『パッケージサイズが小さくて良い。』 サイズ SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100 パソコンの掃除と言ってMB交換さんのレビュー・評価

SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100

  • 全高を64mmに抑えた超ロープロファイルマルチソケット対応CPUクーラー。
  • オリジナル設計の12mm厚10cmファンや、6mm径ヒートパイプを3本搭載している。
  • ワンタッチ交換式クリップシステムを採用。取り付け作業におけるネジ留めや専用バックプレートが不要。
SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100 製品画像

最安価格(税込):¥2,980 (前週比:+32円↑)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2009年 2月上旬

店頭参考価格帯:¥― (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

LGA1155:○ LGA1366:○ LGA1156:○ Socket AM3+:○ Socket AM3:○ SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の価格比較
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の店頭購入
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のスペック・仕様
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のレビュー
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のクチコミ
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の画像・動画
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のピックアップリスト
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のオークション

SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100サイズ

最安価格(税込):¥2,980 (前週比:+32円↑) 発売日:2009年 2月上旬

  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の価格比較
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の店頭購入
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のスペック・仕様
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のレビュー
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のクチコミ
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100の画像・動画
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のピックアップリスト
  • SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > CPUクーラー > サイズ > SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100

『パッケージサイズが小さくて良い。』 パソコンの掃除と言ってMB交換さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
1件
1件
ノートパソコン
1件
0件
CPUクーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
冷却性能5
静音性5
取付やすさ4
パッケージサイズが小さくて良い。

さて、独身時代は自由に羽を伸ばしての自作PC作業であったが、今は妻の管理下の元、あなぐらの中での怯える毎日。密かに貯めた資金をもとにCore 2 Duo E6600よりHaswell・Core i5・4570へ7年ぶりの内部換装。OSは7・64ビットインスト。妻のいない間にMB交換し配線整理中に妻帰宅・・・。パソコンの中を分解して掃除と苦し紛れの言い訳(MBがきらきらと輝いているではないか)

話が長くなるので本台へ。

PCケースはフロント・リアに120mmファン+サイドに92mmファンの
3ファンPWM制御(3個とも山洋電機製PWMファンです)
電源の120mmファンを合わせ4ファン構成となっています。

ストレステストツールの「OCCT Perestroika」を使い室温25度にてテスト。
(設定値は画像参照・テストモードはスモールデータが発熱タイプです)

【リテールルーラー】

 98度 2360rpm (アイドル時 38度 1100rpm)

 正直、目を疑いました。再度、取付確認し取付異常なし。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100】

 90度 2180rpm (アイドル時 36度 1100rpm)

 あまり冷えずファンの音もうるさく力不足を感じました。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100+山洋電機製F9-PWM】

 68度 2870rpm (アイドル時 34度 800rpm)

 なんとマイナス30度! 大変感動です。山洋電機製F9-PWMは
 静圧値が高いので(最大4.49mmH2O)狭いフィンの間にもしっかりと
 空気を送り込むため、アイドル時でも800rpmとリテールより
 低速で無音状態です。
 ストレステスト中は約3000rpmと高速ですが、
 さすが山洋ファン!軸音・振動音なし。
 風切音は確かにしますが,不思議と耳障りではなくむしろ
 頼もしさを感じるまさに真の実力を発揮している証の音です。
 (すいません山洋電機製F9-PWMのレビューも含みます)

 採点評価はこの組み合わせでのものです。

 フルHDエンコードや高負荷作業でもこのストレステストの負荷には
 達しませんので非常に安心感を持てる結果となりました。

 CPUクーラーの最大の役割は確実に冷却を行うことだと思います。
 その実力を持った上で低負荷時にはひっそりと身を隠す奥深さを
 そなえる物を手に入れた時は本当に嬉しく思います。
 CPUクーラーを取替える。これだけでも自作の楽しさであり、その
 ポテンシャルを更に引き出す為にファンを取替える。
 尽きることのない楽しみがこの先もきっとあると思います。

 さて、話は変わりますが山洋電機製F9-PWMは約3,000円。
 SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100よりも高いのです!
 見ていられる皆さんは更なるハイエンドクーラーが買えるではないか?
 と、お思いでしょうがそこは、私なりの事情がありまして…。

