KING PRO レビュー・評価

KING PRO 製品画像

拡大

KING PRO [レッド] KING PRO [グリーン] KING PRO [ブルー]

最安価格(税込):¥18,048 [グリーン] (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 4月

店頭参考価格帯:¥23,800 〜 ¥23,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz KING PROのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • KING PROの価格比較
  • KING PROの店頭購入
  • KING PROのスペック・仕様
  • KING PROのレビュー
  • KING PROのクチコミ
  • KING PROの画像・動画
  • KING PROのピックアップリスト
  • KING PROのオークション

KING PROTFZ

最安価格(税込):¥18,048 [グリーン] (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月

  • KING PROの価格比較
  • KING PROの店頭購入
  • KING PROのスペック・仕様
  • KING PROのレビュー
  • KING PROのクチコミ
  • KING PROの画像・動画
  • KING PROのピックアップリスト
  • KING PROのオークション

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:4人 (プロ:1人 試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 3.97 4.16 -位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.00 4.15 -位 高音部の音質の良さ
低音の音質 3.68 4.15 -位 低音部の音質の良さ
フィット感 3.68 4.08 -位 装着したときのフィット感など
外音遮断性 4.00 3.81 -位 外の音を遮断するか
音漏れ防止 3.95 3.76 -位 音漏れを防止するか
携帯性 5.00 3.77 -位 コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

KING PRO

KING PROのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン4
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインと質感のご参考に

ケーブルは着脱式

付属品とプラグ部

メーカーのメディア用試聴機をお借りしてのレビューです。
A&Ultima SP1000と組み合わせ、ハイレゾ音源で試聴しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
ハウジングは金属製で加工精度や表面塗装も良好。価格に見合う品位を備えています。

【高音の音質】
繊細かつ明瞭で解像感が非常に高く感じます。それでいて刺さりを感じず、柔らかなエアー感が感じられるのも良いですね。
ボーカルはやや線が細くクールな印象ですが、フォーカスがシャープで背景の音と分離がよく、聞き取りやすいのが特長と言えます。

【低音の音質】
傾向としてはタイトでクリア。TFZの特徴であるダブルマグネティックサーキット(デュアル磁気回路)のパワーをアタックの鋭さとキレ方向に活かした印象です。もたつきが無く低音が後を濁さないので、音場が広く透明で、一音一音の余韻までしっかり聞き取れるのも好印象。樹脂素材とは異なる金属ハウジングの剛性が音にも表れているようです。

【フィット感】
ハウジングは金属素材で重量は39gとイヤホンとしては重めです。
一方、耳穴への収まりは良く、耳掛け式のケーブルは耳に沿う形状で適度な柔軟性を備え、装着感は上々です。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型としては一般的な範疇です。フォームタイプのイヤーチップを組み合わせると、やや遮音性が高く感じます。

【携帯性】
頑丈なハードケースが付属しています。カバンなどに入れての携行も安心でしょう。

【総評】
音質の高さとリーズナブルな価格で評判のKINGシリーズ。外観は洗練度が増し、着脱ケーブル部も改良されたようで、抜き差しがスムーズになり、ケーブル側の端子がハウジング側の端子を覆う形状になって信頼性も高く感じます。
KING LTDと価格が近くどちらを選ぶかで迷っている方なら、ケーブルも含めたデザイン性(好み)で判断すれば良いと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

雑魚パンツトリカーエズさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人
満足度3
デザイン4
高音の音質3
低音の音質3
フィット感3
外音遮断性4
音漏れ防止無評価
携帯性5

【デザイン】
金属筐体でロゴもカッコイイです。
色合いは人によってはカッコ悪く感じるかもしれません。

【高音の音質】
よく出ています。
と言うか全部の音がかなり明るく感じます。
3万近くのイヤホンと比べても解像度の高さや音場の広さは遜色無いですが、耳が痛いです。
KINGより高音が抑えられていると言うことでしたが、これでもキツく感じます。
金属的に響く感じです。

