ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー レビュー・評価

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー

5000mAhの大容量バッテリーを搭載した6型スマートフォン

最安価格(税込): ¥32,173〜 登録価格一覧(21店舗)
発売日:2018年12月21日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 8.1 販売時期:2018年冬モデル 画面サイズ:6インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB バッテリー容量:5000mAh ZenFone Max Pro (M1) SIMフリーのスペック・仕様

価格.com限定キャンペーン実施中!格安SIMカードで通信費を節約しよう!

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較

ZenFone Max Pro (M1) 関連製品キーワード検索

ご利用の前にお読みください

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.76
(カテゴリ平均:4.06
レビュー投稿数:10人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 3.97 4.35 45位 見た目のよさ、質感
携帯性 3.61 3.99 40位 軽さ、コンパクトさ
レスポンス 4.51 4.08 24位 操作時の反応速度
画面表示 4.60 4.35 18位 明るさやコントラストなど、表示の見やすさ
バッテリー 5.00 3.61 1位 バッテリーのもちのよさ
カメラ 3.69 3.89 40位 画像・動画の精細さ、写りのよさなど
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリーのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:116件
  • 累計支持数:689人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
5件
443件
自動車(本体)
1件
383件
バイク(本体)
2件
262件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

★最初、【台湾版だからとレビュー拒否された】けど、再掲載されたので追記★

・ゲームに関して
知人に「ゲーム動作のベンチマークならデレステ」と聞いて試してみましたが、3Dリッチという設定でもプレイに違和感ありませんでした。
バックで踊るキャラクターとかまるで不自然な動作ありません。
honor9との比較では、データロード等の「ゲーム動作と別」の部分で少し差がありましたけど、それもちょっと読込が遅い程度。
日頃からデレステ遊んでるワケじゃないので、実際の「ヌルヌル動く」がどういうのか知らないから問題ないと思ってるだけで、やり込んでる人は違いを感じるかも?

自分が日頃から遊んでる3Dシューティングでは問題なし。
honor9だとかなり発熱して指が痛くなってくるくらいで、長時間プレイしてるとキャッシュが溜まって動作も悪くなるのに…MaxProだと半日くらい遊び続けても熱くならないし、キャッシュも長持ちするし…。
さすがSnapdragonって感じでしょうか。


・カメラ
ダブルレンズなだけあって綺麗です。
本気で写真やってる人はスマホをメインにしないでしょうけど、素人目には十分すぎるほど高画質だと思います。
気軽にパシャッと撮影する人にとっては、ほんとデジカメ不要な時代になってきてましたね。
「カメラ」で撮影する場合、解像度は最大16M(4608*3456)、最低QVGA(320*240)。

縦横比が4:3  >13M/12M/5M/3M/2M/1.5M/1.3M/1M/SVGA//VGA/CIF/QVGA
1:1の正方形  >2976*2976のみ
16:9またはワイド>8M/4M/HD1080/WXGA/HD720/WVGA/720*480(DVD画質)

パノラマ撮影したい場合は、別にアプリをインストールする必要あります。

**************************************************************

日本版は3GBのみなので日本版と同じ品だと思われます。
Amazonで2.3万でした。
日本版より1万も安かったです。(6GBモデルが3.3万でしたが、6GBも要らないので3GBモデルに)

honor9からの買い替えです。
正直言ってhonor9にあまり不満はなかったんですが、昨今のファーウェイ騒ぎで、私の勤務先だと問題視されそうなので買い替えました。
これでスマホは5台目になりますが、初のSnapdragonです。

Antutuスコアは総合が11.5万、3Dが2.1万でした。(honor9は17万・7万)
ミドルクラスなので普通だと思いますが、honor9よりゲームの動きが悪くなるかも・・・と不安ありました。

・・・ゲームに強いとは聞いてましたが、ここまで強いとは驚きました。
ハイエンドでもないSnapdragon636なのに、honor9のkirin960と遜色ないどころか「明らかに発熱量が少ないのに体感でほぼ同等」という代物でした。
honor9だと熱くなってきて持ってるのが辛くなる(指が痛くなるくらい)のに、これは全然大丈夫ですね。

