『やればできるプリンター(汗 【再レビュー】』 CANON PIXUS iP2700 うたたね猫さんのレビュー・評価

PIXUS iP2700

  • 約445(幅)×130(高さ)×250(奥行)mmで重量約3.4kgの小型ボディを採用したA4インクジェットプリンターのエントリーモデル。
  • 写真に強い染料インクと文字に強い顔料インクの4色インクカートリッジを搭載し、粒状感を抑えた写真に仕上げられる。
  • インクタンクとプリントヘッドを一体化させた「FINEカートリッジ」を採用し、ワンタッチで交換できる。
PIXUS iP2700 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥3,289 (前週比:+310円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2010年 2月下旬

店頭参考価格帯:¥3,290 〜 ¥3,520 (全国1581店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:4800x1200dpi PIXUS iP2700のスペック・仕様

この製品を見た人はこんな製品を見ています

製品をまとめて比較する

PIXUS MG3630

PIXUS MG3630

満足度:
3.86

¥6,102

カラリオ PX-045A

カラリオ PX-045A

満足度:
3.46

¥5,373

PIXUS TS8030

PIXUS TS8030

満足度:
3.97

¥16,297

プリビオ DCP-J567N

プリビオ DCP-J567N

満足度:
4.32

¥7,158

PIXUS TS5030

PIXUS TS5030

満足度:
4.29

¥10,830

PIXUS iP7230

PIXUS iP7230

満足度:
2.82

¥12,999

プリビオ DCP-J968N

プリビオ DCP-J968N

満足度:
4.15

¥10,385

カラリオ PX-049A

カラリオ PX-049A

満足度:
4.33

¥6,770

カラリオ EP-709A

カラリオ EP-709A

満足度:
2.86

¥9,000

PIXUS MG5730

PIXUS MG5730

満足度:
3.63

¥11,000

カラリオ EP-879A

カラリオ EP-879A

満足度:
3.74

¥14,800

PIXUS TS6030

PIXUS TS6030

満足度:
3.33

¥14,247

PIXUS iP110

PIXUS iP110

満足度:
4.34

¥21,049

PX-S160T

PX-S160T

満足度:
4.72

¥18,817

PIXUS MG7730

PIXUS MG7730

満足度:
3.72

¥16,800

プリビオ DCP-J562N

プリビオ DCP-J562N

満足度:
3.99

¥―

カラリオ EP-808A

カラリオ EP-808A

満足度:
3.75

¥12,480

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • PIXUS iP2700の価格比較
  • PIXUS iP2700の店頭購入
  • PIXUS iP2700のスペック・仕様
  • PIXUS iP2700の純正オプション
  • PIXUS iP2700のレビュー
  • PIXUS iP2700のクチコミ
  • PIXUS iP2700の画像・動画
  • PIXUS iP2700のピックアップリスト
  • PIXUS iP2700のオークション

『やればできるプリンター(汗 【再レビュー】』 うたたね猫さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:300人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
8件
107件
マザーボード
14件
20件
CPU
14件
10件
もっと見る
デザイン4
印刷速度2
解像度3
静音性1
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト無評価
サイズ4
満足度5
やればできるプリンター(汗 【再レビュー】

9ヶ月ぶりに開梱!(汗

染料カラー3色と顔料黒の各一体型インク。もう少し安ければいいのですが…

ヘッド位置調整は必ず行いましょう。

左:推奨設定で印刷 右:自己設定。全体的に濃さが違います。

上:E-350Gでの印刷 中:iP2700推奨設定印刷 下:iP2700自己設定印刷

背面給紙機はプリンタ設置に場所をとりますが個人的には背面給紙の方が扱いやすいです

キヤノン オンラインショップで購入しました。
丁度、値引きクーポンもあったので活用し総額1,700円
(送料込み)でしたが実はこれ『 2016年3月 』の購入です。
9ヶ月間部屋の中に未開封で置きっ放しでしたが
目的はただ一つ、「年賀状印刷」の為に温存してました。
ついに利用する時(2016年12月)がきたので他に所有している
MG5630、EPSON・E-350G等と比較しながらレビューいたします。

