA-55

QUAD-CAPTURE UA-55 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.45
レビュー投稿数:10人 (プロレビュー:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 無評価 4.31 -位 見た目のよさ、質感
音質 無評価 4.41 -位 音質の良さ
操作性 無評価 4.29 -位 操作のしやすさ
機能性 4.66 4.16 -位 搭載機能が充実しているか
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

QUAD-CAPTURE UA-55

QUAD-CAPTURE UA-55のレビューを書く

レビュー投稿で現金5,000円をプレゼント

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

にゃんこ大魔王()さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
7件
2件
ヘッドホン・イヤホン
3件
1件
ノートパソコン
0件
1件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性3
満足度4

初段に再レビュー追加分を書き足します。
この製品は、カラオケ用、マイク録音用として使い勝手の良い機能が前面に配置されてます。
本格的にギターを録音する、とかは忘れて、ボーカル入力器にすると別途ハードの真空管マイクプリアンプから繋いで内蔵のコンプも活きてきます。
LとRをスワップするスイッチでも付いていたら更に使い勝手が良かったかと思います。
この価格帯に求める質・用途からして、十分なものです。とにかくボーカルのトレーニングには役立ちます。ギターは繋ぎますが、基本、アナログミキサー使ってますので、とにかくボーカル用の機器として推奨します。
--------------------------

少し前の頃までPC音楽入出力部分の中心的な役割、サウンドカードとしての機能をQUAD-CAPTURE UA-55に担わせていました。
DACにHi-Z入力、XLR/TRS入力、midi入出力、TRS出力、デジタル入出力、簡易ミキサー、プリアンプ、コンプ、低レイテンシASIO、等々、小規模なものなら、これ一台でまかなえます。

コアキシャル入出力使用時の制限、192kHz時の制限、USBによる電源供給、また、メーカーの意向か何かが理由で、このシリーズにオプティカル(光デジタル)入出力がないことなどが仕様上のきっかけ、個人的な理由としては、どうにも音声にノイズが乗ってしまう現象の解決への決意が、環境の改善・機材の変更を行なうきっかけとなりました。

環境改善の方向性としては、とにかく音楽処理をPCに依存させない構成、USB接続の専用DACの導入、USB無し専用アナログミキサーの導入、USB無し専用再生環境(更なるHPA)の導入です。
DAW使用時のアナログ入力手段(ギター演奏の録音時など)だけは、今だにQUAD-CAPTURE UA-55に任せています。

楽器の入力手段としてQUAD-CAPTURE UA-55よりグレードを上げるとなると、RMEその他専門ブランド製品に行くか、USB接続ミキサーの上位のものに行くかくらいしか選択肢が無く、またその場合、導入に必要な予算も2〜3万円だったところが、7〜13万円と、いきなり上がるので、QUAD-CAPTURE UA-55の降板の機会はなかなか訪れません。

ただ、再生専用機器とする場合、オプティカル(光デジタル)入出力がないことが、機材増築で音質のグレードアップを望む時のボトルネックとなると思います。

悩まされていたノイズですが、恐らくQUAD-CAPTURE UA-55自体の問題ではないのですが、INPUTジャックにケーブルその他を差し込んでいる状態で、時折、破裂音に似たようなノイズが発生し、オレンジ色のピークメーターがその都度光るというものです。原因発生箇所は未だに不明で問題解決には至っていませんが、1Uラック型のアナログ機器用・デジタル機器用接続が別回路構成になっている電源コンディショナーを導入することで、ノイズ発生の消滅には成功しました。

QUAD-CAPTURE UA-55のケースも開けて中の基板も見てみましたが、見た感じはアナログ・オーディオ機器では全くなく、完全にデジタルなパソコンパーツのようでした。簡単に弄れる箇所はなさそうです。

音関係で色々やりたい人で、桁違いの予算持ちでなければ、この商品で間違いない(他の選択肢も少ない)感じです。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

coltanさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピードテスト(光ファイバー)
0件
3件
デスクトップパソコン
2件
0件
音楽ソフト
1件
1件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性4
満足度4
   

質感もいいし、格好いいですよ

   

【安定性】まだ買ったばかりなので不明です。

【音質】皆さんが仰るほどいいかどうか分かりませんが、まずまずでしょうか?