6インチの割には持ちやすくて、重さも極端に重いようには思えません。
サイズや重さはフリーテルのRAIZINに近いですが、持ちやすさが違います。

バッテリーも大容量だけあって長持ちしますが、充電も長くなります。
一晩で満充電になりますけど。

DSDSのSIM2枚とMicroSDを同時利用できるのは良いですね。

付属品はUSB充電器・USBケーブル・イヤホンです。


●残念な点
・Wifiが2.4G帯のみ(やはり今時は5G帯を使えた方が良い)
・MicroUSBコネクタ(裏表のないType-Cは便利)
・ROMが32G(初期状態で半分使用済み)

参考になった7人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RABA_EMONさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
40件
スマートフォン
3件
27件
掃除機
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】
可もなく不可もなく。躯体が若干安っぽく感じる。背面のデザインは好みが別れると思います。
普段カバーを装着しているのでそこまで気にならないが、HUAWEIの同価格帯と比べるとちょっと残念です。

【携帯性】
6インチという割には持ちやすくていいです。

【レスポンス】
ゲームアプリ等もサクサク動くのでストレスありません。

【画面表示】
高性能機に比べると劣る部分もあるかと思うが、普段使う分には不満なく満足している。

【バッテリー】
1日朝6時から夜22時の使用の中でツムツム2時間、YouTube3時間、ネット2時間、通話20分程メール50~100通程度、LINE50~100、写真50枚程度で充電無しで2日使用。2日目の夜で30%ちょっと残りました。

【カメラ】
レスポンスも早く使いやすい。画質は普段使う分には問題無し。

【総評】
HUAWEIのp10liteから乗り換え。p20liteと悩みましたがこちらに興味があり買ってみました。台湾版の64GB/6GBモデルを自分が使ってみて、感じが良かったので子供に日本版の32GB/3GBを今年購入。とても使いやすいモデルです。
台湾版でも最初から日本語に対応しているので問題なく使っています。自分は使っていないのですがatokもプリインストールされています。
購入当初は台湾版の方はvolteに対応していなかったようでしたが、アップデートで現在は対応されています。日本版、台湾版共にAndroid8.1です。アップデート前にWiFiとBluetoothでの接続が切れることがありましたが度々ありましたが、現在は急に切れることもなくなりました。容量以外は特に違いは無さそうですが、同じ使い方でもバッテリーの持ちは日本版の方が良いです。
p10lite以前から使っていたアプリがこの機種だと使えないことが結構あります。
日本版が店頭で28000円ほど台湾版がネットで32000円ほどでした。
使えるアプリが少なく、WiFiが5gに対応していないのと質感が安っぽいのが少し残念ですが、総合して満足しています。
バッテリーの持ちが良いのがとても嬉しいです。
SDが2Tまで対応らしいですが、物自体見たことが無いので256GBまでしか試していません。
モバイルバッテリーとしても使えるようですが、こちらも使っていないです。
今後機会があれば使っていきます。
現状出来ないことは今後のアップデートに期待しています。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

30代のミニカー好きさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
12件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
au携帯電話
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】
画面はノッチ無し、正面の色は同じで背面だけ違う、指紋認証は背面で今時のスマホかなと思うデザインだと。
【携帯性】
6インチの縦長ですがポケットに入るし問題無いかと、まぁそれなのに大きいので実機をご確認ください。
【レスポンス】
過去のZenFone MAXシリーズはローミドル(中の下)位の性能で普段使うであろうSNS、YouTube、ウェブ閲覧、音楽を聴く、程度は問題無く使える端末でそれなりに不満はありませんが…やはりローミドルだなぁと感じる時もある、そのおかげでバッテリー長持ちしてる感じかなと。