【デザイン】
艶消し黒ベースのシンプルなボディで好みです。
排紙トレーが無い事に賛否両論があるとは思いますが
僕は小型の折りたたみテーブルの上にiP2700を置いて
印刷しています。印刷で排出された紙がテーブルの上に
ズサーッと滑りつつ重なりますし、印刷物も普通に掴めますので
不便を感じた事はないです。

あと、スタンダードな背面給紙ですが2012年秋の発表機種から
2016年秋に発表された機種が出るまでの4年間、キヤノンには
背面給紙機種(特に複合機)がほぼ無い状態でした。
純正外の市販印刷紙使用や名刺印刷などちょっと無理がきく
背面給紙機種が無いに等しかった4年間は個人的には
暗黒の4年間(汗)に思えます。
その意味ではこのiP2700は4年間、背面給紙使用を望む人達の
受け皿として孤軍奮闘し、キヤノンのプリンタ地盤を支え続けた
と言っても過言ではないと思います。


【印刷速度】
遅いです(汗)MG5630と比べると尚更遅さを感じます。
印刷品質を重視し「きれい」を選択した場合は特に遅くなります。
「速い」にすればそれなりに速くなりますが今度は印刷画質が落ちます。


【解像度】
今回、年賀状印刷目的で購入しましたが印刷内容は黒文字文章と
カラーイラストの組み合わせです。(印刷紙はインクジェットはがき)
早速試し刷りをしたのですが…黒文字もカラーイラストも色が薄くて
全体的に締りが無く「え?何これ?」状態。
同じ印刷紙でE-350Gで印刷したところ、黒文字もカラーイラストも
色がハッキリ出ている…。
これは買って失敗したかな?と後悔し始めましたが設定を変えて
みたところ、E-350Gとほぼ互角の画質で印刷する事が出来ました。

用紙の設定 「インクジェットはがき」→「普通紙」に変更
印刷品質  きれい
色/濃度   「自動」→「マニュアル調整」に変更、濃度は0→20に

これらに変えてから印刷を進めると途中で「この組み合わせは
推奨しません」みたいな表示が出ますがこの時は「変更しない」を
クリックしてそのまま印刷に進みます。
結果、「何これ?」な印刷画質から黒文字もカラーイラストも
ハッキリ色が出て中々綺麗なインクジェットはがき印刷になりました。

ちなみに写真印刷画質ですが染料カラー3色ではどう足掻いても
染料4色のE-350Gにはかないません。
ただでさえキヤノンの写真画質は薄く赤茶色がかった感じなのに
染料「黒色」が無いのは致命的です。
それでもちょっと足掻いてみました(汗

色/濃度 「自動」→「マニュアル調整」に変更
シアン  濃度 0→+5
マゼンタ 濃度 0→−9
イエロー 濃度 0→−9
明るさ  標準→暗く
濃度      0→+10
コントラスト  0→−10

印刷した写真用紙はiP2700・E-350G共に富士フィルム
写真仕上げ光沢プレミアム。
iP2700の設定・用紙→「光沢ゴールド」、印刷品質→「きれい」
E-350Gの設定・用紙→「EPSON写真用紙」、印刷品質→「きれい」

キヤノンの薄赤茶っぽさがある画質が好みではないのでこのような
設定にしましたが、やはり染料の黒色が無いのは厳しいですね。
結論として…写真画質は割り切りましょう!(おい
このようにこのプリンタは標準・推奨設定のままで印刷するのではなく、
色々な設定をしてみて好みの色が出るよう工夫する必要があると思います。

あと、ヘッド位置調整は1回したきりではなく定期的に行った方が
いいと思います。ある程度枚数を印刷した後で再度位置調整を
したところ僅かですがズレが出てる箇所が幾つかありました。


【静音性】
うるさいです(最初から諦めてますw
MG5630もうるさめですがiP2700はさらにその上をいきます。
サイレント設定にすれば少しは抑えられますが、それでも
ガッシャン!ガッシャン!キュルキュルと音はします(汗


【ドライバ】【付属ソフト】
PIXUSホームページで最新ドライバをDLしインストールしました。
特に問題はありません。付属ソフトは十分過ぎるほどあると思います。
でも僕は最新ドライバしかDLしてないので使っていません。


【印刷コスト】
印刷コスト面でいうと一体型インクは独立型インクに
比べて割高なのですがiP2700本体一式の激安な実売価格が
それを感じさせない状況になっているので未評価にします。