【機能性】いいと思います。

【入出力端子】ギターとキーボードをつなげるOIとして買ったので満足です。

【付属ソフト】sonarX LEは音源もプラスされていて十分使えると思います。

【総評】満足です、箱崩れ商品として2万円で買いましたが外箱を包む段ボールが崩れているだけでしたw

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

新・法務太郎さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
59件
スマートフォン
4件
9件
ビデオカメラ
2件
2件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

200PCI LTDと遜色ない。

サブマシンに導入したが、
サウンドに関しては、どっちがメインか解らなくなった。(^_^)

よく言われるが、
音響空間に立体感があり、音質がフラットで個人的には大変聞きやすい。

多機能なオーディオインターフェイスカードだが、
鑑賞重視の用途にも十分に耐える。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

安物買いの反省鳩さん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:179人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
5件
0件
マウス
4件
0件
AVケーブル
4件
0件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

10年以上前にDTMをやっていて、ずっと御無沙汰だったのですが、また趣味で一から始めてみようと思い、自分の実力や将来の拡張性まで考えてこの製品で5年は行けると思い購入しました。打ち込み専なのでギター入力やマイク入力などの評価は出来ませんので、ここはこの機器をリスニング用として使った場合を想定して評価します。

【安定性】
この機器を使われる人ならドライバーはWASAPIではなく、ASIOを使われると思います。ASIO用のドライバーはローランド謹製の結構しっかりしたインターフェイスを持つモノが使えます。サンプリングレートの変更はこのドライバーで指定しないと音が鳴りませんが、きちんと設定すれば音が鳴らないなどの不具合は今まで起こった事がありません。満点評価です。

【音質】
肝心の部分です。これはもう混じりけのないフラット中のフラットな音が出ます。心地の良い音に対するアプローチではなく、あくまでDTM、モニターサウンドに特化されたごまかしのない音です。リスニングするなら好みの音にイコライジングしてあげてください。

素晴らしいフラットな音が出るので、音の加工に対する変化をモニターし易く、正にDTM用としてはお買い得といっても過言ではないかと感じました。

またJAVS X-DDCからこのUA-55にデジタル入力してD/Aコンバータとしても動かしてみました。すると見事にX-DDCで加工されていた音が窄みました(笑)。UA-55はあくまで基本の軸足はオーディオI/Fであり、DTM用であるという事がわかります。

フラットな音が聴覚上心地よい訳ではない、例えばドライバーをASIOにすれば音が良くなる、といった妄信的な考え方は捨ててください。カーネルストリーミングだとかASIOだとかWASAPIだとか、PCオーディオの世界には様々なアプローチがあると思いますが、それはあくまで出力の手段の一つであり、音質を向上するものだとか、良い音が鳴るだとかいうものとは根本的にとは言いませんが違います。

音楽制作からリスニング用途まで幅広く対応したオーディオI/F、と位置付けるのではなく、音の特性だけを取り出すならばどのような音も加工されないフラットな音が鳴る機材である、と私は感じました。

【機能性】
リスニング用途としての機能性は特にありません。多様なドライバーに対応するだけで、エフェクト用の専用ドライバーなどは付属しません。ただ、DAWソフトであるSONAR X1 LEが付属しそれを利用する事でVST/iVSTのエフェクターが利用できるので、マニアックな音響を楽しめる土台はしっかりしています。リスニング用ではないですが。

【入出力端子】
出力は同軸光が1系統、XLR端子が1系統、TRS端子が1系統です。USB使用時はサンプリングレートが96kHzまでとなります。標準ピンが利用できませんが、機器の特性から考えてもこれは普通と言えるかと。入力はPCオーディオ用として考えた場合はUSBか光を使う事になると思います。アナログ入力がファンタム電源対応のものしかないですが、デジタル入力が前提なら困る事もないでしょう。

【付属ソフト】
SONAR X1 LEというDAWソフトが付属します。DAWソフトは安くても1万円近くするので、定評あるSONARがLE版とはいえ付属するのは嬉しいですね。これを再生ソフトとして利用するのはかなりマニアックではありますが。。。

【総評】
DTM初心者、打ち込み専、2系統以下のリアルタイム録音しか想定していない人、などのDTM用としては非の打ちどころのない至高の機器です。それらのレビューは他の方がやっているので切り口を変えて評価してみましたが、リスニング用としてのUA-55は良くも悪くもモニターサウンド全開な出音です。音の素状そのままに取り出す事が出来るので、他のリスニング用PCオーディオカードを持っているなら、その音がどのような味付けになっているのかが一目瞭然に出来ます。