この機種はそんな過去のMAXシリーズのローミドルクラス(中の下)からミットハイ(中の上)クラス相当になり普段使う分では全く困る事はありませんしゲームも設定を変えれば3Dのゲームも動く性能(ベンチマーク10万超え)です。
【画面表示】
MAXシリーズは基本HDクラス(過去の3MAX5.5インチ版はFHD)でそれなりだったけどFHD+の解像度でくっきりとした表示です、特に写真を確認したときにFHDて綺麗かも…と感じる。
【バッテリー】
MAXなんで特に語る必要は無いでしょう(めっちゃ電池持ちます ニッコリ)
【カメラ】
綺麗に撮れると思いますが、デュアルカメラの1つが深度測定用のため4MAXの広角カメラに比べて撮るときの面白さが少し薄くなったなと感じました。
【総評】
過去のMAXシリーズとは明らかにスペックがアップしある程度以上の事もこなせる端末になった感じがします、MAXシリーズのType C、Wi-Fiの5G非対応は値段的にコストを抑えた感じで変わりませんがそれを気にしない位の性能になった端末ではないでしょうか?

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

knorimotoさん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

カメラフィルム
0件
11件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
タブレットPC
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】
 今どきの普通のスマートフォン。縦に長いので6型とはいえそんなに幅は広くない。
【携帯性】
 縦に長いためか、6型の割には携帯はしやすい。バッテリーが大容量で重いのではと思ったが十分に許容できる重さ。
【レスポンス】
 3万円程度のスマホにしてはレスポンスがいい。メモリ容量(3GB)の割に複数のアプリを起動した際のハングアップも少ない。素のアンドロイドなのが良かったのだろうか。
【画面表示】
 液晶は見やすく、暖色系がきれいに発色している。色温度を下げて使っても見やすいので気に入っている。
【バッテリー】
 本機の最大のセールスポイントだと思う。二日を超える電池持ちを余裕で実現している。条件次第ではガラホのP-01Jより長持ちしたことさえあった。
【カメラ】
 ここだけちょっと作りが甘い。
【総評】
 素のアンドロイドのためか、余計なものが少ないこと、CPUがそこそこ良いこと、バッテリーが大容量なこともあって、税込み3万円台前半の価格と合わせて考えると、実質本位の費用対効果の高い良い機種だと高く評価する。
 ちなみに、IIJmioのTypeAで問題なく運用していることと、Felicaは入っていないがNFCは入っていて、Suicaやnanacoの残高調べくらいは可能であったことを申し添えておく。
 どうしてもファーウェイのスマホは使いたくないということがあり、ビックカメラの店頭で衝動買いしてしまったが、良い機種が買えてよかったと思っている。
 なお、DSDVの使い心地に関しては未体験のため無評価とする。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

RX-7乗りさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:227人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
19件
6件
レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー5
カメラ3

妻用に購入
約2年半 Moto G4 Plus を使用していたが、電池持ちが悪くなってきたのと、パフォーマンス不足との事で端末を更新しました(Moto G4 Plusはバッテリ交換後に子供にお下がり予定)
以下本機 ZenFone Max Pro (M1) と G4 Plusとの比較した感じも含めてのレビューです

【デザイン】
流行りの18:9 画面のオーソドックスなデザイン
筐体の質感もマズマズ
G4 Plus に比べると質感はだいぶ良い

カメラの出っ張りも最小限で机に置いて使うときもガタガタしない

ただ、2018年モデルなのに microUSB(しかも裏表が普通と逆)なのはいかがなものか?

【携帯性】
一昔前の 5.5インチモデルより縦が数ミリ大きいが、薄いので携帯性はそこそこ良いと思う
重量は180gで少し重いが、5000mAhの大容量バッテリーを搭載している
iPhoneX(174g)より6g重い程度で、モバイルバッテリーを持たなくて良いと考えるとむしろ携帯性は良いのかも?