【低音の音質】
イヤーピースがかなり薄くモノが悪いです。
この状態だとスカスカに聞こえます。
自分の場合、厚めのオーテクイヤピが合いました。
これでバランス良く出るようになりましたが、キンと明るく響いて変な感じです。ベースやチェロを聴きたい場合は合いません。
コンプライを付けても一緒でした。
刺さりが少なくなるのでコンプライはオススメですが、明るく鳴るのは変わりませんでした。

【フィット感】
大きいですがカスタムiemっぽい形をしているので、よほど変わった耳の形をしていなければフィットすると思います。
ただノズルが太いので耳穴が浅いところでフックしている場合痛くなると思います。

【外音遮断性】
太いノズルが奥まで入るなら問題ないはずです。

【音漏れ防止】
筐体も耳にフィットし、ノズルも奥まで入るなら大丈夫かと思います。

【携帯性】
ケースはプラ製で大きいので持ち運びはしやすいです。

【総評】
新品でこの値段ならば充分レベルが高いです。
ただ上から下まで金属的に明るく響く音が好きかどうかで好みは分かれるでしょう。

本機は自分には合わなかったものの、TFZのコスパには衝撃を受けました。
現在はMASSDROPでKINGの後継機であるKINGU,LTDが安く先行販売されています。
音の傾向が変わっているのか分かりませんが、
一万円近くなら食指が動いてしまいそうです。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さっちーさっちーさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
11件
イヤホン・ヘッドホン
5件
6件
デジタルカメラ
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止5
携帯性5

順番がちがいますが、評判を聞いて注文してから試聴(笑)。試聴したらこれまでイヤホンでは体験したことのない音場にビックリ。
私はフラット系のイヤホン、ヘッドホンが好みですが、視聴した限り、音質も国産の評判よいイヤホンにまさるとも劣りません。
船便で2週間かけて運ばれたイヤホンを箱出しして、6時間ほど慣らしてからのファーストインプレッションですが、試聴と印象が一致してるので、ニセモノではなさそうです。まだ、詳細評価するには早いので今回は全体的な印象のレビューとします。
もう、中華イヤホンとはいわせない。
TFZはイヤホンの一流メーカーだと、私は認識を改めました(深センだけど)。
価格もそこそこしますが、唯一無二の音、気に入ればその価値は十分ある、と私は一人満足しています。
金属性のハウジングは高級感もあり、私はデザインも気に入っています。

(再インプレ)
さて1月近くが経過しました。アンバランス接続でしか使用していませんが、音場の広さは特に変化ありません。また、音質もファーストインプレッションから特に有意に変化したとは感じられません。高音は上までしっかり伸びます。普段から低音強調のイヤホンでも使っていれば別の印象かもしれませんが低音も十分しっかりででいます。
金管やシンバルはきらびやかな音を奏で、ティパニやドラも割れることもなく、ソースを的確に再生しているように思われます。
ピアノの音もバイオリン属の楽器の音も問題はありません。ボーカルもどこかが不自然に強調されることもなく非常にバランスのよい素直なイヤホンです。
なお、音源の良し悪しは、はっきりわかるイヤホンです。このため気持良く聞けない、録音が悪い(解像度の低い)ソースをいくつか消去することになりました。

外音遮音性について、無評価にしていますが、デフォルトのイヤーピースを使用していないためです。(シュアの弾丸状のイヤーピースに類似する手持ちのイヤーピースを合わせているため私の使用環境下では4点ないし5点です。ソニーのノイキャンイヤホンよりも遮音できており、地下鉄内でも使用しています。)

音漏れについてですが、周囲に音が聞こえるほどの音漏れは生じませんので5点、携帯性についても、イヤホンで持ち歩きは容易ですのですので5点としています。

正直ポータブルで使うのであれば、これ以上の性能のイヤホンは必要ないと思います。据え置きで使うのであれば、イヤホンに投資せずにヘッドホンに投資すべきだと思います。

このイヤホンが届いてからほかのイヤホンが使えなくなり、音楽をきける時間はずっと音楽を聴いてしまう生活になってしまいました。昼休み時間、移動の時間、時間を見つけては聴き続けていますが、聞き疲れすることもなく至高のイヤホンを手にしてしまったと思っています。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KURO大好きさん 銀メダル