このようなDTM用の機器をリスニング用としてメインに据えるのは正直お勧めできませんが、デジタル・アナログどちらから出力しても音が一切破たんせず、高品質なフラット音を響かせてくれるので、新規購入したサウンドカードの特性を把握するのにはぴったりです。

良くある話ですが、新しいオーディオボードを購入し、音を聞くと新しく購入した物の方が音が良い、といった感覚に最初襲われます。で、徐々に聴きこなしていくとそれが曖昧になり、どっちの音の方が本当は良かったのかわからなくなる。。。私はそれにはまりかけました。

その錯覚から逃れるきっかけを与えてくれたのがこのUA-55です。音の指標として使えるのはとても大きい。値段は2万円超でおいそれと手を出せる金額ではないですが、何がフラットな音なのかを常に認識しつつ、自分の好みの音を出せるサウンドカードを選択出来る、そんな事をメリットとして考えれる方は購入をお勧めします。とにかく音の素性は非常に良好と感じれます。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

幻夜祭@AZOOZAさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:123人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ハードディスク・HDD(3.5インチ)
3件
0件
充電池・充電器
2件
1件
タブレットPC(端末)・PDA
1件
1件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

オーディオインターフェイス等の機材関連は初心者、
DTMは中級者のレビューです。

【安定性】
今までASIO非対応のONKYO製を永年使用してきましたが、稀に認識に失敗
したりと不安定でしたが、当製品は順調です。

【音質】
モニターヘッドフォンでも変化が判るほど、高品質でした。
非常に素直な出力です。

【機能性】
AUTO-SENSで一発、とは行かないものの、どの程度の入力レベルなのかを
目視できるのは意外と便利でした(期待していなかっただけに)
スイッチ類、つまみ類の操作性も良く、またドライバの詳細設定にも
感心しました(ASIO関連等)。

【入出力端子】
前面の入力端子、素人なので初めはXLRプラグのみ!?と動揺してましたが、
ギターシールドケーブル等と同様のプラグが挿せる事を知り安心しました。
ただ、光(COAXIALではない)出力は欲しかったです。

【付属ソフト】
もともと SONAR X1 を持ってるため、無評価(未開封)です。
ドライバもサイトから最新版を持ってきましたし。

【総評】
正式にASIO対応のIFが欲しかったため、なんとなくチョイスしましたが、
PC-50(Keyboard)からのレイテンシーもほぼゼロになり、非常に快適です。
またギターはME-25マルチ経由での入力も問題なく、環境が向上。
コンデンサーマイクにも関心があるため、今後の拡張性という意味でも
非常に良い買い物だったと思います。

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おぺちんさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:202人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

キーボード
4件
2件
自動車(本体)
4件
0件
マウス
3件
0件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5
 

汚くてすいませんw

本体です。

 

DTMや音楽鑑賞用に購入。
前はSound Blaster Digital Music Premium HDを使用してました。

【安定性】
Z68チップセット環境で問題なく動作してます^^

【音質】
さすがローランドw癖のない、綺麗な音です^^
マイクも高品位なプリアンプ内蔵なのでノイズもなくいいです!
ただ、FPSやサラウンドがいいという場合にはサウンドブラスターのほうがいいかもしれませんね^^;

【機能性】
オーディオインターフェイスのコンパクトなものの中では一番だとおもいます^^
なれないと操作はわかりにくいですが^^;
ASIO対応なのもいいです^^MIDIキーボード等使ったりするのでしたら必須なのでw

【入出力端子】
PC用途にしてはマイナーな端子が多いので3で^^;
アナログ出力がモノラルフォン端子でLとR二本での出力。デジタルも光は無く、RCAです。
マイク等の入力もXLRかフォン端子。ファンタム電源とHI-zがついてるのはいいですね^^
PC用マイクは使用不可能です。ダイナミックマイクor通常のコンデンサーマイクを使いましょう。

【付属ソフト】
ソナーLEがついてくる!!これはかなりいいとおもいます^^
自分はCUBASE4.5.2を使っているのですが、ソナーLEでも普通のDTMは十分できます^^
リバーブやエフェクトもかけれますし、使い方さえ覚えればとても有効活用できるのではないでしょうか?^^

【総評】
思ってた以上にコスト的にも満足できるものなのでよかったです^^

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Shion1717さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:153人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカード
8件
76件
CPUクーラー
2件
19件
マザーボード
0件
16件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