ボディがさらさらした肌触りで、裸で使うと滑りやすい感じがする

【ボタン操作】
問題ない
電源ボタン、音量ボタン共に本体右側についているので、手帳タイプのケースにいれても使いやすい

【文字変換】
ATOK for ASUS がプリインストールされていてGood
ATOKキーボードがものすごく使いやすい

【レスポンス】
ヌルヌル
スナドラ636が搭載されており、スナドラ810以上のレスポンスは有り、普段使い(インスタ、LINE、WEBブラウズ、ニュースアプリ、YouTubeなど)ではストレスない
※AntutuV7スコアは G4 Plus(SD617)の57000前後−>本機(SD636)120000前後で大幅に向上
※ゲームはやらないのでゲームパフォーマンスは無評価

本機は素のAndroid8.1 に限りなく近い感じで余計なアプリも入っていないのも良い

RAM 3GB で今現在では大容量とは言えないが、当方の使い方では何の問題もない

旧端末からアプリやらデータやらをWiFiで移行したが、本体が熱くなる事もなく問題なく移行できた
*Moto G4 Plus は以前同様にWiFiで移行した時は本体裏面のカメラ下辺りが少し熱くなった

【画面表示】
表示品質自体はしっとりした感じでキレイ

18:9 (2160x1080)の画面は、ホームキー等が表示されている状態でも表示情報量が多く使いやすい

Zenmotion機能を設定すると、画面ダブルタップで復帰/スリープを行う事ができて便利


【バッテリー】
Moto G4 Plus で 8:00(100%)〜21:00(10%) 位(新品時)の使い方と同じ使い方であれば2日半近くは持つ感じ
5000mAhのバッテリーは単純に良い


【カメラ】
画質はふつう
カメラ起動はワンテンポ掛かる感じ(2016年位のスマホより起動は速いと思う)

デュアルカメラでポートレートモードで撮影すると背景がボケる写真が撮れる

【総評】
タイトル通り完成度高くコスパ良いです

FOMA(タイプシンプルバリュー音声のみ契約)緑SIM+ExciteモバイルデータSIM(SMSなし) で運用中
−>使った感じではセルスタンバイ問題はなさそう
SIM2枚+microSDカードも同時に使用可能でとても良いです
Android8.1でSIM設定画面で各SIMの表示名を変えられるので設定もやりやすい

CPUが前機G4 Plusのスナドラ617−>本機スナドラ636になり、パフォーマンスがかなり向上し使い勝手は良い
2015年のハイエンドスマホ程度のパフォーマンスがあり、本機が税込み3万ちょっとで買えるのでコスパが良い

パフォーマンスもバッテリー持ちも良く満足度は高い
バッテリー持ちも分かったので満足度★一つUP

参考になった14人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

トラ氏さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

今までZenfone3を使っていたがバッテリーもちが悪くなってきたため買い替えたかったのと、画面が大きい方がネット見やすいため買い替えに至った。


デザイン:ノッチが無く(個人的にノッチがあまり好きではない)、いい意味で普通のデザインでいいと思う。しかしMicroUSBはどうかと思う。コスト的に仕方がなかったのだと思う

携帯性 :昔の機種に比べれば6インチでこの大きさは素晴らしいと思う。携帯性が必要であれば6インチよりも小さいものを買ったほうがいいかと思う。

レスポンス:スペックを見てみるとそんなにヌルヌルではないかなーと思っていたがヌルヌルで使いやすい。普段ゲームはあまりしないためレスポンスについては詳しく書けない。

画面表示:普通だと思う

バッテリー:全機種のZenfon3に比べるとかなり持つ。
重たいゲームなどはしないため普通に使うと3日は持った。これでモバイルバッテリーを持たなくて済みそうだ

カメラ:この値段でこれならば十分だと思う。レンズを2つ付けた事で写真にボケが出てキレイに撮れる。

この値段でこの機能と大容量バッテリー 本当にコスパが素晴らしいと思う。だがMicroUSBではなくタイプCにして欲しかった。Zenfone5と迷ったがこの機種にして正解だった
あまりスマホに詳しくないため良いレビューにならなくてすみません。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のあ999さん

  • レビュー投稿数:53件
  • 累計支持数:209人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCスピーカー
3件
4件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
0件
スマートフォン
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー5
カメラ3
機種不明ZenFone3とMaxProM1
   

ZenFone3とMaxProM1

   

【デザイン】
ノッチ無しの正統な四角なディスプレイで2,3年前の機種からの変更であれば違和感ないと思う。

カメラの出っ張りは少しあるが、1mm以下でそこまで気にするレベルではない。

筐体は金属材質であるが、外角よりも一周り小さく不自然にはめ込みの切れ込みがあるのが残念。
そのせいで見た目はよくはない。(小さめの機種の筐体を使いまわした?)