 通勤のカバンに素直に入れられるパッケージサイズしか選択できないのです。
 カバンが怪しく膨らむのはあってはならないことなのです。
 帰宅時、妻の検問にて、ばれてはいけないのであります。
 よって、私にとって最高のCPUクーラーはこれなのであります。
 パッケージサイズがすべてなのであります。

 Haswell・Core i5・4570の最大TDPは84Wですので一つの参考として
 レビュー終わりと致します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった26人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
冷却性能5
静音性5
取付やすさ4
F9-PWMへ交換でSCSK-1100の最大TDPの目安としてください
   

テストツール OCCT設定値

   

さて、独身時代は自由に羽を伸ばしての自作PC作業であったが、今は妻の管理下の元、あなぐらの中での怯える毎日。密かに貯めた資金をもとにCore 2 Duo E6600よりHaswell・Core i5・4570へ7年ぶりの内部換装。OSは7・64ビットインスト。妻のいない間にMB交換し配線整理中に妻帰宅・・・。パソコンの中を分解して掃除と苦し紛れの言い訳(MBがきらきらと輝いているではないか)

話が長くなるので本台へ。

PCケースはフロント・リアに120mmファン+サイドに92mmファンの
3ファンPWM制御(3個とも山洋電機製PWMファンです)
電源の120mmファンを合わせ4ファン構成となっています。

ストレステストツールの「OCCT Perestroika」を使い室温25度にてテスト。
(設定値は画像参照・テストモードはスモールデータが発熱タイプです)

【リテールルーラー】

 98度 2360rpm (アイドル時 38度 1100rpm)

 正直、目を疑いました。再度、取付確認し取付異常なし。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100】

 90度 2180rpm (アイドル時 36度 1100rpm)

 あまり冷えずファンの音もうるさく力不足を感じました。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100+山洋電機製F9-PWM】

 68度 2870rpm (アイドル時 34度 800rpm)

 なんとマイナス30度! 大変感動です。山洋電機製F9-PWMは
 静圧値が高いので(最大4.49mmH2O)狭いフィンの間にもしっかりと
 空気を送り込むため、アイドル時でも800rpmとリテールより
 低速で無音状態です。
 ストレステスト中は約3000rpmと高速ですが、
 さすが山洋ファン!軸音・振動音なし。
 風切音は確かにしますが,不思議と耳障りではなくむしろ
 頼もしさを感じるまさに真の実力を発揮している証の音です。
 (すいません山洋電機製F9-PWMのレビューも含みます)

 採点評価はこの組み合わせでのものです。

 フルHDエンコードや高負荷作業でもこのストレステストの負荷には
 達しませんので非常に安心感を持てる結果となりました。

 CPUクーラーの最大の役割は確実に冷却を行うことだと思います。
 その実力を持った上で低負荷時にはひっそりと身を隠す奥深さを
 そなえる物を手に入れた時は本当に嬉しく思います。
 CPUクーラーを取替える。これだけでも自作の楽しさであり、その
 ポテンシャルを更に引き出す為にファンを取替える。
 尽きることのない楽しみがこの先もきっとあると思います。

 さて、話は変わりますが山洋電機製F9-PWMは約3,000円。
 SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100よりも高いのです!
 見ていられる皆さんは更なるハイエンドクーラーが買えるではないか?
 と、お思いでしょうがそこは、私なりの事情がありまして…。

 通勤の鞄に素直に入れられるパッケージサイズしか選択できないのです。
 鞄が怪しく膨らむのはあってはならないことなのです。
 帰宅時、妻の検問にて、ばれてはいけないのであります。
 よって、私にとって最高のCPUクーラーはこれなのであります。
 パッケージサイズがすべてなのであります。

 Haswell・Core i5・4570の最大TDPは84Wですので一つの参考として
 レビュー終わりと致します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった11

満足度5
デザイン5
冷却性能5
静音性5
取付やすさ4
F9-PWMへ交換でSCSK-1100の最大TDPの目安としてください
   

テストツール OCCT設定値

   