昔はクリエイティブのサウンドカードを使ってましたが、音はいいのですが、
新しいドライバーを入れたら、ブルースクリーンとか・・・わけがわかりません。
後は、音が繰り返し鳴ったりと、多々不具合がありました。
で・・・その後、新しくもないのですが、パソコンにつけたら、相性が悪くて、
友達にあげました。
私は、自作マシーンなので、ちょこちょこパーツを変えて使ってます。
それからずーーーっとオンボードで我慢していましたが、仕事上?録音したり、収録する機会もでてきたので、ネットで調べたり、店員さんに聞いたり・・・このサウンドカードに辿り着きました・・・。
今日買ったばかりなのですが・・・正直、やっぱオンボードとじゃ比較にならないなーと、感じました。
低音から高音まで色々試しましたが、どの音も抜群に良い。
正直・・・昔使った、クリエイティブのサウンドカード、AUDIGY2のPREMIUMが、昔使っていた、サウンドカードですが、完全に勝ってますね。
まぁ・・・昔のと比較しても仕方ないですが・・・。
なにより、安定性が抜群です。
それとついているソフトも良いです。
今から買う人には是非・・・至高の一品です。
これしかありません!!

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

janner156さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

WEBカメラ
1件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

かの有名な、X-fi-goからこちらの商品に買い替え。
Creative製品は安定性?なにそれ、おいしいの?状態で、ブルースクリーンのオンパレードでしたが、こちらは特に問題なし。
音質に関しても、イヤホンでは、EP-650という2000円程度のものなので音がちょっと明瞭になったか……な?くらいの認識でしたが、スピーカーで聞くと、今まで一つの音の塊として出力されていたボーカル、ギター、ベース、ドラムが別個の存在として各々アピールして来ます。安物しか使ったことが無いので、ちょっとした感動を覚えましたね。
機能に関してですが、自動感度調節などは重宝します。どれほどのマージンを持たせるか、も設定次第で変えられるので、マージン取りすぎて小さい、なんてことにはならずに済みます。オーディオデバイス使ってた人にとっては、マイクブーストにあたる機能、ゲイン。コイツの存在に気付くまで、歌うくらいの声出さなきゃちょっと入力音量小さいじゃねえか……ってなってました。設定は、自作機を組んでいる自分が一晩かけるレベル、ただし、説明書見たら一発で分かりました。形骸化している説明書もある中、役に立つ説明書でしたね。
入出力端子ですが、スピーカー用の端子は音楽的に素人な自分はちょっと困惑しました。よく見るほっそい線一本のコードでは繋げられません。変換コードを買いましょう。
ヘッドホン端子も、変換プラグが必要です。
XONAR……まだ入れてないんです……w
全体的に、満足の行く内容でした。ただ、ダイレクトモニタのツマミを12時の位置より回すとホワイトノイズが激しく自己主張してくるのは仕様なのでしょうか。
どんだけ上げても大丈夫だとばかり思ってたのでショックでした。十分音は取れるんですけどね。

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

te27mbqさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:174人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
3件
31件
AVアンプ
4件
26件
スピーカー
5件
20件
もっと見る
デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

宅録も行いますが、ビートルズのUSB(24BIT 44.1khz FLAC)を再生した結果、音楽鑑賞にも十分に使える事が判りましたのでレビュー致します。
バンドメンバーが購入して価格のわりに非常に音が良いと教えられましたのでヨドバシや島村楽器等へ行きましたが、どこも売り切れでしたので通販にてベルキンケーブルとセットで25000円で購入致しました。

USB2.0パスパワーのみの給電でノイズや音切れが本当に発生しないのだろうか?と心配しましたが杞憂に終りました。意図的にPCへ負担をかけない限り音切れ等は発生しませんでした。
ただし私は最初からベルキン社製のUSBケーブルを使用していますので少しは助けになっているのかもしれません。