  • レビュー投稿数:92件
  • 累計支持数:599人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
29件
927件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
473件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
322件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5
   

   

【デザイン】
緑のカラーは落ち着いていてとても良いですが、派手なロゴが残念です。

【高音の音質】
高音は繊細で伸びのあるサウンドでありながらも、聴き疲れの無いナチュラルなサウンドです。

【低音の音質】
低音の量感はダイナミック型としては控えめですが、締まりが良く質感は良いです。

【フィット感】
筐体が少し大きめではありますが、ダイナミック型イヤホンとしては満点に近い装着感です。

【外音遮断性】
遮音性はイヤピース次第ではありますが、ダイナミック型イヤホンとしては良い方だと思います。

【音漏れ防止】
音漏れはそこそこします。
ダイナミック型イヤホンとしては一般的なレベルだと思います。

【携帯性】
イヤホンなので、携帯性に不満はありません。

【総評】
中国では昨年末に販売されたので、発売直後に購入しました。
国内販売は予定よりも大幅に遅れたようですが、先日より販売されたので、レビューします。

TFZのイヤホンは以前より注目していましたが、今回が初購入です。

筐体は大きめではありますが、ダイナミック型イヤホンとしては装着感に優れていると思います。

2万円クラスのフラット系ダイナミック型イヤホンは、多数販売されていますが、2万円台でリケーブル可能な機種は少ない印象でした。
最近はバランス接続可能なDAPが低価格帯から揃っており、アンバランス接続よりも音質改善効果が高いモデルが多いことから、このクラスのイヤホンであれば、リケーブルは必須であると感じています。

こちらはこの価格帯では珍しいカスタム2pin端子ではありますが、もちろんリケーブル可能です。
リケーブルは種類も豊富で、低価格から高価格なものまで、幅広く選択可能です。

リケーブル可能で、装着感の良いフラット系ダイナミック型イヤホンがようやく登場して来た印象です。

年末のポタフェスで試聴出来たことから、発売を待って購入しました。

音場が広いイヤホンなので、DAPで利用するのであればバランス接続がお勧めです。

リケーブルは太くて厚みのあるサウンドよりも、スッキリしたサウンドのものと相性が良いです。

手持ちの1万円以下の中華リケーブルを幾つか試しましたが、HCKの銅線と銀メッキ銅線の8芯ミックスケーブルとの相性が良いです。

8芯ながらも細身の線で取り回しも良く、中高域のクリアーさを損なわずに、ソリッドな低音が得られます。

フラットに近い音質で、音場が広いので、クラシックとの相性は良いと思います。

キレがありスピード感のあるサウンドなので、ロック等にも向いていると思いますが、音の線は細く、低音の量感はそこそこです。

激しい音色ではなく滑らかな音色なので、聴き疲れはしにくいサウンドだと思います。

ポップス系の音楽を聴く場合には、広めのホールでの演奏をイメージすると良いと思います。

深みのあるサウンドでは有りませんので、JAZZや潤いの有るようなヴォーカルを期待すると多少は物足りなさを感じるかもしれません。

何れにしても、帯域が広く解像度が高いダイナミック型イヤホンで、装着感が良いモデルは貴重であると思いますし、とてもお買い得なモデルだと思います。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

KING PRO
TFZ

KING PRO

最安価格(税込):¥18,048発売日:2018年 4月 価格.comの安さの理由は?

KING PROをお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意

KING PROの評価対象製品を選択してください。(全3件)

KING PRO [グリーン] グリーン

KING PRO [グリーン]

KING PRO [グリーン]のレビューを書く
KING PRO [レッド] レッド

KING PRO [レッド]

KING PRO [レッド]のレビューを書く
KING PRO [ブルー] ブルー

KING PRO [ブルー]

KING PRO [ブルー]のレビューを書く

閉じる