ちなみに一体型インク二つ(カラー+黒)を購入した場合、
金額的には本体一式購入より高く(2016年12月現在)
なってしまうのでコスト的には☆1つ〜2つ。
逆にインクが無くなる度に新たに安いiP2700を購入すれば
新品であると共にインクと保証まで付いていてお得なので
コスト的には☆5つですが、その度に新品に買い換えて、
前の物を処分しなければならない事を「環境&エコ」の観点で
見た場合、「本当に環境に配慮してると言えるのかな?」
と思いますね。


【サイズ】
コンパクトで良いです。
もう少しだけ横幅が狭ければ言う事無しです。


【総評】
うるさい、遅い、色々設定を変えてみないとダメとか
結構キツめの評価をしましたが満足度は☆5つです。
実売3千円前後の激安価格の物に色々求めるのは酷かなと
思いますし、工夫次第で結構使えるプリンターとも思います。

※2017/1/23
一部文章訂正&追加しました。

印刷目的
文書

参考になった22人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
デザイン4
印刷速度2
解像度3
静音性1
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト無評価
サイズ4
満足度5
やればできるプリンター(汗 【再レビュー】

9ヶ月ぶりに開梱!(汗

染料カラー3色と顔料黒の各一体型インク。もう少し安ければいいのですが…

ヘッド位置調整は必ず行いましょう。

左:推奨設定で印刷 右:自己設定。全体的に濃さが違います。

上:E-350Gでの印刷 中:iP2700推奨設定印刷 下:iP2700自己設定印刷

プリンタ設置に場所をとりますが個人的に給紙としては背面給紙の方が扱いやすいです。

キヤノン オンラインショップで購入しました。
丁度、値引きクーポンもあったので活用し総額1,700円
(送料込み)でしたが実はこれ『 2016年3月 』の購入です。
9ヶ月間部屋の中に未開封で置きっ放しでしたが
目的はただ一つ、「年賀状印刷」の為に温存してました。
ついに利用する時(2016年12月)がきたので他に所有している
MG5630、EPSON・E-350G等と比較しながらレビューいたします。

【デザイン】
艶消し黒ベースのシンプルなボディで好みです。
排紙トレーが無い事に賛否両論があるとは思いますが
僕は小型の折りたたみテーブルの上にiP2700を置いて
印刷しています。印刷で排出された紙がテーブルの上に
ズサーッと滑りつつ重なりますし、印刷物も普通に掴めますので
不便を感じた事はないです。

あと、スタンダードな背面給紙ですが2012年秋の発表機種から
2016年秋に発表された機種が出るまでの4年間、キヤノンには
背面給紙機種(特に複合機)がほぼ無い状態でした。
純正外の市販印刷紙使用や名刺印刷などちょっと無理がきく
背面給紙機種がほぼ無い4年間は個人的には暗黒の4年間(汗)
に思えます。
その意味ではこのiP2700は4年間、背面給紙使用を望む人達の
受け皿として孤軍奮闘し、キヤノンのプリンタ地盤を支え続けた
と言っても過言ではないと思います。


【印刷速度】
遅いです(汗)MG5630と比べると尚更遅さを感じます。
印刷品質を重視し「きれい」を選択した場合は特に遅くなります。
「速い」にすればそれなりに速くなりますが今度は印刷画質が落ちます。


【解像度】
今回、年賀状印刷目的で購入しましたが印刷内容は黒文字文章と
カラーイラストの組み合わせです。(印刷紙はインクジェットはがき)
早速試し刷りをしたのですが…黒文字もカラーイラストも色が薄くて
全体的に締りが無く「え?何これ?」状態。
同じ印刷紙でE-350Gで印刷したところ、黒文字もカラーイラストも
色がハッキリ出ている…。
これは買って失敗したかな?と後悔し始めましたが設定を変えて
みたところ、E-350Gとほぼ互角の画質で印刷する事が出来ました。

用紙の設定 「インクジェットはがき」→「普通紙」に変更
印刷品質  きれい
色/濃度   「自動」→「マニュアル調整」に変更、濃度は0→20に

これらに変えてから印刷を進めると途中で「この組み合わせは
推奨しません」みたいな表示が出ますがこの時は「変更しない」を
クリックしてそのまま印刷に進みます。
結果、「何これ?」な印刷画質から黒文字もカラーイラストも
ハッキリ色が出て中々綺麗なはがき印刷画質になりました。