音楽を聴いて楽しむ用途においてはオーディオメーカーの製品とは違い、音の脚色がとても少なく回路設計と使用部品の選別がしっかりと行われていると推測できます。
私はスペック派ではありませんが、この製品はSN比は良好な部類ですし音の定位も平べったいものではななく楽器・ボーカル等、曲が替われば前後左右自由にに移動します。
録音内容を正確に再生してくれる傾向です。
低音〜高音までスカッと抜けます、軽すぎたり暗い音調ではありません。
楽器を演奏される方でしたら、この価格での録音・再生音としては皆さん良いと評価していただけるものと思います。
再生時、コントロールパネルより任意でサンプリング周波数を44.1・48.0・96.0・192.0へ切り替えられますので効果を自分の耳で確認出来る点がオーディオメーカー製品よりも良いと思います。
音楽再生音質においては定価が2倍程度の製品に対抗出来ると思いますので初めてPCオーディオの道に入られる方にもお勧めしたいです。
10万前後のアンプ・スピーカーとの組み合わせでもパランス的に負けないものが有ります。
音の脚色が少ないので、お気に入りのアンプ・スピーカーをお持ちの方へは価格対効果においては優れた効果があると思います。
宅録派の方には音質もさる事ながら便利機能が満載です。

RCA出力端子だけは欲しい装備ですが、肝心な音質が予想以上に良いので許せます。
ケースのデザイン・仕上げも良くカッコイイです。
大きさも、小さすぎず大きすぎすで、この価格でよくぞ作ってくれたと思います。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

藤本健さん

  • レビュー投稿数:27件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

デザイン無評価
音質無評価
操作性無評価
機能性5
満足度5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

OCTA-CAPTURE譲りの回路となっているQUAD-CAPTURE

リアパネルにはラインアウトとS/PDIF入出力、さらにMIDI入出力も

ASIOドライバの設定なども簡単に行える

オーディオインターフェイスは、DAWと連携させたマルチトラックレコーディング用途、波形編集ソフトを使っての編集用途、さらには最近流行りのPCオーディオ用途とさまざまあるが、それぞれの利用が可能で、かつ高性能で非常に扱いやすい製品というのが、RolandのQUAD CAPTURE(UA-55)だ。

これは名前からも分かるとおり、Rolandのフラグシップモデル、OCTA-CAPTUREの下位モデルであり、OCTA-CAPTUREが10IN/10OUT(マイクプリが8つあるので、OCTAの名称となっている)であるのに対し、QUAD CAPTUREは4IN/4OUTというもの。確かにチャンネル数が違うが、基本的に同じパーツが使われており、音質性能はほぼいっしょとなっている。

実際、フロントには2つのコンボジャックが搭載されており、ここにライン、マイク、ギター(左チャンネルをHi-Zに設定して対応)が接続可能となっており、それぞれにOCTA CAPTURE同様のマイクプリも搭載されている。

またAUTO-SENS機能がついているのも大きなポイントで、このボタンを押してリハーサル入力をすると、その際の最大レベルを元に、入力ゲインを最適化してくれるのだ。オーディオインターフェイスで録音する場合、その入力ゲインをどう設定するかで音質は大きく変わってくるわけだが、それを自動的に行ってくれるというのは、素人ユーザーにとってはもちろん、かなり使い込んでいるユーザーにとっても非常にうれしい機能なのだ。

スペック的には最高で24bit/192kHzにまで対応しているので、どんな用途にでも活用可能。こうした高音質で入出力をするためにはUSB 2.0対応が必須となり、数多くあるUSB 1.1対応のオーディオインターフェイスとは一線を画している。

ただし従来USB 1.1対応のオーディオインターフェイスには大きなメリットがひとつあった。それはUSBバスパワーで駆動するということ。大半のUSB 2.0対応のオーディオインターフェイスはACアダプタが必要であり、前述のOCTA-CAPTUREも例外ではない。そのため持ち運びや外での使用を考えると面倒でもあったのだ。しかし、このQUAD CAPTUREはUSB 2.0対応で、24bit/192kHzに対応しているにも関わらず、USBバスパワーで動作してくれる。これが最大のメリットといってもいいかもしれない。

なお、4IN/4OUTの内訳は、アナログが2IN/2OUT、デジタル(コアキシャルS/PDIF)が2IN/2OUTであり、アナログの同時4入力ができるというわけではないが、通常の使用ならこれで十分という人も少なくないはず。それ以上の入力を必要となると、やはりACアダプタ対応の製品が必要となってくるが、コンパクトで高音質を望むユーザーにはお勧めできる製品だ。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

QUAD-CAPTURE UA-55
ローランド

QUAD-CAPTURE UA-55

最安価格(税込):¥25,962発売日:2011年 5月下旬 価格.comの安さの理由は?

QUAD-CAPTURE UA-55をお気に入り製品に追加する <238

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
最高水準のポイント還元率 REX CARD(レックスカード)
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意