また、接続がmicroUSBであるのも戴けない。
2年前のZenPone3でもtypeCなのに・・・

【携帯性】
少し重い上、6インチはやはりでかい。
ベゼルレスではないため、今主流の6インチスマホよりは一周り縦に長め。
重さはバッテリー容量5000mAhという利点があるので、ある程度重いのは納得済みのため問題なし。

【レスポンス】
CPUにミドルハイの「Snapdragon636」が搭載されているため、レスポンスは良いと思う。
某アイドルダンスゲームも突っかかり無く動いており、大抵のゲームは問題ないと思われる。

また、メモリが3Gではあるが、今の私の使用方法ではそこまで問題にはならないレベル。

【画面表示】
色彩もハッキリとした感じで見やすいです。

【バッテリー】
文句なし!!バッテリー容量5000mAhは伊達じゃない!!
今まで使ってた機種(ZenFone3)では見たことが無いレベルの駆動予想時間が表示されていて、むしろ本当かいな?って思ってしまうレベルです。

【カメラ】
可もなく、不可もなく、カメラ機能は標準レベルと考えたほうがいいです。
カメラに拘る方は、他の機種がいいでしょう。

【総評】
「ZenFone 3 ZE520KL」が電池がヘタってきたため、ちょうど良い機種を探していたが、ちょうどこの機種が日本で発売したため購入した。
(参考までに画面の大きさ比較写真を添付)

メモリ3G、ストレージ32Gは同価格帯の格安スマホ並みであるが、CPUがミドルハイとそれなりに処理性能が欲しくてコスパを考える人にとってはピンポイントでお勧めできる機種だと思う。

海外では「Zenfone Max Pro (M2)」が発売されたらしいが、海外価格で31,000円。Asus Zenfone Max Pro (M1)の海外価格が17,000円のため、国内Band対応した機種はこの機種の価格帯は異なると思われる。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ssse47100さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
2件
メモリー
4件
0件
ブルーレイドライブ
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性3
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ4
機種不明サイズ比較iphone8と602kl
   

サイズ比較iphone8と602kl

   

【デザイン】
親が青い色が気に入ったため青色購入しました。
店舗で色確認通販で購入の流れです。
【携帯性】
やはり5.2インチやiphone8(標準)比べケース入れた重さや
画面サイズの大きさは結構あります。
【レスポンス】
625とあまり変わりませんが普通に
ゲームしないのであれば処理も問題ないです。
複数アプリも問題ないかと思います。
さすがに重いゲーム起動しながらではつらいかもしれません。
LINE+カメラ+WEB立ち上げ程度は可能です。
プリインアプリも少なく良い印象です。
【画面表示】
60〜70代の親に関しては老眼も入り画面が大きく見やすくて喜ばれています。
孫の写真や趣味の写真が大きく表示され喜んでいます
【バッテリー】
バッテリーははるかに持ちます。
前機種が少なかったのもありますが比較にならないです。
【カメラ】
カメラは普通くらいでしょうか、最も画質重視なら上位機種か他社機種に
された方がよいかと思います。
【総評】
dualsim+
SD別スロットで選びました。
DSDV利用で今の所問題なく動いています。
yモバイル(ケータイプランssカケホ)+LINEモバイル(ドコモsimdata)
auも使えるので困ることはないかと思います。
バッテリ重視で選ばれる方にはお勧めできるかと思います。

参考になった11人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神河 薫さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性3
レスポンス4
画面表示3
バッテリー5
カメラ3

