『神ヘッドフォン /  リファレンスに納得。(2013年5月)』 AKG K701 Beretta92fさんのレビュー・評価

K701 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥14,570 (前週比:-210円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 登録日:2006年 4月 3日

店頭参考価格帯:¥14,570 〜 ¥14,570 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:オープンエア 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜39.8kHz K701のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • K701の価格比較
  • K701の店頭購入
  • K701のスペック・仕様
  • K701のレビュー
  • K701のクチコミ
  • K701の画像・動画
  • K701のピックアップリスト
  • K701のオークション

K701AKG

最安価格(税込):¥14,570 (前週比:-210円↓) 登録日:2006年 4月 3日

  • K701の価格比較
  • K701の店頭購入
  • K701のスペック・仕様
  • K701のレビュー
  • K701のクチコミ
  • K701の画像・動画
  • K701のピックアップリスト
  • K701のオークション

『神ヘッドフォン /  リファレンスに納得。(2013年5月)』 Beretta92fさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:26人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
2件
プリンタ
1件
0件
キーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
神ヘッドフォン /  リファレンスに納得。(2013年5月)

先代K701を手放して3〜4年になるかな?
この7月に中古で奇跡的に、状態の非常に良い初期オーストリア製K701を購入できました。
今のアンプのジャックでも十分鳴りますが、今回は敢えて専用ヘッドフォンアンプと同時購入。
やっぱこの音ですよ。
リファレンスじゃなく、私にとってはもう、「神」ヘッドフォンですわ。
高域がキツイとか低域が物足りないとか、不満気な人
ちょっと不思議でなりません。
そういう方、もう少しだけ701のために頑張ってあげて!!(笑
もう、私は手放しませんこれだけは。

それと、私の失敗経験からですけど、ヘッドフォンアンプのピンジャックから延長ケーブル使って701を聴く場合に高域がキンキンとかキラキラしすぎて「なんだこれ?」って思われる方、延長ケーブルをまず疑ってください。

ちなみに自分は、L字型ピンジャックからベルデン88760(約40cm)で延長して6.3mmヘッドフォンメス端子に差し込んで聴いてます。(アマゾンで販売してる物ですけど)
リーズナブルな延長ケーブルでは音が変わって上記の症状出てしまったことがあります。
フラットなケーブル選び大事だと思います。

以上、2018年7月12日 追記




購入して1年弱ですが、個人的見解なので参考には成らないかもしれませんが宜しくです。

デザインですが、個人的には洗練されたお洒落なHPと思います。丸、円、サークルを基本に統一されたデザインは素晴らしいと思います。一部を除いてほとんどがプラスチック成型で構成されてるHPの中で考えれば、十分高級志向だと思います。イヤーパッドの形状もしかり、本革ヘッドバンドを止めるヘアライン仕様の変形Rを付けた金属バンド、更にAKGロゴとRLマークの配置。フリーアジャスト機構もゴムワイヤーでテンション掛け、レールスライドさせるなんて国内メーカーではなかなかこういう発想はできないんじゃないでしょうか?。結構細かいところでコストかけてると思いますがね。(笑 シリアルNO,もさり気に記されて所有欲を満たしてくれます。

オーディオ専用使用目的で、過去にスタックス、シュアー、ゼンハイザー等、多岐にわたって使ってきましたが、自分の中では正直、このK701で「上がりでいいや!」なんて思っております。

実際、上を見ると更に高級且つ上質サウンドのHPもあるでしょうけど、このK701のヌケの良い澄んだ中高域を生かす低域の絶妙のサジ加減は私のツボにすっかり嵌っちゃいました。
音を聴くのではなく音楽を楽しむならこれ一つで十分だと思います。
低域も決して出ないことはありませんし、開放型で通常これだけ出れば十分でしょう。
ハウジングに記された「Reference」の文字に納得する自分が居ます。

jazzスムーズヴォーカルを聴いてると余りの心地よさにすぐに爆睡誘導されてしまいます。

フィット感は頭頂部の不快感は無いものの、私の場合は若干側圧がきつく感じられましたので4点にしました。
ここらの調整機能があればパーフェクト!!でしょう。

もし予算的に折り合いがつけば持ってて損はしないヘッドフォンだと思います。
これからも末永く愛用していけるヘッドフォンです。

残念なこと言えば、この701が潰れた際はもうQ701しか選択肢が無くなるということですかね。


主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
神ヘッドフォン /  リファレンスに納得。(2013年5月)

