ONKYO BASE-V20HD ぬっさんさんのレビュー・評価

BASE-V20HD

[BASE-V20HD] DTS Surround Sensationを採用したホームシアターシステム。価格は92,400円(税込)

BASE-V20HD 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格(税別):¥88,000
  • 発売日:2008年 5月16日

タイプ:スピーカー×2、ウーハー×1 チャンネル数:2.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:150W ウーハー最大出力:60W BASE-V20HDのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

BASE-V60

BASE-V60

満足度:
4.78

¥40,804

BASE-V50(B)

BASE-V50(B)

満足度:
4.79

¥―

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • BASE-V20HDの価格比較
  • BASE-V20HDの店頭購入
  • BASE-V20HDのスペック・仕様
  • BASE-V20HDのレビュー
  • BASE-V20HDのクチコミ
  • BASE-V20HDの画像・動画
  • BASE-V20HDのピックアップリスト
  • BASE-V20HDのオークション

BASE-V20HDONKYO

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年 5月16日

  • BASE-V20HDの価格比較
  • BASE-V20HDの店頭購入
  • BASE-V20HDのスペック・仕様
  • BASE-V20HDのレビュー
  • BASE-V20HDのクチコミ
  • BASE-V20HDの画像・動画
  • BASE-V20HDのピックアップリスト
  • BASE-V20HDのオークション

ぬっさんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
67件
ホームシアター スピーカー
1件
26件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
22件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
機能性4
入出力端子5
サイズ5
BASE-V20HDのレビュー

3ヶ月ほど使用しています。
私見ですので、軽くとらえていただければ幸いです。

基本的な音質などは他のレビューアーさんに任せて本機の特徴的な部分を中心にレビューします。

---環境---

REGZA「37Z7000」DIGA「BW850」との組み合わせ。
センターに「D-108C」、リアに「D-108M×2」を追加して5.1CH
iPod用ドック「DS-A1XP」を追加して「iPod Classic 120GB」を接続。

---「Audyssey 2EQ」について---

「Audyssey 2EQ」とは、付属のマイクを使用しリスニングポイント3箇所で発信音を自動測定し音場を自動補正する機能です。

付属のスピーカーと「D-108C」「D-108M×2」という小さなスピーカーでも「Audyssey 2EQ」による自動調整を適用するとサイズからは想像できないような自然でスケールの大きい音場表現が可能です。また、「Audyssey 2EQ」を適用すると5個のスピーカーのつながりが非常に良くなりスピーカーの位置がわからなくなるぐらい自然な定位が得られます。また、奥行き方向の広がりも出ます。
フローリングや壁での反射による周波数の変なピークも軽減してくれます。

マニュアルでは設定できないパラメータを持っている可能性があり、マニュアル調整ではそこまで追い込めませんでした。

ただ1つ注意が必要なのはサブウーファーのレベルです。
映画鑑賞などでは「ド迫力」で下手な映画館より遥かに臨場感のあるサウンドを体感できますが、そのままのレベルでピュアオーディオ的に使用すると低音が明らかに出すぎに感じられました。

ONKYOに問い合わせたところ「自動調整では低音が出すぎる場合があるのでその場合は「Audyssey 2EQ」を切ってくださいとのことでしたが「Audyssey 2EQ」の音場補正効果は抜群であるため私は音楽を聴く時は「Audyssey 2EQ」を適用したままサブウーファーのレベルを自動設定より10dB以上下下げています。 

---HDMI連動について---

HDMI連動をONにし、TVからコントロールできるように設定すると「待機電力」がガツっとあがります。ONKYOに聞いたら「20W〜30W」ともはや待機電力と言えないレベルの回答でしたが、「ワットチェッカー」で実測したところ、無信号時で11W程度、信号を流しても17W程度でした。 これは接続機器などによっても変わるかもしれません。

---「DS-A1XP」を使用してのiPod接続について---

iPodがリモコンで操作できるのは便利ですが、デジタル接続でCDを直接聞くよりだいぶ音質が落ちるのであまり使っていません。


以上長くなりましたが、こんなところです。

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「BASE-V20HD」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
入門者向けには最適なシアターセット  4 2016年8月10日 11:59
7.1chのためのサラウンドバック用端子が備わっている  4 2012年10月1日 22:35
3.1CHで使用しています。  5 2011年11月30日 15:02
良いです。  5 2011年2月6日 22:13
低音が魅力  4 2010年12月4日 22:56
入門機として最適だが最低限センター追加がおすすめ  5 2010年11月10日 09:30
機能的には満足です  4 2010年10月3日 10:25
5.1chに拡張すべし  4 2010年9月4日 23:59
BASE-V20HDのレビュー  4 2010年8月30日 22:54
今は3.1Chです  4 2010年8月6日 00:59

BASE-V20HDのレビューを見る(レビュアー数:108人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

BASE-V20HD
ONKYO

BASE-V20HD

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年 5月16日

BASE-V20HDをお気に入り製品に追加する <654

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

【ウォーターサーバー】価格.com×フレシャス限定3,000円キャッシュバック
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ホームシアター スピーカー]

ホームシアター スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意