さて、独身時代は自由に羽を伸ばしての自作PC作業であったが、今は妻の管理下の元、あなぐらの中での怯える毎日。密かに貯めた資金をもとにCore 2 Duo E6600よりHaswell・Core i5・4570へ7年ぶりの内部換装。OSは7・64ビットインスト。妻のいない間にMB交換し配線整理中に妻帰宅・・・。パソコンの中を分解して掃除と苦し紛れの言い訳(MBがきらきらと輝いているではないか)

話が長くなるので本台へ。

PCケースはフロント・リアに120mmファン+サイドに92mmファンの
3ファンPWM制御(3個とも山洋電機製PWMファンです)
電源の120mmファンを合わせ4ファン構成となっています。

ストレステストツールの「OCCT Perestroika」を使い室温25度にてテスト。
(設定値は画像参照・テストモードはスモールデータが発熱タイプです)

【リテールルーラー】

 98度 2360rpm (アイドル時 38度 1100rpm)

 正直、目を疑いました。再度、取付確認し取付異常なし。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100】

 90度 2180rpm (アイドル時 36度 1100rpm)

 あまり冷えずファンの音もうるさく力不足を感じました。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100+山洋電機製F9-PWM】

 68度 2870rpm (アイドル時 34度 800rpm)

 なんとマイナス30度! 大変感動です。山洋電機製F9-PWMは
 静圧値が高いので(最大4.49mmH2O)狭いフィンの間にもしっかりと
 空気を送り込むため、アイドル時でも800rpmとリテールより
 低速で無音状態です。(ケースファン3個とも600rpmで無音です)
 ストレステスト中は約3000rpmと高速ですが、
 さすが山洋ファン!軸音・振動音なし。
 風切音は確かにしますが,不思議と耳障りではなくむしろ
 頼もしさを感じるまさに真の実力を発揮している証の音です。
 (すいません山洋電機製F9-PWMのレビューも含みます)

 採点評価はこの組み合わせでのものです。

 フルHDエンコードや高負荷作業でもこの、ストレステストの負荷には
 達しませんので非常に安心感を持てる結果となりました。

 CPUクーラーの最大の役割は確実に冷却を行うことだと思います。
 その実力を持った上で低負荷時にはひっそりと身を隠す奥深さを
 そなえる物を手に入れた時は本当に嬉しく思います。
 CPUクーラーを取替える。これだけでも自作の楽しさであり、その
 ポテンシャルを更に引き出す為にファンを取替える。
 尽きることのない楽しみがこの先もきっとあると思います。

 さて、話は変わりますが山洋電機製F9-PWMは約3,000円。
 SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100よりも高いのです!
 見ていられる皆さんは更なるハイエンドクーラーが買えるではないか?
 と、お思いでしょうがそこは、私なりの事情がありまして…。

 通勤の鞄に素直に入れられるパッケージサイズしか選択できないのです。
 鞄が怪しく膨らむのはあってはならないことなのです。
 帰宅時、妻の検問にて、ばれてはいけないのであります。
 よって、私にとって最高のCPUクーラーはこれなのであります。
 パッケージサイズがすべてなのであります。

 Haswell・Core i5・4570の最大TDPは84Wですので一つの参考として
 レビュー終わりと致します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
冷却性能3
静音性3
取付やすさ4
F9-PWMへ交換でSCSK-1100の最大TDPの目安としてください

さて、独身時代は自由に羽を伸ばしての自作PC作業であったが、今は妻の管理下の元、あなぐらの中での怯える毎日。密かに貯めた資金をもとにCore 2 Duo E6600よりHaswell・Core i5・4570へ7年ぶりの内部換装。OSは7・64ビットインスト。妻のいない間にMB交換し配線整理中に妻帰宅・・・。パソコンの中を分解して掃除と苦し紛れの言い訳(MBがきらきらと輝いているではないか)

話が長くなるので本台へ。

PCケースはフロント・リアに120mmファン+サイドに92mmファンの
3ファンPWM制御(3個とも山洋電機製PWMファンです)
電源の120mmファンを合わせ4ファン構成となっています。

ストレステストツールの「OCCT Perestroika」を使い室温25度にてテスト。
(設定値は画像参照・テストモードはスモールデータが発熱タイプです)

【リテールルーラー】

 98度 2600rpm (アイドル時 38度 1400rpm)

 正直、目を疑いました。再度、取付確認し取付異常なし。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100】