先代K701を手放して3〜4年になるかな?
この7月に中古で奇跡的に、状態の非常に良い初期オーストリア製K701を購入できました。
今のアンプのジャックでも十分鳴りますが、今回は敢えて専用ヘッドフォンアンプと同時購入。
やっぱこの音ですよ。
リファレンスじゃなく、私にとってはもう、「神」ヘッドフォンですわ。
高域がキツイとか低域が物足りないとか、不満気な人
ちょっと不思議でなりません。
そういう方、もう少しだけ701のために頑張ってあげて!!(笑
もう、私は手放しませんこれだけは。

以上、2018年7月12日 追記




購入して1年弱ですが、個人的見解なので参考には成らないかもしれませんが宜しくです。

デザインですが、個人的には洗練されたお洒落なHPと思います。丸、円、サークルを基本に統一されたデザインは素晴らしいと思います。一部を除いてほとんどがプラスチック成型で構成されてるHPの中で考えれば、十分高級志向だと思います。イヤーパッドの形状もしかり、本革ヘッドバンドを止めるヘアライン仕様の変形Rを付けた金属バンド、更にAKGロゴとRLマークの配置。フリーアジャスト機構もゴムワイヤーでテンション掛け、レールスライドさせるなんて国内メーカーではなかなかこういう発想はできないんじゃないでしょうか?。結構細かいところでコストかけてると思いますがね。(笑 シリアルNO,もさり気に記されて所有欲を満たしてくれます。

オーディオ専用使用目的で、過去にスタックス、シュアー、ゼンハイザー等、多岐にわたって使ってきましたが、自分の中では正直、このK701で「上がりでいいや!」なんて思っております。

実際、上を見ると更に高級且つ上質サウンドのHPもあるでしょうけど、このK701のヌケの良い澄んだ中高域を生かす低域の絶妙のサジ加減は私のツボにすっかり嵌っちゃいました。
音を聴くのではなく音楽を楽しむならこれ一つで十分だと思います。
低域も決して出ないことはありませんし、開放型で通常これだけ出れば十分でしょう。
ハウジングに記された「Reference」の文字に納得する自分が居ます。

jazzスムーズヴォーカルを聴いてると余りの心地よさにすぐに爆睡誘導されてしまいます。

フィット感は頭頂部の不快感は無いものの、私の場合は若干側圧がきつく感じられましたので4点にしました。
ここらの調整機能があればパーフェクト!!でしょう。

もし予算的に折り合いがつけば持ってて損はしないヘッドフォンだと思います。
これからも末永く愛用していけるヘッドフォンです。

残念なこと言えば、この701が潰れた際はもうQ701しか選択肢が無くなるということですかね。


主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった1

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
リファレンスに納得。

購入して1年弱ですが、個人的見解なので参考には成らないかもしれませんが宜しくです。

デザインですが、個人的には洗練されたお洒落なHPと思います。丸、円、サークルを基本に統一されたデザインは素晴らしいと思います。一部を除いてほとんどがプラスチック成型で構成されてるHPの中で考えれば、十分高級志向だと思います。イヤーパッドの形状もしかり、本革ヘッドバンドを止めるヘアライン仕様の変形Rを付けた金属バンド、更にAKGロゴとRLマークの配置。フリーアジャスト機構もゴムワイヤーでテンション掛け、レールスライドさせるなんて国内メーカーではなかなかこういう発想はできないんじゃないでしょうか?。結構細かいところでコストかけてると思いますがね。(笑 シリアルNO,もさり気に記されて所有欲を満たしてくれます。

オーディオ専用使用目的で、過去にスタックス、シュアー、ゼンハイザー等、多岐にわたって使ってきましたが、自分の中では正直、このK701で「上がりでいいや!」なんて思っております。

実際、上を見ると更に高級且つ上質サウンドのHPもあるでしょうけど、このK701のヌケの良い澄んだ中高域を生かす低域の絶妙のサジ加減は私のツボにすっかり嵌っちゃいました。
音を聴くのではなく音楽を楽しむならこれ一つで十分だと思います。
低域も決して出ないことはありませんし、開放型で通常これだけ出れば十分でしょう。
ハウジングに記された「Reference」の文字に納得する自分が居ます。

jazzスムーズヴォーカルを聴いてると余りの心地よさにすぐに爆睡誘導されてしまいます。

フィット感は頭頂部の不快感は無いものの、私の場合は若干側圧がきつく感じられましたので4点にしました。
ここらの調整機能があればパーフェクト!!でしょう。

もし予算的に折り合いがつけば持ってて損はしないヘッドフォンだと思います。
これからも末永く愛用していけるヘッドフォンです。

残念なこと言えば、この701が潰れた際はもうQ701しか選択肢が無くなるということですかね。


主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「K701」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

K701
AKG

K701

最安価格(税込):¥14,570登録日:2006年 4月 3日 価格.comの安さの理由は?

K701をお気に入り製品に追加する <967

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意