ちなみに写真印刷画質ですが染料カラー3色ではどう足掻いても
染料4色のE-350Gにはかないません。
ただでさえキヤノンの写真画質は薄く赤茶色がかった感じなのに
染料「黒色」が無いのは致命的です。
それでもちょっと足掻いてみました(汗

色/濃度 「自動」→「マニュアル調整」に変更
シアン  濃度 0→+5
マゼンタ 濃度 0→−9
イエロー 濃度 0→−9
明るさ  標準→暗く
濃度      0→+10
コントラスト  0→−10
(使用用紙は光沢ゴールド、印刷品質は「きれい」)

キヤノンの薄赤茶っぽさがある画質が好みではないのでこのような
設定にしましたが、やはり染料の黒色が無いのは厳しいですね。
結論として…写真画質は割り切りましょう!(おい
このようにこのプリンタは標準・推奨設定のままで印刷するのではなく、
色々な設定をしてみて好みの色が出るよう工夫する必要があると思います。

あと、ヘッド位置調整は1回したきりではなく定期的に行った方が
いいと思います。ある程度枚数を印刷した後で再度位置調整を
したところ僅かですがズレが出てる箇所が幾つかありました。


【静音性】
うるさいです(最初から諦めてますw
MG5630もうるさめですがiP2700はさらにその上をいきます。
サイレント設定にすれば少しは抑えられますが、それでも
ガッシャン!ガッシャン!キュルキュルと音はします(汗


【ドライバ】【付属ソフト】
PIXUSホームページで最新ドライバをDLしインストールしました。
特に問題はありません。付属ソフトは十分過ぎるほどあると思います。
でも僕は最新ドライバしかDLしてないので使っていません。


【印刷コスト】
印刷コスト面でいうと一体型インクは独立型インクに
比べて割高なのですがiP2700本体一式の激安な実売価格が
それを感じさせない状況になっているので未評価にします。

ちなみに一体型インク二つ(カラー+黒)を購入した場合、
金額的には本体一式購入より高く(2016年12月現在)
なってしまうのでコスト的には☆1つ〜2つ。
逆にインクが無くなる度に新たに安いiP2700を購入すれば
新品であると共にインクと保証まで付いていてお得なので
コスト的には☆5つですが、その度に新品に買い換えて、
前の物を処分しなければならない事を「環境&エコ」の観点で
見た場合、「本当に環境に配慮してると言えるのかな?」
と思いますね。


【サイズ】
コンパクトで良いです。
もう少しだけ横幅が狭ければ言う事無しです。


【総評】
うるさい、遅い、色々設定を変えてみないとダメとか
結構キツめの評価をしましたが満足度は☆5つです。
実売3千円前後の激安価格の物に色々求めるのは酷かなと
思いますし、工夫次第で結構使えるプリンターとも思います。

※2017/1/22
文章追加&一部変更と画像追加で再レビューしました。

印刷目的
文書

参考になった0

デザイン4
印刷速度2
解像度3
静音性1
ドライバ5
付属ソフト5
印刷コスト無評価
サイズ4
満足度5
やればできるプリンター(汗

9ヶ月ぶりに開梱!(汗

カラー&黒の一体型インク。もう少し安ければいいのですが…

ヘッド位置調整は必ずしましょう。

 

左:推奨設定で印刷 右:自己設定。全体的に濃さが違います。

今日現在(12/21)僕はまだ年賀状印刷は終っていません(大汗

 

キヤノン オンラインショップで購入しました。
丁度、値引きクーポンもあったので活用し総額1,700円
(送料込み)でしたが実はこれ、『今年3月』の購入です。
9ヶ月間部屋の中に未開封で置きっ放しでしたが
目的はただ一つ、「年賀状印刷」の為に温存してました。
ついに利用する時がきたので他に所有しているMG5630、
EPSON・E-350G等と比較しながらレビューいたします。


【デザイン】
艶消し黒ベースのシンプルなボディで好みです。
排紙トレーが無い事に賛否両論があるとは思いますが
僕は小型の折りたたみテーブルの上にiP2700を置いて
印刷しています。印刷で排出された紙がテーブルの上に
ズサーッと滑りつつ重なりますし、印刷物も普通に掴めますので
不便を感じた事はないです。