 90度 2180rpm (アイドル時 36度 1100rpm)

 あまり冷えずファンの音もうるさく力不足を感じました。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100+山洋電機製F9-PWM】

 68度 2870rpm (アイドル時 34度 800rpm)

 なんとマイナス30度! 大変感動です。山洋電機製F9-PWMは
 静圧数が高いので(最大4.49mmH2O)狭いフィンの間にもしっかりと
 空気を送り込むため、アイドル時でも800rpmとリテールより
 低速で無音状態です。(ケースファン3個とも600rpmで無音です)
 ストレステスト中は約3000rpmと高速ですが、
 さすが山洋ファン!軸音・振動音なし。
 風切音は確かにしますが,不思議と耳障りではなくむしろ
 頼もしさを感じるまさに真の実力を発揮している証の音です。
 (すいません山洋電機製F9-PWMのレビューも含みます)

 しかし、山洋電機製F9-PWMは約3,000円。
 SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100よりも高いのです!
 見ていられる皆さんは更なるハイエンドクーラーが買えるではないか?
 と、お思いでしょうがそこは、私なりの事情がありまして…。

 通勤の鞄に素直に入れられるパッケージサイズしか選択できないのです。
 鞄が怪しく膨らむのはあってはならないことなのです。
 帰宅時、妻の検問にて、ばれてはいけないのであります。
 よって、私にとって最高のCPUクーラーはこれなのであります。
 パッケージサイズがすべてなのであります。

 Haswell・Core i5・4570の最大TDPは84Wですので一つの参考として
 レビュー終わりと致します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
冷却性能3
静音性3
取付やすさ4
F9-PWMへ交換でSCSK-1100の最大TDPの目安としてください
   

OCCT設定値

   

さて、独身時代は自由に羽を伸ばしての自作PC作業であったが、今は妻の管理下の元、あなぐらの中での怯える毎日。密かに貯めた資金をもとにCore 2 Duo E6600よりHaswell・Core i5・4570へ7年ぶりの内部換装。OSは7・64ビットインスト。妻のいない間にMB交換し配線整理中に妻帰宅・・・。パソコンの中を分解して掃除と苦し紛れの言い訳(MBがきらきらと輝いているではないか)

話が長くなるので本台へ。

PCケースはフロント・リアに120mmファン+サイドに92mmファンの
3ファンPWM制御(3個とも山洋電機製PWMファンです)
電源の120mmファンを合わせ4ファン構成となっています。

ストレステストツールの「OCCT Perestroika」を使い室温25度にてテスト。
(設定値は画像参照・テストモードはスモールデータが発熱タイプです)

【リテールルーラー】

 98度 2600rpm (アイドル時 38度)

 正直、目を疑いました。

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100】

 90度 2180rpm (アイドル時 38度)

 あまり冷えずファンの音もうるさい

【SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100+山洋電機製F9-PWM】

 68度 2870rpm (アイドル時 38度)

 なんとマイナス30度! 大変感動です。
 約3000rpmと高速ですが、さすが山洋ファン! 軸音・振動音なし。
 風切音は確かにしますが煩い音ではなく、不思議と耳障りではなくむしろ
 頼もしさを感じるまさに真の実力を発揮している証の音です。

 しかし、山洋電機製F9-PWMは約3,000円。
 SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100よりも高いのです!
 見ていられる皆さんは更なるハイエンドクーラーが買えるではないか?
 と、お思いでしょうがそこは、私なりの事情がありまして…。

 通勤の鞄に素直に入れられるパッケージサイズしか選択できないのです。
 鞄が怪しく膨らむのはあってはならないことなのです。
 帰宅時、妻の検問にて、ばれてはいけないのであります。
 よって、私にとって最高のCPUクーラーはこれなのであります。
 パッケージサイズがすべてなのであります。

 Haswell・Core i5・4570の最大TDPは84Wですので一つの参考として
 レビュー終わりと致します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100
サイズ

SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100

最安価格(税込):¥2,980発売日:2009年 2月上旬 価格.comの安さの理由は?

SHURIKEN リビジョンB SCSK-1100をお気に入り製品に追加する <460

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[CPUクーラー]

CPUクーラーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPUクーラー)

ご注意