『まだ第一線で使える力を保有。そして装着感素晴らしい。』 オーディオテクニカ ATH-A1000 イ・ジュンさんのレビュー・評価

ATH-A1000 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2002年11月21日

タイプ:オーバーヘッド 構造:密閉型 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ATH-A1000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ATH-A1000の価格比較
  • ATH-A1000の店頭購入
  • ATH-A1000のスペック・仕様
  • ATH-A1000のレビュー
  • ATH-A1000のクチコミ
  • ATH-A1000の画像・動画
  • ATH-A1000のピックアップリスト
  • ATH-A1000のオークション

ATH-A1000オーディオテクニカ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2002年11月21日

  • ATH-A1000の価格比較
  • ATH-A1000の店頭購入
  • ATH-A1000のスペック・仕様
  • ATH-A1000のレビュー
  • ATH-A1000のクチコミ
  • ATH-A1000の画像・動画
  • ATH-A1000のピックアップリスト
  • ATH-A1000のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:94人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
1688件
PCモニター・液晶ディスプレイ
3件
191件
薄型テレビ
1件
66件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性無評価
まだ第一線で使える力を保有。そして装着感素晴らしい。

チタンフランジ、ハウジング、パーマロイ磁器回路の往年のフラッグシップ。

●デザイン (評価 5)
おしゃれな印象もあるグレーメタリック色は質感含めて上々。
ブルーの挿し色(4か所)も特別感を演出しているかのよう。
フィット感満点な構造と合わせ評価 5。

●高音(評価 4〜5)
解像度感まずまず十分。抑揚表現力高め。やや鋭利な場合も。
●中音(評価 4〜4.5)
一音一音小さな響きが加わるようで雰囲気良い。
●低音(評価 4〜5)
響き豊かで質自体は良好。柔らかいA1000Zより少し重めで芯も感じる質感。

音質はかつてのフラッグシップらしく全域高さが伝わる。
高域よりだが低域も響き印象的で割と出ている感覚。
※AT-HA65接続時では高域よりに感じず。

響き豊かで後ノリ的まったりとした音場。籠り感なく明るい。
やや中央に音が集中する感じで音場はさほど広いなと感じなくA1000Zと似てる感じだが、響きの伸びはよい。
厚み感や空間表現等その他特筆する個別特性はない印象で、上品にそつなくまとまっている印象。

ボーカルは鮮明で近くに聴こえるが、パーマロイ磁器回路の特性なのか周りの音も響き豊かで包まれるような音場が生まれている。
A2000Xのような空間表現や低音の質の良さはないが、ドライバーの基本性能の高さが伝わる。
やや鋭利(頂点付近で上ずる感じ)な質感が残されてる古きARTらしさも感じました。(減点にしましたが加点にもなりうるかも。)
※AT-HA65接続時ではこの傾向があまり感じられず。

●装着感 フィット感 (評価 5)
可動部がベアリングで柔軟で他のATH-Axxxxと比べても圧倒的よい。
同じく上下稼働ありのA900Xも良かったが更に上。しかも側圧が緩めなのに即状態問わずフィットする。パッドが肌触りと耐久性に優れるクラリーノで柔らかめでその点でもより良い。
360gと軽くはないのに存在を感じさせない程フィットし、他のATH-A、ATH-ADから換えると感動するほど違いを実感する。

●外音遮断性/音漏れ防止
A900Xより高め。でもイヤホンレベルまではない。


●総合 満足度(評価 5)
チタンフランジ、ハウジング、パーマロイ磁器回路等やデザイン面で往年とはいえフラッグシップらしさ十分。

パーマロイ磁器回路はパーメンジュール磁気回路や純鉄より磁気特性の透過率とやらがやたら高いが効果は似ている?。
https://www.daido.co.jp/about/rd/journal/82_1/18_products.pdf
※ただ古いのでA2000Xと比べると劣ります。A2000Xは低音が27cmウーファー的質感をもちヘッドホンというより据え付け本格スピーカーな感覚だったり空間表現に長けています。
その感覚をスマフォ(といってもDSEE HX(ハイレゾ化して音の滑らかさと密度が増す)等音質面で優れるXperiaでPCより良い)で感じさせるレベルなほどです。
ただしAD2000Xとは互角並みでA1000Zよりは高性能(特に高音)な力を有している感じはします。

私の比較環境(PC HDMI+RDT234WX-S)
※ソースもあえて質の良くないものばかりです。CDから128〜198kbps mp3中心。
PCで音楽動画ダンス動画鑑賞がメインですのであしからず。


〇 2018-11-09
AT-HA65 (D/Aコンバータ&アンプ)接続でのA1000、A2000X、A1000Z、AD1000X、AD2000Xの5種で比較し評価アップ。

yume no tamago(橋本一子)、この曲においてA1000が最も良い感じでしたので(生っぽく厚い音場)。
A2000Xを中低音よりにしたような質感のヘッドホンですね。