【印刷速度】
遅いです(汗)MG5630と比べると尚更遅さを感じます。
印刷品質を重視し「きれい」を選択した場合は特に遅くなります。
「速い」にすればそれなりに速くなりますが今度は印刷画質が落ちます。


【解像度】
今回、年賀状印刷目的で購入しましたが印刷内容は黒文字文章と
カラーイラストの組み合わせです。(印刷紙はインクジェットはがき)
早速試し刷りをしたのですが…黒文字もカラーイラストも色が薄くて
全体的に締りが無く「え?何これ?」状態。
同じ印刷紙でE-350Gで印刷したところ、黒文字もカラーイラストも
色がハッキリ出ている…。
これは買って失敗したかな?と後悔し始めましたが設定を変えて
みたところ、E-350Gとほぼ互角の画質で印刷する事が出来ました。

用紙の設定 「インクジェットはがき」→「普通紙」に変更
印刷品質  きれい
色/濃度   「自動」→「マニュアル調整」に変更、濃度は0→20に

これらに変えてから印刷を進めると途中で「この組み合わせは
推奨しません」みたいな表示が出ますがこの時は「変更しない」を
クリックしてそのまま印刷に進みます。
結果、「何これ?」な印刷画質から黒文字もカラーイラストも
ハッキリ色が出て中々綺麗な印刷画質になりました。
このプリンタは標準・推奨設定のままで印刷するのではなく、色々な
設定をしてみて良い色が出るよう工夫する必要があると思います。

あと、ヘッド位置調整は1回したきりではなく定期的に行った方が
いいと思います。ある程度枚数を印刷した後で再度位置調整を
したところ僅かですがズレが出てる箇所が幾つかありました。


【静音性】
うるさいです(最初から諦めてますw
MG5630もうるさめですがiP2700はさらにその上をいきます。
サイレント設定にすれば少しは抑えられますが、それでも
ガッシャン!ガッシャン!キュルキュルと音はします(汗


【ドライバ】
PIXUSホームページで最新ドライバをDLしインストールしました。
特に問題はありません。


【付属ソフト】
十分過ぎるほどあると思います。
でも僕は最新ドライバしかDLしてないので使ってないです。


【印刷コスト】
印刷コスト面でいうと一体型インクは独立型インクに
比べて割高なのですがiP2700本体一式の激安な実売価格が
それを感じさせない状況になっているので未評価にします。

ちなみに一体型インク二つ(カラー+黒)を購入した場合、
金額的には本体一式購入より高く(2016年12月現在)
なってしまうのでコスト的には☆1つ〜2つ。
逆にインクが無くなる度に新たに安いiP2700を購入すれば
新品であると共にインクと保証まで付いていてお得なので
コスト的には☆5つですが、その度に新品に買い換えて、
前の物を処分しなければならない事を「環境&エコ」の観点で
見た場合、「本当に環境に配慮してると言えるのかな?」
と思いますね。


【サイズ】
コンパクトで良いです。
もう少しだけ横幅が狭ければ言う事無しです。


【総評】
うるさい、遅い、色々設定を変えてみないとダメとか
結構キツめの評価をしましたが満足度は☆5つです。
実売3千円前後の激安価格の物に色々求めるのは酷かなと
思いますし、工夫次第で結構使えるプリンターとも思います。

印刷目的
文書

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「PIXUS iP2700」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ubuntu 16.04  4 2017年7月20日 18:43
とっても重宝しています★  5 2017年7月15日 12:52
はがき印刷専用に使ってます  4 2017年7月15日 09:20
この価格で文句はありません  5 2017年7月9日 13:13
コスパだけで決めるなら。  4 2017年7月9日 00:27
安い!  4 2017年7月1日 10:45
安かったので買いました。  4 2017年5月25日 04:51
仕事用写真。  4 2017年5月23日 20:12
めっちゃ安い  5 2017年5月18日 08:14
コスパ最高のプリンター  5 2017年5月11日 17:44

PIXUS iP2700のレビューを見る(レビュアー数:195人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

PIXUS iP2700
CANON

PIXUS iP2700

最安価格(税込):¥3,289発売日:2010年 2月下旬 価格.comの安さの理由は?

PIXUS iP2700をお気に入り製品に追加する <1239

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意

価格.comマガジン
注目トピックス