【デザイン】
普通です。
もはやスマホはどれも同じ。画面があって、ノッチがあるかないか、液晶占有率が何%かとか、もはやデザイン性は似たり寄ったり

【携帯性】
6インチあるので携帯性は良くないです。
携帯性を良くしたいなら、インチサイズが小さいものを選びましょう。

【レスポンス】
問題なし
MAXシリーズのなかでPROのつくこの機種はCPUも必要十分のCPUが載ってます。

【画面表示】
こちらも普通。
液晶の品質はもはやどの携帯でもほとんど差はありません。
差が出るのは、有機ELのような、そもそも方式の違う場合です。


【バッテリー】
間違いなくこのバッテリー容量が最大の売り。
そして、OSがアンドロイド標準のためか、余計なアプリもそもそもないくらいなので、とにかくバッテリー持ちが良いです。
あれこれアプリは入れて使い始めてみても、それでもなかなか減らない。
この大容量バッテリーで画面サイズが6インチで、この大きさだったらすべてが許せるレベルです。

【カメラ】
普通
まぁ、カメラがとにかくいいものが欲しいんだ。
という人は他のスマホを選びましょう。ただ、そうしたカメラ性能が明らかにいいスマホなら、このスマホに数万円を足したくらいが必要なので、コスパは悪化します。

【総評】
メモリが3GBなのが唯一の弱点らしい弱点。ほかはすべて標準点をそろえてきている手堅いスマホ。
そして、バッテリーが大容量なのがとにかくいい。
この値段でこの性能、バッテリー、とてもいいです。

ただし、一言言いたい。
後継のM2機種が東南アジアでは2018年12月発売済み。
日本ではM1すっ飛ばして、M2から発売してくれたらもっと良かったのに!!


参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

soranoutaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム周辺機器
0件
7件
スマートフォン
1件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス3
画面表示5
バッテリー5
カメラ4

【デザイン】  カメラのでっぱりも少なく色も綺麗です。
         

【携帯性】  5.2インチから6インチになったので大きく重い感じはありますが問題ないです。
        

【レスポンス】 指紋認証が反応しにくい。ゲーム(夜明けのベルカント)、LINE、メールをたちあげたままでもゲームはスムーズに動く。画面タッチはスムースに反応する。
         

【画面表示】 色あいは綺麗、暖色系が強いと思います。
         

【バッテリー】 大満足。さすがMAXです。5000mAhは伊達じゃない。30分ゲームをしても5%しか減っていませんでした。

【カメラ】    立ち上がりまでの時間が短い。動画と静止画を切り替えるのに、ひと手間いるのが面倒。以前は、静止画ボタンと動画ボタンが2つ並んでいたのですぐにどちらでも撮ることが出来たが静止画から動画に切り替えるのに、一度選択をして選ぶ操作が必要なのは使いにくい。

【総評】    ゲーム(夜明けのベルカント)、LINE、メールを立ち上げたままでゲームをやってもまったく問題なし。フリーズしたり、再起動もない。いつまで経ってもLoadingが終わらないこともない。以前は、RAMが2GBで、何もしなくても1.6GB使っており、複数のアプリを同時に立ちあげられなかった。今は3GBあり、何もしないと1.3GBから1.4GBの使用量、ゲームやLINE、メールを立ち上げてもまだ1GBから900MBほど残っているので、ゲーム中にラインが着てもすぐに読むことができる。カメラもすぐに起動してくれる。ZENFONE5と迷ったが、3GBで十分、CPU能力の高いZENFONE MAX PROを選んで正解だったと思う。
         

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の情報を見る

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー
ASUS

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー

発売日:2018年12月21日

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリーをお気に入り製品に追加する <259

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリーの評価対象製品を選択してください。(全3件)

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [ディープシーブラック] ディープシーブラック

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [ディープシーブラック]

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [ディープシーブラック]のレビューを書く
ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー] スペースブルー

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [スペースブルー]のレビューを書く
ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [メテオシルバー] メテオシルバー

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [メテオシルバー]

ZenFone Max Pro (M1) SIMフリー [メテオシルバー]のレビューを書く

閉じる