動画鑑賞は音の自然さと低音量、分離感のバランスがよく、かつ装着感で圧倒してベスト。
動画鑑賞はボーカルが浮いて聴こえる(近いと錯覚する)AD1000Xは音(場)が合わず期待外れだったが、A1000Zも悪くはなかった。
A1000Zは低音がより柔らかいので温かみとまったり感はA1000よりも更に上。
A2000XはAD1000Xのような乾いた感覚とは違った綺麗すぎ感は気になる場合も。
AD2000XはAD1000Xとの差が明確で自然感分離感よく音的には一番合うような気がするが、装着感で劣る。

A1000はオールマイティさでは所有している中では一番良い印象で、評価を上げることにした。
切れもあるが低音はA1000Zの次に柔らかく響くのでまったりよりの用途でも使えるのとで。

比較製品
オーディオテクニカ > ATH-A2000X
オーディオテクニカ > AT-HA65
オーディオテクニカ > ART MONITOR ATH-A1000Z
主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性無評価
まだ第一線で使える力とクセの両方を保有してます。

チタンフランジ、ハウジング、パーマロイ磁器回路の往年のフラッグシップ。

●デザイン (評価 5)
おしゃれな印象もあるグレーメタリック色は質感含めて上々。
ブルーの挿し色(4か所)も特別感を演出しているかのよう。
フィット感満点な構造と合わせ評価 5。

●高音(評価 4〜5)
解像度感まずまず十分。抑揚表現力高め。やや鋭利な場合も。
●中音(評価 4〜4.5)
一音一音小さな響きが加わるようで雰囲気良い。乾いた質感。
●低音(評価 4〜4.5)
響き豊かで質自体は良好だがリズムは後ノリ傾向。

音質はかつてのフラッグシップらしく全域高さが伝わる。
高域よりだが低域も響き印象的で割と出ている感覚。

響き豊かで後ノリ的まったりとした音場。籠り感なく明るい。
やや中央に音が集中する感じで音場はさほど広いなと感じないが、響きの伸びはよい。
厚み感や空間表現等その他特筆する個別特性はない印象。

ボーカルは鮮明で近くに聴こえるが、パーマロイ磁器回路の特性なのか周りの音も響き豊かで包まれるような音場が生まれている。
A2000Xのような空間表現や低音の質の良さはないが、ドライバーの基本性能の高さが伝わる。
やや鋭利(頂点付近で上ずる感じ)な質感が残されてる古きARTらしさも感じました。(減点にしましたが加点にもなりうるかも。)

●装着感 (評価 5)
同じく上下稼働ありのA900Xも良かったが、パッドが肌触りと耐久性に優れるクラリーノでより良い。
360gと軽くはないのに存在を感じさせない程フィットする。

●外音遮断性/音漏れ防止
A900Xより高め。でもイヤホンレベルまではない。


●総合 満足度(評価 5)
チタンフランジ、ハウジング、パーマロイ磁器回路等やデザイン面で往年とはいえフラッグシップらしさ十分。

パーマロイ磁器回路はパーメンジュール磁気回路や純鉄より磁気特性の透過率とやらがやたら高いが効果は似ている?。
https://www.daido.co.jp/about/rd/journal/82_1/18_products.pdf
※ただ古いのでA2000Xと比べると劣ります。A2000Xは低音が27cmウーファー的質感をもちヘッドホンというより据え付け本格スピーカーな感覚だったり空間表現に長けています。
その感覚をスマフォ(といってもDSEE HX(ハイレゾ化して音の滑らかさと密度が増す)等音質面で優れるXperiaでPCより良い)で感じさせるレベルなほどです。
ただしAD2000Xとは互角並みでA1000Zよりは高性能な力を有している感じはします。

私の比較環境(PC HDMI+RDT234WX-S)
※ソースもあえて質の良くないものばかりです。CDから128〜198kbps mp3中心。
PCで音楽動画ダンス動画鑑賞がメインですのであしからず。

比較製品
オーディオテクニカ > ATH-A2000X
主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「ATH-A1000」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
まだ第一線で使える力を保有。そして装着感素晴らしい。  5 2018年11月9日 14:05
凡人には不評?  5 2011年11月28日 01:14
ATH-A1000のレビュー  5 2009年7月4日 19:32
ATH-A1000のレビュー  5 2008年3月2日 01:34
ATH-A1000のレビュー  5 2005年12月19日 00:14

ATH-A1000のレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

ATH-A1000
オーディオテクニカ

ATH-A1000

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2002年11月21日

ATH-A1000をお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意